【プロ査定士監修!】リセールバリューの高いミニバンランキングベスト20

ミニバンをリセールバリューが高い順にランキングで紹介

「リセールの高いミニバンを知りたい!」
「ミニバンの中で将来高く売れる車種はどれ?」

 

結婚や子供ができたりすると意識し始めるミニバン。

大きな車からコンパクトミニバンまでありますが、どうせなら売る時(乗り換える時)に高く売れる車がいいと思いませんか?

子供の教育費用やマイホームの購入資金など、ミニバン購入層は特にお金にはシビアにいきたいですよね。

 

キノさん
というわけで、こんにちは!
年間400台買取している私が、ミニバンのリセールついて解説します。

この記事では、新車から3年・5年・7年後にリセールの良いミニバンをランキングで詳しく解説していきます。

その他車種別の総合的なランキングも紹介しますので、是非最後まで読んでもらえると嬉しいです。

それでは見ていきましょう。

 

アシスタント
キノさん
全車種のリセールバリューランキングは下記でご覧頂けます。是非こちらもチェックください。
あわせて読みたい

「リセールバリューの高い車を知りたい」そんなあなたにぴったりの記事です。 こんにちは、車のリセールバリューマニアのキノさんです。本記事では私が調査したデータから、リセールバリューの高い車をランキング[…]

【2020年11月更新】リセールバリューの高い車ランキング・TOP20

リセールバリューとは

リセールバリューとは

 

リセールバリューとは
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として用いています。

買取相場の算出方法

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションでの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては、買取車両の大部分はオークションにて売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

それでは実際のリセール/買取相場について見ていきます。

 

注意
この記事は2020年12月時点の情報です。最新の買取相場は中古車買取店へお問い合わせください。
\実際の買取額が知りたい/
【無料】中古車査定を依頼する

 

3年後のランキングTOP20

新車から3年経過時(車検1回目)でのリセールが高いミニバンを20位まで紹介します。

中々3年で手放すことは少ないと思いますが、高く売れれば乗り換えるのも十分ありです。

しっかり確認しておきましょう。

順位車種残価率
🥇1位アルファード
(ガソリン)
76%
🥇1位セレナ
(e-POWER)
76%
🥉3位エスクァイア
(ガソリン)
74%
4位ステップワゴンスパーダ73%
4位ノア
(ガソリン)
73%
4位ヴォクシー
(ガソリン)
73%
4位ノア
(ハイブリッド)
73%
4位エスクァイア
(ハイブリッド)
73%
9位オデッセイ70%
10位デリカD5
(ディーゼル)
69%
10位アルファード
(ハイブリッド)
69%
12位フリード
(ガソリン)
68%
12位セレナ
(ガソリン)
68%
14位フリード
(ハイブリッド)
67%
15位ヴェルファイア
(ガソリン)
66%
15位フリード+66%
17位ヴォクシー
(ハイブリッド)
62%
17位フリード+
(ハイブリッド)
62%
19位シエンタ
(ガソリン)
61%
20位シエンタ
(ハイブリッド)
59%

※残価率=買取額/新車価格(%)

 

5年後のランキングTOP20

新車から5年経過時(車検2回目)でのリセールが高いミニバンを紹介します。

順位車種残価率
🥇1位アルファード
(ガソリン)
67%
🥈2位デリカD5
(ディーゼル)
63%
🥉3位アルファード
(ハイブリッド)
62%
4位ヴェルファイア
(ガソリン)
61%
5位エスクァイア
(ガソリン)
56%
6位ステップワゴンスパーダ55%
7位ノア
(ハイブリッド)
54%
7位ヴォクシー
(ガソリン)
54%
9位エスクァイア
(ハイブリッド)
52%
9位オデッセイ52%
9位ヴェルファイア
(ハイブリッド)
52%
12位エルグランド51%
13位シエンタ
(ガソリン)
50%
13位ステップワゴン50%
15位ノア
(ガソリン)
49%
16位シエンタ
(ハイブリッド)
47%
17位デリカD5
(ガソリン)
46%
18位ヴォクシー
(ハイブリッド)
43%
19位フリード
(ガソリン)
41%
19位フリード
(ハイブリッド)
41%
19位セレナ
(ガソリン)
41%

