パッソのリセールバリューは?今から買うならこれがおすすめ!

パッソのリセールバリューは?おすすめのグレードなども詳しく解説!

「パッソのリセールってどうなの?」

「パッソを買うなら何がおすすめ?」

そんな疑問を解決します。

トヨタで最も小さいコンパクトカーになる「パッソ」(長3650×幅1665×高1525mm)。

コンパクトかつ可愛らしい見た目で特に女性から支持の多い車です。

今回はそんなパッソについてリセールバリューを中心に詳しく解説します。

3年〜10年後の買取相場や、リセールが高いグレード、これからパッソを買う場合のポイントなども紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

【結論】パッソのリセール

結論から言うと、パッソのリセールは低いです。

下記が経過年数別の残価率を記載したもの。

経過年数残価率
3年落ち(H30年)
700系後期
49%(44~59)
★☆☆☆☆
H30/10:後期モデルにマイナーチェンジ
5年落ち(H28年)
700系前期
29%(20~37)
★☆☆☆☆
H28/4:700系にフルモデルチェンジ
7年落ち(H26年)
30系後期
12%(10~16)
★☆☆☆☆
H26/4:後期モデルにマイナーチェンジ
10年落ち(H23年
30系前期)
4%(2~9)

※残価率=買取相場/新車価格(%)
※残価率は全グレード平均(カッコ内は各グレードによる幅)

※オプション費用と値引きは考慮せず

3年で新車の約半分、5年で7割減、7年で9割減と、10年も経過するとほぼ廃車になるような車です。

正直リセールはあまり高くないパッソですが、コンパクトな見た目と価格の安さ、燃費もリッター20km台と魅力的な要素もありますね。

軽自動車は嫌だけど、大きな普通車も嫌な特に若い方や女性にぴったりな車ではないでしょうか。

 

リセールは全体的には低いですが、中でもリセールの高いグレードを選んでおけば、そのダメージを軽減させることはできます。

現行モデルで言うと、「モーダ」「モーダチャーム」「モーダGパッケージ」がおすすめ。

リセールが低いので次のフルモデルチェンジで乗換えるか、乗り潰すつもりで買うと良いと思います。

あと3年前後でフルモデルチェンジになる可能性があるので、今から買うなら中古車もおすすめです。

パッソの中古車を探すなら非公開車両もチェックしよう!

パッソの中古車を探すなら、ガリバーの中古車検索サービスを上手く活用しましょう。

一般市場に公開される前の「非公開車両」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車にリーチできます。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短で即日の連絡で専任の担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるお得なサービスです。

\ 【登録は無料】希望の車があるかも /
パッソの非公開車両を見る

経過年数・グレード別のリセール

参照元:グーネット

パッソのリセールバリューを経過年数とグレード別に見ていきます。

3年後のリセール:残価率49%

700系後期(参照元:グーネット)

パッソの3年後のリセールを、3年落ちのオークション相場から見ていきます。

3年落ちは現行モデルである700系後期。

2WDと4WDがありますが、殆どのユーザーが2WDを購入しているので2WDに絞って見ていきます。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月のオークションデータより
  • 平成30年式、装備と色は絞り込みなし
  • 事故歴なし、内外装の状態良好として
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
X1,177,200円
0.6~11.4万km
11件
40~60万円
55万円
47%
XS1,242,000円
0.1~5.1万km
33件
40~75万円
55万円
44%
XLパッケージS1,344,600円
0.1~5.5万km
44件
45~83万円
65万円
48%
XGパッケージ1,474,200円
0.7~0.8万km
2件
60~70万円
65万円
44%
モーダ1,533,600円
0.3~4.8万km
12件
56~125万円
80万円
52%
モーダGパッケージ1,695,600円
0.4~1.6万km
14件
85~112万円
100万円
59%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

キノさん
データ数が多いほど基本的には人気のグレードです。

 

【3年後の平均残価率】

49% ★☆☆☆☆

最も売れているのは「XLパッケージS」ですが、リセールが高いグレードは、「モーダ」と「モーダGパッケージ」という結果に。

 

5年後のリセール:残価率29%

700系前期(参照元:グーネット)

5年後のリセールを、5年落ちのオークション相場から見ていきます。

5年落ちは700系前期モデルです。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月のオークションデータより
  • 平成28年式、装備と色は絞り込みなし
  • 事故歴なし、内外装の状態良好として
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
X1,150,200円
0.5~14.2万km
65件
12~40万円
23万円
20%
XS1,215,000円
0.6~13.2万km
50件
12~50万円
28万円
23%
XLパッケージ1,252,800円
1.0~11.3万km
31件
20~56万円
35万円
28%
XLパッケージS1,317,600円
0.1~13.1万km
111件
15~65万円
39万円
30%
モーダ1,431,000円
1.1~14.6万km
35件
23~75万円
50万円
35%
XGパッケージ1,447,200円
0.6~8.5万km
15件
17~50万円
35万円
24%
モーダS1,495,800円
0.5~14.7万km
136件
24~78万円
56万円
37%
モーダGパッケージ1,657,800円
0.4~12.2万km
69件
23~83万円
56万円
34%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【5年後の平均残価率】

