【ベンツ/AMG】Gクラス(ゲレンデ)のリセールと残価率を中古車査定士が解説

ベンツ/AMG Gクラスのグレード別のリセールバリュー(残価率)とリセールの高い仕様について中古車査定士が詳しく解説します。

3年後、5年後、7年後、10年後の残価率をまとめたので、購入の材料にしてください。

キノサン
結論、Gクラスのリセールは輸入車最高レベル(★★★★★)です!

輸入車を売るなら輸入車買取専門輸入車.comに査定を依頼するのがおすすめ!

国産車と輸入車では見るポイントが異なり、輸入車専門店の方が当然高額査定が期待できる!もちろん全国出張査定も可能。

輸入車は特に同メーカーでも下取りが高いとは限りません。まずは無料オンライン査定でプロの査定額を聞いてみよう!

\ 最高値お約束キャンペーン実施中! /
輸入車.comに査定を依頼する

 【結論】ベンツGクラスのリセール

Gクラスのリセールバリュー

Gクラスの経過年数別のリセールを記載します。

残価率とは買取価格/新車価格(%)で値持ちの良さを表します。
経過年数
モデル
残価率/買取額
ベンツGクラス
残価率/買取額
AMG Gクラス
3年落ち/R1年
W463系:2代目
112%/1550万円
★★★★★
98%/2150万円
★★★★★
H30/6:2代目W463系にフルモデルチェンジ
5年落ち/H29年
W463系:1代目
70%/875万円
★★★★★
54%/1125万円
★★★☆☆
7年落ち/H27年
W463系:1代目
61%/725万円
★★★★★
43%/800万円
★★★☆☆
10年落ち/H24
W463系:1代目
35%/470万円
★★★★★

※買取額は全グレードの平均を記載

キノサン
3年後の残価率が112%とは、新車が1000万円の車の3年後の買取額が1120万円であることを意味します。
 結論:Gクラスのリセール
Gクラスのリセールバリューは全体的にかなり高いと言えます。
ベンツGクラスとハイパフォーマンスモデルのAMG Gクラスを比較した場合、現行モデルはどちらも100%近い残価率ですが、モデルチェンジがあった場合はAMGの方が値下がりが大きく、高額なことも含め扱いとしてはAMGの方がややセンシティブです。
とはいえベンツGクラスも型落ちモデルのリセールは高水準ながら下がりはします。
どちらも10年落ちで35%前後の残価率は残る車なので、見越した上でいつまで保有するかを考える様にしましょう。
 リセールバリューのポイント
現行モデルでいくと、G400dのマヌファクトゥーアエディションがほぼ2000万円を超える買取相場となっており、新車価格も1000万円台後半ではあるものの、最も高相場となっています。
中身はAMGライン、ナイトパッケージ、ラグジュアリー、レーダーセーフティ、ブルメスターサウンドとオプションほぼ全付きのものが多数。
オプション費用だけでもそれなりですが、特に数年前のGクラスは新車価格が今より安かったので殆どの車で残価率100%超えとなっているでしょう。
新車が1500万円台のG350dマヌファクトゥーアエディションでさえ買取は1600~1700万円あります。
個体としてタマが少ないのはもちろん、中でも特別仕様車やオプションがしっかりついた車の評価が高い傾向にあります。
 リセールの高い人気の仕様

装備は上で伝えた通り、AMGラインをはじめ、しっかりついたものの方が良く評価されています。

タマ数が少ないこともあり色でのリセール差はあまり見られませんが、直近ではグレー革シートの車両が高い傾向にあります。

 Gクラスは中古車もおすすめ!
Gクラスはタマ数が制限されていること、圧倒的なブランド力からリセールが中々落ちない車です。
その為新車で手に入れるのはかなり運と努力が必要となり、中古車を狙うというのも一つの手です。
リセールバリューが高いので中古車価格もそれなりですが、今後しばらくモデルチェンジがないことを考えると、割高でも程度の良い車はこの先暫くは価値が落ちることはないでしょう。

