【ポルシェ】パナメーラのリセールと残価率を中古車査定士が解説

ポルシェ/パナメーラのグレード別のリセールバリュー(残価率)とリセールの高い仕様について中古車査定士が詳しく解説します。

3年後、5年後、7年後、10年後の残価率をまとめたので、購入の材料にしてください。

キノサン
結論、パナメーラのリセールはやや弱め(★★★☆☆)です!

輸入車を売るなら輸入車買取専門輸入車.comに査定を依頼するのがおすすめ!

国産車と輸入車では見るポイントが異なり、輸入車専門店の方が当然高額査定が期待できる!もちろん全国出張査定も可能。

輸入車は特に同メーカーでも下取りが高いとは限りません。まずは無料オンライン査定でプロの査定額を聞いてみよう!

\ 最高値お約束キャンペーン実施中! /
輸入車.comに査定を依頼する

【結論】パナメーラのリセール

パナメーラのリセールバリュー

それではまず、現在のパナメーラの経過年数別のリセール(残価率)を記載します。

残価率とは買取価格/新車価格(%)で値持ちの良さを表します。
経過年数
モデル
残価率/買取額
パナメーラ
残価率/買取額
スポーツツーリスモ
R2/8:971系後期にマイナーチェンジ
3年落ち/R1年
971系前期
69%/1042万円
★★★☆☆
64%/1136万円
★★★☆☆
5年落ち/H29年
971系前期
52%/796万円
★★★☆☆
未発売
H28/7:971系にフルモデルチェンジ
7年落ち/H27年
970系後期
27%/388万円
★☆☆☆☆
未発売
H25/4:970系後期にマイナーチェンジ
10年落ち/H24
970系前期
19%/279万円未発売

※平均買取額は全グレード平均にて

キノサン
パナメーラのリセールはやや低め。リセールを重視するなら短期で乗換えるのがおすすめです。
結論:パナメーラのリセールは?
  • パナメーラ、パナメーラスポーツツーリスモ共にリセールは高くない
  • グレードはベースグレードかGTSがおすすめ。色はパールホワイトかクロが良い
  • 今後のモデルチェンジ次第では、フル内燃機関の971系(現行)は希少価値が上がる可能性も

パナメーラのリセールはあまり高くありません。

経過年数や走行距離に比例して大きくリセールは落ちるので、リセール重視で乗るなら短期で乗換えるのがおすすめの乗り方。

コスパが良いグレードはベースグレードか、GTSグレード。スポーツクロノPCKとパノラマルーフはリセールへ大きく影響するオプションです。

 

今後、パナメーラのモデルチェンジは予定されてなく、911以外の全てがフル電動化され、タイカンに吸収されると言われています。

そうなった場合、逆に今のフル内燃機関のパナメーラは希少な存在となり、これまでよりリセールが落ちにくくなる可能性が出てきます。

確定的なことは言えないですが、基本はリセールが落ちやすい車なので、頭に入れながら乗り継ぐようにしていきましょう。

これから乗換えを考えている方は、早め早めに下取り車の買取相場を調べておくと乗換えの計画も立てやすく、おすすめですよ。

その場で6ヵ月後までの買取相場がわかる!「車査定比較.com」

『すぐに車は売らないけど、この先の売却相場は知っておきたい』、そんな時は車査定比較.comがおすすめです。

このサービスは全国の中古車売買データを用いて、車の現在の買取相場と6ヵ月後の買取相場を教えてくれるかなり便利なサービス。

納車が遅いこの時期だからこそ、暫く先の相場情報がわかるのは助かりますよね!

32秒の簡単web入力で最大10社の査定額が比較でき、金額次第では売却をしなくてもOK。

先々売るのであれば買取相場は早めに知っておいた方が何かと便利。ディーラーとの交渉を有利に進める為にも愛車の価値を調べておきませんか?

