スバルXVのおすすめのグレードと装備の違いを詳しく解説

スバルXVのおすすめのグレードと装備の違いを解説

XVはフルタイム4WDの走行安定性と取り回しの利くボディサイズから、女性からの人気も高い車です。

今回はXV・XVハイブリッドのおすすめのグレードや、装備の違いについて詳しく解説していきます。

ガソリンとハイブリッドの比較や、リセールバリューの点についても触れています。

是非参考にしてみてください。

【この記事を書いた人】

キノさん
車のリセール・コスパを調べるのが趣味です。買取の経験を活かして最もお得でおすすめなグレードを紹介します。

ーこんな人にお勧めです👍ー

 XVを検討している

 ガソリンとハイブリッドってどっちがいいの?

 必要な装備やオプションについて知りたい

最もおすすめのグレードは『2.0e-S アイサイト

是非最後まで読んでみてくださいね(^^)/~~~

XVのグレード

XVハイブリッド:アドバンス

XVはガソリンモデルが2グレード、ハイブリッドモデルが3グレードの5グレードから成ります。

全て5人乗りのCVT、フルタイム4WDの設定です。

XV(ガソリン)

グレード排気量・燃費(WLTC)価格
1.6i アイサイト1600cc・11.6km/l2,200,000円
1.6iーL アイサイト1600cc・11.6km/l2,332,000円

※WLTC燃費は予測値(JC08=15.8km/l)

XVハイブリッド

グレード排気量・燃費(WLTC)価格
2.0e-L アイサイト2000cc・15.0km/l2,651,000円
2.0e-S アイサイト2000cc・15.0km/l2,871,000円
アドバンス2000cc・15.0km/l2,926,000円
XV:220万円~233万円
XVハイブリッド:265万円~293万円

グレード毎の装備の違い

ここからはXVのグレード毎の装備について解説します。

1.6i アイサイト(220万円)

内装のイメージ

XVの中で最もベーシックなグレードです。

※グレード毎に変わる部分を中心に記載

  • X-MODEなし
  • ハロゲンヘッドランプ
  • 17インチアルミホイール
  • ウレタン製ステアリングホイール/シフトノブ
  • リモコンキー
主要なオプション装備
●クリアビューパック(20,000円)
●ステアリング連動LEDヘッドランプ/アダプティブドライビングビーム/ヘドランプウォッシャー/プライバシーガラス(95,000円)
●ルーフレール/シャークフィンアンテナ(50,000円)
アルミホイールではありますが、ハロゲンヘッドランプ、ウレタン製ステアリングホイール、リモコンキーとベーシックな仕様です。

1.6i-L アイサイト(233万円)

1.6i-L アイサイト

1.6iアイサイトの一つ上のグレードになります。(価格は+132,000円)

※1.6iアイサイトに下記赤字の装備が追加・変更

  • X-MODE
  • プライバシーガラス
  • カラーマルチファンクションディスプレイ
  • パドルシフト
  • カップホルダー付きアームレスト(後席中央)
主要なオプション装備
●アイサイトセイフティプラス(30,000円)サイドビューモニター付き(50,000円)
●クリアビューパック(20,000円)
●LEDヘッドランプセット(95,000円)
●革シートセット(150,000円)
●ルーフレール/シャークフィンアンテナ(50,000円)
●キーレスアクセス/プッシュスタート(50,000円)
X-MODEが標準装備され、パドルシフトがつきますが、あまり大きくは1.6iサイサイトから変化していません。
ガソリンモデルの最上位がこのグレードということで、ガソリンモデルは廉価グレードとしていることがわかります。

2.0e-L アイサイト(265万円)

2.0e-L アイサイト

ハイブリッドモデルの中でベーシックなグレードです。(価格は1.6i-Lアイサイト+319,000円)

※グレード毎に変わる部分を中心に記載

  • ハロゲンヘッドランプ
  • ウインカー付きドアミラー
  • 17インチアルミホイール
  • 革巻きステアリングホイール/革巻きシフトノブ
  • トリコットシート
  • キーレスアクセス/プッシュスタート
主要なオプション装備
●アイサイトセイフティプラス(30,000円)サイドビューモニター付(50,000円)
●クリアビューパック(20,000円)
●革シートセット(100,000円)
●パワーシートセット(50,000円)
●ステアリング連動LEDヘッドランプ/ヘッドランプウォッシャー/アダプティブドライビングビーム(80,000円)
●ラダータイプシルバールーフレール/シャークフィンアンテナ(50,000円)
ガソリンモデルに比べ、革巻きステアリングホイールやプッシュスタートなど標準装備がグレードアップしています。
価格差を占める要素としては装備よりもハイブリッドになった点が大きい様に感じます。

2.0e-S アイサイト(287万円)

2.0e-S アイサイト

2.0e-Lの一つ上のグレードになります。(価格は2.0e-Lアイサイト+220,000円)

