カローラスポーツのリセール・残価率を中古車査定士が詳しく解説!

カローラスポーツのリセール・残価率を中古車査定士が詳しく解説!

カローラスポーツのリセールってどうなの?

グレードはどれがおすすめ?

こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。

カローラをより先進的に、かっこよく。

そんなコンセプトで作られたであろう今のカローラスポーツ、価格・サイズ的に個人や法人からも需要がありそうな車です。

今回はそんな「カローラスポーツのリセールバリュー」について詳しく紹介していきます。

3年落ちまでのグレード別の残価率や、リセールの高い色やオプション装備などについても紹介します。

カローラスポーツが気になっている人はぜひ最後まで読んでみてください。

【結論】カローラスポーツのリセールは

結論として、カローラスポーツのリセールはそこまで高くありません。

しかし輸出国が多く、リセールは安定しやすいというのがあります。

【特徴】

リセール
バリュー
リセールに影響するオプションおすすめの売却タイミング
普通特になし5年

簡単に説明します。

【リセール:普通

現在発売中の現行型の残価率が下記。

キノサン
残価率とは買取相場/新車価格(%)で値持ちの良さを表します。
経過年数ガソリンハイブリッド
3年落ち/H30年
(現行型)
65%
★★★☆☆
63%
★★★☆☆

3年落ちで残価率60%というのは高くもなく低くもない位置になります。

ガソリンの方が少し残価率が高いですが、維持費などの観点も含めるとハイブリッドの方が良くなる程度の差です。

基本的にはハイブリッドを選択するので良いでしょう。

 

【オプション:特になし

リセールに影響するオプションは特にありません。

残価率はそんなに高くありませんが、余分なオプション費用がかからないというのは一つの良いポイントです。

またイニシャルコスト(購入価格)もそこまで高くないので、非常に幅広い方に適した車となります。

 

【売却タイミング:5年落ち

カローラスポーツの輸出国が後程出てきますが、ガソリンはマレーシア、ハイブリッドはパキスタンへ行っています。

両国とも高単価で輸出されている国ですが、行けるのは5年落ちまで。

これらを考えると6年落ちで少し落ちる可能性も考えられ、5年落ちで手放しておくのが一つの選択肢となります。

 

カローラスポーツの中古車を探すなら業者の非公開在庫もチェック!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを上手く活用しましょう。

ガリバーが無料で膨大な数のユーザー買取車両と、オークション仕入車両の中から希望の車を探してくれます。(もちろん非公開車両からも)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もあり、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任の担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスですよ。

\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
カローラスポーツの非公開在庫を見る

 

次にグレード別のリセールバリューを紹介します。

経過年数/グレード別のリセール

参照元:グーネット

経過年数とグレード別のリセールを紹介します。

【調査条件・環境】
・過去3ヵ月のオークションデータより
・装備と色は絞り込みなし
・事故歴なし車両状態比較的良好

3年後のリセール:残価率64%

発売年である平成30年式のリセールについて。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ガソリン】
GX(2WD)2,138,400円
0.7~8.2万km
16件
100~145万円
120万円
56%
G(2WD)2,257,200円
0.1~3.8万km
8件
135~165万円
150万円
66%
GZ(2WD)2,419,200円
0.5~7.3万km
29件
145~240万円
180万円
74%
【ハイブリッド】
ハイブリッドGX(2WD)2,419,200円
0.2~7.4万km
29件
122~210万円
140万円
58%
ハイブリッドG(2WD)2,527,200円
0.9~13.7万km
63件
115~188万円
155万円
61%
ハイブリッドGZ(2WD)2,689,200円
0.2~12.5万km
68件
135~225万円
190万円
71%
※残価率=買取相場/新車価格(%)
【3年後の平均残価率】
ガソリン65% ★★★☆☆
ハイブリッド63% ★★★☆☆

カローラスポーツ全体のリセールバリューは、平均並みだと言えます。

グレードは上にいくほどリセールも高くなると考えて良いでしょう。

ガソリンの方が若干残価率は高いですが、維持費などの総合面から考えるとハイブリッドを選んでも損ではありません。

 

またガソリンもハイブリッドも最も売れているグレードはGZです。

人気もリセールも高いということで、カローラスポーツを検討する場合は「GZ」が最もおすすめのグレードとなります。

 

リセールが落ちる年・タイミング

リセールバリューが毎年どの様に落ちていくのか解説します。

グレードは最も売れているハイブリッドGZにて。

モデル
(グレード)
平均買取額
(前年との差)
当年もの
(ハイブリッドGZ)
270万円
(残価率100%)
1年落ち
(ハイブリッドGZ)
220万円
(−50万円)
2年落ち
(ハイブリッドGZ)
200万円
(−20万円)
3年落ち
(ハイブリッドGZ)
190万円
(−10万円)

購入したその年は新車の車両価格同等の買取値がつくようです。

その後1年落ちでがっつり落ち、その後は毎月1~2万円ずつ価値が落ちていきます。

この後出てきますが、カローラスポーツは単価の高い輸出国が多い為、7年落ちぐらいまでは比較的ゆっくりとリセールが落ちていくと予想されます。

新車価格はそれほどしないので、5年・7年手放すことを考えれば良い車だとも言えます。

 

