ジムニーシエラのリセールと残価率を中古車査定士が詳しく解説

  • ジムニーシエラのリセールってどうなの?
  • リセールの高いグレードやオプションは?

こんな疑問をお持ちではないでしょうか。

こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。

今回はスズキ/ジムニーシエラのグレード別のリセールバリュー(残価率)とリセールが高くなる仕様について詳しく解説します。

人気の色やどっちのグレードが良いのかについても詳しく紹介します。

本記事をまとめると・・・
  • ジムニーシエラは発売から4年経った今も、残価率100%超えの驚異的車種
  • おすすめのグレードはATのJC。当年ものは海外へ輸出されており世界的な人気
  • リセールの高い色やオプションも特に制約がない、非常にコスパの高い車!

今乗り換えを検討している人は「車査定比較.com」で無料査定をしてみませんか?コロナの影響で中古車相場が上がっており、今は高額査定が出る絶好のタイミング!

必要な情報を入力するだけで今の相場がすぐにわかります。更にあなたの車が得意な専門業者が査定をする為、下取りや他店の査定額より50万円以上高くなる可能性も!

まさかの買取額が新車価格を超えるケースも!一括査定で買取最高額を引き出そう☆

\ 250万人以上が利用の安心の一括査定
無料査定で愛車の相場を調べる

【結論】ジムニーシエラのリセール

ジムニーシエラのリセールバリュー

ジムニーシエラの経過年数別のリセールは下記となります。

残価率とは買取価格/新車価格(%)で値持ちの良さを表します。
経過年数
モデル
残価率/買取額
3年落ち/R1年
JB74系
132%/253万円
★★★★★
H30/7:JB74系にフルモデルチェンジ
5年落ち/H29年
JB43系
80%/144万円
★★★★★
7年落ち/H27年
JB43系
55%/97万円
★★★★☆
10年落ち/H24
JB43系
51%/85万円
★★★★☆

※買取額は全グレードの平均を記載

キノサン
3年後の残価率が132%とは、新車が1000万円の車の3年後の買取額が1320万円であることを意味します。
 結論:ジムニーシエラのリセール

ジムニーシエラのリセールは発売から4年が経った現在も、全てのグレードが残価率100%超えと脅威の高さを誇ります。

当年ものはタイや香港に輸出されていると言われており、このリセールの高さは国内需要だけでなく世界の需要からできています。

5年落ちの旧型でさえ、残価率が平均80%もある驚異的にリセールが高い車種と言えるでしょう。

 ジムニーシエラのおすすめのグレード・仕様は?

そんなジムニーシエラの中でも最もリセールが高いのが、ATのJC。

装備はナビぐらいで特に色々つける必要はありません。
色もこれと言った特定の色がリセールが高い訳ではなく、パールホワイト、クロ、グレー、グリーンなど、無難な色はほぼ高リセールです。

とにかくタマさえあれば高く売れる状況で、非常にコスパの良い車と言えるでしょう。

 ジムニーシエラの中古車を買う時のポイント!

ジムニーシエラの中古車を狙う場合のポイントは、とにかく年式に拘らないこと。

リセール自体は年式が古くても大して変わらないので、年式が多少古くても購入価格が安い車の方がお得です。

輸出中心とは言えども走行距離はリセールに影響するので、年式は多少古くても走行距離が少なく、値段が安い車を探しましょう。

【ジムニーシエラの中古車を探すなら】ガリバーの中古車検索サービスなら欲しい中古車がすぐに見つかる!
”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを上手く活用しましょう。

一般市場に公開される前の「非公開在庫」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に早くリーチできます。(登録は無料)

車は毎日約500台が入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性はある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスです。

キノサン
いい車は早い者勝ち。欲しい車がある人は早めの登録がおすすめ☆
\ 【登録は無料】非公開在庫からも探せる /
中古車検索サービスを登録する

 

経過年数/グレード別のリセール

ジムニーシエラのグレード別のリセール

3年後のリセール:残価率132%

3年落ちのJB74系より算出。

JB74系【H30/7~現在】(参照元:goonet)
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
JL(MT)1,802,520円
1.3万km
4件
230万円
128%
JL(AT)1,899,720円
1.9万km
3件
240万円
126%
JC(MT)1,922,400円
2.9万km
26件
255万円
133%
JC(AT)2,019,600円
2.6万km
79件
286万円
142%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【3年後の残価率/平均買取額】

132%/253万円

 

5年後のリセール:残価率80%

5年落ちのJB43系より算出。

JB43系【H14/1~H26/8】(参照元:goonet)
グレード新車価格
走行距離
データ数
平均買取額
残価率
ベースグレード(MT)1,668,600円データなし
ベースグレード(AT)1,779,840円
2.3万km
1件
155万円
87%
ランドベンチャー(MT)1,758,240円
4.5万km
9件
133万円
76%
ランドベンチャー(AT)1,869,480円
4.1万km
3件
145万円
78%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【5年後の残価率/平均買取額】

