ポルシェ911のリセールと残価率を解説【タルガ・カブリオレも】

  • 911のリセールバリューってどうなの?
  • 将来的な値落ちってどれぐらい?

こんな疑問をお持ちではありませんか?

こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。

今回はポルシェ/911のグレード別のリセールバリュー(残価率)やリセールの高い仕様を詳しく解説していきます。

911のリセールが気になる方は参考にしてみてください。

外車・輸入車をお持ちの方は「輸入車.com」に査定依頼をするのがおすすめ。コロナの影響で中古車相場が上がっており今は高額査定が出る絶好のタイミング!

オークション転売はせず店頭でお客様に直接販売するので余計な中間マージンがかからず、通常査定から20-30%UPの高額査定!

まさかの買取額が新車価格を超えるケースも!まずは無料査定で相場をチェック☆

\「最高値お約束キャンペーン」実施中!/
無料査定で愛車の相場を調べる

【結論】911のリセールバリュー

911のリセールバリュー

結論として、現在の911の経過年数別のリセールは下記の内容です。

残価率とは買取価格/新車価格(%)で値持ちの良さを表します。
経過年数
モデル
残価率/買取額
(クーペ)
残価率/買取額
(カブリオレ)
3年落ち
992型(現行)
104%/1900万円110%/2200万円
R1/7:992型にフルモデルチェンジ↑
5年落ち
991型後期
75%/1352万円61%/1100万円
7年落ち
991型前期
62%/917万円63%/1275万円
10年落ち
991型前期
57%/717万円47%/710万円
H23/11:991型にフルモデルチェンジ↑
997型
H16~H23年式
42%/646万円31%/553万円
996型
H10~H16年式
30%/474万円17%/223万円
993型(空冷)
H7~H10年式
92%/1170万円41%/500万円
964型(空冷)
H3~H7年式
72%/850万円64%/850万円

※買取額は全グレード平均にて調査

キノサン
911のリセールはかなり高いです。空冷エンジンの低走行車はかなりプレミアも付きます!

≫【関連記事】ポルシェ各車種のリセールバリューをランキングで紹介します

結論:911のリセールは?
  • 991・992型は高残価率。グレードはベース・GTS・タルガが高め
  • 997・996型はMT車が高い。長期保有でリセールが上がるのはMT+左ハンドル
  • 993・964型の空冷エンジンも高リセール。特にマニュアル+低走行車は青天井

カブリオレ(オープン)モデルは、全体の台数が少なく、そこまで正確に調査できていません。

992・991型ではクーペと変わらないリセールがありますが、997型以下ではATの仕様が多く、リセールはそこまで高くない印象です。

クーペの特徴としては、992型から996型まで段々と落ちていき、993・964型の空冷エンジンのところでリセールが上昇します。

この辺は25年落ち前後でアメリカに輸出できることも影響していると思われますが、とにかくマニュアルの左ハンドル車が高くなっています。

 

911のリセールのポイントを一言でいうと走行距離です。

色々つけている走行距離が多めの車より、ノーマルでも程度が良く距離が抑えられた車の方がよっぽど評価されます。

そんなに走る車ではないですが、高く売る為には距離を1番に抑えましょう。

 

ある程度低年式911のリセールを分けるポイントはAT・MTだったりしますが、高年式911はほぼPDK(AT)です。

そんな中でリセールが高めのグレードは、

  • ベースグレード(カレラ)
  • GTS
  • タルガ

だと言えます。

特に古いモデルではターボのMTがとても高かったりしますが、991・992型ではターボの残価率は低めなので、グレード選びにも気を配りましょう。

この様に911は何でもリセールが高い訳ではなく、モデルに応じた残価率の高い・低いがあるので、まずはその辺を知ることも重要です。

中古車を買う場合は、リセールを残したいのか、買いやすさを重視したいのかを考えて、購入するモデルを決めていくのも良いでしょう!

