【査定士だけが知っている】ノアのリセールを詳しく解説します

【査定士だけが知っている】トヨタ ノアのリセールを詳しく解説

「ノアのリセールバリューって良いの?」
「ノアの買取相場を知りたい!」

トヨタのミディアムクラスミニバン「ノア」のリセールバリューや買取相場、詳しく知っていますか?

人気の車種ということもありリセールは高そうですが、何年で売るのがお得とかグレードは何がいいとかわからない事も多いですよね。

キノさん
というわけで、こんにちは!
年間400台買取している私が、今回はノアについて解説します。

この記事では、ノアの新車から3年・5年・7年後のリセールバリュー(買取相場)をグレード別に解説します。

その他輸出される国やリセールの高い色、高く売る為のポイントについてまとめていますので是非参考にしてみてください。

まずは結論からお伝えします。

 リセールは3年後は高い、が段々と低下する

 新車から5年で売るのがお勧め

 ガソリンよりもハイブリッドの方がお勧め

経過年数モデル平均残価率
3年後
(3年落ち)
ガソリン73%(64~81)
★★★★☆
ハイブリッド73%(62~78)
★★★★☆
5年後
(5年落ち)
ガソリン49%(37~60)
★★☆☆☆
ハイブリッド55%(53~56)
★★★☆☆
7年後
(7年落ち)
ガソリン29%(25~33)
★☆☆☆☆

細かなグレードについては本文に詳しく記載しています。それでは見ていきましょう。

アシスタント
サポート
兄弟車であるヴォクシーのリセールも是非参考にしてみてください。(結論:ほぼ同じです)
あわせて読みたい

本記事ではヴォクシー・ヴォクシーハイブリッドのリセールバリュー(残価率)をグレード別に詳しく解説します。(令和2年5月時点)ヴォクシーの購入や売却を検討されている方はこの記事で、 「いくらぐらいで売れるのか」 「いつ[…]

ヴォクシーのリセールバリューをグレード別に解説

ノアのリセールバリュー

リセールバリューとは

 

リセールバリューとは
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として用いています。

買取相場の算出方法

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションでの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては、買取車両の大部分はオークションにて売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

それでは実際のリセール/買取相場について見ていきます。

注意
この記事は2020年11月時点の情報です。最新の買取相場は中古車買取店へお問い合わせください。
\最新の買取相場はこちらから/
【無料】中古車査定を依頼する

3年後のリセール/買取相場

新車から3年後のリセールバリューを3年落ちの平成29年式の買取相場からお伝えします。

キノさん
丁度マイナーチェンジがある年なので、前後両方をお伝えします。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データより
  • 平成29年式の2WD、装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)

マイナーチェンジ後

80系後期モデル【H29/7~】(参照元:グーネット)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
X2,496,960円
1.0~4.9万km
31件
122~199万円
160万円
64%
Si2,775,600円
1.0~4.2万km
46件
188~250万円
225万円
81%
G2,786,400円
1.2~4.9万km
8件
160~205万円
188万円
67%
Siダブルバイビー2,869,560円
1.3~3.3万km
6件
215~235万円
230万円
80%
ハイブリッドX3,014,280円
2.8~5.0万km
8件
175~215万円
188万円
62%
ハイブリッドG3,142,800円
1.1~4.3万km
10件
210~255万円
232万円
74%
ハイブリッドSi3,269,160円
1.1~4.7万km
23件
221~287万円
254万円
78%
ハイブリッドSiダブルバイビー3,363,120円
3.1~3.8万km
2件
222~280万円
255万円
76%

マイナーチェンジ前

80系前期モデル【H26/1~H29/6】(参照元:グーネット)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
X Vパッケージ2,284,691円
3.2~4.9万km
7件
100~115万円
110万円
48%
X2,480,073円
1.9~2.8万km
3件
155~185万円
170万円
69%
G2,725,527円
1.7~2.3万km
2件
145~185万円
165万円
61%
Si2,739,273円
1.4~3.2万km
5件
188~205万円
195万円
71%
Siダブルバイビー2,830,680円
1.1~4.0万km
21件
170~225万円
210万円
74%
ハイブリッドX2,996,509円
3.4~4.1万km
2件
166~195万円
177万円
59%
ハイブリッドG3,106,473円
2.4~3.5万km
7件
177~215万円
199万円
64%
ハイブリッドSi3,229,200円
3.0~4.7万km
2件
215~243万円
230万円
71%
ハイブリッドSiダブルバイビー3,321,000円
2.2~4.9万km
7件
190~243万円
221万円
67%

※残価率=買取相場/新車価格(%)
※走行距離は1~5万kmで設定

キノさん
データ数が多い程人気グレードで、残価率の精度も高くなります。
3年後のリセール(平均残価率)
マイナーチェンジ後ガソリン73%(64~81)
ハイブリッド73%(62~78)
マイナーチェンジ前ガソリン65%(48~74)
ハイブリッド65%(59~71)

