ステップワゴン/スパーダのリセールと残価率を中古車査定士が解説

ステップワゴン/スパーダのグレード別のリセールバリュー(残価率)とリセールの高い仕様について中古車査定士が詳しく解説します。

登録当年、3年後、5年後、7年後、10年後の残価率をまとめたので、購入の材料にしてください。

キノサン
結論、ステップワゴンのリセールは高め(★★★★☆)です!

ちなみに下取車を高く売るコツは、買取相場を事前に把握し、安い値段で売ってしまわないこと。

下記から車査定に申込んで頂いた方には、筆者の相場診断を無料でプレゼント!事前に買取相場がわかれば、業者との交渉を有利に進められます!

≫ 相場診断が無料の車査定はこちら

車を高く売る時のポイントは
「事前に買取相場を正確に知っておくこと」
下記の専用ページから車査定を申し込めば
筆者の相場診断が無料でついてくる!

\売却後のトラブルを回避する方法も伝授!/
【相場診断付き】専用申込ページ
目次

【経過年数とグレード別】ステップワゴンのリセールバリュー

経過年数別のステップワゴンのリセールバリュー

ステップワゴンの登録当年・3年・5年・7年・10年落ちのリセール(残価率)を記載します。

残価率とは買取価格/新車価格(%)で値持ちの良さを表します。
経過年数/年式
モデル
残価率/買取額
ガソリン
残価率/買取額
ハイブリッド
当年車/R4年
RP6系前期
104%/346万円
★★★★★
111%/405万円
★★★★★
フルモデルチェンジ(RP1系後期→RP6系前期)
3年落ち/R1年
RP1系後期
89%/258万円
★★★★★
91%/336万円
★★★★★
マイナーチェンジ(RP1系前期→後期)
5年落ち/H29年
RP1系前期
62%/172万円
★★★★☆
未発売
フルモデルチェンジ(RK系後期→RP3系前期)
7年落ち/H27年
RK系後期
30%/86万円
★★☆☆☆
未発売
10年落ち/H24
RK系後期
13%/35万円
★★☆☆☆
未発売

※買取額は全グレードの平均

ステップワゴンのリセールのポイント!
  • 5年落ちまでは比較的リセールが高い車。それ以降は残価率が落ちやすい!
  • 基本的にハイブリッドモデルがおすすめ!グレードはスパーダ以上を推奨
  • マレーシアへの輸出対象のため5年前後で売るならタイミングに注意が必要
キノサン
年数別のリセール(残価率)について下記で詳しく紹介します。
  • 当年車のリセール:残価率106%
  • 3年後のリセール:残価率90%
  • 5年後のリセール:残価率62%
  • 7年後のリセール:残価率30%
  • 10年後のリセール:残価率13%

ひとつずつ詳しく解説します。

当年車のリセール:残価率106%

登録当年のリセールを調査。当年車の平均残価率(買取額)は

  • ガソリンモデル:104%(346万円)
  • ハイブリッドモデル:111%(405万円)

となりました。

引用:https://www.goo-net.com/
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
エアー(2WD)3,020,600円
0km
19件
300万円
99%
エアー(4WD)3,262,600円
0km
4件
330万円
101%
スパーダ(2WD)3,279,100円
0km
29件
340万円
104%
スパーダプレミアムライン(2WD)3,462,800円
0km
12件
380万円
110%
スパーダプレミアムライン(4WD)3,653,100円
0km
6件
380万円
104%
【ハイブリッドモデル】
e:HEVエアー3,404,500円
0km
15件
340万円
100%
e:HEVスパーダ3,663,000円
0km
13件
410万円
112%
e:HEVスパーダプレミアムライン3,846,700円
0km
14件
465万円
121%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

全モデルにおいて残価率はほぼ100%を超えており、中でもハイブリッドのスパーダが最も高いと言えるでしょう。

キノサン
ハイブリッドのプレミアムラインは特に凄いことになりそうです(汗)

≫ステップワゴンを高く売るならこちら

≫当年式のステップワゴン(中古車)を探す

 

3年後のリセール:残価率90%

3年後のリセールはRP1系後期モデルから算出。3年後の平均残価率(買取額)は

  • ガソリンモデル:89%(258万円)
  • ハイブリッドモデル:91%(336万円)