【911の中古車を探すなら】販売店の非公開在庫もチェックしよう!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを登録するのがおすすめです。

一般市場に公開される前の「非公開在庫」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に早くリーチできます。(登録は無料)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスです。

キノサン
いい車は早い者勝ち。欲しい車がある人は早めに登録しましょう。
アシスタント
サポート
外車専門の買取もしているのでかなり多くの輸入車を持っています!
\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
ポルシェ911の非公開在庫を見る

 

次は経過年数とグレード別のリセールバリュー(残価率)を見ていきます。

経過年数・グレード別のリセール

911経過年数別のリセール

現行モデル(992型)から旧モデルまでのリセールをグレード別に紹介します。

【調査条件・環境】
・過去3ヵ月のオークションデータ
・装備と色は絞り込みなし
・事故歴なし車両状態良好として

▼関連記事
≫車を高く売るなら『査定士はどこを見ている?車の評価が高くなる意外なポイント』をチェック

3年後のリセール:残価率106%

3年後のリセールを3年落ちの相場から解説。

3年落ちは現行モデルの992型です。

ポルシェ911:992型
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
911カレラS16,660,000円
0.9万km
7件
1500~1750万円
1650万円
99%
911カレラ4S17,720,000円
1.3万km
5件
1600~2100万円
1850万円
104%
【カブリオレ】
911カレラ4Sカブリオレ19,970,000円
0.2万km
1件
2200万円
110%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【3年落ちの残価率/平均買取額】

クーペ104%/1900万円
カブリオレ110%/2200万円

992型は新しすぎて、まだ中古車市場にそこまでタマがありません。

その影響もあって、タマが出れば買取はどれも新車価格ラインを超えており、残価率としては100%を超えています。

 

5年後のリセール:残価率68%

5年後のリセールを5年落ちの相場から解説。

5年落ちは991型後期です。

991型911
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
911カレラ(AT・RH)13,091,000円
1.9万km
8件
850~1050万円
1000万
76%
911カレラ(AT・LH)12,440,000円
1.5万km
1件
1050万
84%
911カレラ4(AT・RH)14,371,000円
3.8万km
2件
950万
66%
911カレラS(AT・RH)15,841,000円
2.5万km
4件
1000~1100万円
1050万円
66%
911カレラ4S(AT・RH)17,121,000円
2.7万km
3件
1100万
64%
911カレラGTS(AT・RH)17,880,000円
1.4万km
7件
1350~1500万円
1430万
80%
911カレラ4GTS(AT・RH)18,880,000
0.9万km
2件
1530万円
81%
911タルガ4S(AT・RH)19,130,000円
1.2万km
1件
1670万円
87%
911GT3(AT・LH)21,150,000円
0.8万km
3件
1800万
85%
911タルガ4GTS(AT・RH)21,540,000円
0.6万km
2件
1750万円
81%
911ターボS(AT)26,300,000円
1.9万km
2件
1550万
59%
【カブリオレ】
911カレラSカブリオレ18,130,000円
3.4万km
1件
1100万円
61%

※残価率=買取相場/新車価格(%) RH=右ハンドル

【5年落ちの残価率/平均買取額】

クーペ75%/1352万円
カブリオレ61%/1100万円

992型がいることで、991型後期も型落ちと言えますが、それでも十分に高いリセールがあります。

中でもリセールが高いモデルは、

  • カレラ(ベース)
  • GTS
  • タルガ

でどれも5年落ちで80%の以上の残価率。

その他のグレードも含めてこの辺は走行距離が少ないかが最大のポイントです。

グレードもそうですが、距離が多いか少ないかがリセールを大きく左右します。

 

7年後のリセール:残価率62%

7年後のリセールを7年落ちの相場から解説。

7年落ちは991型前期です。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
911カレラ(AT・LH)12,550,000円
1.8万km
1件
950万
76%
911カレラ(AT・RH)12,550,000円
4.8万km
4件
600~900万円
750万円
60%
911カレラS(AT・RH)15,330,000円
5.5万km
1件
700万円
46%
911カレラブラックエディション(AT・RH)13,160,000円
1.4万km
1件
900万円
68%
911カレラ4S(AT・LH)16,550,000円
2.6万km
1件
1000万円
60%
911GT3(AT・LH)19,120,000円
2.8万km
2件
1200万円
63%
911GT3 RS(LH)新車価格不明
3.0万km
3件
1600万円
【カブリオレ】
911カレラカブリオレ14,340,000円
1.1万km
1件
1050万円
73%
911ターボSカブリオレ28,130,000円
2.0万km
1件
1500万円
53%

