レクサスLCの3年後のリセールバリュー【60%】について詳しく解説

レクサスLCのリセールバリュー

レクサスのフラッグシップクーペ、LC。

下のグレードでも1000万円を超えるレクサスのクーペで、中々手が届くというか日常にいる車ではないかもしれませんね。

今回は、そんなレクサスLCのリセールバリューに迫ります。

LFAは次元が少し違いますが、この様なラグジュアリークーペはリセールが高い傾向がありその辺も気になるところですね。

あわせて読みたい

2010年10月に全世界限定500台で発売された、レクサスLFA。レクサスのプレミアムモデルである「F」シリーズのフラッグシップモデルであり、正に伝説の車です。本記事ではそんなレクサスLFAの貴重なオークションデータを入手し[…]

レクサスLFAのリセールバリュー

 

この記事でわかること
・レクサスLCのリセールバリュー
・レクサスLCのリセールの変わり目、注意点
それでは早速みていきましょう。
キノさん
中古車買取10年のキャリアと、これまで2,500台を買取してきた経験から詳しくお伝えします。

 


ー先にわかる結論ー

 ガソリン60~65%、ハイブリッド55~60%が3年落ちの予想リセール

 色と状態で価格が異なる、色の違いで50万円以上は開く

 色と装備と状態と距離で組み合わせで変わる。売却価格は慎重に

 

ー詳しくは記事内容へー


リセールバリューとは

リセールバリューとは

 

リセールバリューとは
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)を表す意味で用いています。

買取相場の算出方法

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションでの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては、買取車両の大部分はオークションにて売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

キノさん
ユーザーへの直販が増えていますが、売れ残るとオークションで処分する為オークションデータは必ず見ています。

3年後の買取相場

参照元:グーネット

1回目の車検を迎える、新車から3年後(平成29年式)の買取相場について解説します。

平成29年3月にハイブリッドモデル、4月にガソリンモデルが発売開始されました。

【調査条件】

  • 平成29年式の2WDモデル:装備と色は混在
  • 走行距離2万km前後(年間6000kmで計算)
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好

買取相場

グレード新車価格買取相場
残価率
LC500Lパッケージ13,000,000円830万円
64%
LC50013,000,000円データなし
LC500Sパッケージ14,000,000円830万円
60%
LC500hLパッケージ13,500,000円800万円
59%
LC500h13,500,000円データなし
LC500hSパッケージ14,500,000円830万円
57%

※買取相場=直近1ヶ月のオークションデータより算出
※残価率=買取相場/新車価格(%)

リセールが高い車の傾向

【ガソリンモデル】

LCのリセールが高い車の傾向

オークションの落札データを落札額の高い順に並べたものです。

「Lパッケージのサンルーフ付きの赤革の黒、8000km」が900万円(税別)を超えて落札されています。

色が金額に大きく影響します。外装色イエローやシルバーは770万円ぐらいの買取相場になる可能性が十分にあります。

逆にパールホワイト又は黒の外装色で、走行距離が短く、装備もついていれば900万円を超える買取ができる可能性もあります。

キノさん
正直精度の高い買取相場を予測するのは難しいです。平均をとると830万円ぐらいと理解してください。

【ハイブリッドモデル】

LCリセールが高い車の傾向

ハイブリッドモデルの方がデータが少ない(オークションに出ている中古車が少ない)為、データの新しい順に並べたものです。

Sパッケージの色の差(イエローとパールホワイト)で90万円の開きがあります。色は要注意です。

Sパッケージは、ほぼほぼ770万円〜800万円がオークション上の相場ですね。

キノさん
ガソリンモデルと同じく的確な相場算出は難しいです。走行距離と色が重要なことには変わりありません。

LCのリセールまとめ

  • 3年後のリセールはガソリンが60%〜65%、ハイブリッドが55%〜60%
  • 他の車種と同じく若干ハイブリッドの方がリセールが弱い
  • 色に状態における価格差が強烈、50万円以上の影響は覚悟
  • 色と装備内容がよければガソリンモデルで900万円を超える買取も可能性有り、しかしそこが3年落ちの天井

レクサスの中では高めのリセールということがわかりました。

あまり走行距離が伸びなさそうなので、5年、7年と経過した時にどのくらいのリセールがあるのかも気になりますね。

またリセールにおいてはガソリンが強いの法則はここでも当てはまりました。

是非参考にしてみてください。

キノさん
最後までお読み頂きありがとうございました。
あわせて読みたい

車のリセールバリュー、気になりませんか?私は仕事柄と性格上、どうせ乗るなら手放す時も高く売れる、お得な車に乗りたいと常々思っています。本記事では、車のリセールバリュー(リセール)が大好きな私が、リセールの高い車をランキング形[…]

車のリセールバリューのランキングTOP10