 

7年後のランキングTOP20

新車から7年経過時(車検回目)でのリセールが高いミニバンを紹介します。

7年ぐらいは乗り続ける方も多いので、最も現実的な指標かもしれません。

順位車種残価率
🥇1位デリカD5
(ディーゼル)
53%
🥈2位アルファード
(ガソリン)
40%
🥈2位アルファード
(ハイブリッド)
40%
4位ステップワゴンスパーダ37%
5位オデッセイ36%
6位ヴェルファイア35%
6位ヴェルファイア
(ハイブリッド)
35%
8位エルグランド32%
8位ステップワゴン32%
8位デリカD5
(ガソリン)
32%
11位ヴォクシー
(ガソリン)
31%
12位ノア
(ガソリン)
29%
12位フリード+29%
14位フリード
(ハイブリッド)
25%
15位セレナ
(ガソリン)
22%
16位フリード+
(ハイブリッド)
20%
17位シエンタ
(ガソリン)
16%
17位フリード
(ガソリン)
16%
19位データなし
20位

※7年前に発売されている車種が少ない為18位までを記載

車種別ランキング

ここからは車種別の総合ランキングをお伝えします。

 

1位 アルファード

30系後期モデル【H30/1~現在】(参照元:グーネット)

アルファードはトヨタのフラッグシップミニバン。「大空間高級サルーン」をキーワードとして開発された車です。

【ガソリン】
新車価格:352~762万円(税込み)
燃費:10.6km/L(WLTCモード)
定員:7/8名
エンジン:
①2500cc・直列4気筒
②3500cc・V型6気筒
大きさ:4950×1850×1935
【ハイブリッド】
新車価格:455~775万円(税込み)
燃費:14.8km/L(WLTCモード)
定員:7/8名
エンジン:2500cc・直列4気筒+モーター
大きさ:4950×1850×1935
リセールバリュー(残価率):ガソリン
3年後5年後7年後
76%(1位)
★★★★☆
67%(1位)
★★★★☆
40%(2位)
★★☆☆☆
リセールバリュー(残価率):ハイブリッド
3年後5年後7年後
69%(10位)
★★★☆☆
62%(2位)
★★★★☆
40%(2位)
★★☆☆☆
ガソリンの方がリセールが高い

 

ガソリンモデルがミニバンの中では圧倒的な存在感を放つアルファードが1位になります。

この価格帯でありながら、月に1万台(ミニバンでは1位)が売れている驚異的な車種。

個人のみならず、法人からの人気も高い車です。

 

そんなアルファードのリセールのポイントは、「ガソリンの2500cc」でS系のグレードを選ぶことです。

1番リセールが高いグレードは「2.5SCパッケージ」。

1番リセールが低いグレードは「ハイブリッドのエグゼクティブラウンジ」。

 

今のところアルファードは5年以内に手放すのがお勧めだと出ています。

モデルチェンジ(20型→30型)していることと、マレーシア向けの輸出が5年落ちまでということが関係しています。

 

またサンルーフ、エアロパーツ、メーカーオプションナビ等、装備がリセールに与える影響が大きいのもアルファードの特徴。

詳細は下記にて詳しく記載していますので、是非ご確認ください。

あわせて読みたい

「アルファードのリセールバリューってどう?」こんな疑問にお答えします。 今や人気・リセール共に日本一と言っても過言ではないミニバン「アルファード」、その具体的なリセールは気になりますよね。今回は「ア[…]

アルファードのリセールと影響するオプション/グレード等を徹底解説

 

