ハリアーのリセールと5年後の買取価格をグレード別に評価・レビュー

ハリアーのリセールを徹底解説【グレード別に5年後の相場も解説】

ハリアー・ハリアーハイブリッドの新車から3年・5年・7年後のリセールバリュー(買取価格)をグレード別にお伝えします。

リセールに関わるオプション、乗換タイミング、旧型のリセールや中古車相場についても記載しましたので新型の参考にしてみて下さい。

この記事ではこんなことについてまとめています。

  • 3年・5年・7年後の具体的なリセールバリュー(買取相場)
  • ハリアー乗換えのベストなタイミング
  • ハリアーのオプションがリセールにどのくらい影響するのか

 ハリアーのリセールバリューはとても高い

 新車から7年が乗り換え時

 買取相場は上昇傾向。旧型は値下がりせず

どこよりも詳細にかつ具体的に記載しました。ハリアーに興味のある人には絶対に読んでほしい記事になっています。

リセールバリューとは

リセールバリュー

 

リセールバリューとは
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として用いています。
キノさん
あの車はリセールバリューが良い、悪いという使い方をします。

買取相場の算出方法

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションでの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては、下取り・買取車両の大部分はオークションで売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

それでは早速ハリアーの買取相場について見ていきましょう。

3年後の買取相場【平成29年式】

3年落ちのハリアー(FC前の後期モデル)

まずは新車から1回目の車検となる、3年落ち(平成29年式)について。

平成29年6月にマイナーチェンンジが行われており、後期モデルを対象とします。

3年落ちはフルモデルチェンジ前になりますが、現行モデルはモデルチェンジをして日が浅すぎるので、現行モデルのリセールは旧型+αと考えてください。

CVT(ガソリン)、ターボ6速AT(ガソリン)、ハイブリッド全てを調査しました。

【調査条件】

  • 過去1ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成29年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
エレガンス(CVT)2,949,480円
1.0~4.0万km
22件
221~243万円
240万円
81%
プレミアム(CVT)3,249,720円
1.0~4.8万km
63件
221~291万円
254万円
78%
プレミアムメタルアンドレザーパッケージ(CVT)3,599,640円
2.2~4.6万km
5件
253~276万円
265万円
74%
プログレス(CVT)3,780,000円
1.3~4.3万km
18件
242~287万円
275万円
73%
プログレスメタルアンドレザーパッケージ(CVT)4,129,920円
1.2~5.0万km
8件
270~285万円
280万円
68%
エレガンス(6AT)3,380,400円
5.0万km
1件
264万円
78%
プレミアム(6AT)3,519,720円
1.7~4.2万km
11件
253~286万円
264万円
75%
プレミアムメタルアンドレザーパッケージ(6AT)3,850,200円
2.2~3.8万km
3件
285~305万円
291万円
76%
プログレス(6AT)4,050,000円
2.0~5.0万km
6件
243~286万円
265万円
65%
プログレスメタルアンドレザーパッケージ(6AT)4,380,480円
1.1~2.8万km
11件
270~314万円
297万円
68%
エレガンス(HV)3,774,600円
3.1~4.8万km
2件
263~274万円
266万円
70%
プレミアム(HV)4,074,840円
2.8~4.6万km
2件
298~309万円
305万円
75%
プレミアムメタルアンドレザーパッケージ(HV)4,424,760円
1.1~4.8万km
6件
276~357万円
314万円
71%
プログレス(HV)4,604,040円
1.4~5.0万km
10件
275~342万円
317万円
69%
プログレスメタルアンドレザーパッケージ(HV)4,953,960円
2.1~3.5万km
5件
292~347万円
320万円
65%

※残価率=平均買取額/新車価格(%) 以下同

キノさん
データ数が多い程人気のグレードと言え、数字の確度も上がります。
【3年落ち(平成29年式)の買取相場と残価率】
ガソリン(CVT)平均263万円・75%
ガソリン(ターボ)平均276万円・72%
ハイブリッド平均304万円・70%
\ハリアーを高値で売却したいなら/
おすすめの一括査定で査定する

【参考】3年落ちの基準

70%以上 → かなり高い!
60~70% → 高め
50~60% → 普通
40%以下 → 低い

全体で70%を超えており、ハリアーの3年落ちはリセールが高いということが言えます。

モデルとしてはガソリン(CVT)が最も高く、中でもエレガンスやプレミアムなどの廉価グレードのリセールが高い傾向にあります。

最もデータ数の多い人気のグレードはプレミアムの様です。

エレガンスやプレミアムでも、サンルーフやエアロパーツなどのオプションがついているものが多くあるのがハリアーの特徴です。

全体を通して上級グレードを選択するよりも、廉価グレードに必要なオプションをつけるのが最もリセールを高める方法だと言えそうです。

5年後の買取相場【平成27年式】

5年前のハリアー(FC前の前期モデル)

