ヴェゼルのおすすめのグレードと装備の違いを詳しく解説

ヴェゼルのおすすめのグレードと装備の違いについて詳しく解説

ヴェゼルは熾烈を極めるコンパクトSUV市場でも人気でかつリセールバリューも高い、優れたクルマです。

今回はヴェゼル・ヴェゼルハイブリッドのおすすめのグレードや、装備の違いについて詳しく解説してきます。

ガソリンとハイブリッドの比較や、リセールバリュー、2WDと4WDの違いについても触れています。

是非参考にしてみてください。

【この記事を書いた人】

キノさん
車のリセール・コスパを調べるのが趣味です。買取の経験を活かして最もお得なおすすめのグレードを紹介します。

ーこんな人にお勧めです👍ー

 ヴェゼルを検討している

 ガソリンとハイブリッドってどっちがいいの?

 必要な装備やオプションについて知りたい

最もおすすめのグレードは『ハイブリッドRS(2WD)』
是非最後まで読んでみてくださいね(^^)/~~~

ヴェゼルのグレード

現行モデルのヴェゼル・ツーリング

ヴェゼルは全グレードにホンダセンシング標準装備。

ガソリンモデルが5グレードで一部4WDが選べる全7種類、ハイブリッドモデルも5グレードで一部4WDが選べる全9種類があります。

全て5人乗り、ガソリンがCVTでハイブリッドが7ATになります。

ヴェゼル(ガソリン)

グレード排気量・燃費(WLTC)価格
G(2WD)1500cc・18.4km/l2,113,426円
G(4WD)1500cc・17.0km/l2,333,426円
X(2WD)1500cc・18.4km/l2,205,093円
X(4WD)1500cc・17.0km/l2,425,093円
RS(2WD)1500cc・17.8km/l2,520,833円
ツーリング(2WD)1500cc・16.4km/l2,956,800円
ツーリング モデューロX(2WD)1500cc・16.4km/l3,528,800円

※ツーリング以上はターボ

ヴェゼルハイブリッド

グレード排気量・燃費(WLTC)価格
ハイブリッド(2WD)1500cc・21.0km/l2,505,555円
ハイブリッド(4WD)1500cc・19.6km/l2,725,555円
ハイブリッドX(2WD)1500cc・21.0km/l2,586,018円
ハイブリッドX(4WD)1500cc・19.4km/l2,806,018円
ハイブリッドZ(2WD)1500cc・19.6km/l2,760,186円
ハイブリッドZ(4WD)1500cc・18.4km/l2,980,186円
ハイブリッドRS(2WD)1500cc・19.8km/l2,862,037円
ハイブリッド モデューロX(2WD)1500cc・19.6km/l3,467,200円
ハイブリッド モデューロX(4WD)1500cc・18.4km/l3,617,900円
ヴェゼル:211万円〜353万円
ヴェゼルハイブリッド:251万円〜362万円

グレード毎の装備の違い

ここからはヴェゼルのグレード毎の装備の違いについて解説します。

基本的に2WD⇄4WD、ガソリン⇄ハイブリッド間におけるグレードの装備は同じです。

大まかな違い

大まかな違いとしては次の様になります。

グレード(ガソリン)装備
GNA+ウレタン製ステアリングホイール
XNA+革巻きステアリングホイール
RSNA+サムレスト付スムース革巻きステアリングホイール/パドルシフト
ツーリングターボ
ツーリング・モデューロXターボ+「ModuroX」ロゴ入りブラック合皮/ラックススエードコンビスポーツシート
グレード(ハイブリッド)装備
ハイブリッドヒーテッドドアミラー無+ウレタン製スタリングホイール
ハイブリッドXヒーテッドドアミラー無+革巻きスタリングホイール
ハイブリッドZヒーテッドドアミラー付+革/ファブリックコンビシートor革シート(70,000円)
ハイブリッドRSヒーテッドドアミラー付+合皮/ウルトラスエードコンビシート
ハイブリッド・モデューロX「ModuroX」ロゴ入りブラック合皮/ラックススエードコンビスポーツシート

※NA→自然吸気エンジン(ノーマルアスピレーション)
※ヒーテッドドアミラー↓
ヒーテッドドアミラー

基本的にガソリンのGとハイブリッド、ガソリンのXとハイブリッドX、ガソリンのRSとハイブリッドRSは同じ装備になります。

次に細かな装備の違いについて解説します。

G(211万円/2WD)

