ヴォクシーのリセールを徹底解説!リセールの高いグレードはどれ?

ヴォクシーのリセールを中古車査定士が徹底解説!

「ヴォクシーのリセールってどうなの?」

そんな疑問を解決していきます。

トヨタのミディアムクラスミニバンを牽引するヴォクシー。

フルモデルチェンジも気になりますが、常に人気がありそのリセールも気になりなるところですよね。

今回はそんな「ヴォクシーのリセールバリュー」について詳しくお伝えします。

【結論】ヴォクシーのリセール

結論から言うと、ヴォクシーのリセールバリューは全体的に見るとそこまで高くありません、普通レベル。

下記は経過年数毎の平均残価率の推移です。

経過年数
モデル
残価率【G】
ランク
残価率【HV】
ランク
3年落ち
80系後期
67%(60~77)
★★★☆☆
60%(53~68)
★★★☆☆
H29/7:80系後期にマイナーチェンジ
5年落ち
80系前期
56%(45~64)
★★★☆☆
49%(44~54)
★★☆☆☆
7年落ち
80系前期
47%(37~58)
★★★☆☆
38%(35~41)
★★★☆☆
H26/1:80系にフルモデルチェンジ
10年落ち
70系後期
14%(5~23)

※残価率=買取相場/新車価格(%)
※残価率はグレード平均、グレード別の数値は本文にて
※オプション費用と値引きは考慮していません

キノさん
国内での人気の割には低いと言えるでしょう。

しかし各モデルベストグレードで考えると、

経過年数ガソリンハイブリッド
3年落ち
80系後期
77%
★★★★☆
68%
★★★☆☆
5年落ち
80系前期
64%
★★★★☆
54%
★★★☆☆
7年落ち
80系前期
58%
★★★★☆
41%
★★★☆☆

と、特にガソリンモデルは高い水準にあります。

ここでのベストグレードとは、

  • ガソリン:ZS煌(4WD)
  • ハイブリッド:ZS煌

になります。(グレード別のリセールは後述)

ということでヴォクシーのリセールはグレード毎の差が大きいので、選ぶグレードが重要だよ!ということが言えるでしょう。

また、下記のことが全体の特徴として言えるので覚えておいてください。
ヴォクシーのリセールの特徴

 ガソリンの方がリセールが高く、維持費等で埋められる差ではない。コスパが良いのはガソリン

 ガソリンでリセールが高いのは「ZS煌」の4WD。意外と4WDの需要がありモデルチェンジ後も通用するかも

 輸出需要は少なく、中古車の多くは国内再販に回る。後席モニターなどのウケのいい装備がリセールに影響

では次に、経過年数とグレード別のリセールバリューについて詳しく解説します。

中古車を探している人は非公開車両もチェックしよう!

ヴォクシーの中古車を探しているなら、ガリバーの中古車検索サービスを上手く活用しましょう。

一般市場に公開される前の「非公開車両」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車にリーチできます。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短で即日の連絡で専任の担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるお得なサービスです。

\ 【登録は無料】希望の車があるかも /
ヴォクシーの非公開車両を見る

経過年数・グレード別のリセール

参照元:グーネット

年数とグレード別のリセールバリューを見ていきましょう。

3年後のリセール:残価率64%

3年落ちは現行モデルである80系後期です。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月のオークションデータより
  • 平成30年式、装備と色は絞り込みなし
  • 事故歴なし、内外装の状態良好として
キノさん
4WDを選んでいる人は全体の約8%なので2WDを中心に調べています。
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
X2,496,960円
0.6~6.9万km
33件
100~188万円
155万円
62%
V2,786,400円
0.8~6.1万km
6件
133~188万円
166万円
60%
ZS2,775,600円
0.9~6.0万km
54件
133~235万円
188万円
68%
ZS煌(2WD)2,869,560円
0.5~10.8万km
450件
145~270万円
205万円
71%
ZS煌(4WD)3,063,960円
0.6~8.6万km
30件
185~260万円
235万円
77%
ZS GRスポーツ3,257,280円
1.8~4.8万km
6件
180~225万円
210万円
64%
【ハイブリッドモデル】
ハイブリッドX3,014,280円
1.0~14.9万km
19件
122~180万円
160万円
53%
ハイブリッドV3,142,800円
0.5~11.5万km
19件
145~190万円
177万円
56%
ハイブリッドZS3,269,160円
3.2~4.4万km
3件
200~215万円
205万円
63%
ハイブリッドZS煌3,363,120円
2.0~11.0万km
142件
145~270万円
230万円
68%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【3年後の平均残価率】

