オデッセイ/オデッセイ ハイブリッドのリセールを詳しく解説

オデッセイ/オデッセイ ハイブリッドのリセールを詳しく解説

「マイナーチェンジした新しいオデッセイが気になる!」
「そう言えばオデッセイのリセールってどうなんだろう?」

2020年11月にマイナーチェンジして見た目が新しくなった5代目オデッセイ。

プレミアムスパークルブラック・パール★
参照元:オデッセイ-Honda公式

ホンダの中ではステップワゴンに並ぶミニバンですが、そのリセールバリューは高いのか低いのかイメージはありますか?

車を購入する際は価格やスペックに気を取られてしまい、リセールがどうなのかはついつい後回しになってしまいますよね。

キノさん
というわけで、こんにちは!
年間400台買取している私が、今回はオデッセイについて解説します。

この記事では、オデッセイ/オデッセイ ハイブリッドのリセールバリュー(買取相場)についてグレード別に解説します。

オデッセイの7年後までのリセールバリュー、中古車の輸出国、人気の色や定員数についても調べているので是非参考にしてみてください。

まずは結論からお伝えします。

 オデッセイのリセールはそんなに高くない

 5年落ちまではマレーシアに輸出されるのがポイント。ガンガン走って5年以内に乗り換えるのがお勧め

 人気のグレードは「アブソルート系」

経過年数モデル平均残価率
3年後
(3年落ち)
オデッセイ70%(57~84)
★★★☆☆
オデッセイハイブリッド68%(65~78)
★★★☆☆
5年後
(5年落ち)
オデッセイ52%(43~58)
★★★☆☆
7年後
(7年落ち)
RC型36%(27~42)
★★☆☆☆
RB型18%(15~20)
★☆☆☆☆
キノさん
MAXでも星3つなので、そこまで高くはないですね。

細かなグレードについては本文に詳しく記載しています。それでは見ていきましょう。

アシスタント
サポート
同じミニバンでもあるトヨタのルアファードのリセールと比較してみましょう。
あわせて読みたい

「アルファードのリセールバリューってどれくらいあるの?」「新型が出た場合どのぐらいリセールが下がるのだろう」アルファードと言えばいリセールが高いイメージですが、具体的にどのくらいかって中々知る機会がないですよね。ディーラ[…]

アルファードのリセールバリューを徹底解説

リセールバリューとは

リセールバリューとは

 

リセールバリューとは
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として用いています。

買取相場の算出方法

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションでの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては、買取車両の大部分はオークションにて売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

それでは実際のリセール/買取相場について見ていきます。

注意
この記事は2020年11月時点の情報です。最新の買取相場は中古車買取店へお問い合わせください。
\実際の買取額が知りたい/
【無料】中古車査定を依頼する

3年後のリセール/買取相場

参照元:グーネット

新車から3年後のリセールを3年落ちの平成29年式の買取相場からお伝えします。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データより
  • 平成29年式の2WD、装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
G2,892,840円
2.1万km
1件
165万円
57%
アブソルート・ホンダセンシング3,326,400円
1.7万km
1件
280万円
84%
アブソルート・Xホンダセンシング3,286,400円
1.6~4.6万km
5件
210~240万円
230万円
70%
G・EXホンダセンシング3,380,000円データなし
アブソルート・EXホンダセンシング3,450,000円
1.6~4.7万km
11件
230~255万円
243万円
70%
アブソルートXホンダセンシングアドバンスドパッケージ3,476,400円
1.9~4.5万km
3件
221~254万円
240万円
69%
【オデッセイ ハイブリッド】
ハイブリッド3,646,400円データなし
ハイブリッドアブソルート3,866,400円
1.8~4.9万km
13件
220~310万円
270万円
70%
ハイブリッドアドバンスドパッケージ4,026,400円
3.0万km
1件
260万円
65%
ハイブリッドEXパッケージ3,990,000円
2.7万km
1件
265万円
66%
ハイブリッドアブソルート・ホンダセンシングEXパッケージ4,000,000円
1.4~4.7万km
32件
255~360万円
310万円
78%
ハイブリッドアブソルート・ホンダセンシングアドバンスドパッケージ4,056,400円
2.2~4.8万km
5件
220~280万円
255万円
63%

※残価率=買取相場/新車価格(%)
※走行距離は1~5万kmで設定

キノさん
データ数が多い程人気グレードで、残価率の精度も高くなります。
リセールバリュー(平均残価率)
オデッセイ
(ガソリン)
70%(57~84)
オデッセイ
(ハイブリッド)
68%(65~78)

【参考】3年後の残価率の基準

81%以上 → ★★★★★ 最高
71~80% → ★★★★☆ 優良
61~70% → ★★★☆☆ 高い
51~60% → ★★☆☆☆ 普通
50%以下 → ★☆☆☆☆ 低い

▼リセールが高い車を知りたい人は▼

リセールバリューのランキング記事

「リセールバリューが良い車に乗りたい!」「どうせなら売る時に高く売れる車を買いたい!」車は中古の流通性が高く、再販価値が高い商品として有名です。しかしどんな車でも高く売れる(リセールが高い)訳ではありません。SU[…]