となりました。

引用:https://www.goo-net.com/
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
G2,710,400円
7.4万km
13件
200万円
74%
スパーダ2,905,100円
3.8万km
132件
275万円
95%
スパーダクールスピリット3,107,500円
3.2万km
110件
300万円
97%
【ハイブリッドモデル】
スパーダハイブリッドG3,412,200円
3.8万km
27件
290万円
85%
スパーダハイブリッドG・EX3,625,600円
4.1万km
52件
315万円
87%
スパーダハイブリッドG・EXブラックスタイル3,669,600円
3.6万km
35件
340万円
93%
ハイブリッドモデューロX3,996,000円
2.8万km
5件
400万円
100%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

  • 現行モデルではe:HEVプレミアムラインが最もリセール有望なグレード
  • 3年落ちまで見越すとガソリンのスパーダ、プレミアムラインも期待できる
  • 2WD/4WDは関係ない。基本的には2WD

即出し車の状況を見ると、ハイブリッドのプレミアムラインが最も残価率が高く有望です。

しかし3年後まで見越した場合、ガソリンのスパーダ以上のモデルも残価率が高くおすすめのグレードです。

≫ステップワゴンを高く売るならこちら

≫3年落ちのステップワゴン(中古車)を探す

 

5年後のリセール:残価率62%

5年後のリセールはRP1系前期モデルから算出。5年後の平均残価率(買取額)は

  • ガソリンモデル:62%(172万円)

となりました。

引用:https://www.goo-net.com/
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
B2,455,920円
8.5万km
9件
120万円
49%
G2,661,120円
6.9万km
32件
165万円
62%
G・EX2,862,000円
7.2万km
14件
165万円
58%
スパーダ2,852,280円
5.2万km
54件
200万円
70%
スパーダクールスピリット3,051,000円
5.4万km
68件
210万円
69%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

前期モデルなので少しリセールが落ちました。

やはりスパーダ以上がリセールの面ではおすすめです。

≫ステップワゴンを高く売るならこちら

≫5年落ちのステップワゴン(中古車)を探す

 

7年後のリセール:残価率30%

7年後のリセールはRK系から算出。7年後の平均残価率(買取額)は

  • ガソリンモデル:30%(86万円)

となりました。

引用:https://www.goo-net.com/
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
G2,569,578円
9.6万km
67件
67万円
26%
スパーダS2,592,000円
9.7万km
34件
88万円
34%
スパーダZクールスピリット2,875,886円
9.8万km
170件
95万円
33%
スパーダZi3,571,200円
9.7万km
1件
95万円
27%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

7年落ちではグレード毎のリセール差は小さくなります。

 

10年後のリセール:残価率13%

10年後のリセールはRK系から算出。10年後の平均残価率(買取額)は

  • ガソリンモデル:13%(35万円)

となりました。

引用:https://www.goo-net.com/
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
G2,498,200円
11.0万km
72件
35万円
14%
スパーダS2,498,000円
13.6万km
35万円
14%
スパーダZクールスピリット2,796,000円
11.6万km
225件
55万円
20%
スパーダZi3,472,000円
16.6万km
1件
15万円
4%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

10年落ちの残価率は平均より低い数値です。

最終的にはどんどんリセールが落ちる車と言えます。

 

1年毎のリセールバリューの変化

リセールバリューが毎年どの様に落ちていくのかを「グレード:スパーダクールスピリット(2WD)」で調べた結果です。

経過年数/モデル
(平均走行距離)
平均買取額
(前年比)
当年もの/RP6
(0万km)
342万円
フルモデルチェンジ:RP3系→RP6系
1年落ち/RP3後期
(1.6万km)
300万円
(−42万円)
2年落ち/RP3後期
(2.2万km)
295万円
(−5万円)
3年落ち/RP3後期
(3.5万km)
290万円
(−5万円)
4年落ち/RP3後期
(4.1万km)
280万円
(−10万円)
5年落ち/RP3後期
※58ヶ月目まで
(4.9万km)
275万円
(−5万円)
※ここより上はマレーシア輸出対象
5年落ち/RP3後期
※59ヶ月目以降
(4.5万km)
245万円
(−30万円)
マイナーチェンジ:RP3系前期→後期
5年落ち/RP3前期
(5.3万km)
205万円
(−40万円)
6年落ち/RP3前期
(7.6万km)
185万円
(−20万円)
7年落ち/RP3前期
(9.0万km)
170万円
(−15万円)
フルモデルチェンジ:RK系→RP1系
8年落ち/RK系後期
(9.8万km)
95万円
(−75万円)
9年落ち/RK系後期
(10.8万km)
80万円
(−15万円)
10年落ち/RK系後期
(11.6万km)
60万円
(−20万円)

