車の10年後のリセールバリューってどんな感じ?詳しく調査してみた

車の10年後のリセールバリューってどんな感じ?詳しく調査してみた

10年落ちの車のリセールってどれくらい?

10年乗っても高く車ってあるの?

本記事はこんな疑問をお持ちの方におすすめです。

こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。

今回は「車の10年後のリセールバリュー」というテーマで詳しく解説していきます。

発売から10年で今も販売中という車種自体が少ないですが、10年経ってもリセールが高い車などを紹介していきます。

比較的長く車に乗りたい!という方はぜひ参考にしてください。

【下取りで車を安く手放していませんか?】車を売るなら下取りより買取が99%お得!

\【査定は無料】大手の見積りを簡単比較/
カーセンサーの一括査定はこちら

10年後の車のリセールは?

10年後の車のリセール

まず結論から言うと、10年後の車のリセール(残価率)平均は新車価格の10~20%ぐらいが平均と言えます。

キノサン
残価率とは買取相場/新車価格(%)で値持ちの良さを表しています。

つまり、新車カタログ値400万円の車であれば、10年後の買取相場は40万円〜80万円ぐらいということ。

そして10年後のリセールにおけるポイントは、中古車輸出の需要。

海外からの引き合いの多い車は10年後のリセールが高く、そうでない車種は低くなります。

その為海外でもブランドとして強い、トヨタ車が有利になることが多く、実際にこの後紹介するリセールランキングでも上位はトヨタ車が占めます。

とにかく、

  • 10年後の残価率は大体20%が平均
  • 輸出需要の高い車種の方が高い

ということを覚えておきましょう。

 

10年後の残価率ランキング

筆者が集計した10年落ちにおける残価率ランキングです。

10年前に発売されていない車種や、今現在発売されていない車種は対象外としています。

順位車種残価率
🥇1位トヨタ・ランクルプラド48%
🥈2位トヨタ・ランドクルーザー42%
🥉3位ベンツ・Gクラス37%
4位スズキ・ジムニー33%
5位スズキ・ジムニーシエラ31%
6位トヨタ・アルファード28%
7位トヨタ・ハリアー19%
7位レクサス・RX19%
7位レクサス・IS19%
10位トヨタ・RAV417%
10位トヨタ・ヴェルファイア17%

と続きます。

ほぼトヨタ車ですね!

上位5車種は特にリセールに強い人気車種なので特殊ではあります。

全体的にリセールに対して燃費を犠牲にしている感があり、走行距離が多いユーザーにとっては不利ですが、SUVが全体的には強いと言えるでしょう。

▼参考記事
リセールバリューの高いSUVはこれだ!ランキングで詳しく紹介

あわせて読みたい

この記事のまとめ・リセールバリューの高いSUVをプロの査定士がランキングにして紹介!・3年、5年、7年落ちに分けているので保有する年数に合わせた車種を知ることが可能・記事の後半で車種別の特徴を紹介。これであなたもSU[…]

リセールバリューの高いSUVはこれだ!ランキングで詳しく紹介

せっかくなので各車種を詳しく紹介します。

 

1位:トヨタ/ランクルプラド

参照元:グーネット
10年後の残価率:48%

10年後のリセールバリュー1位はトヨタのランドクルーザープラド。

「車のリセールと言えば!」というぐらいリセールは高く、どのリセールランキングも上位に入っている車種ですね。

▼参考記事
リセールバリューの高い車をランキングで紹介【全車種・最新版】

あわせて読みたい

「リセールバリューの高い車に乗りたいけれど、どの車が何年後にどのくらいリセールがあるのかわからない。。」そう思うことってありませんか?こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回は私が書いている車のリセールバリュー[…]

【2020年11月更新】リセールバリューの高い車ランキング・TOP20

10年後のことを考えるとディーゼルの方が有利になりやすいですが、短期では圧倒的にガソリンの方が有利です。

更に細かなオプションなどもリセールに影響してくるので、何年間乗るかということを考えた上で、モデルを選ぶのがおすすめです。

▼参考記事
ランクルプラドのリセールを徹底解説!5年後の脅威の残価率!

