中古車査定士が教える!車を高く売るのに重要なのは方法論ではない、考え方だ。

中古車査定士が教える!車を高く売る為に知っておくべき考え方・方法論・コツ

こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。

今回は私の本業である「車の買取」について。

キノサン
燃えてきたぁぁー!

単価が大きく流動性の高い車の売買は、儲かる時は利益が大きく、ビジネスチャンスとして様々な会社やサービスが乱立しています。

そんな中古車買取業界の裏側から、ユーザーが車を高く売りたい場合の考え方やとるべき行動についてお伝えしていきます。

よくよく本質を理解してくださいね。

車を高く売る為の考え方

早速ですが、車を高く売る為の考え方を3つお伝えします。

  1. 車を高く売りたいなら競争力を利用しろ
  2. その意味(↑)では一括査定もオークション形式も目的は同じ
  3. 信頼できる業者(担当者)を見つけておくことは凄く重要

順番に説明していきます。

①高く売るなら競争力を利用せよ

車を高く売りたいなら業者間の競争力を利用する、つまり競争させましょう、これは鉄則です。

キノサン
複数の業者に見積もりを取れということではありません。他社を意識させることが超重要!

買取相場は需給(需要と供給のバランス)で成り立っている為、買い手さえいれば相場に天井はなく、相場とはあってないようなものとも言えます。

そして買取相場【A】は、再販価格【B】ー(業者の経費【C】+業者の利益【D】)の式で決まります。

買取相場=再販価格ー(業者の経費+利益)

再販価格【B】は先に言いましたが需給で成り立つので変数、【C】と【D】も業者毎に事情が異なるので変数です。

従って買取相場【A】は変数、決まりきった買取相場は存在しないというのがわかります。

キノサン
何が言いたいかと言うと、タイミングや状況によって価格は常に変わる可能性があるということ。

そして利益【D】を大きくする為には買取相場【A】を小さくする必要があります。

その為当然ですがディーラーの下取りも買取店も、できるだけ安い価格で契約できる(買い取れる)ことを望んでいます。

アシスタント
サポート
利益が出なかったら給料が出ないので当たり前だよね。

ということで、下取り額だけで満足したり、1社の見積もりだけで満足するのは、非常に勿体ない状況であることが多いです。

基本的には2社以上の見積もりをとって、業者側が過剰な利益を得ない為に、競争力や市場原理を働かせるのが有効です。

何度も言いますがどこが高い安いの話ではなく、他社を意識させて適正な価格を提示させることが最も重要というお話でした。

キノサン
そういった意味ではディーラーの下取りも別に安い訳ではなく、限界まで頑張ってないだけとも言えます。
アシスタント
サポート
下取りは値引きと絡ませた話ができるので、値引きと下取りは分けて話をするのもポイントですね。

②一括査定とオークション形式

買取業界の中の人として、今車を高く売るための手段としては「買取業者の一括査定」「オークション形式売却」の2つが有効だと思っています。

キノサン
特定の業者Xに依頼すれば間違いない!とかは基本的に存在しない。

一括査定は、複数の業者に見積もり依頼を出して、査定結果を比較して高いところに売るというもの。

参考記事

「カーセンサーの車査定って何?他と何が違う?」「一括査定とオークションって何?」車を売る時に利用できる買取サービスには様々なものがありますが、私は価格の面からカーセンサー簡単ネット車査定がおすすめです。今回はそのサー[…]

カーセンサーの車査定について詳しく解説

オークション形式売却は、査定した車両データに対して、Web上で複数業者からの入札を募り良い条件のところに売るというものです。

参考記事

車が高く売れて楽天ポイントももらえちゃう!そんな買取サービスが「楽天Carオークション」です。運営元はもちろん楽天ですが、まだあまりメジャーではない売却方法なので詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。今回はそん[…]

楽天Carオークションとは?楽天ポイントを貯めながら車も高く売れる!

細かな違いは後半でも説明していますが、どちらも複数業者の入札を募って1番良いところに売るという仕組みは同じです。

競争力をどの様な形で働かせるかの違いだけで、やっていることは同じということがわかりますね。

キノサン
私も自分の車を売る場合、一応両方の手段を使ってみると思いますね。
アシスタント
サポート
想像以上に高く買ってくれるところが探せばないとも限りません。

③信頼できる業界人がいると楽

気安く相談できたり、信頼できる業者(担当者)がいると、車の売却において非常に役立ちます。

なんでも(不動産でもエアコンでもパソコンでも)そうですが、相場がわからない時に相談できる業界人がいるとめちゃ楽ですよね。

キノサン
私も以前キャンピングトレーラーの相場を調べる際、「あぁ、詳しい知り合い欲しい…」ってなりました。

その辺を駆け引きなしでぶっちゃけ教えてくれる業者(知り合い)がいると、色んな労力が省略できて非常に楽!

これはコミュニケーションスキルや性格の問題もありますが、人的ネットワークを広げることはやはり有益です。

業者側としても何かメリットがあれば全然ウェルカムなはずなので、仲良くなっておくことに基本損はないと思います。

アシスタント
サポート
人はちゃんと見ようね!