80%/144万円

 

7年後のリセール:残価率55%

7年落ちのJB43系より算出。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
ベースグレード(MT)1,668,600円
6.4万km
3件
85万円
51%
ベースグレード(AT)1,779,840円
10万km
6件
90万円
51%
ランドベンチャー(MT)1,713,960円データなし
ランドベンチャー(AT)1,825,200円
5.3万km
3件
115万円
63%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【7年後の残価率/平均買取額】

55%/97万円

 

10年後のリセール:残価率51%

7年落ちのJB43系より算出。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
ベースグレード(MT)1,590,750円
3.9万km
1件
90万円
57%
ベースグレード(AT)1,698,900円
6.9万km
2件
85万円
50%
クロスアドベンチャー(MT)1,655,850円
13万km
3件
75万円
45%
クロスアドベンチャー(AT)1,764,000円
5.9万km
5件
90万円
51%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【10年後の残価率/平均買取額】

51%/85万円

 

リセールが大きく落ちる注意年数

リセールバリュー(残価率)は、毎年均一に落ちる訳ではなく、価値が落ちやすいところを避けて売却(乗換え)した方が有利です。

その為1年でどのくらいのリセールが落ちているのか、大きく落ちている年数はどこなのかを調査します。

ここがわかればどんな車も可能な限り損失を抑えて乗ることができるので、車種選択の幅が一気に広がります。

※グレードは「JC(AT)」で調査

経過年数/モデル
(平均走行距離)
平均買取額
(前年比)
当年もの/JB74系
(0.1万km)
285万円
1年落ち/JB74系
(0.6万km)
280万円
(−5万円)
2年落ち/JB74系
(1.4万km)
275万円
(−5万円)
3年落ち/JB74系
(2.6万km)
285万円
(+10万円)
4年落ち/JB74系
(3.3万km)
285万円
(±0)
H30/7:JB74系にフルモデルチェンジ
4年落ち/JB43系
※グレード:ランドベンチャー
(2.9万km)
160万円
(−125万円)
5年落ち/JB43系
(4.4万km)
135万円
(−25万円)
6年落ち/JB43系
(4.3万km)
130万円
(−5万円)
7年落ち/JB43系
(5.3万km)
115万円
(−15万円)
8年落ち/JB43系
(5.3万km)
120万円
(+5万円)
9年落ち/JB43系
※グレード:クロスアドベンチャー
(8.3万km)
100万円
(−20万円)
10年落ち/JB43系
(8.6万km)
85万円
(−15万円)

中々隙のない高いリセールバリュー。

フルモデルチェンジのところの以外は目立ってリセールが大きく落ちるところがありません。

現行モデルはずっと200万円台後半をキープできており、年式や走行距離にかかわらず残価率が100%を超えています。

前型のランドベンチャーの買取相場がずっと100万円台をキープしているのも驚異的です。

 

ジムニーシエラのリセールのポイント

ジムニーシエラのリセールのポイント

次にジムニーシエラのリセールバリューの高い仕様とリセールが高くなるポイントについて紹介します。

まずはリセールの高いボディカラー(色)について。

リセールバリューの高い色

車のボディカラーはリセールにも影響します。

オークション相場から調べた、色によるリセール差が下記です。

台数/走行距離平均価格
パールホワイト74台/1.2万km285万円
クロ111台/1.1万km280万円
ミドリ114台/1.4万km275万円
グレー・シルバー89台/1.1万km279万円
アイボリー101台/1.1万km275万円
アオ14台/1.6万km270万円
キイロ19台/1.4万km270万円

※JC n=522

色の差はほぼなし。

強いて言えば「アオ」「キイロ」は台数が少なく不人気色なので、避けるのがベターです。

他の色はほぼ買取額は変わりません。

 

リセールの高いオプション

あまり高く売れてないジムニーシエラのデータを見てみると、

  • 車両状態が悪い
  • 走行距離が多い
  • ナビがついてない

という特徴があります。

つまり状態が良く、走行距離が少なめで、ナビもきっちりついた車はそこそこの評価は最低でも入ります。

またDAMDエアロの様なカスタム仕様も高く売れます。

ノーマルでも十分評価されるジムニーシエラですが、拘ったらその分評価される車なので、色々楽しみましょう。

DAMDエアロ

 

査定士お薦め‼︎車を高く売る方法

「ディーラーの下取額に満足してしまっていませんか?」

ディーラーの下取りと中古車買取サービスを比較した場合、90%以上の確率で10万円以上、中古車買取サービスの方が高く買取りができます。

キノサン
中には100万円近く下取りより高く買取できるケースも。

それにも関わらず日本では”ディーラー(下取り)でしか車を売った経験がない”という人が全体の約70%と言われており(矢野経済研究所より)

中古車買取サービスを使わないのはもったいない、というのが買取店の中の人の感想です。

そこで今回は、中古車買取店のスタッフが自分の車を売る際に使う「おすすめの買取サービス」を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