Gはガソリン対応の最もベーシックなエントリーグレードです。

※グレード毎に変わる部分を中心に記載

  • フォグランプ無し
  • 16インチタイヤ/ホイールキャップ
  • ウレタン製ステアリングホイール/シフトノブ
  • 4スピーカー

ベーシックグレードなので、ホンダセンシングは装備されていますが、フォグランプ無し、ホイールキャップなど質素な装備となっています。

X(221万円/2WD)

XはGの一つ上のグレードになります。(価格はG+91,667円)

※Gに下記赤字の装備が追加・変更

  • ハロゲンフロントフォグランプ
  • 16インチアルミホイール
  • 革巻きステアリングホイール
  • 6スピーカー
主要なオプション装備
●ナビ装着用スペシャルパッケージ(40,000円)
●スタイリッシュパッケージ(80,000円)
●インターナビセット(210,000円)
●ブラック革/ウルトラスエードコンビシート/シーヒーター(運転席/助手席)(70,000円)

Gから約9万円アップになりますが、フォグランプ、アルミホイール、革巻きステアリングホイールと装備がそれなりに充実します。

RS(252万円/2WD)

RSはXの一つ上のグレードです。(価格はX+315,740円)

※Xに下記赤字の装備が追加・変更

  • 7速CVT
  • コンフォートビューパッケージ(親水/ヒーテッドドアミラー/フロントウインドウデフォッガー/)フロントドア撥水ガラス)
  • ブラック塗装大型フロントアンダープロテクター
  • LEDフロントフォグランプ
  • シングルマフラーカッター
  • 18インチアルミホイール
  • サムレスト付スムース革巻きステアリングホイール/パドルシフト
  • 革巻きシフトノブ
  • ステンレス製ペダル
  • ブラック合皮/ウルトラスエードコンビシート
  • シートヒーター(運転席/助手席)
  • ナビ装着用スペシャルパッケージ
主要なオプション装備
●インターナビセット(170,000円)

めちゃくちゃ装備が増えます。

CVTが7速になり、大型アンダープロテクターやアルミが18インチになることで見た目も変わります。

内装は革巻きシフトノブにコンビシート、シートヒーター、ナビ装着用スペシャルパッケージが標準でついてきます。

Xとの差額は27万円なので、十分検討に値するグレードアップになります。

グレード:X
グレード:RS
キノさん
だいぶ見た目の雰囲気が変わりますね!

ツーリング(296万円/2WD)

ツーリングはRSをベースにNAからターボになったグレードです。(価格はRS+435,967円)

※RSに下記赤字の装備が追加・変更

  • ターボ/7CVT
  • ボディ同色リバース連動機能ドアミラー
  • ルーフレール/デュアルマフラーカッター
  • アジャイルハンドリングアシスト
  • ブラウン合皮/ダークグレーウルトラスエードコンビシート/ヘッドレスト前後調節機能
主要なオプション装備
●インターナビセット(170,000円)
●ブラックorブラウン革シート/パワーシート(運転席/助手席)(150,000円)

※アジャイルハンドリングアシスト↓アジャイルハンドリングアシスト

ターボとなり、コンビシートは変わりませんが内装の雰囲気が変わります。

アジャイルハンドリングシステムの走行性能に応じた装備が標準装備されます。

見た目は大きな変化はありませんが、価格が大幅に上がる点に注意が必要です。

ツーリング モデューロX(353万円/2WD)

モデューロXとは、ホンダアクセスが開発した専用のカスタマイズパーツを装着するコンプリートカーブランドです。

「ツーリング モデューロX」は、ツーリングに専用カスタマイズパーツを装着したコンプリートカーになります。(ツーリング+572,000円)

※ツーリングに下記赤字の装備が追加・変更

  • シルバー塗装フロントアンダープロテクター
  • ブラックサイドシルスポイラー
  • 18インチブラック塗装アルミホイール
  • 「ModuroX」ロゴ入りブラック合皮/ラックススエードコンビスポーツシート

ツーリングに比べ専用デザインでコンプリートされた装備になります。

見た目の色使いと、アルミホイールのデザイン、シートはスポーツシートになります。

ヴェゼル:ツーリング
ヴェゼル:ツーリング モデューロX
キノさん
価格はツーリング+572,000円!..

