アルファードのリセールと影響するオプション/グレードを詳しく解説

アルファードのリセールバリューを徹底解説

「アルファードのリセールバリューってどれくらいあるの?」
「新型が出た場合どのぐらいリセールが下がるのだろう」

アルファードと言えばいリセールが高いイメージですが、具体的にどのくらいかって中々知る機会がないですよね。

ディーラーでつい安めの残価設定でローンを組んでしまい、結果的に安く手放してしまっている人も多いのではないでしょうか。

キノさん
というわけで、こんにちは!
年間400台買取をしている私が、アルファードについて解説します。

この記事では、アルファード・アルファードハイブリッドの3年・5年・7年後のリセールバリュー(買取相場)をグレード別に解説します。

人気のタイプゴールドやSCパッケージの他、モデリスタエアロやMOPナビの影響についても調べたので是非参考にしてみてください。

まずは結論からお伝えします。

 新車から5年はリセールが高いが、その後は要注意

 2500ccのガソリン、特にSCパッケージのリセールが高い

 装備/オプションのリセールへの影響が大きい

経過年数モデル平均残価率
3年後
(30系)
ガソリン76%
★★★★☆
ハイブリッド69%
★★★☆☆
5年後
(30系)
ガソリン67%
★★★★☆
ハイブリッド62%
★★★★☆
7年後
(20系)
ガソリン40%
★★☆☆☆
ハイブリッド40%
★★☆☆☆

グレード別の詳細等については本文に記載しています。それでは見ていきましょう。

アシスタント
サポート
プラドハリアーなどもリセールが高いので参考にしてみてください。
あわせて読みたい

ランクル プラド(ディーゼル)の新車から3年・5年後のリセールバリュー(買取相場)をグレード別にお伝えします。また今後の買取相場や、販売比率をガソリンと比較しどっちを選ぶべきなのかについても調べたので参考にしてみてください。[…]

ランクル プラド(ディーゼル)のリセール・買取相場をガソリンと比較
あわせて読みたい

「新型ハリアーのリセールが知りたい!」「おすすめのグレードや必要な装備って何?」[caption id="" align="aligncenter" width="1000"] (公式)トヨタ自動車WEBサイトより[/cap[…]

ハリアーのリセールをグレード別に解説【5年後のリセールも詳しく】

リセールバリューとは

リセールバリューとは

 

リセールバリューとは
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として用いています。

買取相場の算出方法

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションでの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては、買取車両の大部分はオークションにて売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

それでは実際のリセール/買取相場について見ていきます。

注意
この記事は2020年11月時点の情報です。最新の買取相場は中古車買取店へお問い合わせください。
\高額査定が期待できる/
【無料】今すぐ中古車査定を申し込む

 3年後のリセール/買取相場

参照元:グーネット

新車から3年後のリセールを3年落ちの平成29年式の買取相場からお伝えします。

平成30年1月にマイナーチェンジがあり、平成29年式は30系前期モデルになります。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データより
  • 平成29年式の2WD(HVは4WD)、装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
2.5X3,304,000円
1.3~4.9万km
31件
188~287万円
254万円
72%
2.5S3,578,727円
1.4~4.6万km
37件
254~320万円
298万円
80%
2.5SAパッケージ3,754,473円
1.1~4.6万km
25件
285~330万円
310万円
79%
2.5SAパッケージタイプブラック3,926,291円
1.0~5.0万km
95件
285~350万円
325万円
83%
2.5G3,995,018円
1.4~4.9万km
8件
280~310万円
300万円
72%
2.5SCパッケージ4,173,709円
1.0~5.0万km
146件
360~410万円
370万円
87%
3.5SAタイプブラック4,317,055円
1.2~4.5万km
5件
287~342万円
310万円
72%
3.5SACパッケージ4,585,091円
1.9~3.0万km
6件
330~364万円
342万円
75%
3.5エグゼクティブラウンジ6,522,218円
1.1~4.7万km
9件
364~430万円
397万円
61%
【ハイブリッド】
ハイブリッドX4,155,055円
1.6~4.8万km
7件
287~340万円
320万円
77%
ハイブリッドG4,775,563円
1.3~4.4万km
6件
310~353万円
330万円
69%
ハイブリッドSR4,919,891円
2.0~4.1万km
16件
310~386万円
350万円
71%
ハイブリッドGFパッケージ5,356,800円
1.0~4.8万km
9件
330~380万円
353万円
66%
ハイブリッドSRCパッケージ5,501,127円
1.3~4.9万km
14件
360~430万円
395万円
72%
ハイブリッドエグゼクティブラウンジ7,036,691円
1.1~4.2万km
18件
385~450万円
410万円
58%