29% ★☆☆☆☆

ここでも「モーダ」系のグレードが比較的リセールが高いことがわかります。

 

7年後のリセール:残価率12%

参照元:グーネット

7年後のリセールを7年落ちのオークション相場から見ていきます。

7年落ちは1つ前の型である10系です。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月のオークションデータより
  • 平成26年式、装備と色は絞り込みなし
  • 事故歴なし、内外装の状態良好として
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
X1,257,709円
1.6~31.6万km
58件
5~23万円
12万円
10%
XLパッケージ1,293,055円
1.6~13.7万km
80件
3~34万円
15万円
12%
プラスハナCパッケージ1,355,891円
0.7~19.1万km
24件
12~23万円
15万円
11%
XGパッケージ1,356,873円
1.5~19.9万km
32件
7~28万円
13万円
10%
プラスハナ1,444,255円
2.1~19.5万km
31件
7~34万円
17万円
12%
プラスハナGパッケージ1,501,200円
1.2~15.9万km
39件
12~50万円
22万円
15%
G(1300cc)1,471,745円
1.1~3.3万km
2件
17~27万円
23万円
16%
プラスハナ(1300cc)1,605,273円
3.1~8.3万km
3件
17万円
11%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【7年後の平均残価率】

12% ★☆☆☆☆

7年落ちになるとグレードに依らず、ほぼ10万円台〜20万円前後の買取額に。

走行距離が少なくても値段はあまり上がらないので、年式によるダメージが大きいでしょう。

 

10年後のリセール:残価率4%

参照元:グーネット

10年後のリセールを10年落ちのオークション相場から見ていきます。

10年落ちは1つ前の10系の前期です。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月のオークションデータより
  • 平成23年式、装備と色は絞り込みなし
  • 事故歴なし、内外装の状態良好として
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
X1,090,000円
1.1~10.0万km
15件
0~17万円
3万円
3%
Xユルリ1,130,000円
2.4~14.0万km
67件
0~20万円
3万円
3%
プラスハナ1,295,000円
1.9~12.6万km
19件
0~12万円
3万円
2%
プラスハナアプリコットコレクション1,335,000円
1.8~5.7万km
3件
5~23万円
12万円
9%
G(1300cc)1,325,000円
2.4~10.0万km
8件
0~15万円
4万円
3%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【10年後の平均残価率】

4%

10年落ちでの買取はほぼ一桁万円です。

コンパクトカーの10年落ちは、軽自動車よりもリセールが低い場合が多いです。

パッソのリセールの特徴

経過年数別のリセールをまとめてみます。

経過年数残価率
3年落ち(H30年)
700系後期
49%(44~59)
★☆☆☆☆
H30/10:後期モデルにマイナーチェンジ
5年落ち(H28年)
700系前期
29%(20~37)
★☆☆☆☆
H28/4:700系にフルモデルチェンジ
7年落ち(H26年)
30系後期
12%(10~16)
★☆☆☆☆
H26/4:後期モデルにマイナーチェンジ
10年落ち(H23年
30系前期)
4%(2~9)

モデルチェンジというよりは、年数に比例してリセールが下がります。

リセールの高いグレードは、現行モデルでは「モーダ」、旧モデルでは「プラスハナ」。

基本的に上のグレードを選んだ方が後々のリセールは高いと言えるでしょう。

 

リセールが落ちるタイミング

パッソのリセールは、モデルではなく経過年数に比例して一律に落ちますが、具体的に見ていきます。

※グレード:モーダにて

モデル
(グレード)
平均買取額
(前年との差)
当年もの
(モーダ)
なし
1年落ち
(モーダ)
100万円
(残価率64%)-①
2年落ち
(モーダ)
80万円
(−20万円)-②
3年落ち
(モーダ)
80万円
(±0万円)
H30/10:後期モデルにマイナーチェンジ
4年落ち
(モーダ)
65万円
(−15万円)
5年落ち
(モーダ)
53万円
(−13万円)
H28/4:700系にフルモデルチェンジ
6年落ち
(プラスハナ)
25万円
(−28万円)-③
7年落ち
(プラスハナ)
20万円
(−5万円)