新車から2回目の車検となる、5年落ち(平成27年式)について。

フルモデルチェンジ前の前期モデルです。

【調査条件】

  • 過去1ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成27年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
グランド2,797,714円データなし
エレガンス2,880,000円
3.2~7.0万km
28件
143~210万円
182万円
63%
プレミアム3,137,143円
3.1~6.8万km
33件
176~245万円
207万円
66%
プレミアムスタイルモーヴ3,237,055円
3.0~5.9万km
10件
197~248万円
221万円
68%
エレガンスG’s3,291,055円
3.3~5.9万km
3件
198~240万円
221万円
67%
プレミアムアドバンスドパッケージ3,697,527円
3.1~6.9万km
19件
193~241万円
221万円
60%
プレミアムアドバンスドパッケージスタイルモーヴ3,797,673円
3.1~4.2万km
2件
220~231万円
226万円
60%
グランド(HV)3,713,143円データなし
エレガンス(HV)3,774,857円
3.1~6.8万km
10件
182~237万円
209万円
55%
プレミアム(HV)4,032,000円
3.6~5.8万km
4件
204~258万円
235万円
58%
プレミアムスタイルモーヴ(HV)4,132,473円
4.7~6.9万km
5件
198~226万円
215万円
52%
プレミアムアドバンスドパッケージ(HV)4,591,963円
3.1~6.7万km
14件
203~281万円
242万円
53%
プレミアムアドバンスどパッケージスタイルモーヴ(HV)4,692,109円
5.3~5,4万km
2件
248~258万円
253万円
54%
【5年落ち(平成27年式)の買取相場と残価率】
ガソリン平均213万円・64%
ハイブリッド平均231万円・54%
\ハリアーを高値で売却したいなら/
おすすめの一括査定で査定する

【参考】5年落ちのリセールバリューの基準

60%以上 → かなり高い!
50~60% → 高め
40~50% → 普通
30%以下 → 低い

ガソリンとハイブリッドの差が開き始めます。

ここでも最上級のグレードよりも廉価又は中間グレードのデータ数が多く、リセールも高いという結果になりました。

5年落ちでもハリアーのリセールは全体的に高いです。

7年後の買取相場【平成25年式】

7年落ちのハリアー(30系・2代目)

新車から3回目の車検となる、7年落ち(平成25年式)について。

30系の2代目のハリアーです。

7年落ちと8年落ちは大きく違います、よく読んでください。

【調査条件】

  • 過去1ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成25年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
240G2,667,000円
7.1万km
1件
182万円
68%
240GLパッケージアルカンターラセレクション2,750,000円
2.2~6.0万km
3件
177万円
64%
【7年落ち(平成25年式)の買取相場と残価率】
ガソリン平均180万円・66%

\ハリアーを高値で売却したいなら/
おすすめの一括査定で査定する

【参考】7年落ちのリセールバリューの基準

50%以上 → かなり高い!
40~50% → 高め
30~40% → 普通
20%以下 → 低い

キノさん
7年乗って新車時の半分も返ってくるなら元を取ったも同然。

7年落ちで残価率66%は控えめに言って高過ぎです。

しかしそんなハリアーも8年落ちになると景色が一変します、ここがポイントです。

8年後の買取相場【平成24年式】

【調査条件】

  • 過去1ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成24年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均相場
残価率
240G2,667,000円
7.3~9.0万km
2件
67万円
25%
240GLパッケージ2,803,500円
7.1万km
1件
75万円
27%
240GプレミアムLパッケージ3,003,000円
9.9万km
1件
72万円
24%
240GLパッケージアルカンターラセレクション2,750,000円
7.3~10.2万km
6件
70万円
25%
プレミアムSパッケージ(HV)4,756,500円
7.7~8.3万km
2件
83万円
17%
【8年落ちの買取相場と残価率の平均】
ガソリン平均71万円・25%
ハイブリッド平均83万円・17%

7年落ちが乗換えのタイミング

7年落ち→8年落ちの1年の間でリセールが急落します。(価格にすると100万円

30系の7年落ちまではケニアに輸出されていますが、行けるのは7年落ちまでのようでこれが絡んでいると思われます。

とにかくハリアーは余程の理由がない限り、新車から7年落ち(新車から3回目の車検前)で売るということをオススメします。

これは中古車を買う場合も同じで、5年落ちの中古車を買って7年落ちの時に売れば、あまり価値が下がらずに売れるということが言えます。

重要!
ハリアーは7年落ちで手放すこと

ハリアーのリセールのポイント

ハリアーのリセールのポイントをいくつかお伝えします。

リセールバリューは凄く高い

7年落ちまでは残価率が60%を超えるのでリセールが非常に高い車種と言えます。

ただし8年落ち以降は上記の通り約100万円落ちて一気に低くなります。

ガソリンがHVより高い

リセールはガソリンがハイブリッドより高いです。

ただしハイブリッドには燃費や減税でメリットを受けられます。

ガソリンとハイブリッドどちらがいいかは、『【契約前に読みたい】ハリアー・おすすめのグレード』にて記載しています。

あわせて読みたい

一括査定に依頼するフルモデルチェンジされたハリアー、グレードや装備で迷っていませんか?本記事ではハリアー・ハリアーハイブリッドの装備や価格、リセールバリューの点から見たおすすめのグレードを紹介します。ハリアーを検討してい[…]

