718ケイマン・ボクスターのリセールと残価率をGT4まで解説

718ケイマン・ボクスターのリセールと残価率をGT4まで解説
  • 718ケイマン/ボクスターのリセールバリューは良い?悪い?
  • もし買うならリセールが良いグレードとしては何がおすすめ?

こんな疑問をお持ちではありませんか?

こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。

今回は、718ケイマン/ボクスターのグレード別のリセールバリュー(残価率)とリセールの高い仕様について詳しく解説します。

  • ケイマン/ボクスターの購入を検討している
  • 将来的なリセールバリューが気になる

という方は参考にしてみてください。

※本記事は2022年5月の中古車オークション相場を元に作成しています。

【結論】ケイマン/ボクスターのリセール

ケイマンのリセール

それではまず、現在のケイマン/ボクスターの経過年数別のリセール(残価率)を記載します。

残価率とは買取価格/新車価格(%)で値持ちの良さを表します。
経過年数
モデル
残価率/買取額
ケイマン
残価率/買取額
ボクスター
3年落ち/R1年
718
84%/750万円
★★★★★
91%/850万円
★★★★★
5年落ち/H29年
718
80%/635万円
★★★★★
78%/580万円
★★★★★
H28/4:718にフルモデルチェンジ
7年落ち/H27年
981系
73%/655万円
★★★★★
73%/600万円
★★★★★
10年落ち/H24
981系
60%/440万円65%/450万円

※買取額は全グレードの平均です

キノサン
ケイマン/ボクスターのリセールは安定的に高い!新車価格から見てもパフォーマンスはポルシェNo.1です。
結論:ケイマン/ボクスターのリセール
  • リセールバリューは高位安定型。モデルチェンジがあっても落ちない
  • グレードはベースグレードかGTSがおすすめ。GT4は特殊だがリセールは高い
  • 2024年にはフル電動化。見越すとガソリン車の希少性は一層高まる可能性も

ポルシェのケイマン/ボクスター、良いですよ。

リセールバリューはポルシェイチと言っていいほど高いレベルにあります。

911に比べエントリーラインが低いことからポルシェの中では手が出しやすくかつリセールも高い、かなりおすすめな車です。

 

ケイマンとボクスターはクーペかオープンかの違いですが、リセールはほぼ同じでどっちが高いとかはほぼありません。

共通してリセールが高いグレードは「ベースグレード」か「GTS」。

ケイマンの場合はGT4、GTS4.0もこの先高リセールとなる可能性が大なグレードです。

 

モデルとしてのリセール力が強く、色やオプションによるリセール差はそこまで見られません。

しかしその中でもリスクを減らす選択としては、色やオプションにも優先順位があるのでその辺は知っておいた方がお得です。

また今後のフル電動化を見据えると、中古車から入っても十分勝機がある車だと言えます。

欲しいスペックの中古車が見つからない場合は、ガリバーの中古車検索サービスに登録してこの先入庫したら教えてもらうようにしましょう。

これから乗換えを考えている方は、早め早めに下取り車の買取相場を調べておくと乗換えの計画も立てやすく、おすすめですよ。

その場で6ヵ月後までの買取相場がわかる!「車査定比較.com」

『すぐに車は売らないけど、この先の売却相場は知っておきたい』、そんな時は車査定比較.comがおすすめです。

このサービスは全国の中古車売買データを用いて、車の現在の買取相場と6ヵ月後の買取相場を教えてくれるかなり便利なサービス。

納車が遅いこの時期だからこそ、暫く先の相場情報がわかるのは助かりますよね!

32秒の簡単web入力で最大10社の査定額が比較でき、金額次第では売却をしなくてもOK。

先々売るのであれば買取相場は早めに知っておいた方が何かと便利。ディーラーとの交渉を有利に進める為にも愛車の価値を調べておきませんか?

\ 愛車の査定相場がすぐにわかる! /
相場をクイック診断!車査定比較.com

***

経過年数/グレード別のリセール

ケイマン経過年数別のリセール

新車から3年・5年・7年・10年後のリセールをグレード別に紹介します。

【調査条件・環境】
・過去3ヵ月のオークションデータ
・装備と色は絞り込みなし
・事故歴なし車両状態良好として

▼関連記事
≫車を高く売るなら『査定士はどこを見ている?車の評価が高くなる意外なポイント』をチェック

3年後のリセール:残価率88%

3年後のリセールを3年落ちから解説します。

3年落ちは718の現行モデル。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【718ケイマン】
718ケイマン7,272,000円
1.3万km
13件
600~750万円
680万円
94%
718ケイマンS9,162,000円
1.5万km
2件
720万
79%
718ケイマンGTS10,602,000円
2.3万km
4件
700~880万円
850万
80%
【718ボクスター】
718ボクスター7,662,000円
1.3万km
10件
650~750万円
700万円
91%
718ボクスターGTS10,992,000円
0.3万km
1件
1000万円
91%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【3年後の残価率/平均買取額】