※残価率=買取相場/新車価格(%) RH=右ハンドル

【7年落ちの残価率/平均買取額】

クーペ62%/917万円
カブリオレ63%/1275万円

前期となっても走行距離次第では高い残価率が狙える結果です。

GT3系のグレードは7年落ちでありながら、買取は余裕で1000万円を超えてきそうなので凄いですね。

 

10年後のリセール:残価率52%

10年後のリセールを10年落ちの相場から解説。

10年落ちも991型前期モデルです。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
911カレラ(AT・LH)11,920,000円
4.3万km
7件
650~800万円
700万円
59%
911カレラ(AT・RH)11,920,000円
5.8万km
1件
700万円
59%
911カレラS(AT・LH)14,560,000円
7.8万km
6件
750万円
52%
【カブリオレ】
911カレラカブリオレ13,610,000円
16.6万km
1件
550万円
40%
911カレラSカブリオレ16,410,000円
3.9万km
1件
870万円
53%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【10年落ちの残価率/平均買取額】

クーペ57%/717万円
カブリオレ47%/710万円

7年落ちと10年落ちは同じ991型前期なのであまりリセールは変わっていません。

10年落ちの車のリセールバリューとしてはかなり高い水準であると言えます。

ちなみに古くなればなるほど輸出されやすいという理由で、左ハンドルが有利になります。

例えば10年落ち911カレラS(左ハンドル)の20万kmの買取相場は550~600万円です。

10年落ちで20万km走ってもこれぐらいの価値があるので、すごい車であることがわかります。

キノサン
ポルシェを高く売りたい時はポルシェ専門買取ポルシェマスターに聞いてみるのがおすすめです。

 

ここからはモデル別に解説します。

997型のリセール:残価率37%

平成16年から平成23年まで発売されたタイプ997型です。

参照元:グーネット
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
911カレラ(MT)10,860,000円
6.7万km
4件
380~550万円
500万円
46%
911カレラ(AT)11,610,000円
6.5万km
36件
290~600万円
400万
34%
911カレラ4(AT)12,740,000円
4.9万km
3件
500~600万円
550万円
43%
911カレラS(MT)13,290,000円
7.2万km
4件
450~550万円
500万円
38%
911カレラS(AT)14,040,000円
7.5万km
57件
250~670万円
400万円
28%
911カレラ4S(AT)15,170,000円
8.3万km
7件
300~500万円
400万円
26%
911カレラ4GTS(AT)16,070,000円
4.2万km
2件
880万円
55%
911タルガ4(AT)13,450,000円
6.0万km
1件
490万円
36%
911ターボ(MT)18,830,000円
4.6万km
2件
1100万円
58%
911ターボ(AT)19,580,000円
5.7万km
20件
440~900万円
740万円
38%
911GT3(MT)17,840,000円
3.8万km
2件
1150万円
64%
【カブリオレ】
911カレラカブリオレ(AT)14,660,000円
7.2万km
3件
350~450万円
390万円
27%
911カレラSカブリオレ(AT)17,150,000円
8.5万km
2件
420万円
24%
911カレラ4カブリオレ(AT)15,610,000円
4.9万km
2件
550万円
35%
911ターボカブリオレ(AT)22,950,000円
4.5万km
4件
850万円
37%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【997型の残価率/平均買取額】

クーペ42%/646万円
カブリオレ31%/553万円

この辺りから如実にMT車のリセールがATより高くなります。

逆にカブリオレも含めたAT車のリセールは止まることなく落ちていきます。

 

