ポルシェ/マカンのリセールをGTSまで詳しく解説!

ポルシェ/マカンのリセールをGTSまで詳しく解説!

マカンのリセールってどうなの?

リセールの高いグレードや仕様って何?

こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。

今回は「ポルシェ・マカンのリセールバリュー」について詳しく紹介していきます。

フル電動化が既に発表されているマカン、今回のマイナーチェンジが内燃機関としては最後だと言われています。

キノサン
内燃機関最後のモデル!

本記事ではそんなマカンのグレード別の残価率や、おすすめのグレード、リセールに影響する色やオプションについても紹介しています。

マカンに興味がある方は必見!

【結論】マカンのリセールは

結論として、マカンのリセールは全体的に高く、特に現行モデルが高いと言えます。

あわせて読みたい

「ポルシェのリセールって実際どうなの?」「911は高いイメージだけど、他の車種も基本的に高いの?」ポルシェと一言に言っても色んな車種があり、ブランド全体のリセールバリューを知る機会ってあまりないのではないでしょうか。でも[…]

【特徴】

リセール
バリュー
リセールに影響するオプションおすすめの売却タイミング
高いスポーツクロノPCKモデルチェンジ・長期もOK

簡単に説明していきます。

【リセール:高い

7年落ちまでの残価率が下記。

キノサン
残価率とは買取相場/新車価格(%)で値持ちの良さを表します。
経過年数残価率
R3年:後期モデルにマイナーチェンジ
現行型/R1~R3
中期モデル
92%
R1年:中期モデルにマイナーチェンジ
5年落ち/H28年
前期モデル
56%
★★★☆☆
7年落ち/H26年
前期モデル
53%
★★★★☆

つい最近発売された後期モデルはまだ中古車市場に出てきておらず、一つ前の中期モデルが現行となっています。

そのリセールは残価率90%超えとかなり高い数値

モデルチェンジ後は大きく落ちていますが、7年落ちでも新車価格の約半分のリセールがあり、輸入車の中では高めと言えます。

また今後フル電動化するにあたり、内燃機関のタマ数は限定されるので、今後暫く価値が落ちにくい状況にもあります。

 

【オプション:スポーツクロノパッケージ

オプション自体はたくさんありますが、ベースとして大きく影響するのはスポーツクロノパッケージです。

基本的に走行距離・色・グレードでリセールは大別される傾向があり、高価なオプションがあっても費用程の影響力はないことが多いです。

専門性や個性を求めるオーナーが多く、凝った仕様が中古車として評価されるかどうかは分かれるところです。

キノサン
そもそもオーナー自体もリセールをそこまで求めず楽しんでいる車でもあります。

 

【売却タイミング:モデルチェンジ・長期もOK

残価率の推移を見てもわかる通り、現行モデルと型落ちモデルのリセール差はそこそこあります。

それを考えるとマイナーチェンジ毎に乗り換えるというのが一つの手でしょう。

しかしこの先のフル電動化などの動きを見据えると敢えて内燃機関モデルを持っておくというのも、一つの戦略です。

アシスタント
サポート
プレミアが付くとまではいかなくても、欲しくても手に入らない車になる可能性はあり。

 

マカンの中古車を探すなら業者の非公開在庫もチェック!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを上手く活用しましょう。

ガリバーが無料で膨大な数のユーザー買取車両と、オークション仕入車両の中から希望の車を探してくれます。(もちろん非公開車両からも)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もあり、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任の担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスですよ。

アシスタント
サポート
ガリバーは外車専門ブランド(リベラーラ)も持っているので期待大!
\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
マカンの非公開在庫を見る

 

次にグレード別のリセールバリューを紹介します。

経過年数/グレード別のリセール

参照元:グーネット

経過年数とグレード別のリセールを紹介します。

2021年10月の買取相場になります。
≫ポルシェを高く売りたい方はこちら
【調査条件・環境】
・過去3ヵ月のオークションデータより
・装備と色は絞り込みなし
・事故歴なし車両状態比較的良好

中期型のリセール:残価率92%

参照元:グーネット

2021年にマイナーチェンジしているマカンですが後期のリセールデータは流石にまだありません。

まずは中期モデルのリセールをお伝えします。(年式は当年もの〜2年落ち)

中期は後ろ姿がテール一文字になっているのが特徴。

グレード名新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
マカン7,370,000円
0.5~3.8万km
15件
570~750万円
700万円
95%
マカンS9,010,000円
0.8~3.4万km
5件
700~800万円
770万円
85%
マカンGTS10,620,000円
0.2~1.2万km
10件
950~1200万円
1050万円
99%
マカンターボ1,252,000円
0.4~1.1万km
3件
1100~1200万円
1120万円
89%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【中期モデルの平均残価率】

