アクアのリセールバリューと残価率を中古車査定士が解説

アクアのリセールバリューと残価率を中古車査定士が解説
  • アクアの将来的なリセールバリューって?
  • リセールの高いグレードやオプションは?

こんな疑問をお持ちではないでしょうか?

こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。

今回は、トヨタ:アクアのグレード別のリセールバリュー(残価率)とリセールの高い仕様について詳しく解説します。

この記事を読めば、

  • アクアのリセールバリュー(残価率)は今後どうなるのか
  • アクアを買うならどのグレードのどんな仕様がどういった理由でおすすめなのか

を理解することができます。

アクアに興味がある方は必見!

※本記事は2022年6月の中古車オークション相場を元に作成しています。

【結論】アクアのリセール

まずアクアの3年・5年・7年・10年落ちのリセール(残価率)を記載します。

残価率とは買取価格/新車価格(%)で値持ちの良さを表す指標です。
経過年数
モデル
残価率/買取額
リセールランク
現行型/R3~R4年
K10系
94%/210万円
★★★★★
R3/7:K10系にフルモデルチェンジ
3年落ち/R1年
10系後期モデル
59%/127万円
★★☆☆☆
5年落ち/H29年
10系後期モデル
53%/113万円
★★★☆☆
H29/6:10系後期にマイナーチェンジ
7年落ち/H27年
10系中期モデル
30%/63万円
★★☆☆☆
H26/12:10系中期にマイナーチェンジ
10年落ち/H24年
10系前期モデル
14%/25万円
★☆☆☆☆
※買取額は全グレードの平均
キノサン
3年後の残価率が59%とは、新車が1000万円の3年後の買取額が590万円であることを意味します。
アシスタント
サポート
アクアのリセールは新モデルはまずまずのスタート。旧型のリセールはガクッと落ちています。

≫【関連記事】リセールバリューの高い車を全車種の中からランキングで紹介(2022年最新版)

結論:アクアのリセール
  • 新型のリセールはまずまずのスタート。上位グレードの方がリセールが高い
  • 旧型のリセールは高年式でもかなり低い。モデルチェンジの影響は大きい
  • 色はパール、クロ、グレーがおすすめ。オプションは効果的なものを選ぶこと

R3年から発売した新型アクアのリセールは残価率94%とまずまずのスタートを切りました。

おすすめのグレードはオプションをしっかり付けたG、又はZが有望。

X以下のグレードは商用車やレンタカー仕様でかなり台数増となることが予想され、先々リセールはかなり下がってくると予想。

その他、ポイントを記載します。

 旧型のリセールは低下、モデルチェンジの影響大

これまでの10系と言われる旧型アクアのリセールは大幅に低下。

車検1回目の3年落ちでも残価率は60%しかなく、一気に値下がりが起きています。

逆にこれ以上の下は暫くないので、高年式で燃費の良い安めの車として、中古の型落ちアクアはおすすめです。

基本的にアクアの様な量販車は台数が多く、そこまでリセールバリューが高い車ではありません。

モデルチェンジが重なると今回の様に大きく落ちるので、基本的にはモデルチェンジは持ち越さずに売るか、とことん乗り潰すのがおすすめです。

 色はパール、クロ、グレーが高い。オプションは効果的なものを選択しよう

アクアのリセールが高いボディカラーは、パールホワイト、クロ、グレーの3色。

色については後半でも詳しく説明をします。

またオプションもリセールバリューに対する影響が大きく、

  • 16インチアルミホイール
  • BSM+パーキングサポートブレーキ
  • パノラミックビューモニター
  • 10.5インチディスプレイ
  • 合成皮革パッケージ

あたりがおすすめのオプションです。

オプションで何をつけるか迷われる際は参考にしてみてください。

中古車のアクアを探す場合も、旧型であればアルミ付きのGグレード以上や、装備がしっかり付いているものが高リセールとなりやすいでしょう。

中古車を探している人は、プロが希望の車を全国500店舗の在庫から探してくれ、入庫があれば連絡してくれるガリバーの中古車検索サービスを活用するのもおすすめです。(登録は無料)

これから乗換えを考えている人は、早め早めに下取り車の買取相場を調べておけば、乗換えの計画をスムーズに進められることができますよ。

その場で6ヵ月後までの買取相場がわかる!「車査定比較.com」

『すぐに車は売らないけど、この先の売却相場は知っておきたい』、そんな時は車査定比較.comがおすすめ。

このサービスは全国の中古車売買データを用いて、車の現在の買取相場と6ヵ月後の買取相場を教えてくれるとても便利なサービスです。

納車が遅いこの時期だからこそ、暫く先の相場情報がわかるのは助かりますよね!

