【マツダ】CX-8のリセールと残価率を中古車査定士が詳しく解説

マツダ・CX-8のグレード別のリセールバリュー(残価率)とリセールの高い仕様について中古車査定士が詳しく解説します。

登録当年、3年後、5年後の残価率をまとめたので、購入の材料にしてください。

@キノサン
結論、CX-8のリセールは普通〜やや高め(★★★★☆)です!

ちなみにリセールバリューが気になる人は、今乗っている車もできるだけ高く売りたいですよね?

下記から車査定に申込んで頂いた方には、筆者の相場診断を無料でプレゼント中!事前に相場を把握しておけば、買取業者との交渉で役立ちます!

≫ 相場診断がついてくる査定依頼はこちら

車を高く売る時のポイントは
「事前に買取相場を正確に知っておくこと」
査定依頼と並行して相場診断を受けたい方は
下記の専用ページからお申込みください

売却後のトラブルを回避する方法も伝授!
【相場診断付き】査定申込ページ
※後期モデルが令和4年12月に発売されました。今後前期モデルの相場変動が予想されます。

【経過年数とグレード別】CX-8のリセールバリュー

CX-8のリセールバリュー

CX-8の登録当年・3年・5年落ちのリセール(残価率)を記載します。

残価率とは買取価格/新車価格(%)で値持ちの良さを表します。
経過年数/年式
モデル
残価率/買取額
ディーゼル
残価率/買取額
ガソリン
マイナーチェンジ:KG系前期→後期
登録当年/R4年
KG系前期
81%/344万円
★★★★☆
96%/338万円
★★★★★
3年落ち/R1年
KG系前期
71%/299万円
★★★★☆
75%/279万円
★★★★☆
5年落ち/H29年
KG系前期
59%/230万円
★★★☆☆
データなし

※買取額は全グレードの平均

CX-8のリセールのポイント

  • CX-8のリセールバリューは普通〜やや高め。ガソリンの方がリセールは良い
  • ディーゼルの場合は4WDの方が少し高い。グレードは最上級までいく必要なし
  • 色はパールホワイトやグレーが人気でリセールも高い。ガラスルーフは装着率は低いが付ける価値あり
キノサン
年数別のリセール(残価率)について下記で詳しく紹介します。
  • 当年車のリセール:残価率87%
  • 3年後のリセール:残価率73%
  • 5年後のリセール:残価率59%

ひとつずつ詳しく解説します。

当年車のリセール:残価率87%

登録当年車(KG系前期)のリセールを調査。当年車の平均残価率(買取額)は

  • ディーゼルモデル:81%(344万円)
  • ガソリンモデル:96%(338万円)

となりました。

キノサン
後期モデルのデータはまだありません。
引用:https://www.goo-net.com/
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
【ディーゼルモデル】
XDスマートエディション(2WD)3,520,000円
0万km
1件
295万円
84%
XDブラックトーンエディション(2WD)3,999,600円
0.3万km
3件
315万円
79%
XDLパッケージ(2WD)4,382,400円
0.4万km
3件
315万円
72%
XDエクスクルーシブモード(4WD)4,999,500円
0.6万km
3件
450万円
90%
【ガソリンモデル】
25Sスマートエディション(2WD)3,137,200円
0.2万km
3件
300万円
96%
25Sブラックトーンエディション(2WD)3,616,800円
0万km
1件
345万円
95%
25Sブラックトーンエディション(4WD)3,853,300円
0.2万km
1件
370万円
96%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

登録当年のCX-8の平均残価率は87%。ディーゼルよりもガソリンの方がリセールは高いです。

リセール重視ならガソリンモデルが有利、ディーゼルは値下がりが大きいので、どちらを選択するかは、何年乗るか、その時の想定下取額はいくらかも含めて考えてみてください。

ちなみにCX-8を高く売りたい方は、最大20社に査定が依頼できて、車を見せるのは3社だけで済むMOTAの車査定が効率が良くおすすめです。

モデルチェンジで相場の変動が激しく、各会社によって見方が異なります。効率的にできるだけ多くの業者に見せて比較するのが得策と言えます。

≫MOTAの車査定(公式HP)

 

3年後のリセール:残価率73%

3年後のリセールをKG系から算出。3年後の平均残価率(買取額)は

  • ディーゼルモデル:71%(299万円)
  • ガソリンモデル:75%(279万円)

