ポルシェ パナメーラのリセールをグレード別にプロ査定士が解説

ポルシェ パナメーラのリセールをグレード別にプロ査定士が解説

ポルシェ パナメーラの新車から3年・5年・7年後のリセールバリュー(下取り/買取相場)をグレード別にお伝えします。

リセールバリューの高いグレードや人気の色、モデルチェンジのリセールへの影響等も調べています、是非参考にしてみてください。

この記事ではこんなことについてまとめています。

  • パナメーラの具体的なリセールバリュー(下取り/買取相場)
  • リセールバリューの高いグレードや仕様
  • パナメーラの中古車として狙い目の年式

 リセールが高いのはベースグレード

 スポーツクロノパッケージは重要

 現行モデルの3~4年落ちは高リセールが狙える

リセールについてかなり細かく調べています。パナメーラに興味のある人には絶対に読んでほしい内容です。

キノさん
パナメーラについてや、カイエンのリセールについても見ておきましょう。
パナメーラについて知る

ポルシェ パナメーラのサイズ・価格・グレードについて、知らない人にもわかりやすく・詳しく説明していきます。高級車だけにどんな車か知る・調べる機会って少ないですよね。車の買取をしている私でも結構触れる機会って少なかったりします。[…]

パナメーラってどんな車?【サイズ・価格・グレードを調べてみた】
カイエンのリセールバリュー

ポルシェ カイエンの新車から2年・3年・5年・7年後のリセールバリュー(下取り/買取相場)をグレード別にお伝えします。リセールバリューの高いグレードやオプション、今後のモデルチェンジについても記載しましたので是非参考にしてみてくださ[…]

ポルシェ カイエンのリセールと下取り/買取相場を解説

リセールバリューとは

リセールバリューとは

 

リセールバリューとは
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として用いています。

買取相場の算出方法

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションでの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては、買取車両の大部分はオークションにて売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

それではパナメーラの買取相場について見ていきます。

注意
この記事は2020年9月時点の情報です。最新の買取相場は中古車買取店へお問い合わせください。
\買取相場を調べたいなら/
【無料】今すぐ中古車査定を申し込む

3年後の買取相場【平成29年式】

現行モデルのポルシェ パナメーラ
キノさん
平成28年7月にフルモデルチェンジされ二代目となりました。ほぼ全て4WD、めちゃくちゃかっこいいですね。

新車から3年後の買取相場を現在3年落ちの平成29年式の買取相場からお伝えします。

平成29年式をお持ちの方は参考になると思います。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成29年式・ディーラー車・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
パナメーラ11,620,000円
0.5~3.5万km
10件
800~930万円
850万円
73%
パナメーラ412,120,000円
2.0万km
1件
820万円
68%
パナメーラ4Eハイブリッド14,360,000円
1.6万km
1件
900万円
63%
パナメーラ4S16,280,000円
0.6~4.8万km
4件
830~1050万円
920万円
57%
パナメーラターボ23,770,000円
0.5万km
1件
1430万円
60%

※残価率=買取相場/新車価格(%)
※幅が出るのは、走行距離、色等がそれぞれ異なる為

キノさん
データ数が多い程人気のグレードと言え、数字の精度も高くなります。
3年後の平均残価率
64%

【参考】3年後の基準

90%以上 → 想定外
80~90% → 最強
70~80% → かなり高い
60~70% → 高い
50~60% → 普通
50%以下 → 低い

3年後のパナメーラのリセールバリューは「高い」と言えます。

ただし、「パナメーラ」で73%、「パナメーラ4S」で57%と上下に開きがあります。

リセールを求めるならベースグレードで十分ということが言えます。

5年後の買取相場【平成27年式】

今から5年前のポルシェ パナメーラ

新車から5年後の買取相場を現在5年落ちの平成27年式の買取相場からお伝えします。

平成27年式をお持ちの方は参考になると思います。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成27年式・ディーラー車・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
パナメーラ10,380,000円
3.4~4.6万km
3件
380~460万円
410万円
39%
パナメーラエディション10,370,000円
4.0~6.2万km
2件
375~420万円
400万円
39%
パナメーラS Eハイブリッド14,980,000円
3.6万km
1件
510万円
34%
5年後の平均残価率
37%

【参考】5年後の基準

80%以上 → 想定外!
70~80% → 最強
60~70% → かなり高い
50~60% → 高い
40~50% → 普通
30~40% → 低い

5年後のパナメーラのリセールバリューは「低い」という結果でした。

年式相応の走行距離のデータ数が少ないですが、おそらく「パナメーラ」のリセールが1番良いはずなので、グレードが上がるに連れ残価率は落ちると予想できます。

7年後の買取相場【平成25年式】

7年前のパナメーラ(平成25年4月MC後)

