レクサスのリセール・残価率ランキング【全車種が一目でわかる】

レクサスのリセール・残価率ランキング【全車種が一目でわかる】

  • レクサスの中でリセールの良い車種は?
  • レクサスのリセールを車種毎に知りたい

こんな疑問をお持ちではないでしょうか?

こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。

今回はレクサスの中でリセールバリュー(残価率)の高いモデル(車種)をランキング形式で詳しく紹介します。

「レクサスのリセールバリューを詳しく知りたい」という方は参考にしてみてください。

今乗り換えを検討している人は「車査定比較.com」で無料査定をしてみませんか?コロナの影響で中古車相場が上がっており、今は高額査定が出る絶好のタイミング!

必要な情報を入力するだけで今の相場がすぐにわかります。更にあなたの車が得意な専門業者が査定をする為、下取りや他店の査定額より50万円以上高くなる可能性も!

まさかの買取額が新車価格を超えるケースも!まずは無料査定で相場をチェック☆

\ 250万人以上が利用のおすすめ車査定 /
無料査定で愛車の相場を調べる

レクサスの経過年数毎の残価率

まず各車種の経過年数別の残価率を記載します。

残価率とは買取価格/新車価格(%)で値持ちの良さを表します。

<経過年数毎の残価率>

車種3年5年7年10年
レクサスCT65%63%38%21%
レクサスES68%
レクサスGS56%39%26%19%
レクサスGS F66%51%46%
レクサスIS57%47%35%19%
レクサスLS48%46%20%19%
レクサスLX86%80%68%
レクサスNX78%76%51%
レクサスRX87%70%58%28%
レクサスUX75%

※詳細については各リンク先の記事にて確認ください

キノサン
3年後の残価率が65%とは、新車が1000万円の車の3年後の買取額が650万円ということを意味します。
アシスタント
サポート
残価率が高いほど車の価値が残りやすい、低いほど車の価値が減りやすいと覚えましょう。

上の表を見てもわかる様にレクサスと言っても、そのリセール(残価率)は車種によって様々。

またモデルチェンジのタイミングや相場環境によっても残価率は変化する為、その時々によって車のリセールは異なります。

次に車種別の詳しいリセールバリューを、ランキングで上位から紹介します。

各車種のリセール特性を理解し、自分に合った車を探してみてください。

レクサスの総合リセールランキング

レクサス総合リセールランキング

ではレクサス各モデルを総合的にリセールが高い順に紹介します。

1位:レクサスLX

レクサスLXのリセールバリュー

1位はレクサスSUVのフラッグシップ「LX」。

【レクサスLXのスペック】

モデルガソリン
全長幅高(mm)5100×1990×1895
排気量3400cc
定員4人・5人・7人
WLTC燃費8.1km/L
価格1250万円〜

【年数・モデル別の残価率】

経過年数
モデル
残価率/買取額
リセールランク
当年モデル/R4
300系
データなし
R4/1:300系にフルモデルチェンジ
3年落ち/R1年
200系
86%/988万円
★★★★★
5年落ち/H29年
200系
80%/890万円
★★★★★
7年落ち/H27年
200系
68%/750万円
★★★★★

※買取額は全グレードの平均

★★★★★(星5つ)→最高!
★★★★☆(星4つ)→高い
★★★☆☆(星3つ)→普通
★★☆☆☆(星2つ)→低い
★☆☆☆☆(星1つ)→とても低い

R4/1にフルモデルチェンジをしたLX。

半導体不足と過剰なオーダーの影響で一旦注文停止となっています。

新型(300系)は既に中古車がオークションにも出品されており、どれも2000万円超えで落札。

プレミアがついている状態です。

型落ちとなった200系ですが、依然としてリセールは高く新車価格の80%以上での買取がまだまだ可能。

パキスタンへの輸出動向が大きく相場を左右する車なので、同国の事情には注意しておく必要があります。

≫レクサスLXのグレード別の残価率と高く売れる仕様はこちら

関連記事

レクサスLXのリセールってどうなの? リセールの高い仕様やオプションは?こんな疑問をお持ちではないでしょうか?こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回はレクサスLXのグレード別のリセー[…]

