セレナ e-POWERのリセールバリューと5年後の下取り・買取相場

セレナの5年落ちのリセールバリューと下取り・買取相場を解説

セレナ・セレナ e-POWERの3年、5年、7年後のリセールバリューと下取り・買取相場について詳しくお伝えします。

モデルチェンジ前後におけるリセールの動き、買取相場から考える中古車価格の見方についてもお伝えしますので、是非参考にしてみてください。

【この記事を書いた人】

キノさん
車の買取でのキャリア10年と、これまで2,500台以上を買取してきた経験から詳しくお伝えします。

ーこんな人にお勧めです👍ー

 セレナのリセールが気になっている

 リセールが良いグレードやオプションを知りたい

 適性な中古車価格を知りたい

リセールの高いグレードは「e-POWERハイウェイスター」

是非最後まで読んでみてくださいね(^^)/~~~

リセールバリューとは

リセールバリュー

 

リセールバリューとは
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として用いています。

買取相場の算出方法

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションでの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては、買取車両の大部分はオークションにて売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

新車から2年後の買取相場

2年落ちのセレナ・ハイウェイスター

セレナe-POWERが発売された平成30年式(2年落ち)についてお伝えします。

【調査条件】

  • 平成30年式(2WD)、装備と色は混在
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(オークション評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均相場
残価率
X2,504,520円
2.4万km
1台
145万円
58%
X Vセレクション2,662,200円
0.6~4.0万km
23台
143~165
156万円
59%
G2,853,360円
1.9万km
1台
181万円
63%
ハイウェイスター2,683,800円
5台
165~220
185万円
69%
ハイウェイスターVセレクション2,874,960円
0.6~4.0万km
74台
150~253
200万円
70%
ハイウェイスターG3,016,440円
2.1~2.6万km
4台
205~240
220万円
73%
オーテックVパッケージ3,111,480円
2.1万km
1台
231万円
74%
オーテックセーフティパッケージ3,318,840円
3.3万km
1台
210万円
63%
オーテックスポーツスペック3,567,240円
2.1~3.0万km
2台
245万円
69%
ニスモ3,419,280円
0.5~3.4万km
14台
242~297
264万円
77%
e-POWERXV3,128,760円
0.9~3.9万km
12台
190~220
215万円
69%
e-POWERハイウェイスター3,178,440円
0.9~1.4万km
2台
231~275
253万円
80%
e-POWERハイウェイスターV3,404,160円
0.5~3.6万km
49台
225~310
270万円
79%

※買取相場=直近3ヶ月のオークションデータより
※残価率=平均買取相場/新車価格(%) 以下同

【3年落ちの買取相場と残価率の平均】

ノーマル系161万円・60%
ハイウェイスター系202万円・71%
オーテック・ニスモ238万円・71%
e-POWER系215万円・69%
e-POWERハイウェイスター262万円・80%
キノさん
e-POWERハイウェイスターが飛び抜けてリセールが高い!

新車から5年後の買取相場

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均相場
残価率
20S2,246,400円
3.8~6.7万km
11台
35~93
60万円
27%
20X ハイブリッド2,452,680円
3.0~6.8万km
22台
60~110
88万円
36%
20XVセレクション+セーフティHV2,506,680円
3.0~7.0万km
12台
67~121
95万円
38%
20G Sハイブリッド2,764,800円
3.0~5.6万km
4台
110~135
122万円
44%
ハイウェイスターS-HV2,541,680円
3.0~5.6万km
22台
110~160
127万円
50%
ハイウェイスターVセレクション2,721,600円
3.0~7.0万km
338台
80~144
125万円
46%
ハイウェイスターVエアロモード2,761,560円
3.3~7.0万km
31台
100~160
125万円
45%
ハイウェイスターG S-HV2,922,480円
3.3万km
5台
120~148
133万円
46%
ハイウェイスターGエアロモード3,027,240円
4.6~5.4万km
3台
105~154
122万円
40%
ライダー S-HV2,997,000円
3.2~6.4万km
11台
100~145
122万円
41%
ライダーブラックライン S-HV3,061,800円
3.2~6.9万km
24台
100~155
132万円
43%
ライダーブラックラインZZ S-HV3,290,760円
3.7~5.9万km
3台
122~148
137万円
42%
ライダーパフォーマンススペックブラックライン S-HV3382560円
3.0~6.2万km
3台
120~130
125万円
37%

【5年落ちの買取相場と残価率の平均】

ノーマル系91万円・36%
ハイウェイスター系126万円・45%
ライダー129万円・41%
キノさん
ハイウェイスター系のリセールは5年経過してもセレナの中では高い。全車種の中では平均的数値。