【参考】3年後の残価率の基準

81%以上 → ★★★★★ 最高
71~80% → ★★★★☆ 優良
61~70% → ★★★☆☆ 高い
51~60% → ★★☆☆☆ 普通
50%以下 → ★☆☆☆☆ 低い

新車から3年後のノアのリセールは、現行モデルはかなり高い方で、マイナーチェンジ前でも基本的に高いレベルだと言えます。

またポイントとしては、ガソリンとハイブリッドでリセールに差がないということが言えます。

基本的にはハイブリッドの方がリセールが悪い車種が多いですが、ノアにおいてはその様な傾向はないようです。

リセールが変わらないのあれば、買うならハイブリッドを選んだ方がお得だと言えます。

5年後のリセール/買取相場

80系前期モデルのノア(参照元:グーネット)

新車から5年後のリセールバリューを5年落ちの平成27年式の買取相場からお伝えします。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データより
  • 平成27年式の2WD、装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
X Vパッケージ2273143円
6.0~6.7万km
4件
72~93万円
83万円
37%
X2468571円
3.0~7.0万km
28件
83~155万円
120万円
49%
Si2674285円
3.0~7.0万km
49件
122~190万円
160万円
60%
G2674285円
3.0~6.1万km
9件
111~165万円
135万円
50%
ハイブリッドX2,931,429円
3.0~6.7万km
42件
130~195万円
156万円
53%
ハイブリッドG3,054,857円
3.0~6.7万km
20件
125~205万円
170万円
56%

※走行距離は3~7万kmで設定

5年後のリセール(平均残価率)
ガソリン49%(37~60)
ハイブリッド55%(53~56)

【参考】5年後の残価率の基準

71%以上 → ★★★★★ 最高
61~70% → ★★★★☆ 優良
51~60% → ★★★☆☆ 高い
41~50% → ★★☆☆☆ 普通
40%以下 → ★☆☆☆☆ 低い

ノアの新車から5年後のリセールは、ハイブリッドが高めで、ガソリンは普通レベルということになりました。

3年落ちの時点ではガソリンとハイブリッドは同じぐらいのリセールだと紹介しましたが、5年落ちではハイブリッドが上回りました。

珍しい例ですが、ノアはガソリンモデルを買うメリットがほぼないということがわかります。

ただし「Si」等のエアロ系の型式、グレードの車のリセールは高いということが言えます。

7年後のリセール/買取相場

70系後期モデルのノア(参照元:グーネット)

新車から7年後のリセールバリューを7年落ちの平成25年式の買取相場からお伝えします。

アシスタント
サポート
7年落ちはフルモデルチェンジ前の70系ノアです。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データより
  • 平成25年式の2WD、装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
X2,120,000円
5.6~9.7万km
7件
45~78万円
60万円
28%
X Lセレクション2,300,000円
5.1~7.4万km
3件
56~78万円
61万円
27%
X スマートエディション2,370,000円
7.6~10.0万km
3件
50~67万円
60万円
25%
X スペシャルエディション2,320,000円
5.0~9.8万km
10件
45~105万円
77万円
33%
Si2,520,000円
5.1~9.5万km
10件
55~115万円
77万円
31%

※走行距離は5~10万kmで設定

7年後のリセール(平均残価率)
29%(25~33)

【参考】7年後の残価率の基準

61%以上 → ★★★★★ 最高
51~60% → ★★★★☆ 優良
41~50% → ★★★☆☆ 高い
31~40% → ★★☆☆☆ 普通
30%以下 → ★☆☆☆☆ 低い

