【現役の査定士が教える】車/中古車を高く売る方法(基本編)

【現役査定士が解説】車(中古車)を高く売る方法

車(中古車)を売ろうとする時に、役立つ高く売る方法やコツについて詳しくお伝えしていきます。

悲しいかな車を乗り換えや、不要で売る時というのは突然やってくる訳ですが、覚えておくと損はない情報をお伝えしていくので是非参考にしてみてください。

色々と高く売れる情報サイトは探せば出てきますが、私が日々車の買取/査定をしている実体験からお伝えしていくので、その辺も参考にして頂ければと思っています。

キノさん
車の買取をこれまで10年経験し、2000台ぐらいは買取の商談をしてきました。実体験なども含めてお伝えできればと思います。

まずは結論からお伝えします。

  1. どれぐらいで売れるかを知っておく
  2. 相見積もりをとる(一括査定)
  3. 下取りは一応聞いておく
  4. 車はできるだけ綺麗に
  5. 車を手放すタイミングを考える

になります。

基本的な部分ではありますが、非常に大事なことなので是非最後まで読んでみてくださいね。

適正額(限界)を知っておこう

相場感を知っておく

どの車にも適正額(買取ができる限界の価格)が当然存在します。

シンプルに言うとその額を大体でいいので知っておくことが、買取店との交渉をスムーズに進め、結果的に高価買取に繋がります。

アシスタント
サポート
意外と凄く大事です。

高く売れたかどうかは、当然結果論であり後からわかるものなので、できる限りの予備知識が大切です。

もし車の買取適正額を知っていないと、

  • 営業マンのトーク次第で相場より安い金額で手放してしまう
  • 現実的にあり得ない価格で交渉を続け、担当者/買取店から嫌われる

ということになり兼ねません。

買取店も人間です、好印象でなくとも悪い印象をもたれないことは意外と重要です。

足るを知るということも大事です。

各車のリセール(買取相場)は私の記事でも紹介しているので、是非事前に調べておいて下さい。

車のリセールバリューランキング

「リセールバリューが良い車に乗りたい!」「どうせなら売る時に高く売れる車を買いたい!」車は中古の流通性が高く、再販価値が高い商品として有名です。しかしどんな車でも高く売れる(リセールが高い)訳ではありません。SU[…]

【2020年11月更新】リセールバリューの高い車ランキング・TOP20

その他『ガリバーオート』『トヨタの下取りシミュレーション』でも大体の査定額を知ることができます。

その他コメント頂ければ私からお答えできますので、お気軽に相談ください。

相見積もりをとる(一括査定)

一括査定が有効

AIの発達もあり様々な買取サービスが日々生まれていますが、成長期に移行できないサービスが多い印象です。

今後は急速な時代の変化とともに、買取サービスも少しずつ変化するものと思われますが、現状ではアナログではありますが買取店の一括査定が最も高く売るには適していると言えます。

ちなみにご存知かとは思いますが、一括査定サービスといっても色々あります。

≫ネットで査定額を一斉表示!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

≫【JADRI公式】一括査定.com

≫楽天の愛車一括査定!もれなく楽天スーパーポイントプレゼント!

≫愛車無料査定も『カーセンサーNet』

これら全て一括査定サービスですが、査定する会社は共通しておりもしかすると担当者/査定員まで同じという可能性もあります。

なので、大事なことはどの一括査定から申し込むかではなく、それぞれの買取店に高い査定額を出してもらうことです。

下取りも一応聞いておく

ディーラーの下取りを聞く

これだけ世の中に買取店が溢れていても、ディーラーの下取りが1番高いということもあります。

最近ではディーラーも新車ではなく中古車の販売に重きを起き始めたことも起因していますが、特に低単価となる買取案件では起こり易いかもしれません。

理由は、新しい車の購入を促す為の強気な値付けであったり、下取りのキャンペーンであったり様々です。

買取店はあくまで買取した車両で利益を出さなければいけませんが、ディーラーは販売する車種でも利益が出せるのでその違いが出ることになります。

なので、どんな時もとりあえずディーラー(又は車を購入予定の店)に下取り額も聞いておくことはメリットはあってもデメリットはないと言えます。

なんでも思い込み、決めつけはよくありません。

車は綺麗に越したことはない

車は綺麗に

車の査定員は”評価点”をつけます。

点数は3〜5点(0.5刻み)とR点です。(RはRepairの略で事故修復歴を指します)

最もボリュームがあるゾーンが4点ゾーンで、多少の傷や内装の汚れがあってもここに入ることができます。

そこを中心に外装の状態が極端に悪ければ3.5→3と落ちていき、よければ4.5→5と上がっていきます。(5点は走行距離が短いことも必要)

車の評価点

車が綺麗であれば、買取後修理などが不要ですぐに店頭に並べることができたり、次の顧客を探すことができます。

中古車価格は変動率が高いのでこの買取してから売れるまでの時間が非常に重要視されています。

これはオークションで落札する業者にも言え、綺麗な車を落札した販売店はすぐに次の顧客の元に車を届けることができたり、店頭に並べることができます。

そこに他の車よりも余分にお金を払うのです。

なので、売ろうとしている車は状態が良ければ良い程有利です。

洗車や車内を綺麗しておくことは実に大事なので、是非行ってください。

高く売れる時期

車が高く売れる時期

車の高く売れる時期は、

1月、2月、6月~10月 が有利です。

高く売れる時期相場推移
国内主要オークション会場の相場推移

理由はそれ以外の月がなぜ悪いのかを説明した方がわかりやすく、

3月~5月は年度末で各ディーラーが溜め込んでいる下取り車・売れ残った在庫が一斉にオークションで換金される年度始めで買取店が数字を作りに大量出品するということが起き、

中古車需要に対して供給過多となり需給バランスが崩れ値崩れを起こす為です。(徐々に正常化される)

12月は日本の中古車市場を支えている海外向けバイヤーが本国に帰ったり、休暇に入る為輸出向け車両が売れなくなる為です。

これは1月以降まで持ち越せば済む話かと思われますが、年次が1年超える(1年式古くなる)ことや長期在庫として持つことを中古車業者は良しとしないことから起こります。

車を高く売る方法まとめ

車を高く売る方法について解説をしました。

まとめると、

  1. 大体の買取額の上限値を知っておき
  2. 中古車の一括査定サービスを利用し
  3. ディーラーの下取り額も聞いておき
  4. 車は綺麗な状態にし
  5. 高く売れる時期を狙って査定を依頼する

ことで車を高く売る環境は整います。

次の記事では実際に高く売る交渉術について解説していきます。

そんなに難しいことではないので、是非参考にみてみてください。

それでは今回はこの辺で☆