【中古車査定士が教える!】プジョー5008のリセールを詳しく解説

【中古車査定士が教える!】プジョー5008のリセールを詳しく解説

 プジョー5008のリセールバリューをグレード別に細かく解説

 リセールの高いグレード、売れ筋モデルも紹介

 今後の購入にあたっての注意点などもわかります!

令和3年1月にマイナーチェンジして更にかっこよくなった、プジョーの3列シートSUV「5008」。

以前の5008とは見た目も人気も大幅に向上しましたが、そのリセールバリューはどうなのか気になりますよね。

 

ということで、今回は「プジョー5008のリセールバリュー」について中古車査定士の筆者が詳しく解説していきます。

 

●5008の将来的なリセールバリューが知りたい!
●リセールの良いグレードや今後の注意点などが知りたい!

という方には必見の記事だと思います、是非最後まで読んでみてください。

 

早速ですが、まずは結論から。

  • 現行モデルのリセールは上々。今後のフルモデルチェンジでは大きく下がるので注意。
  • ガソリンとディーゼルでリセールの差はない、人気はディーゼルの方が上
  • 型落ちであるT8系5008のリセールはかなり低い為、中古車としてはおすすめ

 

次に経過年数毎の残価率。↓
※残価率=平均買取額/新車価格(%)

経過年数5008
3年落ち/P8系67% ★★★☆☆
H29/9フルモデルチェンジ→P8系発売
5年落ち/T8系19% ☆☆☆☆☆
7年落ち/T8系8% ☆☆☆☆☆

ちなみに、

\5008の中古車はガリバーがおすすめ!/
ガリバーで欲しい中古車を見つける!



キノさん
次の車のリセールも大事ですが、下取り車を少しでも高く売ることも大事です!
おすすめ記事

「車の一括査定を利用したいけれど、慣れていないから注意点などがあれば知りたい!」「色んなサイトがあるのは知ってるけど、おすすめはどれ?」[caption id="attachment_5741" align="alignce[…]

【車の一括査定】注意点とおすすめのサイトを現役査定士が紹介

リセールバリューとは

リセールバリューとは

 

リセールバリュー
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として用いています。

 

買取相場の算出方法

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出しています。

理由は、買取車両の大部分はオークションにて売却されている為。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

それでは具合的なリセール/買取相場について見ていきましょう。

注意
この記事は2021年2月時点の情報です。最新の買取相場は中古車買取店へお問い合わせください。

 

プジョー5008のリセール/買取相場

P8系後期【H29/9~現在】(参照元:グーネット)

3年後の残価率67%:★★★☆☆

3年落ちのリセールを見ていきます。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成30年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
アリュール4,040,000円
1.3~2.9万km
6件
232~320万円
265万円
66%
GTブルーHDi(ディーゼル)4,730,000円
1.1~2.8万km
8件
290~345万円
315万円
67%

※残価率=買取相場/新車価格(%)
※新車価格=当時の価格

※走行距離=1~5万km

キノさん
データ数が多いほど売れている人気のグレードです。
【3年後の平均リセール】
67% ★★★☆☆

輸入車のSUVとしては比較的高いリセールでしょう。

尚兄弟車である3008も3年落ちは同様の残価率が出ています。

 

5年後の残価率19%:☆☆☆☆☆

T8系【H25/2~H29/8】(参照元:グーネット)
キノさん
5年落ちはモデルチェンジ前のT8系になります。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成28年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
プレミアム3,305,000円データなし
シエロ3,621,000円
3.9~6.6万km
5件
45~90万円
68万円
19%

※新車価格=当時の価格
※走行距離=3~7万km

【5年後の平均リセール】

19% ☆☆☆☆☆

モデルチェンジがあった場合は5年落ちでもこれぐらいリセールが下がってしまいます。

ちなみに、『リセールバリューの高い車ランキング』は下記の記事でまとめていますので、こちらも参考にしてみてください。

あわせて読みたい

この記事のまとめ・リセールバリューの高い車をプロの中古車査定士がランキングにして紹介!・3年、5年、7年落ちに分けているので保有する年数に合わせたリセールの高い車を知ることができます。・後半では車種別の特徴を解説。こ[…]