ノアの新車から7年後のリセールは全体の中では低いと言えます。

実際はフルモデルチェンジしている影響が少なからずあるので、同モデルの場合はもう少しリセールがあるでしょう。

しかし7年は多くの車種がモデルチェンジを行う期間でもあるので、基本的に7年後はリセールがかなり低いと思っておいた方が良さそうです。

ここまでで、ノアのリセールは5年落ちまでは普通〜高いレベル、7年落ちになると低くなるということがわかりました。

ここからはノアのリセールに少なからず影響している、中古車輸出について見ていきます。

ノアの中古車輸出

車輸出
UAEのアブダビ

ノアの中古車輸出事情について見ていきましょう。

輸出事情を知ることは、価値が下がるタイミングやリセールに有利な装備/オプションを知ることにも繋がり、高く売ることにおいて役立つことが多いです。

ノアの輸出国

型式仕向国
ZRR80G
(ガソリン・2WD)
🇲🇾マレーシア(登録から59ヵ月まで)
🇹🇹トリニダード・トバゴ(登録から4年まで)
🇧🇩バングラデシュ(登録から5年まで)
🇯🇲ジャマイカ(登録から6年まで)
🇷🇺ロシア(登録から7年まで)
🇰🇪ケニア(登録から7年まで)
🇬🇾ガイアナ(登録から8年まで)
🇸🇷スリナム(登録から8年まで)
ZRR80W
(ガソリン・2WD)
🇧🇩バングラデシュ(登録から5年まで)
🇷🇺ロシア(登録から7年まで)
🇭🇰香港(規制なし)
ZRR85G
(ガソリン・4WD)
🇷🇺ロシア(登録から7年まで)
ZRR85W
(ガソリン・4WD)
🇷🇺ロシア(登録から7年まで)
ZWR80G
(ハイブリッド・2WD)
🇵🇰パキスタン(登録から3年まで・2WD)
🇵🇰パキスタン(登録から5年まで・4WD)
🇧🇩バングラデシュ(登録から5年まで)
🇷🇺ロシア(登録から7年まで)
🇰🇪ケニア(登録から7年まで)
🇬🇾ガイアナ(登録から8年まで)
🇭🇰香港(規制なし)
ZWR80W
(ハイブリッド・2WD)
🇧🇩バングラデシュ(登録から5年まで)
🇷🇺ロシア(登録から7年まで)
”登録から○○まで”と記載は、制限内の新しい車しか輸入を認めないということを意味しています。環境問題等の観点から輸入に制限をかけている国が多くあります。

ノア・ノアハイブリッドが輸出されている国はたくさんありますが、重要な国はバングラデシュです。

同国へは月に1000~1500台が輸出されていますが、ハイブリッド車の伸びが著しいのが特徴です。

2017年の輸出車総数に占めるハイブリッド車の割合は3.4%に過ぎなかったのが、2018年は27.7%、2019年は36.4%まで拡大しています。

また同市場での売れ筋モデルは、「カローラアクシオ」「プレミオ・アリオン」「ノア」等のトヨタ車です。

バングラデシュに輸出できるのは5年落ちまでなので、ノアのリセールが6年落ち以降低くなるのは、この輸出が絡んでいると考えられます。

輸出を踏まえたポイント

これらの輸出需要も含めたノアのリセールのポイントは、

  • 新車から5年後までが一つのライン(バングラデシュ行きの輸出)
  • ガソリンもハイブリッドも5年落ちまではリセールが高い

ということが言えます。

新車で買った場合は、2回目の車検で乗り換えるのがお得な乗り方になります。

リセールに関するその他

ノアのリセールに関わるその他の部分について紹介します。

色のリセール差は約20万円

ノアの色のリセール差
5年落ちの色のリセール差
条件落札額
人気色167.83万円21.09万円
普通色146.74万円

※人気色=パールホワイト、黒
※普通色=人気色以外の色

人気色と普通色の差は約20万円とかなり大きいです。

5年落ちでこれなので、3年落ち(高年式)ではもっと差が大きく、7年落ち(低年式)ではもっと差が小さくなります。

いずれにしても色のリセール差は大きいので、車の色はやや慎重に考えた方が良いと言えるでしょう。

あわせて読みたい

「車の色って何色を選んだ方がいいの?」リセールを気にして車の色を選んでいる人はいますか?あまりいないですよね。(本人の自由だ!) しかし実際には、走行距離やグレードが同じでも色の違いで査定額が異なっ[…]

【色でそんなに変わる?】車のリセールに有利な色を調べてみた

買取相場は安定傾向

5年落ちノアの過去半年の買取相場は安定しています。

過去半年の買取相場
5年落ちノアの落札相場推移

6月に比べると少し上がっていますが、ほぼ安定していると言えます。

ノアを高く売る方法

ノアを売却する時の動きとしては、

  • ディーラーでの下取り(購入店舗での査定)
  • 買取専門店の査定(2~3社ぐらい)

を組み合わせて相見積もりをとる様にしましょう。

小売でも輸出にも利く車種なので、ディーラーの下取りも比較的高く出やすいと予想されます。

しかし特に車の状態が良い場合は、買取専門店の方が高くなる可能性が大きいのできちんと比較するようにしましょう。

車を売る時の注意点や高く売れる方法については、『車/中古車を高く売る方法(基礎編)』に記載していますので、是非参考にしてみてください。

あわせて読みたい

車(中古車)を売ろうとする時に、役立つ高く売る方法やコツについて詳しくお伝えしていきます。悲しいかな車を乗り換えや、不要で売る時というのは突然やってくる訳ですが、覚えておくと損はない情報をお伝えしていくので是非参考にしてみてください[…]

【現役査定士が解説】車(中古車)を高く売る方法

ノアのリセールまとめ

ノアの7年後までのリセールをまとめるとこの様になります。

ノアのリセールまとめ

3年後のリセールは高いですが、経過年数に比例してどんどん下がっていきます。

最後にポイントをまとめておきます。

■リセールはどんどん下がる(新車から5年で手放すのがお勧め)

■ハイブリッドのリセールはガソリンと同じか高い(ガソリンを選ぶ理由がほぼない)

■色によるリセール差が大きい(黒又はパールホワイトが良い)

ノアをこれから購入される方や、売却を検討している方は是非参考にしてみてください。

それでは今回はここまで。

\ノアの見積もりはこちらから/
【無料】WEBで簡単!新車見積もり

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事が気に入って頂けたらシェアして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/