あわせて読みたい

プラドのリセールって何がどういいの? 70周年モデルのリセールバリューは? フルモデルチェンジがあったらどうなる?こんな疑問をお持ちではありませんか?こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。[…]

ランクルプラドのリセール/残価率を70周年モデルも含めて解説

 

2位:トヨタ/ランドクルーザー

参照元:グーネット
10年後の残価率:42%

プラドより一回り大きいランドクルーザーも昔からあるトヨタ鉄板の高リセールSUVです。

100系→200系ときて今年300系がフルモデルチェンジして発売となりました。

200系は13年間続いたモデルの為、300系も息の長いモデルになることが予想されます。

こちらも今から10年を見越して入るならディーゼルモデルの方が有利かもしれません。

しかし5年前後の短期で見た場合、特にパキスタン向けの輸出としてガソリンモデルが活況なので、こちらも出口を見越してモデルを決める様にしましょう。

▼参考記事
ランクル300のリセールはどうなる?200系の相場から傾向を分析

あわせて読みたい

近年、稀に見る納車待ちとなったランクル300系のデビューから数ヵ月、みなさまいかがお過ごしでしょうか。こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。14年ぶりフルモデルチェンジの影響か、リセール高騰の影響か、オーダーが半端ないこ[…]

ランクル300のリセールはどうなる?200系の相場から傾向を分析

 

3位:メルセデスベンツ/Gクラス

参照元:グーネット
10年後の残価率:37%

3位はベンツのリセールキング、Gクラスです。

現行モデル(2018~)のリセールなんてとんでもないことになっており、最早手に入れることが難しい。

そんなゲレンデなので、10年経ってもリセールは鉄板と言えるレベルで残っています。

また前モデルは24年間同一モデルが続いた為、現行のモデルもまだまだ続く今はまだ序章と言えるあたり。

手に入れるのは難しいですが、先々を見据えた場合持っていても損はない輸入車だと言えるでしょう。

▼参考記事
ベンツGクラス(ゲレンデ)のリセールをオークション相場から解説!

あわせて読みたい

「Gクラスのリセールってどうなの?」「リセールの高いモデルやパッケージは?」こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回はそんなGクラスが気になる方に向けて、10年落ちまでのリセールバリューやリセールの[…]

ベンツGクラス(ゲレンデ)のリセールをオークション相場から解説!

 

4位:スズキ/ジムニー

参照元:グーネット
10年後の残価率:33%

4位はスズキの鉄板車ジムニー。

新型発売から3年以上経過していますが、まだ需要に応えられていないのかよ、と言った感じで需給バランスが合っていない状況。

そのうちバランスが取れてくるとは思いますが、それにしても前モデルもまぁまぁのリセールがあるので、持ってても腐らない車の一つ。

▼参考記事
ジムニーのリセールバリューを中古車査定士が詳しく解説

あわせて読みたい

この記事のまとめ・ジムニーのリセールバリューをプロの中古車査定士が詳しく解説!・新車から3年〜10年経過時の残価率や下取り・買取相場の目安がわかります!・リセールの高いグレードや色、査定の時に差がつく装備等も紹介![…]

【中古車査定士が教える!】ジムニーのリセールバリューを徹底解説

 

5位:スズキ/ジムニーシエラ

参照元:グーネット
10年後の平均残価率:31%

5位はジムニーが登録車になったジムニーシエラ。

初期投資額がジムニーに比べ上がるので若干リセールが落ちますが、それでも10年落ちでも高い残価率を持っています。

▼参考記事
ジムニーシエラのリセールを中古車査定士が詳しく解説

あわせて読みたい

この記事のまとめ・ジムニーシエラのリセールバリューをプロの中古車査定士が詳しく解説!・新車から3年〜10年経過時の残価率や下取り・買取相場の目安もわかります!・リセールの高いグレードや色・装備、査定の時に差がつくポイ[…]

【中古車査定士が教える!】ジムニーシエラのリセールを徹底解説

 

6位:トヨタ/アルファード

参照元:グーネット
10年後の平均残価率:28%

トヨタの有名なミニバン・アルファードの10年後のリセールは、ガソリンよりもハイブリッドの方が有利。

共に輸出需要の高い車ではありますが、長期で乗るか短期で乗るかでモデル選択が変わってきたりします。

短期であれば俄然ガソリンモデルの方が有利。

またそろそろフルモデルチェンジの足音が聞こえてきており、新型のリセールバリューにも大注目です。

▼参考記事
アルファードのリセールと残価率を解説!必要なオプションやグレードはこれ

あわせて読みたい

アルファードのリセールってどうなの? リセールが高くなる為のポイントは? タイプゴールドのリセールは今後どうなる?こんな疑問をお持ちではありませんか?こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。[…]