となりました。

引用:https://www.goo-net.com/
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
【ディーゼルモデル】
XD(4WD)3,674,000円
3.6万km
2件
270万円
73%
XDプロアクティブ(2WD)3,762,000円
3.9万km
23件
255万円
68%
XDプロアクティブ(4WD)3,998,500円
4.5万km
7件
265万円
66%
XDLパッケージ(2WD)4,306,500円
4.1万km
36件
285万円
66%
XDLパッケージ(4WD)4,543,000円
4.1万km
50件
335万円
74%
XDエクスクルーシブモード(4WD)4,890,600円
2.2万km
3件
385万円
79%
【ガソリンモデル】
25S(2WD)2,948,000円
2.6万km
8件
230万円
78%
25Sプロアクティブ(2WD)3,316,500円
2.9万km
27件
250万円
75%
25SLパッケージ(2WD)3,828,000円
2.7万km
18件
270万円
71%
25TLパッケージ(2WD)4,352,700円
2.5万km
4件
300万円
69%
25TLパッケージ(4WD)4,323,000円
3.1万km
19件
345万円
80%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

3年落ちの平均残価率は73%とそこまで高くはありません。

算出したデータは平均より走行距離が多い為、その影響で少しリセールが低めに出ています。

アシスタント
サポート
特にディーゼルはガソリン代を気にする人が選ぶ傾向があります。

それを差し引いてもガソリンの方が少しリセールが良く、また距離の影響は大きいということは意識しておきましょう。

≫【CX-8の中古車を探しに役立つ!】大手買取店の非公開在庫から車が探せる便利なサービス

 

5年後のリセール:残価率59%

5年後のリセールをKG系から算出。5年後の平均残価率(買取額)は

  • ディーゼルモデル:59%(230万円)
  • ガソリンモデル:データなし

となりました。

引用:https://www.goo-net.com/
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
【ディーゼルモデル】
XDプロアクティブ(2WD)3,537,000円
5.5万km
18件
210万円
59%
XDプロアクティブ(4WD)3,769,200円
5.1万km
6件
205万円
54%
XDLパッケージ(2WD)3,958,200円
6.0万km
12件
245万円
62%
XDLパッケージ(4WD)4,190,400円
5.2万km
17件
260万円
62%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

5年落ちはCX-8発売の年にあたり、5年前のデータはディーゼルモデルしかありません。

3年落ちから比べると2年で70万円、1年だと約35万円(毎月約3万円)価値が落ちてきています。

リセールの落ち方としてはやや多めです。

 

1年毎のリセールバリューの変化

1年毎の買取額から、リセールバリューが毎年どのように落ちているのかを調べました。

※グレード:XD Lパッケージ(4WD)にて。

経過年数/モデル
(平均走行距離)
平均買取額
(前年比)
マイナーチェンジ:KG系前期→後期
当年もの/KG系前期
(0.4万km)
400万円
1年落ち/KG系前期
(2.3万km)
365万円
(−35万円)
2年落ち/KG系前期
(3.7万km)
300万円
(−65万円)
3年落ち/KG系前期
(4.1万km)
335万円
(+35万円)
4年落ち/KG系前期
(5.3万km)
285万円
(−50万円)
5年落ち/MR41系
(5.2万km)
260万円
(−25万円)

大きく落ちているところを赤字で記しました。XD Lパッケージ(4WD)の新車価格は462万円です。

1年毎の落ち幅としてはやや大きい方で、毎月3〜5万円は価値が落ちていく計算です。

リセール落ちが大きい車というのは、買って毎月価値を減らすよりも始めからカーリースの方が便利な場合があります。

下記はニコノリのカーリースの一例で、車検と税金が含まれてこの価格なので、使い方(距離・傷)次第ではリースの方がリスクが少ないです。

キノサン
特に個人事業主や法人、車の管理に不慣れな人に向いていますね。
CX-8のカーリース
台数限定で即納車もご用意!まずは簡単5分のスピード審査へ

リセールバリューがそこまで高くない車は、わざわざ所有する必要はそこまでありません。

乗りたい車と所有するかどうかは切り離して考えてみるのも良いですね。

≫ニコノリ(公式HP)

 

CX-8のリセールバリューを上げるポイント

CX-8のリセールを上げるポイント

キノサン
CX-8のリセールバリューを上げるポイントを紹介します。
  • リセールバリューの高い色
  • リセールの高いオプション

ひとつずつ詳しく解説します。

リセールバリューの高い色

外装色によるリセール差を中古車オークションから調べた結果です。

台数/走行距離平均価格
パールホワイト54台/4.1万km🥇320万円
クロ34台/7.1万km280万円
グレー71台/4.4万km🥈300万円
アカ20台/4.8万km275万円
アカ78台/4.4万km273万円
その他(コン、シルバー、ベージュ)16台/4.5万km🥉290万円

※n=195 XD Lパッケージ(4WD)より

リセールが高いのはパールホワイト、人気があるのはグレーという結果です。

リセールが高いのはパールホワイト
リセールが高いのはやはりパールホワイト!
CX-8のマシーングレー
人気のマシーングレー。しかしリセールはパールホワイトに劣る

CX-8は色のリセールへの影響が大きい車です。リセールを重視するなら色の選択は慎重に。

リセールの高いオプション

グレード:XD Lパッケージで見た場合、ガラスルーフの装着率は全体の約4%と少なめ。

アシスタント
サポート
めちゃ少ない!

