レヴォーグのリセール・残価率を中古車査定士が詳しく解説!

レヴォーグのリセール・残価率を中古車査定士が詳しく解説!

レヴォーグのリセールってどうなの?

おすすめのグレードやオプションはある?

本記事はこんな疑問をお持ちの方におすすめです。

こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。

今回は「スバル/レヴォーグのリセールバリュー」について詳しく紹介していきます。

先代であるレガシィワゴンを含めた10年落ちまでの残価率やグレード別のリセール、おすすめの色やオプションなどについても解説します。

レヴォーグに興味がある方は必見です!

【下取り車を安く売ろうとしてませんか?】車を売るなら下取りより買取が99%お得!

\【査定は無料】知るだけでも価値がある/
カーセンサーの一括査定はこちら

【結論】レヴォーグのリセールについて

レヴォーグのリセールバリューは平均より少し高いレベル。

リセールを支えているのはほぼ国内需要だと想定され、輸出需要はそこまで強くありません。

その為走行距離や年式・車両状態が素直にリセールに直結する車種。

高く売りたいならできるだけ距離を抑えて綺麗に、たくさん走ればその分下がるという素直な車だとも言えます。

【特徴】

リセールレベルリセールに影響するオプションおすすめの売却タイミング
平均より高い特になしフルモデルチェンジ
簡単に説明していきます。

【リセール:平均より高い

経過年数別の残価率が下記。

キノサン
残価率とは買取相場/新車価格(%)で値持ちの良さを表しています。
経過年数残価率
現行型/R2以降
(VN系)
92%
R2/10 VN系にフルモデルチェンジ
3年落ち/H30年
(VM系)
54% ★★☆☆☆
5年落ち/H28年
(VM系)
44% ★★☆☆☆
7年落ち/H26年
(VM系)
30% ★★☆☆☆
H26/6 レヴォーグにフルモデルチェンジ
10年落ち/H23年
(レガシィワゴン)
11%

3年落ち以下がフルモデルチェンジ前(型落ちVM系)の残価率の為、本来の数値より低く出てしまっているのはあります。

現行(2代目VN系)モデルがそのまま3年落ち、5年落ちに推移した場合、残価率は上記よりも高くなることは間違いありません。

経過年数・走行距離に比例して一定の速度でリセールは落ちる傾向があります。

 

【オプション:特になし

リセールに影響するオプションは特にありません。

強いて言えば、ナビ。

11.6インチのセンターディスプレイがオプション装備のグレードはつけた方がいいです。

 

【売却タイミング:フルモデルチェンジ

輸出先にケニアがある為、7年落ちと8年落ちの間で大きなリセール差が生まれそうですが、今のところ見えません。

輸出は気にせず、基本的にはフルモデルチェンジ等の大きく下がるタイミングで売るという意識で問題ないでしょう。

 

レヴォーグの中古車を探すなら業者の非公開在庫もチェック!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを上手く活用しましょう。

ガリバーが無料で膨大な数のユーザー買取車両と、オークション仕入車両の中から希望の車を探してくれます。(もちろん非公開車両からも)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もあり、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任の担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスですよ。

\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
レヴォーグの非公開在庫を見る

 

次にグレード別のリセールバリューを紹介します。

レヴォーグのリセールバリュー

参照元:グーネット

経過年数とグレード別のリセールを紹介します。

【調査条件・環境】
・過去3ヵ月のオークションデータより
・装備と色は絞り込みなし
・事故歴なし車両状態比較的良好

現行型のリセール:残価率92%

レヴォーグは2020年10月にフルモデルチェンジして2代目。

まずはこの現行モデルのリセールです。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
GT-H3,322,000円
0~0.1万km
2件
310万円
93%
GT EX3,487,000円
0.1~0.2万km
2件
310~330万円
320万円
92%
GT-H EX3,707,000円
0.3万km
1件
325万円
88%
STIスポーツ3,707,000円
0km
1件
325万円
88%
STIスポーツEX4,092,000円
0.1~0.2万km
3件
375~400万円
395万円
97%
※残価率=買取相場/新車価格(%)
【現行モデルの平均残価率】
92%

