718ケイマン・ボクスターのリセールと残価率をGT4まで解説

【ポルシェ】 ケイマン/ボクスターのグレード別のリセールバリュー(残価率)とリセールの高い仕様について中古車査定士が詳しく解説します。

3年後、5年後、7年後、10年後の残価率をまとめたので、購入の材料にしてください。

キノサン
結論、ケイマンとボクスターのリセールはかなり高い(★★★★★)です!

輸入車を売るなら輸入車買取専門輸入車.comに査定を依頼するのがおすすめ!

国産車と輸入車では見るポイントが異なり、輸入車専門店の方が当然高額査定が期待できる!もちろん全国出張査定も可能。

輸入車は特に同メーカーでも下取りが高いとは限りません。まずは無料オンライン査定でプロの査定額を聞いてみよう!

\ 最高値お約束キャンペーン実施中! /
輸入車.comに査定を依頼する

【結論】ケイマン/ボクスターのリセール

ケイマンのリセール

それではまず、現在のケイマン/ボクスターの経過年数別のリセール(残価率)を記載します。

残価率とは買取価格/新車価格(%)で値持ちの良さを表します。
経過年数
モデル
残価率/買取額
ケイマン
残価率/買取額
ボクスター
3年落ち/R1年
718
84%/750万円
★★★★★
91%/850万円
★★★★★
5年落ち/H29年
718
80%/635万円
★★★★★
78%/580万円
★★★★★
H28/4:718にフルモデルチェンジ
7年落ち/H27年
981系
73%/655万円
★★★★★
73%/600万円
★★★★★
10年落ち/H24
981系
60%/440万円65%/450万円

※買取額は全グレードの平均です

キノサン
ケイマン/ボクスターのリセールは安定的に高い!新車価格から見てもパフォーマンスはポルシェNo.1です。
結論:ケイマン/ボクスターのリセール
  • リセールバリューは高位安定型。モデルチェンジがあっても落ちない
  • グレードはベースグレードかGTSがおすすめ。GT4は特殊だがリセールは高い
  • 2024年にはフル電動化。見越すとガソリン車の希少性は一層高まる可能性も

ポルシェのケイマン/ボクスター、良いですよ。

リセールバリューはポルシェイチと言っていいほど高いレベルにあります。

911に比べエントリーラインが低いことからポルシェの中では手が出しやすくかつリセールも高い、かなりおすすめな車です。

 

ケイマンとボクスターはクーペかオープンかの違いですが、リセールはほぼ同じでどっちが高いとかはほぼありません。

共通してリセールが高いグレードは「ベースグレード」か「GTS」。

ケイマンの場合はGT4、GTS4.0もこの先高リセールとなる可能性が大なグレードです。

 

モデルとしてのリセール力が強く、色やオプションによるリセール差はそこまで見られません。

しかしその中でもリスクを減らす選択としては、色やオプションにも優先順位があるのでその辺は知っておいた方がお得です。

また今後のフル電動化を見据えると、中古車から入っても十分勝機がある車だと言えます。

欲しいスペックの中古車が見つからない場合は、ガリバーの中古車検索サービスに登録してこの先入庫したら教えてもらうようにしましょう。

これから乗換えを考えている方は、早め早めに下取り車の買取相場を調べておくと乗換えの計画も立てやすく、おすすめですよ。

経過年数/グレード別のリセール

ケイマン経過年数別のリセール

新車から3年・5年・7年・10年後のリセールをグレード別に紹介します。

【調査条件・環境】
・過去3ヵ月のオークションデータ
・装備と色は絞り込みなし
・事故歴なし車両状態良好として

▼関連記事
≫車を高く売るなら『査定士はどこを見ている?車の評価が高くなる意外なポイント』をチェック

3年後のリセール:残価率88%

3年後のリセールを3年落ちから解説します。

3年落ちは718の現行モデル。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【718ケイマン】
718ケイマン7,272,000円
1.3万km
13件
600~750万円
680万円
94%
718ケイマンS9,162,000円
1.5万km
2件
720万
79%
718ケイマンGTS10,602,000円
2.3万km
4件
700~880万円
850万
80%
【718ボクスター】
718ボクスター7,662,000円
1.3万km
10件
650~750万円
700万円
91%
718ボクスターGTS10,992,000円
0.3万km
1件
1000万円
91%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【3年後の残価率/平均買取額】

718ケイマン84%/750万円
718ボクスター91%/850万円

ケイマン、ボクスター共に3年落ちの残価率はかなり高いと言えます。

どちらも右ハンドルのATがメインです。

 