※残価率=買取相場/新車価格(%)
※走行距離は1~5万kmで計測

キノさん
データ数が多い程人気グレードで、残価率の精度も高くなります。
平均残価率
ガソリン76%(61~87)
ハイブリッド69%(58~77)

【参考】3年後の残価率の基準

80%以上 → ★★★★★ 最高
70~80% → ★★★★☆ 優良
60~70% → ★★★☆☆ 高い
50~60% → ★★☆☆☆ 普通
50%以下 → ★☆☆☆☆ 低い

▼リセールが高い車を知りたい人は▼

リセールバリューのランキング記事

「リセールバリューが良い車に乗りたい!」「どうせなら売る時に高く売れる車を買いたい!」車は中古の流通性が高く、再販価値が高い商品として有名です。しかしどんな車でも高く売れる(リセールが高い)訳ではありません。SU[…]

【2020年11月更新】リセールバリューの高い車ランキング・TOP20

アルファードの3年後のリセールバリューは高い、中でもハイブリッドよりもガソリンの方が高いということが言えます。

グレード別では

最も高い→「2.5SCパッケージ」
最も低い→「エグゼクティブラウンジ」

という感じです。

またガソリンモデルでは、3500ccより2500ccの方がリセールが良いということも言えます。

タイプゴールドのリセール

参照元:グーネット

令和2年5月に発売されたばかりの「2.5Sタイプゴールド」。

「2.5Sタイプゴールド」は「2.5S」ベースとした特別仕様車で、3眼LEDヘッドランプなどが装備され価格は30万円程高くなっています。

リセールはベースの2.5Sと同水準になると考えられ、3年後の新車残価率は約80%と予想できるでしょう。

全体の中では比較的リセールの高いグレードだと言えます。

30系アルファードの輸出国

AGH30W
2500cc
マレーシア、トリニダード・トバゴ、ロシア、ケニア、香港、アイルランド、タイ、パラオ
GGH30W
3500cc
マレーシア、ロシア、スリナム、香港、タイ、オーストラリア
AYH30W
ハイブリッド
ロシア

30系アルファードの高いリセールを支えているのが中古車輸出です。ここでは各モデルの仕向国について紹介します。

上記の様に、型式によって輸出の仕向国が異なります。

中でもマレーシアと香港は高価格車が輸出されている国で、アルファードの輸出先として重要な国です

※マレーシアは日本から中古車輸出される国の中では最も平均価格が高い国。

ハイブリッドのリセールが低いのは新車価格が異なるのはもちろん、この様に輸出需要と行先が異なることも影響しています。

5年後のリセール/買取相場

参照元:グーネット

新車から5年後のリセールを5年落ちの平成27年式の買取相場からお伝えします。

30系アルファードの出始めで、こちらも30系前期モデルです。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データより
  • 平成27年式の2WD(HVは4WD)、装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
2.5X3,197,782円
3.0~7.0万km
20件
177~270万円
232万円
73%
2.5S3,578,727円
3.1~6.1万km
34件
220~295万円
265万円
74%
2.5SAパッケージ3,754,473円
3.1~6.8万km
41件
250~320万円
280万円
75%
2.5G3,995,018円
3.2~6.3万km
14件
232~298万円
260万円
65%
2.5SCパッケージ4,173,709円
3.0~7.0万km
65件
260~385万円
325万円
78%
3.5SA4,145,237円
3.1~4.8万km
2件
265~276万円
270万円
65%
3.5SACパッケージ4,585,091円
3.1~6.7万km
7件
276~310万円
287万円
63%
3.5GF4,842,327円
3.4~6.3万km
6件
250~350万円
300万円
62%
3.5エグゼクティブラウンジ6,522,218円
3.5~6.7万km
7件
287~370万円
342万円
52%
【ハイブリッド】
ハイブリッドX4,155,055円
3.0~6.3万km
10件
250~276万円
265万円
64%
ハイブリッドG4,775,563円
3.7~6.7万km
10件
245~330万円
300万円
63%
ハイブリッドSR4,919,891円
3.6~5.9万km
15件
275~350万円
320万円
65%
ハイブリッドGFパッケージ5,356,800円
3.1~5.4万km
8件
300~370万円
345万円
64%
ハイブリッドSRCパッケージ5,501,127円
3.1~6.5万km
13件
320~385万円
350万円
64%
ハイブリッドエグゼクティブラウンジ7,036,691円
3.1~7.0万km
20件
310~430万円
370万円
53%

