ヴェゼルのリセールと残価率を中古車査定士が詳しく解説

  • ヴェゼルのリセールってどうなの?
  • リセールの高い仕様やオプションは?
キノサン
結論、ヴェゼルのリセールは高い(★★★★★)です!

本記事では、ホンダ/ヴェゼルのグレード別リセールバリュー(残価率)とリセールの高い仕様について解説します。

新車登録当年、3年後、5年後、7年後の残価率をまとめたので、購入の材料にしてください。

リセールバリューの高い車の乗換えには、下取車を高く売ることが必須。

下記から車査定にお申込みいただければ、筆者の相場診断が無料でついてくるので、下取車を高く売却する材料として使っていただけます。

≫ 相場診断がついてくる車査定はこちら

車を高く売る上で大切なことは
「車の相場上限より少し上で交渉すること」
下記の専用申込サイトから査定を依頼すれば
筆者の相場診断が無料でついてきます!

\ 相場診断がいかに役立つかは下記を参照 /
【特典付き】専用申込みサイト

中古車を検討している方は下記のサービスを利用して早めに車を探しておくのがおすすめです。

≫ 希望の予算やスペックの中古車を探す
ガリバーの中古車検索サービス
非公開在庫や業者オークションから
欲しい車を探してくれる人気のサービス!
まだ見つけられていない車が必ず見つかる!

【公式HP】https://221616.com/

\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
中古車検索サービスに登録する
※欲しい車があるなら選択肢を増やそう!

【経過年数とグレード別】ヴェゼルのリセールバリュー

経過年数とグレード別のヴェゼルのリセールバリュー

まずヴェゼルの登録当年・3年・5年・7年落ちのリセール(残価率)を記載します。

残価率とは買取価格/新車価格(%)で値持ちの良さを表します。
経過年数
モデル
残価率/買取額
ガソリン
残価率/買取額
ハイブリッド
当年車/R4年
RV系
107%/243万円
★★★★★
117%/351万円
★★★★★
フルモデルチェンジ(RU系→RV系)
3年落ち/R1年
RU系後期
92%/234万円
★★★★★
88%/245万円
★★★★★
マイナーチェンジ(RU系前期→後期)
5年落ち/H29年72%/162万円
★★★★★
64%/173万円
★★★★☆
7年落ち/H27年62%/131万円
★★★★★
52%/132万円
★★★★☆

※買取額は全グレードの平均

ヴェゼルのリセールのポイント!
  • 全体を通して隙のない高リセールバリューな車。ガソリンもハイブリッドも高い
  • フルモデルチェンジ以外リセールが大きく落ちる年がない。注意点が少ない
  • 全グレードが強い。中でも4WDのハイブリッドまたは上位グレードがおすすめ
キノサン
年数別のリセール(残価率)について下記で詳しく紹介します。
  • 当年車のリセール:残価率115%
  • 3年後のリセール:残価率89%
  • 5年後のリセール:残価率67%
  • 7年後のリセール:残価率58%

ひとつずつ詳しく解説します。

当年車のリセール:残価率115%

登録直後のリセールを調査。当年車の平均残価率(買取額)は115%(321万円)となりました。

引用:https://www.goo-net.com/
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
G2,279,200円
0万km
126件
243万円
107%
e:HEV X2,658,700円
0万km
199件
300万円
113%
e:HEV Z(2WD)2,898,500円
0.2万km
98件
343万円
118%
e:HEV Z(4WD)3,118,500円
0.1万km
7件
365万円
117%
e:HEVプレイ3,298,900円
0.2万km
68件
395万円
120%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

ナビレスでも問題なく、2WDでも4WDでも100%を超えています。

手に入りにくいのでこうなっている面もあり、車があれば買っても損はしないでしょう。

 

3年後のリセール:残価率89%

3年後のリセールはRU系後期モデルから算出。3年後の平均残価率(買取額)は

  • ガソリンモデル:92%(234万円)
  • ハイブリッドモデル:88%(245万円)

となりました。

引用:https://www.goo-net.com/
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
Xホンダセンシング2,205,093円
2.9万km
101件
205万円
93%
RSホンダセンシング2,520,833円
2.8万km
84件
243万円
96%
ツーリングホンダセンシング2,956,800円
2.4万km
29件
255万円
86%
【ハイブリッドモデル】
ハイブリッドホンダセンシング2,725,555円
7.6万km
4件
243万円
89%
ハイブリッドXホンダセンシング(2WD)2,586,018円
3.4万km
42件
210万円
81%
ハイブリッドXホンダセンシング(4WD)2,806,018円
3.5万km
20件
250万円
89%
ハイブリッドRSホンダセンシング(2WD)2,862,037円
3.5万km
76件
245万円
86%
ハイブリッドZホンダセンシング(2WD)2,760,186円
3.7万km
166件
235万円
85%
ハイブリッドZホンダセンシング(4WD)2,980,186円
3.2万km
31件
285万円
96%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

