ベンツGクラス(ゲレンデ)のリセールをオークション相場から解説!

ベンツGクラス(ゲレンデ)のリセールをオークション相場から解説!

「Gクラスのリセールってどうなの?」

「リセールの高いモデルやパッケージは?」

こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。

今回はそんなGクラスが気になる方に向けて、10年落ちまでのリセールバリューやリセールの高い仕様・グレードをまとめました。

今中々手に入らない現行モデルのオークション相場や、AMG Gクラスのリセールも紹介していますので、Gクラスに興味がある方におすすめです。

【結論】ベンツGクラスのリセールは

Gクラスのリセールは「とても高い」です!

【特徴】

リセール
バリュー
リセールに影響するオプションおすすめの売却タイミング
とても高いあり・高額モデルチェンジ

簡単に説明していきます。

【リセール:とても高い】

現行型から10年経過時までの残価率が下記です。

キノサン
残価率とは買取相場/新車価格(%)で値持ちの良さを表しています。
経過年数ベンツGクラスAMG Gクラス
現行型/H30以降113%97%
H30/6 フルモデルチェンジ
3年落ち/H30年式70%
★★★★☆
61%
★★★☆☆
5年落ち/H28年式61%
★★★★☆
53%
★★★☆☆
7年落ち/H26年式51%
★★★★☆
43%
★★★☆☆
10年落ち/H23年式37%

今回ベンツGクラスとAMG Gクラスを調べていますが、総合的にベンツGクラスの方がリセールは上。

また現行型の残価率は100%超えの状況です。

キノサン
グレード平均であることと、各パッケージ費用などは考慮していません。

型落ちを見てもどの年次もリセールが高く、10年落ちでも37%の残価率と車そのものの価値が高いことがわかります。

アシスタント
サポート
全車種・輸入車の中でもかなりリセール上位に位置します。
あわせて読みたい

「リセールバリューの高い車を知りたい」そんなあなたにぴったりの記事です。 こんにちは、車のリセールバリューマニアのキノさんです。本記事では私が調査したデータから、リセールバリューの高い車をランキング[…]

【2020年11月更新】リセールバリューの高い車ランキング・TOP20

 

【オプション:あり・高額】

リセールに影響するオプションとして主に「AMGライン」があります。

ベンツAMGライン
ベンツHPより

特別仕様の「G400dマヌ」や「ストロンガーザンタイム」など既にオプション盛り盛りの仕様もありますが、パッケージオプションとしては有名。

選択できる場合はつけるのがおすすめ。

大きなところとしては「AMGライン」「ラグジュアリーパッケージ」が多く、価格と内容を考慮してこのあたりを検討するといいでしょう。

キノサン
パッケージオプションは色々設定があるので、モデル・グレード別に調べましょう。

 

【売却タイミング:モデルチェンジ前】

Gクラスの売却タイミングはモデルチェンジ前には手放すことを推奨。

前回のフルモデルチェンジでは型落ちモデルのリセール落ちが大きく(数百万円)、今後マイナーでも多少影響がある可能性もあります。

とはいえ残価率としての減少分はそこまで大きくないですが、落ちる額はそこそこ大きいのでモデルチェンジ前に検討するのがおすすめです。

 

Gクラスの中古車なら業者の非公開在庫もチェックしよう!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんなことはありませんか?

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを上手く活用するのがおすすめ。

ガリバーが無料で膨大な数のユーザー買取車両と、オークション仕入車両の中から希望の車を探してくれます。(もちろん非公開車両からも)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もあり、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任の担当者つき。「まだ探している段階」でも全然OK、無料で探してくれるので断然お得!

アシスタント
サポート
ガリバーは外車専門ブランド(リベラーラ)も持っているので期待大。
\ 【登録は無料】プロの力を借りよう /
ベンツGクラスの非公開在庫を見る

 

では次にグレード別のリセールバリューを紹介していきます。

経過年数/グレード別のリセール

参照元:グーネット

ベンツGクラスの経過年数とグレード別のリセールを紹介します。

【調査条件・環境】
・過去3ヵ月のオークションデータより
・装備と色は絞り込みなし
・事故歴なし車両状態比較的良好

現行型のリセール:残価率113%

現行型(W463系、FMC後)です。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
G350d11,920,000円
0~5.8万km
69件
1200~1600万円
1430万円
120%
G350dマヌファクトゥーアエディション15,490,000円
0~1.1万km
9件
1500~1700万円
1600万円
103%
G400d12,890,000円
0~0.7万km
5件
1600~1800
1700万円
132%
G400dストロンガーザンタイム0.6~0.7万km
2件
2050万円
G400dマヌファクトゥーアエディション0~0.8万km
23件
1760~1900万円
1820万円
G55016,320,000円
0~2.1万km
9件
1400~1650万円
1550万円
95%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【現行型の平均残価率】

