【新型】ハリアーのリセールを徹底解説!5年後のリセールを予想

【新型】ハリアーのリセールをプロの査定士が解説!5年後のリセールを予想

「ハリアーのリセールバリューってどうなの?」

こんな疑問にお答えします。

 

トヨタの人気都市型SUV「ハリアー」。

新型も中古も大人気の車種ですが、そのリセールバリューも気になるところですよね。

 

今回のテーマは『ハリアーのリセールバリュー』、中でも

・現行モデル~10年落ちまでの残価率
・人気、リセールの高いおすすめのグレード
・新車、中古車購入時のポイント
・人気の色やつけておきたいオプション
について中古車査定士の筆者が詳しく解説します。

ハリアーに興味がある人はぜひ参考にしてみてください。

 

それでは早速ですが結論からいきましょう。

ざっくりした結論

 リセールを求めるならガソリンモデルを買おう!

 ハリアーのリセールは新車から7年落ちが重要なポイント

 新型を5~7年乗るなら「G」または「Z」が最もコスパの良いグレードと予想

次に経過年数毎の残価率。
※グレード平均の数値

経過年数ガソリンハイブリッド
1年落ち
R2年式
96%98%
R2/6:80系にフルモデルチェンジ
3年落ち
H30年式
74%
★★★★☆
70%
★★★☆☆
H29/6:60系後期にマイナーチェンジ
5年落ち
H28年式
64%
★★★★☆
54%
★★★☆☆
7年落ち
H26年式
55%
★★★★☆
42%
★★★☆☆
10年落ち
H23年式
19%17%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

キノさん
走行距離に応じてガソリン/ハイブリッドは選択しましょう。少ないならガソリンの方がおすすめ!

 

ハリアーのリセールバリューは・・・

  • 全車種別ランキングで10位!
  • 全SUVランキングで5位!
アシスタント
サポート
7年間は磐石のリセールバリュー!コスパはかなりいいです。

≫【関連記事】リセールバリューの高い車をランキングで紹介
≫【関連記事】リセールバリューの高いSUVをランキングで紹介

 

中古車を探している人は市場に出ていない非公開車両も見ておこう

ハリアーの中古車を探しているなら、ガリバーの中古車検索サービスを上手く活用しましょう。

一般市場に公開される前の「非公開車両」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車にリーチできます。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短で即日の連絡で専任の担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるお得なサービスです。

\ 【登録は無料】希望の車があるかも /
ハリアーの非公開車両を見る

ハリアーのリセールバリュー

80系【令和2/6~現在】(参照元:グーネット)

現行型の残価率:97%

現行モデル(1年落ち)の80系ハリアーについて見ていきます。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月のオークションデータを参照
  • 令和2年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故歴なし、内外装状態良好として
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ガソリン】
S(2WD)2,990,000円
0~1.6万km
8件
253~295万円
275万円
92%
S(4WD)3,190,000円
0.5~0.6万km
2件
275~300万円
285万円
89%
G(2WD)3,410,000円
0~1.6万km
18件
275~330万円
310万円
91%
G(4WD)3,610,000円
0.5~0.8万km
2件
300~330万円
310万円
86%
Gレザーパッケージ(2WD)3,710,000円
0.4万km
1件
340万円
92%
Z(2WD)3,930,000円
0~1.5万km
32件
330~400万円
370万円
94%
Z(4WD)4,130,000円
0~0.6万km
2件
375~410万円
390万円
94%
Zレザーパッケージ(2WD)4,230,000円
0~1.3万km
46件
340~440万円
400万円
95%
Zレザーパッケージ(4WD)4,430,000円
0.2~0.6万km
3件
397~470万円
440万円
99%
【ハイブリッド】
S(2WD)3,580,000円データなし
G(2WD)4,000,000円
0~0.7万km
10件
330~410万円
375万円
94%
G(4WD)4,220,000円
0.1~2.6万km
4件
340~410万円
385万円
91%
Gレザーパッケージ(2WD)4,300,000円データなし
Z(2WD)4,520,000円
0.1~1.1万km
8件
385~450万円
410万円
91%
Z(4WD)4,740,000円
0.6~1.4万km
2件
395~420万円
405万円
85%
Zレザーパッケージ(2WD)4,820,000円
0~0.9万km
13件
440~500万円
470万円
98%
Zレザーパッケージ(4WD)5,040,000円
0~0.7万km
12件
460~520万円
490万円
97%