2位 デリカD5

CV系後期モデル【H31/2~現在】(参照元:グーネット)

デリカD5は三菱を代表するミニバン。平成31年のマイナーチェンジを機にほぼディーゼルメインのラインナップになっています。

【ディーゼル】
新車価格:391~447万円(税込み)
燃費:12.6km/L(WLTCモード)
定員:7/8名
エンジン:2300cc・直列4気筒DOHC16バルブICターボ
大きさ:4800×1795×1875
リセールバリュー(残価率):ディーゼル
3年後5年後7年後
69%(10位)
★★★☆☆
63%(2位)
★★★★☆
53%(1位)
★★★★☆
リセールバリュー(残価率):ガソリン
3年後5年後7年後
54%(22位)
★★☆☆☆
46%(17位)
★★☆☆☆
32%(8位)
★★☆☆☆
買うなら断然ディーゼルがお勧め

 

3年落ちが既に型落ちの為、3年後のリセールは低く出たもののそれ以降が安定感抜群のデリカD5のディーゼル。

月の新車販売台数は1,000台前後(ミニバンでは11位)でそこまで人気の車種ではないのですが、リセールは超優秀ということで2位に入れました。

 

現行モデルでのリセール的にお勧めグレードは、「Gパワーパッケージ」。

「アーバンギア」は過去の「ローデスト」から考えると、そこまで人気にはならず、リセールも高くはないと予想します。

ただ「アクティブギア」の様なグレードが今後出ればリセール的にはアリなグレードになります。

 

これまでの傾向から行くと暫くはマイナー/フルモデルチェンジがないので、今後暫くはリセールが比較的高値安定するであろう車種です。

色や装備で大きなリセールの差は見られず、ほぼグレードでリセールの良し悪しが決まります。

詳しくは下記にて解説していますので、是非参考にしてみてください。

あわせて読みたい

デリカD5のリセールバリューの高いグレードやオプション、下取り・買取価格について詳しくお伝えします。モデルチェンジ前後におけるリセールの動き、今後の買取相場の見通し、色の影響、中古車価格の考え方についてもお伝えしますので、是非参考に[…]

【デリカ D5】ガソリンとディーゼルのリセールを詳しく解説

 

3位 セレナ

27系後期モデル【H28/8~現在】(参照元:グーネット)

セレナは日産の5ナンバーサイズのミディアムクラスミニバン。平成30年から人気のe-POWERグレードが設定されています。

【ガソリン】
新車価格:258~372万円(税込み)
燃費:13.2km/L(WLTCモード)
定員:8名
エンジン:2000cc・直列4気筒DOHC
大きさ:4770×1740×1865
【e-POWER】
新車価格:300~420万円(税込み)
燃費:18.0km/L(WLTCモード)
定員:7名
エンジン:1200cc・水冷直列3気筒DOHC+モーター
大きさ:4770×1740×1865
リセールバリュー(残価率):ガソリン
3年後5年後7年後
68%(12位)
★★★☆☆
41%(19位)
★★☆☆☆
22%(15位)
★☆☆☆☆
リセールバリュー(残価率):e-POWER
3年後5年後7年後
76%(1位)
★★★★☆
データなしデータなし
e-POWERの方がリセールが高い

 

e-POWERの3年落ちリセールがアルファードと並ぶレベルで高く、今後の期待も込めてセレナを3位にしました。

月の新車販売台数は4000~4500台(ミニバン中6位)の安定した人気があるミニバン。

 

5年落ちデータはフルモデルチェンジ前の型落なので、リセールが大きく下がっています。

そう考えるとe-POWERもフルモデルチェンジを挟むとリセールが大きく下がる可能性は考えられます。

 

e-POWERにするかしないかで悩む方が多くいると思いますが、

リセール差の8ポイントは新車価格から考えると25~30万円に相当し、これに燃費性能やe-POWERのメリットを総合的に考え、新車価格差の50万円をどう捉えるかという話になります。

