カローラツーリングは買い!?リセールと残価率を詳しく解説!

カローラツーリングは買い!?リセールと残価率を詳しく解説!

「カローラツーリングのリセールってどう?」

「おすすめのグレードやオプションはある?」

こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。

今回は「カローラツーリングのリセールバリュー」について詳しく紹介していきたいと思います。

まだ発売から2年ですが割と見た目も良くて売れていますよね。

リセールの良い売れ筋グレードや、リセールが高い色やオプションについても調べましたので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい

「リセールバリューの高い車を知りたい」そんなあなたにぴったりの記事です。 こんにちは、車のリセールバリューマニアのキノさんです。本記事では私が調査したデータから、リセールバリューの高い車をランキング[…]

【2020年11月更新】リセールバリューの高い車ランキング・TOP20

【結論】カローラツーリングのリセール

カロツーのリセールは、今のところ高めです。

【特徴】

リセール
バリュー
リセールに影響するオプションおすすめの売却タイミング
高め特になし5~7年落ちまで

簡単に説明します。

【リセール:高め】

現行モデル(発売から2年)の残価率は約78%。

3年落ちで70%を超えるようであれば、まあまあリセールが高い車種になります。

キノサン
残価率とは買取相場/新車価格(%)で値持ちの良さを表しています。

カローラ系なので、走行距離が増えてもあまりリセールが下がらないという展開が先々予想できます。

 

【オプション:特になし】

リセールに影響しそうなオプションは特にこれといってはなし、エアロも必要なし。

リセールは国内をメインに形成されている感があり、9インチDAやBSM、ヘッドアップディスプレイなどユーザー目線で見るのが良いと思います。

あまりオプションでお金がかかるといった感じもないので、その辺はコスパの良いハイブリッドツーリングモデルと言えます。

 

【売却タイミング:5~7年落ちまで】

発売されてまだ2年なのでなんともですが、ガソリンモデルは特にケニアに輸出されることもあり7年が一つの節目となりそう。

その他アクシオHVは5年でリセールの節目があったりして、5年落ちと7年落ちは覚えておいた方がいいかもしれません。

3年は無視して大丈夫ですが、特に走行距離が多い場合はこれぐらいの年式で手放した方が旨味がありそうです。

 

カロツーの中古車なら業者の非公開在庫もチェックしてみよう!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんなことはありませんか?

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを上手く活用するのがおすすめ。

ガリバーが無料で膨大な数のユーザー買取車両と、オークション仕入車両の中から希望の車を探してくれます。(もちろん非公開車両からも)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もあり、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任の担当者つき。「まだ探している段階」でも全然OK、無料で探してくれるので断然お得!

\ 【登録は無料】プロの力を借りよう /
カローラツーリングの非公開在庫を見る

 

では次にグレード別のリセールバリューを紹介していきます。

経過年数/グレード別のリセール

参照元:グーネット

カローラツーリングの経過年数とグレード別のリセールを紹介します。

【調査条件・環境】
・過去3ヵ月のオークションデータより
・装備と色は絞り込みなし
・事故歴なし車両状態比較的良好

現行型のリセール:残価率78%

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ガソリン】
G-X2,049,300円
0~3.4万km
8件
122~160万円
150万円
73%
S2,216,500円
0~2.9万km
9件
140~170万円
155万円
70%
ダブルバイビー2,365,000円
0~4.7万km
45件
177~232万円
205万円
87%
【ハイブリッド】
ハイブリッドG-X(2WD)2,480,500円
0.3~3.1万km
13件
145~188万円
170万円
69%
ハイブリッドG-X(4WD)2,678,500円
0~1.6万km
4件
195~225万円
210万円
78%
ハイブリッドS(2WD)2,651,000円
0~3.0万km
22件
150~230万円
205万円
77%
ハイブリッドS(4WD)2,849,000円
0~2.1万km
18件
180~235万円
222万円
78%
ハイブリッドダブルバイビー(2WD)2,799,500円
0~3.9万km
133件
177~275万円
232万円
83%
ハイブリッドダブルバイビー(4WD)2,997,500円
0~2.0万km
10件
195~265万円
243万円
81%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【1年/2年落ちの平均残価率】

ガソリン77%
ハイブリッド78%

ガソリンとハイブリッドではリセールはほぼ同じです。

こうなると値引きが大きく、維持費も安いハイブリッドの方が有利と言えそう。

リセールが最も良さそうなのは、ガソリンのダブルバイビー、最も売れているのはハイブリッドダブルバイビーの2WDです。

 

リセールが落ちるタイミング

リセールが毎年どの様に落ちていくのかを調査。

グレードは「ハイブリッドダブルバイビー(2WD)」にて。

モデル
(グレード)
平均買取額
(前年との差)
当年もの245万円
(残価率:88%)
1年落ち232万円
(−13万円)
2年落ち221万円
(−11万円)