しかしガラスルーフがある車はない車に比べて、10〜20万円は高く買取ができています。

現行モデルでガラスルーフを付ける場合、セットで33万円のメーカーオプションになりますが、個人的にはつけるのがおすすめです。

CX-8のサンルーフオプション
ガラスルーフのセットオプションの内容

個人的にCX-8で検討すべきなのはこのセットオプションのみ。

サンルーフを含まないセットオプションはほぼリセールバリューには影響してきません。(多少のプラスにはなり得るが影響は小さい)

査定士おすすめのリセール仕様

CX-8を新車で購入する場合の、筆者のおすすめ仕様は下記になります。

  • 【グレード】25Sブラックトーンエディション(2WD)
  • 【色】ロジウムホワイトプレミアムメタリック(55,000円)
  • 【OP】ガラスルーフ付きのセットオプション(330,000円)

リセール中心に考えた場合、ガソリンモデルの方がリセールが良いので、余程走行距離が増えない限りガソリンの方が選びやすいですね。

そしてガソリンのリセールが高いというのは、結局は輸出ということで、グレードはそこまで上げる必要もありません。

キノサン
グレード別の残価率を見ても、高グレードが高リセールではないのがわかります。

25Sスマートエディションでも良いぐらいで、センターディスプレイのサイズ差を考えるとブラックトーンエディションかなという結論です。

色は「プラチナクォーツ」も白っぽいですが、業界ではベージュと認識され、リセールは大きく違うので注意が必要です。

プラチナクォーツはリセールには微妙
プラチナクォーツはベージュとして流通される

 

CX-8を売るタイミングや購入する際のポイントは?

CX-8の売り時と買い方

リセールバリューの観点から、CX-8の売り時と車購入時のポイントを解説します。

CX-8はリセールバリュー的に何年後に売るのがベスト?

CX-8は基本モデルチェンジで売るのがおすすめです。

今後KG系の後期モデルが発売された影響で、KG系前期モデルのリセールが落ちていくことが予想されます。(納車され始めると落ちる)

またガソリンモデルはロシアへの輸出が考えられます。3年落ち、5年落ちの輸出の節目の年は乗り換えを検討してみても良いでしょう。

新車のCX-8をリセール前提で買う時のポイント

「査定士おすすめのリセール仕様」でも説明した通り、

  • 【グレード】25Sブラックトーンエディション
  • 【色】ロジウムホワイトプレミアムメタリック(55,000円)
  • 【OP】ガラスルーフ付きのセットオプション(330,000円)

がリセールを中心に考えた仕様です。

ディーゼルに乗りたい場合は、

  • 【グレード】XDブラックトーン(4WD)かグランドジャーニー(4WD)
  • 【色】ロジウムホワイトプレミアムメタリック(55,000円)
  • 【OP】ガラスルーフ付きのセットオプション(330,000円)

が代案になります。

ディーゼルのポイントは4WDモデルを選ぶということ。2WDよりも4WDの方が人気で、リセールも僅かながら良いです。

色がパールホワイト、ガラスルーフ付きというところは変わりません。

中古車のCX-8をリセール前提で買う時のポイント

CX-8の中古車を買う場合
中古車は走行距離や修復歴、装備をしっかり確認しよう

中古車でリセールを中心に考えた場合、ディーゼルという選択はありません。

輸出需要の強い、ガソリンモデルの方が有望です。

個人的には2~3年落ちのガソリンモデルを買って、5年落ちの年で売るぐらいが最もコスパの良い乗り方になると思います。

グレードや装備、色はそこまで問われません。いかに購入金額を下げるかが中古車戦略の最大のポイントです。

CX-8の中古車を探すなら!業者の非公開在庫もチェックしよう

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを活用するのがおすすめです。

公開前の非公開在庫と中古車オークションから希望の車を探してくれるので、希望のスペックの車が早く、簡単に見つかります。(登録は無料)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスです。

キノサン
いい車は早い者勝ち。欲しい車がある人は早めに登録しましょう。
\【登録は無料】プロのサポート付き/
CX-8の非公開在庫を見る

 

【中古車査定士が解説!】車を高く売る方法とおすすめの買取サービスを紹介

ディーラーの下取りと中古車買取サービスを比較した場合、90%以上の確率で10万円以上、中古車買取サービスの方が高い買取額が出ます。

アシスタント
サポート
中には100万円近く下取りと買取で差が出る場合もありますよ!