新車から7年後の買取相場を現在7年落ちの平成25年式の買取相場からお伝えします。

平成25年式をお持ちの方は参考にしてみてください。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成25年式・ディーラー車・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
パナメーラ9,940,000円
5.3万km
1件
385万円
39%
パナメーラ410,910,000円
6.0万km
1件
420万円
38%
パナメーラ4S(左H)14,800,000円
6.8万km
1件
310万円
21%
パナメーラGTS(左H)16,120,000円
5.6~7.7万km
2件
450~460万円
455万円
28%
7年後の平均残価率
32%
【参考】7年後の基準

70%以上 → 想定外
60~70% → 最強
50~60% → かなり高い
40~50% → 高め
30~40% → 普通
20~30% → 低い
20%以下 → かなり低い

7年後のパナメーラのリセールバリューは「普通」レベルと言えるでしょう。

5年後と7年後はモデルが同じなのでリセールバリューはほぼ変わらない結果となりました。

\パナメーラを高く売ろう/
【無料】高価買取店へ査定を依頼する

パナメーラのリセールのポイント

リセールを調べる中で見えたポイントをまとめました。

スポーツクロノパッケージ

スポーツクロノパッケージの図

スポーツクロノパッケージとは
エンジン、シャーシ、トランスミッションの性能がアクティブに強化され、さらなるスポーツドライビングが可能になるオプション。(313,705円。モデルにより異なる)
  • 最も効率のよい発進加速であるレーシングスタートを可能にするローンチコントロールシステム
  • ノーマル、スポーツ、スポーツプラス、パーソナルの4種類の走行モードが選択可能。ステアリングにモード切替のスイッチが装着
  • 最大限のスロットルレスポンスを約20秒間継続するスポーツレスポンスモードスイッチが装着

実際後付けも可能な様ですが、メーカーオプションで装備するとダッシュボードに上図の様なストップウォッチが装着されます。

私達査定士もこのストップウォッチを見てスポーツクロノの有無を判断しています。(後付けの場合ストップウォッチがなく見極めが困難)

今回価格比較は行えていませんが、よく業販する販売店などに聞くと必ずスポーツクロノの有無は聞かれるのでリセールに影響することは確実です。

スポーツクロノに関する、いやポルシェに関する記事は「ポルシェがわが家にやってきた」が凄く参考になります!

参考記事:ポルシェがわが家にやってきた

色は白・黒が人気

白はピュアホワイト(色コード:C9A)キャララホワイトメタリック(色コード:S9R→白よりもパールホワイト)がありますがどちらも評価はほぼ同じです。

色でリセールが大きく変わるということはない(走行距離や状態の方が大事)ですが、白系:黒:シルバー、グレー:その他の色(赤や青)の販売比率は、4:4:1:1です。

このデータからも白系や黒が無難な選択と言えるでしょう。

あわせて読みたい

キノさん車の色って何色が高く売れるか、きちんと知っていますか?よく白系が良いとか、白は雪に紛れるから輸出には嫌われるとか、黒系が良いとか、シルバー系が無難で良いとか。色んな話を聞きますよね。 本記事[…]

車の色

買取相場は安定傾向

最もデータ数が多そうな現行モデルの「パナメーラ」でオークション取引価格の推移を見ましたが、ここ半年での大きな変化は見られませんでした。

オークション価格推移
「パナメーラ」(現行モデル)の落札価格推移

6月が一時的に高いのは令和2年式などの極端の新しい車が出品された為です。

大体オークションでは800~850万円の間で売れている様です。

パナメーラのリセールまとめ

パナメーラはモデルチェンジでガクッとリセールが落ちますが、高額輸入車としては比較的良いリセールだったと思います。

パナメーラのリセール推移

■リセールが高いのはベースグレード

■スポーツクロノパッケージは重要

■現在3~4年落ちの中古車は高リセールが狙えそう

パナメーラを購入・売却を検討されている方は是非参考にしてみてくださいね!

以上、キノさんでした。

\値引きや納車時期までわかる/
【無料】パナメーラの新車見積もりをとる

リセールバリューに興味がある方はこちらの記事もお勧めです。

あわせて読みたい

リセールバリューの高い車を新車から3年・5年・7年後それぞれにおけるランキング形式で紹介していきます。リセールの良い車って実はたくさんあるんですね。それぞれの車のリセールバリューを正しく知って、カーライフをより楽しいものにしていきま[…]

車のリセールバリューのランキングTOP10

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事が気に入って頂けたらシェアを宜しくお願いします!