【R2年6月版】人気の普通車をわかりやすく紹介【月間新車販売ランキングTOP10】

6月版新車販売台数ランキング

今売れている車をわかりやすく紹介する、キノさんの月間新車販売ランキング。

今回は2020年6月版です。

本記事を読めば、今売れている人気の車種(乗用車)が一目でわかります。

買取目線からの車種毎のコメントも入れていますので、是非今売れている車を知りたいという方は参考にしてみてください。

【本記事を書いた人】

キノさん
車買取をしているキノさんです。10年のキャリアと2,500台以上を買取してきた経験からわかりやすくお伝えします。

6月の全体の販売実績

6月の乗用車の新車販売台数は、160,986台で前年比73.6%という実績でした。

各メーカーのシェアは次の通りです。

メーカー販売台数
(前年比)
シェア(%)
トヨタ89,113(77.5%)55.3
ホンダ24,678(69.6%)15.3
日産16,316(59.7%)10.1
スズキ8,295(87.8%)5.1
マツダ7,701(79.4%)4.8
スバル6,485(66.5%)4.0
レクサス3,505(84.5%)2.2
ダイハツ3,360(146.5%)2.1
三菱1,533(40.0%)0.9

全体的に下げている中で、各社前年比70%〜80%といったところです。

数は少ないですがダイハツのみ前年比を超えている状況です。

新車販売台数TOP10

ここからは6月の新車販売台数の売れた順に紹介していきます。

1位:トヨタ ライズ 12,823台

1位は2019年11月に発売されたばかりのトヨタのライズ。

1000cc・5ナンバーのSUVで、全グレード直列3気筒ICターボ、価格は100万円台からという設定が人気を集めています。

サイズ(長・幅・高)3995×1695×1620mm
最高出力98ps
最大トルク14.3kg・m
燃費(JC08モード)21.2km/L
価格168万円〜228万円

2位:トヨタ ヤリス 10,967台

2位はこちらも2020年2月に発売されたばかりのトヨタのヤリス。

ガソリンとハイブリッドが選択でき、ハイブリッドは1500ccでアクアと被り次世代のアクアと言われています。

サイズ(長・幅・高)3940×1695×1515mm
最高出力(HV)120ps(91ps)
最大トルク(HV)14.8kg・m(12.2kg・m)
燃費(JC08モード)データなし
価格140万円〜250万円

3位:トヨタ カローラ 9,311台

3位は2019年10月にフルモデルチェンジを果たしたトヨタのカローラ。

世界150以上の国と地域で販売されており、中古車としても多くの国に輸出される代表的な車種です。

サイズ(長・幅・高)4495×1745×1435mm
最高出力(HV)140ps(98ps)
最大トルク(HV)17.3kg・m(14.5kg・m)
燃費(JC08モード)30.8km/L(HV)
価格241万円〜295万円

4位:ホンダ フィット 9,016台

4位は2020年2月に発売されたホンダのフィット。

トヨタのヤリスと競合する車種で、ホンダを代表するコンパクトカー。

サイズ(長・幅・高)3995×1695×1540mm
最高出力(HV)98ps(98ps)
最大トルク(HV)12.0kg・m(13.0kg・m)
燃費:JC08モード(HV)22.2km/L(38.6km/L)
価格156万円〜254万円

5位:トヨタ アルファード 6,835台

5位はトヨタのフラッグシップミニバン、アルファード。

ミニバンとしては圧倒的なリセールと人気を持っていて、兄弟車にはヴェルファイアがいます。

アルファードとヴェルファイアは将来的にアルファードに統合されるとの話が出ています。

サイズ(長・幅・高)4950×1850×1935mm
最高出力(HV)182~301ps(152ps)
最大トルク(HV)24.0~36.8kg・m(21.0kg・m)
燃費:JC08モード(HV)(18.4km/L)
価格352万円〜775万円

6位:日産 ノート 6,010台

6位は日産のノート。

日産を代表するコンパクトカーで特にe-POWERの走りには定評があります。

サイズ(長・幅・高)4100×1695×1520mm
最高出力(HV)79~83ps
最大トルク(HV)10.8kg・m
燃費:JC08モード(HV)23.4km/L(34.0km/L)
価格145万円〜272万円

7位:ホンダ フリード 5,595台

7位はホンダのコンパクトミニバンであるフリード。

1500ccの5ナンバーで、広い室内空間と3列シート仕様が幅広いユーザーに受けています。

5人乗り仕様の「フリード+」、6人・7人乗り仕様の「フリード」、ハイブリッドモデルの「フリードハイブリッド」があります。

サイズ(長・幅・高)4265×1695×1710mm
最高出力(HV)129ps(110ps)
最大トルク(HV)15.6kg・m(13.7kg・m)
燃費:JC08モード(HV)19.0km/L(28.0km/L)
価格200万円〜302万円

8位:日産 セレナ 5,288台

8位は日産のミディアムクラスミニバンであるセレナ。

e-POWERの設定が最近登場したことで、比較的安くて広い、走れる車となりました。

エアロ仕様のハイウェイスター系のグレードが人気です。

サイズ(長・幅・高)4770×1740×1865mm
最高出力(e-POWER)150ps(84ps)
最大トルク(e-POWER)20.4kg・m(10.5kg・m)
燃費:JC08モード(e-POWER)17.2km/L(23.4km/L)
価格258万円〜350万円

9位:トヨタ ルーミー 5,230台

9位はトヨタのトール2BOXであるルーミー。

兄弟車のタンクとフロントの見た目が違うだけで中身は同じです。

サイズ(長・幅・高)3725×1670×1735mm
最高出力(e-POWER)98ps
最大トルク(e-POWER)14.3kg・m
燃費:JC08モード(e-POWER)21.8km/L
価格150万円〜205万円

10位:トヨタ ヴォクシー 4,812台

10位はトヨタのミディアムクラスミニバンであるヴォクシー。

ノアの兄弟車で、将来的にはノアに統合される言われています。

エアロ系である煌(キラメキ)系グレードが人気で、高いリセールがあることも実証されています。

サイズ(長・幅・高)4710×1735×1825mm
最高出力152ps
最大トルク19.7kg・m
燃費:JC08モード(HV)16.0km/L(23.8km/L)
価格256万円〜344万円
あわせて読みたい

本記事ではヴォクシー・ヴォクシーハイブリッドのリセールバリュー(残価率)をグレード別に詳しく解説します。(令和2年5月時点)ヴォクシーの購入や売却を検討されている方はこの記事で、 「いくらぐらいで売れるのか」 「いつ[…]

ヴォクシーのリセールバリューをグレード別に解説

新車販売ランキングまとめ

6月のTOP3は全てトヨタが占めました。

ライズは100万円台からという安さが受けており、SUVというトレンドにもうまく乗っている気がします。

まだまだ全体の新車販売台数は低迷しているので、今年のどこで回復していくのかまた引き続きお伝えします。

キノさん
最後までお読み頂きありがとうございました。ライズは2020年の1−6月合計でも1位です。