\ 愛車の査定相場がすぐにわかる! /
相場をクイック診断!車査定比較.com

***

経過年数/グレード別のリセール

新車から3年・5年・7年・10年後のリセールをグレード別に紹介します。

【調査条件・環境】
・過去3ヵ月のオークションデータ
・装備と色は絞り込みなし
・事故歴なし車両状態良好として

▼関連記事
≫車を高く売るなら『査定士はどこを見ている?車の評価が高くなる意外なポイント』をチェック

3年後のリセール:残価率67%

3年後のリセールを3年落ちから解説します。

3年落ちは令和2年8月にマイナーチェンジがあったので971系前期モデルになります。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【パナメーラ】
パナメーラ11,980,000円
1.1万km
2件
950万円
79%
パナメーラ412,833,333円
1.8万km
10件
900万円
70%
パナメーラ4S16,280,000円
1.6万km
3件
950~1050万円
1000万円
61%
パナメーラGTS19,494,444円
0.7万km
4件
1450~1550万円
1500万円
77%
パナメーラ4Eハイブリッド14,360,000円
1.6万km
2件
900万円
63%
パナメーラ4Eハイブリッドエグゼクティブ16,408,333円
1.1万km
1件
1000万円
61%
【パナメーラスポーツツーリスモ】
パナメーラ4スポーツツーリスモ12,950,000円
2.4万km
13件
650~1000万円
880万円
68%
パナメーラ4Sスポーツツーリスモ17,043,000円
1.9万km
6件
850~1200万円
1000万円
59%
パナメーラ4Eスポーツツーリスモ15,213,000円
3.8万km
5件
700~900万円
750万円
49%
パナメーラGTSスポーツツーリスモ19,350,000円
0.6万km
2件
1600~1800万円
1700万円
88%
パナメーラターボスポーツツーリスモ24,533,000円
2.7万km
3件
1200~1500万円
1350万円
55%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【3年後の残価率/平均買取額】

パナメーラ69%/1042万円
スポーツツーリスモ64%/1136万円

スポーツツーリスモは平成29年に追加された比較的最近のモデルですが、概ねパナメーラと変わらないか、やや低いリセールバリューになります。

しかしGTSグレードは両モデルを通して高いリセールとなっており、特にリセールが高いのはベースとGTSグレードです。

 

5年後のリセール:残価率52%

5年後のリセールを5年落ちから解説します。

5年落ちも同じく971系前期モデルです。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
パナメーラ11,328,000円
9.6万km
2件
450~660万円
550万円
49%
パナメーラ411,828,000円
4.2万km
3件
500~850万円
660万円
56%
パナメーラ4S15,910,000円
3.3万km
8件
700~1000万円
850万円
53%
パナメーラ4Eハイブリッド14,070,000円
5.0万km
3件
550~1000万円
770万円
55%
パナメーラターボ23,270,000円
1.9万km
7件
950~1400万円
1150万円
49%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【5年後の残価率/平均買取額】

52%/796万円

5年後のリセールはそこまで高くありません。

大体の車が5年も経てばマイナーチェンジを含めたモデルチェンジをしますが、5年落ちで50%台の残価率は平均よりも低い数値です。

このことからもパナメーラをリセール重視で乗るなら短期決戦・短期売却が望ましいと言えます。

 

7年後のリセール:残価率27%

7年後のリセールを7年落ちから解説します。

7年落ちは一つ前の970系の後期モデルです。

970系後期のパナメーラ(goonetより)
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
パナメーラ10,380,000円
4.6万km
4件
300~400万円
380万円
37%
パナメーラ4S15,580,000円
6.8万km
3件
200~250万円
230万円
15%
パナメーラGTS17,000,000円
5.1万km
4件
380~600万円
530万円
31%
パナメーラS14,990,000円
3.3万km
2件
440~460万円
450万円
30%
パナメータS-Eハイブリッド14,980,000円
7.2万km
3件
300~380万円
350万円
23%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【7年後の残価率/平均買取額】

27%/388万円

7年落ちのリセールはかなり低下してきています。

概ね走行距離に関係なく低くなっているので、モデルとして年数が経つとリセールが落ちやすいと言えるでしょう。

 

