マツダ2のリセールバリューを7年落ちまで解説【デミオのリセールも含めて】

マツダ2の7年後までのリセールバリューについて解説

生まれ変わったマツダの主力コンパクトカー、MAZDA2(マツダ2)。

昔のデミオのイメージを徐々に払拭しつつあるけれども、リセールバリューはどうなの?と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、マツダ2のリセールバリューについて詳しく解説します。

といってもまだ発売から1年が経っていないので、数年落ちのデータとしてはデミオのリセールバリューを用います。

しかし完全に型式一致で引き継がれているので、信憑性は高いと思います。マツダ2の数年後のリセールバリューとして是非参考にしてください。

【この記事を書いた人】

キノさん
車の買取をしているキノさんです。10年のキャリアとこれまで2,500台を買取してきた経験から詳しくお伝えします。

ーこんな人にお勧めです👍ー

 マツダ2のリセールバリューは高いのか安いのか知りたい

 どのグレードが良いのか知りたい。売る時に有利な条件なども知っておきたい

 下取額(買取額)が妥当なのかわからない。適性な買取相場を知りたい


最後まで読めばマツダ2について凄く詳しくなれています!^_^

リセールバリューとは

リセールバリューとは

 

リセールバリューとは
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として用いています。

買取相場の算出方法

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションでの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては、買取車両の大部分はオークションにて売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

マツダ2の買取相場

発売後1年が経っていませんが、マツダ2の買取相場について一応調べてみます。

【調査条件】

  • 令和1年式2WDモデル:装備と色は混在
  • 走行距離1万km前後(年間1万kmで計算)
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好

買取相場

MAZDA2
グレード新車価格買取相場
残価率
15S1544400円データなし
15MB1620000円データなし
15Sプロアクティブ1663200円120万円
72%
15SプロアクティブSパッケージ1868400円127万円
68%
15SLパッケージ2052000円データなし
XDプロアクティブ1954800円127万円
65%
XDプロアクティブSパッケージ2116800円144万円
68%
XDLパッケージ2413800円155万円
64%

※買取相場=直近1ヶ月のオークションデータより
※残価率=買取相場/新車価格(%)

新車から1年経過していない状態で残価率が65%〜70%。マツダ2のリセールバリューは高くはない

3年後の買取相場(デミオ)

新車から1回目の車検がある、3年落ち(平成29年式)の買取相場についてデミオのデータを解説します。

【調査条件】

  • 平成29年式2WDモデル:装備と色は混在
  • 走行距離3万km前後(年間1万kmで計算)
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好

買取相場

平成29年式のデミオ
グレード新車価格買取相場
残価率
13C1382400円45万円
33%
13S1479600円61万円
41%
13Sツーリング1706400円78万円
46%
13SツーリングLパッケージ1760400円94万円
53%
15MB1533600円データなし
XD1803600円61万円
34%
XDツーリング1987200円89万円
45%
XDツーリングLパッケージ2041200円95万円
47%
【3年落ち】買取相場と残価率の平均
ガソリンモデル70万円・43%
ディーゼルモデル82万円・42%

新車から3年で残価率は40%台前半はあまり高くないリセールです。

またガソリンとディーゼルでリセールバリューに差はないこともわかります。

傾向としてはツーリング系の上位グレードの方がリセールが高いと言えます。

・3年経過時のリセールは低め

・ガソリンとディーゼルでリセールに差はない

5年後の買取相場(デミオ)

新車から2回目の車検がある、5年落ち(平成27年式)の買取相場についてデミオのデータを解説します。

【調査条件】

  • 平成27年式2WDモデル:装備と色は混在
  • 走行距離5万km前後(年間1万kmで計算)
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好

買取相場

グレード新車価格買取相場
残価率
13C1350000円34万円
25%
13S1458000円44万円
30%
13SLパッケージ1717200円56万円
33%
XD1782000円50万円
28%
XDツーリング1944000円61万円
31%
XDツーリングLパッケージ1998000円66万円
33%
【5年落ち】買取相場と残価率の平均
ガソリンモデル45万円・29%
ディーゼルモデル59万円・31%

5年で残価率が約30%。

3年落ちに比べるとリセールがやや下がりにくくなったと言えます。

ここでもLパッケージの上級グレードが比較的リセールが高いという結果が出ています。

Lパッケージなどの上級グレードがリセールが高い

7年後の買取相場(デミオ)

新車から3回目の車検である、7年落ち(平成25年式)についても見ていきます。

デミオは平成26年9月にフルモデルチェンジがあり、平成25年式は1つ前の型になります。

【調査条件】

  • 平成25年式2WDモデル:装備と色は混在
  • 走行距離7万km前後(年間1万kmで計算)
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好

買取相場

平成25年式の一つ前のデミオ
グレード新車価格買取相場
残価率
13C1149000円10万円
9%
13C-V スマートエディションⅡ1220000円12万円
10%
13-スカイアクティブ1350000円14万円
10%
15C1335000円データなし
スポルト1643250円14万円
9%
【7年落ち】買取相場と残価率の平均
ガソリンモデル13万円・10%

7年落ちで10万km前後になってくると、買取は10万円台が大半になります。

走行距離が多少増えても、中古車輸出の需要も多い為買取額は大きくは変わりません。

マツダ2・デミオのリセールまとめ

マツダ2の残価率推移
マツダ2の買取相場は7年でほぼ10万円前後になる
【リセールの高いお勧めグレード】
Sパッケージ・Lパッケージ等の上級グレード

・マツダ2のリセールバリューは低い。(デミオも含めて予測)

・新車から1年で新車の6割〜7割まで落ち、7年で買取相場は10万円前後まで落ちる

・ガソリンとディーゼルでリセールは大差ない。燃費も考慮するとディーゼルの方がお勧め

かなりリセールバリューは厳しかったという印象です。
デミオ2になり、ブランド価値は高まりつつある様に思いますが、リセールがどこまで改善されるかは未知数です。
とはいえ競合車種であるフィットアクアノートも7年経過すると新車時の10~20%になるものが多く、最終的には細かい違いになります。
コンパクトカー市場においてディーゼルが選択できるのはマツダ2のみなので、その点では個性があり他社種と差別化できていると言えます。
キノさん
マツダ2のリセールは渋めですが、ディーゼルに興味のある方であれば悪くない車です。インスタでも情報をコンパクトに発信中!気になる方はキノさん(@kinosan_cplus)をフォローお願いします!
あわせて読みたい

車のリセールバリュー、気になりませんか?私は仕事柄と性格上、どうせ乗るなら手放す時も高く売れる、お得な車に乗りたいと常々思っています。本記事では、車のリセールバリュー(リセール)が大好きな私が、リセールの高い車をランキング形[…]

車のリセールバリューのランキングTOP10