996型のリセール:残価率24%

平成10年から平成16年まで発売されたタイプ996型です。

前期・後期を総合して記載。

996型911 GT3
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
911カレラ(AT)11,235,000円
8.7万km
62件
100~330万円
200万円
18%
911カレラ(MT)10,395,000円
8.7万km
15件
130~330万円
275万円
26%
911カレラ4(AT)12,285,000円
10.0万km
14件
120~240万円
180万円
15%
911カレラ4(MT)11,445,000円
13.4万km
3件
130~400万円
265万円
23%
911タルガ(AT)12,495,000円
6.6万km
4件
280~450万円
330万円
26%
911カレラ4S(AT)13,251,000円
7.2万km
19件
200~450万円
330万円
25%
911カレラ4S(MT)12,411,000円
7.8万km
4件
265~570万円
440万円
35%
911GT2(MT)24,720,000円
5.5万km
5件
1000~1800万円
1320万円
53%
911GT3(MT)14,899,500円
5.4万km
3件
700~900万円
770万円
52%
911ターボ(AT)18,480,000円
6.7万km
11件
400~550万円
500万円
27%
911ターボ(MT)17,640,000円
9.0万km
5件
500~700万円
600万円
34%
【カブリオレ】
911カレラカブリオレ(AT)12,915,000円
7.9万km
3件
160~200万円
170万円
13%
911カレラ4カブリオレ(AT)13,965,000円
7.2万km
3件
140~350万円
275万円
20%
911ターボSカブリオレ不明
2.6万km
1件
600万円

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【996型の残価率/平均買取額】

クーペ30%/474万円
カブリオレ17%/223万円

ややMT車の方が高いことがわかります。

中でもGT2、GT3の残価率は高く、20年落ちでも残価率50%程度あるのがこの辺りのグレードです。

 

993型のリセール:残価率67%

平成7年から10年まで発売された第4世代目の911、空冷エンジンの最後993型です。

参照元:グーネット
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
911カレラ(MT)9,800,000円
9.4万km
8件
600~1150万円
850万円
87%
911カレラ(AT)10,800,000円
6.9万km
31件
400~1150万円
700万円
65%
911カレラ4S(MT)11,750,000円
6.8万km
3件
1100~1500万円
1300万円
111%
911カレラタルガ(AT)11,700,000円
6.2万km
2件
650~930万円
800万円
68%
911ターボ(MT)16,800,000円
4.4万km
6件
1400~2800万円
2200万円
131%
911ターボS不明
2.5万km
1件
4000万円
【カブリオレ】
911カブリオレ12,150,000円
18.8万km
2件
500万円
41%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【993型の残価率/平均買取額】

クーペ92%/1170万円
カブリオレ41%/500万円

この辺の車はアメリカに輸出できることもあり、リセール爆上がりです。

全てのグレードで距離が空くなければ買取1000万円を超える可能性があり、911ターボは2000万円、ターボSは4000万円と別次元。

 

964型のリセール:残価率68%

追えるのはこれで最後。平成3年から7年まで発売された第3世代目の911である964型です。

参照元:グーネット
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
911カレラ2(AT)11,350,000円
8.6万km
35件
500~1200万円
700万円
62%
911カレラ2(MT)10,350,000円
9.0万km
9件
650~1400万円
900万円
87%
911カレラ2タルガ(AT)12,100,000円
9.0万km
1件
1050万円
87%
911カレラ4(MT)12,100,000円
11.3万km
10件
750万円
62%
【カブリオレ】
911カレラ2カブリオレ13,200,000円
9.0万km
3件
850万円
64%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【964型の残価率/平均買取額】

クーペ72%/850万円
カブリオレ64%/850万円

ここも距離さえ少なければ買取で1000万円を超えてきそうなモデルです。

ターボなどのグレードがなかった為、リセールはそれなりに安定しています。

 

経過年数別リセールのまとめ

これまでのリセール(残価率)をまとめます。

経過年数
モデル
残価率/買取額
(クーペ)
残価率/買取額
(カブリオレ)
3年落ち
992型
104%/1900万円110%/2200万円
R1/7:992型にフルモデルチェンジ
5年落ち
991型後期
75%/1352万円61%/1100万円
7年落ち
991型前期
62%/917万円63%/1275万円
10年落ち
991型前期
57%/717万円47%/710万円
H23/11:991型にフルモデルチェンジ
997型
H16~H23年式
42%/646万円31%/553万円
996型
H10~H16年式
30%/474万円17%/223万円
993型(空冷)
H7~H10年式
92%/1170万円41%/500万円
964型(空冷)
H3~H7年式
72%/850万円64%/850万円