大きく落ちているところを赤字で記しました。スパーダクールスピリット(ガソリン・2WD)の新車価格は312万円です。

並べてみると、マレーシア輸出対象となる5年落ちまでは、リセールの落ちが毎年かなり小さいことがわかります。

それを超えると1年で30万円や40万円と一気に残価が落ちるので、ステップワゴンはマレーシア輸出対象となる登録から58ヵ月以内(5年以内)に売った方が良い車と言えます。

  • フルモデルチェンジの年
  • 初年度登録から59ヵ月前後

マレーシア輸出について詳しく解説します。

マレーシア輸出にあてはめる為の条件を理解しよう

■初度登録年月からの経過月数が12ヶ月から59ヵ月までの車
マレーシアは輸入する車の対象を上記の条件と定めています。
ざっくり言うと新車登録から1年経過した車から5年落ち以内の車がマレーシアへの輸出対象ということです。
ポイントは現地港入国の際に59ヵ月以内でなくてはならないので、日本で売るタイミングは2~3ヵ月差し引いて考える必要があるということ。
キノサン
車は船で運ばれる際、所要日数が1ヵ月ぐらいはかかります。
ステップワゴンの他にも、マレーシアへの輸出対象車はこちらの記事に記載しているので参考にしてみてください。

マレーシア向けの車を高く売るならENGがおすすめ

マレーシア向けの車を高く売るならENGに査定をお願いしてみましょう。

同社はアルファードを代表とする、マレーシア向けの車を専門に扱っており、直で輸出するので間接費の分だけ高く買取ることができます。

マレーシアで人気のグレードや装備にも精通しているので、その辺も詳しく教えてくれます。

マレーシア輸出対象の場合は、一度でいいのでここに相見積もりをとっておくべき。

≫ENG(公式ホームページ)

 

【中古車査定士が解説】ステップワゴンを売るタイミングやおすすめ度は?

スッテップワゴンを売るタイミングやおすすめ度について

リセールの観点からステップワゴンの売り時や車としてのおすすめ度を紹介します。

ステップワゴンはリセールバリュー的に何年後に売るのがベスト?

ステップワゴンは「初年度登録年月から56ヵ月目まで」に売るのがおすすめです。

理由は先ほど説明した通りで、マレーシアへの輸出と船便を考えた場合、買取業者に引き渡すのは数ヵ月差し引いて考えた方がいいからです。

具体的には、

  • (初年度登録年月)平成30年1月→令和4年9月頃までに手放す
  • (初年度登録年月)令和1年8月→令和6年4月頃までに手放す

といった具合。

これはガソリン/ハイブリッドどちらにも言えることで、特にガソリンモデルの方が注意すべきです。

キノサン
いつ売るかを考えると同時に次の車のことも考えるのです!

ステップワゴンをリセール前提で購入するのはおすすめ?(新車/中古車)

新車の場合、特にスパーダ以上のグレードはリセールに期待ができておすすめです。

最もおすすめなのはハイブリッドのプレミアムラインでしょう。

中古車の場合、

  • 1年落ち〜4年落ちのRP3系後期モデルを買って、マレーシア輸出にあてはまる5年落ちで売る

これが強くおすすめです。寧ろステップワゴンの中古車を上手く乗り切る戦略はこれ1本に限られます。

詳しくは記事後半のリセールの高い中古車の選び方でも解説しているので参考にしてください。

中古車を探しているなら、ガリバーの中古車検索サービスをうまく活用するのがおすすめです。

公開前の非公開在庫と中古車オークションから希望の車を探してくれるので、欲しい車がほぼ必ず見つかります。(登録は無料)

在庫の車は毎日約500台が入れ替わり、オークションから落とすということは価格に透明性があり、購入価格を安く抑えることにも繋がります。

キノサン
対応できるスタッフが限られているかなり人気のおすすめサービス!
\ オークションから引くので価格も安心! /
中古車検索サービスに登録する
※欲しい車があるなら有効活用するべき!