10年後のリセール:残価率19%

10年後のリセールを10年落ちから解説します。

10年落ちは970系の前期(初期)モデルです。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
パナメーラ410,780,000円
7.5万km
7件
160~220万円
200万円
19%
パナメーラS14,010,000円
6.3万km
3件
240~310万円
275万円
20%
パナメーラ4S14,620,000円
5.7万km
8件
200~300万円
255万円
17%
パナメーラGTS15,710,000円
6.9万km
17件
300~450万円
365万円
23%
パナメーラターボ21,070,000円
6.8万km
3件
270~310万円
300万円
14%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【10年後の残価率/平均買取額】

19%/279万円

車の10年落ちの残価率は大体20%が平均的な値であり、パナメータの10年後のリセールはほぼ平均的な数値です。

例えば新車で購入して10年保有していた場合、グレードにもよりますが毎月5~10万円の価値を失っていたことになります。

そう考えると長期で保有はせずそこそこのところで売却した方が良いのがわかりますね。

***

以上が経過年数別に見たグレード毎のリセール(残価率)でした。

結果をまとめたのが下記になります。

 

経過年数別リセールのまとめ

経過年数別のリセールをまとめます。

経過年数
モデル
残価率/買取額
パナメーラ
残価率/買取額
スポーツツーリスモ
R2/8:971系後期にマイナーチェンジ
3年落ち/R1年
971系前期
69%/1042万円
★★★☆☆
64%/1136万円
★★★☆☆
5年落ち/H29年
971系前期
52%/796万円
★★★☆☆
未発売
H28/7:971系にフルモデルチェンジ
7年落ち/H27年
970系後期
27%/388万円
★☆☆☆☆
未発売
H25/4:970系後期にマイナーチェンジ
10年落ち/H24
970系前期
19%/279万円未発売

マイナーチェンジがあるにはしろ、3年落ちから70%スタートなのでそこまで高いリセールバリューではないです。

年式やモデルチェンジ、走行距離の影響を大きく受ける車種なので、リセールを重視するなら同一モデル内での売買がおすすめ。

次に、1年毎のリセール(残価率)の違いを見ていきましょう。

 

リセールはいつ大きく落ちるのか

リセールバリューが毎年どの様に落ちていくのかを「パナメーラ・パナメーラ4」で調べました。

モデル
(平均走行距離)
平均買取額
(前年比)
当年もの/971系後期データなし
1年落ち/971系後期データなし
R2/8:971系後期にマイナーチェンジ
2 年落ち/971系前期
(2.1万km)
900万円
3年落ち/971系前期
(1.7万km)
930万円
(+30万円)
4年落ち/971系前期
(3.2万km)
720万円
(−190万円)
5年落ち/971系前期
(6.4万km)
620万円
(−100万円)
H28/7:971系にフルモデルチェンジ
6年落ち/970系後期
(3.6万km)
480万円
(−140万円)
7年落ち/970系後期
(4.6万km)
380万円
(−100万円)
8年落ち/970系後期
(6.1万km)
360万円
(−20万円)
9年落ち/970系後期
(5.6万km)
340万円
(−20万円)
H25/4:970系後期モデルにマイナーチェンジ
9年落ち/970系前期
(6.7万km)
220万円
(−120万円)
10年落ち/970系前期
(7.5万km)
200万円
(−20万円)
大きく落ちているところを赤字にしています。
基本的には、
  • モデルチェンジ
  • 走行距離が増えた年

に大きくリセールが落ちています。

特に輸入車は同一モデル内でも高年式では値動きが激しかったりして、保有が長いとどんどん価値を失う車もあります。

ある程度年数が経過すると値動きも落ち着きますが、特に高年式ではリセールは走行距離や状態に大きく左右されると覚えておきましょう。

***

リセールバリューのポイント

パナメーラのリセールのポイント

ここからはパナメーラを購入する際のリセールに関わるポイントを紹介します。

まずは色です。

リセールバリューの高い色

色によるリセール差をオークション相場より調べました。結果は下記の通り。

台数/走行距離平均価格
シロ・パール14台/3.7万km771万円
クロ10台/2.2万km817万円
グレー3台/2.9万km739万円
アオ1台/4.2万km600万円