【すぐに手放せる人向け】その日に最高額がわかる!リアルタイムで競り上がる「オークション形式」

価格だけを追い求める場合、車売却のトレンドとして「オークション形式」が増えています。(実際に価格も競り上がるので高い)

「オークション形式」とは、最初に1度の査定をして、そのデータに対し複数の業者がWeb上でオークションの様に入札してくる方式のこと。

オークションの結果が満足いく価格に達しなかった場合は無料でキャンセルもできます。

現在このサービスが利用できるのは、楽天Carオークションユーカーパックの2社のみ。

メリットは買取額が高いこと、デメリットはエリアが限定されること(地方は一部不可)、早めに車を手放さなければいけないことになります。

キノサン
ユーカーパックは落札後の入金確認から8日以内に車の引き渡し。
アシスタント
サポート
楽天は1ヵ月の猶予があるので、楽天の方が余裕を持てますね。

入札業者数はユーカーパックが多い(8,000社)ですが、楽天はポイントが貯まったり余裕を持てたりと一長一短です。(楽天の業者数は2,000社)

価格は期待できるので「すぐに手放せる人」にはおすすめです。※査定が一度だけなのも楽。

≫楽天Carオークション

≫ユーカーパック

 

【すぐに手放せない人向け】暫く先の売却でも問題なし!引渡し時期などの融通が利く「車査定比較.com」

しかし実際には「すぐに車を引き渡せる人」ばかりではないですよね。

  • 車の納車時期がはっきりしていない…
  • 次に買う車で迷っている…
  • 買取額を元にディーラーと商談したい…

という人もいるのではないでしょうか。

そんな時は、引渡し時期など条件を買取業者と細かく調整できる車査定比較.comがおすすめ。

このサービスは登録している全国295の買取業者の中から、その車に適した買取業者最大10社に一括で査定依頼ができるというもの。

カスタマーサポートチームも設置されており、

  • 「売却先が決まったので査定依頼をやめたい」
  • 「個人情報はしっかり守られるのか」

という様な要望や疑問にもきっちり対応してくれるので安心です。

査定を依頼後、車の買取相場が画面に表示されるので、相場を予め把握した状態で査定に臨むことができ安く手放してしまう心配もありません。

実際の価格や条件は各業者によって異なるので、担当者の話を聞きながら最も条件の良い業者を選ぶようにしてください。

≫車査定比較.com

 

【外車/輸入車をお持ちの方向け】専門店の買取額はこんなに違う!輸入車買取専門の「輸入車.com」

外車/輸入車を高く買取してもらおうと思ったら、輸入車買取専門店に査定を依頼するのが鉄則。

筆者のおすすめは全国対応可能な輸入車.comです。

一般的な中古車買取店は輸入車を買取りした後、業者オークションに出品するのが普通の流れ。

その為買取額として出せるのはオークションで利益が出る範囲内までとなります。

しかし輸入車.comは直営販売店も持っているのでそのまま店頭に並べることができ、オークション相場を無視した高額提示が可能に。

特に状態の良い車であるほどその差は大きくなります。大事に乗ってきた車だからこそ、しっかりと評価できるお店に見てもらいましょう。

≫輸入車.com

 

中古車を購入する際のポイント

ジムニーシエラの中古車の選び方

リセールの高いジムニーシエラの中古車を買う方法としては、ノーマル仕様の距離が少ない車を買うことです。

当年ものは高いので年式はできるだけ下げましょう。

型落ちジムニーシエラでさえリセールが高いので、現行モデルは中々リセールが今後も下がりません。

しかし仕入れ値はできるだけ下げる必要があるので、年式を落としてできるだけ安く買える車を見つけることが重要です。

【中古車を探している人必見】ガリバーの中古車検索サービスなら欲しい中古車がすぐに見つかる!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを上手く活用しましょう。

一般市場に公開される前の「非公開在庫」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に早くリーチできます。(登録は無料)

車は毎日約500台が入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性はある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスです。

キノサン
いい車は早い者勝ち。欲しい車がある人は早めの登録がおすすめ☆
\ 【登録は無料】非公開在庫からも探せる /
中古車検索サービスを利用する

 

まとめ

ということで、ジムニーシエラのリセールのまとめとしては、

  1. ジムニーシエラは発売から4年経った今も、残価率100%超えの驚異的車種
  2. おすすめのグレードはATのJC。当年ものは海外へ輸出されており世界的な人気
  3. リセールの高い色やオプションも特に制約がない、非常にコスパの高い車!

になります。

4年経っても人気が衰えない驚異的なリセールの裏には海外需要がありました。

ジムニーは滅多にモデルチェンジをしない息の長いモデルなので、今後もこのまま高いリセールバリューの状態がしばらくは続くでしょう!


本記事は以上となります。最後までお読み頂きありがとうございます。

車のリセールバリューに興味がある方は、ぜひ他の記事もご覧ください。

良いカーライフを。

≫【関連記事】リセールバリューの高い車を全車種の中からランキングで紹介(2022年最新版)