92%

当年~2年落ち、まだ一応現行モデルということもあり非常に高い残価率があります。

中でも人気のグレードは「ベースグレード」と「GTS」。

最もリセールが高いグレードは「GTS」と言えるでしょう。

 

5年後のリセール:残価率56%

参照元:グーネット

5年落ちは前期型です。

前期型は平成26~平成30年の発売ですが、主には平成27.28.29ここがメインゾーンになるので5年落ちとしてみます。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
マカン6,990,000円
0.9~8.9万km
58件
300~600万円
440万円
63%
マカンS8,410,000円
0.9~16.4万km
37件
250~550万円
440万円
52%
マカンGTS9,810,000円
0.8~8.4万km
38件
440~750万円
600万円
61%
マカンターボ11,000,000円
0.8~10.7万km
24件
330~700万円
530万円
48%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【5年落ちの平均残価率】

56% ★★★☆☆

マイナーチェンジを挟んでいることから現行モデルに比べてがっつり落ちます。

数百万円レベルで落ちていると言えるでしょう。

ただ5年落ちで新車時の半値程度というのは悪くはない数値です、特に輸入車言うと尚更。

かわらずここでも「ベースグレード」「GTS」のリセールが高めだということが言えます。

 

7年後のリセール:残価率53%

7年落ちで、発売初期の前期型です。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
マカン6,160,000円
4.9~11.6万km
6件
270~385万円
360万円
58%
マカンS7,190,000円
2.1~6.6万km
9件
330~470万円
400万円
56%
マカンターボ9,970,000円
3.8~8.3万km
4件
400~500万円
450万円
45%
※残価率=買取相場/新車価格(%)
【7年後の平均残価率】
53% ★★★★☆

新車価格も当時の価格で下がっているのもあり、5年落ち時とそこまで変わりません。

同一モデルにおける経過年数でのリセール落ちは小さいことがわかります。

マカンのリセールの特徴

リセールの特徴をまとめていきます。

まずは経過年数別の一覧です。

経過年数残価率
R3年:後期モデルにマイナーチェンジ
現行型/R1~R3
中期モデル
92%
R1年:中期モデルにマイナーチェンジ
5年落ち/H28年
前期モデル
56%
★★★☆☆
7年落ち/H26年
前期モデル
53%
★★★★☆

マイナーチェンジによる落ちは大きいと言えますが、下値は限定的でモデルとしての強さを感じます。

また現行モデルのリセールも驚異的に強く、現行モデルを乗り継いでも、暫く保持してもどちらも選択肢として取れる車です。

リセールが落ちるタイミング

リセールバリューは毎年どの様に落ちていくのかオークション相場から調査しました。

グレードは「ベースグレード」にて。

モデル
(グレード)
平均買取額
(前年との差)
当年もの
(ベース)
750万円
(新車時残価率:102%)※①
1年落ち
(ベース)
700万円
(−50万円)
2年落ち/中期モデル
(ベース)
660万円
(−40万円)
2年落ち/前期モデル
(ベース)
550万円
(−110万円)※②
3年落ち
(ベース)
460万円
(−90万円)
4年落ち
(ベース)
450万円
(−10万円)
5年落ち
(ベース)
410万円
(−40万円)
6年落ち
(ベース)
385万円
(−25万円)※③
7年落ち
(ベース)
360万円
(−25万円)

この様な感じで落ちています。

ポイントとなるオレンジ色を紹介します。

①当年車両のリセールは高い

新車納車が遅い影響もあるでしょう。

当年登録車で、当然走行距離も少ない新古車の様な車は新車価格とほぼ変わらない価格で売れる可能性があります。

高額輸入車ではありますが、この辺にも車としての強さを感じます。

②モデルチェンジで大きく落ちる

中期モデルが発売した同年登録の型落ちモデルは100万円以上リセールとしては落ちます。

大体モデルチェンジ直前の旧モデルは値引きが大きく買いやすいですが、結果的にこのリセール差を埋める値引きがなければ損だとも言えます。

③モデルが落ち着けば毎月1~2万円の価値下落に収まる

モデルチェンジから離れ、比較的相場が落ち着けば毎月車の価値は1~2万円ずつ減っていく、という部分に着地します。

それにしても毎月数万円価値が下がると思うと勿体無いですね。

マカン購入時のポイント

新型マカン

リセールバリューを意識した、マカン購入のポイントについて紹介します。

新車を購入する場合

新型マカン(後期型)は発売されたばかり。

内燃機関最後のモデルと言われており、買える方は絶好のチャンスだと思います。(その後の世界にも依りますが多少の価値は必ず残る)

キノサン
私は今は行けない!