Gクラスの中古車を探すなら業者の非公開在庫もチェックしよう!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを上手く活用しましょう。

一般市場に公開される前の「非公開在庫」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に早くリーチできます。(登録は無料)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスです。

キノサン
ガリバーは外車専門の買取もしており輸入車の在庫も豊富で期待大!
\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
ベンツGクラスの非公開在庫を見る

 

【経過年数とグレード別】GLBクラスのリセールバリュー

Gクラスのグレード別のリセール

新車から3年・5年・7年・10年後のリセール(残価率)をグレード別に記載します。

【調査条件・環境】
・過去3ヵ月のオークションデータ
・装備と色は絞り込みなし
・事故歴なし車両状態良好として

▼関連記事
≫車を高く売るなら『【中古車査定士が教える】おすすめの買取サービス』をチェック!

当年車のリセール:残価率140%

登録当年車(W463系)のリセールを調査。当年車の平均残価率(買取額)は

  • ベンツGクラス:157%(2030万円)
  • AMG Gクラス:122%(3025万円)

となりました。

引用:https://www.goo-net.com/
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
【ベンツGクラス】
G400d12,890,000円
0.2万km
44件
2030万円
157%
【AMG Gクラス】

引用:https://www.goo-net.com/
G6322,180,000円
1.7万km
15件
2850万円
128%
G63 エディション5527,500,000円
0.2万km
2件
3200万円
116%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

ベンツGクラスにおいては、AMGライン、ラグジュアリーパッケージがほぼ必須。Gマヌファクトゥーアプログラム付きが高く売れています。

AMG Gクラスではマヌファクトゥーアプログラムの装着率がより高くなります。

少し古い資料ですが、マヌファクトゥーアプログラムはメーカーオプションで、特に内装を好みの仕様に仕上げることができます。

Gクラス マヌファクトゥーアプログラム
マヌファクトゥーアプログラムは内装中心のMOP

 

3年後のリセール:残価率112%

3年前のW463系(2代目)より算出。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
G350d11,920,000円
2.2万km
31件
1500万円
126%
G55016,320,000円
2.5万km
13件
1600万円
98%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【3年後の残価率/平均買取額】

112%/1550万円

 

5年後のリセール:残価率70%

5年前のW463系(1代目)より算出。

参照元:グーネット
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
G350d10,700,000円
4.2万km
54件
900万円
84%
G55015,300,000円
7.4万km
2件
850万円
56%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【5年後の残価率/平均買取額】

70%/875万円

 

7年後のリセール:残価率61%

7年前のW463系(1代目)中期モデルより算出。

参照元:グーネット
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
G350ブルーテック10,180,000円
6.4万km
34件
700万
69%
G55014,160,000円
5.5万km
2件
750万円
53%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【7年後の残価率/平均買取額】

61%/725万円

 

10年後のリセール:残価率35%

10年前のW463系より算出。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
G550ロング13,400,000円
9.6万km
2件
470万円
35%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

関連記事

10年落ちの車のリセールってどれくらい?10年乗っても高く車ってあるの?本記事はこんな疑問をお持ちの方におすすめです。こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回は「車の10年後のリセー[…]

車の10年後のリセールバリューってどんな感じ?詳しく調査してみた

 

経過年数別のリセール【AMG G】

AMG Gクラスのリセール

AMG Gクラスのリセールを解説。

3年後のリセール:残価率98%

3年前のW463系(FMC後)より算出。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
G6320,760,000円
2.5万km
35件
2100万円
101%
G63 エディションマットブラック23,200,000円
3.1万km
8件
2200万円
95%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【3年後の残価率/平均買取額】

98%/2150万円

 