ガソリン67%(60~77)
★★★☆☆
ハイブリッド60%(53~68)
★★★☆☆
全体64%(53~77)
★★★☆☆

見ての通りリセールはガソリンの方が高く、「ZS煌(ガソリン)」の4WDが最もリセールが高いグレードとなりました。

人気のグレードは「ZS煌」の2WDです。(ガソリン・ハイブリッド共に)

全体として「ZS煌」が全体の約8割と偏っており、他のグレードを選ぶメリットはほぼありません。

グレード残価率
ZS煌(ハイブリッド)68%
ZS煌(ガソリン)2WD71%
ZS煌(ガソリン)4WD77%

この中での選択が難しいですが、長距離・長期間乗る設定でない場合は、ガソリンの方が有利です。(維持費の比較は後に出てきます)

そして2WDと4WDで比較した場合、燃費の差がありますが、それを上回るリセールメリットがあるので細かく言うと4WDの方が有利。

ZS煌の4WDがリセール面で有利なことはあまり知られていない事実でしょう。

 

5年後のリセール:残価率54%

参照元:グーネット

5年落ちは80系前期型です。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月のオークションデータを参照
  • 平成28年式、装備と色は絞り込みなし
  • 事故歴なし、内外装の状態良好として
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
X2,480,073円
1.4~13.2万km
86件
65~155万円
112万円
45%
V2,725,527円
1.2~9.6万km
18件
95~173万円
135万円
50%
ZS(2WD)2,739,273円
1.9~10.6万km
63件
100~188万円
145万円
53%
ZS(4WD)2,933,673円
1.7~12.1万km
11件
133~210万円
175万円
60%
ZS煌(2WD)2,820,763円
1.0~15.0万km
287件
90~200万円
156万円
55%
ZS煌(4WD)3,015,163円
2.0~13.6万km
27件
100~205万円
175万円
58%
ZS煌2(2WD)2,830,680円
0.2~12.3万km
249件
112~205万円
166万円
59%
ZS煌2(4WD)3,025,080円
2.2~9.5万km
32件
145~220万円
195万円
64%
ZS G’s3,119,237円
1.3~8.8万km
19件
140~215万円
187万円
60%
【ハイブリッドモデル】
ハイブリッドX2,996,509円
3.2~9.7万km
21件
90~166万円
133万円
44%
ハイブリッドV3,106,473円
1.4~14.3万km
94件
95~189万円
145万円
47%
ハイブリッドZS3,229,200円
1.3~14.9万円
102件
111~221万円
162万円
50%
ハイブリッドZS煌23,321,000円
1.0~12.2万km
93件
112~221万円
180万円
54%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【5年後の平均リセール】

ガソリン56% ★★★☆☆
ハイブリッド49% ★★☆☆☆
全体54% ★★★☆☆

ここでもガソリンの方がリセールが高い結果となりました。

そしてまたもやリセールが高いのは「ZS煌2」の4WD。

ヴォクシーのハイブリッドはあまりメリットが見出しにくいと言えます。

 

7年後のリセール:残価率44%

7年落ちは80系前期型の発売初年度です。(5年落ちとモデルは同じ)

