ベンツGLAクラスのリセールの高いグレードと下取り/買取相場

ベンツGLAクラスのリセールバリューの高いグレードと下取り/買取相場

「ベンツGLAってリセールバリューのいい車?」

「GLAクラスのリセールの高いグレードやオプションが知りたい!」

GLA Gallery
メルセデス・ベンツ公式ホームページより

メルセデス・ベンツの伝統が生んだコンパクトSUVモデル「GLAクラス」。

直4ディーゼルターボエンジンに18インチアルミとスポーティでありパワフルなスペックが人気です。

 

そんなベンツGLAクラスのリセールバリューや将来の買取相場、どのぐらいか知っていますか?

令和2年6月にフルモデルチェンジしたばかりで新型は今が狙い目。

将来的にどのくらいで売れるかは知っておきたいところですよね。

 

キノさん
というわけで、今回は「ベンツGLAクラス」のリセールについて解説していきます。

 

この記事では、

  • ベンツGLAクラスのリセール/買取相場
  • リセールの高いモデル・グレード

について詳しく記載しています。

GLAクラスに興味のある方は是非チェックしてみてくださいね。

 

早速ですが、まずは結論から。

 ベンツGLAクラスは輸入車の中では高め

 モデルチェンジの影響は大きく受ける

 「AMGライン」などの条件を押さえることが重要

という感じです。

次に経過年数における残価率の推移について。↓
※残価率=平均買取額/新車価格(%)

【ベンツGLAクラス】

経過年数残価率
現行モデル
(令和2年式)
110%
令和2年6月フルモデルチェンジ→H247系
3年落ち
(平成29年式)
56%
★★☆☆☆
平成29年4月マイナーチェンジ→X156系後期
5年落ち
(平成27年式)
41%
★★☆☆☆
平成26年5月発売開始

 

【AMG GLAクラス】

経過年数残価率
3年落ち
(平成29年式)
49%
★☆☆☆☆
平成29年4月マイナーチェンジ→X156系後期
5年落ち
(平成27年式)
36%
★☆☆☆☆
平成27年5月発売開始

キノさん
上記はあくまでも平均でグレード毎に残価率は異なります。
アシスタント
サポート
リセールの高いグレードなどは本文にてご確認ください。

\リセールバリューの高い車をランキングで紹介/
↓ ↓ ↓

あわせて読みたい

この記事のまとめ・リセールバリューの高い車をプロの中古車査定士がランキングにして紹介!・3年、5年、7年落ちに分けているので保有する年数に合わせたリセールの高い車を知ることができます。・後半では車種別の特徴を解説。こ[…]

【2020年11月更新】リセールバリューの高い車ランキング・TOP20

リセールバリューとは

リセールバリューとは

 

リセールバリュー
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として用いています。

 

買取相場の算出方法

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出しています。

理由は、買取車両の大部分はオークションにて売却されている為。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

それでは具合的なリセール/買取相場について見ていきましょう。

注意
この記事は2021年1月時点の情報です。最新の買取相場は中古車買取店へお問い合わせください。
\とりあえず今すぐ買取相場を知りたい/
【無料】査定士おすすめの中古車査定

 

ベンツGLAのリセール/買取相場

H247系【R2/6~現在】(参照元:グーネット)

現行モデル(令和2年式)

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 令和2年式。装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好として(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
GLA200d4マチック5,020,000円
0~0.4万km
10件
510~570万円
552万円
110%

※残価率=平均買取額/新車価格(%)

発売から1年経過していない現行モデルはカタログ上の新車価格よりは高く売れることに。

実際にはオプションや登録諸費用を含んだ総額には及ばないでしょうが。

一応、「AMGライン」「レザーエクスクルーシブパッケージ」「サンルーフ」付きの車が高く売れています。

AMGライン
AMGライン:公式ホームページより
レザーエクスクルーシブパッケージ
レザーエクスクルーシブパッケージ:公式ホームページより
パノラミックスライディングルーフ
パノラミックスライディングルーフ:公式ホームページより

3年後(平成29年式)

X156系後期【H29/7~R2/5】(参照元:グーネット)
キノさん
3年落ちはX156系後期。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成29年式。装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好として(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
GLA1803,980,000円
1.0~5.0万km
33件
155~277万円
215万円
54%
GLA180スポーツ4,200,000円
1.1万km
1件
222万円
53%
GLA220 4マチック4,490,000円
1.0~4.1万km
27件
222~290万円
265万円
59%
GLA250 4マチック5,130,000円
1.3~2.4万km
4件
288~300万円
297万円
58%

※走行距離=1.0~5.0万km

キノさん
データ数が多い程人気グレードで、残価率の精度も高くなります。

【3年後の平均リセール】

56% ★★☆☆☆

フルモデルチェンジの影響か、3年落ちですがリセールが落ちています。

新車で買うならフルモデルチェンジ直後がおすすめ!

