フリードのリセールバリューと3年・5年後の買取相場を詳しく解説

フリードのリセールバリューと下取り・買取相場をグレード別に解説

フリード・フリードハイブリッド・フリードプラスの新車から3年・5年・7年後のリセールバリュー(買取相場)をグレード別にお伝えします。

リセールに関わるオプションや色、乗換タイミング、今後の買取相場や中古車価格についても記載しましたので参考にしてみて下さい。

この記事ではこんなことについてまとめています。

  • 3年・5年・7年後の具体的なリセールバリュー(買取相場)
  • フリード乗換えのベストなタイミング
  • フリードのオプションがリセールにどのくらい影響するのか

 リセールが高いのは3年落ちまで

 モデルチェンジがあるとリセールが下がる

 2列シートより3列シート

どこよりも詳細にかつ具体的に記載しました。フリードに興味のある人には絶対に読んでほしい記事になっています。

リセールバリューとは

リセールバリュー

 

リセールバリューとは
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として用いています。
キノさん
あの車はリセールバリューが良い、悪いという使い方をします。

買取相場の算出方法

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションでの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては、下取り・買取車両の大部分はオークションで売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

それでは早速フリードの買取相場について見ていきましょう。

3年後の買取相場【平成29年式】

3年落ちのフリード(前期モデル)

まずは新車から1回目の車検となる、3年落ち(平成29年式)について。

令和1年にマイナーチェンンジをしたので前期モデルです。

フリードの他フリードプラスも調べました。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成29年式・2WD・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
B1,880,000円
1.2~3.2万km
3件
110~138万円
122万円
65%
G2,001,600円
1.1~4.5万km
36件
100~175万円
133万円
66%
Gホンダセンシング2,121,600円
1.0~5.0万km
128件
111~166万円
155万円
73%
ハイブリッドB2,256,000円
1.5万km
1件
144万円
64%
ハイブリッドGホンダセンシング2,517,600円
1.0~5.0万km
99件
116~193万円
166万円
66%
ハイブリッドEX2,656,000円
1.0~3.8万km
149~208万円
187万円
70%
↓【フリード+】↓
B1,900,000円データなし
G2,000,000円
1.7~4.4万km
10件
89~155万円
122万円
61%
Gホンダセンシング2,120,000円
1.0~4.9万km
32件
120~167万円
148万円
70%
ハイブリッドB2,276,000円データなし
ハイブリッドGホンダセンシング2,516,000円
1.3~5.0万km
21件
116~177万円
155万円
62%
ハイブリッドEX2,676,000円
1.7~4.8万km
17件
127~193万円
165万円
62%

※残価率=平均買取額/新車価格(%) 以下同

キノさん
データ数が多い程人気のグレードと言え、数字の確度も上がります。
【3年落ち(平成29年式)の買取相場と残価率】
フリード平均137万円・68%
フリードハイブリッド平均166万円・67%
フリード+平均135万円・66%
フリード+ハイブリッド平均160万円・62%
\下取り・買取額に不満なら/
おすすめの一括査定はこちら

3年落ちのフリード全般のリセールは「高い」と言えます。

ライバル車であるシエンタのリセールバリューと比較すると、若干フリードの方が高いと言えます。(シエンタはガソリンが61%、ハイブリッドが59%)

あわせて読みたい

シエンタのリセールバリューの高いグレードやオプション、下取り・買取価格について詳しくお伝えします。モデルチェンジ前後におけるリセールの動き、買取相場から考える中古車価格の見方についてもお伝えしますので、是非参考にしてみてください。[…]

シエンタのリセールバリューと下取り・買取相場をグレード別に解説

また2列シートと3列シートを比較した場合若干3列シートの方が高いこともわかりました。

5年後の買取相場【平成27年式】

5年落ちのフリード(GB3系後期)