5年後のリセール:残価率54%

5年前のW463系(FMC前)より算出。

参照元:グーネット
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
G6319,710,000円
5.9万km
9件
1100万円
56%
G63 50thアニバーサリーエディション22,200,000円
6.7万km
2件
1150万円
52%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【5年後の残価率/平均買取額】

54%/1125万円

 

7年後のリセール:残価率43%

7年前のW463系(FMC前)より算出。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
G6318,670,000円
2.8~8.4万km
11件
700~950万円
800万円
43%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【7年後の残価率/平均買取額】

43%/800万円

 

リセールが落ちやすいタイミング

ここまではグレード別のリセールバリューの紹介でした。ここからは1年毎のリセールの変化を代表グレードで見ていきます。

グレードは今でいうG400d、G350dにて。

ここの目的は、

  • リセール(残価率)は毎年均一に落ちる訳ではない
  • 価値が落ちやすいところを知り、それを避ける形で売却(乗換え)した方が有利

だからです。

少し上級編にはなりますが、ここを押さえればどんな車も可能な限り損失を抑えて乗ることが可能になり、一気にカーライフの質が上がります。

モデル
(平均走行距離)
平均買取額
(前年比)
当年もの
(G350d、G400d)
1760万円
(137%)
1年落ち
(G350d、G400d)
1540万円
(−220万円)※①
2年落ち(FMC後)
(G350d)
1350万円
(−190万円)※②
3年落ち(FMC前)
(G350d)
900万円
(−450万円)※③
4年落ち
(G350d)
800万円
(−100万円)
5年落ち
(G350d)
750万円
(−50万円)
6年落ち
(G350)
700万円
(−50万円)
7年落ち
(G350)
630万円
(−70万円)

大きく動いているポイントとなるところを紹介します。

①当年ものが高いのはG400dマヌの影響が大

当年もの(令和3年式)からの1年で大きく落ちています。

令和3年式で高いのはG400dマヌファクトゥーアエディションですが、令和2年式はまだG350dマヌしかなく、その差が価格差になっています。

G400dのマヌやストロンガーザンタイムはこの先もかなりリセールが高く維持されそうです。

②2年落ちの落ちが大きいのは特別グレードがない為

2年落ちが1年落ちに比べ平均190万円落ちていますが、こちらもG350dマヌやストロンガーがないことが影響しています。

2年落ちはG350dAMGラインなどが殆ど。

この様に細かなグレードやパッケージが価格差となって現れている為、同一グレード、パッケージにおける値落ちはそれほどないでしょう。

③フルモデルチェンジの影響は大きい

フルモデルチェンジを挟んで約450万円の価格差ができています。

さすがにフルモデルチェンジを保持したまま超えるのは価値の目減りが大きいですね。

 

リセールバリューのポイント

Gクラスのリセールのポイント

リセールバリューを意識した、Gクラス購入のポイントについて紹介します。

新車を購入する場合

Gクラスの新車購入タイミングとしてはあり。

フルモデルチェンジしてまだ3年、Gクラスは中々フルモデルチェンジしないのでこの先も暫く安泰です。

問題はタイミングではなく買えるかどうかになります。

みんカラさんでは下記の様な書き込みもあり、あるのか売る人を厳選しているのか、といった感じ。

Gクラスあるのか?
参照元:みんカラ
キノサン
私がお客さんから聞く話だと欲しくても中々買えないというのはあるみたいです。

グレードは550より400d、350dの方がリセール面で有利。

ハンドルは左でも右でもそこまで影響なさそ、要はタマが手に入るかどうかといったところ。

G400d(マヌ、ストロンガー)が難しくても、G350dAMGライン等でも十分なリセールは狙えるでしょう。

リセールの高い色

どうせなら少しでもリセールの高い色を検討したいですよね。

現行モデルのGクラスのデータから推察します。

台数(シェア)平均価格
パールホワイト(シロ含む)44台(40%)1545万円
クロ42台(39%)1464万円
グレー、シルバー10台(9%)1502万円
Lブルー、アカ、ミドリ、コン13台(12%)1527万円