レクサスLXのリセールと残価率を中古車査定士が詳しく解説

 

2位:レクサスRX

レクサスRX

総合2位はプレミアムSUVであるRX。

【レクサスRXのスペック】

モデルガソリンハイブリッド
全長幅高(mm)4890×1895×17104890×1895×1710
排気量2000cc3500cc
定員5人5・6・7人
WLTC燃費10.9km/L15.3km/L
価格524万円〜638万円〜

【年数・モデル別の残価率】

経過年数
モデル
残価率/買取額
ガソリン
残価率/買取額
ハイブリッド
3年落ち/R1年
20系後期
91%/553万円
★★★★★
83%/620万円
★★★★★
R1/8:20系後期にマイナーチェンジ
5年落ち/H29年
20系前期
79%/448万円
★★★★★
60%/408万円
★★★☆☆
7年落ち/H27年
20系前期
63%/359万円
★★★★★
53%/365万円
★★★★☆
H27/10:20系にフルモデルチェンジ
10年落ち/H24年
10系後期
28%/140万円27%/167万円

※買取額は全グレードの平均

リセール絶好調のレクサスRXですが、もう間も無くフルモデルチェンジが入ります。

中古車なら【グーネット】

フルモデルチェンジを受け、2022年秋発売予定の新型レクサスRX。レクサスプレミアムSUVの最新形を読み解く(レクサスR…

残価率は基本5年落ちまではマレーシア輸出の関係もありガソリンモデルの方が有利。

5年でなくても短期での売却は維持費の効果が少なく、ハイブリッドのメリットはあまり感じられないでしょう。

外装色の他、車内のシート色もリセールに影響をするので、車選びの際は細かな点に注意。

≫レクサスRXのグレード別の残価率と高く売れる仕様はこちら

関連記事

レクサスRXのリセールってどうなの? リセールの高い仕様やオプションは?こんな疑問をお持ちではないでしょうか?こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回はレクサスRXのグレード別のリセー[…]

レクサスRXのリセールと残価率を中古車査定士が詳しく解説

 

3位:レクサスNX

レクサスNXのリセール

総合3位はフルモデルチェンジを終え人気最高潮のNX。

【レクサスNXのスペック】

モデルガソリンハイブリッド
全長幅高(mm)4660×1865×16604660×1865×1660
排気量2400cc2500cc
定員5人5人
WLTC燃費14.0km/L20.9km/L
価格455万円〜520万円〜

【年数・モデル別の残価率】

経過年数
モデル
残価率/買取額
ガソリン
残価率/買取額
ハイブリッド
現行型/R3年
20系
126%/720万円
★★★★★
130%/806万円
★★★★★
R3/11:20系にフルモデルチェンジ
3年落ち/R1年
10系後期
82%/415万円
★★★★★
73%/413万円
★★★★☆
5年落ち/H29年
10系後期
79%/393万円
★★★★★
73%/413万円
★★★★★
H29/9:10系後期にマイナーチェンジ
7年落ち/H26年
10系前期
55%/264万円
★★★★☆
49%/264万円
★★★☆☆

※買取額は全グレードの平均

NXはR3/11に初のフルモデルチェンジをしたばかり。今回からPHEVモデルが加わっています。

こちらも半導体不足と需要過多の影響で一旦注文停止に。

発売初期で納車された車が既に中古車オークションには出ており、そこから計算すると買取額は新車の約1.3倍になります。

比較的まだ歴史の浅い車で、輸出の需要などはこれからの部分があるものの、国内海外の人気は高く基本的にリセールは盤石。

≫レクサスNXのグレード別の残価率と高く売れる仕様はこちら

関連記事

レクサスNXのリセールってどうなの? リセールの高いグレードやオプションは?こんな疑問をお持ちではないでしょうか。こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回はレクサスNXのグレード別のリ[…]

レクサスNXのリセールと残価率を中古車査定士が解説!