グレードはこれまで通り「ベース」か「GTS」がリセール面では一歩有利でしょう。

現在中期モデルを保有の方も、後期モデルが出回ればリセールが落ちることは間違いないので、乗り換えを検討するのもありですよ。

輸入車の下取りは専門業者が有利

”輸入車の買取はどこがおすすめ?国産車と違い、下取り以外でどこに聞けばいいのかわからない…”

そんな時は輸入車の専門の買取をしている外車マスターに聞いてみましょう。

外車に特化した小売店舗を持っており、小売とオークションに分けた専門的な値付けができるので特に拘りの車を売りたい場合はおすすめです。

私も過去に査定依頼をしたことがありますが、対応もちゃんとしていて値付けも想像以上、非常に好印象です。

アシスタント
サポート
ポルシェ専門の買取もしており、ポルシェは特に期待できます。
\ 【査定は無料】外車は聞いてみる価値あり /
外車マスターに無料査定を依頼する

 

リセールの高い色

どうせなら少しでもリセールの高い色を選びましょう。

「色によってどのくらいリセールが違うのか?」オークションでの落札金額を調査しました。

台数平均価格
パールW・シロ9台684万円
クロ2台688万円
シルバー2台663万円
アオ1台688万円
ミドリ1台565万円

※中期モデル「ベースグレード」にて n=15

結論としてそこまで色による差があるとは思わないですが、やはりシロ系クロ系が最も無難で高いとは言えると思います。

ただアオとかシルバー(グレー系)もそこまで外してはいないので、大きく下がるかというとそうでもないでしょう。

ミドリなどの突飛な色はやはり購入層が少ないことが予想されるので、リセール面でも影響がありそうです。

キノサン
要は多くの人が乗りたいと思える色、マーケット感覚があれば十分。

中古車を購入する場合

新車の納車が遅かったり、予算的な問題で中古車を狙う場合について。

現在発売中の後期モデルが市場に出回った後、リセールの下げが1段入る為、どちらからというその後に買った方が安く買える可能性は高いです。

モデルとしては個人的にはテールが一文字でカッコよくなった中期モデルを狙いたいですね。

グレードは新車に続き「ベース」か「GTS」を狙っていきたいですが、中古の場合はタマが限られている問題もあるので拘る必要は特になし。

今後もう内燃機関マカンは発売されない可能性が高いので、しっかりと納得のいく良い中古車に巡り会いたいですね。

【マカンの中古車を探すなら】業者の非公開在庫を上手く活用しよう!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを上手く活用しましょう。

一般市場に公開される前の「非公開在庫」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に早くリーチできます。(登録は無料)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任の担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスですよ。

アシスタント
サポート
ガリバーは外車専門ブランド(リベラーラ)も持っているので期待大!
\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
マカンの非公開在庫を見る

 

リセールに影響するオプション

マカンのリセールに影響するオプションですが、最もベースとして大きいのは「スポーツクロノパッケージ」です。

かなり走りに特化したオプションですが、ポルシェ車そもそもがそういった作りなので、リセールを考えた場合ほぼ必須と言えます。

次に必要なものですが、正直グレードや色、走行距離の影響度合いには劣るものばかりです。

強いてあげるならば、

  • オプションアルミホイール(9万円~80万円)
  • パノラマルーフシステム(275,000円)
  • ポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)(193,000円)
  • BOSEサラウンドサウンドシステム(197,000円)

あたりが人気があり、評価の対象にもなります。

新車の場合は予算に応じて装着、中古車の場合は色や走行距離の次に確認するという考え方が良いでしょう。

まとめ

以上、「ポルシェ/マカンのリセールをGTSまで詳しく解説!」でした。

まとめると、

  • マカンのリセールは高い、今後の動向を踏まえても保持して損のない車種
  • モデルチェンジの影響は大きいが、リセールもそれなりに底堅い
  • グレード、走行距離、色が基本的にリセールの大部分を占める、オプションはその後で十分

という内容になります。

ポルシェの中では最も手に入りやすいモデルであるながら、内燃機関最後というタイミングもあり買い場としては非常に良いタイミングにいます。

ぜひ参考にしてみてください。

<お知らせ>

当ブログは中古車に関する情報発信をメインにしていますが、個別の乗換え・購入・売却に関するご相談も承っています。

「○○の数年後のリセールってどうなの?」
「買取額って妥当?いつ売るのがベスト?」
「リセールを考えたらどの仕様がいいのか」

などの様々な疑問対して、細かくアドバイスさせて頂いています。

今の車を少しでも高く売りたい!将来高く売れる車を買いたい!と思っている方はぜひご利用を検討ください。

ココナラ

※お届け日数は質問内容によります。初回の質問に対する回答は最短12時間以内〜最長2日の予定です。※お急ぎの方は事前にダイ…

本記事は以上です!

最後までお読み頂きありがとうございました。