ハリアーのおすすめのグレード【装備の違いも解説】

サンルーフの影響は14万円

サンルーフの差
【平成29年式:プレミアム(CVT)にて】

サンルーフの有無がリセールに与える差は約14万円です。

現行モデルはサンルーフではなくガラスルーフの為、サンルーフより影響が小さいと予想します。

エアロパーツの影響は11万円

エアロパーツの影響
【平成29年式:プレミアム(CVT)にて】

エアロパーツの有無がリセールに与える影響は約11万円です。

ブランドではモデリスタの方がTRDより多いです。

色の差は7万円

色の差
【平成29年式:プレミアム(CVT)にて】

人気色(黒・パールホワイト)と普通色(黒・パール以外)の差は約7万円です。

ただし、ハリアーでパールホワイトと黒以外を選んでいる割合は10%以下だと想像します。

拘りがなければ黒又はパールホワイトがオススメです。

車の色については、『高く売れる車の色と5つのポイント』でも詳しく記載しています。

あわせて読みたい

キノさん車の色って何色が高く売れるか、きちんと知っていますか?よく白系が良いとか、白は雪に紛れるから輸出には嫌われるとか、黒系が良いとか、シルバー系が無難で良いとか。色んな話を聞きますよね。 本記事[…]

車の色

買取相場は上昇傾向

3年落ちの相場推移
【平成29年式/プレミアムのオークション落札相場】
5年落ちの相場推移
【平成27年式/プレミアムのオークション落札相場】

新型ハリアーの納車が進んでいますが、旧型ハリアーの相場は下がりそうにありません。(>人<;)

4月・5月を底として上昇しています。

新車販売が回復しないうちは中古車需要の高まりは暫く続きそうです!

中古車購入時のポイント

中古車販売店の大体の仕入額を知ることで、適性な中古車価格を知ることができます。

買取価格をXとすると、

((X−10000)/1.1)+150000)×1.1+10000

が大体の販売店の落札額となります。(1.1は消費税、10000はリサイクル料金)

例えばプレミアム(CVT・3年落ち)の平均買取額は254万円なので、上記の式に当てはめると落札額は2,705,000円となります。

ここに「落札手数料」「店舗までの陸送代」で約5万円が追加され2,755,000円、これが販売店の仕入れ原価です。

この金額び販売に必要な経費や販売店の利益が乗せられて小売されます。

カーセンサーで同スペックの車両価格を調べたところ支払い総額が「230万円〜358万円」で売られてるので、大体計算が合います。

ハリアーの中古車価格

中古車販売店の1台当たりの粗利益は大体10万円~30万円と言われていますが、

良質な中古車を安く買いたいという場合は、オークション落札代行や個人間売買を利用しましょう。

自動車オークションで評価点4点以上の車両であれば、そのまま購入しても程んど問題は起こりません。

【一般的な車流通】

売りたいユーザー
↓(X万円で売却)🚙
買取店
↓(出品)🚙
自動車オークション
↓(X+αで落札)=Y 🚙
販売店
↓(Y+αで販売)=Z 🚙
買いたいユーザー
(Z=X+2α)

【個人間売買】

売りたいユーザー
↓(X万円+αで売却) 🚙
買いたいユーザー
(X+αで購入)

【オークション落札代行】

自動車オークション
↓(X+αで落札)=Y 🚙
買いたいユーザー
(X+αで購入)

\安くハリアーが手に入るかも/
個人間売買でハリアーを探す

ハリアーのリセールまとめ

ハリアーのリセール推移

7年を超えるとリセールが暴落しますので注意が必要ですが、7年落ちまではハリアーのリセールは最強です。

60系が絶好調だっただけに、これからの80系にも期待大ですね。

見た目が格好良くてリセールも高いハリアー、是非検討してみてはいかがでしょうか。

\値引きから納車時期までWebでわかる/
ハリアーの新車見積もりをとる
あわせて読みたい

リセールバリューの高い車を新車から3年・5年・7年後それぞれにおけるランキング形式で紹介していきます。リセールの良い車って実はたくさんあるんですね。それぞれの車のリセールバリューを正しく知って、カーライフをより楽しいものにしていきま[…]

車のリセールバリューのランキングTOP10

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事が気に入って頂けたらシェアして頂けると嬉しいです!