718ケイマン84%/750万円
718ボクスター91%/850万円

ケイマン、ボクスター共に3年落ちの残価率はかなり高いと言えます。

どちらも右ハンドルのATがメインです。

 

5年後のリセール:残価率79%

5年後のリセールを5年落ちから解説します。

5年落ちも718の現行モデル。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【718ケイマン】
718ケイマン7,074,000円
2.6万km
14件
400~700万円
610万円
86%
718ケイマンS9,014,000円
1.9万km
5件
600~720万円
660万円
73%
【718ボクスター】
718ボクスター7,464,000円
2.9万km
16件
500~660万円
580万円
78%
718ボクスターS9,404,000円データなし

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【5年後の残価率/平均買取額】

718ケイマン80%/635万円
718ボクスター78%/580万円

ポルシェの5年落ちにして驚異の残価率。

正直718としては3年落ちからあまり価値が落ちていないことになります。

2024年にフル電動化と公式にアナウンスされているらしく、それを見越しても718ケイマン・ボクスターはかなりお買得!

 

7年後のリセール:残価率73%

7年後のリセールを7年落ちから解説します。

7年落ちは718になる前の981系ケイマン。

モデルチェンジ前のケイマン:goonetより
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ケイマン】
ケイマン6,820,000円
3.5万km
14件
350~600万円
490万円
72%
ケイマンS8,480,000円
5.0万km
7件
450~600万円
500万円
59%
ケイマンGTS9,790,000円
4.1万km
3件
700~850万円
750万円
77%
ケイマンGT410,640,000円
2.4万km
2件
850~900万円
880万円
83%
【ボクスター】
ボクスター6,340,000円
3.8万km
15件
330~530万円
460万円
73%
ボクスターS8,430,000円
3.7万km
9件
450~600万円
540万円
64%
ボクスターGTS9,660,000円
3.8万km
4件
750~850万円
800万円
83%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【7年後の残価率/平均買取額】

ケイマン73%/655万円
ボクスター73%/600万円

距離があまり伸びない車ということはありますが、全く残価率が落ちていません。

特にケイマンGT4は製造から7年落ちにして83%と驚異の残価率です。

 

10年後のリセール:残価率63%

10年後のリセールを10年落ちから解説します。

10年落ちは981系の発売当初の年。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ケイマン】
ケイマン6,590,000円
5.0万km
7件
300~550万円
400万円
61%
ケイマンS8,200,000円
4.4万km
3件
400~500万円
480万円
59%
【ボクスター】
ボクスター6,310,000円
5.2万km
12件
330~550万円
430万円
68%
ボクスターS7,740,000円
5.6万km
8件
350~580万円
470万円
61%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【10年後の残価率/平均買取額】

ケイマン60%/440万円
ボクスター65%/450万円

車の10年落ちの残価率は中でもかなり上位に入るのがケイマン・ボクスターのリセールです。

フルモデルチェンジ前の型落ちモデルでもこのリセールですから、モデルとしての強さを感じます。

 

ケイマンGT4のリセール

981系ケイマンGT4のリセールは7年落ちでも残価率83%と記載しましたが、718ケイマンGT4、GTS4.0の残価率も解説します。

718ケイマンGT4:goonetより
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
ケイマンGTS4.010,720,000円
0.8万km
2件
1150万円
107%
ケイマンGT412,599,074円
0.5万km
7件
1050~1300万円
1150万円
91%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

年式は令和2年式で2年落ち前後になりますが、ざっくりこんなところになります。

GTS4.0は新車カタログ値超え、GT4は新車が高い分、意外とリセールは100%を超えなさそうです。

とはいえ7年落ちでも距離を抑えれば83%の残価率なので、この先も高残価であることは間違いありません。

***

以上、経過年数別に見たグレード毎のリセール(残価率)でした。

結果をまとめたのが下記になります。

 

経過年数別リセールのまとめ

経過年数別のリセールをまとめます。

経過年数
モデル
残価率/買取額
ケイマン
残価率/買取額
ボクスター
3年落ち/R1年
718
84%/750万円
★★★★★
91%/850万円
★★★★★
5年落ち/H29年
718
80%/635万円
★★★★★
78%/580万円
★★★★★
H28/4:718にフルモデルチェンジ
7年落ち/H27年
981系
73%/655万円
★★★★★
73%/600万円
★★★★★
10年落ち/H24
981系
60%/440万円65%/450万円