※G350d、G400dにて n=109

意外と色による差はあまりありません。

台数として多いのはパールホワイト(シロ含む)とクロ、リセールが最も高そうなのはシロ系です。

クロはデータ数が十分ながらそこまでリセールが高くなく、シルバー系やその他の色でもリセールは十分取れます。

特に色でリセールが大きく下がるまで気にする必要はないでしょう。

リセールに影響するオプション

Gクラスのリセールに影響するオプションについて。

キノサン
細かいことは追いきれないので大きなものをお伝えします。
G400dストロンガーザンタイムはもの自体が少なく、AMGナイトパッケージがついているのもありますが、単体でも十分でしょう。
G400dマヌはAMGラインとラグジュアリーパッケージがついているのがリセールが高くなっています。
その他G350dマヌ、G350dもAMGラインはほぼ必須に近いと考えていいでしょう。
AMGラインとラグジュアリーパッケージ付きが基本的な売れる仕様となっています。

中古車を購入する場合

新車が中々買えないとなったら中古にいくしかないですよね。

実際当年ものでも結構な台数がオークションには出品されているので、それなりにタマはあるのだと思われます。(ただ高いだけ)

Gクラスの中古車は現行モデルも型落ちモデルもどちらもおすすめ。

現行モデルはこの先もフルモデルチェンジしない限り大きなリセールの落ちは考えられないので、落ちても緩やかに落ちるのみ。

型落ちモデルは既にフルモデルチェンジしてリセールは落ち止まっているので、ここから更に大きく落ちることは考えにくいでしょう。

しかし1年毎の残価率の落ちのところでも紹介したように、毎年少しずつリセールが落ちることは確実なので、その辺も考慮の上探すのがおすすめです。

Gクラスの中古車を探すなら!業者の非公開在庫もチェックしよう

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを活用するのがおすすめです。

公開前の非公開在庫と中古車オークションから希望の車を探してくれるので、希望のスペックの車が早く、簡単に見つかります。(登録は無料)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスです。

キノサン
ガリバーは外車専門の買取しており、輸入車の在庫は豊富で期待大!
\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
Gクラスの非公開在庫を見る

 

【中古車査定士が解説!】車を高く売る方法とおすすめの買取サービスを紹介

ディーラーの下取りと中古車買取サービスを比較した場合、90%以上の確率で10万円以上、中古車買取サービスの方が高い買取額が出ます。

アシスタント
サポート
中には100万円近く下取りと買取で差が出る場合もありますよ!

しかしどこに査定を頼めば安心して、高く買取りしてもらえるのか、色々わからなかったり不安なことも多いですよね。

そこで今回は中古車査定士の筆者が車を売る時に使う(査定を依頼している)買取サービスを参考まで紹介します。

基本的に査定は無料です。筆者はオークション形式と一括査定の両方を使って、条件や価格を比較して、最終的にどこに売るかを決めています。

すぐに車を手放せる人は効率と価格の両取りの「オークション形式」

車をすぐに手放せる人(1ヵ月以内に売却可能)は、手間をかけずに高値で売却できる「オークション形式」の売却がおすすめです。(無料)

「オークション形式」とは、最初に1度の査定をして、そのデータに対し複数の業者がWeb上でオークション形式で入札してくる方式のこと。

オークションの結果が安かった(売れない)場合は無料でキャンセルもできます。

おすすめは楽天が運営している楽天Car車買取です。

実際の流れは下記のようになります。

車の内容と連絡先を記載して査定を依頼
楽天より査定日時の連絡がくる
自宅等で車の査定をしてもらう
査定の結果からオークションの金額設定をする
査定の2日後にオークションが開催(webで確認)
結果に対し売却する・しないの判断をする
売却する場合は1ヵ月以内に車を引き渡す
しない場合はそこでサービス終了