当年ものと1年落ちのみにはなりますが、90%以上の残価率があり、リセールはまだかなり高いところにあります。

最上級グレードである「STIスポーツEX」のリセールが最も高いです。

 

3年後のリセール:残価率54%

3年後のリセールを3年落ちの相場から解説します。

3年落ち以下は型落ちのVM系です。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
1.6GTアイサイト2,862,000円
1.4~11.4万km
15件
85~175万円
130万円
45%
1.6GTアイサイト Sスタイル2,926,800円
1.7~5.5万km
7件
150~177万円
165万円
56%
1.6GT-Sアイサイト3,078,000円
0.5~9.5万km
35件
110~220万円
180万円
58%
1.6STIスポーツアイサイト3,564,000円
1.0~9.6万km
30件
155~285万円
215万円
60%
2.0GT-Sアイサイト3,618,000円
1.1~6.6万km
6件
133~245万円
180万円
50%
2.0STIスポーツアイサイト4,050,000円
0.8~11.1万km
25件
125~295万円
230万円
57%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【3年後の平均残価率】
54% ★★☆☆☆

僅か3年落ちですが、フルモデルチェンジの影響が大きく値はかなり低いです。

人気もリセールも高いグレードは、1.6のGTSアイサイトかSTIスポーツアイサイト。

レヴォーグは基本的に上のグレードを狙った方がリセールも高く、お得だと言えるでしょう。

 

5年後のリセール:残価率44%

5年後のリセールを5年落ちの買取相場から解説。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
1.6GTアイサイト2,775,600円
0.9~12.0万km
43件
55~170万円
110万円
40%
1.6GTアイサイトSスタイル2,905,200円
0.7~11.4万km
36件
65~166万円
120万円
41%
1.6GT-Sアイサイト3,056,400円
1.2~14.6万km
142件
55~190万円
133万円
44%
1.6STIスポーツアイサイト3,488,400円
1.3~13.8万km
44件
110~220万円
175万円
50%
2.0GT-Sアイサイト3,564,000円
1.2~10.2万km
22件
80~220万円
140万円
39%
2.0STIスポーツアイサイト3,942,000円
1.0~14.3万km
24件
111~240万円
195万円
49%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【5年後の平均残価率】
44% ★★☆☆☆

3年落ちが54%だったことから2年で10%しか落ちていません。

年間約15~20万円の下落、毎月1~2万円の価値下落で済んでいると考えられます。

同一モデルにおける年数経過はリセールにさほどダメージがないと言えるでしょう。

 

7年後のリセール:残価率30%

7年後のリセールを7年落ちの相場から解説します。

7年落ちはレヴォーグが初めて登場した2014年です。

キノサン
発売直後のレヴォーグのリセール(買取相場)になります!
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
1.6GT2,667,600円
2.3~12.7万km
6件
45~105万円
80万円
30%
1.6GTアイサイト2,775,600円
1.6~14.7万km
83件
45~135万円
83万円
30%
1.6GT-Sアイサイト3,056,400円
0.9~14.4万km
315件
45~175万円
100万円
33%
2.0GTアイサイト3,348,000円
3.0~11.6万km
11件
60~122万円
90万円
27%
2.0GT-Sアイサイト3,564,000円
2.4~14.5万km
84件
55~175万円
112万円
31%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【7年後の平均残価率】
30% ★★☆☆☆

とにかく「1.6GT-Sアイサイト」が集中して売れたことがわかります。

もちろん走行距離や車両状態によってリセールは変わりますが、平均で見た場合100万円を切る価格になっています。

特に走行距離が増えると価値がどんどん落ちる車なので、社用車の様な使い方には向いていません。

距離を短く、綺麗な状態に保つことを心がければ比較的リセールも平均よりは上げられると言えます。

 