 

4位:レクサスUX

レクサスUXのリセール

4位はクロスオーバーモデルの「UX」。

【レクサスUXのスペック】

モデルガソリンハイブリッド
全長幅高(mm)4495×1840×15404495×1840×1540
排気量2000cc2000cc
定員5人5人
WLTC燃費16.4km/L22.8km/L
価格400万円〜436万円〜

【年数・モデル別の残価率】

経過年数残価率/買取額
ガソリン
残価率/買取額
ハイブリッド
3年落ち76%/325万円
★★★★☆
73%/351万円
★★★★☆

<電気自動車のリセール>

経過年数残価率/買取額
EV(UX300e)
1年落ち81%/488万円

※買取額は全グレードの平均

UXからはガソリン・ハイブリッド・EVの3つのモデルが出ています。

レクサスから電気自動車が出ているのはこのUXのみ。期待のモデルであることが窺えます。

リセールはガソリンとハイブリッドは安定しているものの、EVはまだまだこれから。

1年落ちの現在は高い残価率ですが、今後3年・5年と経過した時にどうなるかは注目です。

更にUXはレクサスで唯一KINTOで乗ることができる車。特に、

  • 年齢が若く自動車保険料が高い…
  • クレジットカードで払ってポイントを貯めたい
  • 経費処理を楽にしたい(個人事業主・法人)

などのニーズがある方はKINTOを検討してみるのもおすすめです。

≫レクサスUXのグレード別の残価率と高く売れる仕様はこちら

関連記事

レクサスUXのリセールってどうなの? リセールの高い仕様やオプションは?こんな疑問をお持ちではないでしょうか?こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回はレクサスUXのグレード別のリセー[…]

レクサスUXのリセールと残価率を中古車査定士が詳しく解説

 

5位:レクサスCT

CTのリセールバリュー

5位はレクサスのプレミアムコンパクト「CT」。

【レクサスCTのスペック】

モデルガソリン
全長幅高(mm)4355×1765×1460
排気量1800cc
定員5人
WLTC燃費21.3km/L
価格387万円〜

【年数・モデル別の残価率】

経過年数
モデル
残価率/買取額
ランク
3年落ち/R1年
10系後期
65%/278万円
★★★☆☆
5年落ち/H29年
10系後期
63%/273万円
★★★★☆
H29/8:後期モデルにマイナーチェンジ
7年落ち/H27年
10系中期
38%/156万円
★★☆☆☆
H26/1:中期モデルにマイナーチェンジ
10年落ち/H24
10系前期
21%/81万円
★★★☆☆

※買取額は全グレードの平均

CTは2022年10月で生産が終了すると伝えられており、今モデルが最終です。

リセールはと言うと、新車から始めの3年は落ちに大きいものがありますが、その後の下がり方は比較的安定傾向に。

特に今後は新モデルが発売されないので、モデルチェンジに絡んだリセール落ちを心配する必要はなく、安心して乗ることができます。

個人的には新車のリセール落ちを避ける為、後期モデルの中古車から入るのがおすすめ

ガリバーの中古車検索サービスに登録すれば、プロが希望の車を全国500店舗の在庫から探し、更に入庫があれば教えてくれるので、効率よく車探しをすることができます。(登録は無料)

≫レクサスCTのグレード別の残価率と高く売れる仕様はこちら

関連記事

レクサスCTのリセールってどうなの? リセールの高いグレードやオプションは?こんな疑問をお持ちではないでしょうか。こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回はレクサスCTのグレード別のリ[…]

レクサスCTのリセールと残価率を中古車査定士が解説!