新車から2回目の車検となる、5年落ち(平成27年式)について。

フルモデルチェンジ前の後期モデルです。

フリードプラスの代わりにフリードスパイクを混ぜます。

【調査条件】

  • 過去1ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成27年式・2WD・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
G1,880,000円
5.8万km
1件
71万円
38%
Gジャストセレクション2,001,600円
3.0~7.0万km
14件
56~105万円
83万円
41%
Gエアロ2,121,600円
4.3~6.0万km
3件
78~100万円
89万円
42%
Gプレミアムエディション2,256,000円
3.1~6.6万km
20件
67~111万円
94万円
42%
ハイブリッド2,517,600円データなし
ハイブリッドジャストセレクション2,656,000円
3.1~6.4万km
36件
72~122万円
100万円
38%
ハイブリッドプレミアムエディション2,372,400円
3.1~6.9万km
21件
83~133万円
105万円
44%
↓【フリードスパイク】↓
G1,746,000円
3.3万km
1件
50万円
29%
Gジャストセレクション1,980,000円
3.8~4.9万km
7件
61~93万円
78万円
39%
Gエアロ2,180,000円
4.6~5.9万km
2件
78万円
36%
Gプレミアムエディション1,980,000円
3.6~6.6万km
6件
72~100万円
89万円
45%
ハイブリッド2,210,000円
3.5万km
1件
78万円
35%
ハイブリッドジャストセレクション2,380,000円
3.1~7.0万km
14件
66~111万円
88万円
37%
ハイブリッドプレミアムエディション2,360,000円
3.0~4.1万km
8件
72~110万円
100万円
42%
【5年落ち(平成27年式)の買取相場と残価率】
フリード平均84万円・41%
フリードハイブリッド平均103万円・41%
フリードスパイク平均74万円・37%
フリードスパイクハイブリッド平均89万円・38%
\下取り・買取額に不満なら/
おすすめの一括査定はこちら

【参考】5年落ちのリセールバリューの基準

60%以上 → かなり高い!
50~60% → 高い
40~50% → 普通
40%以下 → 低い
5年落ちのフリードのリセールは「普通」、フリードスパイクのリセールは「低い」と言えます。
もちろんフルモデルチェンジの影響はありますが、スパイクのリセールが低いということは、フリード+のリセールが低くなるとも見ることもできます。

7年後の買取相場【平成25年式】

7年落ちのフリード(GB3系前期)

新車から3回目の車検となる、7年落ち(平成25年式)について。

GB3系の前期モデルです。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成25年式・2WD・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
G1,698,000円
9.4万km
1件
6万円
4%
Gジャストセレクション1,931,500円
5.2~9.4万km
35件
17~67万円
40万円
21%
Gエアロ2,131,500円
7.1~8.6万km
3件
40~56万円
50万円
23%
ハイブリッド2,149,000円
5.5~8.7万km
6件
33~83万円
50万円
23%
ハイブリッドジャストセレクション2,326,500円
5.0~10.0万km
48件
28~90万円
62万円
27%
↓フリードスパイク↓
G1,698,000円
5.1万km
1件
67万円
39%
Gジャストセレクション1,900,000円
5.0~10.0万km
9件
16~60万円
39万円
21%
Gエアロ2,100,000円
6.4万km
1件
55万円
26%
ハイブリッド2,149,000円
7.5~9.9万km
3件
28~40万円
35万円
16%
ハイブリッドジャストセレクション2,295,000円
5.0~9.6万km
16件
28~95万円
56万円
24%
【7年落ち(平成25年式)の買取相場と残価率】
フリード平均32万円・16%
フリードハイブリッド平均56万円・25%
フリードスパイク平均54万円・29%
フリードスパイクハイブリッド平均46万円・20%
\下取り・買取額に不満なら/
おすすめの一括査定はこちら

【参考】7年落ちのリセールバリューの基準

50%以上 → かなり高い!
40~50% → 高め
30~40% → 普通
20~30% → 低い
20%以下 → かなり低い
7年落ちのフリード全体のリセールは「低い」と言えます。
フルモデルチェンジ前の前期モデルになる為、当然と言えば当然とも言えます。
8年落ち以降も大きく下がるという訳ではなさそうです。