今のところ少しずつ落ちていっているのみ。

今後マイナーチェンジや、輸出が絡むと5年落ちや7年落ちでリセールの段ができると思われる為、そこは要注目でしょう。

カローラツーリングの輸出

現状わかっているカローラスポーツの輸出先は下記。

型式仕向国
ZRE212W
(ガソリン)
ケニア
ZWE211W
(ハイブリッド)
オーストラリア

ケニアは7年落ちまで行きますので、輸出相場が効いてくるのは、過走行や7年落ち近くの車両になる予想。

ハイブリッドのオーストラリアも高年式、低走行車の相場にはあまり関係がないでしょう。

カローラツーリング購入時のポイント

Gクラス購入時のポイント

リセールバリューを意識した、アルファード購入のポイントについて解説します。

新車を購入する場合

カローラツーリング購入のタイミングとしてはGOODです。

ただしマイナーチェンジの噂が聞こえてきたら待つのもあり。

キノサン
大体1回目のマイナーチェンジは発売から3~4年で入ることが多いです。

 

グレードは「ハイブリッドのダブルバイビー(2WD)」がおすすめ。

見てる感じ4WDの方が若干リセールが高い様な気配もありますので、4WDで悩む方は4WDにしてもいいかもしれません。

今のところリセールもほぼ横並びの状況ですが、新車価格差もそこまでないので、多少無理してでもダブルバイビーまで上げた方がいいと思います。

 

リセールの高い色

どうせなら少しでも売るときに評価が高い色を買いたいですよね。

オークションデータから調査します。

台数(シェア)平均価格
パールホワイト75台(56%)226万円
クロ59台(44%)219万円

※ハイブリッドダブルバイビーにて n=134

そこまで変わりませんが、パールホワイトの方が若干人気で、若干リセールが高そうです。

どちらにしてもこの2色しかなさそうです。

 

下取車を良い条件で売るコツ

『リセールの高い車を買う』と同時に大切なのは車の売却で損しないこと。

ついつい新しい車のこと(値引きとかオプション)に気を取られますが、数十万円も本来の相場から安く下取り(買取)されているのではさすがに損。

アシスタント
サポート
ディーラーの下取りだけを鵜呑みにしていると十分あり得ます。

日頃から買取している筆者が思うには、車を高く売るのに必要なのは「どこに売却するか」ではなく「どう動くか」です。

これを正しく理解すれば、無駄な手間をかけることなく本来の相場できちんと車が売却できるようになります。

詳しくは『中古車査定士が教える!車を高く売るのに重要なのは方法論ではない、考え方だ。』に記載しているのでぜひ読んでみてください。

あわせて読みたい

こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回は私の本業である「車の買取」について。キノサン燃えてきたぁぁー!単価が大きく流動性の高い車の売買は、儲かる時は利益が大きく、ビジネスチャンスとして様々な会社や[…]

中古車査定士が教える!車を高く売る為に知っておくべき考え方・方法論・コツ

 

中古車を購入する場合

中古車をお得に狙いたいなら、年式が古めの走行距離多めをターゲットにしましょう。

理由はカローラ系は国や年式規制の違いはあれ、過走行車両が輸出で拾われる可能性が高いからです。

輸出で拾われるというのは、走行距離が多い割には輸出される為そこそこの金額で売れるということ。

逆に高年式や走行距離が少ない車両は中古価格も高いので、あまり中古の旨味がないと思います。

ということで、中古を狙うならできるだけ古く、走行距離が多い、ハイブリッドダブルバイビーあたりがオススメ。

【カローラツーリングの中古車を探すなら】非公開在庫までくまなくチェック!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんなことはありませんか?

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを上手く活用しましょう。

一般市場に公開される前の「非公開在庫」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に早くリーチできます。(しかも無料!)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もあり、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任の担当者つき。「まだ探している段階」でも全然OK、上手く使わないともったいない!

\ 【登録は無料】中古車探しは効率的に /
カローラツーリングの非公開在庫を見る

 

リセールに影響するオプション

現状最もリセールに影響しているのはまずは「年式」「走行距離」の2点です。

エアロは不要、ほぼつけていません。

高年式は国内小売向き用途が強いので、「9インチDA」や「BSM+RCTB」などがセールスポイントになりそう。

逆に「ルーフレール」や「スペアタイヤ」「寒冷地仕様」などはまだ輸出の線があまり見えておらず不要となる線が強いです。

1800ccは輸出にあまり強くないので、このまま国内と一部の海外向けにリセールが形成される可能性もあります。

まとめ

以上、「カローラツーリングは買い!?リセールと残価率を詳しく解説!」でした。

まとめると、

  1. カローラツーリングのリセールは今のところ高め
  2. ガソリンとハイブリッドはほぼ同じ。グレードはダブルバイビーがオススメ
  3. パールホワイトの装備もそこそこぐらいが最も無難な仕様

ということになります。

ぜひ参考にしてみてください!

<お知らせ>

当ブログは中古車に関する情報発信をメインにしていますが、個別の乗換え・購入・売却に関するご相談も承ります。

車のリセールに関する知識を少しつけるだけで、車周りのコストは大きく削減できます。

「○○の数年後のリセールが知りたい」
「リセールを考えたらどの仕様がいいのか」
など。

各状況に合わせた、わかりやすい説明・アドバイスをしています。継続的なフォローが欲しい方もぜひご検討ください。

ココナラ

※お届け日数は質問内容によります。初回の質問に対する回答は最短12時間以内〜最長2日の予定です。※お急ぎの方は事前にダイ…

本記事は以上となります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

≫【関連記事】車を高く売るのに重要なのは方法論ではない、考え方だ。