【調査条件】

  • 過去3ヶ月のオークションデータを参照
  • 平成26年式、装備と色は絞り込みなし
  • 事故歴なし、内外装の状態良好として
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
X2,468,571円
1.4~12.6万km
37件
65~135万円
95万円
38%
V2,674,285円
2.8~13.4万km
34件
65~143万円
100万円
37%
ZS(2WD)2,674,285円
1.6~14.4万km
400件
67~166万円
123万円
46%
ZS(4WD)2,789,000円
2.9~13.6万km
51件
70~200万円
145万円
52%
ZS煌(2WD)2,755,542円
2.7~10.2万km
12件
90~155万円
133万円
48%
ZS煌(4WD)2,949,942円
6.8~8.2万km
4件
155~185万円
170万円
58%
【ハイブリッドモデル】
ハイブリッドX2,850,000円
4.0~14.7万km
32件
60~145万円
100万円
35%
ハイブリッドV2,970,000円
0.8~14.8万km
208件
56~187万円
122万円
41%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【7年後の平均リセール】

ガソリン47% ★★★☆☆
ハイブリッド38% ★★☆☆☆
全体44% ★★★☆☆

ハイブリッドが出た当初で、煌グレードがまだない為ハイブリッドは余計に低いリセールとなっています。

ここでもZS煌の4WDが最も高いグレードです。

 

10年後のリセール:残価率14%

参照元:グーネット

10年落ちは1つ前になって70系後期型です。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月のオークションデータを参照
  • 平成23年式、装備と色は絞り込みなし
  • 事故歴なし、内外装の状態良好として
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
X2,120,000円
7.1~13.2万km
3件
5~20万円
10万円
5%
Z2,330,000円
8.8~12.3万km
3件
11~33万円
20万円
9%
ZS(2WD)2,520,000円
2.1~14.8万km
28件
10~67万円
30万円
12%
ZS(4WD)2,709,000円
5.9~13.9万km
8件
20~89万円
46万円
17%
ZS煌(2WD)2,600,000円
3.9~15.0万km
84件
5~95万円
34万円
13%
ZS煌(4WD)2,789,000円
3.9~14.7万km
17件
11~122万円
65万円
23%
ZS煌22,610,000円
2.2~14.5万km
18件
10~105万円
45万円
17%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【10年後の平均リセール】

14%

10年落ちのリセールは14%と全体の中では低め。

70系でも4WDのリセールが高い結果となりました。

ヴォクシーのリセールの特徴

ここまでのリセールをまとめます。

経過年数残価率(G)残価率(HV)
3年落ち
80系後期
67%
★★★☆☆
60%
★★★☆☆
H29/7:80系後期型にマイナーチェンジ
5年落ち
80系前期
56%
★★★☆☆
49%
★★☆☆☆
7年落ち
80系前期
47%
★★★☆☆
38%
★★★☆☆
H26/1:80系にフルモデルチェンジ
10年落ち
70系後期
14%

3年落ちの現行モデルすらリセールはそこまで高いとは言えません。

意外にもヴォクシーは新車からの値落ちが大きく、やや中古車に向いている車種だとも言えます。

ガソリンとハイブリッドではガソリン推し、グレードは煌、ガソリンの場合は4WDがおすすめ。

 

年式よりもモデルを重視

ヴォクシーのリセールを考える際は、年式よりもモデルを重要視しましょう。

国内再販がメインである為、何年落ちがリセールの境目みたいな年はありません。

その分走行距離やモデルがリセールに大きな影響を与えます。

マイナーチェンジでは少し動きますが、フルモデルチェンジでは大きく動くことが予想されます。

高いリセールを維持したいなら常に最新モデルでいることが重要です。

 

ガソリンの方がコスパは高い

ガソリンとハイブリッドを比較した場合、

モデル燃費燃料代/1万km
ガソリン13.2km/L113,030円
ハイブリッド19.0km/L78,526円

※WLTCモード、レギュラーガソリン149.2円/L

なので、1万kmあたりの燃料代差は約34,500円。

ガソリンとハイブリッドの新車価格差が約50万円、リセールもガソリンが良いことを考慮すると、コスパが良いのはガソリンとなります。

アシスタント
サポート
厳密にはハイブリッドの方が税金も安いのでもう少し差は縮まります。

 

ヴォクシーの中古車輸出

型式
ZRR80G
(2WD・ガソリン)
マレーシア
トリニダード・トバゴ
ジャマイカ
ロシア
ケニア
ZRR80W
(2WD・ガソリン)
マレーシア
ジャマイカ
ロシア
ケニア
香港
ガイアナ
ZRR85G
(4WD・ガソリン)
ロシア
ZRR85W
(4WD・ガソリン)
ロシア
ZWR80G
(2WD・ハイブリッド)
パキスタン
バングラデシュ
ロシア
ケニア
香港
英国
ZWR80W
(2WD・ハイブリッド)
パキスタン
バングラデシュ
ロシア
香港