113% ★★★★★

2020年後半より400dが発売。

350、400ともにリセールがいいですが、中では550が比較的厳しいでしょう。

どのグレードもAMGラインは標準装備レベルで装着、他のパッケージもそれなりについている為オプション費用は嵩みますがそれにしても十分。

40台限定のストロンガーザンタイムやマヌファクトゥーアエディションも高い残価率となっています。

 

3年後のリセール:残価率70%

参照元:グーネット

3年落ち(W463系:FMC前)です。

同年(2018年)6月フルモデルチェンジで、データ数の関係から4年落ちも含めます。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
G350dヘリテージエディション11,900,000円
0.3~7.9万km
13件
750~1100万円
950万円
80%
G350dデジーノマヌファクトゥーアエディション12,690,000円
0.8~7.4万km
6件
770~1000万円
900万円
71%
G350d10,800,000円
0.6~10.8万km
63件
650~1000万円
800万
74%
G55015,620,000円データなし

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【3年後の平均残価率】

75% ★★★★☆

型落ちとなりますが、十分なリセールと言えます。

G550のオークションデータはなく、売れているのはほぼG350だと予想。

新車が手に入りにくい今、手が出やすいのはこのあたりかもしれません。

 

5年後のリセール:残価率61%

参照元:グーネット

5年落ち(W463系:FMC前)です。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
G350d10,700,000円
1.0~8.3万km
52件
660~900万円
770万
72%
G55015,300,000円
1.5~16.5万km
5件
550~800万円
750万円
49%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【5年後の平均残価率】

61% ★★★★☆

3年落ちとモデルが同じな為、350dは大きくは変わらず。

550の残価率はやはり350に比べ厳しいですね。

 

7年後のリセール:残価率51%

参照元:グーネット

7年落ちです。

W463系フルモデルチェンジ前の、中期モデルです。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
G350ブルーテック9,980,000円
3.1~18.4万km
27件
500~700万円
600万
60%
G55014,160,000円
3.2~5.4万km
3件
600~700万円
650万円
46%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【7年後の平均残価率】

53% ★★★★☆

7年落ちでも中々落ちません。

輸入車の中でもここまでの残価率の車は限られてきます。

 

10年後のリセール:残価率37%

参照元:グーネット

10年落ちです。

間にマイナーチェンジがあり、もう一つ前になります。

この時は550しかありません。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
G550ロング13,400,000円
4.7~8.4万km
4件
440~520万円
500万円
37%

※新車価格は当時の価格

【10年後の平均残価率】

37%

550でこれなので、350dや400dであれば40%以上が出る可能性があります。

キノサン
輸入車で10年後40%以上とか、かなりやばい!

 

AMG Gクラスのリセールバリュー

参照元:グーネット

続きまして、AMG Gクラスの経過年数とグレード別のリセールを紹介します。

現行型のリセール:残価率97%

現行型(W463系、FMC後)です。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
G6320,350,000円
0~4.0万km
61件
1700~2500万円
2000万円
98%
G63 マヌファクトゥーアエディション24,800,000円
0.2~1.3万km
9件
2400~2500万円
2450万円
99%
G63 ストロンガーザンタイムエディション24,500,000円
0.1~1.5万km
6件
2200~2400万円
2300万円
94%
G63 エディションマットブラック23,200,000円
1.1~2.3万km
4件
2200~2300万円
2250万円
97%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【現行型の平均残価率】

97%

現行モデルの年式、走行距離、グレードによっては2000万円を超えます。

 

3年落ちのリセール:残価率61%

参照元:グーネット

3年落ち(W463系:FMC前)です。

同年(2018年)6月フルモデルチェンジで、データ数の関係から4年落ちも含めます。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
G6319,710,000円
0.3~6.4万km
16件
850~1400万円
1200万円
61%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

AMG Gクラスの場合、ベンツGクラスと異なり型落ちのリセール落ちがやや大きめです。

殆どの車両にデジーノエクスクルーシブパッケージとその他のオプションがついています。

 

5年後のリセール:残価率53%

参照元:グーネット

5年落ち(W463系:FMC前)です。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
G6319,000,000円
0.6~9.3万km
16件
700~1200万円
1000万円
53%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