 

6位:レクサスES

ESのリセールバリュー

ここまでは必然的にSUVやクロスオーバー、ハッチバックを紹介しましたが、ここからセダンが登場。

現在レクサスセダンの中で最もリセールが良いのはESです。

【レクサスESのスペック】

モデルハイブリッド
全長幅高(mm)4975×1865×1445
排気量2500cc
定員5人
WLTC燃費22.3km/L
価格599万円〜

【年数・モデル別の残価率】

経過年数残価率/買取
3年落ち68%/440万円
★★★☆☆

※買取額は全グレードの平均

ESはまだ発売から5年と満たない新しいモデル。

その様な事情(モデルチェンジがまだない)もあり、残価率が高めに維持されているというのはあるでしょう。

今後のリセールはGSのそれに寄せてくると考えられ、他の車と同様モデルチェンジの際は大きく価値が落ちるので売り時には注意が必要です。

≫レクサスESのグレード別の残価率と高く売れる仕様はこちら

関連記事

レクサスESのリセールってどうなの? リセールの高いグレードやオプションは?こんな疑問をお持ちではないでしょうか。こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回はレクサスESのグレード別のリ[…]

レクサスESのリセールと残価率を中古車査定士が解説!

 

7位:レクサスIS

ISのリセールバリュー

7位はスポーツセダンのIS。

【レクサスISのスペック】

モデルガソリンハイブリッド
全長幅高(mm)4710×1840×14354710×1840×1435
排気量2000cc2500cc
定員5人5人
WLTC燃費12.2km/L18.0km/L
価格480万円〜526万円〜

【年数・モデル別の残価率】

経過年数
モデル
残価率/買取額
ガソリン
残価率/買取額
ハイブリッド
現行型/R2~4年
30系後期モデル
90%/532万円
★★★★★
89%/518万円
★★★★☆
R2/11:30系後期にマイナーチェンジ
3年落ち/R1年
30系中期モデル
57%/307万円
★★☆☆☆
57%/310万円
★★☆☆☆
5年落ち/H29年
30系中期モデル
46%/254万円
★★☆☆☆
48%/268万円
★★☆☆☆
H28/10:30系中期にマイナーチェンジ
7年落ち/H27年
30系前期モデル
33%/171万円
★★☆☆☆
37%/203万円
★★☆☆☆
H25/5:30系にフルモデルチェンジ
10年落ち/H24
20系後期モデル
14%/66万円未発売

※買取額は全グレードの平均

R2/11でMC(マイナーチェンジ)があり、現行モデルのリセールは高く出ていますが、3年落ちになる前期モデルが大きく下がった為この順位に。

ESが全長4975mmということで、最もセダンの中では人気が集まりやすいISですが、やはり型落ちとなるとリセールは厳しいものが。

逆に考えると3年落ちの良質な中古車が割安で手に入るということで、初めから中古車を狙うのがおすすめの考え方。

ガリバーの中古車検索サービスに登録すれば、プロが希望の車を全国500店舗の在庫から探し、更に入庫があれば教えてくれるので、効率よく車探しをすることができておすすめ。(登録は無料)

≫レクサスISのグレード別の残価率と高く売れる仕様はこちら

関連記事

ISのリセールバリューってどうなの? リセールの高いグレードやオプションは?こんな疑問をお持ちではないでしょうか?こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回はレクサスISのグレード別のリ[…]

 

8位:レクサスGS/GSF

GSのリセールバリュー

8位は既に引退済みのレクサスのグランドセダン「GS」。

高排気量モデルのGSFについても調べています。

【レクサスGSのスペック】

モデルガソリンハイブリッド
全長幅高(mm)4880×1840×14554880×1840×1455
排気量2000・3500cc2500・3500cc
定員5人5人
WLTC燃費13.0km/L23.2km/L
価格710万円〜750万円〜

【レクサスGSFのスペック】

モデルガソリン
全長幅高(mm)4915×1855×1440
排気量5000cc
定員5人
WLTC燃費7.0km/L
価格1144万円〜

【年数・モデル別の残価率】

経過年数
モデル
残価率
買取額
GS(G)
残価率
買取額
GS(HV)
残価率
買取額
GS F
3年落ち
10系後期
51%
370万円
60%
440万円
66%
750万円
5年落ち
10系後期
37%
250万円
40%
298万円
51%
570万円
H27/11:後期モデルにマイナーチェンジ
7年落ち
10系前期
28%
195万円
24%
175万円
46%
510万円
10年落ち
10系前期
20%
123万円
18%
138万円

