外車・輸入車のリセールバリューをランキングで詳しく紹介!

外車のリセールバリューをランキングで紹介!外車もリセール重視!

一般的に外車・輸入車は国産車に比べてリセールバリューが悪いと言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

一部メルセデスベンツGクラスや、ポルシェ911、ランドローバーディフェンダーなどは高いリセールバリューがあることでも有名です。

こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。

今回は私が書いているリセールバリュー記事から、経過年数別の外車のリセール・残価率をランキング形式で紹介します。

リセールバリューの高い外車に乗りたいと思っている人は参考にしてみてください。

<外車を高く売りたい人は必見>
輸入車で一括査定はもう古い!
どこよりも最高値をお約束。

\30秒で簡単!無料オンライン査定/
輸入車買取専門の輸入車.com

外車の残価率をランキングで紹介

まずは外車の経過年数別のリセールバリュー(残価率)をランキングで紹介します。

キノサン
残価率とは買取相場/新車価格(%)で値持ちの良さを表します。
アシスタント
サポート
モデルチェンジのタイミング次第な部分もあるので、順位はその時々で入れ替わります。

3年後の残価率ランキングTOP10

3年後は1度目の車検タイミング。

ここでの残価率のランキングTOP10です。

順位車種残価率
🥇1位ベンツGクラス105%
🥈2位ジープラングラー90%
🥉3位ポルシェケイマン74%
4位ポルシェ91173%
5位ジープレネゲード71%
6位ポルシェボクスター68%
7位ポルシェマカン67%
8位プジョー500866%
9位プジョー300864%
10位ポルシェパナメーラ60%

※各車種のリンクから個別ページへ飛べます。

全体的にはやはりSUV、クーペ、オープンタイプの車種が中心となります。

キノサン
セダン、ワゴン等は比較的弱いと言わざるを得ないでしょう。

ベンツでランクインはGクラスのみ、BMWやアウディなどのメジャーブランドは10位には入ってきません。

5年後の残価率ランキングTOP10

5年後の残価率TOP10になります。

過去のデータから調査している為、5年前のモデルが型落ちの場合は一気にリセールが低くなる圏外で飛びます。

順位 車種残価率
🥇1位ジープラングラー76%
🥈2位ポルシェケイマン70%
🥉3位ポルシェボクスター66%
4位ベンツGクラス60%
4位ポルシェ91160%
6位ジープレネゲード59%
7位ポルシェマカン57%
8位ミニクロスオーバー43%
9位ベンツGLA41%
9位ベンツCLA41%

下位は車種が入れ替わっていますが、上位は3年落ちとさほど変わりません。

TOP10でも5年で50%を切ってきますので、やはり国産車と比較した場合輸入車のリセールは低いと言わざるを得ません。

7年後の残価率ランキングTOP10

7年後のTOP10です。

基本的に7年も経てばモデルチェンジが入るのでリセール的には損です。

同一モデルが長く続きやすい車種などは長期で持っても目減りが少ないと言えます。

順位 車種残価率
🥇1位ポルシェボクスター64%
🥈2位ジープラングラー62%
🥉3位ポルシェケイマン59%
4位ポルシェマカン54%
5位ベンツGクラス51%
6位ポルシェ91151%
7位ジープコンパス34%
8位ポルシェパナメーラ32%
9位ベンツCLA31%
10位ベンツGLE29%

7年で残価率50%を超えている様な車種は本当に強いので、覚えておいた方が良いでしょう。

全体からしたら数えるほどしかないと思います。

キノサン
やはりブランド全体としてはポルシェが強いと言えますね。

車種別に総合的にランク付け

筆者の解説も交えながら総合的にリセールの高い外車を紹介していきます!

1位:ジープラングラー

参照元:グーネット

【リセールバリュー(残価率)】

経過年数ラングラーラングラーアンリミテッド
3年落ち
H30年
89%
★★★★★
91%
★★★★★
H30/11:JL系にフルモデルチェンジ
5年落ち
H28年
79%
★★★★★
72%
★★★★★
7年落ち
H26年
54%
★★★★☆
70%
★★★★★

外車のリセール一押しはアメリカ「クライスラー・ジープ」のラングラー。

強烈な見た目もさることながらフルモデルチェンジしても崩れない絶妙な需給バランスがリセールを支えています。

新車価格がそれほど高くないというのもポイントでしょう。

3ドアのラングラーと5ドアのラングラーアンリミテッドがあり、5ドアの方が人気でリセールも高いです。

あわせて読みたい

クライスラー・ジープのジープ・ラングラーは3ドアのラングラーと5ドアのラングラーアンリミテッドを持つ1941年からの歴史のあるモデル。元々リセールバリューには定評がありましたが、2018年に11年振りのフルモデルチェンジを行い、新デ[…]

ジープ ラングラーのリセールと残価率を中古車査定士が解説!

