気になるレヴォーグのリセールとは?中古車査定士が徹底解説

レヴォーグのリセールを5年落ちまで詳しく解説【STIや色についても紹介】

 レヴォーグのリセールバリューをグレード別に細かく解説

 リセールの高いグレードや仕様、売れ筋モデルも紹介

 どのグレードがリセール的にオススメなのかがわかります!

フルモデルチェンジしたスバルのツーリングワゴン「レヴォーグ」。

見た目はかっこよく気に入ったけど、将来的なリセールバリューはいいのか、どのグレードが高いのか、気になりますよね?

 

ということで今回は、「レヴォーグのリセールバリュー」について中古車査定士の筆者が詳しく解説していきます。

 

●レヴォーグの将来的なリセールバリューが知りたい!
●リセールの良いグレードや条件が知りたい!

という方には必見の記事だと思います、是非最後まで読んでみてください。

リセールバリューとは

リセールバリュー

 

リセールバリューとは
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として用いています。

買取相場の算出方法

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションでの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては、買取車両の大部分はオークションにて売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

3年後の買取相場

新車から1回目の車検がある、3年落ち(平成29年式)の買取相場について解説します。

レヴォーグは全てのグレードがフルタイム4WD、燃費で13.2(2000cc)〜16.0(1600cc)km/lになります。

【調査条件】

  • 平成29年式:装備と色は混在
  • 走行距離3万km前後(年間1万kmで計算)
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好
平成29年式:2.0GT-Sアイサイト
グレード新車価格買取相場
残価率
1.6GTアイサイト2829600円176万円
62%
1.6GTアイサイト Sスタイル2926800円195万円
67%
1.6GT-Sアイサイト3078000円203万円
66%
1.6STIスポーツアイサイト3564000円248万円
70%
2.0GT-Sアイサイト3618000円256万円
71%
2.0STIスポーツアイサイト4050000円272万円
67%

※買取相場=直近1ヶ月のオークションデータより
※残価率=買取相場/新車価格(%)

【3年落ち】買取相場と残価率の平均
1600cc206万円・66%
2000cc264万円・69%

全グレードで60%以上!安定した高いリセールバリュー

特徴として、

  • グレード別で残価率が安定している(特別安く売れるグレードがない)
  • 排気量別でも変わらない
  • STIグレード以外も残価率が高い

ということが言えます。

中古車としても安定した人気があることがわかります。

走行距離重視!色よりも距離で価値がガンガン落ちる

距離で価値が落ちるのがわかる図
1.6STIスポーツアイサイトの落札結果

色はパールホワイト又は黒が1番良いことはもちろんですが、

  • 25000kmのパールホワイトが257万円落札
  • 42000kmの黒、STIエアロ付きが220万円落札

という結果から装備よりも走行距離がシビアに価格に反映してくることがわかります。

これは主な再販が輸出ではなく国内小売であることも意味しています。

とにかく距離が少なければ少ない程良い、という車種になります。

256万円で売れている出品内容
257万7千円で落札されたレヴォーグの内容

5年後の買取相場

新車から2回目の車検がある、5年落ち(平成27年式)の買取相場について見ていきます。

【調査条件】

  • 平成27年式:装備と色は混在
  • 走行距離5万km前後(年間1万kmで計算)
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好
グレード新車価格買取相場
残価率
1.6GTアイサイト2775600円123万円
44%
1.6GTアイサイト Sスタイル2894400円137万円
47%
1.6GT-Sアイサイト3056400円154万円
50%
2.0GTアイサイト3348000円データなし
2.0GT-Sアイサイト3564000円163万円
46%
【5年落ち】買取相場と残価率の平均
1600cc138万円・47%
2000cc163万円・46%

低排気量・高グレードが一歩前に出る

依然として上下6%の差に収まっている安定した残価率ですが、1.6GT-Sアイサイトが1番リセールが高いグレードとなっています。

排気量が複数ある場合は低い方、低グレードより高グレードはリセールバリューが高くなる時の多くの車種の共通点です。

レヴォーグでも当て嵌まった結果と言えます。

中間色は明らかに分が悪い、特に青系要注意

中間色はあまり高く売れない
1.6GT-Sアイサイトを価格の高い順に並べた

1番上のパールホワイトと1番下のK5X(色コード)の青では50万円もの開きが出ています。

これは買取の時、100万円でしか買取できない場合と、150万円で買取できる差が出ることを意味します。

リセールを考えるなら色を気にした方が良いと言えるでしょう。

リセールまとめ

なかなかレヴォーグのライバル車というのが少ないので、比較が難しいですが、レヴォーグのリセールは決して低くはないと言えます。

特にグレードによっては、5年落ちで新車価格の50%の残価率のものもありました。

一つの目安として5年落ちで新車価格の50%は基本的に高い基準になります。(中には7年落ちで新車価格の50%の車種もあります。)

以下新型のレヴォーグのことも含めてまとめます。

レヴォーグはリセールバリューが比較的高い。走行距離に注意

上記の通り、リセールは高いということが言えます。

ただし走行距離で値段の差が出ますので社用車や距離をガンガン走る時には不向きと言えます。

グレードは高め、STIが出るならSTI、色は白か黒を

新型レヴォーグは1800ccで排気量が統一されています。

グレードは低めより高め、STI系のグレードが後々発売されるなら買うなら狙うべきグレードだと言えます。

スポーツ系グレードのリセールは間違いなく高くなるので、買うなら損はありません。

色は白か黒が間違いなくお勧めです。

スバルの安心装備はメーカー比高水準

メーカー比では、日産の次に安心装備の質が高いと言われています。

かなり早い段階から研究されてきたアイサイトは安心を任せられる装備と言えるでしょう。

 

それでは本編はここまで。

最後に【プロの査定士がプライベートで使う】実際におすすめな買取サービスを紹介しています。車を手早く高く売りたい人は使ってください。

 

 

【プロの査定士がプライベートで使う】実際におすすめな買取サービス

下取り車の有効活用

車を売るとき、「どこに頼めば高い査定を出してくれるのだろう?」と思うことはありませんか?

