RAV4のリセールと残価率を中古車査定士が詳しく解説!

RAV4のリセール・残価率を詳しく紹介!今最もおすすめな車である理由

  • RAV4のリセールってどうなの?
  • リセールの高いグレードやオプションは?

こんな疑問をお持ちではないでしょうか。

こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。

今回はトヨタ/RAV4のグレード別のリセールバリュー(残価率)とリセールが高くなる仕様について詳しく解説します。

RAV4のリセールが気になる方は参考にしてみてください。

本記事をまとめると・・・
  • RAV4のリセールバリューはかなり高い。ガソリンの他全モデルが高残価率
  • 人気のグレードに偏りあり。基本的には最上位グレードがおすすめ
  • オプションの違いはあまり影響しない。色とグレードが合っていればほぼOK

今乗り換えを検討している人は「車査定比較.com」で無料査定をしてみませんか?コロナの影響で中古車相場が上がっており、今は高額査定が出る絶好のタイミング!

必要な情報を入力するだけで今の相場がすぐにわかります。更にあなたの車が得意な専門業者が査定をする為、下取りや他店の査定額より50万円以上高くなる可能性も!

まさかの買取額が新車価格を超えるケースも!まずは無料査定で相場を把握しよう☆

\毎月相場が上昇中!今の相場をチェック/
無料査定で愛車の相場を調べる

【結論】RAV4のリセールバリュー

ヴェゼルのリセールバリュー

RAV4の経過年数別のリセールを記載します。

残価率とは買取価格/新車価格(%)で値持ちの良さを表します。
経過年数
モデル
残価率/買取額
ガソリン
残価率/買取額
ハイブリッド
3年落ち/R1年
50系
108%/335万円
★★★★★
102%/385万円
★★★★★
(PHVの残価率/買取額は97%/487万円)
H31/4:50系にフルモデルチェンジ
5年落ち/H29年
30系
62%/142万円
★★★★☆
7年落ち/H27年
30系
54%/125万円
★★★★☆
10年落ち/H24
30系
19%/45万円
★★★☆☆

※買取額は全グレードの平均を記載

キノサン
3年後の残価率が108%とは、新車が1000万円の車の3年後の買取額が1080万円であることを意味します。
 結論:RAV4のリセール

RAV4のリセールバリューはかなり高いです。

ガソリンとハイブリッドの他、PHVモデルのリセールも高いと言え、現行モデルのRAV4は今の所隙がない車と言えるでしょう。

 リセールバリューのポイント

人気のグレードにはやや偏りがあります。

ガソリンモデルならアドベンチャー(オフロードパッケージを含む)、GZパッケージ等の上位グレードがおすすめ。

ハイブリッドもG又はアドベンチャーの上位グレードがおすすめです。

PHVモデルは今のところ全グレードが高いリセールで推移。

また発売間もないモデルですが、PHVも強いとなると車種として本当に隙なしですね。

 リセールの高い人気の仕様

色ですが、ガソリンはパールホワイトがなく、クロとカーキが人気です。

ハイブリッドの場合はパールホワイトが最もリセールが高いです。

そして装備はフルオプションである必要はありません。

ディスプレイオーディオ(DA)とバックモニターでも十分高値で売れるので、グレードを大事に、あとは予算次第で組むのを意識しましょう。

詳しくは記事後半をご確認ください。

 RAV4は中古車もおすすめ!
RAV4は新車ではなく中古車から入っても、高いリセールバリューの恩恵を受けられる車です。
拘るべきポイントはグレードと価格で、走行距離や装備はある程度捨ててしまってもOK。
そして将来的な売り時は7年落ちまで。
おそらく7年落ちと8年落ちの境目で、リセールが大きめに落ちるはずなので、中古車のRAV4の売り時は7年落ちまでがおすすめです。

RAV4の中古車を探すなら業者の非公開在庫もチェックしよう!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを上手く活用しましょう。

一般市場に公開される前の「非公開在庫」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に早くリーチできます。(登録は無料)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスです。

キノサン
いい車は早い者勝ち。欲しい車がある人は早めの登録がおすすめ☆
\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
RAV4の非公開在庫を見る

 

経過年数/グレード別のリセール

50系【H31/4~現在】(参照元:グーネット)