※走行距離は3~7万kmで計測

グレード平均残価率
ガソリン67%(52~78)
ハイブリッド62%(53~65)

【参考】5年後の残価率の基準

70%以上 → ★★★★★ 最高
60~70% → ★★★★☆ 優良
50~60% → ★★★☆☆ 高い
40~50% → ★★☆☆☆ 普通
40%以下 → ★☆☆☆☆ 低い

5年後のアルファード・アルファードハイブリッドのリセールバリューはどちらも高い水準にあると言えます。

3年後と比べると、

【ガソリン】  76%(3年)→67%(5年)
【ハイブリッド】69%(3年)→62%(5年)

と特にハイブリッドはあまり変化がないのがわかります。

グレード別では、引き続き「2.5SCパッケージ」が高く、「エグゼクティブラウンジ」が低くなっています。

輸出国は型式が3年後と同じなので、基本的に同じです。

アルファードの新車から3年後と5年後のリセールはほぼ変わらないと覚えておきましょう。

7年後のリセール/買取相場

参照元:グーネット

新車から7年後のリセールを7年落ちの平成25年式の買取相場からお伝えします。

平成25年式は20系アルファードです。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データより
  • 平成25年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
240X3,175,000円
5.0~8.9万km
9件
88~155万円
115万円
36%
240S3,508,000円
5.3~9.9万km
18件
111~188万円
150万円
43%
240Sタイプゴールド3,670,000円
5.0~10.0万km
49件
111~215万円
172万円
47%
240G3,680,000円
6.8~9.4万km
2件
88~135万円
111万円
30%
240SCパッケージ3,880,000円
5.1~8.6万km
13件
155~215万円
180万円
46%
350S3,770,000円
5.3~8.6万km
13件
122~200万円
166万円
44%
350Sタイプゴールド4,050,000円
5.1~7.1万km
4件
164~186万円
175万円
43%
350G4,146,000円
7.5万km
1件
122万円
29%
350SCパッケージ4,280,000円
5.3~8.1万km
3件
160~200万円
188万円
44%
350GLパッケージ4,620,000円
6.8万km
1件
166万円
36%
【ハイブリッド】
ハイブリッドX3,950,000円
5.7~6.8万km
4件
165~185万円
177万円
45%
ハイブリッドG4,400,000円
7.3~9.0万km
2件
141~185万円
165万円
38%
ハイブリッドSR4,550,000円
5.1~9.6万km
12件
170~221万円
205万円
45%
ハイブリッドGLパッケージ5,500,000円
5.4万km
1件
220万円
40%
ハイブリッドSRCパッケージ5,650,000円
6.0~6.1万km
2件
220~242万円
235万円
42%
ハイブリッドGプレミアムシートパッケージ5,800,000円
6.0~8.5万km
2件
220~231万円
225万円
39%
ハイブリッドSRプレミアムシートパッケージ5,950,000円
9.5万km
1件
200万円
34%

※走行距離は5~10万kmで計測

平均残価率
ガソリン40%(29~47)
ハイブリッド40%(34~45)

【参考】7年後の残価率の基準

61%以上 → ★★★★★ 最高
51~60% → ★★★★☆ 優良
41~50% → ★★★☆☆ 高い
31~40% → ★★☆☆☆ 普通
30%以下 → ★☆☆☆☆ 低い

ここで一気に落ちます。

これまで比較的高かったアルファードのリセールですが、7年落ちになると普通レベルになります。

マレーシア・香港向けの輸出がなくなること、モデルチェンジが重なっていることが理由ですが、これまで特にガソリンの2500ccが高かった事から輸出の切れ目が大きいと推察できます。

ここから、

「アルファードを高く売れるのは新車から5年以内がオススメ」

ということが見えてきます。

20系アルファードの輸出国

ANH20W
2400cc
ケニア、ロシア、スリナム、セントビンセント、NZ、タンザニア、香港、英国、モザンビーク、タイ
GGH20W
3500cc
ロシア、スリナム、NZ、英国、タイ
ATH20W
ハイブリッド
ロシア、香港、オーストラリア

20系は30系と異なりマレーシアが外れます。

この中で特に重要なのはケニアですが、ガソリン・ハイブリッドで変化がないことから、同国に相場より高いアルファードが行っているとは考えにくいです。

国内での小売に向かない過走行車両が行っているものと思われます。

オプションの影響

ここからはアルファードのオプション等について解説していきます。

特に輸出におけるアルファードのリセールに重要な装備は、

  • 3眼LEDヘッドライト
  • デジタルインナーミラー
  • スペアタイヤ

と言われています。(マレーシア、香港で販売されているアルファードにないオプション設定の為)