≫ジープラングラーの中古車なら非公開在庫もチェック!

 

2位:ベンツGクラス

参照元:グーネット

 【リセールバリュー(残価率)】

経過年数ベンツGクラスAMG Gクラス
現行型/H30以降113%97%
H30/6 フルモデルチェンジ
3年落ち/H30年式70%
★★★★☆
61%
★★★☆☆
5年落ち/H28年式61%
★★★★☆
53%
★★★☆☆
7年落ち/H26年式51%
★★★★☆
43%
★★★☆☆
10年落ち/H23年式37%

ベンツの中でもGクラスは別格。

なんせベンツは「メスセデス」「AMG」「Gクラス」「EQ(電気自動車)」とブランド分けするぐらいGクラスをブランドとして捉えています。

そんなGクラスのリセールは現行モデルがとにかく別次元。

というかもう簡単には手に入らない領域にやや達してしまっています。

モデルチェンジがあった際の落差はそれなりに大きいですが、それでも全然平均よりは上。

価格は2000万円近いですが、買える人は買って損のない車両間違いなしでしょう。

あわせて読みたい

「Gクラスのリセールってどうなの?」「リセールの高いモデルやパッケージは?」こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回はそんなGクラスが気になる方に向けて、10年落ちまでのリセールバリューやリセールの[…]

ベンツGクラス(ゲレンデ)のリセールをオークション相場から解説!

≫Gクラスの中古車を探すなら非公開在庫もチェック!

 

3位:ポルシェボクスター

参照元:グーネット

ミッドシップロードスターである「ボクスター」。

平成28年モデルより718ボクスターという名称で販売されています。(それ以前はボクスター)

ポルシェケイマンに並び、リセールが良いのがこのボクスター。

ポルシェの中では新車価格は抑え目ながらリセールは鉄板の厚さがあります。

ロードスターということでどうしてもセカンドカー等になりますが、他車種に比べるとリセールが良いのは間違いなし。

あわせて読みたい

ポルシェのミッドシップロードスター、「『ボクスター』のリセールバリュー(買取相場)ってどのくらいなんだろう?」ポルシェ好き、オープンカーファンなら一度は気になりますよね。基本的にオープンカーはリセールが高いイメージですが、輸入車[…]

ポルシェ 718ボクスターのリセールを詳しく解説

≫ボクスターの中古車を探すなら非公開在庫もチェック!

 

4位:ポルシェケイマン

参照元:グーネット

ボクスターに対し、ミッドエンジンスポーツクーペモデルがこのケイマン。

こちらもポルシェの中では1000万円を切っている値段で、911に比べるとかなり安くなります。

しかしリセールはしっかり残っており、中々価値が落ちない車だと言えます。

ポルシェは911だけではなくケイマンもクーペではおすすめ。

あわせて読みたい

718ケイマン/ボクスターのリセールバリューは良い?悪い? もし買うならリセールが良いグレードとしては何がおすすめ?こんな疑問をお持ちではありませんか?こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。[…]

718ケイマン・ボクスターのリセールと残価率をGT4まで解説

≫ケイマンの中古車を探すなら非公開在庫もチェック!

 

5位:ポルシェ911

参照元:グーネット

911はボクスター、ケイマンには若干リセールは劣るものの、ほぼ遜色ないリセールがあると言える車。

グレードとしては911カレラの最もベースがリセール面ではおすすめ、その他タルガもタマが少ない分非常に引き合いが強いです。

GT3とか行くとほとんどオークション市場とかには出てきませんね。

あわせて読みたい

911のリセールバリューってどうなの? 将来的な値落ちってどれぐらい?こんな疑問をお持ちではありませんか?こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回はポルシェ/911のグレード別のリセールバ[…]

ポルシェ911のリセールと残価率を解説【タルガ・カブリオレも】

≫911の中古車を探すなら非公開在庫もチェック!