  • ガソリン、ハイブリッドどちらもリセールは高い
  • 基本的に全てのグレードが高い(ハズレがない)
  • 2WDより4WDの方がリセールが高い傾向あり

個人的に注目はハイブリッドの4WDモデルです。

RU系を見る限り、現行モデルはe:HEVプレイの他、ZやXの4WDモデルも将来的なリセールに期待がもてます。

 

5年後のリセール:残価率67%

5年後のリセールはRU系前期モデルから算出。5年後の平均残価率(買取額)は

  • ガソリンモデル:72%(162万円)
  • ハイブリッドモデル:64%(173万円)

となりました。

引用:https://www.goo-net.com/
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
G2,136,000円
9.4万km
8件
135万円
63%
Xホンダセンシング(2WD)2,120,000円
5.0万km
103件
155万円
73%
Xホンダセンシング(4WD)2,336,000円
6.1万km
26件
177万円
76%
RSホンダセンシング(2WD)2,390,000円
4.8万km
70件
180万円
75%
【ハイブリッドモデル】
ハイブリッドXホンダセンシング(2WD)2,500,000円
6.7万km
99件
150万円
60%
ハイブリッドXホンダセンシング(4WD)2,716,000円
8.3万km
26件
170万円
63%
ハイブリッドRSホンダセンシング(2WD)2,770,000円
5.7万km
100件
177万円
64%
ハイブリッドZホンダセンシング(2WD)2,670,000円
5.7万km
214件
170万円
64%
ハイブリッドZホンダセンシング(4WD)2,980,186円
6.8万km
34件
200万円
67%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

前期モデルということで少しリセールが落ちます。

どちらかというとガソリンモデルが高残価率です。

 

7年後のリセール:残価率58%

7年後のリセールはRU系前期モデルから算出。5年後の平均残価率(買取額)は

  • ガソリンモデル:62%(131万円)
  • ハイブリッドモデル:52%(132万円)

となりました。

引用:https://www.goo-net.com/
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
G(2WD)1,931,000円
8.3万km
11件
115万円
60%
G(4WD)2,147,000円
6.7万km
8件
150万円
70%
X(2WD)2,070,000円
8.2万km
52件
125万円
60%
X(4WD)2,286,000円
12.2万km
13件
130万円
57%
S(2WD)2,190,000円
7.0万km
45件
135万円
62%
【ハイブリッドモデル】
ハイブリッドX(2WD)2,420,000円
9.2万km
118件
125万円
52%
ハイブリッドX(4WD)2,636,000円
11.2万km
73件
130万円
49%
ハイブリッドZ(2WD)2,580,000円
8.1万km
208件
140万円
54%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

7年も経過すると、ガソリンモデルとハイブリッドモデルの買取額はほぼ同じとなります。

キノサン
当然新車価格の低いガソリンモデルの方が残価率が高くなります。

 

1年毎のリセールバリューの変化

リセールバリューが毎年どの様に落ちていくのかを「グレード:ハイブリッドZ(2WD)」で調べた結果です。

経過年数/モデル
(平均走行距離)
平均買取額
(前年比)
当年もの/RV系
(0.2万km)
343万円
1年落ち/RV系
(1.0万km)
330万円
(−13万円)
フルモデルチェンジ(RU系→RV系)
2年落ち/RU系後期
(2.3万km)
243万円
(−87万円)
3年落ち/RU系後期
(3.7万km)
235万円
(−8万円)
4年落ち/RU系後期
(4.4万km)
220万円
(−15万円)
マイナーチェンジ(RU系前期→後期)
4年落ち/RU系前期
(5.2万km)
200万円
(−20万円)
6年落ち/RU系前期
(7.1万km)
155万円
(−15万円)
7年落ち/RU系前期
(8.1万km)
140万円
(−15万円)
8年落ち/RU系前期
(8.4万km)
130万円
(−10万円)
9年落ち/RU系前期
(10.6万km)
115万円
(−15万円)

大きく落ちているところを赤字で記しました。e:HEV Zの新車は290万円です。

ヴェゼルは大きく価値が減少するところがフルモデルチェンジの年ぐらいしかありません。

その他は毎月1万円と少し価値が落ち続けるだけで、マイナーチェンジの年ですら20万円しか価値が落ちません。

この安定したリセールの強さがヴェゼル最大の強みと言えます。

 

【中古車査定士が解説】ヴェゼルを売るタイミングやおすすめ度は?