※2.0e-Lアイサイトに下記赤字の装備が追加・変更

  • ステアリング連動LEDヘッドランプ/ヘッドランプウォッシャー/アダプティブドライビングビーム
  • 電動オート格納機能/リバース連動機能ドアミラー
  • クリアビューパック(デアイサー/ヒーテッドドアミラー/撥水加工フロントドアガラス)
  • 18インチアルミホイール
  • 合皮/トリコットコンビシート/パワーシート/シートポジションメモリー
  • アルミ製ペダル
主要なオプション装備
●アイサイトセイフティプラス(30,000円)サイドビューモニター付(50,000円)
●革シートセット(100,000円)
●ラダータイプシルバールーフレール/シャークフィンアンテナ(50,000円)
18インチアルミになり、LEDヘッドランプ、合皮コンビシートと装備が充実します。
Lとの差額が22万円ありますが、十分なグレードアップと感じます。

アドバンス(293万円)

アドバンス

XVハイブリッドの最上級のグレードになります。(価格は2.0e-Sアイサイト+55,000円)

※2.0e-Sアイサイトに下記赤字の装備が追加・変更

  • シルバーアンダーカバー/シルバー角型LEDフロントフォグランプ
  • マットブルー金属調インパネ加飾
  • ブルー加飾付きアナログメーター
  • ブルーステッチ入り革巻きステアリングホイール
主要なオプション装備
●アイサイトセイフティプラス(30,000円)サイドビューモニター付(50,000円)
●革シートセット(100,000円)
●ローマウントタイプシルバールーフレール/シャークフィンアンテナ(50,000円)
正直これといって装備の追加がありません。外観の色が一部変更になったのと、内装のブルーステッチが要所に入っているのみです。
正直55,000円高くなっている内容がわかりません。

主要なオプションについて

主要なオプションについて説明します。

X-MODE

1.6iアイサイト不可
1.6i-Lアイサイト標準装備
2.0e-Lアイサイト標準装備
2.0e-Sアイサイト標準装備
アドバンス標準装備

X-MODEとは

悪路を安全に走るためのモードです。

フルタイム4WDなので基本的には安定していますが、雪道や悪路では安心感が増すと言えます。

クリアビューパック

1.6iアイサイト+20,000円
1.6i-Lアイサイト+20,000円
2.0e-Lアイサイト+20,000円
2.0e-Sアイサイト標準装備
アドバンス標準装備

クリアビューパック

ワイパブレードの凍結を熱線で溶かすワイパーデアイサー、曇りや凍結を取り除くヒーテッドドアミラー、水滴がつきにくい撥水加工フロントドアガラスのセットです。

ステアリング連動LEDヘッドランプ+アダプティブドライビングハイビーム

1.6iアイサイト+95,000円
1.6i-Lアイサイト+95,000円
2.0e-Lアイサイト+80,000円
2.0e-Sアイサイト標準装備
アドバンス標準装備

LEDヘッドランプセット

安全装備です。

カーブに連動して進行方向を照らしてくれるので、夜間の走行がより安全になります。

アイサイトセイフティプラス・サイドビューモニター

グレードアイサイトコアテクノロジーアイサイトセイフティプラス
1.6iアイサイト標準装備不可
1.6i-Lアイサイト標準装備+50,000円
2.0e-Lアイサイト標準装備+50,000円
2.0e-Sアイサイト標準装備+50,000円
アドバンス標準装備+50,000円

スバルの安全装備は「アイサイトコアテクノロジー」と「アイサイトセイフティプラス」に分かれます。

アイサイトコアテクノロジー

アイサイトコアテクノロジーだけでも十分な安全装備の内容になっています。

SUBARU XV

高速道路などでの疲れやストレスを大幅に軽減する先進機能「ツーリングアシスト」を全グレードに搭載。衝突回避支援や運転負荷軽…

アイサイトセイフティプラスは更に2つの安全装備が追加されます。

①スバルリヤビークルディテクション

アイサイトセイフティプラス

②サイドビューモニター

アイサイトセイフティプラス2

価格はそこまで高くないので必要に応じて追加しましょう。

ガソリンとハイブリッド

ガソリンとハイブリッドではどちらを選ぶべきでしょうか。

XVは他の車種と違い、ガソリンからハイブリッドになることで装備もグレードアップします。

リセールバリューなども含めた総合的な点から見ると、ハイブリッドの方がおすすめだと言えます。

次にXVハイブリッドのメリットを説明します。

燃費の差(ガソリン代)

WLTCモードにおけるカタログ燃費を比較すると、ガソリンモデルとハイブリッドモデルの燃費差は約3.4km/lです。

8月17日現在の全国のガソリン代平均価格は127円/Lで、年間10,000kmを走行した場合の燃料代の差は次の様になります。

ガソリン109,483円
ハイブリッド84,667円
24,816円
ガソリン代の差
1年:24,816円 3年:74,448円
5年:124,080円 7年:173,712円