※残価率=平均買取額/新車価格(%)

キノさん
データ数が多い程人気のグレードです。
アシスタント
サポート
買取相場もほぼ合っていますよ!

【1年後の平均リセール】

ガソリン92%
ハイブリッド93%

現行モデルのリセールはまだかなり高いところにあります。

リセールはまだどれも同じぐらいですが、台数で見ると2WDの「Z」又は「Zレザーパッケージ」が最も人気ですね。

 

3年後の残価率72%:★★★★☆

60系後期モデル【平成29/6~令和2/5】(参照元:グーネット)

3年落ちのハリアーについて見ていきます。

キノさん
3年落ちは60系の後期モデル。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月のオークションデータを参照
  • 平成30年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故歴なし、内外装状態良好として
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ガソリン】
エレガンス(CVT)2,949,480円
1.0~4.0万km
22件
221~243万円
240万円
81%
プレミアム(CVT)3,249,720円
1.0~4.8万km
63件
221~291万円
254万円
78%
プレミアムメタルアンドレザーパッケージ(CVT)3,599,640円
2.2~4.6万km
5件
253~276万円
265万円
74%
プログレス(CVT)3,780,000円
1.3~4.3万km
18件
242~287万円
275万円
73%
プログレスメタルアンドレザーパッケージ(CVT)4,129,920円
1.2~5.0万km
8件
270~285万円
280万円
68%
エレガンス(6AT)3,380,400円
5.0万km
1件
264万円
78%
プレミアム(6AT)3,519,720円
1.7~4.2万km
11件
253~286万円
264万円
75%
プレミアムメタルアンドレザーパッケージ(6AT)3,850,200円
2.2~3.8万km
3件
285~305万円
291万円
76%
プログレス(6AT)4,050,000円
2.0~5.0万km
6件
243~286万円
265万円
65%
プログレスメタルアンドレザーパッケージ(6AT)4,380,480円
1.1~2.8万km
11件
270~314万円
297万円
68%
【ハイブリッド】
エレガンス3,774,600円
3.1~4.8万km
2件
263~274万円
266万円
70%
プレミアム4,074,840円
2.8~4.6万km
2件
298~309万円
305万円
75%
プレミアムメタルアンドレザーパッケージ4,424,760円
1.1~4.8万km
6件
276~357万円
314万円
71%
プログレス4,604,040円
1.4~5.0万km
10件
275~342万円
317万円
69%
プログレスメタルアンドレザーパッケージ4,953,960円
2.1~3.5万km
5件
292~347万円
320万円
65%

※新車価格=当時の価格

【3年後の平均リセール】

ガソリン74% ★★★★☆
ハイブリッド70% ★★★★☆

ガソリンとハイブリッドのリセール差は僅差。

このままいくと燃費等を考えた場合ハイブリッドが有利になりますね。

最も人気のグレードは、CVTの「エレガンス」や「プレミアム」。

60系ハリアーは輸出の関係もあってかハイグレードよりも、ベースに近いグレードの方がリセールが高い傾向があります。

 

比較的リセールの高いハリアーは全車種の中でもリセール上位の車になります。

リセールバリューの高い車やSUVについては下記よりご確認頂けます。

あわせて読みたい

「リセールバリューの高い車を知りたい」そんなあなたにぴったりの記事です。 こんにちは、車のリセールバリューマニアのキノさんです。本記事では私が調査したデータから、リセールバリューの高い車をランキング[…]