3年落ちとモデルは変わりませんが、年数の経過でやや落ちます。

キノサン
ややと言っても200万円落ちてる。

 

7年後のリセール:残価率43%

7年落ちです。

ここもモデルは変わりません。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
G6318,670,000円
2.8~8.4万km
11件
700~950万円
800万円
43%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

2年でまた200万円落ちました。

アシスタント
サポート
AMGは値落ちが大きく長期で保持していても中々価値が上がることはないでしょう。

Gクラスのリセールの特徴

Gクラスのリセールの特徴をまとめていきます。

まずは経過年数別の一覧です。

経過年数ベンツGクラスAMG Gクラス
現行型/H30以降113%97%
H30/6 フルモデルチェンジ
3年落ち/H30年式70%
★★★★☆
61%
★★★☆☆
5年落ち/H28年式61%
★★★★☆
53%
★★★☆☆
7年落ち/H26年式51%
★★★★☆
43%
★★★☆☆
10年落ち/H23年式37%

特に現行のベンツGクラスのリセールがとんでもないことになっています。

年数とともに緩やかに落ちますが、当然ベンツGクラスの方が値持ちはいいでしょう。

キノサン
ここまでリセールの高い輸入車は探しても中々ないね。

リセールが落ちるタイミング

リセールが毎年どの様に落ちていくのかを調査します。

グレードは「G400d、G350d、G350」にて。※特別仕様車等を含む

モデル
(グレード)
平均買取額
(前年との差)
当年もの
(G350d、G400d)
1760万円
(137%)
1年落ち
(G350d、G400d)
1540万円
(−220万円)※①
2年落ち(FMC後)
(G350d)
1350万円
(−190万円)※②
3年落ち(FMC前)
(G350d)
900万円
(−450万円)※③
4年落ち
(G350d)
800万円
(−100万円)
5年落ち
(G350d)
750万円
(−50万円)
6年落ち
(G350)
700万円
(−50万円)
7年落ち
(G350)
630万円
(−70万円)

大きく動いているポイントとなるところを紹介します。

①当年ものが高いのはG400dマヌの影響が大

当年もの(令和3年式)からの1年で大きく落ちています。

令和3年式で高いのはG400dマヌファクトゥーアエディションですが、令和2年式はまだG350dマヌしかなく、その差が価格差になっています。

G400dのマヌやストロンガーザンタイムはこの先もかなりリセールが高く維持されそうです。

②2年落ちの落ちが大きいのは特別グレードがない為

2年落ちが1年落ちに比べ平均190万円落ちていますが、こちらもG350dマヌやストロンガーがないことが影響しています。

2年落ちはG350dAMGラインなどが殆ど。

この様に細かなグレードやパッケージが価格差となって現れている為、同一グレード、パッケージにおける値落ちはそれほどないでしょう。

③フルモデルチェンジの影響は大きい

フルモデルチェンジを挟んで約450万円の価格差ができています。

さすがにフルモデルチェンジを保持したまま超えるのは価値の目減りが大きいですね。

キノサン
もう暫くフルモデルチェンジはないでしょうが、モデルチェンジ前には売りたいですね。

Gクラス購入時のポイント

Gクラス購入時のポイント

リセールバリューを意識した、Gクラス購入のポイントについて紹介します。

新車を購入する場合

Gクラスの新車購入タイミングとしてはあり。

フルモデルチェンジしてまだ3年、Gクラスは中々フルモデルチェンジしないのでこの先も暫く安泰です。

問題はタイミングではなく買えるかどうかになります。

みんカラさんでは下記の様な書き込みもあり、あるのか売る人を厳選しているのか、といった感じ。

Gクラスあるのか?
参照元:みんカラ
キノサン
私がお客さんから聞く話だと欲しくても中々買えないというのはあるみたいです。

グレードは550より400d、350dの方がリセール面で有利。

ハンドルは左でも右でもそこまで影響なさそ、要はタマが手に入るかどうかといったところ。

G400d(マヌ、ストロンガー)が難しくても、G350dAMGライン等でも十分なリセールは狙えるでしょう。

リセールの高い色

どうせなら少しでもリセールの高い色を検討したいですよね。

現行モデルのGクラスのデータから推察します。

台数(シェア)平均価格
パールホワイト(シロ含む)44台(40%)1545万円
クロ42台(39%)1464万円
グレー、シルバー10台(9%)1502万円
Lブルー、アカ、ミドリ、コン13台(12%)1527万円