※971系パナメーラ・パナメーラ4にて n=28

走行距離の違いはありますが、クロが最もリセールが高い色になります。

しかし人気ではシロとパールホワイトも負けておらず、走行距離を勘案するとほぼ同レベルのリセールだとも言えます。

その他の色はリセール的にはやや厳しい結果となっているので、やはり高級車であればあるほど色はシロかクロを選ぶべきです。

 

リセールの高いオプション

細かな装備まで確認できていませんが、

  • スポーツクロノパッケージ(313,000円)
  • パノラマルーフシステム(351,000円)

必ず高く評価されます。

またコンフォート機能として、シートヒーターやシートベンチレーションもおすすめの装備です。

その他音響システムで、

  • BOSEサウンドシステム(236,000円)
  • ブルメスターサウンドシステム(1,123,000円)

などもありますが、プラス評価にはなるもののかけた費用ほどプラスにはなりません。

お金をかける部分として、音響の優先順位はやや低めです。

まずはスポーツクロノとパノラマルーフが優先、次はアルミホイールなど見た目の部分が評価されやすいと言えます。

 

リセールの高い中古車の選び方

パナメーラの中古車の選び方

パナメーラは今後モデルチェンジせずフル電動化され、タイカンに吸収されるとの話もあります。

そうなると仮定した場合、現行モデルの特にGTSグレードなんかはかなり価値が落ちにくくなると予想します。

ベストなのは今の後期モデルですが、前期モデルでも可能性はあり、970系はおそらく下がる一方だと予想。

とにかくEハイブリッドではなく、フル内燃機関のガソリンモデルがおすすめ。

高年式なのでそこそこ値段は張りますが、今後の状況を見据えるとリセールが落ちにくくなる1台になるかもしれません。

パナメーラの中古車を探すなら!業者の非公開在庫もチェックしよう

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを活用するのがおすすめです。

公開前の非公開在庫と中古車オークションから希望の車を探してくれるので、希望のスペックの車が早く、簡単に見つかります。(登録は無料)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスです。

キノサン
ガリバーは外車専門の買取しており、輸入車の在庫は豊富で期待大!
\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
パナメーラの非公開在庫を見る

 

【中古車査定士が解説!】車を高く売る方法とおすすめの買取サービスを紹介

ディーラーの下取りと中古車買取サービスを比較した場合、90%以上の確率で10万円以上、中古車買取サービスの方が高い買取額が出ます。

アシスタント
サポート
中には100万円近く下取りと買取で差が出る場合もありますよ!

しかしどこに査定を頼めば安心して、高く買取りしてもらえるのか、色々わからなかったり不安なことも多いですよね。

そこで今回は中古車査定士の筆者が車を売る時に使う(査定を依頼している)買取サービスを参考まで紹介します。

基本的に査定は無料です。筆者はオークション形式と一括査定の両方を使って、条件や価格を比較して、最終的にどこに売るかを決めています。

すぐに車を手放せる人は効率と価格の両取りの「オークション形式」

車をすぐに手放せる人(1ヵ月以内に売却可能)は、手間をかけずに高値で売却できる「オークション形式」の売却がおすすめです。(無料)

「オークション形式」とは、最初に1度の査定をして、そのデータに対し複数の業者がWeb上でオークション形式で入札してくる方式のこと。

オークションの結果が安かった(売れない)場合は無料でキャンセルもできます。

おすすめは楽天が運営している楽天Car車買取です。

実際の流れは下記のようになります。

車の内容と連絡先を記載して査定を依頼
楽天より査定日時の連絡がくる
自宅等で車の査定をしてもらう
査定の結果からオークションの金額設定をする
査定の2日後にオークションが開催(webで確認)
結果に対し売却する・しないの判断をする
売却する場合は1ヵ月以内に車を引き渡す
しない場合はそこでサービス終了