全くリセールが落ちない、それがケイマン、ボクスターであることがわかります。

次に1年毎のリセール(残価率)の落ち方も見ていきます。

 

リセールはいつ大きく落ちるのか

リセールバリューが毎年どの様に落ちていくのかを「ケイマン(ベースグレード)」で調べました。

モデル
(平均走行距離)
平均買取額
(前年比)
当年もの/718データなし
1年落ち/718データなし
2年落ち/718
(1.8万km)
680万円
3年落ち/718
(1.0万km)
680万円
(±0)
4年落ち/718
(1.9万km)
650万円
(−30万円)
5年落ち/718
(2.6万km)
610万円
(−40万円)
H28/4:718ケイマンにフルモデルチェンジ
6年落ち/981系
(3.7万km)
520万円
(−90万円)
7年落ち/981系
(2.7万km)
510万円
(−10万円)
8年落ち/981系
(6.0万km)
410万円
(−100万円)
9年落ち/981系
(5.0万km)
400万円
(−10万円)
10年落ち/981系
(5.5万km)
400万円
(±0)

大きく落ちているところを赤字で記載しましたが、モデルチェンジ前後と距離が大きく増えたところのみで、かなり限定的です。

多くの年は距離が増えなければほぼリセールが変わらないという状況で、そもそもそこまで走る車でもないのでリセール的にはほぼ無敵です。

***

リセールバリューのポイント

ケイマンのリセールのポイント

ここからはケイマンを購入する際のリセールに関わるポイントを紹介します。

まずは色です。

リセールバリューの高い色

色によるリセール差をオークション相場より調べました。結果は下記の通り。

台数/走行距離平均価格
シロ・パール29台/1.9万km606万円
クロ19台/1.4万km630万円
シルバー・グレー14台/2.4万km596万円
アオ・アカ・キイロ14台/2.2万km625万円

※718ケイマン(ベースグレード) n=76

割と混戦です。

傾向として人気はシロ・パールホワイトですが、残価率だけで言うとクロの方が高い。

また他の色もそこまでリセールが悪い訳ではなく、走行距離に起因している部分もあります。

基本はシロ・クロを押さえた方が無難と言えますが、そこまでリセール落ちを気にする必要はなく、距離や状態の方が重要と言えるでしょう。

 

リセールの高いオプション

まず必須なのは、

  • スポーツクロノパッケージ(313,000円)

になり、新車の場合は必須です。

次にお金をかけていくべきは、

  • ポルシェアクティブサスペンションマネージメント(PASM)(238,000円)
  • ポルシェトルクベクタリング(PTV)(218,000円)

などの足回りか、

  • LEDヘッドライト(PDLS Plusを含む)(329,000円)
  • アダプティブクルーズコントロール(258,000円)
  • ポルシェエントリー&ドライブシステム(117,000円)
  • シートヒーター、シートベンチレーション

などの実用的な部分です。

ホイールをオプションで1インチ上げるなどもプラス評価です。

音響(BOSE、Burmester)や内装のインテリアは費用対効果としては悪いオプションになりますので、優先順位をつけるのが有効です。

正直ケイマンの場合、スポーツクロノパッケージ以外は最低限の装備だけでも十分勝負できるぐらいの個体としての強さもありますが。

 

査定士お薦め‼︎車を高く売る方法

車のリセールバリューを気にすると同時に重要なのが、下取車をしっかり高値で売ることです。

キノサン
高く売る方法を知っていないとリセールの高い車も宝の持ち腐れです。

特に日本の中古車は海外でも人気があり、需要が大きいことから9割以上のケースでディーラーの下取りより買取りの方が高いと言われています。

今回はそんな車の買取サービスの中から、中古車査定士である筆者が自分の車を売る際にも使うサービスを紹介するので参考にしてみてください。

【すぐ手放せるなら】価格が競り上がる「オークション形式」

価格だけを追い求める場合、車売却のトレンドとして「オークション形式」が増えています。(実際に価格も競り上がるので高い)

「オークション形式」とは、最初に1度の査定をして、そのデータに対し複数の業者がWeb上でオークションの様に入札してくる方式のこと。

オークションの結果が満足いく価格に達しなかった場合は無料でキャンセルもできます。

現在このサービスが利用できるのは、楽天Carオークションユーカーパックの2社のみ。

メリットは買取額が高いこと、デメリットはエリアが限定されること(地方は一部不可)、早めに車を手放さなければいけないことになります。

キノサン
ユーカーパックは落札後の入金確認から8日以内に車の引き渡し。
アシスタント
サポート
楽天は1ヵ月の猶予があるので、楽天の方が余裕を持てますね。

入札業者数はユーカーパックが多い(8,000社)ですが、楽天はポイントが貯まったり余裕を持てたりと一長一短です。(楽天の業者数は2,000社)