32秒の簡単web入力で複数社の査定額が比較でき、金額次第では売却をしなくても構いません。

先々売るのであれば買取相場は早めに知っておいた方が何かと便利。ディーラーとの交渉を有利に進める為にも愛車の価値を調べておきませんか?

\ 愛車の査定相場がすぐにわかる! /
相場をクイック診断!車査定比較.com

***

経過年数/グレード別のリセール

新車から3年・5年・7年・10年後のリセールをグレード別に紹介します。

【調査条件・環境】
・過去3ヵ月のオークションデータ
・装備と色は絞り込みなし
・事故歴なし車両状態良好として

▼関連記事
≫車を高く売るなら『査定士はどこを見ている?車の評価が高くなる意外なポイント』をチェック

現行型のリセール:残価率94%

現行型のアクア:参照元goonet

現行型のK10系を紹介。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
B(2WD)1,980,000円データなし
X(2WD)2,090,000円
0.3万km
21件
165~230万円
195万円
93%
G(2WD)2,230,000円
0.3万km
17件
165~230万円
2,050,000円
92%
Z(2WD)2,400,000円
0.2万km
48件
200~245万円
230万円
96%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【現行型の残価率/平均買取額】

94%/210万円

令和3年7月発売の新型アクアが早くもオークションに多数出品されています。

まだ年式が新しく走行距離も少ない車両が多い為、残価率は90%台と高い数値になっています。

しかしオプション費用を考えると購入価格を超えることは難しそうで、初回車検である3年落ちまでにはもう少しリセールが下がるでしょう。

 

3年後のリセール:残価率59%

3年落ちの旧型10系(後期モデル)から算出。

旧型10系のアクア:参照元グーネット
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
L1,818,300円
6.0万km
100件
55~110万円
80万円
44%
S1,921,700円
5.1万km
433件
60~143万円
100万円
52%
Sビジネスパッケージ1,952,500円データなし
Sグランパー1,966,800円
1.8万km
2件
125万円
64%
Sスタイルブラック2,087,800円
3.0万km
264件
80~165万円
122万円
58%
クロスオーバー2,097,700円
2.8万km
27件
100~165万円
140万円
67%
G2,097,700円
4.5万km
40件
75~155万円
111万円
53%
Gソフトレザーセレクション2,125,200円
2.2万km
18件
100~188万円
133万円
63%
クロスオーバーグラム2,198,900円
2.8万km
34件
111~170万円
145万円
61%
G GRスポーツ2,372,700円
3.8万km
8件
125~180万円
145万円
61%
G GR17インチパッケージ2,581,700円
2.9万km
10件
125~185万円
165万円
64%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

 【3年後の残価率/平均買取額】

59%/127万円

新型発売の影響もあり、旧型アクアのリセールはかなり低下しています。

アクアはグレードが高い方がリセールも高く、法人需要が集中するベースグレード〜中盤グレードはリセールが低くなる特徴があります。

  • 法人需要が集中する低〜中間グレードはリセールが低い
  • リセールを上げるなら上位グレードの方がおすすめ

 

5年後のリセール:残価率53%

5年落ちの旧型10系(後期モデル)より算出。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
L1,785,240円
6.6万km
35件
25~100万円
70万円
39%
S1,886,760円
5.4万km
239件
30~135万円
85万円
45%
G2,062,800円
4.7万km
90件
30~130万円
100万円
48%
Gブラックソフトレザーセレクション2,089,800円
1.9万km
9件
110~140万円
130万円
62%
クロスオーバー2,062,800円
3.9万km
102件
90~160万円
130万円
63%
Sスタイルブラック1,962,360円
5.0万km
16件
70~120万円
100万円
51%
G GRスポーツ2,332,800円
7.4万km
3件
80~160万円
125万円
54%
G GR17インチパッケージ2,538,000円
3.2万km
3件
145~185万円
165万円
65%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【5年後の残価率/平均買取額】

53%/113万円

旧型10系の同じ後期なので、3年落ちとそこまで変わりません。

 