ハイブリッド(251万円/2WD)

G(ガソリン)と同じ。

ハイブリッドX(259万円/2WD)

X(ガソリン)と同じ。

ハイブリッドZ(276万円/2WD)

ハイブリッドZはXとRSの中間の位置にあたるグレードになります。(ハイブリッドX+174,168円)

※ハイブリッドXに下記赤字の装備が追加・変更

  • コンフォートビューパッケージ(親水/ヒーテッドドアミラー/フロントウインドウデフォッガー/フロントドア撥水ガラス)
  • LEDフロントフォグランプ
  • リバース連動機能ドアミラー
  • ルーフレール
  • 17インチブラック塗装アルミホイール
  • サムレスト付スムース革巻きステアリングホイール
  • ブラックorブラウン革/ブラックファブリックコンビシート
  • シートヒーター(運転席/助手席)
主要なオプション装備
●インターナビセット(170,000円)
●パワーシート(運転席/助手席)(80,000円)
●ブラック革シート(70,000円)
リバース連動ドアミラー、ルーフレール、革/ファブリックコンビシートになるところがRSに比べ変わっています。
アルミはXより大きくRSより小さい17インチです。
ヴェゼルハイブリッド:Z

ハイブリッドRS(286万円/2WD)

RS(ガソリン)と同じ。

ハイブリッド モデューロX(347万円/2WD)

ツーリング モデューロXのターボがハイブリッドに変わった以外は同じ。

キノさん
ハイブリッドモデルにだけ中間グレードであるZが存在します。

主要なオプションについて

主要なオプションについて解説します。

ナビ装着用スペシャルパッケージ

このパッケージは割とお得で人気な装備なようです。

中身は、

  • リアワイドカメラ
  • ナビ・オーディオリモートコントロールステアリングスイッチ
  • ハンズフリーテレホンスイッチ
  • USBジャック/HDMI入力端子
  • ETC車載器
  • デジタルTV用プリントアンテナ
  • 専用ワイヤーハーネス

が40,000円で全てついてきます。

ホンダの純正ナビをつけるならあった方が便利と言えます。

インターナビセット

インターナビ

インターナビとは
普通のカーナビでは把握できない状態情報、災害情報、安否情報など多彩な情報を受けられるHonda独自の「通信型ナビ」
インターナビセットには下記の内容がセットになっています。
  • インターナビ対応SDナビ
  • リンクアップフリー
  • リアワイドカメラ
  • 地デジTV
  • DVD・CD再生機能
  • HDMI/USB端子
  • ステアリングスイッチ(オーディオ)

色々な内容がセットでついてくるので、お得とは言えます。

社外ナビの場合と比較するのが良いでしょう。

ガソリンとハイブリッド

ガソリンとハイブリッドではどちらを選ぶべきでしょうか。

私は「ハイブリッド」をオススメします。

理由は、

ガソリン代、減税額、リセールバリュー、動力性能の差が新車価格差である約34万円を上回る!

為です。

細かく説明していきます。

燃費の差(ガソリン代)

WLTCモードにおけるカタログ燃費を比較すると、ガソリンモデルとハイブリッドモデルの燃費差は約2.5km/lです。

キノさん
2.5km/lしか差がないのに驚き!

8月14日現在の全国のガソリン代平均価格は127円/Lで、年間10,000kmを走行した場合の燃料代の差を計算します。

ガソリン69,022円/年
ハイブリッド60,476円/年
8,546円/年

5年で42,730円、7年で59,822円の燃料代の差が出ます。

ガソリン代の差
1年:8,546円 3年:25,638円
5年:42,730円 7年:59,822円

減税の差

ヴェゼルは環境性能割が1%減税の2%課税に対し、ヴェゼルハイブリッドは、

  • 環境性能割非課税
  • エコカー減税
  • グリーン化特例

の対象車になります。

ヴェゼルRSの環境性能割負担額を45,833円と計算すると、減税額の差は約73,000円になります。

Honda公式ホームページ

環境負荷の小さいクルマは、エコカー減税が受けられます!このページでは、クルマのエコカー減税について、わかりやすく、詳しく…

リセールバリューの差

ヴェゼルのリセールバリューについては『ヴェゼル・ヴェゼルハイブリッドのリセールバリューについて詳しく解説』にて詳しく調べています。

ガソリンとハイブリッドでは5年落ちの時点では4%ガソリンの方が良いという結果になっていますが、7年落ちになると差が1%になるので、ほぼ差はないと考えても良いと思います。

あわせて読みたい

[adcode]ヴェゼル・ヴェゼルハイブリッドの新車から3年・5年・7年後のリセールバリュー(買取相場)をグレード別にお伝えします。リセールに関わるオプション、モデルチェンジ前後での相場の動き、中古車価格についても記載しまし[…]

