ポルシェ 718ボクスターのリセールを詳しく解説

ポルシェ 718ボクスターのリセールを詳しく解説

ポルシェのミッドシップロードスター、「『ボクスター』のリセールバリュー(買取相場)ってどのくらいなんだろう?」

ポルシェ好き、オープンカーファンなら一度は気になりますよね。
基本的にオープンカーはリセールが高いイメージですが、輸入車なのでどうなんろうと思う方もいるのではないでしょうか。

キノさん
というわけで、こんにちは!
年間約400台、毎日買取をしている私が、実際の流通相場を元に車のリセールをお伝えしていきます。

この記事では、ポルシェ 718ボクスターのリセールバリュー(買取相場)をグレード別に詳しく解説します。

旧モデルである981型ボクスターのリセールや、ハンドル位置やミッションによるリセールの差についても調べているので是非参考にしてみてください。

まずは結論からお伝えします。

 全体的に高いが、持てば持つほど有利なタイプ

 ハンドル位置、ミッションで差は少ない(右ハンドル/ATでOK)

 リセールが高いグレードは「GTS」「ベースグレード」

モデルグレード平均残価率
3年後★★★☆☆ 69%
5年後★★★★☆ 66%
7年後★★★★★ 64%

グレード別の詳細等については本文に記載しています。それでは見ていきましょう。

アシスタント
サポート
同じプラットフォームを持つ718ケイマンの記事も是非参考にしてみてください。
あわせて読みたい

ポルシェのミッドシップスポーツクーペ、「ケイマン」のリセールバリュー(買取相場)はどれくらいでしょうか。この記事では、ポルシェ 718ケイマンのリセールバリュー(買取相場)をGT4も含めて詳しく解説していきます。その他フルモ[…]

ポルシェ 718ケイマン のリセールをGT4も含めて解説

リセールバリューとは

リセールバリューとは

 

リセールバリューとは
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として用いています。

買取相場の算出方法

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションでの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては、買取車両の大部分はオークションにて売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

それでは実際のリセール/買取相場について見ていきます。

注意
この記事は2020年10月時点の情報です。最新の買取相場は中古車買取店へお問い合わせください。
\高額査定が期待できる/
【無料】今すぐ中古車査定を申し込む

 3年後のリセール/買取相場

参照元:グーネット

新車から3年後のリセールを3年落ちの平成29年式の買取相場からお伝えします。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データより
  • 平成29年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
718ボクスター7,464,000円
0.7~2.7万km
4件
550万円
74%
718ボクスターS9,404,000円
0.7~2.3万km
4件
550~660万円
600万円
64%

※残価率=買取相場/新車価格(%)
※幅が出るのは、走行距離、色等がそれぞれ異なる為

キノさん
データ数が多い程人気のグレードで、残価率の精度も高くなります。
グレード平均残価率
69%

【参考】3年後の残価率の基準

80%以上 → ★★★★★ 最高
70~80% → ★★★★☆ 優良
60~70% → ★★★☆☆ 高い
50~60% → ★★☆☆☆ 普通
50%以下 → ★☆☆☆☆ 低い

▼あわせて読みたい▼

リセールバリューのランキング記事

「リセールバリューが良い車に乗りたい!」「どうせなら売る時に高く売れる車を買いたい!」車は中古の流通性が高く、再販価値が高い商品として有名です。しかしどんな車でも高く売れる(リセールが高い)訳ではありません。SU[…]