10年後のリセール:残価率11%

参照元:グーネット

10年後のリセールを10年落ちの買取相場から解説します。

10年落ちはレガシィワゴンの前期モデル、かなり前の現行レヴォーグから考えるとかなり前のモデルになりますね。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
2.5i Sスタイル2,436,000円
5.4~23.5万km
9件
5~40万円
20万円
8%
2.5i Lパッケージ2,793,000円
7.5~18.7万km
11件
5~30万円
15万円
5%
2.5iアイサイト2,898,000円
3.5~32.2万km
66件
5~55万円
23万円
8%
2.5i Sパッケージ2,982,000円
6.8~25.2万km
10件
3~50万円
15万円
5%
2.5iアイサイトSパッケージ3,087,000円
4.4~17.7万km
17件
5~60万円
30万円
10%
2.5GTアイサイト3,381,000円
4.6~24.7万km
18件
5~75万円
30万円
9%
2.5GT Sパッケージ3,486,000円
5.1~11.5万km
6件
90~150万円
111万円
32%
2.5GTアイサイトSパッケージ3,591,000円
9.1~18.9万km
6件
10~45万円
30万円
8%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【10年後の平均残価率】
11%

10%を切るので10年後のリセールとしてはかなり悪いです。

ただし中に1グレードだけリセールの高いのがありますね、「2.5GT Sパッケージ」です。

これはなぜかと言うとマニュアルだからです。

古くなった車もマニュアルであればこの様に他のグレードに比べ高く売れる例というのが多くあります。

レヴォーグのリセールの特徴

ここまでの経過年数別のリセールをまとめます。

経過年数残価率
現行型/R2以降
(VN系)
92%
R2/10 VN系にフルモデルチェンジ
3年落ち/H30年54% ★★☆☆☆
5年落ち/H28年44% ★★☆☆☆
7年落ち/H26年30% ★★☆☆☆
H26/6 レヴォーグにフルモデルチェンジ
10年落ち/H23年11%

今のフルモデルチェンジ直後というタイミングが重なっているのもあり、リセールはあまり良くない様に見えますね。

ただし現行レヴォーグの3年落ち・5年落ち等はモデルチェンジが入らなければそれなりの数値になると予想されます。

MEMO
現行レヴォーグの数年後のリセールは今回の結果より高い。モデルチェンジがなければ平均以上の数値で推移します。

リセールが落ちるタイミング

リセールバリューが毎年どのように落ちていくのかを見ていきます。

グレードはそのモデルの最高グレードにて。

モデル
(グレード)
平均買取額/残価率
(前年との差)
当年もの
(STIスポーツEX)
400万円/98%
1年落ち
(STIスポーツEX)
390万円/95%
(−10万円)
フルモデルチェンジ(VM系→VN系)
2年落ち
(1.6STI Sアイサイト)
270万円/74%
(−120万円)※①
3年落ち
(1.6STI Sアイサイト)
240万円/67%
(−30万円)
4年落ち
(1.6STI Sアイサイト)
210万円/59%
(−30万円)
5年落ち
(1.6STI Sアイサイト)
188万円/54%
(−22万円)※②
6年落ち
(1.6GTSアイサイト)
122万円/40%
(−66万円)
7年落ち
(1.6GTSアイサイト)
102万円/33%
(−20万円)
フルモデルチェンジ(レガシィ→レヴォーグ)
8年落ち
(2.0GT DITアイサイト)
80万円/21%
(−22万円)※③
9年落ち
(2.0GT DITアイサイト)
67万円/18%
(−13万円)