減税の差

XVとXVハイブリッドの減税の内容は次の通りです。

【XV】

環境性能割(旧取得税)1%減税
エコカー減税(重量税)対象外
グリーン化特例(自動車位税)対象外

【XVハイブリッド】

環境性能割(旧取得税)非課税
エコカー減税(重量税)25%減税(7,500円)
グリーン化特例(自動車位税)約50%減税(約18,000円)
スバルのエコカー減税対象車“アクティブ エコ ラインアップ”

スバルのエコカー減税対象車。各車種の減税試算例をご紹介します。…

XVの環境性能割負担額(2%)はグレード平均約41,200円なので、ガソリンとハイブリッドの減税の差は66,700円となります。

ガソリンとハイブリッドの減税の差:約66,700円

結論:ハイブリッドが良い

これまでの数字をまとめると、5年間(年間10,000km走行)乗る場合では、

124,080円(燃料代)+66,700円(減税)=190,780円
がハイブリッドにすることによる金銭的なメリットです。
1.61-Lアイサイト(ガソリン)から2.0e-Sアイサイト(ハイブリッド)に上げる差額は、319,000円なので上記金額を差し引くと、128,220円です。
静音性や加速性能を考慮すると、ハイブリッドモデルの方がメリットがありそうなのは明らかです。

おすすめのグレードとポイント

ここまでで、「ハイブリッド」がおすすめだということがわかりました。

最後にグレード毎の価格と装備の違いを整理します。

グレード価格装備
1.6i アイサイト220万円X-MODEなし、ハロゲンヘッド、17アルミ、リモコンキー 他
▼+13万円
1.6i-L アイサイト233万円X-MODE、プライバシーガラス、パドルシフト、カラーマルチファンクションディスプレイ 他
▼+32万円
2.0e-L アイサイト265万円ウインカードアミラー、革巻きステアリング・シフトノブ、17アルミ、プッシュスタート 他
▼+22万円
2.0e-S アイサイト287万円LEDヘッドランプ、クリアビューパック、18インチアルミホイール、アルミペダル 他
▼+6万円
アドバンス293万円シルバーアンダーカバー、ブルー、ブルー加飾付きアナログメーター 他

※下4桁四捨五入

おすすめは2.0e-Sアイサイト

ガソリンよりハイブリッドの方が良い時点で上位3グレードになり、後は装備やリセールの差になります。

2.0e-Lアイサイトは価格に見合ったモデルアップですが、それでも装備ハロゲンヘッドランプ等装備に今一つなところがあります。

アドバンスは2.0e-Sアイサイトから性能としては変わっていませんので、選ぶメリットは大きくはないでしょう。

残る2.0e-Sアイサイトは、リセールに反映されやすいアルミのインチアップの他、LEDセットが入り安全面も向上します。2.0e-Lから22万円のアップにはなりますが、十分な装備のアップだと考えます。

最もおすすめなグレードは「2.0e-Sアイサイト」
以下ポイントです。

①ナビはビルトイン。7インチなら社外でもOK

XV純正ナビ

ディーラーオプションでナビは4種類用意されています。

ビルトインナビは見た目もすっきりで、メーカーオプションの様な仕様でリセール時も小売目線で評価されそうです。

7インチナビは後付け可能な仕様で、値段も比較的高価な為ビルトインナビが社外ナビがおすすめです。

②アイサイトプラスや革シートは基本的には不要

アイサイトセイフティプラスや革シートセットは比較的安価なので、付けるハードルは低い上に安全面や見た目の高価もそれなりに期待できます。

ただし標準装備でも安全装備は十分と言えますし、革シートもハーフレザーと比べてそこまでリセールでプラスになる訳でもないので基本的には不要です。

③おすすめの色

おすすめの色はパールホワイト又は黒がおすすめです。

XVで言うと、「クリスタルホワイト・パール」又は「クリスタルブラック・シリカ」です。

リセール的に次に来るのは「マグネタイトグレー・メタリック」「クールグレー・カーキ」でしょうか。

まとめ

以上XVのおすすめのグレードについて解説しました。

XVは比較的安価な部類ですが、クロスオーバーSUVでかっこよく、スバルの優れた安全装備がついているお勧めの車です。

是非参考にしてみてください。

あわせて読みたい

ヴェゼルは熾烈を極めるコンパクトSUV市場でも人気でかつリセールバリューも高い、優れたクルマです。今回はヴェゼル・ヴェゼルハイブリッドのおすすめのグレードや、装備の違いについて詳しく解説してきます。ガソリンとハイブリッドの比[…]

ヴェゼルのおすすめのグレードと装備の違いについて詳しく解説
最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事が気に入って頂けたらシェアして頂けると嬉しいです。(^^♪