ヴェゼルを売るタイミングやおすすめ度は?

リセールの観点からヴェゼルの売り時や車としてのおすすめ度を紹介します。

ヴェゼルはリセールバリュー的に何年後に売るのがベスト?

ヴェゼルの売り時は「フルモデルチェンジのタイミング」です。

ヴェゼルは1年毎のリセール落ちが小さく、大きく落ちているのはフルモデルチェンジの年のみ。

その為、フルモデルチェンジが行われたら乗り換えるのがベストな乗り方です。

キノサン
正確には新型が納車され始めたら売るのが正解。

ヴェゼルをリセール前提で購入するのはおすすめ?(新車/中古車)

ヴェゼルはリセールが高いので、リセール前提で購入するのはかなりおすすめ。

新車であればハイブリッドのプレイ、Zの2WD/4WD、ガソリンモデルがリセールは安定するでしょう。

中古車としてもヴェゼルは魅力的な車です。

次のフルモデルチェンジまでは5年以上あり、それまでほぼリセールは落ちません。

キノサン
旧型ヴェゼルもまだまだリセールが高く、中古車としておすすめの車です。

中古車を探しているなら、ガリバーの中古車検索サービスをうまく活用しましょう。

公開前の非公開在庫と中古車オークションから希望の車を探してくれるので、欲しい車がほぼ必ず見つかります。(しかも登録は無料!)

在庫の車は毎日約500台が入れ替わる他、オークションから落とすということは価格に透明性があり、購入価格を安く抑えることにも繋がります。

キノサン
対応できるスタッフが限られている超絶人気のおすすめサービスです!

【公式HP】https://221616.com/

\ オークションから引くので価格も安い! /
中古車検索サービスに登録する
※欲しい車があるなら絶対登録するべき!

 

ヴェゼルのリセールのポイント

ヴェゼルのリセールのポイント

キノサン
ヴェゼルのリセールバリューの高い仕様を紹介します。
  • リセールバリューの高い色
  • リセールの高いオプション

ひとつずつ詳しく解説します。

リセールバリューの高い色

色によるリセール差を中古車オークションから調べた結果です。

<グレード:e:HEV Z>

台数/走行距離平均価格
パールホワイト141台/0.7万km🥉320万円
クロ55台/0.8万km317万円
グレー14台/0.8万km🥈323万円
ベージュ14台/0.6万km🥇324万円
アカ14台/0.8万km315万円

※n=238

<グレード:e:HEVプレイ>

台数/走行距離平均価格
パール254台/0.3万km🥇373万円
クロ9台/0.8万km363万円
ベージュ220台/0.5万km🥉364万円
グレー2、コン26台/0.5万km🥈370万円

※n=89

1番人気はパールホワイト(パール2)で、リセールはほぼ横並びです。

何せ車がない状況なので、あれば色に関係なく売れるといった状況。

通常は人気色である黒(ブラック)が高くなく、ヴェゼルの黒はリセール的なメリットはないと言えます。

 

リセールの高いオプション

各グレード毎に解説します。

グレード検討すべきオプション
G純正ナビ
eHEV:X純正ナビ
eHEV:Z純正ナビ
eHEV:プレイなし

ヴェゼルは特にメーカーオプションの選択肢が少なく、選ぶのが楽です。

基本的には色、グレード、走行距離、車両状態で査定額が決まります。

プレイ以外のグレードではナビレス仕様でも売却額はそこまで差がありません。

アシスタント
サポート
マルチビューカメラシステムですら要らないのでしょうか!?
キノサン
リセール的に必須ではありません。実用性を感じれば付ける程度と認識しておきましょう。

 

リセールバリューの高い乗換えをする為にやるべきこと

リセールバリューの高い乗換えをする為にやるべきこと

これまでヴェゼルのリセールバリューについて紹介してきました。

ヴェゼルを含め、車の購入を検討している方は今のうちから下記を行っておきましょう。

  • リセールバリューの高い車(新車・中古車)を探す
  • 今乗っている車の相場を調べておく(すぐに売らなくてもOK)