ところどころ大きく落ちている年がありますね。

特に落ちが大きいところを説明します。

①1年落ち:購入直後のリセールが低い

1年落ちの新車残価率が64%ということで、この時点でかなり低め。

スタート時点で既にリセールが低いことが後々のリセールにも影響を及ぼしています。

今回は高リセールのモーダで調査しましたが、X系のベースグレードだと更に残価率が低い結果となります。

②2年落ち:高年式の間は1年での落ち幅が大きい

購入直後から既に残価率が低いパッソですが、高年式の間(新車から3年以内ぐらい)は1年1年の落ちが大きいと言えます。

初めの3年で新車価格の半分ほどは失ってしまうので、1年落ちや2年落ちで手放す可能性がある場合、パッソは向いていません。

③6年落ち:フルモデルチェンジで大きく落ちる

700系へのフルモデルチェンジで旧モデルの30系のリセールが大きく落ちました。

中古車需要が国内小売中心の為、新モデルが出ると大きく価値が下がります。

フルモデルチェンジは大体7年前後で行われます。

リセールを高く保ちたいならフルモデルチェンジの少し前に売却してしまうのがおすすめです。

 

リセールが高い色を知ろう!

パッソでリセールが高いのは2トーンカラー。

特段大きな差はないですが、「ベージュ2トーン」「グリーン2トーン」が比較的人気なのでおすすめです。

単色だと、ベージュやレッドなども人気で、一般的な「パールホワイト」「ブラック」が高いというのはあまり当てはまりません。

基本的に色でのリセール差は生まれないので、気に入った色を買って問題ないです。

 

その他のリセールに影響する要素として、ナビは基本的に評価対象ですが、それ以外は特に影響する装備・オプションはありません。

「グレード」「車両状態」「走行距離」がリセールを左右する重要な要素と言えます。

 

パッソの中古車輸出

パッソの輸出について。

型式
M700A・M710A
(2WD・4WD)
パキスタン
ロシア

パキスタンとロシアに輸出されていますが、基本的に台数は多くなく、また高単価で行っている訳でもないので、買取相場への影響はありません。

輸出はされているものの、リセールに影響があるのはあくまで国内小売市場の動向になります。

パッソを購入する際のポイント

ここからはパッソを購入する際のポイントや考え方について解説します。

リセールはあまり高くないですが、見た目・低価格・低燃費(WLTCモード:21.0km/L)の点ではリセール以上の魅力があるとも言えますね。

パッソの新車を買う場合

新車を買う場合は、次のモデルチェンジ時期を想定することが大事です。

理由はモデルチェンジがある(新型が出る)と、旧モデルのリセールが大きく下がるので売却する際に安くなり、不利に働く為。

ちなみにパッソの現行モデルは2106年(H28年)発売されており、今年で5年目となります。

大体の車は平均7年でフルモデルチェンジすると言われているので、あと2~3年でモデルチェンジする可能性があります。

あと数年あるので、これから新車を買って次のモデルチェンジ(約3年後)で乗り換えるというのはありな考え方でしょう。

ちなみにグレードは「モーダ」「モーダチャーム」「モーダGパッケージ」のどれかにするのがおすすめ。

少し新車価格は高いですが、乗り換える際・売却する際に確実にメリットがあると言えます。

パッソの新車はKINTOがおすすめ

車を購入する場合、「現金一括」「ローン(残価設定含む)」「リース」などの選択肢がありますが、パッソにおいては「KINTO」の方が有利です。

KINTOはご存知の方も多い、トヨタのサブスク。

パッソの場合、なぜKINTOがおすすめかというと、

  • 車にかけるコストを安く抑えられる
  • クレジットカード払いでポイントが貯まる

この2点が理由になります。

特に「コストを安く抑えることができる」というのは”リセールが低い為所有してもメリットが少ない”からなんですが、詳しく説明していきます。

 

パッソの中ではリセールの高いグレード「モーダチャーム」を購入する場合を想定します。

KINTOの5年プランで利用する場合の費用は車体、保険、メンテナンス、税金込みで毎月42,460円(税込み)です。(ボーナス払いなしで想定)

パッソのKINTOの金額
税込42,460円(5年プラン)

リセールは気にしないので色はグリーン、セーフティパッケージ(追加費用0円)を選択します。

パッソのセーフティパッケージ
7インチナビ、ETC、マット、パノラミックビューモニターが装備

KINTOにおける選択はこれだけ、簡単ですね。

5年間の支払い総額は、42,460円×60ヵ月で、2,547,600円となります。

 

これに対し、同装備の新車を買った場合は1,966,200円です。

パッソを一括で購入
トヨタ見積もりシミュレーションにて

更に5年間の間に、車検1回(約10万円)と自動車税の支払いが4回(25,000円/回)あるので追加で20万円がかかると予定します。

KINTOには自動車保険も含まれているので保険料を計算します。

20代の方が運転される場合の車両保険込みでの保険料は年間約16万円です。(KINTOの保険には車両保険が入っています)

自動車保険料のシミュレーション
三井ダイレクト損保にてアクアで試算

≫最も安い自動車保険はこちらから!