7年後のリセール:残価率30%

7年落ちの旧型10系(中期モデル)より算出。

旧型10系中期モデルのアクア:goonetより
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
L1,761,382円
13.1万km
230件
12~65万円
30万円
17%
S1,887,055円
8.8万km
1025件
12~110万円
50万円
26%
G2,007,818円
7.6万km
246件
15~110万円
60万円
30%
Gブラックソフトレザーセレクション2,090,291円
8.0万km
114件
22~105万円
60万円
29%
Xーアーバン2,100,109円
7.3万km
162件
25~115万円
70万円
33%
Xーアーバン ソリッド2,155,091円
5.8万km
5件
60~100万円
80万円
37%
G G’s2,431,963円
7.6万km
113件
25~145万円
90万円
37%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【7年後の残価率/平均買取額】

30%/63万円

マイナーチェンジを挟み中期モデルとなっていることから、リセールはある程度落ちています。

 

10年後のリセール:残価率14%

10年落ちの旧型10系(前期モデル)より算出。

旧型10系前期モデルのアクア:goonetより
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
L1,690,000円
14.6万km
85件
5~50万円
15万円
9%
S1,790,000円
10.9万km
1268件
5~80万円
30万円
17%
G1,850,000円
10.5万km
708件
5~80万円
30万円
16%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【10年後の残価率/平均買取額】

14%/25万円

10年落ちのリセールともなるとかなり下がります。

10年落ちのリセールの平均は大体残価率20%ぐらいなので、アクアの場合はやや低いと言えるでしょう。

 

経過年数別リセールのまとめ

経過年数別のリセールをまとめます。

経過年数
モデル
残価率/買取額
リセールランク
現行型/R3~R4年
K10系
94%/210万円
★★★★★
R3/7:K10系にフルモデルチェンジ
3年落ち/R1年
10系後期モデル
59%/127万円
★★☆☆☆
5年落ち/H29年
10系後期モデル
53%/113万円
★★★☆☆
H29/6:10系後期にマイナーチェンジ
7年落ち/H27年
10系中期モデル
30%/63万円
★★☆☆☆
H26/12:10系中期にマイナーチェンジ
10年落ち/H24年
10系前期モデル
14%/25万円
★☆☆☆☆
★★★★★(星5つ)→最高!
★★★★☆(星4つ)→高い
★★★☆☆(星3つ)→普通
★★☆☆☆(星2つ)→低い
★☆☆☆☆(星1つ)→とても低い

フルモデルチェンジの影響が大きく、3年落ちから低いリセールで始まるのが印象的。

リセールを中心に考えるのであれば、モデルチェンジはできるだけ跨がずに乗り換えた方が車の価値としての効率は良くなります。

 

1年毎のリセールバリューの変化

リセールバリューが毎年どの様に落ちていくのかを「グレード:G」で調べた結果です。

経過年数/モデル
(平均走行距離)
平均買取額
(前年比)
当年もの/K10系
(0.1万km)
232万円
R3/7:K10系にフルモデルチェンジ
1年落ち/10系後期
(0.6万km)
155万円
(−77万円)
2年落ち/10系後期
(1.1万km)
135万円
(−20万円)
3年落ち/10系後期
(4.5万km)
110万円
(−25万円)
4年落ち/10系後期
(4.0万km)
105万円
(−5万円)
5年落ち/10系後期
(4.4万km)
95万円
(−10万円)
H29/6:後期モデルにマイナーチェンジ
6年落ち/10系中期
(4.9万km)
77万円
(−18万円)
7年落ち/10系中期
(7.6万km)
60万円
(−17万円)
H26/12:中期モデルにマイナーチェンジ
8年落ち/10系前期
(7.8万km)
45万円
(−15万円)
9年落ち/10系前期
(9.7万km)
34万円
(−11万円)
10年落ち/10系前期
(10.5万km)
30万円
(−4万円)

大きく落ちるところは赤字のフルモデルチェンジの部分。

価格の絶対値が低いので、それ以外は大きく落ちようがないとも言えます。

 

アクアの中古車輸出

輸出国を型式別に紹介します。

型式仕向国
NHP10
(旧型:S~G)
  • モーリシャス
  • パキスタン
  • キプロス
  • トリニダード・トバゴ
  • バルバドス
  • バングラデシュ
  • 東ティモール
  • ジャマイカ
  • ロシア
  • ケニア
  • UAE
  • NZ
  • タンザニア
  • 南アフリカ共和国
  • アイルランド
  • 香港
  • セントルシア
  • 英国
  • マルタ
  • モザンビーク
  • モンゴル
  • ジョージア
NHP10H
(クロスオーバー系)
  • モーリシャス
  • パキスタン
  • バングラデシュ
  • ロシア