新車から3年・5年・7年・10年後のリセール(残価率)をグレード別に記載します。

【調査条件・環境】
・過去3ヵ月のオークションデータ
・装備と色は絞り込みなし
・事故歴なし車両状態良好として

▼関連記事
≫車を高く売るなら『査定士はどこを見ている?車の評価が高くなる意外なポイント』をチェック

3年後のリセール:残価率102%

3年落ちの50系前期モデルから算出。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
X(2WD)2,608,200円
3.2万km
46件
285万円
109%
X(4WD)2,835,000円
2.8万km
14件
305万円
108%
アドベンチャー(4WD)3,137,400円
2.9万km
267件
340万円
108%
G(4WD)3,202,200円
2.9万km
145件
350万円
109%
G Zパッケージ(4WD)3,348,000円
2.7万km
249件
375万円
112%
アドベンチャーオフロードパッケージ(4WD)3,460,000円
1.9万km
5件
353万円
102%
【ハイブリッドモデル】
ハイブリッドX(2WD)3,202,200円
2.8万km
17件
310万円
97%
ハイブリッドX(4WD)3,450,600円
3.9万km
12件
340万円
99%
ハイブリッドG(4WD)3,817,800円
3.4万km
307件
395万円
103%
ハイブリッドアドベンチャー(4WD)4,106,000円
0.1万km
4件
450万円
110%
【PHVモデル】
G4,690,000円
0.3万km
3件
430万円
92%
G_Z4,990,000円
0.8万km
8件
520万円
104%
ブラックトーン5,390,000円
1.2万km
10件
510万円
95%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【現行型〜3年後の残価率/平均買取額】

ガソリンモデル108%/335万円
ハイブリッドモデル102%/385万円
PHVモデル97%/487万円

 

5年後のリセール:残価率62%

5年落ちの30系から算出。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
スタイル(2WD)2,211,429円
5.5万km
1件
150万円
68%
スタイル(4WD)2,427,429円
8.7万km
11件
133万円
55%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【5年後の残価率/平均買取額】

62%/142万円

 

7年後のリセール:残価率54%

7年落ちの30系から算出。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
スタイル(2WD)2,211,429円
3.1~13.6万km
14件
105~135万円
125万円
57%
スタイル(4WD)2,427,429円
2.4~8.1万km
8件
115~133万円
126万円
52%
スタイル Sパッケージ(2WD)2,365,714円
2.9~9.9万km
6件
110~135万円
125万円
53%
スタイル Sパッケージ(4WD)2,581,714円
3.5~12.0万km
10件
125~145万円
135万円
52%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【7年後の平均残価率】

54% ★★★★☆

 

10年後のリセール:残価率19%

10年落ちの30系から算出。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
X(2WD)2,020,000円
1.8~5.6万km
2件
45万円
22%
X(4WD)2,230,000円
5.9~32.0万km
4件
20~40万円
30万円
13%
スタイル(2WD)2,200,000円
3.5~22.9万km
16件
25~50万円
45万円
20%
スタイル(4WD)2,410,000円
5.0~14.0万km
7件
45~60万円
50万円
21%
スポーツ(4WD)2,590,000円
3.6~14.2万km
7件
35~80万円
55万円
21%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【10年後の平均残価率】

19%
関連記事

10年落ちの車のリセールってどれくらい?10年乗っても高く車ってあるの?本記事はこんな疑問をお持ちの方におすすめです。こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回は「車の10年後のリセールバ[…]

車の10年後のリセールバリューってどんな感じ?詳しく調査してみた

 

リセールが大きく落ちる年数

ここまではグレード別のリセールバリューの紹介になりましたが、ここからは1年毎のリセールの変化を代表グレードにて紹介します。

グレード:アドベンチャー(ガソリン)

モデル
(平均走行距離)
平均買取額
(前年比)
当年もの/50系
(0.3万km)
385万円
1年落ち/50系
(1.3万km)
370万円
(−15万円)
2年落ち/50系
(2.3万km)
340万円
(−30万円)
3年落ち/50系
(3.0万km)
350万円
(+10万円)
フルモデルチェンジ:30系→50系
4年落ちデータなし
5年落ちデータなし
6年落ち/30系
(8.1万km)
135万円
(−215万円)
7年落ち/30系
(7.0万km)
155万円
(+20万円)
8年落ち/30系
(6.3万km)
110万円
(−45万円)
9年落ち/30系
(9.6万km)
90万円
(−20万円)
マイナーチェンジ:30系前期→後期
10年落ち/30系
(11.2万km)
60万円
(−30万円)

大きく見て現行RAV4(50系・ガソリン)の買取額は300万円台中盤、30系RAV4の買取額は100~150万円と見ることができます。

現行RAV4は1番古いもので3年落ちになりますが、年式に依らず300万円台中盤で買取額は安定しています。

これは中古車の輸出需要が多くある為で、年式に依らず買取相場が安定しているのは売る側からすればメリットと言えるでしょう。

個人的に現行RAV4の売却のタイミングは、5年落ちの年だと思っています。

輸出国によっては5年落ちと6年落ちの買取額の差が大きいので、2回目の車検前に乗換えを検討するのがおすすめです。

≫高額査定なら「車査定比較.com」がおすすめ

 