【2020年11月更新】リセールバリューの高い車ランキング・TOP20

オデッセイ/オデッセイハイブリッドの3年後のリセールバリューは、70%前後で概ね平均よりは高いと言えます。

グレードによりばらつきがありますが、販売台数も含めて「アブソルートEXホンダセンシング」がお勧めのグレードになります。

ガソリンもハイブリッドも皆さん比較的高めのグレードを購入している様です。

5年後のリセール/買取相場

参照元:グーネット

新車から5年後のリセールを5年落ちの平成27年式の買取相場からお伝えします。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データより
  • 平成27年式の2WD、装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
G2,892,840円データなし
Gエアロパッケージ3,072,840円
4.8~5.7万km
2件
130~133万円
132万円
43%
アブソルート3,318,040円
3.2~6.0万km
11件
165~205万円
177万円
53%
G・EX3,351,000円データなし
アブソルート・20thアニバーサリーパッケージ3,456,400円
3.1~6.9万km
10件
135~205万円
177万円
51%
アブソルート・アドバンス3,476,400円
3.0~5.6万km
10件
161~210万円
200万円
58%
アブソルート・EX3,582,000円
3.1~6.4万km
13件
145~210万円
180万円
50%
アブソルート・EXアドバンス3,690,000円
5.3万km
1件
215万円
58%

※走行距離は3~7万kmで計測
※ハイブリッドは未発売の為データなし

リセールバリュー(平均残価率)
52%(43~58)

【参考】5年後の残価率の基準

70%以上 → ★★★★★ 最高
60~70% → ★★★★☆ 優良
50~60% → ★★★☆☆ 高い
40~50% → ★★☆☆☆ 普通
40%以下 → ★☆☆☆☆ 低い

オデッセイの5年後のリセールバリューは平均52%で、全体の中では少し高いと言えます。

装備充実の「G」とエアロ系の「アブソルート」では、圧倒的にアブソルートの方が売れていて、リセールも高いと言えます。

ハイブリッドはまだ発売されてから5年が経過していないのでデータはありませんが、概ねこのガソリンの数値と近い値になると予想されます。

また定員ですが、7人乗りと8人乗りでは7人乗りが全体の93%を占めているのもポイントです。

7年後のリセール/買取相場

新車から7年後のリセールを7年落ちの平成25年式の買取相場からお伝えします。

7年落ちはRC型(現行)のオデッセイが発売された年になります。

フルモデルチェンジ後のRC型とモデルチェンジ前のRB型をそれぞれ解説します。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データより
  • 平成25年式の2WD、装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)

FC後(RC型)

参照元:グーネット
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
B2,490,000円データなし
G2,819,000円
5.7~9.3万km
7件
65~85万円
75万円
27%
アブソルート3,154,000円
5.1~10.0万km
37件
88~166万円
133万円
42%
G・EX3,360,000円データなし
アブソルート・EX3,585,000円
5.1~9.4万km
17件
105~166万円
135万円
38%

※走行距離は5~10万kmで計測

FC前(RB型)

参照元:グーネット
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
M・S2,420,000円データなし
M2,720,000円データなし
Mエアロパッケージ2,760,000円データなし
MX2,920,000円
6.4万km
1件
45万円
15%
アブソルート2,920,000円データなし
MX・エアロパッケージ3,060,000円
5.2~8.2万km
3件
25~80万円
60万円
20%
Li4,120,500円データなし

※走行距離は5~10万kmで計測
※フルモデルチェンジ当年の旧モデルは生産が止まる為、必然的にデータが少なくなります。

リセールバリュー(平均残価率)
7年落ち(RC型)36%(27~42)
7年落ち(RB型)18%(15~20)

【参考】7年後の残価率の基準

61%以上 → ★★★★★ 最高
51~60% → ★★★★☆ 優良
41~50% → ★★★☆☆ 高い
31~40% → ★★☆☆☆ 普通
30%以下 → ★☆☆☆☆ 低い

オデッセイの7年後のリセールバリューはこれまでの5年後迄に比べ、少し低いと言えます。(「高い」→「普通」に落ちた。)

これは後に出てきますが、5年落ちまでが対象となるマレーシア向けの中古車輸出の影響が関係していると思われます。

マレーシア行きの輸出需要がなくなり他国と国内需要のみとなった為、買い手が減りリセールが下がったのかもしれません。

またフルモデルチェンジの影響が大きく、RB型の買取相場は完全に100万円を割り、残価率は18%とかなり低い値になります。

8年落ち以降のRB型のリセールは、必然的に更に低い水準で推移するでしょう。

オデッセイの中古車輸出

車輸出
UAEのアブダビ

オデッセイの中古車輸出について解説します。

輸出されている国や輸出される年式を知る事で、走行距離がリセールにあまり影響しないことや、何年落ち迄に手放した方が良いのかなどを知ることができます。

RC型の輸出国

RC1
(ガソリン・2WD)
・マレーシア(登録から59ヵ月まで)
・ロシア(登録から7年まで)
・香港
・NZ
・ブルネイ
RC2
(ガソリン・4WD)
・ロシア(登録から7年まで)
RC4
(ハイブリッド)
・ロシア(登録から7年まで)