 

ステップワゴンのリセールのポイント

ステップワゴンのリセールのポイント

キノサン
ステップワゴンのリセールバリューの高い仕様を紹介します。
  • リセールバリューの高い色
  • リセールの高いオプション

ひとつずつ詳しく解説します。

リセールバリューの高い色

色によるリセール差を中古車オークションから調べた結果です。

台数/走行距離平均価格
パールホワイト269台/4.0万km🥇290万円
クロ255台/3.8万km🥈280万円
グレー40台/3.8万km🥉275万円
コン30台/4.4万km270万円
ムラサキ25台/3.8万km🥉275万円
その他(シルバー、アカ)18台/3.3万km🥉275万円

※n=637 RP3系スパーダの1年落ち〜4年落ちににて算出

最もリセールバリューが高いのはパールホワイトです。

人気はパールとクロが二分しています。

その他の色は10〜15万円査定が安くなるので、リセール重視の場合は避けた方が良いでしょう。

 

リセールバリューの高いオプション

ステップワゴンはメーカーOP(オプション)として選択するものがありません。

ディーラーOPの中でつけておきたいものは、

  • 11.4インチHonda CONNECTナビ LXM237VFLi HCfG+ナビスペ用(292,600円)

11.4インチナビ

になります。

自動的に「ナビ取付アタッチメント(4,400円)」と「パネルキット(5,500円)」がセットで、計302,500円のオプションです。

即出し車などは一部ナビさえ付いていない車も見受けられるものの、基本的にはつけておくのがおすすめででしょう。

他に実用性が高いという意味では、

  • 15.6インチリア席モニターVM-231FE(135,300円)

15.6インチリア席モニター

もおすすめです。

リセールを上げる為に必須ではないものの、十分加点要素のあるオプションなので、検討している人はつけても良い装備です。

 

【中古車査定士が解説】車が高く売れる方法と具体的サービスを紹介

車を最大限高く売ろう

キノサン
基本的に車は下取りより買取の方が高いです。その差は数十万円にもなるのでしっかり理解しましょう。

車を高く売る方法は「買取店複数社から相見積もりを取って競争させる」これがポイントです。

しかし「どこに頼めばいいのかわからない」や「交渉できるか不安」「手間をかけたくない」など様々なわからないこともありますよね。

そこで中古車査定士である筆者も実際に使う買取サービスを使い方と合わせて紹介します。

すぐに車を手放せる人は効率と価格の両取りの「オークション形式」

車をすぐに手放せる人(1ヵ月以内に売却可能)は、手間をかけずに高値で売却可能な「オークション形式」にトライしてみましょう。(無料)

「オークション形式」とは、最初に1度の査定をして、そのデータに対し複数の業者がWeb上でオークション形式で入札してくる方式のこと。

オークションの結果が安かった(売れない)場合は無料でキャンセルもできます。

おすすめは楽天Car車買取です。

実際の流れは下記のようになります。

車の内容と連絡先を記載して査定を依頼する
楽天より査定日時の連絡がくる
自宅等で車の査定を受ける
査定の結果を踏まえオークションの設定をする
査定の2日後にオークションが開催(webで確認)
結果に対し売却する・しないの判断をする
売却する場合は1ヵ月以内に車を引き渡す
しない場合はそこでサービス終了

結果が出るまでかなりスピーディです。

それに対し、一括査定で5社以上と頑張って交渉した価格の上位1位〜3位レベルの価格が出るので質もしっかりと担保されています。

車を1ヵ月以内に手放すことができ、手間をかけずにできるだけ高値で売却したい!という方はぜひやってみることをおすすめします。

<楽天Car車買取の特徴>

車の一括査定楽天Car車買取
入札業者数多くて10社2000社以上
手間(電話対応、査定対応、価格交渉)×業者数楽天の査定担当者との調整のみ
利用料無料無料
引き渡し業者と交渉次第1ヵ月以内の引渡し

≫楽天Car車買取

 

すぐに車を手放せない人は引渡しの融通が利きやすい「MOTA車買取」

  • 車の納車時期がはっきりしていない…
  • 次に買う車が決まっていない…
  • 買取額を元にディーラーと商談したい…

というすぐに車を手放せる状態にない人は「車の一括査定」を利用しましょう。

おすすめはMOTA(モータ)車買取です。

このMOTA車買取はこれまでの一括査定のデメリットを打ち消す凄い特徴を持った一括査定です。

<MOTA車買取の特徴>

一般の一括査定MOTA車買取
最大比較社数10社20社
電話社数10社3社
Web上での概算査定額比較なしあり
利用料無料無料

最大20社に見積もり依頼ができ、概算査定額で比較が行われ、電話連絡が来て車を実際に見せるのは上位3社のみで構いません。

全業者の概算査定額が申込みの翌日18時に開示されるので、公平に上位3社を選ぶことができます。

一括査定で1番のネックは1社1社と電話で打ち合わせをして、査定日程を調整したりすること。

キノサン
結局高く売るには業者1社1社との交渉が必要だったのですが、これを使えば優良買取店だけが残るので楽!