そもそもリセールが基本的に高いのでe-POWERを選ぶべきだと考えることもできますが。

 

e-POWERはトヨタやホンダのハイブリッドシステムとは異なり、「シリーズ方式」と呼ばれ、

ガソリンエンジンを搭載してはいるが発電専用で、走行には利用しません。

その為静音性やモーターの使用感は勝るものの、エンジンで発電する際の熱損失から燃費が少し他車に比べて劣るという特徴があります。

詳しくは、『日産ノートのハイブリッド、トヨタプリウスとは「別物」だった!』がわかりやすいと思います。

 

リセールに戻ると、最もリセールの高いグレードは「e-POWERハイウェイスター」です。

オーテックやニスモも悪くはありませんが、販売台数が少ないのと新車価格が高い分少しリセールが下がると覚えておきましょう。

詳しくは下記にて詳しく解説しているので参考にしてみてください。

あわせて読みたい

セレナ・セレナ e-POWERの3年、5年、7年後のリセールバリューと下取り・買取相場について詳しくお伝えします。モデルチェンジ前後におけるリセールの動き、買取相場から考える中古車価格の見方についてもお伝えしますので、是非参考にして[…]

セレナの5年落ちのリセールバリューと下取り・買取相場を解説

 

4位 エスクァイア

後期モデル【H29/7~現在】(参照元:グーネット)

エスクァイアは5ナンバークラスミニバンにワンランク上の高級感が加わったトヨタのミニバン。

【ガソリン】
新車価格:296~333万円(税込み)
燃費:13.6km/L(WLTCモード)
定員:7/8名
エンジン:2000cc・直列4気筒
大きさ:4695×1695×1825
【ハイブリッド】
新車価格:338~346万円(税込み)
燃費:19.8km/L(WLTCモード)
定員:7名
エンジン:2000cc・直列4気筒+モーター
大きさ:4695×1695×1825
リセールバリュー(残価率):ハイブリッド
3年後5年後7年後
73%(4位)
★★★★☆
54%(9位)
★★★☆☆
データなし
リセールバリュー(残価率):ガソリン
3年後5年後7年後
74%(3位)
★★★★☆
56%(5位)
★★★☆☆
データなし

※7年前は未発売の為、データは5年後まで。

ガソリンの方がリセール高いが差は僅か
トヨタのミドルサイズミニバンで1番リセールが高そうなのは、エスクァイア。
他の車種でも出てきますが、ガソリンとハイブリッドで殆どリセールが変わらないので、総合的にはハイブリッドの方を買うべき車です。
中古車輸出の影響も受けますが、それよりもフルモデルチェンジを乗り換えるタイミングとしては意識した方が良いかもしれません。
色のリセール差が約17万円あり、人気色と不人気色での差が大きいと言えます。
詳しく下記にて記載していますので是非ご確認ください。
あわせて読みたい

「エスクァイアのリセールってどうなの?」そんな疑問にお答えします。トヨタの5ナンバーミニバンで最上位に位置するエスクァイア。ヴォクシー・ノアと広い意味で兄弟車になりますが、意外とリセールが高いという事実があります。[…]

エスクァイアのリセールっていいの?中古車査定士が詳しく解説!

5位 ステップワゴン

RP系後期モデル【H29/9~現在】(参照元:グーネット)