しかしどこに査定を頼めば安心して高く買取りしてもらえるのか、わからなかったり不安なことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は中古車査定士の筆者が車を売る時に使う(実際に査定を依頼している)買取サービスを紹介します。

査定は無料なので、オークション形式と一括査定の両方をうまく使って、最も条件が良く、安心して売れそうな買取業者を探してください。

すぐに車を手放せる人は効率と価格の両取りの「オークション形式」

車をすぐに手放せる人(1ヵ月以内に売却可能)は、手間をかけずに高値で売却できる「オークション形式」の売却がおすすめです。(無料)

「オークション形式」とは、最初に1度の査定をして、そのデータに対し複数の業者がWeb上でオークション形式で入札してくる方式のこと。

オークションの結果が安かった(売れない)場合は無料でキャンセルもできます。

おすすめは楽天が運営している楽天Car車買取です。

実際の流れは下記のようになります。

車の内容と連絡先を記載して査定を依頼
楽天より査定日時の連絡がくる
自宅等で車の査定をしてもらう
査定の結果からオークションの金額設定をする
査定の2日後にオークションが開催(webで確認)
結果に対し売却する・しないの判断をする
売却する場合は1ヵ月以内に車を引き渡す
しない場合はそこでサービス終了

結果が出るまでかなりスピーディなのが特徴。

それでありながら、一括査定で5社以上と頑張って交渉した価格の上位1位〜3位レベルの価格が出るのでかなり効率の良い売却方法だと言えます。

例えば納車が先で1ヵ月以内に売却できなくても、納車まで1ヵ月を切ったぐらいのタイミングで査定を依頼すれば問題ありません。

web上で競り上がっていくオークション状況が見えるのですが、それだけでも斬新で価値があり、中々画期的な売却システムです。

<楽天Car車買取の特徴>

車の一括査定楽天Car車買取
入札業者数多くて10社2000社以上
手間(電話対応、査定対応、価格交渉)×業者数楽天の査定担当者との調整のみ
利用料無料無料
引き渡し業者との交渉1ヵ月以内の引渡し

≫楽天Car車買取(公式HP)

 

すぐに車を手放せない人は引渡しの融通が利きやすい「一括査定」

  • 車の納車時期がはっきりしていない…
  • 次に買う車が決まっていない…
  • 買取額を元にディーラーと商談したい…

などのすぐに車を手放せる状態にない人は車の一括査定サービスの利用がおすすめです。

おすすめはMOTAの車査定です。

MOTAの車査定はこれまでの一括査定のデメリットを打ち消す特徴を持った優れたサービスです。

<MOTAの車査定の特徴>

一般の一括査定MOTA車査定
最大比較社数10社20社
電話社数10社3社
Web上での概算査定額比較なしあり
利用料無料無料

最大20社に見積もり依頼ができるので、20社に車を見せないといけないかと思いきや、実際に車を見せるのは上位3社のみで構いません。

全社の概算査定額が申込みの翌日18時に開示され、公平に条件が良い3社を選ぶことができます。

キノサン
高く売るには業者1社1社との交渉が必要だったのに対し、これは優良買取店だけが残るので非常に効率的。

最終的には各業者との打ち合わせになるので、引渡し時期や条件は個別に相談ができる、柔軟性の高い売却方法が一括査定です。

≫MOTAの車査定(公式HP)

 

CX-8のリセールまとめ

CX-8のリセールバリューはそこまで悪くはないものの、SUV全体が高いことを考えると普通レベルです。

また人気のディーゼルよりもガソリンの方が輸出の関係もありリセールが良く、維持費も含めて買う場合は良く考える必要があります。

CX-5にも共有することで、ガソリンモデルを短期で乗り継ぐ(5年以内では乗り換える)のが個人的にはおすすめです。

CX-8のリセールをおさらい

  • CX-8のリセールバリューは普通〜やや高め。ガソリンの方がリセールは良い
  • ディーゼルの場合は4WDの方が少し高い。グレードは1番上までいく必要なし
  • 色はパールホワイトやグレーが人気でリセールも高い。ガラスルーフは不人気だが付ける価値あり

本記事はここまで。


車のリセールバリューに興味がある方は、他の記事も参考にしてみてください。

良いカーライフを。

≫【関連記事】リセールバリューの高い車を全車種の中からランキングで紹介(2022年最新版)

≫【関連記事】リセールバリューの高いSUVをランキングで紹介

車を売るならMOTAの車査定に依頼してみよう!

最大20社に一度に査定依頼ができ、実際に車を見せるのは3社だけ!効率良く高い買取業者が探せる、便利な車の買取サービス。

依然として新車の納車が遅く、全体としての中古車相場は例年になく高い水準です。

各業者の先々の見立てによって査定額は異なるので、効率的にできるだけ多くの業者に見せて比較するのが今の時期はお得!

\ 効率よく高い買取店がわかる! /
MOTAの一括車買取査定