と言うこと。

グレード別に見ると、4WDモデルの方がリセールが高い傾向にあります。

 

5年後(平成27年式)

X156系前期【H26/5~H29/3】(参照元:グーネット)
キノさん
5年落ちはX156系前期。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成27年式。装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好として(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
GLA1803,510,000円
3.0~6.4万km
18件
122~190万円
167万円
48%
GLA180スポーツ4,070,000円
3.2~6.1万km
10件
145~205万円
170万円
42%
GLA180オフロード4,120,000円
3.4~4.7万km
2件
180~190万円
185万円
45%
GLA250 4マチック4,770,000円
3.1~6.5万km
6件
145~205万円
175万円
37%
GLA250 4マチックスポーツ5,180,000円
3.6~6.0万km
8件
167~205万円
187万円
36%
GLA250 4マチックオフロード5,230,000円
4.1~5.8万km
3件
178~190万円
187万円
36%

※走行距離=3.0~7.0万km

【5年後の平均リセール】

41% ★★☆☆☆

5年落ちでは180の2WDグレードのリセールの方が高くなっています。

 

【まとめ】ベンツGLAクラス

これまでのリセールをまとめます。

経過年数残価率
現行モデル
(令和2年式)
110%
令和2年6月フルモデルチェンジ→H247系
3年落ち
(平成29年式)
56%
★★☆☆☆
平成29年4月マイナーチェンジ→X156系後期
5年落ち
(平成27年式)
41%
★★☆☆☆
平成26年5月発売開始

フルモデルチェンジで一気にリセールは落ちましたが、56%は輸入車にしては健闘している数値です。

3年落ちGLA250の残価率は59%あり、ベンツの中ではリセールは低くない車種だと言えます。

これから新車を買う方は、

  • AMGライン
  • エクスクルーシブパッケージ
  • パノラミックスライディングルーフ

付きの白か黒を選ぶと良いでしょう。

 

AMG GLAのリセール/買取相場

X156系後期【平成27/5~現在】(参照元:グーネット)

メルセデス・ベンツブランドの傘下で「究極のハイパフォーマンス」を追求するブランドとして君臨する「メルセデスAMG」のGLAクラスについて見ていきます。

3年後(平成29年式)

キノさん
3年落ちは現行モデルと同じ。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成29年式。装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好として(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
GLA45 4マチック7,920,000円
1.1~3.5万km
4件
355~410万円
385万円
49%

※走行距離=1.0~5.0万km

同一モデルでの3年落ちが残価率50%以下というのは結構厳しめ。

 

5年後(平成27年式)

X156系前期【H27/5~H29/3】(参照元:グーネット)
キノさん
5年落ちはX156系前期。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成27年式。装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好として(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
GLA45 4マチック7,740,000円
1.1~4.9万km
11件
244~310万円
277万円
36%

 

【まとめ】AMG GLAクラス

これまでのリセールをまとめます。

経過年数残価率
3年落ち
(平成29年式)
49%
★☆☆☆☆
平成29年4月マイナーチェンジ→X156系後期
5年落ち
(平成27年式)
36%
★☆☆☆☆
平成27年5月発売開始

AMG GLAクラスはベンツGLAクラスに比べ、リセールが低いと言えます。

販売台数としても圧倒的にベンツGLAクラスが多く、AMGはリセールを重視して購入するモデルではないですね。

 

GLAはポイントを押さえれば高リセールが見込める車種!