ヴェゼルのリセールについて解説します

結論:ハイブリッドが良い

これまでの数字をまとめると、5年間(年間10,000km走行)乗る場合では、

42,730円(燃料代)+73,000円(減税)+0円(リセールの差)=115,730円
がハイブリッドでのみ受けられる数字の恩恵です。
新車価格の差額は34万円だったので、差し引くと差額は224,270円になります。
ここで価格に換算できないハイブリッドのメリットとして静穏性や加速性能を考慮します。
特にホンダの加速性能は出だしが優れていて私も気に入っています。
更に販売台数も比較してみましょう。
【過去6か月のオークションにおける出品台数】
経過年数ガソリンハイブリッド
3年落ち289台788台
5年落ち281台1,321台

圧倒的にハイブリッドの方が多く出品されています。

あくまでオークションに出品されている数ですが、これは新車時ハイブリッドの方が多く売れていたということを意味していて、ヴェゼルはハイブリッドの方が人気と言えるでしょう。
以上の点を総合して、私はガソリンよりハイブリッドの方が良いかな、と思います。
キノさん
22万円の価格差は非常に悩ましい!

2WDと4WD

基本的には価格や燃費の面を考慮しても2WDが良いと思います。

ただし雪道や、悪路を走ることが多い方は4WDの方が安全面が高いといえます。

参考までにオークションへの出品台数を見てみます。

【過去6か月のオークションにおける出品台数】
経過年数2WD4WD
3年落ち691台97台
5年落ち1,154台167台

殆どの購入者が2WDを選んでいたのがわかります。

2WDの方が人気!

おすすめのグレードとポイント

ここまでで「ハイブリッド」の「2WD」がオススメという内容を説明しました。

最後にグレードを決める為に価格と違いをもう一度整理します。

グレード価格装備
ハイブリッド251万円フォグランプ無、ホイールキャップ、ウレタン製ステアリング 他
▼+8万円
ハイブリッドX259万円ハロゲンフォグランプ、16インチアルミホイール、革巻きステアリング 他
▼+17万円
ハイブリッドZ276万円コンフォートビューPCK、17インチアルミ、革/ファブリックコンビシート 他
▼+10万円
ハイブリッドRS286万円7速CVT、18インチアルミ、合皮/スエードコンビシート、ナビ用スペシャルPCK 他
▼+61万円
ハイブリッドモデューロX347万円
※下4桁四捨五入

おすすめはハイブリッドRS

モデュローロXはカスタムカーということで、リセールは比較的高そうですが、現時点では読めません。
またRSからの61万円アップというのが中々取り返せるかは微妙です。
RSはZに比べてアルミサイズが18インチに大きくかっこよくなり7速CVTで走りも楽しめるという理由で、私の最もオススメするグレードは「RS」になります!
最もオススメなグレードは、「ハイブリッドRS(2WD)」
以下ポイントです。

①:順位的にはRS→Z→X

各グレードの価格差は小さいですが、価格を少しでも抑えたい場合は、グレードを落としていきましょう。

ZもXも全然アリなグレードです。

ガソリンのツーリングはハイブリッドにはない新しいターボのグレードです。

ガソリンモデルはこれまでは比較的人気がありませんでしたが、面白いかもしれません。

②:標準装備で十分充実

ヴェゼルの場合は、そこまでオススメのオプションというのはありません。

ナビ装着用スペシャルパッケージとナビが入っていればそれなりにまとまります。

ナビも必ずしも高いインターナビがリセールバリューとしては良いとかいうこともありません。

③:おすすめの色

ある程度まとまっている印象のヴェゼルですが、色は多くの車と同じくパールホワイト又は黒がおすすめです。

ヴェゼルの場合は、「プラチナホワイト・パール」又は「クリスタルブラック・パール」です。

特にリセールバリューに関わってくるので、拘りがない場合はどちらかにしておきましょう。

まとめ

以上、ヴェゼルのおすすめグレードについてでした。

ヴェゼルは熾烈なコンパクトSUV市場でも売れているおすすめの車種です。

またガンガン走って走行距離が増えても海外に比較的高く輸出されるという素晴らしい特性があります。

是非参考にしてみてください。

あわせて読みたい

一括査定に依頼するフルモデルチェンジされたハリアー、グレードや装備で迷っていませんか?本記事ではハリアー・ハリアーハイブリッドの装備や価格、リセールバリューの点から見たおすすめのグレードを紹介します。ハリアーを検討してい[…]

ハリアーのおすすめのグレード【装備の違いも解説】

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事が気に入って頂けたらシェアして頂けると嬉しいです。(^^♪