結果が出るまでかなりスピーディなのが特徴。

それでありながら、一括査定で5社以上と頑張って交渉した価格の上位1位〜3位レベルの価格が出るのでかなり効率の良い売却方法だと言えます。

例えば納車が先で1ヵ月以内に売却できなくても、納車まで1ヵ月を切ったぐらいのタイミングで査定を依頼すれば問題ありません。

web上で競り上がっていくオークション状況が見えるのですが、それだけでも斬新で価値があり、中々画期的な売却システムです。

<楽天Car車買取の特徴>

車の一括査定楽天Car車買取
入札業者数多くて10社2000社以上
手間(電話対応、査定対応、価格交渉)×業者数楽天の査定担当者との調整のみ
利用料無料無料
引き渡し業者との交渉1ヵ月以内の引渡し

≫楽天Car車買取(公式HP)

 

すぐに車を手放せない人は引渡しの融通が利きやすい「一括査定」

  • 車の納車時期がはっきりしていない…
  • 次に買う車が決まっていない…
  • 買取額を元にディーラーと商談したい…

というすぐに車を手放せる状態にない人は「車の一括査定」を利用しましょう。

おすすめはMOTA(モータ)車買取です。

このMOTA車買取はこれまでの一括査定のデメリットを打ち消す凄い特徴を持った一括査定です。

<MOTA車買取の特徴>

一般の一括査定MOTA車買取
最大比較社数10社20社
電話社数10社3社
Web上での概算査定額比較なしあり
利用料無料無料

最大20社に見積もり依頼ができ、概算査定額で比較が行われ、電話連絡が来て車を実際に見せるのは上位3社のみで構いません。

全業者の概算査定額が申込みの翌日18時に開示されるので、公平に上位3社を選ぶことができます。

一括査定で1番のネックは1社1社と電話で打ち合わせをして、査定日程を調整したりすること。

キノサン
結局高く売るには業者1社1社との交渉が必要だったのですが、これを使えば優良買取店だけが残るので楽!

最終的には各業者との打ち合わせになるので、引渡し時期や条件などは個別に相談できる、融通の利きやすい売却方法です。

≫MOTA車買取(公式HP)

 

輸入車の売却におすすめ!輸入車専門の高価買取査定「輸入車.com」

輸入車の査定は一般的な買取店でも対応できますが、当然輸入車専門の買取店の方が販路を持っており、専門性の高い評価をすることができます。

輸入車.comは全国対応可能な外車専門の買取サービスなだけでなく、小売りに強く、オークション相場以上の価格を出してくれることもあります。

輸入車の売却は、まずは国産車と同じ様に数社から見積もりを取り、それに加えて輸入車専門の買取店にも価格を確認するのがおすすめのやり方

≫輸入車.com(公式HP)

 

Gクラスのリセールまとめ

Gクラスのリセールは現在発売されている輸入車の中では間違いなくトップレベルです。

台数が限定されていることに加え、新車不足な状況が後押しし、その価値は上がり続けています。

その中にもリセールの高い仕様や、残価が落ちるタイミングというのはあるので、ポイントは押さえるようにしましょう。

本記事はここまで。


車のリセールバリューに興味がある方は、他の記事も参考にしてみてください。

良いカーライフを。

≫【関連記事】リセールバリューの高い車を全車種の中からランキングで紹介(2022年最新版)

≫【関連記事】リセールバリューの高い輸入車ランキング

輸入車を売るなら輸入車買取専門輸入車.comに査定を依頼するのがおすすめ!

国産車と輸入車では見るポイントが異なり、輸入車専門店の方が当然高額査定が期待できる!もちろん全国出張査定も可能。

輸入車は特に同メーカーでも下取りが高いとは限りません。まずは無料オンライン査定でプロの査定額を聞いてみよう!

\ 最高値お約束キャンペーン実施中! /
輸入車.comに査定を依頼する