アクアのリセールバリューが気になる!新型のポイントも解説!

アクアのリセールバリューが気になる!新型のポイントも解説!

「アクアのリセールバリューが気になる!」

そんな方にぴったりの記事です。

遂にフルモデルチェンジして2代目が発売されたアクア。

新型アクア
参照元:トヨタ自動車
新型アクア
参照元:トヨタ自動車

外装はそれほどですが、内装が特に大きく変化しました。(DA、運転席ディスプレイ、トヨタセーフティセンス、シフト位置、スマホ置き場など)

今回はそんな「アクアのリセールバリュー」について詳しくお伝えしていきます。

過去のアクアのリセールから、新型アクアの購入・リセールのポイントについて解説するので参考にしてみてください。

【結論】アクアのリセール

経過年数・グレード別のリセール

参照元:グーネット

リセールバリューを経過年数とグレード別に見ていきます。

3年後のリセール:残価率52%

参照元:グーネット

3年後のリセールを3年落ちのオークション相場から解説します。

3年落ちはモデルチェンジ前の10系後期。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月のオークションデータより
  • 平成30年式、装備と色は絞り込みなし
  • 事故歴なし、内外装の状態良好として
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
L1,785,240円
0.4~14.0万km
88件
95~45万円
60万円
34%
S1,886,760円
0.2~13.3万km
428件
60~130万円
80万円
42%
Sスタイルブラック1,979,640円
0~11.4万km
293件
56~135万円
105万円
53%
クロスオーバー2,052,000円
0.1~10.5万km
65件
105~160万円
133万円
65%
G2,052,000円
0.3~10.9万km
44件
70~138万円
105万円
51%
Gソフトレザーセレクション2,079,000円
0.3~9.7万km
29件
78~140万円
110万円
53%
G GRスポーツ2,322,000円
0.8~7.6万km
18件
100~175万円
145万円
62%
G GR17インチパッケージ2,527,000円
0.7~13.1万km
39件
95~185万円
150万円
59%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【3年後の平均残価率】

52% ★★☆☆☆

「クロスオーバー」や「G GRスポーツ」のリセールが高いですが、全体的には低めです。

ちなみにこのリセールは新型が発売される影響をまだ受けていません。(過去半年間相場はほぼ変わらず)

タマ数そのものが多いことや、販路の関係で自然と出来上がったリセールです。

新型が発売され、納車され始めるとここから更にリセールが落ちます。

5年後のリセール:残価率31%

参照元:グーネット

5年後のリセールを5年落ちのオークション相場から解説します。

5年落ちは10系中期。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月のオークションデータより
  • 平成28年式、装備と色は絞り込みなし
  • 事故歴なし、内外装の状態良好として
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
L1,761,382円
0.6~15.0万
476件
10~56万円
30万円
17%
S1,887,055円
0.2~14.8万km
766件
10~100万円
50万円
26%
G2,007,818円
0.4~14.6万km
129件
23~111万円
67万円
33%
Gブラックソフトレザーセレクション2,090,291円
1.3~14.5万km
51件
20~111万円
67万円
32%
Xアーバンソリッド2,155,091円
0.2~10.8万km
93件
35~111万円
80万円
37%
G G’s2,431,963円
0~12.9万km
150件
45~140万円
100万円
41%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【5年後の平均残価率】

31% ★☆☆☆☆

 

7年後のリセール:残価率20%

参照元:グーネット

7年後のリセールを7年落ちのオークション相場から解説します。

7年落ちは10系前期。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月のオークションデータより
  • 平成26年式、装備と色は絞り込みなし
  • 事故歴なし、内外装の状態良好として
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
L1,748,572円
2.2~14.9万km
78件
5~40万円
15万円
9%
S1,861,715円
0.5~14.7万km
681件
5~78万円
33万円
18%
G1,923,428円
0.4~14.9万km
224件
10~70万円
35万円
18%
Gブラックソフトレザーセレクション2,005,714円
0.9~14.8万km
151件
11~75万円
45万円
22%
G G’s2,283,429円
0.7~14.9万km
180件
25~111万円
70万円
31%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【7年後の平均残価率】

20% ★☆☆☆☆

 

アクアのリセールの特徴

ここまでのリセールをまとめます。

経過年数残価率
R3/7:11系にフルモデルチェンジ
3年落ち(H30年)
10系後期
52%
★★☆☆☆
H29/6:後期モデルにマイナーチェンジ
5年落ち(H28年)
10系中期
31%
★☆☆☆☆
H26/12:中期モデルにマイナーチェンジ
7年落ち
10系前期
20%
★☆☆☆☆

