JPUC(ジェイパック)を活用して車買取のトラブルを防ぐ方法

車の査定や買取を依頼する際、その買取店は安心できるところかどうか、調べたことはありますか?
中古車買取は認知度が広まり多くの業者が参入した結果、トラブルが起きる事例は増えています。
そんな中消費者を保護し、業界の永続的な発展を目的として設立されたJPUC(一般社団法人日本自動車業界購入協会)という組織があります。
今回はその内容について解説していきます。
記事の内容
  1. JPUCとは
  2. JPUCへの相談方法
  3. 契約後のキャンセルが認められる
  4. JPUC加盟のおすすめ業者
  5. まとめ
この記事を書いている私は、車の査定・買取の業界で10年在籍しています。
実際にJPUCに加盟している企業でもありますので、記事の信頼性担保に繋がると思います。

1. JPUCとは

JPUCとは

JPUC(ジェイパック)とは、平成26年に設立された一般社団法人日本自動車購入協会の英語名(Japan Purchase Usedcar assoCiation)の略称です。

その目的は、急激に拡大した自動車買取業界の永続的な発展の為とされています。

その活動は、自動車買取業界の健全化を進め、〈一般消費者への安全・安心なサービスの提供〉を実現すること とあります。
»参考:JPUCとは(公式HP)

要は、

利用者が増えてマーケットが拡大したことによって、サービスの品質が一定でなくなってきている。消費者に支持される業界で今後もあり続ける為に、健全なサービスを提供する会社を増やし、消費者を保護していこう
としている組織です。一般消費者としては有難いことですね。
代表理事にはカーセブンの社長、理事にアップルガリバーの社長と車買取企業の有名どころが名を連ねています。
  • JPUC(ジェイパック)→一般社団法人日本自動車購入協会(Japan Purchase Usedcar assoCiation)の略

2. JPUCへの相談方法

JPUCへの相談

JPUCは車売却消費者相談室という相談窓口を設備しており、車の売却における相談を受けています。
電話番号 → 0120−93-4595(平日9:00〜17:00)

査定や買取において買取店とトラブルになりそうな事案があれば、まずは気軽に相談してみましょう。

その買取店がJPUCに加盟している業者であれば、円滑に解決する方法を教えてくれます。

 

トラブル相談件数は月間約200件

意外と多いです。

別途国民生活センターにおける「中古車トラブル」ということで、月間約600件の相談がありますので、合計すると約800件の中古車におけるトラブルが相談件数としてあがっています。
≫国民生活センター(中古自動車に関する相談)

JPUCへの相談 → 0120−93-4595(平日9:00〜17:00)

3. 契約後のキャンセルが認められる

キャンセルがトラブルなく行える

契約後のキャンセル事案は必ず起きる

契約後、何らかの理由でキャンセルしたい、と言うお客様は必ず一定割合存在します。

理由は、親族譲渡や、別の買取店に売る等様々です。

JPUCに加盟している企業は安心と言える最大の理由は、この

車両の引取り前であれば、契約後であってもお客様から契約のキャンセルができる
ことです。

「次のお客様がほぼついてしまったのでキャンセルを受けることはできない、キャンセルするならペナルティが発生する・・」

というフレーズ、買取店はよく使う様ですがJPUCに加盟している企業であれば即消費者相談室に連絡して、対応してもらいましょう。

会社名と営業所名、担当者名を覚えておくとスムーズに進みます。

 

4. JPUC加盟のおすすめ業者

JPUCでは加盟企業に対し、契約書の約款の監修Webサイトにおける広告表示の監修を行っており、下記の企業はどちらもクリアしている安心できる企業です。
詳しくはJPUCの会員一覧を確認してください。

ガリバー(株式会社IDOM)

東証一部上場の業界の最大手です。買取から始まり販売、リース等様々なサービスを展開しています。
≫ガリバー(公式HP)

ビッグモーター(株式会社ビッグモーター)

こちらも従業員数5,000名を抱える大手企業です。ラジオやCM広告の露出が多く認知度は高いと言えます。
≫ビッグモーター(公式HP)

アップル(アップルオートネットワーク株式会社)

1989年創業の老舗の大手、アップルです。全国に241店舗を持っていて各地への出張査定が可能です。
≫アップル(公式)

カーセブン(株式会社カーセブンディベロプメント)

JPUCの代表理事はカーセブンの井上社長です。自動車の流通事業だけでなく流通におけるシステムも自社開発しています。
≫カーセブン(公式HP)

カーチス(株式会社カーチス)

もともとはライブドアオートというライブドア系の会社でした。全国で買取と販売をしています。
≫カーチス(公式HP)

 

5. まとめ

車の売買における相談件数からもわかる様に、トラブルはすぐ近くにいます。

しかしお客様自身が契約をする会社を正しく選択することによって、トラブルは回避できます。

JPUCを知り、正しく活用することでお客様自身のカーライフをより豊かにし、日本の中古車業界をより健全なものにしていきましょう。