RAV4のリセールバリューのポイント

RAV4のリセールのポイント

ここからはRAV4のリセールバリューの高い仕様、リセールが高くなる買い方について紹介します。

まずは色(ボディカラー)。

リセールバリューの高い色

車の色はリセールにも影響します。

オークション相場から調べた、色によるリセール差が下記になります。

【ガソリンモデル】

台数/走行距離平均価格
<アドベンチャー>
クロ167台/2.8万km325万円
カーキ147台/2.7万km333万円
グレー32台/2.3万km329万円
その他(アオ、アカ)41台/2.1万km318万円
<GZパッケージ>
パールホワイト214台/2.6万km355万円
クロ99台/2.2万km337万円
グレー24台/2.2万km333万円
その他(アオ、アカ、シルバー)24台/1.7万km326万円

【ハイブリッドモデル】

台数/走行距離平均価格
パールホワイト233台/3.1万km370万円
クロ87台/3.3万km359万円
グレー32台/3.7万km363万円
シルバー17台/3.8万km361万円
アカ23台/3.8万km352万円
コン14台/3.1万km340万円

※ハイブリッドGにて n=406

ガソリンのアドベンチャーはカーキ、GZパッケージはパールホワイト、ハイブリッドではパールホワイトが最もリセールの高い色です。

逆に全体的にアオ、アカなどが最もリセールバリューが低くなる色だと言えます。

特に色にこだわりがない場合は、リセールバリューを考慮して色を選択してみても良いのではないでしょうか。

 

リセールの高いオプション

RAV4のリセールが高くなるオプションとしては、

  • パノラマムーンルーフ(143,000円)
  • モデリスタエアロ(196,900円)

を中心に考えると良いでしょう。

しかし必須という訳ではなく、あったらプラスには評価される程度。

これら装備のない車でも高いリセールが出ている例もあるので、予算と合わせて考える様にしてください。

その他のオプションとして、

  • ハンズフリーパワーバックドア(77,000円)
  • デジタルインナーミラー(44,000円)
  • パノラミックビューモニター(60,500円)

などがありますが、そこまでリセールに影響を及ぼしません。

こちらも予算や実用性を考えながら付けるのがおすすめです。

 

査定士お薦め‼︎車を高く売る方法

「ディーラーの下取額に満足してしまっていませんか?」

ディーラーの下取りと中古車買取サービスを比較した場合、90%以上の確率で10万円以上、中古車買取サービスの方が高く買取りができます。

キノサン
中には100万円近く下取りより高く買取できるケースも。

それにも関わらず日本では”ディーラー(下取り)でしか車を売った経験がない”という人が全体の約70%と言われており(矢野経済研究所より)

中古車買取サービスを使わないのはもったいない、というのが買取店の中の人の感想です。

そこで今回は、中古車買取店のスタッフが自分の車を売る際に使う「おすすめの買取サービス」を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

【すぐに手放せる人向け】その日に最高額がわかる!リアルタイムで競り上がる「オークション形式」

価格だけを追い求める場合、車売却のトレンドとして「オークション形式」が増えています。(実際に価格も競り上がるので高い)

「オークション形式」とは、最初に1度の査定をして、そのデータに対し複数の業者がWeb上でオークションの様に入札してくる方式のこと。

オークションの結果が満足いく価格に達しなかった場合は無料でキャンセルもできます。

現在このサービスが利用できるのは、楽天Carオークションユーカーパックの2社のみ。

メリットは買取額が高いこと、デメリットはエリアが限定されること(地方は一部不可)、早めに車を手放さなければいけないことになります。

キノサン
ユーカーパックは落札後の入金確認から8日以内に車の引き渡し。
アシスタント
サポート
楽天は1ヵ月の猶予があるので、楽天の方が余裕を持てますね。

入札業者数はユーカーパックが多い(8,000社)ですが、楽天はポイントが貯まったり余裕を持てたりと一長一短です。(楽天の業者数は2,000社)

価格は期待できるので「すぐに手放せる人」にはおすすめです。※査定が一度だけなのも楽。

≫楽天Carオークション

≫ユーカーパック

 

【すぐに手放せない人向け】暫く先の売却でも問題なし!引渡し時期などの融通が利く「車査定比較.com」

しかし実際には「すぐに車を引き渡せる人」ばかりではないですよね。

  • 車の納車時期がはっきりしていない…
  • 次に買う車で迷っている…
  • 買取額を元にディーラーと商談したい…

という人もいるのではないでしょうか。

そんな時は、引渡し時期など条件を買取業者と細かく調整できる車査定比較.comがおすすめ。

このサービスは登録している全国295の買取業者の中から、その車に適した買取業者最大10社に一括で査定依頼ができるというもの。

カスタマーサポートチームも設置されており、

  • 「売却先が決まったので査定依頼をやめたい」
  • 「個人情報はしっかり守られるのか」

という様な要望や疑問にもきっちり対応してくれるので安心。

査定を依頼後、車の買取相場が画面に表示されるので、相場を予め把握した状態で査定に臨むことができ安く手放してしまう心配もありません。

実際の価格や条件は各業者によって異なるので、担当者の話を聞きながら最も条件の良い業者を選ぶようにしましょう。

≫車査定比較.com

 