5年後のリセール:残価率79%

5年後のリセールを5年落ちから解説します。

5年落ちも718の現行モデル。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【718ケイマン】
718ケイマン7,074,000円
2.6万km
14件
400~700万円
610万円
86%
718ケイマンS9,014,000円
1.9万km
5件
600~720万円
660万円
73%
【718ボクスター】
718ボクスター7,464,000円
2.9万km
16件
500~660万円
580万円
78%
718ボクスターS9,404,000円データなし

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【5年後の残価率/平均買取額】

718ケイマン80%/635万円
718ボクスター78%/580万円

ポルシェの5年落ちにして驚異の残価率。

正直718としては3年落ちからあまり価値が落ちていないことになります。

2024年にフル電動化と公式にアナウンスされているらしく、それを見越しても718ケイマン・ボクスターはかなりお買得!

 

7年後のリセール:残価率73%

7年後のリセールを7年落ちから解説します。

7年落ちは718になる前の981系ケイマン。

モデルチェンジ前のケイマン:goonetより
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ケイマン】
ケイマン6,820,000円
3.5万km
14件
350~600万円
490万円
72%
ケイマンS8,480,000円
5.0万km
7件
450~600万円
500万円
59%
ケイマンGTS9,790,000円
4.1万km
3件
700~850万円
750万円
77%
ケイマンGT410,640,000円
2.4万km
2件
850~900万円
880万円
83%
【ボクスター】
ボクスター6,340,000円
3.8万km
15件
330~530万円
460万円
73%
ボクスターS8,430,000円
3.7万km
9件
450~600万円
540万円
64%
ボクスターGTS9,660,000円
3.8万km
4件
750~850万円
800万円
83%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【7年後の残価率/平均買取額】

ケイマン73%/655万円
ボクスター73%/600万円

距離があまり伸びない車ということはありますが、全く残価率が落ちていません。

特にケイマンGT4は製造から7年落ちにして83%と驚異の残価率です。

 

10年後のリセール:残価率63%

10年後のリセールを10年落ちから解説します。

10年落ちは981系の発売当初の年。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ケイマン】
ケイマン6,590,000円
5.0万km
7件
300~550万円
400万円
61%
ケイマンS8,200,000円
4.4万km
3件
400~500万円
480万円
59%
【ボクスター】
ボクスター6,310,000円
5.2万km
12件
330~550万円
430万円
68%
ボクスターS7,740,000円
5.6万km
8件
350~580万円
470万円
61%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【10年後の残価率/平均買取額】

ケイマン60%/440万円
ボクスター65%/450万円

車の10年落ちの残価率は中でもかなり上位に入るのがケイマン・ボクスターのリセールです。

フルモデルチェンジ前の型落ちモデルでもこのリセールですから、モデルとしての強さを感じます。

 

ケイマンGT4のリセール

981系ケイマンGT4のリセールは7年落ちでも残価率83%と記載しましたが、718ケイマンGT4、GTS4.0の残価率も解説します。

718ケイマンGT4:goonetより
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
ケイマンGTS4.010,720,000円
0.8万km
2件
1150万円
107%
ケイマンGT412,599,074円
0.5万km
7件
1050~1300万円
1150万円
91%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

年式は令和2年式で2年落ち前後になりますが、ざっくりこんなところになります。

GTS4.0は新車カタログ値超え、GT4は新車が高い分、意外とリセールは100%を超えなさそうです。

とはいえ7年落ちでも距離を抑えれば83%の残価率なので、この先も高残価であることは間違いありません。

***

以上、経過年数別に見たグレード毎のリセール(残価率)でした。

結果をまとめたのが下記になります。

 

経過年数別リセールのまとめ

経過年数別のリセールをまとめます。

経過年数
モデル
残価率/買取額
ケイマン
残価率/買取額
ボクスター
3年落ち/R1年
718
84%/750万円
★★★★★
91%/850万円
★★★★★
5年落ち/H29年
718
80%/635万円
★★★★★
78%/580万円
★★★★★
H28/4:718にフルモデルチェンジ
7年落ち/H27年
981系
73%/655万円
★★★★★
73%/600万円
★★★★★
10年落ち/H24
981系
60%/440万円65%/450万円

全くリセールが落ちない、それがケイマン、ボクスターであることがわかります。

次に1年毎のリセール(残価率)の落ち方も見ていきます。

 