フルモデルチェンジがあったとはいえ、かなり厳しいのがアクアのリセール。

どこかの時点でリセールが一気に下がるというのではなく、最初っからリセールが落ちるタイプです。

リセールはここで落ちる

代表的なグレードにてリセールがどこで落ちるのかを把握しましょう。

モデル
(グレード)
平均買取額
(前年との差)
当年もの
(S)
なし
1年落ち
(S)
115万円
(残価率60%)-①
2年落ち
(S)
90万円
(−25万円)-②
3年落ち
(S)
80万円
(−10万円)
H29/6:後期モデルにマイナーチェンジ
4年落ち
(S)
60万円
(−20万円)-③
5年落ち
(S)
50万円
(−10万円)
6年落ち
(S)
50万円
(±0)
H26/12:中期モデルにマイナーチェンジ
7年落ち
(S)
33万円
(−17万円)

アクアのリセールのポイントは下記3点です。

①1年落ちからリセールが低い

1年落ちで新車時残価率60%というのはかなり低い数値。

これは算出したグレード「S」に限らず全てのグレードに言える特徴です。

新車で購入後すぐに大きくリセールが落ちます。

②高年式では1年毎に大きく落ちる

1年落ち→2年落ちの1年で約25万円も下落しています。

①に続き、購入後1年、2年で大きくリセールが落ちてしまいます。

③マイナーチェンジで大きく落ちる

次に大きく落ちているタイミングがマイナーチェンジです。

80万円だったものが60万円まで落ちるので、割合としては20%以上落ちていることに大きいインパクトです。

アクアの中古車輸出

アクアの中古車輸出先について。

型式
NHP10モーリシャス
パキスタン
キプロス
トリニダード・トバゴ
東ティモール
バングラデシュ
ジャマイカ
ロシア
ケニア
スリナム
バハマ
ニュージーランド
UAE
タンザニア
アイルランド
香港
英国
マルタ
ジョージア
セントルシア
キリバス

多くの国に行っていますが、国内では流通しないような過走行車両や状態が悪い車両が比較的安い価格で行っているだけです。

全体的なリセールが低い背景には、海外勢が高い価格で買っていないということが要因の一つとしてあります。

 

リセールの高いアクアの仕様

今後、アクアを購入する際のポイントについて説明します。

アクアを新車で買う

新型アクアのグレード構成は下から「B」「X」「G」「Z」の4種類。

これまでの傾向からいくと、高グレードなほど後々リセールが高くなる傾向にあるので、最低でも「G」、できれば「Z」がおすすめです。

これは個人のみならず法人使用でも言えることで、特に走行距離が多くなる場合等はリセールを気にしてグレードを決めた方が確実に後々有利です。

アクアはKINTOもありな車種

アクアに乗るなら、【KINTO】で乗るのもおすすめです。

KINTOはご存知の方も多い、トヨタのサブスク。

アクアがKINTOに向いている理由は、「序盤で一気にリセールが下がる為」です。

前半でも説明しましたが、アクアはざっくり言うと3年で価値が半分になり、5年で価値が新車の30%になります。

新型アクアの「Z」(2WD)の新車価格は240万円で、3年で価値が半分になると、120万円(毎月約33,000円)の価値が失われることを意味します。

そこにキズの修理や、万が一の事故の際の保険料まで考えるとKINTOの方が安心ということになります。(KINTOはフリート契約のため自動車保険が安く、万が一の事故があっても等級が下がらない)

 

 

 

まとめ

アクアのリセールバリューのまとめ
マイナーチェンジと共に順調に落ちていくリセールバリュー

アクアのリセールバリューは、ハイブリッドカーとしては決して高いとは言えないということがわかりました。

特に現行モデルである3年経過時点での49%、またその後順調に落ちていくのが非常に特徴的です。

・アクアのリセールバリューは低い

・これから買うならエアロ系(GRスポーツ)又はクロスオーバーがオススメ

・新車でG’sを購入した場合、比較的高いリセールが期待できる。中古車で購入する場合は割高になるので注意。

アクアを買う場合はエアロ系一択ということですね。
経過年数が経っているアクアは安くなっているので、中古車としては狙い目です。
キノさん
最後までお読み頂きありがとうございました。エアロ系は見た目もカッコよく、リセールも高いのでオススメ。
あわせて読みたい

「リセールバリューの高い車を知りたい」そんなあなたにぴったりの記事です。 こんにちは、車のリセールバリューマニアのキノさんです。本記事では私が調査したデータから、リセールバリューの高い車をランキング[…]

【2020年11月更新】リセールバリューの高い車ランキング・TOP20