※G350d、G400dにて n=109

意外と色による差はあまりありません。

台数として多いのはパールホワイト(シロ含む)とクロ、リセールが最も高そうなのはシロ系です。

クロはデータ数が十分ながらそこまでリセールが高くなく、シルバー系やその他の色でもリセールは十分取れます。

特に色でリセールが大きく下がるまで気にする必要はないでしょう。

 

下取車を良い条件で売るコツ

『リセールの高い車を買う』と同時に大切なのは車の売却で損しないこと。

ついつい新しい車のこと(値引きとかオプション)に気を取られますが、数十万円も本来の相場から安く下取り(買取)されているのではさすがに損。

アシスタント
サポート
ディーラーの下取りだけを鵜呑みにしていると十分あり得ます。

日頃から買取している筆者が思うには、車を高く売るのに必要なのは「どこに売却するか」ではなく「どう動くか」です。

これを正しく理解すれば、無駄な手間をかけることなく本来の相場できちんと車が売却できるようになります。

詳しくは『中古車査定士が教える!車を高く売るのに重要なのは方法論ではない、考え方だ。』に記載しているのでぜひ読んでみてください。

あわせて読みたい

こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回は私の本業である「車の買取」について。キノサン燃えてきたぁぁー!単価が大きく流動性の高い車の売買は、儲かる時は利益が大きく、ビジネスチャンスとして様々な会社や[…]

中古車査定士が教える!車を高く売る為に知っておくべき考え方・方法論・コツ

 

中古車を購入する場合

新車が中々買えないとなったら中古にいくしかないですよね。

実際当年ものでも結構な台数がオークションには出品されているので、それなりにタマはあるのだと思われます。(ただ高いだけ)

Gクラスの中古車は現行モデルも型落ちモデルもどちらもおすすめ。

現行モデルはこの先もフルモデルチェンジしない限り大きなリセールの落ちは考えられないので、落ちても緩やかに落ちるのみ。

型落ちモデルは既にフルモデルチェンジしてリセールは落ち止まっているので、ここから更に大きく落ちることは考えにくいでしょう。

しかし1年毎の残価率の落ちのところでも紹介したように、毎年少しずつリセールが落ちることは確実なので、その辺も考慮の上探すのがおすすめです。

【Gクラスの中古車を探すなら】非公開在庫までくまなくチェック!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんなことはありませんか?

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを上手く活用しましょう。

一般市場に公開される前の「非公開在庫」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に早くリーチできます。(しかも無料!)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もあり、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任の担当者つき。「まだ探している段階」でも全然OK、上手く使わないともったいない!

アシスタント
サポート
ガリバーは輸入車ブランド(リベラーラ)も持っているので期待できます。
\ 【登録は無料】中古車探しは効率的に /
Gクラスの非公開在庫を見る

 

リセールに影響するオプション

Gクラスのリセールに影響するオプションについて。

キノサン
細かいことは追いきれないので大きなものをお伝えします。
G400dストロンガーザンタイムはもの自体が少なく、AMGナイトパッケージがついているのもありますが、単体でも十分でしょう。
G400dマヌはAMGラインとラグジュアリーパッケージがついているのがリセールが高くなっています。
その他G350dマヌ、G350dもAMGラインはほぼ必須に近いと考えていいでしょう。
AMGラインとラグジュアリーパッケージ付きが基本的な売れる仕様となっています。

まとめ

以上、「ベンツGクラス(ゲレンデ)のリセールをオークション相場から解説!」でした。

まとめると、

  1. 現行モデルのGクラスは最強!買えるならかっとけ!
  2. ベンツ・AMGともにGクラスのリセールは高い。しかし型落ちは落ちるので持ち越しは危険
  3. 色は意外とリセールへの影響なし、個体そのものが十分強い、550は避けた方が無難

になります。

ぜひ参考にしてみてください!

<お知らせ>

当ブログは中古車に関する情報発信をメインにしていますが、個別の乗換え・購入・売却に関するご相談も承ります。

車のリセールに関する知識を少しつけるだけで、車周りのコストは大きく削減できます。

「○○の数年後のリセールが知りたい」
「リセールを考えたらどの仕様がいいのか」
など。

各状況に合わせた、わかりやすい説明・アドバイスをしています。継続的なフォローが欲しい方もぜひご検討ください。

ココナラ

※お届け日数は質問内容によります。初回の質問に対する回答は最短12時間以内〜最長2日の予定です。※お急ぎの方は事前にダイ…

本記事は以上となります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

≫【関連記事】車を高く売るのに重要なのは方法論ではない、考え方だ。