結果が出るまでかなりスピーディなのが特徴。

それでありながら、一括査定で5社以上と頑張って交渉した価格の上位1位〜3位レベルの価格が出るのでかなり効率の良い売却方法だと言えます。

例えば納車が先で1ヵ月以内に売却できなくても、納車まで1ヵ月を切ったぐらいのタイミングで査定を依頼すれば問題ありません。

web上で競り上がっていくオークション状況が見えるのですが、それだけでも斬新で価値があり、中々画期的な売却システムです。

<楽天Car車買取の特徴>

車の一括査定楽天Car車買取
入札業者数多くて10社2000社以上
手間(電話対応、査定対応、価格交渉)×業者数楽天の査定担当者との調整のみ
利用料無料無料
引き渡し業者との交渉1ヵ月以内の引渡し

≫楽天Car車買取(公式HP)

 

すぐに車を手放せない人は引渡しの融通が利きやすい「一括査定」

  • 車の納車時期がはっきりしていない…
  • 次に買う車が決まっていない…
  • 買取額を元にディーラーと商談したい…

というすぐに車を手放せる状態にない人は「車の一括査定」を利用しましょう。

おすすめはMOTA(モータ)車買取です。

このMOTA車買取はこれまでの一括査定のデメリットを打ち消す凄い特徴を持った一括査定です。

<MOTA車買取の特徴>

一般の一括査定MOTA車買取
最大比較社数10社20社
電話社数10社3社
Web上での概算査定額比較なしあり
利用料無料無料

最大20社に見積もり依頼ができ、概算査定額で比較が行われ、電話連絡が来て車を実際に見せるのは上位3社のみで構いません。

全業者の概算査定額が申込みの翌日18時に開示されるので、公平に上位3社を選ぶことができます。

一括査定で1番のネックは1社1社と電話で打ち合わせをして、査定日程を調整したりすること。

キノサン
結局高く売るには業者1社1社との交渉が必要だったのですが、これを使えば優良買取店だけが残るので楽!

最終的には各業者との打ち合わせになるので、引渡し時期や条件などは個別に相談できる、融通の利きやすい売却方法です。

≫MOTA車買取(公式HP)

 

輸入車の売却におすすめ!輸入車専門の高価買取査定「輸入車.com」

輸入車の査定は一般的な買取店でも対応できますが、当然輸入車専門の買取店の方が販路を持っており、専門性の高い評価をすることができます。

輸入車.comは全国対応可能な外車専門の買取サービスなだけでなく、小売りに強く、オークション相場以上の価格を出してくれることもあります。

輸入車の売却は、まずは国産車と同じ様に数社から見積もりを取り、それに加えて輸入車専門の買取店にも価格を確認するのがおすすめのやり方

≫輸入車.com(公式HP)

 

まとめ

以上、「ポルシェ/パナメーラのリセールバリュー」についての解説でした。

セダンということもあって、比較的リセールの落ちは早い車にはなりますが、それでも特性を掴めば上手に乗りこなすこともできるでしょう。

本記事はここまでとなります。


車のリセールバリューに興味がある方は、他の記事も参考にしてみてください。

良いカーライフを。

≫【関連記事】リセールバリューの高い車を全車種の中からランキングで紹介(2022年最新版)

≫【関連記事】リセールバリューの高い輸入車ランキング

輸入車を売るなら輸入車買取専門輸入車.comに査定を依頼するのがおすすめ!

国産車と輸入車では見るポイントが異なり、輸入車専門店の方が当然高額査定が期待できる!もちろん全国出張査定も可能。

輸入車は特に同メーカーでも下取りが高いとは限りません。まずは無料オンライン査定でプロの査定額を聞いてみよう!

\ 最高値お約束キャンペーン実施中! /
輸入車.comに査定を依頼する