こんな感じでリセールは落ちていきます。

大きく落ちているポイントを補足します。

①高年式のフルモデルチェンジで約20%下落

実数では120万円落ちていますが、新車価格も変わっているので率で見る様にしましょう。

約20%落ちており、新車が350~400万円ぐらいなので、70~80万円が高年式でのフルモデルチェンジで落ちる額になります。

②同一モデルでの毎月の残価落ちは2~3万円

モデルチェンジがなかった場合の毎月の価値下落は大体2~3万円であることがわかります。

③低年式でのモデルチェンジの差は小さい

ある程度年式が古くなってくると、レガシィワゴンだろうがレヴォーグだろうがリセールに大きな差がないことがわかります。

ここまで来ると走行距離とコンディションの勝負になるので、モデルチェンジ等に左右されず、自分の売却タイミングで売る様にしましょう。

 

レヴォーグの輸出について

レヴォーグ・レガシィワゴンの輸出先について。

型式仕向国
【レヴォーグ】
VM4(1600cc)ロシア
ケニア
ニュージーランド
ガイアナ
VMG(2000cc)ロシア
ケニア
ニュージーランド
【レガシィワゴン】
BR9ケニア
ロシア
ニュージーランド
南アフリカ共和国
BRGニュージーランド
BRMケニア
ニュージーランド

ケニア、ロシアなど比較的高単価な国にも輸出されていますが、思ったほどリセールには反映されていない様に感じます。

あまり高単価で輸出されてはないと予想され、基本的にリセールは国内小売を中心に形成されていると言えるでしょう。

アシスタント
サポート
その為走行距離と車両状態のリセール寄与度が高いと言えます。

レヴォーグ購入時のポイント

Gクラス購入時のポイント

リセールバリューを意識した、レヴォーグを購入する際のポイントを紹介します。

新車を購入する場合

間もなくB型登場が噂されているレヴォーグ。

今はA型の在庫販売しかしておらず、B型は予約販売となっています。

すぐには手に入らないにしてもVN系にフルモデルチェンジして間もないことから、レヴォーグ購入のタイミングとしては適しています。

現行モデルの1.8Lに加え、2.4Lモデルが発売されるとの話ですが、リセール面では1.8Lモデルの方が有利となる可能性が高いです。

グレードはこれまでの通りできるだけ上を狙った方が良いと思います。

リセールの高い色について

どうせ買うなら少しでもリセールバリューの高い色を選んでおきたいですね。

中古車オークションでの落札金額からリセール差を調査しました。

台数平均価格
パールホワイト36台212万円
クロ33台200万円
アオ29台215万円
グレー34台195万円
その他(アカ・シルバー・ライトブルー)11台196万円

※n=143 VM系:1.6STIスポーツアイサイトにて

母数の関係からVM系のグレードにて調査。

なんとも意外な結果となり、リセールが最も良い色はアオ最も人気なのはパールホワイト

リセール面ではアオとパールホワイトが有利で、意外にもクロ、グレー、その他はそれほど変わらず。

人気ではパールホワイト、クロ、アオ、グレーがほぼ横並び、アカ、シルバー、ライトブルーは不人気な色となりました。

キノサン
やはりスバルのブルーは強い
MEMO
レヴォーグは通常のパール・クロに加え、アオの評価が高い

 

スバルの下取りってどうなの!?車を売るなら大手の査定額と比較しよう

車の売却時、見積もりはどこに出していますか?ディーラーの下取りがメインでしょうか?

下取りは当然ですが新しい車との入替えまで車が使える、何の不便もなくいいサービスですよね。

しかし下取りとプロの買取店の査定額の差ってどれぐらいあるか知っていますか?

キノサン
私が過去買取した中では50万円の差がついたことも!

特にスバルの下取りは固い金額であることが多いので、大手買取店と比較してみるのがおすすめ!