【2020年11月更新】リセールバリューの高い車ランキング・TOP20

 718ボクスターの3年後のリセールバリューは、平均で69%で高いレベルになります。

新車価格がグレードで随分変わりますが、買取価格はそこまで変わらないのでベースの方がリセールが高くなります。

718ボクスターは平成28年に発売されたので、次に前モデルである981型のボクスターのリセールを見ていきます。

5年後のリセール/買取相場

参照元:グーネット

新車から5年後のリセールを5年落ちの平成27年式の買取相場からお伝えします。

5年落ちは981型ボクスターの最終型になります。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データより
  • 平成27年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
ボクスター6,870,000円
1.7~3.8万km
3件
440~500万円
460万円
67%
ボクスターS8,430,000円
1.5~5.1万km
4件
370~520万円
460万円
55%
ボクスターGTS9,660,000円
1.0~6.3万km
4件
600~770万円
710万円
73%
ボクスターブラックエディション7,880,000円
1.7~2.7万km
2件
540万円
69%
グレード平均残価率
66%

【参考】5年後の残価率の基準

70%以上 → ★★★★★ 最高
60~70% → ★★★★☆ 優良
50~60% → ★★★☆☆ 高い
40~50% → ★★☆☆☆ 普通
40%以下 → ★☆☆☆☆ 低い

5年後のボクスターのリセールバリューは、平均残価率66%で全体の中では優良レベルです。

今回は結構ばらつきが出ており、「GTS」が最も高く、「S」が最も低いリセールとなりました。

また全データがATで右ハンドルと左ハンドルの数はほぼ同数でした。

あまりMT車は出回っていないようです。

7年後のリセール/買取相場

参照元:グーネット

新車から7年後のリセールを7年落ちの平成25年式の買取相場からお伝えします。

7年落ちは981型ボクスターの初期です。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データより
  • 平成25年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
ボクスター6,310,000円
1.3~13.3万km
13件
250~440万円
390万円
62%
ボクスターS7,740,000円
3.2~4.9万km
2件
500万円
65%
グレード平均残価率
64%

【参考】7年後の残価率の基準

60%以上 → ★★★★★ 最高
50~60% → ★★★★☆ 優良
40~50% → ★★★☆☆ 高い
30~40% → ★★☆☆☆ 普通
30%以下 → ★☆☆☆☆ 低い

7年後のボクスターのリセールバリューは、平均残価率64%で全体としては最高レベルです。

オープンなので走行距離が少ないのもありますが、5年後のリセールとほぼ変わっていませんね。

また7年間で13.3万km走行した特殊なボクスターが出品されていましたが、買取額としては250万円はつきそうなので、これもまたリセールが高いと言える例です。

実際は海外に再輸出されているのかも知れませんが、流石にそこまではわかりませんでした。

ボクスターのリセールまとめ

ボクスターのリセール推移

718ボクスター、旧ボクスターのリセール、大体理解できましたでしょうか。

3年後〜7年後まで全然リセールが変わっていないというのが驚きですね。

最後にポイントをまとめておきます。

■グレードは「GTS」「ベースグレード」がリセールが高くおすすめ

■MTはデータ上は殆どなし。ATの右ハンドルでもリセールは十分。

■5年後まではケイマンに劣るが、7年後以降はボクスターの方が高い

あわせて読みたい

ポルシェのミッドシップスポーツクーペ、「ケイマン」のリセールバリュー(買取相場)はどれくらいでしょうか。この記事では、ポルシェ 718ケイマンのリセールバリュー(買取相場)をGT4も含めて詳しく解説していきます。その他フルモ[…]

ポルシェ 718ケイマン のリセールをGT4も含めて解説

ボクスターとケイマンの違いは、オープンボディを採用しているかどうかの違いのみです。

クローズドボディを採用しているケイマンは、ボクスターよりも本格的なスポーツ走行に適したモデルです。その一方、ボクスターはオープンボディを採用しているため、公道でのドライブの快適性や走りの楽しさを重視しています。

参照元:ポルシェ・ケイマンとボクスターの違いってなに?

ボクスターの購入・売却を検討されている方は是非参考にしてみてください。

それでは今回はこの辺で☆

\ボクスターの新車購入を検討中なら/
【無料】WEBで簡単!新車見積もり

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事が気に入って頂けたらシェアして頂けると嬉しいです。