ステップワゴンは現在で5代目モデルとなるホンダのミニバン。

【ガソリン】
新車価格:271~332万円(税込み)
燃費:13.6km/L(WLTCモード)
定員:7/8名
エンジン:1500cc・水冷直列4気筒DOHC16バルブターボ
大きさ:4760×1695×1840
【ハイブリッド】
新車価格:343~364万円(税込み)
燃費:20.0km/L(WLTCモード)
定員:7名
エンジン:2000cc・水冷直列4気筒DOHC16バルブ+モーター
大きさ:4760×1695×1840
リセールバリュー(残価率):スパーダ
3年後5年後7年後
73%(4位)
★★★★☆
55%(6位)
★★★☆☆
37%(4位)
★★☆☆☆
リセールバリュー(残価率):ノーマル
3年後5年後7年後
56%(22位)
★★☆☆☆
50%(13位)
★★☆☆☆
32%(8位)
★★☆☆☆
スパーダの方がリセールが良い
ステップワゴンはスパーダの方がリセールが良いのでスパーダを選ぶようにしましょう。
特にスパーダのハイブリッドはまた発売されたばかりですが、3年落ちは残価率79%とかなりの高リセールです。
フルモデルチェンジを挟む、現在の5年落ちと7年落ちの差が大きく、フルモデルチェンジはリセールに要注意です。
パールホワイトや黒などの人気色とそれ以外の色での差は約11万円。
7人乗りの方が多く売れています。
詳しくは下記記事にて解説していますので参考にしてみてください。
あわせて読みたい

「ステップワゴンのリセールが気になる!」「スパーダやハイブリッドを含めてどれが1番お得なの?」ホンダの人気のミニバン「ステップワゴン」ですが、リセールバリューは高いのか低いのかイメージはついていますか?このゾーンは競合車[…]

ステップワゴン/スパーダのリセールをハイブリッドまで詳しく解説

6位 ノア

80系後期モデル【H29/7~現在】(参照元:グーネット)

トヨタのミディアムクラスミニバン「ノア」。ヴォクシーとは兄弟車。

【ガソリン】
新車価格:256~331万円(税込み)
燃費:13.6km/L(WLTCモード)
定員:7/8名
エンジン:2000cc・直列4気筒
大きさ:4710×1735×1825
【ハイブリッド】
新車価格:306~344万円(税込み)
燃費:19.0km/L(WLTCモード)
定員:7名
エンジン:1500cc・直列4気筒+モーター
大きさ:4710×1735×1825
リセールバリュー(残価率):ガソリン
3年後5年後7年後
73%(4位)
★★★★☆
49%(15位)
★★☆☆☆
29%(12位)
★☆☆☆☆
リセールバリュー(残価率):ハイブリッド
3年後5年後7年後
73%(4位)
★★★★☆
54%(7位)
★★★☆☆
データなし
ハイブリッドの方がリセールが良い
エスクァイアと同じくガソリンよりもハイブリッドの方がリセールが良く、
買うならハイブリッド一択ということになります。
(リセールも良く、燃費も良いとなるとガソリンを選ぶメリットがほぼない為。)
ノアは輸出の関係かフルモデルチェンジの関係からか、5年落ちと7年落ちの差が大きく、5年で手放すのがお勧めの車です。
グレードはエアロ仕様の「Si」が最もリセールが良く、これはガソリン・ハイブリッド共有して言えます。
リセールについて詳しいことは下記記事にて記載していますので参考にしてみてください。
あわせて読みたい

[adcode]「ノアのリセールバリューって良いの?」「ノアの買取相場を知りたい!」トヨタのミディアムクラスミニバン「ノア」のリセールバリューや買取相場、詳しく知っていますか?人気の車種ということもありリセールは[…]

【査定士だけが知っている】トヨタ ノアのリセールを詳しく解説

7位 ヴォクシー

80系後期モデル【H29/7~現在】(参照元:グーネット)

トヨタのミディアムクラスミニバン「ヴォクシー」。ノアとは兄弟車ですがヴォクシーの方が売れています。

【ガソリン】
新車価格:256~331万円(税込み)
燃費:13.6km/L(WLTCモード)
定員:7/8名
エンジン:2000cc・直列4気筒
大きさ:4710×1735×1825
【ハイブリッド】
新車価格:306~344万円(税込み)
燃費:19.0km/L(WLTCモード)
定員:7名
エンジン:1500cc・直列4気筒+モーター
大きさ:4710×1735×1825
リセールバリュー(残価率):ガソリン
3年後5年後7年後
73%(4位)
★★★★☆
54%(7位)
★★☆☆☆
31%(11位)
★☆☆☆☆
リセールバリュー(残価率):ハイブリッド
3年後5年後7年後
62%(17位)
★★★☆☆
43%(18位)
★★☆☆☆
データなし