最終的には各業者との打ち合わせになるので、引渡し時期や条件などは個別に相談できる、融通の利きやすい売却方法です。

≫MOTA車買取

 

リセールを重視した中古車の選び方

ずばりリセールバリューを重視したステップワゴンの中古車を選ぶポイントは、

  • H30年〜R3年式(5年落ち以内)
  • RP3後期モデルのスパーダ以上
  • 走行距離ができるだけ少ない
  • 事故修復歴がない
  • 色がパールホワイトまたはクロ

以上の点を満たす車です。

詳しく解説します。

こんな車はお買い得!実例から紹介

お得なステップワゴンスパーダ

上記の車は記載の通りであれば、現状の買取額がまず280万円ぐらいで、今のプライスからしてかなりお得。(記載の通りであれば…)

再来年(5年落ち)までは買取額はほぼ落ちない(マイナス5~10万円)ので、よほど走行距離が増えなければ約2年間はお得に乗れるでしょう。

より長い期間を乗ろうとすると年式を上げる必要があり、その分車両価格も上がります。

RP3系後期の買取額は現状280万円前後でほぼ固定されている(マレーシア輸出相場)ので、それを頭に入れて探すのがポイントです。

アシスタント
サポート
「5年落ちまでなら280万円で売れる」を頭に入れて車を探すのだ。

こんな車はやや危険!実例から紹介

逆にあまりおすすめしないのは、

  • RP3系前期以前(H29年式以前)の車

で、例えば下記の様な5年落ちの前期モデル。

危険なステップワゴンスパーダ

今の買取相場が既に220万円と低く、買った瞬間に100万円落ちます。

更に来年は買取で210万円ぐらいと、毎年一定の間隔でリセールがどんどん落ちます。

先ほど説明した、

  • H30年〜R3年式(5年落ち以内)
  • RP3系後期モデルのスパーダ以上

以外はかなりリセールが落ちやすいので中古車を買うとしたらあまりおすすめしません。

【中古車探しに便利】非公開在庫やオークションからお得な車を探そう

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時は、ガリバーの中古車検索サービスをうまく活用しましょう。

中古車検索サービスのここが凄い!
  • 中古車業界最大手のガリバーの選任担当者が欲しい車を無料で探してくれる!
  • 非公開を含む在庫になければ業者オークションから出品情報を教えてくれる!
  • プロならではの知識でほしいオプションの必要性や代替案まで提案してくれる!

これらの理由から中古車を探している場合は登録しておいて全く損はないサービスです。

もちろん筆者も次に買いたい中古車が決まったらとりあえず登録して、希望の予算やオプションなどを伝えて探してもらっています。

キノサン
買う買わないは別にしていつでも動ける状態にしておくことが重要。

業者オークションも駆使して中古車を探してくれるちゃんとしたサービスは他にはありません。

中古車を探しているなら活躍すること間違いなし。

\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
中古車検索サービスに登録する
※探している車が必ず見つかる!

 

ステップワゴンのリセールまとめ

ステップワゴンのリセールバリューは、以前はそれほどでもなかったのが、ロシアと諸外国への輸出需要が高まり、リセールを押し上げています。

リセールの高いミニバンと言えばトヨタ一辺倒だったところに、ホンダ勢が入ってきたのは全体的なバランスからすると良いことですね。

筆者は個人的にホンダのハイブリッドは好きなので、ハイブリッドのスパーダは一度乗ってみたい興味のある車です。

ステップワゴンのポイントをおさらい!
  • 5年落ちまでは比較的リセールが高い車。それ以降は残価率が落ちやすい!
  • 基本的にハイブリッドモデルがおすすめ!グレードはスパーダ以上を推奨
  • マレーシアへの輸出対象のため5年前後で売るならタイミングに注意が必要

以上のポイントを頭に入れて、ステップワゴンの購入に役立ててみてください。

本記事は以上となります。


車のリセールバリューに興味がある方は、ぜひ他の記事もご覧ください。

良いカーライフを。

≫【関連記事】リセールバリューの高い車を全車種の中からランキングで紹介(2022年最新版)

≫【関連記事】リセールバリューの高いミニバンをランキング形式で紹介