【2020年11月更新】リセールバリューの高い車ランキング・TOP20

 

7年後の残価率8%:☆☆☆☆☆

7年落ちのリセールを見ていきます。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成26年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
プレミアム3,240,000円
6.0万km
1件
30万円
9%
シエロ3,550,000円
5.8~8.3万km
4件
12~45万円
23万円
6%

※新車価格=当時の価格
※走行距離=5~10万km

【7年後の平均リセール】

8% ☆☆☆☆☆

T8系の5008という時点でリセールはかなり落ちていますので、年式の違いでは大差はありません。

走行距離が増えれば増える程リセールは廃車に近くなっていくと言えます。

 

リセールのポイント・注意点

これまでのリセール結果をまとめます。

経過年数プジョー5008
3年落ち/P8系67% ★★★☆☆
H29/9フルモデルチェンジ→P8系発売
5年落ち/T8系19% ☆☆☆☆☆
7年落ち/T8系8% ☆☆☆☆☆

これまでのT8系と比較するとデザインが一新されたのもあり、今のP8系には高いリセールが期待できます。

ただし今後フルモデルチェンジがあると、これまで同様大きくリセールが下がるので注意しましょう。

 

リセールで損しない買い方としては、

  • モデルチェンジ後の新車を買う
  • モデルチェンジ後の型落ち中古車を買う

がオススメです。

理由は、発売直後に購入すれば次のモデルチェンジが暫く先になるので、高いリセールのまま比較的長く乗り続けられる為です。

≫プジョー5008の中古車を探すならガリバーがおすすめ

 

リセールの高いグレードや人気の仕様

装備の差

プジョー5008はグレードの種類が少なく、現在のところガソリンとディーゼルのリセールは同じぐらいです。

現行モデルであればどのグレードもリセールは変わらないと覚えておきましょう。

 

色は何色が有利?

黒とパールホワイトが有利であることは間違いないですが、その差は約25万円です。

落札相場
黒・パールW323万円25万円
グレー・緑・青298万円

※GTブルーHDiのオークション落札額より集計 N=18

古くなればなる程その差は小さくなりますが、輸入車は全般的に色のリセール差が大きいと言えます。

あわせて読みたい

「車の色って何色を選んだ方がいいの?」リセールを気にして車の色を選んでいる人はいますか?あまりいないですよね。(本人の自由だ!) しかし実際には、走行距離やグレードが同じでも色の違いで査定額が異なっ[…]

【色でそんなに変わる?】車のリセールに有利な色を調べてみた

 

売れているグレードはこれ!

そんなモデルチェンジで大きく下がる5008ですが、現行モデルで最も売れていそうなグレードはどれでしょうか。

オークションの出品台数から人気のグレードを予想しました。

順位グレード台数
1位GTブルーHDi34台
2位アリュール23台

※過去6ヵ月のオークション出品台数より

ということで、ディーゼルの「GTブルーHDi」の方が人気だと言えるでしょう。

もしプジョー5008の中古車を探す場合ははガリバーがおすすめです。

自社ブランド全国500店舗が直に買取した車の為、車の背景がしっかりわかるのと、一部上場企業ということで対応面でも安心です。

また、

  • 修復歴はチェック済み
  • 最長10年の中古車保証
  • 納車後100日以内なら返品できる

など、粗悪品を掴まない為の対策がされており、購入後のトラブルに巻き込まれるリスクを下げることができます。

≫【公式】ガリバー


まとめ

ということで、プジョー5008のリセールバリューについて見てきました。

今のモデルは気合いの入ったデザインになったので、以前に比べてグッと人気も上がっています。

 

特に現行モデルのリセールは発売から3年以上が経過していますが、3年落ちで60%以上をキープしており人気が伺えます。

輸入車のSUVとしては十分アリな車種だと思いますので、検討している方は是非参考にしてみてください。

 

それでは今回はこの辺で。

さようなら。