価格は期待できるので「すぐに手放せる人」にはおすすめです。※査定が一度だけなのも楽。

≫楽天Carオークション

≫ユーカーパック

 

【すぐに手放せないなら】引渡し時期などの融通が利く「カーセンサーの一括査定」

しかし実際には「すぐに車を引き渡せる人」ばかりではないですよね。

  • 次の車の納車時期がはっきりしていない
  • 次に買う車で迷っている
  • 買取額を元にディーラーと商談したい

という人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時は、引渡し時期など条件を各業者と交渉できる一括査定がおすすめです。

一括査定は多数の業者に見積もり依頼が出せる一方で、各業者の対応に手間がかかるというプラスとマイナスの両面を持ち合わせています。

手間がかかるというデメリットはあるものの、各業者が互いを意識して良い価格を出してくるので買取額としては好条件が期待できます。

一括査定ではとにかくできるだけ多くの業者に声をかけることが大事になりますが、それができるのがカーセンサーの一括査定です。(最大30社)

納車の時期まで車が使えたり、車は先に渡して代車を出してくれるなど買取店によって対応は様々です。細かい条件は個別に確認をしましょう。

≫カーセンサーの一括査定

 

ポルシェ専門の高価買取サービス

ポルシェを売却の際は、ポルシェを専門に買取しているポルシェマスターがおすすめです。

ポルシェはタマ数の少なさと車としての特殊性から、他のメーカーに比べ圧倒的にディーラーの下取りが高いと言われている車。

にもかかわらず、そんなポルシェディーラーからの中古車買取実績が多数ある、ディーラーもが認める高価買取業者がポルシェマスターなのです。

特に車が高額になればなるほど、一般の車買取とは一線を画した世界になるので、しっかりと信頼できるところに見てもらうようにしましょう。

≫ポルシェマスター

 

リセールの高い中古車の選び方

リセールの高いケイマンの中古車の選び方

これまでに伝えた通り、2024年にフル電動化されることがほぼ確実な為、ただでさえリセールが高い車ですが今後ガソリン車を保有する価値は高まります。

リセール自体は718でなくとも高残価率ですが、どうせならできるだけ新しい718ケイマン、ボクスターがおすすめ。

グレードはGT4やGTS4.0が1番ですが、GTSやベースグレードでも十分と言えます。

好みの車が見つからない場合は下記の様なサービスを利用して、入庫してきたら連絡をもらえる様にしておくのがおすすめです。

【ケイマンの中古車を探すなら】販売店の非公開在庫もチェックしよう!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスに登録するのがおすすめです。

一般市場に公開される前の「非公開在庫」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に早くリーチできます。(登録は無料)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスです。

キノサン
いい車は早い者勝ち。欲しい車がある人は早めの登録がおすすめです。
アシスタント
サポート
外車専門の買取もしているので多くの輸入車を持っており期待大!
\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
ケイマンの非公開在庫を見る

 

まとめ

以上、ケイマン・ボクスターのリセールバリューについての解説でした。

とんでもなく高いリセールバリューを持つ車種ということがわかったと思います。

今後の展開を踏まえても本当に持てる人は持っておいて損はない車と言えるでしょう。

これからのリセールにも期待です!

 

ケイマン・ボクスターの他にもリセールバリューの記事を書いているので、他の車のリセールが気になる場合はチェックしてみてください。

≫【関連記事】リセールバリューの高い車をランキングで紹介(全メーカー・全車種編)

≫【関連記事】ポルシェ各車種のリセールバリューをランキングで紹介します

最後に個別の乗換え相談のお知らせです。

お知らせ(個別の乗換相談)

〈お知らせ〉

本ブログはリセールを中心とした発信ですが、個別の乗換え相談も承っています。

  • 欲しい車の中で将来的なリセールを考えると、どれがおすすめ?
  • 装備やオプション、乗り換え時期の考え方
  • 下取り車が狙える現実的な買取額

などの質問対して、3000文字まで、画像付きでお答えしています。

1回と2回があるので、聞きたい内容や状況に応じて使い分けて頂ければと思います。

リセールを重視した乗り換えがしたいが、あまり詳しくなくプロのアドバイスが欲しい、という方におすすめです。

ココナラ

※お届け日数は質問内容によります。初回の質問に対する回答は最短12時間以内〜最長2日の予定です。※お急ぎの方は事前にダイ…

最後までお読み頂きありがとうございました。

良いカーライフを。