高単価輸出国のマレーシア、ケニア、バングラデシュが入っていますが、実際にはそこまで多くの台数が行っていません。

基本的にヴォクシーのリセールにおける輸出の恩恵はそこまでないです。

また兄弟であるノア、エスクァイアと比較した場合、ヴォクシーが最も輸出されていない車種になります。

リセールの高いヴォクシーの買い方

リセールが高くなる買い方・選び方を解説します。

ヴォクシーを新車で買う場合

結論から言うと、今からヴォクシーの新車を買うのはリセールの観点からいくとやや不利です。

現行ヴォクシーである80系が発売されて今年で7年目、そろそろフルモデルチェンジがあってもおかしくありません。

フルモデルチェンジで仮に90系が発売された場合、80系のリセールは間違いなく激落ちします。

ただディーラーもモデルチェンジ前には在庫車両を売り切る為、値引きを大きくするなどお得に見せてきます。

もし新車の購入するなら、

  • グレードは「煌」系にする(できればガソリン)
  • 値引きをしっかり最大化させ初期投資額を下げる

ことを意識しましょう。

ヴォクシーのおすすめの色

おすすめの色はパールホワイト(白)かブラック(黒)です。

どちらでも大差ありません。

台数(シェア)オークション相場
ホワイトパールクリスタルシャイン(070)179台(40%)202万円
ブラック(202,221,224)269台(59%)199万円
ボルドーマイカメタリック(3R9)4台(1%)182万円

※3年落ちZS煌(2WD)にて n=452
※ブラックはブラキッシュアゲハガラスフレーク、イナズマスパーキングブラックガラスフレークを含む

細かく言うと、リセールが高いのは僅かにパールホワイト、人気があるのはブラックです。

ただしリセール差は僅かなのでどちらでもOK。

その他の色を選んでいる人は全体の約1%。

アシスタント
サポート
確かにヴォクシーのムラサキとか滅多に見ないわ。

 

ちなみにトヨタの下取りは、近年では中古車販売に力を入れていることから程度の良いトヨタ車であれば比較的良い条件が出ることもあります。

しかし他メーカー車であったり、車が再販に向いていない場合は比較的手堅い下取り額になることが多いです。

下取り車を無駄なく高く売りたい場合は買取専門店にも査定額を出してもらうようにしましょう。

キノさん
100万円台の下取りで20~30万円、200万円台で40万円ぐらい下取りと買取で差が開くことがあります。

【すぐに手放せる人向け】価格を追い求めるなら「オークション形式」

価格だけを追い求める場合、車売却の主流は「オークション形式」になりつつあります。
(実際に売却価格も高め)

「オークション形式」とは一括査定とは異なり、最初に1度査定をして、そのデータに対して複数の業者がオークションの様に入札してくる方式。

満足のいく価格に到達しなかった場合は無料でキャンセルもできます。

現在このサービスが利用できるのは、楽天Carオークションユーカーパックの2つ。

メリットは買取額が高いこと、デメリットはエリアが限定される(地方は一部不可)こと、すぐに車を手放さないといけないことです。

キノさん
ユーカーパックは落札後の入金確認から8日以内に車の引き渡し。
アシスタント
サポート
楽天は1ヵ月の猶予があるので楽天の方が余裕を持てますね。

入札業者数はユーカーパックの方が多い(8000社)ですが、楽天はポイントが貯まったり余裕を持てたりと一長一短。(楽天の業者数は2000社)

価格は期待できるので「すぐに手放せる人」には有効な売却方法です。※査定も一度だけなので楽

≫楽天Carオークション(公式)
≫ユーカーパック(公式)