アルファードのリセールと残価率を解説!必要なオプションやグレードはこれ

 

7位:トヨタ/ハリアー

参照元:グーネット
10年後の平均残価率:19%

ハリアーもトヨタの中ではリセールが安定した高い車種です。

ガソリンもハイブリッドも輸出需要が多いので、走行距離が増えてもいつまでも比較的高く売れるイメージがあります。

しかし本当のハリアーの強みは7年落ちまでが本当に高く売れる(値段が下がらない)というところ。

誰しもが乗りやすく、人気もある万能型の車です。

▼参考記事
新型ハリアーのリセール・残価率を解説!5年後に最も有利なグレードは?

あわせて読みたい

・ハリアーのリセールバリューってどう?・5年後の残価率はどれぐらい?・ガソリンとハイブリッドのリセール差は?こんな疑問をお持ちではないでしょうか?こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回はトヨタ/ハリアーの[…]

新型ハリアーのリセール・残価率を解説!5年後のリセールはどうなの?

 

8位:レクサス/RX

参照元:グーネット
10年後の平均残価率:19%

RXもレクサスの中では歴史が古く、かつ現在も発売中のリセールが高い車。

SUVということで輸出需要が高く、走行距離が増えても意外とリセールが落ちにくい傾向があります。

ただし高額車故、モデルチェンジでのリセール落ちは激しいものがあるので、できればモデルチェンジを気にしながら乗り換えたいところです。

▼参考記事
レクサスRXのリセールと残価率/これからのRXの狙い方

あわせて読みたい

レクサスRXのリセールってどうなの? リセールの高い仕様やオプションは?こんな疑問をお持ちではないでしょうか?こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回は、レクサスRXのグレード別のリセール[…]

レクサスRXのリセールと残価率を中古車査定士が詳しく解説

 

9位:レクサス/IS

参照元:グーネット
10年後の平均残価率:19%

意外とISはレクサスの中でも昔からのモデルでかつ現役のミドルレンジ車種。

セダン故高年式時のリセールはそれほど高くありませんが、意外と年数が経っても廃車の様に値段が落ちることもありません。

RXと同じですが、モデルチェンジでの下げは大きいので、現行モデルをできれば乗り継ぐのがおすすめの方法だと言えます。

▼参考記事
レクサスISのリセールは高い?中古車査定士が徹底解説します!

あわせて読みたい

ISのリセールバリューってどうなの? リセールの高いグレードやオプションは?こんな疑問をお持ちではないでしょうか?こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回は、レクサスISのグレード別のリセ[…]

 

10位:トヨタ/RAV4

参照元:グーネット
10年後の平均残価率:17%

RAV4は実は昔から輸出需要の高い車種。

この前のモデルチェンジで見た目もカッコよくなったので、リセールバリューは更に高まりました。

今から10年を考えるとまたフルモデルチェンジが入る可能性はありますが、それでも前モデルより高いリセールが期待できるでしょう。

▼参考記事
RAV4のリセール・残価率を詳しく紹介!今最もおすすめな車である理由

あわせて読みたい

RAV4のリセールバリューってどう?リセールの高いグレードや装備は?今回はそんな「RAV4のリセールバリュー」について詳しく紹介していきます。こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。2年前にフル[…]

