車の一括査定はカーセンサーがおすすめ!その理由を詳しく解説

「車の一括査定はカーセンサーがおすすめって聞くけど何が違うの?

こんな疑問にお答えします。

 

中古車査定士である筆者は、自身の経験や業界のことを理解した上で、車の買取査定はカーセンサー簡単ネット車査定をおすすめしています。

本記事ではその理由と、他のサービスとの違いについて詳しくお伝えします。

細かな理由を聞いている暇がないという方は下記よりどうぞ。

\ 【無料査定】お申込みはこちらから /
カーセンサーに車査定を依頼する

カーセンサー簡単ネット車査定とは

カーセンサー

カーセンサー簡単ネット車査定(略:カーセンサー)はその名の通り株式会社リクルートが運営する車の一括査定サービス。

最大の特徴は、

  • 査定依頼できる業者数が多い

これが最大のポイントです。(詳しくは後述)

 

車を高く売る為に重要なことは、

  1. 競争原理を働かせる(多いほど有利)
  2. 高く流通させられる適したバイヤーに査定してもらう

シンプルにこの2点です。

という訳で業者数の最も多いカーセンサーが、必然的に高価買取に最も近い手段と言えるのです。

\ 【無料査定】お申込みはこちらから /
カーセンサーに車査定を依頼する

 

基本的には以上で終了なのですが、今回はもう少し細かいところについても見ていきます。

今回比較する他の査定サービス

ここからは具体的に「何が」「どのぐらい」違うのか、見ていきます。

今回比較する査定サービスはカーセンサーを含めでこの5つです。

楽天が運営する「楽天Car」さん、Zホールディングス(前ヤフー)の100%子会社が運営する「カービュー」さん、ラジオで聞かない日はない「ナビクル」さんなど、大手ばかり。

 

カーセンサーは何が他と違うのか?

具体的に見ていきます。

①査定依頼できる業者数が最多

改めて説明します。

各サービスに申し込んだ際、実際に見積もりをする業者数はカーセンサーが最も多い結果でした。

※社数は住んでいるエリアによって異なります。

順位サービス名業者数
1位カーセンサー12社
2位カービュー7社
3位楽天Car6社
3位ズバット6社
5位ナビクル3社

実際に査定依頼した時の画面です。

カーセンサー

カーセンサー査定業者数
申し込み画面:業者数は12 

カービュー

カービュー業者数
申し込み画面:業者数は7

楽天Car

楽天Car業者数
申し込み画面:業者数は6

ズバット-車買取比較-

ズバット業者数
申し込み画面:業者数は6

ナビクル

ナビクル業者数
申し込み画面:業者数は3

ナビクルはあれだけラジオで広告しておきながら。。という意外な結果に。

断トツでカーセンサーが多い

という訳で、筆者の住んでいるエリアでは、断トツでカーセンサーが業者数が多いという結果でした。

よく勘違いしている人が多いのが、全ての業者に車を見せる必要があると思っていることです。

全ての業者に車を見せるって、こっちも大変ですよね。

ある程度の車の情報は伝えているので、電話やメールで概算価格を聞いてそこから次のステップへ進むか判断しましょう。

次に出てきますがカーセンサーは、「連絡希望時間」や「出張査定希望の有無」が予め伝えられ、やりとりがスムーズに行える特徴があります。

実際に車も見てもらう業者は概算金額などで絞った上で、厳選した業者にのみ実車査定を依頼するのがポイントです。

\ 【無料査定】業界では抜群の安定感! /
カーセンサーに査定を依頼する

 

②連絡希望時間帯が出せる

連絡希望時間帯
連絡希望時間帯を記載することが可能

あと2つカーセンサーには特徴があります。

連絡希望時間帯が記載できるということ。

他のサービスではこの様な項目がなかったので、申し込むと同時に電話が立て続けにかかってくるでしょう。

更に筆者の様に”極力メールでの連絡希望”なども入れることもでき(あくまで希望)、日中は電話に出れないなどの方にとっては嬉しい部分と言えます。

 

③出張査定の希望有無が出せる

出張査定
出張査定の希望有無が出せる

最後は出張査定の希望の有無を初めから伝えられること。

売却が近く、すぐに金額を確定させたい場合は「希望する」にチェックし、そうでない場合はチェックしないことで使い分けができます。

ここを使い分けることによって、多くの業者の中から実際に車を見てもらって検討したい業者を絞り込むことができます。

 

まとめ

以上、カーセンサー簡単ネット車査定がおすすめな理由についての解説でした。

度々繰り返しますが、高く売る為には「競争原理を働かせる」「適した業者に売る(を探す)」がシンプルなポイントです。

その為には入り口の段階で多くの業者からの注目を集めることが重要になります。

ぜひ車の売却で悩んでいる方は参考にしてみてください。

\ 【無料査定】業界では抜群の安定感! /
カーセンサーに査定を依頼する

本編はここまで、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

最後に今回比較した一括査定サービスについてサラッと紹介しておきます。

参考までにどうぞ。

今回比較した一括査定サービス

カービュー(carview)

カービュー

元ヤフーであるZホールディングス株式会社の100%子会社である株式会社カービューが運営する一括査定サービス。

今回筆者が依頼した際は、「ガリバー」「ビッグモーター」「ネクステージ」の現在の中古車買取3強全てが入ってくるというバランスの良いサービス。

乗用車の他事故車専用買取サービスも展開している。

≫カービュー(公式サイト)

≫カービュー事故車査定(公式サイト)

 

楽天Car

楽天Car

楽天Carは楽天が運営する車の一括査定サービス。

複数の業者に査定依頼ができる他、自社サービスである楽天Carオークションにも自動で出品してくれるのがポイント。

楽天Carオークションは一度の査定結果に対し、全国2,000社以上の中古車販売店が入札し、最高額の業者に売却できるサービス。

最低落札金額を上回ると必ず売れてしまうので、他業者から提示を受けた査定額等を設定すれば安売りすることは避けられます。

更に売却が決定すると楽天ポイント1,500ポイントもらえる、楽天経済圏で生きる人にはちょっぴりお得な売却方法。

≫楽天Car(公式)

≫楽天Carオークション(公式)

 

ズバット-車買取比較-

ズバット

「ズバット-車買取比較-」は株式会社ウェブクルーが運営する車の一括査定サービス。

同社は一括査定サービスを車の他にも多数運営しており、一括査定のノウハウは豊富に持っています。

今回の調査では6社とカーセンサーの半分の社数ではありましたが、「ビッグモーター」「ネクステージ」「オートバックス」「カーチス」と有名どころが入っています。

≫ズバット-車買取比較-(公式)

 

ナビクル

ナビクル

ナビクルは、仕事で車に長時間乗る人なら知らない人はいないぐらいの、ラジオで最も広告を展開している買取サービスです。

最大10社の価格を比較できると言いながら筆者の場合は3社だったので裏切られた感はありますが、有名どころに依頼は入っているので一応及第点です。

CM効果もあって利用している人は多そうですが、高値売却を目指すならできる限り多くの業者の目に触れるサービスを選ぶ方が得策だと思います。

≫ナビクル(公式)