カブリオレ(オープン)は一見リセールが高そうですが、総じてMT車のリセールが高いことから、ATメインのカブリオレはそこまでと言えます。

現行の992型に匹敵する残価率が出ている993型が特に価値の高いモデルと言えそうです。

 

リセールが落ちるタイミング

リセールバリューが毎年どの様に落ちていくのかを「911カレラ(AT)」で調査しました。

モデル
(平均走行距離)
平均買取額
(前年比)
当年もの/992型データなし
1年落ち/992型
(0.3万km)
1500万円
2年落ち/992型
(0.7万km)
1450万円
(−50万円)
3年落ち/992型
(0.4万km)
1450万円
(±0)
フルモデルチェンジ(991型→992型)
3年落ち/991型後期
(1.5万km)
1050万円
(−400万円)
4年落ち/991型後期
(1.4万km)
1000万円
(−50万円)
5年落ち/991型後期
(2.0万km)
1000万円
(±0)
6年落ち/991型後期
(2.8万km)
900万円
(−100万円)
マイナーチェンジ(991型前期→後期)
7年落ち/991型前期
(3.4万km)
770万円
(−130万円)
8年落ち/991型前期
(4.1万km)
740万円
(−30万円)
9年落ち/991型前期
(4.9万km)
700万円
(−40万円)
10年落ち/991型前期
(5.5万km)
660万円
(−40万円)
997型/平均15年落ち
(6.7万km)
400万円
(−260万円)
996型/平均22年落ち
(8.9万km)
200万円
(−200万円)
993型/平均27年落ち
(6.9万km)
700万円
(+500万円)
964型/平均30年落ち
(8.6万km)
700万円
(±0)

総じてリセールが大きく落ちているのはモデルチェンジになります。

特に991→997→996で平均200万円ずつ落ちており、ここで多くの残価率が失われています。

 

リセールを意識した購入時のポイント

911購入時のポイント

911購入時のポイントについてお伝えします。

リセールバリューの高い色

オークション相場から買取額の高い色を調べた結果です。

色/平均年式台数/走行距離平均価格
シロ(パール含)
H27年
92台/3.3万km853万円
クロ
H27年
34台/2.7万km852万円
シルバー
グレー
H28年
30台/3.2万km845万円
その他(アオ/アカ/チャ等)
H27年
14台/3.1万km888万円

※991型911カレラにて n=170

人気なのはシロ・パールホワイトで全体の半分以上。中でも大半はシロ(コード:C9A)

パールだからといって安い高いはありません。

色の違いにおけるリセール差はあまりなく、比較的安定しています。

ただしアオやアカはかなり少数派なので、MTなどのセールスポイントがない限り売りづらくはなると思います。

 

リセールの高いオプション

911のオプション設定はかなり細かく、そこまで細かいものは追えていません。

その上で、スポーツクロノパッケージは基本的につけた方が良いオプションです。

装着率5割以上で、ない場合はやや見劣りするため価格にも影響します。

 

今回調べた170台のうちサンルーフを装着しているのは15台で、装着率は約9%。

装着率は低いですが、希少なだけにしっかり評価はされるので、もし余裕があればつけることをお勧めします。

その他BOSEサウンドやオートクルーズコントロール、アルミホイールなど、目立つオプションはそれなりに評価に入ります。

売却時は購入時の見積書等を保管しておき、つけたオプションをしっかり伝えられる様にすることが大切です。

アシスタント
サポート
査定士も見ただけでは全てのオプションを把握できないので、見積書等があると評価漏れを防げます。

 