ここからは査定士の私や、同業界の人間がマイカーや親族の車を売るときに使っているサービスを紹介します。

必然的に色々迷わなくても相場の高値で売れるサービスだと思うのでおすすめです。

 

カーセンサー簡単ネット車査定

カーセンサー

カーセンサー簡単ネット車査定はリクルート社が運営する車の一括査定サービスです。

私も相場は読めますが(大体の限界値はわかる)、中には想定を超えた高値で出してくる業者もいるので一応一括査定を使っています。

おすすめする理由は2つ。

  1. 総合的に車が最も高く売れる買取サービスは一括査定だから
  2. その中でもカーセンサーは効率的に商談を進められるから

一括査定が結局は最もコスパが高い

もしオークション出品代行や個人間売買で車を売ることができれば、一括査定で買取店に車を売るよりも高く売ることが可能でしょう。

しかし安全に、確実に売れるという保証がなく、また名義変更や思った通りの価格で売れなかった際の対応など面倒な点があることも確かです。

なので「安全に」「確実に」「高値で売る」サービスとしては買取店での買取、つまり一括査定が最も有効な手となっています。

(業界人のマイカー売却は一括査定の後、オークション出品するかしないかの流れが多い。)

効率的に高く売れるのがカーセンサー簡単ネット車査定

カーセンサー簡単ネット車査定は、

  • 最も多くの買取店から提示を受けることができる(取捨選択できる幅が広い)
  • 連絡をもらう時間帯やメールでの連絡希望が出せる(メールの方が手元に残る)
  • 出張査定を希望するしないが選択できので、ある程度電話やメールで交渉できる

という点が優れています。(他の一括査定も色々試した結果)

要は一番厄介な電話対応や実車査定対応の負荷をある程度自分でコントロールすることができ、効率的に商談を進められるということです。

「今最も高くていくらで売れるのか」を調べたいなら、とりあえずカーセンサーがおすすめ。

≫カーセンサー簡単ネット車査定はこちら

1回の査定で高値売却を目指すなら「楽天Carオークション」

上記の一括査定と組み合わせると更に威力を発揮するのがこの「楽天Carオークション」

もちろん複数の業者の相手をするのが面倒という人が最初から依頼してもOK。

このサービスは1回の査定データに対し、全国2000社以上の中古車販売店がWEB上で入札してくるもので、更に効率的に売却できる方法です。

唯一の注意点は最低希望落札価格をいくらにするか。(ここを超えると売却となる。後悔のない現実的な価格設定をすることが重要)

必勝パターンとしては、上記のカーセンサー簡単ネット査定などで掴んだ買取相場を最低希望落札価格に設定すること。(二度手間だが)

そうすれば「相場以上の高値が出れば売る」「出なければ売らない」という形にでき、リスク0で更なる最高値を狙いに行けます。

下記クチコミです。


キノさん
一括査定と組み合わせて使えばほぼ最強。

≫楽天Carオークションに出品する

 

廃車ひきとり110番

廃車ひきとり110番

廃車ひきとり110番は、車を廃車するときに使うサービスです。

このサービスのいいところは、廃車する際の還付金が確認でき、きっちり返してくれるということ。

アシスタント
サポート
↑これは廃車においては重要!

車を廃車にした際、その買取額の中に重量税の還付や自賠責保険料の返礼金が含まれているか、確認していますか?

その返礼金だけで数万円になることも多く、必ず確認して戻してもらった方がお得です。

このサイトのトップページ下の「あなたの還付金を今すぐチェック!」から車の情報を入れれば、その場で還付額を知ることができます。

還付額をすぐに知る事ができる
この場合車の買取代とは別に47,173円戻ってくる

上記の通り廃車時は、

  • 自動車税
  • 重量税
  • 自賠責保険

の還付を受けることができるのですが、実際には還付金の説明を行わず、無料等で廃車買取をしているサービスもたくさんあります。

キノさん
そもそも気にしている人が少ない。

 

特に「車検がまだたくさん残っている場合」はほぼ確実にたくさん返ってきます。

廃車時もきっちり貰えるものは貰うという姿勢が大事です。

≫廃車ひきとり110番で廃車する

 

事故車買取の<タウ>

タウ

タウは「事故車」や「水害車・水没車・冠水車」を専門として買取をしている業界の最大手です。

地震や洪水の際、災害復旧でテレビで取り上げられたりもしている会社なので知っている人もいるかもしれません。


全国に支店があるので、出張査定も迅速な対応が可能。

多くの買取店は普通の車を得意としているので、「事故車」や「水害車」の査定は得意ではありません。(うちはほぼタウに丸投げ。)

注意点として、彼らは普通の車も査定買取しています(輸出ノウハウは持っている為)が、その場合の査定額はそこまで高くないこと。

しかし「事故車」「水害車」では間違いなく業界トップの販路と体制を持っているので、餅は餅屋で使い分けることが大切です。

≫事故車買取のタウに査定を依頼する