これぞ日本のハイブリッド車の力!と言わんばかりに多くの国に行っているのがわかります。

ハイブリッドカーが広く世界から受け入れられている証拠でしょう。

多くの国に輸出されているにもかかわらずリセール(残価率)が低いのは、海外に行く価格もそれほど高単価で行く訳ではないからです。

***

リセールバリューのポイント

新型アクア
(内装)参照元:トヨタ自動車

ここからは、そんなアクアのリセールバリューの高い仕様、リセールが高くなる買い方について紹介します。

まずは色(ボディカラー)。

リセールバリューの高い色

色によるリセール差を中古車オークションから調べた結果が下記。

台数/走行距離平均価格
パールホワイト44台/4.1万km112万円
クロ27台/5.2万km102万円
グレー、シルバー52台/3.2万km108万円
アオ系(アオ、ムラサキ、アオミドリ)20台/4.7万km100万円
シロ10台/7.7万km95万円
その他(アカ、オレンジ、キミドリ)16台/3.5万km94万円

※10系後期のグレードGにて n=169

人気、リセール共に高い色はパールホワイト、クロ、グレー又はシルバーの3色です。

シルバーは商用車でも多く使われる色なので、シルバーならグレードの方が良いでしょう。

パールホワイトに近い普通のシロは、ほぼ変わらない様に見えるものの、リセールはしっかり差がつくのでシロはおすすめしません。

その他の色は売る時に10万円以上安くなる可能性があるので、色は慎重に選びましょう。

 

リセールの高いオプション

新型アクアにおけるリセールに高影響なおすすめのオプションをお伝えします。

まずグレードは上級グレードとなる、G以上(G又はZ)がおすすめ。

次におすすめのオプションとしては、

  • 16インチアルミホイール
  • BSM+パーキングサポートブレーキ
  • パノラミックビューモニター
  • 10.5インチディスプレイ
  • 合成皮革パッケージ

このあたりが重要となります。

Gに全てつけようとすると約30万円プラスとなり、Zであれば標準で付いている装備もある為、予算と相談しましょう。

肝心なことは、これ以外の過剰なオプションはそれほど評価されない傾向があることです。

オプションは予算の範囲内で効果の高いものを選択することが重要です。

 

査定士お薦め‼︎車を高く売る方法

「ディーラーの下取り額に満足してしまっていませんか?」

車のリセールバリューと同じぐらい重要なのが、下取り車をしっかり高値で売ることです。

キノサン
高く売る方法を知らないと、リセールの高い車も宝の持ち腐れですね。

ディーラーの下取りと中古車買取サービスを比較した場合、実に90%以上の確率で中古車買取サービスの方が10万円以上高く買取りができます。

ここでは、中古車査定士である筆者が自分の車を売る際にも使う買取サービスを紹介するので、車を高く売りたい人は参考にしてみてください。

【すぐ手放せるなら】価格が競り上がる「オークション形式」

価格だけを追い求める場合、車売却のトレンドとして「オークション形式」が増えています。(実際に価格も競り上がるので高い)

「オークション形式」とは、最初に1度の査定をして、そのデータに対し複数の業者がWeb上でオークションの様に入札してくる方式のこと。

オークションの結果が満足いく価格に達しなかった場合は無料でキャンセルもできます。

現在このサービスが利用できるのは、楽天Carオークションユーカーパックの2社のみ。

メリットは買取額が高いこと、デメリットはエリアが限定されること(地方は一部不可)、早めに車を手放さなければいけないことになります。

キノサン
ユーカーパックは落札後の入金確認から8日以内に車の引き渡し。
アシスタント
サポート
楽天は1ヵ月の猶予があるので、楽天の方が余裕を持てますね。

入札業者数はユーカーパックが多い(8,000社)ですが、楽天はポイントが貯まったり余裕を持てたりと一長一短です。(楽天の業者数は2,000社)

価格は期待できるので「すぐに手放せる人」にはおすすめです。※査定が一度だけなのも楽。

≫楽天Carオークション

≫ユーカーパック

 