【2020年11月更新】リセールバリューの高い車ランキング・TOP20
あわせて読みたい

この記事のまとめ・リセールバリューの高いSUVをプロの査定士がランキングにして紹介!・3年、5年、7年落ちに分けているので保有する年数に合わせた車種を知ることが可能・記事の後半で車種別の特徴を紹介。これであなたもSU[…]

【プロ査定士が監修!】リセールバリューの高いSUVランキングベスト20

 

5年後の残価率59%:★★★☆☆

60系前期モデル【H25/11~H29/6】(参照元:グーネット)

5年落ちのハリアーについて見ていきます。

キノさん
5年落ちは60系前期ですね。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月のオークションデータを参照
  • 平成28年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故歴なし、内外装状態良好として
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ガソリン】
グランド2,797,714円データなし
エレガンス2,880,000円
3.2~7.0万km
28件
143~210万円
182万円
63%
プレミアム3,137,143円
3.1~6.8万km
33件
176~245万円
207万円
66%
プレミアムスタイルモーヴ3,237,055円
3.0~5.9万km
10件
197~248万円
221万円
68%
エレガンスG’s3,291,055円
3.3~5.9万km
3件
198~240万円
221万円
67%
プレミアムアドバンスドパッケージ3,697,527円
3.1~6.9万km
19件
193~241万円
221万円
60%
プレミアムアドバンスドパッケージスタイルモーヴ3,797,673円
3.1~4.2万km
2件
220~231万円
226万円
60%
【ハイブリッド】
グランド3,713,143円データなし
エレガンス3,774,857円
3.1~6.8万km
10件
182~237万円
209万円
55%
プレミアム4,032,000円
3.6~5.8万km
4件
204~258万円
235万円
58%
プレミアムスタイルモーヴ4,132,473円
4.7~6.9万km
5件
198~226万円
215万円
52%
プレミアムアドバンスドパッケージ4,591,963円
3.1~6.7万km
14件
203~281万円
242万円
53%
プレミアムアドバンスドパッケージスタイルモーヴ4,692,109円
5.3~5,4万km
2件
248~258万円
253万円
54%

※新車価格=当時の価格

【5年後の平均リセール】
ガソリン64% ★★★★☆
ハイブリッド54% ★★★☆☆

フルモデルチェンジを挟んだ5年落ちハリアーの平均残価率はガソリンは64%、ハイブリッドが54%です。

この数値はこれからローンやリースで車を買う人にとっての一つの目安になります。

つまり80系(R2年発売)は暫くフルモデルチェンジはないので、これから5年先を想定しても上記の残価率を下回ることはまずないと考えられるからです。

それほどフルモデルチェンジがリセールに与える影響は大きく、車種によっては大きく下がる要因となります。

ハリアーは比較的リセールバリューの高い車種なので、モデルチェンジがあってもこの程度で済んでいるという表現の方が正しいです。

 

7年後の残価率49%:★★★☆☆

7年落ちのハリアーについて見ていきます。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月のオークションデータを参照
  • 平成26年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故歴なし、内外装状態良好として
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ガソリン】
グランド(2WD)2,720,000円
6.2~9.2万km
3件
150~180万円
165万円

61%
グランド(4WD)2,909,000円
8.0万km
1件
176万円
61%
エレガンス(2WD)2,800,000円
5.0~10.0万km
146件
155~220万円
165万円
59%
エレガンス(4WD)2,989,000円
5.0~10.0万km
33件
145~195万円
170万円
57%
プレミアム(2WD)3,050,000円
5.0~10.0万km
105件
145~210万円
170万円
56%
プレミアム(4WD)3,239,000円
5.5~9.9万km
20件
145~190万円
165万円
51%
プレミアムアドバンスドパッケージ(2WD)3,600,000円
5.0~10.0万km
74件
140~220万円
176万円
49%
プレミアムアドバンスドパッケージ(4WD)3,789,000円
5.1~10.0万km
15件
155~195万円
180万円
48%
【ハイブリッド】
グランド(4WD)3,610,000円
5.2~9.8万km
3件
133~165万円
145万円
40%
エレガンス(4WD)3,670,000円
5.0~9.5万km
71件
133~200万円
160万円
44%
プレミアム(4WD)3,920,000円
5.0~9.3万km
43件
144~220万円
177万円
45%
プレミアムアドバンスドパッケージ(4WD)4,470,000円
5.2~9.8万km
130件
165~240万円
180万円
40%
※新車価格=当時の価格
【7年後の平均リセール】
ガソリン55% ★★★★☆
ハイブリッド42% ★★★☆☆