ということで、「ベンツGLAクラス」と「AMG GLAクラス」のリセールについて見てきましたが、

 

「ベンツGLAクラス」はポイントを押さえれば高リセールが見込める車種と言えます。

そのポイントは、

  • AMGライン
  • レザーエクスクルーシブパッケージ
  • パノラミックスライディングルーフ
  • 白または黒(外装色)

です。

 

フルモデルチェンジ後の旧モデルでも、3年落ちで50~60%の残価率があるのがやはり強いかなと思いました。

現行モデルの場合だと、60~80%見込める想定になりますからね。

 

輸入車の中で見た場合、

 ベンツGLAクラスは大いにアリ!

 AMG GLAクラスはリセール厳しめ。車のパフォーマンスを追求したい人向け

と言えるでしょう。

フルモデルチェンジしたばかりなので、「新車」「税金対策としての高年式中古車」の両方でおすすめできます。

GLAクラスの購入や売却を検討している方は是非参考にしてみてください。

 

それでは今回はこの辺で!

 

【現役査定士が教える】下取り車の有効活用

下取り車の有効活用

新しい車のリセールを高めることと同様に、下取り車を最大限に有効活用することも重要です。

ここではカーライフを最大限にブーストさせる下取り車の有効活用方法について紹介します。

 

下取り車を高く売る

下取り車を高く売る

下取りの車がある場合、しっかり専門の業者に査定をしてもらい高値で売却するようにしましょう。

毎日車の買取相場を調べている私でさえ、

「〇〇って意外とまだこんなに値段がつくのか。」

と思うことは少なくありません。

※いかにも廃車を想像する車も同様。

 

車の売却する際、全体の2/3(約66%)がディーラーの下取りを利用していると言われています。

残価設定等の事情も絡みますが、買取専門店でしっかり高値で売っている人は未だに少数派なのが現状。

車を売却する際は必ず査定の相見積もりを取る様にしましょう。

この記事でも詳しく買取相場は伝えているつもりですが、厳密には、

  • グレード
  • 走行距離
  • 装備(ナビ、革シート、エアロ等)
  • 評価点(内外装の点数)

次第で買取額は上下します。

思い込まずにしっかりと査定のプロに見てもらうことが大切です。

 

私のお勧めは、「安心車.jp」の一括査定です。

査定は無料でリスクはゼロ。思っていた金額よりも高い査定額となれば、儲けものですね。

面倒でも必ず相見積もりは取る様にしましょう。

安心車.jp

≫安心車.jpの一括査定(公式)

査定の時に役立つ知識などは下記の記事にて記載しています。

あわせて読みたい

車(中古車)を売ろうとする時に、役立つ高く売る方法やコツについて詳しくお伝えしていきます。悲しいかな車を乗り換えや、不要で売る時というのは突然やってくる訳ですが、覚えておくと損はない情報をお伝えしていくので是非参考にしてみてください[…]

【現役査定士が解説】車(中古車)を高く売る方法

 

使用していない車を貸す

更にコスパの良いカーライフを送る為に、平日などの使っていない間の車を貸し出して有効活用しませんか?

カーシェアリングサービス「Anyca(エニカ)」で車を貸し出した場合の1台あたりの平均受取金額は毎月25,000円!

しかし調べたところ、これにはポイントがあることがわかりました。

下記2点に該当する方はかなり稼ぐチャンスがあります。

関東圏が圧倒的に有利

2021年現在「Anyca(エニカ)」に登録されている車は全部で、4996台。

このうち、関東圏が57%、関西圏が14%、愛知県が8%と東名阪が全体の8割を占めています。

この様にエニカは都会で車を持っている人は稼ぎやすく、地方の人は稼ぎにくい特徴があります。

特に関東圏は大チャンス。

登録無料!マイカーシェアで、平均2.5万円/月

エニカで借りられる車には傾向がある

エニカで車を借りるユーザーニーズは、

  1. この車に乗ってみたい!というクルマ好きニーズ
  2. とにかく安い、大人数、距離制限がない移動手段としてのニーズ

の2つに大別されます。

おすすめは2番目の車には拘らない人向けの車をお持ちの方です。

詳しくは、『自宅駐車場で2年間眠っていたアルファードで月3万円!杉並区主婦の無理しないシェア戦略』を読んで頂ければと思いますが、売れば廃車にしかならない様な車のベストな活かし方がそこにあります。

乗らない古いミニバンが家にあるという方は大チャンス。

Anyca(エニカ)