 

基本的にはノアと同じリセールになるはずが、こちらはガソリンの方がリセールが高く出ているヴォクシー。

また最新のデータに更新する際に変更になる予定です。

基本的にはヴォクシーを買うなら煌系グレード一択という感じです。

 

8位 オデッセイ

RC系後期モデル【R2/11~現在】(参照元:グーネット)

オデッセイは上質な室内空間と走行性能を両立したホンダの上級ミニバン。

【ガソリン】
新車価格:350~393万円(税込み)
燃費:12.8km/L(WLTCモード)
定員:7/8名
エンジン:2400cc・水冷直列4気筒DOHC16バルブ
大きさ:4855×1820×1695
【ハイブリッド】
新車価格:418~458万円(税込み)
燃費:19.8km/L(WLTCモード)
定員:7/8名
エンジン:2000cc・水冷直列4気筒DOHC16バルブ+モーター
大きさ:4855×1820×1695
リセールバリュー(残価率)
3年後5年後7年後
70%(9位)
★★★☆☆
52%(9位)
★★★☆☆
36%(5位)
★★☆☆☆
ガソリンもハイブリッドもリセールは変わらない

 

オデッセイのリセールはそこまで高いとは言えませんが、

グレードとしてはアブソルートが高いと言えます。

 

またハイブリッドモデルは発売されて日が浅いですが、今のところガソリンとリセール差があまりありません。

燃費のことも含めるとハイブリッドモデルの方がお得だと言えます。

 

フルモデルチェンジの影響を大きく受けますので、モデルチェンジのタイミングで乗換た方が高く売れると言えるでしょう。

オデッセイの詳しいリセールについては下記記事にて記載していますので、参考にしてみてください。

あわせて読みたい

「マイナーチェンジした新しいオデッセイが気になる!」「そう言えばオデッセイのリセールってどうなんだろう?」2020年11月にマイナーチェンジして見た目が新しくなった5代目オデッセイ。[caption id="" alig[…]

オデッセイ/オデッセイ ハイブリッドのリセールを詳しく解説

 

9位 フリード

GB系後期モデル【R1/10~現在】(参照元:グーネット)

フリードはハイトコンパクトなホンダの5ナンバーミニバン。2列シートのフリード+(プラス)、3列シートのフリードにそれぞれガソリンとハイブリッドモデルがあります。

【ガソリン】
新車価格:200~297万円(税込み)
燃費:17.0km/L(WLTCモード)
定員:5/6/7名
エンジン:1500cc・水冷直列4気筒DOHC16バルブ
大きさ:4265×1695×1710
【ハイブリッド】
新車価格:256~328万円(税込み)
燃費:20.8km/L(WLTCモード)
定員:5/6/7名
エンジン:1500cc・水冷直列4気筒DOHC16バルブ+モーター
大きさ:4265×1695×1710
リセールバリュー(残価率):ガソリン
3年後5年後7年後
67%(14位)
★★★☆☆
39%(19位)
★☆☆☆☆
23%(15位)
★☆☆☆☆
リセールバリュー(残価率):ハイブリッド
3年後5年後7年後
65%(16位)
★★★☆☆
40%(18位)
★☆☆☆☆
23%(15位)
★☆☆☆☆
フリードは2列シート(フリード+)より3列シート(フリード)の方がリセールが少し高いです。
ガソリンとハイブリッドでは燃費の差は多少しかありませんが、リセールの差もない為総合的にはハイブリッドの方がお得になります。
リセールを上げる為には基本的に上のグレードを選択するのが良いと言えます。
現在の5年落ち以降はフルモデルチェンジの前の型になり、かなりリセールが落ちてしまっています。
ほぼリセールは国内の需要にて出来上がっている感じなので、フルモデルチェンジには注意した方が良いと言えます。
詳しくは下記記事にて記載していますので参考にしてみてください。
あわせて読みたい