RC型オデッセイは上記の通り各国に輸出されています。

この中でポイントはマレーシアで、同国は日本から輸出される中古車の価格帯が世界で1番高い国です。

マレーシアには、登録から59ヵ月までの車のみが輸出され、まる5年(60ヵ月)以上経過した車は輸出されません。

実際にオークションデータを調べると、

車両詳細落札額
平成27年10月登録
12.6万km走行
161.5万円
(9/10のオークション)
平成27年11月登録
12.0万km走行
87.5万円
(11/6のオークション)

と落札額に約70万円の違いが出ています。

上段の車両は登録から59ヵ月目でオークションに出品された為、マレーシア行きの輸出に乗りました。

(12万km走行の5年落ちのオデッセイが、国内の再販用途で160万円で買われることはまずありえません。)

下段の車両は登録から60ヵ月目でオークションに出品された為マレーシア行きの輸出に乗れず、比較すると安い価格で落札されました。

しかしお分かりかと思いますが、下段が安いのではなく上段が異常に高いんですね。

この様に少し売るタイミングが違っただけで、輸出国の事情で、売れる(買取)価格が変わる車種がオデッセイ以外にもたくさんあります。

そのルールや条件を知るだけで、結果的に車両の保有コストが下がり、思ってもいなかった上のグレードの車に乗ることも可能になります。

因みにロシアには7年落ちまでの全てのRC型が輸出されていますが、現状事故車や水害車等の安い車が輸出されていると言えます。

輸出を踏まえたポイント

オデッセイの輸出を考えたポイントは、

  • 59ヵ月目(丸5年経つ数ヵ月前)までに売る
  • 走行距離が多くてもリセールに影響しにくい(走った方が元を取れる)

ということになります。

このマレーシア行きはガソリンの4WDとハイブリッドには当てはまらないので、グレードガソリンの2WDが比較的お勧め・安全です。

リセールに関するその他

オデッセイのリセールに関することとしてその他では、

圧倒的に7人乗りが人気というのがあります。

リセールに大きく影響するとは断定できないですが、流通し易さから言うと7人乗りがお勧めです。

色はパールホワイトが人気

車の色は、パールホワイトか黒が人気です。

どちらかと言えば、黒の方が数が多いように思います。

色のリセールの違い
5年落ちのオデッセイ(RC1)にて
仕様平均落札額
人気色182.96万円9.28万円
普通色173.68万円

※普通色=パールホワイト、黒以外の色

上記の2色以外だと、売る時に約10万円ぐらい差が出る結果が出ていますので、そこも考慮して色は決めるのが良いでしょう。

あわせて読みたい

キノさん車の色って何色が高く売れるか、きちんと知っていますか?よく白系が良いとか、白は雪に紛れるから輸出には嫌われるとか、黒系が良いとか、シルバー系が無難で良いとか。色んな話を聞きますよね。 本記事[…]

車の色

オデッセイを高く売るには

オデッセイを高く売る方法としては、現状は多くの買取専門店の見積もりが得られる、一括査定が1番有効です。

理由としては、ディーラーの下取り担当者はそこまで知識を持っていないことが多く、適正な値付けができないことが多い為です。

大手買取店の場合は、輸出も小売も含めてきちんとした相場が読めるので、その中で高いところを選べば間違いないと言えます。

車を高く売る際に注意すべきことは、『車/中古車を高く売る方法(基礎編)』に記載していますので、是非参考にしてみてください。

あわせて読みたい

車(中古車)を売ろうとする時に、役立つ高く売る方法やコツについて詳しくお伝えしていきます。悲しいかな車を乗り換えや、不要で売る時というのは突然やってくる訳ですが、覚えておくと損はない情報をお伝えしていくので是非参考にしてみてください[…]

【現役査定士が解説】車(中古車)を高く売る方法

オデッセイのリセールまとめ

オデッセイのリセールまとめ

いかがでしたでしょうか。

オデッセイのリセールバリューは高くはないですが、乗り方を理解すれば保有コストは少なく乗れる車だということがわかりましたね。

また2020年に行われたのはマイナーチェンジなので、型式は変わらず暫くはこの法則は続くと思われるので是非覚えておいて下さい。

最後にリセールのポイントをまとめておきます。

■ハイブリッドの方がガソリンより少しリセールが悪い

■グレードはアブソルート系が鉄板

■ガンガン走って使い倒して、59ヵ月以内に乗り換えるのがお勧めの乗り方

オデッセイの購入や売却を検討されている方は是非参考にしてみてくださいね。

それでは今回はこの辺で。

\オデッセイの新車見積もりはこちらから/
【無料】WEBで簡単!新車見積もり

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事が気に入って頂けたらシェアして頂けると大変嬉しいです。