リセールはいつ大きく落ちるのか

リセールバリューが毎年どの様に落ちていくのかを「ケイマン(ベースグレード)」で調べました。

モデル
(平均走行距離)
平均買取額
(前年比)
当年もの/718データなし
1年落ち/718データなし
2年落ち/718
(1.8万km)
680万円
3年落ち/718
(1.0万km)
680万円
(±0)
4年落ち/718
(1.9万km)
650万円
(−30万円)
5年落ち/718
(2.6万km)
610万円
(−40万円)
H28/4:718ケイマンにフルモデルチェンジ
6年落ち/981系
(3.7万km)
520万円
(−90万円)
7年落ち/981系
(2.7万km)
510万円
(−10万円)
8年落ち/981系
(6.0万km)
410万円
(−100万円)
9年落ち/981系
(5.0万km)
400万円
(−10万円)
10年落ち/981系
(5.5万km)
400万円
(±0)

大きく落ちているところを赤字で記載しましたが、モデルチェンジ前後と距離が大きく増えたところのみで、かなり限定的です。

多くの年は距離が増えなければほぼリセールが変わらないという状況で、そもそもそこまで走る車でもないのでリセール的にはほぼ無敵です。

***

リセールバリューのポイント

ケイマンのリセールのポイント

ここからはケイマンを購入する際のリセールに関わるポイントを紹介します。

まずは色です。

リセールバリューの高い色

色によるリセール差をオークション相場より調べました。結果は下記の通り。

台数/走行距離平均価格
シロ・パール29台/1.9万km606万円
クロ19台/1.4万km630万円
シルバー・グレー14台/2.4万km596万円
アオ・アカ・キイロ14台/2.2万km625万円

※718ケイマン(ベースグレード) n=76

割と混戦です。

傾向として人気はシロ・パールホワイトですが、残価率だけで言うとクロの方が高い。

また他の色もそこまでリセールが悪い訳ではなく、走行距離に起因している部分もあります。

基本はシロ・クロを押さえた方が無難と言えますが、そこまでリセール落ちを気にする必要はなく、距離や状態の方が重要と言えるでしょう。

 

リセールの高いオプション

まず必須なのは、

  • スポーツクロノパッケージ(313,000円)

になり、新車の場合は必須です。

次にお金をかけていくべきは、

  • ポルシェアクティブサスペンションマネージメント(PASM)(238,000円)
  • ポルシェトルクベクタリング(PTV)(218,000円)

などの足回りか、

  • LEDヘッドライト(PDLS Plusを含む)(329,000円)
  • アダプティブクルーズコントロール(258,000円)
  • ポルシェエントリー&ドライブシステム(117,000円)
  • シートヒーター、シートベンチレーション

などの実用的な部分です。

ホイールをオプションで1インチ上げるなどもプラス評価です。

音響(BOSE、Burmester)や内装のインテリアは費用対効果としては悪いオプションになりますので、優先順位をつけるのが有効です。

正直ケイマンの場合、スポーツクロノパッケージ以外は最低限の装備だけでも十分勝負できるぐらいの個体としての強さもありますが。

 

リセールの高い中古車の選び方

リセールの高いケイマンの中古車の選び方

これまでに伝えた通り、2024年にフル電動化されることがほぼ確実な為、ただでさえリセールが高い車ですが今後ガソリン車を保有する価値は高まります。

リセール自体は718でなくとも高残価率ですが、どうせならできるだけ新しい718ケイマン、ボクスターがおすすめ。

グレードはGT4やGTS4.0が1番ですが、GTSやベースグレードでも十分と言えます。

好みの車が見つからない場合は下記の様なサービスを利用して、入庫してきたら連絡をもらえる様にしておくのがおすすめです。

ケイマン/ボクスターの中古車を探すなら!業者の非公開在庫もチェックしよう

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを活用するのがおすすめです。

公開前の非公開在庫と中古車オークションから希望の車を探してくれるので、希望のスペックの車が早く、簡単に見つかります。(登録は無料)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスです。

キノサン
ガリバーは外車専門の買取しており、輸入車の在庫は豊富で期待大!
\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
ポルシェの非公開在庫を見る

 

【中古車査定士が解説!】車を高く売る方法とおすすめの買取サービスを紹介

ディーラーの下取りと中古車買取サービスを比較した場合、90%以上の確率で10万円以上、中古車買取サービスの方が高い買取額が出ます。

アシスタント
サポート
中には100万円近く下取りと買取で差が出る場合もありますよ!