【すぐに手放せないなら】引渡し時期などの融通が利く「一括査定」

しかし実際には「すぐに車を引き渡せる人」ばかりではないですよね。

  • 次の車の納車時期がはっきりしていない
  • 次に買う車で迷っている
  • 買取額を元にディーラーと商談したい

という人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時は、引渡し時期など条件を各業者と交渉できる一括査定がおすすめです。

一括査定は多数の業者に見積もり依頼が出せる一方で、各業者の対応に手間がかかるというプラスとマイナスの両面を持ち合わせています。

手間がかかるというデメリットはあるものの、各業者が互いを意識して良い価格を出してくるので買取額としては好条件が期待できます。

一括査定ではより多くの店舗に査定依頼して比較することが重要で、業界最大数の最大30社に一度に依頼できるのがカーセンサーの一括査定です。

とはいえ「比較する時間があまりない」「営業電話がしつこい」という場合は、全国600の買取店から1番高い会社だけを比較して紹介してくれるイカプラを使いましょう。

≫カーセンサーの一括査定

≫イカプラ

 

リセールの高い中古車の選び方

リセールバリューを意識したアクアの中古車の選び方としては、

  • 新型の上位グレードを選ぶ
  • 旧型後期のH29年式、H30年式あたりを選ぶ

のがおすすめ。

理由を解説します。

新型の上位グレードを選ぶ理由

正直新型の中古車を選ぶぐらいなら、新車を買ってもほぼ差はありません。

なので新車の納期が早い場合は新車を選択するのもありです。

これまででお伝えした様に、リセールはグレードと色や装備で若干差が出ます。

その為中古車を選ぶ場合でも後々売る時に、高い査定額が出そうな仕様を選ぶのがポイントとなります。

また新型を購入する場合は、「マイナーチェンジ等で早めに乗り換える」か「乗り潰す」のどちらかがおすすめ。

リセールが高くはない車なので、ずるずると持っていても市場に車がどんどん増え、1台当たりの価値はどんどん下がっていきます。

戦略を持って乗ることも意識してみましょう。

旧型後期の4~5年落ちが良い理由

旧型アクアは高年式(登録から1~3年)は毎年大きめに価値が下がっていきます。

それが4~5年落ちになると毎年の落ち幅が少し小さくなります。

モデルは後期で同じでも、毎年の価値の落ち幅が小さい4~5年落ちを狙うのがおすすめの考え方です。

しかしこちらも今後のマイナーチェンジ等では価値が大きめに落ちていきます。

早めに乗り換えるか、最後まで乗り潰すかをある程度考えた上で入った方が良いのは、新型の中古車を狙う場合と変わりません。

【アクアの中古車を探すなら】販売店の非公開在庫もチェックしよう!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスに登録するのがおすすめです。

一般市場に公開される前の「非公開在庫」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に早くリーチできます。(登録は無料)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスです。

キノサン
いい車は早い者勝ち。欲しい車がある人は早めの登録がおすすめです。
\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
アクアの非公開在庫を見る

 

まとめ

以上、アクアのリセールバリューについての紹介でした。
新型アクアはまずまずのスタートを切ったので、初めのマイナーチェンジまでは高めのリセールが続いてもおかしくはありません。
しかし今後法人が徐々に入れ替えていくはずなので、それにも伴いリセールはだんだんと下落していく可能性が濃厚です。
グレードを高めに設定して、ぜひリセールの高いアクアの乗り継ぎを実現してみてください。

***

最後に個別の乗換え相談サービスのお知らせです。

お知らせ(個別の乗換相談)

〈お知らせ〉

本ブログはリセールを中心とした発信ですが、個別の乗換え相談も承っています。

  • 欲しい車の中で将来的なリセールを考えると、どれがおすすめ?
  • 装備やオプション、乗り換え時期の考え方
  • 下取り車が狙える現実的な買取額

などの質問対して、3000文字まで、画像付きでお答えしています。

1回と2回があるので、聞きたい内容や状況に応じて使い分けて頂ければと思います。

リセールを重視した乗り換えがしたいが、あまり詳しくなくプロのアドバイスが欲しい、という方におすすめです。

ココナラ

※お届け日数は質問内容によります。初回の質問に対する回答は最短12時間以内〜最長2日の予定です。※お急ぎの方は事前にダイ…

本記事は以上となります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

良いカーライフを。