フリードのリセールのポイント

フリードのリセールのポイントをいくつか紹介します。

2列シートより3列シート

過去のフリードスパイクから見ても、3列シートモデルの方がデータ数が多くリセールも高い傾向にあります。

価格はほぼ変わらないので購入時は3列シート(フリード)がおすすめです。

ガソリンとHVはほぼ同じ

珍しくガソリンとハイブリッドのリセールはほぼ同じでした。

シエンタのリセールバリューを含め、ハイブリッドの方が少しリセールが低い傾向がありましたがフリードにおいては違う様です。

両側パワースライドドアの差は5万円

両側パワースライドドアのメリット
フリードハイブリッドでのパワースライドドアの価格比較

意外ですが、「片側パワースライドドア」と「両側パワースライドドア」の差額は約5万円でした。

3年落ちにおいては全く差がない(寧ろ低い)結果に。

思っている程差は出ていませんが、5年間以上乗るのではあれば両側パワースライドドアにしておきましょう。

色の影響は10万円

色の差

色がリセールバリューに与える影響は約10万円です。

人気色はパールホワイトと黒、普通色は人気色以外の色です。

あわせて読みたい

キノさん車の色って何色が高く売れるか、きちんと知っていますか?よく白系が良いとか、白は雪に紛れるから輸出には嫌われるとか、黒系が良いとか、シルバー系が無難で良いとか。色んな話を聞きますよね。 本記事[…]

車の色

中古車購入時のポイント

中古車販売店の大体の仕入額を知ることで、適性な中古車価格を知ることができます。

買取価格をXとすると、

((X−10000)/1.1)+150000)×1.1+10000

が大体の販売店の落札額となります。(1.1は消費税、10000はリサイクル料金)

例えばGホンダセンシング(H29年・ガソリン)の平均買取額は155万円なので、上記の式に当てはめると落札額は1,715,000円となります。

ここに「落札手数料」「店舗までの陸送代」で約5万円が追加され1,765,000円、これが販売店の仕入れ原価です。

この金額び販売に必要な経費や販売店の利益が乗せられて小売されます。

カーセンサーで同スペックの車両価格を調べたところ支払い総額が「173万円〜237万円」で売られてるので、大体計算が合いますね。

フリード中古

中古車販売店の1台当たりの粗利益は大体10万円~30万円と言われていますが、

良質な中古車を安く買いたいという場合は、オークション落札代行や個人間売買を利用しましょう。

自動車オークションで評価点4点以上の車両であれば、そのまま購入しても程んど問題は起こりません。

【一般的な車流通】

売りたいユーザー
↓(X万円で売却)🚙
買取店
↓(出品)🚙
自動車オークション
↓(X+αで落札)=Y 🚙
販売店
↓(Y+αで販売)=Z 🚙
買いたいユーザー
(Z=X+2α)

【個人間売買】

売りたいユーザー
↓(X万円+αで売却) 🚙
買いたいユーザー
(X+αで購入)

【オークション落札代行】

自動車オークション
↓(X+αで落札)=Y 🚙
買いたいユーザー
(X+αで購入)

\安くフリードーが手に入るかも/
個人間売買でフリードを探す

フリードのリセールまとめ

フリードのリセールバリュー推移

今後のモデルチェンジ(リセールの変わり目)

今後のフリードですが、2022年頃を目安にフルモデルチェンジが噂されています。

前回同様フルモデルチェンジ後は前モデルのリセールがガクッと落ちる可能性がありますので、フリードを狙う人はフルモデルチェンジ後を狙った方がいいかもしれません。

車お役立ち情報「Car Factory」

ホンダが販売するコンパクトミニバン「フリード」が、2022年ごろを目安にフルモデルチェンジされる予定となっています。20…

フリードのリセールは一見高そうですが、モデルチェンジを超えると下がっていきます。

中古車輸出が比較的弱いホンダ車の特徴とも言えます。

コンパクトミニバンとして人気のフリード、購入の際は3列シートがおすすめです。

\値引きから納車時期までWebでわかる/
フリードの新車見積もりをとる

あわせて読みたい

車のリセールバリュー、気になりませんか?私は仕事柄と性格上、どうせ乗るなら手放す時も高く売れる、お得な車に乗りたいと常々思っています。本記事では、車のリセールバリュー(リセール)が大好きな私が、リセールの高い車をランキング形[…]

車のリセールバリューのランキングTOP10

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事が気に入って頂けたらシェアして頂けると嬉しいです!