車を高く売る為の行動・方法

ではではここから行動編です。

これまでを理解した上で、高く売る為には具体的には何をすればいいのかを説明します。

①まずは本当の相場を把握しよう

まずはその車の相場を正しく知ることがスタートラインです。

キノサン
具体的に言うと、相場は最低○○円〜最高○○円ぐらいだということ。

その為最も楽なのは、先ほども出てきた気安く聞ける業者や知り合いに聞いてみることです。

これはディーラーの担当営業マンでもいいですが、新車を売るチャンスとしても捉えられるので、「下取りが良ければ〜」程度に流すのがGOOD。

私もよくリピーターや取引先の担当者から「今いくらぐらい?」と聞かれますが、そんな感じのやりとりができればいいですね。

いきなり買取業者に依頼して相場を聞くというのもありですが、一見さんだと相手も探ってくる部分があるので、正確性に欠けるリスクも存在します。

アシスタント
サポート
ということで、できるなら正確な相場を頭にいれておいた方が後々楽だよという感じです。

≫【無料で正しい買取相場がわかる!】キノサンのメール査定はこちらから

②相場を知る為に査定依頼をする

とはいえ、多くの人が「そんな気軽に聞ける知り合いはいない」というのが普通ですよね。

ということで次の手段・考え方としては「実際に査定依頼をして相場を把握しながら最も条件の良い会社に売る」というフェーズに入ります。

査定依頼後のやりとりとして、大体の業者が「見てみないとわからない」と言いますが、情報を伝えつつ概算金額を出してもらいましょう。

キノサン
安易に業者をホイホイ呼んでたら対応で自分がパンクしかねないのでご注意を。

基本は「概算金額で業者をある程度絞る」→「見込みのある業者に実車を確認してもらう」という流れが有効です。

一括査定を依頼する際はカーセンサーの車一括査定がおすすめです。

理由は査定依頼できる業者数が一括査定の中で最も多い為。

車の一括査定自体は他にもサービスがありますが、複数の見積もりの中から1番条件が良いところを選ぶという目的は同じ。

それであれば最初に依頼できる業者数が最も多い方がユーザー側にとっては有利となります。

\ 【査定は無料】依頼できる業者数が最多 /
カーセンサーの車一括査定はこちら

③オークション形式で上を目指す

キノサン
いくつかの業者には見てもらったけど、希望金額には少し届きそうにないなぁ。。
アシスタント
サポート
そんな時はオークション形式売却で最高値を目指してみませんか?

オークション形式売却とは、1回の査定データに対し複数の業者が買取額をWeb上から入札、最も条件が良いところに売るかどうかを選択するもの。

一括査定との違いとして、

・業者の査定は一度のみ(これは楽!)
・入札してくる業者数が多いので査定額UPが見込める
・価格によっては売却しない選択もできる(無料)
・査定は指定の店舗に持ち込む(店舗が遠い場合もある)
・対応エリアに制限あり(申込時に確認要)
・売却決定後のキャンセルはできない

があります。

キノサン
オークション形式は”業者ではなく数字のみで判断する”というのも特徴です。

現在オークション形式売却ができるのは、『ユーカーパック』『楽天Carオークション』の2社のみ。

どちらもオークションに入札する登録業者は被っている可能性が高いので、利用するならどちらか一つで十分だと思います。

あわせて読みたい

車が高く売れて楽天ポイントももらえちゃう!そんな買取サービスが「楽天Carオークション」です。運営元はもちろん楽天ですが、まだあまりメジャーではない売却方法なので詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。今回はそん[…]

楽天Carオークションとは?楽天ポイントを貯めながら車も高く売れる!

④番外編:業者オークション出品

上記のツイートの様に『オークション出品代行』を使って業者オークションに出品するという手もありますが、結論あまりおすすめはしません。

理由は、

  1. サービス自体がそれほど多くない(メジャーではない)
  2. 流札(売れなかった)リスクや想定価格を下回るリスクの管理が難しい

というのが挙げられます。

上手くはまれば想定以上の価格で売却できるサービスですが、使う業者やサービスに依る所が大きくかなり上級者編と言わざるを得ません。

ということで、一般ユーザーが車を高く売りたい場合は、『業者に直接売却する』又は『オークション形式で売却する』のどちらかがおすすめです。

まとめ

以上、一般ユーザーが「車を高く売る為に知っておくべき考え方・方法論・コツ」でした。

やはり楽して高い価格で売却するというのは普通は中々難しいんですよね。

車以外でもそうですが、自分が知らない分野のことについてはその道のプロの力を借りるというのが最も近道だと思います。

ちなみに私も仲良くなったり各種サービスを利用して頂いている方には、日頃から色々質問に答えたり、お手伝いさせてもらってます。

キノサン
上手く使われるのを待っています!

<お知らせ>

当ブログは中古車に関する情報発信をメインにしていますが、個別の乗換え・購入・売却に関するご相談も承っています。

車のリセールに関する知識を少しつけるだけで、車周りのコストは大きく削減できます。

「○○の数年後のリセールを教えて欲しい」
「リセールを考えた場合どの仕様がいいか」
など。

各個人の状況に合わせて、わかりやすく丁寧にお答えしています。興味のある方は是非ご検討ください。

ココナラ

※お届け日数は質問内容によります。初回の質問に対する回答は最短12時間以内〜最長2日の予定です。※お急ぎの方は事前にダイ…

それでは本記事は以上です。

最後までお読み頂きありがとうございました。