年々ガソリンとハイブリッドのリセール差は大きくなります。

新車から7年乗ることを想定した場合、ガソリンの方がコスパが高そうだと言えます。(走行距離によるが)

 

10年後の残価率:18%

30系【H15/2~H25/11】(参照元:グーネット)

10年落ちのハリアーについて見ていきます。

キノさん
10年落ちは30系。今となっては古い顔になりましたね。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月のオークションデータを参照
  • 平成23年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故歴なし、内外装状態良好として
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ガソリン】
240G(2WD)2,667,000円
8.5万km
1件
45万円
17%
240G(4WD)2,919,000円
10.6~11.6万km
2件
60万円
21%
240G Lパッケージ(2WD)2,803,500円
8.7~12.9万km
8件
40~78万円
60万円
21%
240G Lパッケージ(4WD)3,055,500円データなし
240GプレミアムLパッケージ(2WD)3,003,000円
9.1~11.6万km
3件
50万円
17%
240GプレミアムLパッケージ(4WD)3,255,000円
9.9万km
55万円
17%
【ハイブリッド】
ベースグレード4,221,000円データなし
Lパッケージ4,546,500円
8.1~12.0万km
6件
78~85万円
80万円
18%
プレミアムSパッケージ4,756,500円
9.8~12.8万km
5件
67~78万円
70万円
15%

※新車価格=当時の価格

【10年後の平均リセール】

ガソリン19%
ハイブリッド17%

10年落ちハリアーは走行距離がどれだけ走っていても、新車価格の15~20%ぐらいでは買取ができます。

7年落ち→10年落ちにおけるリセールの落差がすごいことがわかります。

 

7年を過ぎるとリセールが急降下

ここまでのリセール結果を一旦まとめます。

経過年数ガソリンハイブリッド
1年落ち
R2年式
96%98%
R2/6:80系にフルモデルチェンジ
3年落ち
H30年式
74%
★★★★☆
70%
★★★☆☆
H29/6:60系後期にマイナーチェンジ
5年落ち
H28年式
64%
★★★★☆
54%
★★★☆☆
7年落ち
H26年式
55%
★★★★☆
42%
★★★☆☆
10年落ち
H23年式
19%17%

フルモデルチェンジがあったにもかかわらず、3年落ちが70%台は高いリセールだと言えます。

ハリアーのリセールの特徴は、7年落ちまではケニアに一定の価格で中古車輸出される為、比較的高いリセールが維持されます。

しかし7年を超え8年落ちに入ると一気にリセールが落ちるので注意が必要。(60系の8年落ちは今のところまだ落ちていません)

 