まとめ

以上、「外車/輸入車のリセールバリュー」についての解説でした。

少し特殊な車種のリセールが高い傾向がありますが、ベンツやBMW、アウディあたりのモデルも今後追加していく予定です。

ただやはり国産車に比べると輸入車のリセールは悪く、5年で残価率50%を上回る車は少ないというのが実情。

国産車と大きく違うのは「価格が高い」ことと「輸出に行かない」の2点です。

外車はそもそも海外が生産国ですから、わざわざ日本から中古車を輸入する必要もない訳ですね。

しかし中には今回の様なリセールの高い車種もあるので、ぜひ外車選びの参考にして頂ければ幸いです。


最後に筆者より、車が高く売れるおすすめの買取サービスと、個別の乗換え相談のご案内です。

査定士お薦め‼︎車を高く売る方法

リセールバリューを大事にする上で重要なことは、その車をしっかり高値で売却することです。

キノサン
リセールの高い車を安く手放してしまっていては意味がありませんよ。

ここでは中古車査定士の筆者が自分の車を売る際にも使うおすすめの買取サービスを紹介します。

査定は無料なので、色々試してみて車を売る(高く売る)ことに慣れていきましょう。

【競り上がれば価格は青天井】手間がかからない「オークション形式」

「オークション形式」での売却は、今増えている試してみる価値のある売却方法です。

「オークション形式」とは、最初に1度の査定をして、そのデータに対し複数の業者がWeb上でオークションの様に入札してくる方式のことです。

現在このサービスが利用できるのは、楽天Carオークションユーカーパックの2社のみ。

もしオークションの結果が満足いく価格に達しなかった場合は無料でキャンセルもできます。

メリットは買取額が高いこと、デメリットはエリアが限定されること(地方は一部不可)、早めに車を手放さなければいけないことになります。

キノサン
ユーカーパックは落札後の入金確認から8日以内に車の引き渡し。
アシスタント
サポート
楽天は1ヵ月の猶予があるので、多少余裕を持てると言えますね。

入札業者数はユーカーパックが多い(8,000社)ですが、楽天はポイントが貯まったり引渡しに余裕が持てたりとそれぞれ特徴が違います。
(楽天の業者数は2,000社)

価格は期待できるので「1ヵ月以内に車が手放せる人」にはおすすめの売却方法です。

≫楽天Carオークション

≫ユーカーパック

 

【売却時期が先なら】引渡し時期などの融通が利く「カーセンサーの一括査定」

しかし実際には「すぐに車を引き渡せる人」ばかりではないですよね。

  • 次の車の納車時期がはっきりしていない
  • 次に買う車で迷っている
  • 買取額を元にディーラーと商談したい

という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時は、引渡し時期など条件を業者と交渉できるカーセンサーの一括査定がおすすめです。

一括査定は多数の業者に見積もり依頼が出せる一方で、各業者の対応に手間がかかるというプラスとマイナスの両面を持ち合わせています。

手間がかかるというデメリットはあるものの、各業者が互いを意識してMAX額を出してくるので買取額としては良い金額が期待できます。

そんな一括査定のポイントは業者数です。

正直どの業者が1番高いかは毎回わかりません。その為最も多くの業者にまとめて依頼ができるカーセンサーの一括査定が効果的と言えるのです。

納車の時期まで車が使えたり、車は先に渡して代車を出してくれるなど買取店によって対応は様々なので、細かい条件は個別に確認をしましょう。

≫カーセンサーの一括査定

 

【外車/輸入車を売却するなら】「輸入車買取の専門店」に査定を依頼しよう

外車/輸入車を売却する際は、輸入車買取専門の外車マスター輸入車.comがおすすめです。

買取店にとって軽自動車と普通車は国産車として見方が同じですが、外車/輸入車は相場のブレやマーケットの違いなどやや勝手が異なります。

また普通の買取店は輸入車を買取りした場合、業者オークションに出すのが一般的。

その為買取額として提示できるのはオークションで利益が出る範囲内に限定される訳です。

しかし輸入車買取専門店では、そのまま商品車として並べられる為、オークションを通すコストの分だけ高額査定が出せるのです。

特に!高額になればなるほどその差は大きくなります。メンテナンスも買取も、基本的に輸入車は専門店に見てもらうのがおすすめ。

≫外車マスター

≫輸入車.com(ドットコム) 

 

リセールを意識した車の乗換相談

本ブログはリセールを中心とした情報発信ですが、個別の乗換え相談も承ります。

次の車のリセールが高い仕様や下取り車の狙える買取最高額など、車の売買に関することをなんでもご相談頂けます。

回答は実際のデータを用いてわかりやすくお伝えしています。(過去例もあります)

効果的な車の乗り換えをしたいと思う方はぜひ色々ご相談ください。

ココナラ

※お届け日数は質問内容によります。初回の質問に対する回答は最短12時間以内〜最長2日の予定です。※お急ぎの方は事前にダイ…


本記事は以上となります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

良いカーライフを。