カローラスポーツの輸出について

カローラスポーツの輸出先は下記。

型式仕向国
NRE210H
(ガソリン・2WD)
マレーシア
キプロス
ロシア
香港
ZWE211H
(ハイブリッド・2WD)
パキスタン
キプロス
ニュージーランド

ガソリンのポイント国はマレーシア、ハイブリッドはパキスタンですね。

共に5年落ちまでは行ける為、5年落ちまでは過走行であったとしてもそこそこのリセールは出ると思われます。

3年後の残価率は平均並ですが、5年落ち55%前後が筆者予想。

走行距離が多い使い方に向いていると言えます。

カローラスポーツ購入時のポイント

Gクラス購入時のポイント

リセールバリューを意識した、カローラスポーツの購入ポイントについて解説します。

新車を購入する場合

まずタイミングですが、発売から3年目、今後マイナーチェンジが入る可能性はありますが、まだまだ新車購入としてはありな時期。

先にも述べましたが、グレードはGZ、残価率はガソリンの方が高いですがその差は小さく、総合的にはハイブリッドの方が有利でしょう。

比較的走行距離がリセールに与える影響は小さい車種であり、距離をガンガン走る使い方に向いています。

キノサン
カローラ全般において距離を走る使い方の方が元が取れます。
アシスタント
サポート
輸出に強いという証拠でもありますね。

リセールの高い色

リセールバリューの高い色について解説します。

中古車オークションにおける落札金額を色別に調べたのが下記です。

台数平均価格
パールホワイト56台196万円
クロ47台190万円
アカ12台177万円
シロ5台153万円
その他(シルバー・アオ・ミドリ)6台186万円

※H30~R3年式ハイブリッドGZにて n=126

最も人気でリセールも高いのはパールホワイトと言えます。

その次にクロ、シルバー等が続きます。

シロはパールホワイトとそこまで変わらない色ですが、商用車感が一気に出てリセールは落ちるので、色はケチらない方が良いことがわかります。

パールホワイトとクロのシェア率は高いので、基本的にはこの2色のどちらかで選ぶのが良いと思われます。

下取り車を良い条件で売るコツ

『リセールの高い車を買う』と並んで大切なのは車を高く売却することです。

次の車のこと(値引きやオプション)に気を取られがちでが、数十万円も本来の相場から安く下取り(買取)されるとしたらさすがに損ですよね。

アシスタント
サポート
ディーラーの下取りにお任せしている場合は十分にあり得ます。

日頃から買取している筆者が思うには、車を高く売るのに必要なのは「どこに売却するか」ではなく「どう動くか」です。

これを正しく理解すれば、無駄な手間をかけることなく本来の相場できちんと車が売却できるようになります。

詳しくは『中古車査定士が教える!車を高く売るのに重要なのは方法論ではない、考え方だ。』に記載しているのでぜひ読んでみてください。

あわせて読みたい

こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回は私の本業である「車の買取」について。キノサン燃えてきたぁぁー!単価が大きく流動性の高い車の売買は、儲かる時は利益が大きく、ビジネスチャンスとして様々な会社や[…]

中古車査定士が教える!車を高く売る為に知っておくべき考え方・方法論・コツ

中古車を購入する場合

リセールバリューがそこまで高くないカローラスポーツの場合、中古車はそれなりに安く購入できると予想されます。

リセールは1年落ちで大きめに落ちているので、1年落ち以降を狙うのが良いでしょう。

カローラスポーツは最終的にどこまで行っても輸出されます。

中古車のリセールを考える場合、購入価格が最も大事です。

そこそこ走行距離が多くても安い中古車を選ぶ方がリセール的にはメリットになります。

 

【カローラスポーツの中古車を探すなら】業者の非公開在庫を上手く活用しよう!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを上手く活用しましょう。

一般市場に公開される前の「非公開在庫」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に早くリーチできます。(登録は無料)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任の担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスですよ。

\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
カローラスポーツの非公開在庫を見る

 

リセールに影響するオプション

カローラスポーツ「GZ」を選ぶ場合、特にリセールの為に必須となるオプションはありません。

強いて言えば9インチのディスプレイオーディオ(28,600円)、この程度で問題ないでしょう。

この様にグレード標準装備以外のオプションは特に不要、これもリセールが高いポイントの一つとなります。

 

まとめ

以上、「カローラスポーツのリセール・残価率を中古車査定士が詳しく解説!」でした。

まとめると、

  1. カローラスポーツのリセールはそこまで高くないが安定傾向
  2. グレードはGZがおすすめ。総合的にはハイブリッドの方が有利
  3. 色はパールホワイトかクロがおすすめ。オプションは特に必要なし

となります。

個人ユースもありですが、社用車としても十分相性の良い車だなと思いました!

ぜひ参考にしてみてください。

<お知らせ>

当ブログは中古車に関する情報発信をメインにしていますが、個別の乗換え・購入・売却に関するご相談も承っています。

「○○の数年後のリセールってどうなの?」
「買取額って妥当?いつ売るのがベスト?」
「リセールを考えたらどの仕様がいいのか」

などの様々な疑問対して、細かくアドバイスさせて頂いています。

今の車を少しでも高く売りたい!将来高く売れる車を買いたい!と思っている方はぜひご利用を検討ください。

ココナラ

※お届け日数は質問内容によります。初回の質問に対する回答は最短12時間以内〜最長2日の予定です。※お急ぎの方は事前にダイ…

本記事は以上です!

最後までお読み頂きありがとうございました。