また今回の結果から、ハイブリッドはリセールこそガソリンに劣りますが、燃料代などの維持費も含めて考えた場合、一定の理があるとも言えます。

最終的な判断は難しいところですが、決してガソリンモデルが一辺倒で有利ではないことは確実です。

リセールが高いおすすめのグレード

まずガソリンとハイブリッドですが、当然走行距離に関係します。

走行距離が多いならガソリンでもデメリットが少なく、多いならハイブリッドの方がメリットを強く感られるでしょう。

結論としてハリアーは新車から7年で手放すのがおすすめですが、7年落ちに近づくほどガソリンとハイブリッドのリセール差は開く傾向にあります。

なのであまり乗らない(走行距離の伸びない)、かつ頻繁に買い換えない場合、リセールが維持費のメリットを上回る為ガソリンの方がおすすめ。

筆者としてはハイブリッドを選ぶ場合は最低でも頻繁に車に乗る(走行距離が多い)という方が検討した方がメリットが大きいと思います。

グレードは「G」か「Z」

新車を買う際のおすすめのグレードは「G」か「Z」です。

理由は複合的なものになります。まず60系ハリアーの7年落ち時点における人気・コスパの良いグレードはエレガンスだと言われています。

つまり出口を輸出まで考えた場合あまりハイグレードであればあるほど高く売れるかというと、そうではない面があるんですね。

また60系の傾向から行くとレザーシートはあまりリセールに影響していません。(ハリアーが人気なケニアの特徴)

ということで、5年~7年は最低でも乗る場合、最もコスパがよくなるのは「G」か「Z」というのが筆者の予想です。

ちなみにトヨタの下取りは同じトヨタ車であれば強い時もありますが、基本的には弱めです。(各ディーラー店舗によって異なる面もあり)

下取り車を高く売りたいなら必ず買取専門業者に査定だけでもしてもらう様にしましょう。

キノさん
実体験としては100万円台の下取りで20~30万円、200万円台では40万円ぐらいの差が出ます。(最大で)

【査定は業者の数が多いほど有利】おすすめはカーセンサーの一括査定

買取専門店に査定をしてもらうなら、業者数が最も多いカーセンサーの一括査定がおすすめです。

多いと逆に査定の立ち合いなどが大変な様に感じますが、聞けば概算金額を事前に教えてくれるのでそこで業者を厳選すれば問題ありません。

概算金額が高く、安心して任せられそうな業者数社にだけ実車査定を依頼すればOK。

ポイントとして引渡し時期を次の車の納車に合わせる形で価格を出してもらうのがおすすめです。

アシスタント
サポート
代車を出してくれる業者もいます。必ず事前に伝えておきましょう。
\ 【査定は無料】下取りだけで大丈夫? /
カーセンサーに車査定を依頼する

 

リセールの高い中古車の買い方

ハリアーの中古車を検討している方は、60系ハリアーのZSU系(ASU系)を狙うといいと思います。

理由は走行距離が多くても、例え車両状態が悪く(事故修復歴有り)でも、ケニア🇰🇪への中古車輸出の需要で高く売れるからです。

なのでZSU系ハリアーの前期でも後期でも安いモデルを買うといいと思います。

ちなみにグレードはエレガンスでも全然OK。

プレミアムやプレミアムアドバンスドパッケージに比べ、エレガンスがタマ数も多い為、探しやすいという利点もあります。

【4年落ち・60系前期の中古車(安い順)】

ハリアー中古
カーセンサーより

前期モデルの場合は7年落ちまで3年間しか乗れませんが、150~200万円の間では売れるのでほぼほぼ損失なく3年間は乗れることになります。

ポイントはASU系ではなく、ZSU系を買うことです。

【ハリアーの中古車を探すなら】非公開車両もチェックしよう

ハリアーの中古車を探すなら、ガリバーの中古車検索サービスも上手く活用しましょう。

一般市場に公開される前の「非公開車両」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に誰よりも早くリーチできます。

車は約500台が毎日入れ替わるので、今はなくても急に希望の車が入庫してくる可能性もあり、リクエストを出しておく価値は十分にあります。

更に10年保証で納車後の返品OK、最短で即日の連絡、専任の担当者付き。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるリスクの低い内容。

年間20万台を買い取るガリバーから最新情報をもらいながら中古車探しができるので、自分で探すのと並行すれば効率的に進められます。

\ 【登録は無料】希望の車があるかも /
ハリアーの非公開車両を見る

リセールに影響するオプションや装備

装備の差

ハリアーのリセールバリューに影響するオプションや装備、色について見ていきます。

 