RAV4のリセール・残価率を詳しく紹介!今最もおすすめな車である理由

まとめ

ということで以上、「車の10年後のリセールバリューってどんな感じ?詳しく調査してみた」の内容になります。

10年後の車のリセールは高いものから当然低いものまでありますが、故障リスクや維持費、価値の減少を考えると、適度なところで乗り換えるのもおすすめです。

広く言えるのは現行モデル毎に乗り換えれば、メーカー保証も効くので安心で、かつ比較的高く売れる為手出しもそんなに必要でなかったりします。

長期を見越して車を愛用することも重要ですが、新しいメカニズムや新しい車に乗る楽しさも感じながら良いカーライフを送りましょう。


最後に筆者より、車が高く売れるおすすめの買取サービスと、個別の乗換え相談のご案内です。

査定士お薦め‼︎車を高く売る方法

リセールバリューを大事にする上で重要なことは、その車をしっかり高値で売却することです。

キノサン
リセールの高い車を安く手放してしまっていては意味がありませんよ。

ここでは中古車査定士の筆者が自分の車を売る際にも使うおすすめの買取サービスを紹介します。

査定は無料なので、色々試してみて車を売る(高く売る)ことに慣れていきましょう。

【競り上がれば価格は青天井】手間がかからない「オークション形式」

「オークション形式」での売却は、今増えている試してみる価値のある売却方法です。

「オークション形式」とは、最初に1度の査定をして、そのデータに対し複数の業者がWeb上でオークションの様に入札してくる方式のことです。

現在このサービスが利用できるのは、楽天Carオークションユーカーパックの2社のみ。

もしオークションの結果が満足いく価格に達しなかった場合は無料でキャンセルもできます。

メリットは買取額が高いこと、デメリットはエリアが限定されること(地方は一部不可)、早めに車を手放さなければいけないことになります。

キノサン
ユーカーパックは落札後の入金確認から8日以内に車の引き渡し。
アシスタント
サポート
楽天は1ヵ月の猶予があるので、多少余裕を持てると言えますね。

入札業者数はユーカーパックが多い(8,000社)ですが、楽天はポイントが貯まったり引渡しに余裕が持てたりとそれぞれ特徴が違います。
(楽天の業者数は2,000社)

価格は期待できるので「1ヵ月以内に車が手放せる人」にはおすすめの売却方法です。

≫楽天Carオークション

≫ユーカーパック

 

【売却時期が先なら】引渡し時期などの融通が利く「カーセンサーの一括査定」

しかし実際には「すぐに車を引き渡せる人」ばかりではないですよね。

  • 次の車の納車時期がはっきりしていない
  • 次に買う車で迷っている
  • 買取額を元にディーラーと商談したい

という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時は、引渡し時期など条件を業者と交渉できるカーセンサーの一括査定がおすすめです。

一括査定は多数の業者に見積もり依頼が出せる一方で、各業者の対応に手間がかかるというプラスとマイナスの両面を持ち合わせています。

手間がかかるというデメリットはあるものの、各業者が互いを意識してMAX額を出してくるので買取額としては良い金額が期待できます。

そんな一括査定のポイントは業者数です。

正直どの業者が1番高いかは毎回わかりません。その為最も多くの業者にまとめて依頼ができるカーセンサーの一括査定が効果的と言えるのです。

納車の時期まで車が使えたり、車は先に渡して代車を出してくれるなど買取店によって対応は様々なので、細かい条件は個別に確認をしましょう。

≫カーセンサーの一括査定

 

【外車/輸入車を売却するなら】「輸入車買取の専門店」に査定を依頼しよう

外車/輸入車を売却する際は、輸入車買取専門の外車マスター輸入車.comがおすすめです。

買取店にとって軽自動車と普通車は国産車として見方が同じですが、外車/輸入車は相場のブレやマーケットの違いなどやや勝手が異なります。

また普通の買取店は輸入車を買取りした場合、業者オークションに出すのが一般的。

その為買取額として提示できるのはオークションで利益が出る範囲内に限定される訳です。

しかし輸入車買取専門店では、そのまま商品車として並べられる為、オークションを通すコストの分だけ高額査定が出せるのです。

特に!高額になればなるほどその差は大きくなります。メンテナンスも買取も、基本的に輸入車は専門店に見てもらうのがおすすめ。

≫外車マスター

≫輸入車.com(ドットコム) 

 

リセールを意識した車の乗換相談

本ブログはリセールを中心とした情報発信ですが、個別の乗換え相談も承ります。

次の車のリセールが高い仕様や下取り車の狙える買取最高額など、車の売買に関することをなんでもご相談頂けます。

回答は実際のデータを用いてわかりやすくお伝えしています。(過去例もあります)

効果的な車の乗り換えをしたいと思う方はぜひ色々ご相談ください。

ココナラ

※お届け日数は質問内容によります。初回の質問に対する回答は最短12時間以内〜最長2日の予定です。※お急ぎの方は事前にダイ…


本記事は以上となります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

良いカーライフを。