 

買取サービスの中では、最多の業者に無料査定依頼が出せるカーセンサーの一括査定がおすすめ。

各業者毎に車種の得手不得手などがあるので、まずは電話やメールで各業者から概算金額を聞きながら進めるのが有効な方法です。

車は希望日に自宅まで取りにきてくれ、交渉次第では次の車の納車まで車が使えるので、殆ど下取りと変わらない形で高く売ることができますよ。

\ 【査定は無料】見積もりをまとめて比較! /
カーセンサーに車査定を依頼する

 

中古車を購入する場合

リセール面を考慮するならば、このタイミングでの中古のレヴォーグの狙い目は、VN系(現行)とVM系(一つ前)どちらもありです。

予算に応じて考えるのが良いでしょう。

VN系のメリットは現行モデルに乗れること。

B型の発売が近いですがVN系自体が発売間もないので、今後フルモデルチェンジの心配は少なく、リセールは暫く高く維持されます。

VM系のメリットは、安く買えること。

更にVN系が発売されてリセールは落ちきっているので、これから更にリセールが大きく落ちるということは考えにくい状況

そういった点からVN系、VM系どちらの中古車を購入しても最低でも数年はリセールがある程度高いところで維持されることが予想できるのです。

キノサン
新車で行くもあり、中古で行くもありで丁度いいタイミングにありますね。
アシスタント
サポート
グレードはできる限り上を狙うのがおすすめです。

【レヴォーグの中古車を探すなら】業者の非公開在庫を上手く活用しよう!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを上手く活用しましょう。

一般市場に公開される前の「非公開在庫」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に早くリーチできます。(登録は無料)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任の担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスですよ。

\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
レヴォーグの非公開在庫を見る

 

リセールに影響するオプション

リセールに影響しそうな大きなオプションはそれほど存在しません。(そもそもオプションが少ない)

VM系ではサンルーフがありましたが、装着率は約12%でそれほど人気のオプションでもなく、従ってリセールへの影響も限定的でした。

今後サンルーフオプションができたとしても不要です。

 

最も大きいものとしたらナビ周りになります。

11.6インチディスプレイ

11.6インチディスプレイがオプション装備のグレードはつけといた方がいいと思います。(社外ナビでもそれなりにする為)

スマートリヤビューカメラ

スマートリヤビューカメラは基本は不要です。

リセール面とは違う便利という観点でつけるならありです。

本革シートもコストを回収できるほどリセールには反映されません。

利便性や快適性を重視して検討するようにしてください。

キノサン
レヴォーグは出口が国内小売なので、次のユーザーが必要だと感じるか、という観点で見てください。
まとめると、レヴォーグのリセールで優先すべきは①走行距離②グレード③色の順になります。
そういった観点で車を選んでおけば、売却時のリターンが大きくなる可能性が高いのでおすすめです。

まとめ

以上、「レヴォーグのリセール・残価率を中古車査定士が詳しく解説!」でした。

まとめると、

  1. レヴォーグの中古車需要はほぼ国内小売と見られ、その為走行距離・コンディションが最も重要視される
  2. リセール自体は平均より少し高い、フルモデルチェンジの影響を大きく受ける
  3. グレードは最上位がおすすめ。色はパール・クロのほかアオも評価が高い

ということになります。

とにかく今は新車(B型)も中古車もリセールで損しにくい購入には良いタイミングですね。

少しでも参考になりましたら幸いです。

〈お知らせ〉

「リセールを考えたらどの仕様が良いの?」
「将来的に今○○を買う選択は正しい?」
「○○の数年後のリセールってどうなの?」

そんな車に関するお悩みはありませんか。

筆者は当ブログの他、乗換えや購入・売却に関する個別のご相談も承っています。

今の車を少しでも高く売りたい、将来的に高く売れる車を買いたいと思っている方は、ぜひ利用を検討してみてください。

ココナラ

※お届け日数は質問内容によります。初回の質問に対する回答は最短12時間以内〜最長2日の予定です。※お急ぎの方は事前にダイ…

本記事は以上となります!

最後までお読み頂きありがとうございました。