新車から7年後の買取相場

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均相場
残価率
20S2,163,000円
6.1~6.7万km
2台
34~54
40万円
18%
20X S-HV2,384,550円
5.8~9.7万km
21台
15~85
50万円
21%
20G S-HV2,635,500円
8.2~10.0万km
8台
34~64
55万円
21%
ハイウェイスター S-HV2,598,750円
5.1~9.8万km
73台
30~100
66万円
25%
ハイウェイスター G-HV2,799,300円
5.1~10.0万km
14台
40~100
67万円
24%
ハイウェイスター Vセレクション2,895,900円
5.1~10.0万km
75台
30~111
60万円
21%
ライダー S-HV2,819,250円
6.3~9.8万km
7台
40~88
55万円
20%
ライダーブラックライン S-HV2,924,250円
5.2~9.6万km
12台
35~111
78万円
27%
ライダーパフォーマンススペック S-HV3,144,750円
5.7~9.5万km
3台
38~100
60万円
19%

【7年落ちの買取相場と残価率の平均】

ノーマル系48万円・20%
ハイウェイスター系64万円・23%
ライダー64万円・22%
キノさん
7年落ちまでくると、各グレードのリセールの差はほとんどなくなりました。

セレナの特徴

全体を通してのセレナのリセールの特徴について。

ハイウェイスターが高い

どの年次もハイウェイスター系グレードがリセールが1番高い結果となっています。

2年落ちにおいてはe-POWERのハイウェイスターが最も高くなっています。

ここでのポイントは、e-POWERハイウェイスターが高いのであって、e-POWERが高い訳ではないということです。

ハイウェイスターの販売台数が多い

全て3ヶ月間で調べている為、データ数は下取りや買取の数に比例します。

どの年次も「ハイウェイスターVセレクション」「ハイウェイスターV」が最もデータ数が多いので売れていることがわかります。

オーテックやライダーはカスタムカーとしてリセールが高そうですが、そもそもの需要が少ないからかリセールはそれほど高くありません。

セレナの中古は輸出されず殆どが国内小売に回る為、リセールバリューと人気車種は比例することになります。

色の差は5万円

黒やパールホワイトの人気色とそれ以外の色の差は約5万円となっています。

【平成30年式:ハイウェイスターVで調査】

色の差

キノさん
意外と色の差は小さい!ただしシルバーは要注意。

最もリセールが高そうな色はパールホワイト、最も低そうな色はシルバーです。

お得な中古車価格とは

中古車販売店の大体の仕入額を知ることで、適性な中古車価格を知ることができます。

買取価格をXとすると、

((X−10000)/1.1)+150000)×1.1+10000

が大体の販売店の落札額となります。(1.1は消費税、10000はリサイクル料金)

例えば現行モデルのe-POWERハイウェイスターV(2年落ち)の平均買取額は270万円なので、上記の式に当てはめると落札額は2,865,000円となります。

ここに「落札手数料」「店舗までの陸送代」で約5万円が追加され2,915,000円、これが販売店の仕入れ原価となります。

この金額び販売に必要な経費や販売店の利益が乗せられて小売されます。

カーセンサーで同スペックの車両価格を調べたところ支払い総額が「294万円〜366万円」で売られています。
セレナカーセンサー

色は普通色(赤・青・シルバー・グレー他)が安く人気色(パールホワイト・黒)が高い傾向になるので、人気色で距離も少ないのに安い車があればお得な中古車ということが言えます。

またオークションで4点以上の車であればそのまま購入してもほぼ問題ないので、良い車を安く購入したい方はオークション落札代行で買うのがおすすめです。

セレナのリセールまとめ

セレナリセールバリュー

7年落ち以降は同じ水準に収束していきそうですが、それまでの落ち方にグレード毎の差が出ると言えるでしょう。

またセレナのリセールは全体としては平均的といったところです。

e-POWERハイウェイスターが現時点では高く出ていますが、今後どう下がっていくかにも注目です。

Xなどのノーマル系は1番低い結果となりました。

是非セレナ購入の際の参考にしてみてください。

【関連記事】日産 セレナのおすすめのグレードと装備の違いを比較▼

あわせて読みたい

日産 セレナのおすすめのグレードやオプション、装備の違いについて詳しくお伝えします。e-POWERのおすすめのグレードやオプションについても調べていますので、是非参考にしてみてください。【この記事を書いた人】[…]

日産 セレナのおすすめのグレードと装備の違いについて解説

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事が気に入って頂けたらシェアして頂けると嬉しいです★