【外車/輸入車をお持ちの方向け】専門店の査定額はここまで違う!輸入車買取専門の「輸入車.com」

外車/輸入車を高く買取してもらおうと思ったら、輸入車買取専門店に査定を依頼するのが鉄則。

筆者のおすすめは全国対応可能な輸入車.comです。

一般的な中古車買取店は輸入車を買取りした後、業者オークションに出品するのが普通の流れ。

その為買取額として出せるのはオークションで利益が出る範囲内までとなります。

しかし輸入車.comは直営販売店も持っているのでそのまま店頭に並べることができ、オークション相場を無視した高額提示が可能に。

特に状態の良い車であるほどその差は大きくなります。大事に乗ってきた車だからこそ、しっかりと評価できるお店に見てもらいましょう。

≫輸入車.com

 

中古車を購入する際のポイント

RAV4の中古車のポイント

リセールが落ちにくいRAV4は即納という大きなメリットがある中古車を狙うのもおすすめです。

中古車でリセールバリューを高くする際のポイントは7年落ちを出口と考えることになります。

兄弟車のハリアーと同じ様に考えると、7年落ちと8年落ちの差が大きくなると予想され、7年落ちで手放すのが一つポイントとなります。

3年落ちを買うと4年しか乗れないことになるので、長く乗りたい場合は2年落ちや1年落ちを検討するのも良いでしょう。

色やグレードはこれまでお伝えしたような人気色、人気グレードを選ぶのがおすすめです。

当然乗り潰すなら、リセールを考える必要はなく色やグレードは自由に選んでOKです。

【RAV4の中古車を探すなら】業者の非公開在庫を上手く活用しよう!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを上手く活用しましょう。

一般市場に公開される前の「非公開在庫」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に早くリーチできます。(登録は無料)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスです。

キノサン
いい車は早い者勝ち。欲しい車がある人は早めの登録がおすすめ☆
\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
RAV4の非公開在庫を見る

 

RAV4の中古車輸出について

RAV4の輸出国を型式別に紹介します。

型式仕向国
【50系】
MXAA54(4WD)
ガソリン
マレーシア
キプロス
バングラデシュ
ロシア
ケニア
ガイアナ
南アフリカ共和国
AXAH54(4WD)
ハイブリッド
バングラデシュ
ロシア
ケニア
NZ
ガイアナ
【30系】
ACA31W(2WD)マレーシア
パプアニューギニア
ケニア
ロシア
スリナム
セントビンセント
タンザニア
モザンビーク
南アフリカ共和国
ニュージーランド
チリ
UAE
セントルシア
ガイアナ
トンガ
ACA36W(4WD)パキスタン
パプアニューギニア
ジャマイカ
ケニア
ロシア
スリナム
サモア
タンザニア
南アフリカ共和国
UAE
モザンビーク
ニュージーランド

マレーシア、ロシア、バングラデシュ、ケニアの高単価輸出国に行っているのがポイントです。

マレーシアとバングラデシュは5年落ちまで、ロシアとケニアは7年落ちまで行けます。

現行RAV4はまだ古くて3年落ちなので、輸出国の情報は今後詳しく出てくるでしょう。

マレーシアへの輸出専門の買取業者

マレーシアはアルファードやヴェルファイアを主とした日本からの中古車が高値で輸出されている国です。

RAV4もガソリンの4WDモデルがマレーシアへの輸出対象となっており、高いリセールの裏には同国への輸出が絡んでいる可能性があります。

それを見越すとマレーシア行きの車を専門に買取しているENGに売却の際は査定を依頼するのがおすすめ。

マレーシア行きだとすると、オークションに出品する通常の買取店よりは高い買取額になることは間違いありません。

無料査定フォームには「RAV4」の項目がまだないので、車種はその他で、車台番号等をしっかり入力する様にしてください。

≫ENGの無料査定はこちら

 

まとめ

以上、RAV4のリセールバリューと残価率についての解説でした。

RAV4はガソリンもハイブリッドも(なんならPHVも)リセールが高く、またオプションもそんなに複雑ではない、非常に優しい車です。

グレードだけ気をつければ、色を多少適当に買っても十分高いリセールバリューが出ることは間違いないでしょう。

盤石な輸出の需要があり、今は国内需要も多いので、かなりおすすめな1台です!

それでは本記事は以上です。

良いカーライフを。

≫【関連記事】リセールバリュー・残価率の高い車ランキング