しかしどこに査定を頼めば安心して、高く買取りしてもらえるのか、色々わからなかったり不安なことも多いですよね。

そこで今回は中古車査定士の筆者が車を売る時に使う(査定を依頼している)買取サービスを参考まで紹介します。

基本的に査定は無料です。筆者はオークション形式と一括査定の両方を使って、条件や価格を比較して、最終的にどこに売るかを決めています。

すぐに車を手放せる人は効率と価格の両取りの「オークション形式」

車をすぐに手放せる人(1ヵ月以内に売却可能)は、手間をかけずに高値で売却できる「オークション形式」の売却がおすすめです。(無料)

「オークション形式」とは、最初に1度の査定をして、そのデータに対し複数の業者がWeb上でオークション形式で入札してくる方式のこと。

オークションの結果が安かった(売れない)場合は無料でキャンセルもできます。

おすすめは楽天が運営している楽天Car車買取です。

実際の流れは下記のようになります。

車の内容と連絡先を記載して査定を依頼
楽天より査定日時の連絡がくる
自宅等で車の査定をしてもらう
査定の結果からオークションの金額設定をする
査定の2日後にオークションが開催(webで確認)
結果に対し売却する・しないの判断をする
売却する場合は1ヵ月以内に車を引き渡す
しない場合はそこでサービス終了

結果が出るまでかなりスピーディなのが特徴。

それでありながら、一括査定で5社以上と頑張って交渉した価格の上位1位〜3位レベルの価格が出るのでかなり効率の良い売却方法だと言えます。

例えば納車が先で1ヵ月以内に売却できなくても、納車まで1ヵ月を切ったぐらいのタイミングで査定を依頼すれば問題ありません。

web上で競り上がっていくオークション状況が見えるのですが、それだけでも斬新で価値があり、中々画期的な売却システムです。

<楽天Car車買取の特徴>

車の一括査定楽天Car車買取
入札業者数多くて10社2000社以上
手間(電話対応、査定対応、価格交渉)×業者数楽天の査定担当者との調整のみ
利用料無料無料
引き渡し業者との交渉1ヵ月以内の引渡し

≫楽天Car車買取(公式HP)

 

すぐに車を手放せない人は引渡しの融通が利きやすい「一括査定」

  • 車の納車時期がはっきりしていない…
  • 次に買う車が決まっていない…
  • 買取額を元にディーラーと商談したい…

というすぐに車を手放せる状態にない人は「車の一括査定」を利用しましょう。

おすすめはMOTA(モータ)車買取です。

このMOTA車買取はこれまでの一括査定のデメリットを打ち消す凄い特徴を持った一括査定です。

<MOTA車買取の特徴>

一般の一括査定MOTA車買取
最大比較社数10社20社
電話社数10社3社
Web上での概算査定額比較なしあり
利用料無料無料

最大20社に見積もり依頼ができ、概算査定額で比較が行われ、電話連絡が来て車を実際に見せるのは上位3社のみで構いません。

全業者の概算査定額が申込みの翌日18時に開示されるので、公平に上位3社を選ぶことができます。

一括査定で1番のネックは1社1社と電話で打ち合わせをして、査定日程を調整したりすること。

キノサン
結局高く売るには業者1社1社との交渉が必要だったのですが、これを使えば優良買取店だけが残るので楽!

最終的には各業者との打ち合わせになるので、引渡し時期や条件などは個別に相談できる、融通の利きやすい売却方法です。

≫MOTA車買取(公式HP)

 

輸入車の売却におすすめ!輸入車専門の高価買取査定「輸入車.com」

輸入車の査定は一般的な買取店でも対応できますが、当然輸入車専門の買取店の方が販路を持っており、専門性の高い評価をすることができます。

輸入車.comは全国対応可能な外車専門の買取サービスなだけでなく、小売りに強く、オークション相場以上の価格を出してくれることもあります。

輸入車の売却は、まずは国産車と同じ様に数社から見積もりを取り、それに加えて輸入車専門の買取店にも価格を確認するのがおすすめのやり方

≫輸入車.com(公式HP)

 

ケイマン・ボクスターのリセールまとめ

以上、ケイマン・ボクスターのリセールバリューについての解説でした。

とんでもなく高いリセールバリューを持つ車種ということがわかったと思います。

今後の展開を踏まえても本当に持てる人は持っておいて損はない車と言えるでしょう。

これからのリセールにもかなり期待ができそうですね。

本記事はここまで。


車のリセールバリューに興味がある方は、他の記事も参考にしてみてください。

良いカーライフを。

≫【関連記事】リセールバリューの高い車を全車種の中からランキングで紹介(2022年最新版)

≫【関連記事】リセールバリューの高い輸入車ランキング

輸入車を売るなら輸入車買取専門輸入車.comに査定を依頼するのがおすすめ!

国産車と輸入車では見るポイントが異なり、輸入車専門店の方が当然高額査定が期待できる!もちろん全国出張査定も可能。

輸入車は特に同メーカーでも下取りが高いとは限りません。まずは無料オンライン査定でプロの査定額を聞いてみよう!

\ 最高値お約束キャンペーン実施中! /
輸入車.comに査定を依頼する