その他国内向けにも影響する各オプションの影響についてみていきましょう。

サンルーフの差(約19万円)

サンルーフの差
データの比較:SCパッケージにて
平均落札額
サンルーフあり315.43万円19.31万円
サンルーフなし296.12万円

走行距離も評価点もほぼ揃えているので、ほぼ同条件での比較となります。

結果は19万円の差となり、サンルーフオプションの価格から考えると5年以内であればリセールにプラスに働きます。

しかし全体の2/3(66%)はサンルーフをつけていないことがわかりました。

中古車価格が小さくなればなるほどオプションの影響も小さくなるので、6年落ち以降は価格差は縮まっていきます。

エアロの差(約30万円)

エアロパーツの差
データの比較:SCパッケージにて
平均落札額
エアロあり326.94万円30.82万円
エアロなし296.12万円

走行距離の差が約1.3万kmあることを差し引いても、エアロがあるかないかの差は大きいと言えるでしょう。

ブランドでの価格差はありませんが、全体の6割以上をモデリスタエアロが占めています

エアロがついているのは、全体の20~30%であると言えます。

MOPナビの差(約19万円)

MOPナビ=メーカーオプションナビ

MOPナビの差
データの比較:SCパッケージにて
平均落札額
MOPナビ312.64万円19.3万円
MOP以外293.34万円

走行距離の差が約1万km生じてしまいましたが、リセールの差は約19万円生じるという結果になりました。

とはいえMOPナビはJBLプレミアムサウンドシステムもついて70万円以上するオプションなので、リセールで20万円返ってくるとは言え悩むところですね。

ちなみにMOPナビ以外のデータは30台あったので、MOPナビ装着車は単純計算で全体の約19%だと予想できます。

なぜSCパッケージが人気なのか

SCパッケージは30系アルファードの2500ccの中で最上位グレードです。

にもかかわらず、3年落ちの3ヶ月間における出品台数が146件以上、5年落ちが65件以上と1番流通しており、

リセールも3年後が新車の87%、5年後が78%とダントツに高いグレードです。

マレーシア向けの輸出で人気があることに加え、「ラグジュアリー系のG」<「エアロ系のS」というのは他のモデルでも明らかなので、今のアルファードの中では鉄板のグレードになります。

買取相場の変化

買取相場の変化
5年落ちSCパッケージの落札額推移

上の図は5年落ちのSCパッケージ全体のデータです。

5月に比べ緩やかに上昇しており、約40万円ぐらい上がっています。

ロックダウンのタイミングに比べ輸出が回復傾向にあることや、国内の中古車不足が背景にあります。

今後の動きに注目です。

人気の色

黒かパールホワイトが殆どです。

どちらがリセールが高いというのは見えませんが、全体の7割ぐらいがパールホワイトで、パールの方が人気の色であると言えます。

関連記事

キノさん車の色って何色が高く売れるか、きちんと知っていますか?よく白系が良いとか、白は雪に紛れるから輸出には嫌われるとか、黒系が良いとか、シルバー系が無難で良いとか。色んな話を聞きますよね。 本記事[…]

車の色

アルファードのお勧めの乗り方

これまでの結果を踏まえると、

  • 新車から乗って5年以内(2回目の車検までに)売る
  • 高年式の中古車を買って、5年落ちになる前に売る

が良い乗り方かなと思います。

アルファードのリセールの肝は、

現行・型落ちではなく、新車から5年以内

が重要だと思いますので、今後モデルチェンジがあった際などは一つ考えてみてください。

アルファードのリセールまとめ

アルファードのリセール推移

いかがでしたでしょうか。

最後にポイントを簡単にまとめておきます。

■リセールは2.5L(ガソリン)>ハイブリッド>3.5L(ガソリン)の順で高い

■オプションやグレードでリセールが変わりやすい

■新車から5年(59ヶ月)がリセールの一つの変わり目

30系になって5年以上が経過するので、今後数年でフルモデルチェンジの可能性もありますね。

また将来的にはヴェルファイアとの統合も話に出ています。

≫新型アルファード2022年に向けついに始動‼︎ヴェルファイアとの統合は!?

是非これからアルファードの売却や購入を考えられている方は参考にしてみてください。

\アルファードの新車見積もりはこちらから/
【無料】WEBで簡単!新車見積もり

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事が気に入って頂けたらシェアして頂けると嬉しいです。