5年間における保険料の総額は約80万円となり、上記の車代+車検+自動車税+保険料の総額は約300万円になります。
(≒車両196.6万円+20万円+80万円)

5年後の買取額は調べた結果約50万円なので、一括で購入した場合の5年間での費用は300万円ー50万円で250万円となります。

ローンやリースの場合はこれに金融機関の金利が乗るので確実にこれより高くなります。

ちなみにトヨタディーラーのローン(5年・60回払い)の支払い総額は2,125,736円となりました。
※現金で買った場合に比べ+約16万円

現金・ローン・KINTOを比較した場合下記のようになります。

【パッソ(モーダチャーム)における試算】

現金ローンKINTO
毎月支払いなし35,400円42,460円
支払い総額約250万円約279万円約255万円
自動車税別途別途込み
車検整備別途別途込み
自動車保険別途別途込み

※別途とは車代とは別に支払う必要があることに意味

キノさん
購入時の車両値引きは考慮していませんが、基本的にコストは同じぐらいになります。

コストは総合的にほぼ変わらないということですが、KINTOのメリットはここから効いてきます。

KINTOのメリット

  • 万が一事故があっても保険料は上がらない
  • 走行距離は年間18,000kmまでOK
    (それ以上走ると追加費用が発生)
  • メンテナンスには通常有償になる「タイヤ交換」「バッテリー交換」まで含まれており、全て無料でトヨタディーラー点検
  • クレジットカード払いができる
アシスタント
サポート
特にカード払いができ、ポイントが貯められるのは大きいですね!

KINTOのデメリット

逆にKINTOのデメリットも説明しておきます。

  • 中途解約する場合は手数料が発生する
  • 自動車保険のメリットが大きく、保険料が安い優良ドライバー等には不向き
  • 年間走行距離が18,000km以上になると追加費用がかかる

≫自動車保険料を調べるならこちらから!

中途解約時の手数料については一部救済措置があり、「本人死亡」「免許返納」「海外赴任」による中途解約は手数料が免除されます。

KINTOについては別記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい

こんにちは、中古車査定士のキノサンです。「KINTO(キント)ってよくCMしてるけど、実際のところどうなのよ?」とか「ぶっちゃけ高いだけで結局買うのが1番良いんじゃないの?」とか思ったことありませんか。[…]

トヨタのサブスク【KINTO】!キントのメリット・デメリットを全て解説!

今回リセールが高い「モーダチャーム」で試算しましたが、仮にその他のグレードの場合、リセールが低いのでよりコスト面で有利になります。

更に今後モデルチェンジが入る可能性は大きく、その場合リセールは想定値より下がるので、余計に所有するメリットは小さくなります。

パッソにおいては以上の理由から、現金やローンで買うよりもKINTOの方がメリットが大きいですね。

\ パッソを買うならほぼ確実にお得 /
KINTOについて詳しく見てみる

 

パッソの中古車を買う場合

今のモデルで5年目を迎えるパッソは、今後のモデルチェンジを考えると中古車を選ぶのも無難で良い選択です。

その場合は既にリセールは低く市場価格も安いので、700系後期または前期のモーダ系グレードが買いやすく、おすすめです。

数年後のフルモデルチェンジのタイミングで乗り換えれば、そこそこのリセールで売れるはずなので、手出しも比較的少なく済むでしょう。

【パッソの中古車を探すなら】非公開車両もチェックしよう!

パッソの中古車を探すなら、ガリバーの中古車検索サービスも上手く活用しましょう。

一般市場に公開される前の「非公開車両」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に誰よりも早くリーチできます。

車は約500台が毎日入れ替わるので、今はなくても急に希望の車が入庫してくる可能性もあり、リクエストを出しておく価値は十分にあります。

更に10年保証で納車後の返品OK、最短で即日の連絡、専任の担当者付き。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるリスクの低い内容。

年間20万台を買い取るガリバーから最新情報をもらいながら中古車探しができるので、自分で探すのと並行すれば効率的に進められます。

\ 【登録は無料】希望の車があるかも /
パッソの非公開車両を見る

まとめ

以上、パッソのリセールバリューについての解説でした。
リセールは低いですが、モデルがずっと存続しているということも含め、それなりの魅力があり市場から求められている車ということになります。
買う場合はぜひリセールが高めのグレードを狙ってみてください。

〈お知らせ〉

当サイトは情報発信がメインですが、乗換えや購入・売却に関する個別のご相談にも承ります。

「次の車の車種や装備についての相談」
「今の車を手放すベストなタイミング」

など状況に合わせてアドバイスしますので興味がある方はぜひご検討ください。

ココナラ

※お届け日数は質問内容によります。初回の質問に対する回答は最短12時間以内〜最長2日の予定です。※お急ぎの方は事前にダイ…

本記事は以上となります。

最後までお読み頂きありがとうございました。