査定士お薦め‼︎車を高く売る方法

リセールバリューを大事にする上で重要なことは、その車をしっかり高値で売却することです。

キノサン
リセールの高い車を安く手放してしまっては意味がありませんよね。

ここでは中古車査定士の筆者が自分の車を売る際にも使うおすすめの買取サービスを紹介します。

車を高く売る方法を理解し、高値で売り切る、車の売却に慣れることを意識していきましょう。

【ポルシェの売却なら】ポルシェ買取専門のポルシェマスター

ポルシェの売却は、ポルシェ買取専門のポルシェマスターがおすすめです。

ポルシェはタマ数の少なさと車としての特殊性から、他の車に比べ圧倒的にディーラーの下取りが高い(有利)と言われている車。

ポルシェマスターはそんなポルシェディーラーからも買取実績が多数ある、ディーラーの査定額を超えられる数少ない専門業者です。

並行輸入車の高額査定も期待でき、「とりあえず今の査定額を知りたい」などの気軽な査定にも快く対応してくれます。

≫ポルシェマスター

 

【すぐ手放せるなら】価格が競り上がる「オークション形式」

価格だけを追い求める場合、車売却のトレンドとして「オークション形式」が増えています。(実際に価格も競り上がるので高い)

「オークション形式」とは、最初に1度の査定をして、そのデータに対し複数の業者がWeb上でオークションの様に入札してくる方式のこと。

オークションの結果が満足いく価格に達しなかった場合は無料でキャンセルもできます。

現在このサービスが利用できるのは、楽天Carオークションユーカーパックの2社のみ。

メリットは買取額が高いこと、デメリットはエリアが限定されること(地方は一部不可)、早めに車を手放さなければいけないことになります。

キノサン
ユーカーパックは落札後の入金確認から8日以内に車の引き渡し。
アシスタント
サポート
楽天は1ヵ月の猶予があるので、楽天の方が余裕を持てますね。

入札業者数はユーカーパックが多い(8,000社)ですが、楽天はポイントが貯まったり余裕を持てたりと一長一短です。(楽天の業者数は2,000社)

価格は期待できるので「すぐに手放せる人」にはおすすめです。

キノサン
輸入車専門業者も多数いるので輸入車にもおすすめの売却方法!

≫楽天Carオークション

≫ユーカーパック

 

中古車を購入する際のポイント

911中古車購入時のポイント

911の中古車購入時のポイントは、前半でもお伝えした様に、

  • リセールが残りやすい仕様を知ること
  • リセールを重視するのか、買いやすさ(価格)を重視するのか

になります。

また前オーナーの使い方や、メンテ歴を知ることも重要です。

基本的にはポルシェディーラーでメンテを通っているもの、ワンオーナーで程度の良いものを選ぶ様心がけましょう。

【911の中古車を探すなら】販売店の非公開在庫もチェックしよう!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスに登録するのがおすすめです。

一般市場に公開される前の「非公開在庫」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に早くリーチできます。(登録は無料)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスです。

キノサン
いい車は早い者勝ち。欲しい車がある人は早めに登録しましょう。
アシスタント
サポート
外車専門の買取もしているのでかなり多くの輸入車を持っています!
\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
ポルシェ911の非公開在庫を見る

まとめ

以上、「ポルシェ911のリセールバリュー」についての解説でした。

特殊な車なので1から10まで説明するのは難しいですが、とにかく走行距離に気をつけて状態を綺麗に保っておけば大丈夫です。笑

911の他にもリセールバリューについての記事をたくさん書いていますので、気になる方はチェックしてみてください。

≫【関連記事】リセールバリューの高い車をランキングで紹介(全メーカー・全車種編)

≫【関連記事】ポルシェ各車種のリセールバリューをランキングで紹介します

最後に個別相談のPRです。

お知らせ(個別の乗換相談)

〈お知らせ〉

本ブログはリセールを中心とした発信ですが、個別の乗換え相談も承っています。

  • 欲しい車の中で将来的なリセールを考えると、どれがおすすめ?
  • 装備やオプション、乗り換え時期の考え方
  • 下取り車が狙える現実的な買取額

などの質問対して、3000文字まで、画像付きでお答えしています。

1回と2回があるので、聞きたい内容や状況に応じて使い分けて頂ければと思います。

リセールを重視した乗り換えがしたいが、あまり詳しくなくプロのアドバイスが欲しい、という方におすすめです。

ココナラ

※お届け日数は質問内容によります。初回の質問に対する回答は最短12時間以内〜最長2日の予定です。※お急ぎの方は事前にダイ…

最後までお読み頂きありがとうございました。

良いカーライフを。