【すぐに手放せないなら】価格と融通のバランスが良いカーセンサー

しかし実際には「すぐに車を引き渡せる人」ばかりではないと思います。

  • 次の車の納車時期がはっきりしていない
  • 次に買う車で迷っている

という人もいるのではないでしょうか。

そんな場合は買取額も良く、引渡し時期も交渉が可能なカーセンサーの一括査定がおすすめです。

買取額は業者数が他サービスに比べて多いことが担保となり、引き渡し時期は各業者に交渉することで解決できます。

業者数が多いと査定の立ち合いなどが大変な様に感じますが、聞けば概算金額を事前に教えてくれるのでそこで業者を厳選すれば問題ありません。

概算金額に納得ができ、安心して任せられそうな業者にだけ実車査定を依頼すればOK。

ポイントは、次の車の納車タイミングで車を引き渡すことを前提に価格を出してもらうことです。
(↑単純に価格だけで比較できる)

アシスタント
サポート
先に車を引き渡して 、納車までは代車を出してくれる業者もいます。
\ 【無料】価格と引渡し時期のいいとこ取り /
カーセンサーに車査定を依頼する

 

ヴォクシーを中古車で買う場合

フルモデルチェンジが近そうなヴォクシーですが、そもそもリセールがそんなに高くないことから中古車購入には比較的適しています。

長く乗ることを想定した場合は現行モデルの80系後期がおすすめです。

どのモデルを買うとしてもグレードは煌(キラメキ)系を選びましょう。

中古で購入した場合でも、次のフルモデルチェンジで手放せばそこまで購入額からのマイナスなく売却できる可能性もあります。

【ヴォクシーの中古車を探すなら】非公開車両もチェックしておこう

ヴォクシーの中古車を探すなら、ガリバーの中古車検索サービスも上手く活用しましょう。

一般市場に公開される前の「非公開車両」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に誰よりも早くリーチできます。

車は約500台が毎日入れ替わるので、今はなくても急に希望の車が入庫してくる可能性もあり、リクエストを出しておく価値は十分にあります。

更に10年保証で納車後の返品OK、最短で即日の連絡、専任の担当者付き。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるリスクの低い内容。

年間20万台を買い取るガリバーから最新情報をもらいながら中古車探しができるので、自分で探すのと並行すれば効率的に進められます。

\ 【登録は無料】希望の車があるかも /
ヴォクシーの非公開車両を見る

リセールに影響しそうなオプション

ヴォクシーのリセールに影響しそうなオプションについて説明します。

ナビは大型がおすすめ

ナビは純正、社外で大きなリセール差はありませんが、大型のナビがおすすめ。

社外は11インチのビッグエックス(アルパイン)も人気があります。

中古車は国内再販がメインなので、日本のファミリー層にウケそうなナビが好まれるということになります。

 

フリップダウンモニター

日本のファミリー層に人気のフリップダウン(後席)モニターもおすすめです。

実際に装着する人が多い装備なので、査定時も高く評価することが可能です。

購入費用まではリセールで回収できないですが、保持している間も楽しめるので費用対効果は高い装備だと言えます。

大型ナビと大型のフリップダウンモニターが付いている車は、査定時もかなり強気で交渉が可能です。

 

エアロパーツは要らない

エアロパーツはほぼリセールに影響しません。

通常より多少高く評価することは可能ですが、オプション費用を回収できるほどではなく。

また装着率は約10%と低い状況。

基本的にはつけなくても良い装備となります。

 

まとめ

以上、ヴォクシーのリセールバリューについての解説でした。

国内では人気ですが、意外と輸出が効かないことからリセールはそれほど高くありません。

また「煌」の4WDが最もリセールが高いというのも意外な事実!

くれぐれも今後のモデルチェンジには注意をしてください。

ぜひ参考にしてみてください。

〈お知らせ〉

当サイトは情報提供がメインですが、乗換えや購入・売却に関する個別のご相談も承っています。

「次の車の車種や装備についての質問」
「今の車を手放すベストなタイミング」

など状況に合わせたアドバイスが可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。(有料)

ココナラ

※お届け日数は質問内容によります。初回の質問に対する回答は最短12時間以内〜最長2日の予定です。※お急ぎの方は事前にダイ…

本記事は以上となります。

最後までお読み頂きありがとうございました。