ひとつずつ詳しく解説します。

リセールバリューの高い車(新車・中古車)を探す


【公式HP】https://221616.com/
車の乗換えを考えるなら、早めに新車や中古車を探しておくと結果的に良い買い物ができます。

ガリバーの中古車検索サービスは無料で非公開を含む在庫と業者オークションから、興味のある車を探して提案してくれるおすすめのサービス。

中古車検索サービスのここが凄い!
  • 中古車業界最大手のガリバーの選任担当者が欲しい車を無料で探してくれる!
  • 非公開を含む在庫になければ業者オークションから出品情報を教えてくれる!
  • プロならではの知識でほしいオプションの必要性や代替案まで提案してくれる!

以上の理由から中古車を探している場合は登録しておいて全く損はないサービスです。

キノサン
登録情報は車種・都道府県・電話番号のみと最低限で済みます。

正直言って業者オークションから欲しい車を探してくれるサービスは大手では他にはありません。

使えるものはうまく使いましょう。

\ オークションから引くので価格も安い! /
中古車検索サービスに登録する
※欲しい車があるなら利用しないと損!

 

今乗っている車の相場を調べておく(すぐに売らなくてもOK)

▼何度でも査定無料!▼
【公式HP】https://kurumasateihikaku.com/

現在車を持っている方は車査定比較.comでまずは複数の買取業者から見積もりをとりましょう。

あなたの車を得意とする専門業者【最大10社】が査定をするので、リアルな今の相場を知る事ができます。

キノサン
エリアによって業者数は異なり、筆者のエリアは7社でした。

車はすぐに手放す必要はなく、次の車の納車時期や手放す時期に合わせて金額を出してくれます。

ポイントは”まだ少し早いかな”ぐらいのタイミングで査定依頼をすることです。

\ 約80%が査定士の対応に満足と回答! /
車査定比較.comで査定を依頼する
※車の相場は早めに調べておいた方が便利!

 

リセールの高い中古車の選び方

ヴェゼルの中古車

リセールの高いヴェゼルの中古車を買うポイントは、

  • グレードを慎重に選ぶ

基本的にはこの1点のみになります。

キノサン
それだけヴェゼルは選びやすく・乗りやすく・高く売れる車なのです。

ハイブリッドの下位グレードにのみ気をつけよう

ガソリンもハイブリッドもリセールが高いヴェゼルの中で、最もリセールに懸念があるのはハイブリッドモデルの下位グレード「e:HEV X」です。

グレード別のリセールを残価率順に並べると、ハイブリッドの下位グレードが最も低い結果となります。

新型ではガソリンは「G」一択に対し、ハイブリッドなら「Z」「プレイ」の上位グレードを選ぶようにしましょう。

ハイブリッドでは4WDモデルも将来のリセールには期待がもてます。

【ヴェゼルの中古車を探すなら】販売店の非公開在庫もチェックしよう

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

中古車を探しているなら、ガリバーの中古車検索サービスをうまく活用しましょう。

公開前の非公開在庫と中古車オークションから希望の車を探してくれるので、欲しい車がほぼ必ず見つかります。(しかも登録は無料!)

在庫の車は毎日約500台が入れ替わる他、オークションから落とすということは価格に透明性があり、購入価格を安く抑えることにも繋がります。

キノサン
対応できるスタッフが限られている超絶人気のおすすめサービスです!

【公式HP】https://221616.com/

\ オークションから引くので価格も安い! /
中古車検索サービスに登録する
※欲しい車があるなら絶対登録するべき!

 

ヴェゼルのリセールまとめ

ヴェゼルのリセールは全体的にとても高く、リセールを気にしているなら迷わずGOして問題ありません。

旧型の時からリセールは安定して底堅く、新車不足となった今新型で一気に火がつきました。

ヴェゼルのポイントをおさらい!
  • 全体を通して隙のない高リセールバリューな車。ガソリンもハイブリッドも高い
  • フルモデルチェンジ以外リセールが大きく落ちる年がない。注意点が少ない
  • 全グレードが強い。中でも4WDのハイブリッドまたは上位グレードがおすすめ

以上ヴェゼルの購入に役立ててみてください。


本記事は以上となります。

車のリセールバリューに興味がある方は、ぜひ他の記事もご覧ください。

良いカーライフを。

≫【関連記事】リセールバリューの高い車を全車種の中からランキングで紹介(2022年最新版)

≫【関連記事】リセールバリューの高いSUVをランキング形式で紹介