フリード・フリードハイブリッド・フリードプラスの新車から3年・5年・7年後のリセールバリュー(買取相場)をグレード別にお伝えします。リセールに関わるオプションや色、乗換タイミング、今後の買取相場や中古車価格についても記載しましたので[…]

フリードのリセールバリューと下取り・買取相場をグレード別に解説

10位 シエンタ

170系後期モデル【H30/9~現在】(参照元:グーネット)

シエンタはコンパクトな5ナンバーサイズに7人乗り、両側スライドドアを持つトヨタのミニバン。フリードのライバル車種になります。

【ガソリン】
新車価格:181~236万円(税込み)
燃費:17.0km/L(WLTCモード)
定員:5/6/7名
エンジン:1500cc・直列4気筒DOHC
大きさ:4260×1695×1675
【ハイブリッド】
新車価格:223~258万円(税込み)
燃費:22.8km/L(WLTCモード)
定員:5/6/7名
エンジン:1500cc・直列4気筒DOHC
大きさ:4265×1695×1675
リセールバリュー(残価率):ガソリン
3年後5年後7年後
61%(19位)
★★★☆☆
50%(13位)
★★☆☆☆
16%(17位)
★☆☆☆☆
リセールバリュー(残価率):ハイブリッド
3年後5年後7年後
59%(20位)
★★☆☆☆
47%(16位)
★★☆☆☆
データなし
少しガソリンの方が良いがほぼ差はなし

 

3年後を主として最もリセールが低いミニバンとなったのは、シエンタでした。

2列シートと3列シートではフリードと同じく3列シート仕様の方がリセールが高いと言えます。

 

リセールの高いグレードは「G」か「Gクエロ」となり基本上級グレードを選んだ方が良いでしょう。

フルモデルチェンジを挟んで大きくリセールが下がっていますので、2022年にフルモデルチェンジと言われている今後の動向には注目です。
参考記事:『次期型シエンタ全情報』

 

基本的な傾向はフリードと似ていますが、少しだけフリードの方がリセールには有利と覚えておけばいいかもしれません。

詳しくは下記に記載していますので参考にしてみてください。

あわせて読みたい

シエンタのリセールバリューの高いグレードやオプション、下取り・買取価格について詳しくお伝えします。モデルチェンジ前後におけるリセールの動き、買取相場から考える中古車価格の見方についてもお伝えしますので、是非参考にしてみてください。[…]

シエンタのリセールバリューと下取り・買取相場をグレード別に解説

まとめ

いかがでしたでしょうか。

意外と三菱勢が良かったり、コンパクトミニバンのリセールがそれほどでもなかったりと調べてみないとわからないことが多かったですね。

 

また実際に車を売る際は、車が持つ価値も大事ですが高い買取額を提示してもらうスキルも重要になります。

基本的な部分も含まれますが、私が中古車買取をしていて感じる点は下記記事にまとめていますので、是非そちらも参考にしてみてください。

あわせて読みたい

車(中古車)を売ろうとする時に、役立つ高く売る方法やコツについて詳しくお伝えしていきます。悲しいかな車を乗り換えや、不要で売る時というのは突然やってくる訳ですが、覚えておくと損はない情報をお伝えしていくので是非参考にしてみてください[…]

【現役査定士が解説】車(中古車)を高く売る方法

 

それではまた次回お会いしましょう。

さようなら〜。

最後まで読んで頂きありがとうございました。この記事がお役に立ちましたら是非シェアして頂けると嬉しいです。