ナビ

現行型ハリアーのナビは、

  • 「S」:DA(ディスプレイオーディオ)標準装備
  • 「G」「Gレザー」:8インチDA標準、メーカーオプション(+37万円)で12.3インチSDナビ+JBLプレミアムサウンドに変更可
  • 「Z」「Zレザー」:12.3インチSDナビ+JBLプレミアムサウンド標準

となっています。

選択の余地があるのは「G」「Gレザー」のみとなりますが、そこまで売れ筋のグレードではないのでどちらがいいかについては省略します。

 

ボディカラー

現行型ハリアーの売れている色の分布とリセールの違いは下記の通り。

台数シェア平均相場
パールホワイト(070)64台(49%)355万円
黒(202・219)64台(49%)347万円
その他2台(2%)278万円

※N=130 ガソリンモデル

全体の98%がパールホワイトか黒です。

リセールは若干パールホワイトの方が高そうですが、あくまで平均なので装備によって左右される部分も出てくるかなという感じ。

その他の色がリセール低いですが、母数が少なくグレードの偏りもあるのであくまで傾向として。

同じグレードで見たらここまで低くはならないでしょう。

アシスタント
サポート
とはいえパール・黒以外を選択するのはかなりレア。

 

調光パノラマルーフ・エアロ

ここは今回のハリアーで一番重要なところになります。

何せ2つつけると50万円のオプションになる上、調光パノラマルーフはメーカーオプションなので後付けもできません。

後悔のない選択をしたいですよね。

ここに関しては、別途noteにて細かく記載しています。

調光パノラマルーフとモデリスタエアロのリセール検証結果と、筆者が選ぶ最もコスパの高いハリアーの仕様について解説しています。

≫【note】”買うならこれがおすすめ”ハリアーの将来最もリセールが見込める仕様

ハリアーの中古車輸出

最後にハリアーの輸出についてちょろっとお話しします。

ハリアーのリセールバリューに大きな影響を与えているのは、ケニア🇰🇪への中古車輸出です。

ケニアは登録から7年落ちの車両までが行ける国。

現在で言うと平成26年式までが該当します。

 

ちなみにZSU60系はケニアの他、

  • マレーシア🇲🇾(登録から12ヵ月~59ヵ月まで)
  • バングラデシュ🇧🇩(登録から5年まで)
  • ロシア🇷🇺(登録から7年まで)
  • 香港(規制なし)

の比較的高額で輸出されている国にも行っています。

しかしメインとなるのはケニアです。

 

ちなみにASU60系は、

  • マレーシア🇲🇾(登録から12ヵ月~59ヵ月まで)
  • ロシア🇷🇺(登録から7年まで)

のみでケニアには行っていません。

 

ハリアーハイブリッドは、

  • パキスタン🇵🇰(登録から5年まで)
  • バングラデシュ🇧🇩(登録から5年まで)
  • ロシア🇷🇺(登録から7年まで)
  • ケニア🇰🇪(登録から7年まで)

なのでハリアーハイブリッドもリセールは安定的であると言えます。

まとめ

以上、ハリアーのリセールバリューについて解説しました。

基本的にリセールはかなり良い方の車種ですね。

頭にも書きましたが、今の3年落ちや5年落ちはフルモデル/マイナーチェンジ前のモデル。

現行モデルが3年落ち・5年落ちの時はもっと高いリセールがあります、フルモデルチェンジはそうそうないですからね。

 

当ブログでは役立つ情報発信が主ですが、車の買取相場や乗換えに関する個別のご相談も承っています。

正しい知識を持って下取り車を高く売却することと、次の車のリセールバリューを高めることで車にかける費用を劇的に少なくさせることができます。(数十万〜数百万円)

これからカーライフの質を少しでも上げていきたい方はぜひご相談ください。

ココナラ

今お持ちの車の「売却に関するお悩み」から「新しい車の購入に関するお悩み(グレードやオプション)」まで、乗換えに関する課題…

(内容に合わせてカスタマイズが可能です。)

 

それでは本記事は以上です。最後までお読み頂きありがとうございました。