※買取額は全グレードの平均

やはりセダンということでリセールは全体的に厳しい。

GSはデータ数(流通量)が少なくデータに偏りがあることも一部リセールに影響しています。

GSFの残価率がGSより全体的に高いのは、GSFは車からして走行距離が多い車が少なく、その点が残価率を押し上げているから。

高排気量のパワフルモデルに乗りたい方にGSは強くおすすめです。

≫レクサスGS/GSFのグレード別の残価率と高く売れる仕様はこちら

関連記事

レクサスGSのリセールってどうなの? リセールの高いグレードやオプションは?こんな疑問をお持ちではないでしょうか。こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回はレクサスGSのグレード別のリ[…]

レクサスGS/GSFのリセールと残価率を中古車査定士が解説!

 

9位:レクサスLS

LSのリセールバリュー

最後はレクサスのフラッグシップセダンのLS。

【レクサスLSのスペック】

モデルガソリンハイブリッド
全長幅高(mm)5235×1900×14505235×1900×1450
排気量3500cc3500cc
定員5人5人
WLTC燃費10.2km/L13.6km/L
価格1071万円〜1220万円〜

【年数・モデル別の残価率】

経過年数
モデル
残価率/買取額
ガソリン
残価率/買取額
ハイブリッド
現行型/R2~3年
50系後期
80%/925万円
★★★☆☆
72%/1038万円
★★★☆☆
R2/11:後期モデルにマイナーチェンジ
3年落ち/R1年
50系前期
49%/613万円
★☆☆☆☆
46%/633万円
★☆☆☆☆
5年落ち/H29年
50系前期
50%/600万円
★★★☆☆
42%/570万円
★★☆☆☆
H29/10:50系にフルモデルチェンジ
7年落ち/H27年
40系後期
22%/210万円
★☆☆☆☆
18%/230万円
★☆☆☆☆
10年落ち/H24
40系後期
19%/188万円
★☆☆☆☆
18%/222万円
★☆☆☆☆

※買取額は全グレードの平均

ISと同じくマイナーチェンジが直近で行われており、現行モデルはまだ高い残価率があります。

しかし3年落ちは前期モデルとなり、前期モデルの残価率は新車の半分を割っています。

このクラスはモデルチェンジを跨ぐと300万円幅で車の価値が落ちるので、モデルチェンジ毎に乗り換えるか、初めから中古車を買うのが得策。

個人的にはリセールが大きく落ちた前期モデルの中古車を狙うのがおすすめです。

殆どが法人ユースなので、管理がしっかりと行われており、比較的良質な中古車を探しやすいと言えるでしょう。

≫レクサスLSのグレード別の残価率と高く売れる仕様はこちら

関連記事

レクサスLSのリセールってどうなの? リセールの高いグレードやオプションは?こんな疑問をお持ちではないでしょうか。こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回はレクサスLSのグレード別のリ[…]

レクサスLSのリセールと残価率を中古車査定士が解説!

 

乗換え時に役立つ!車を高く売る方法

「ディーラーの下取額に満足してしまっていませんか?」

ディーラーの下取りと中古車買取サービスを比較した場合、90%以上の確率で10万円以上、中古車買取サービスの方が高く買取りができます。

キノサン
中には100万円近く下取りより高く買取できるケースもあります。

それにも関わらず日本では”ディーラー(下取り)でしか車を売った経験がない”という人が全体の約70%と言われており(矢野経済研究所より)

中古車買取サービスを使わないのはもったいない!というのが買取店の中の人の感想です。

そこで今回は中古車査定士の筆者が自分の車を売る際にも使う「おすすめの買取サービス」を紹介するので、高値売却にぜひ役立ててください。

【すぐ手放せるなら】価格が競り上がる「オークション形式」

価格だけを追い求める場合、車売却のトレンドとして「オークション形式」が増えています。(実際に価格も競り上がるので高い)

「オークション形式」とは、最初に1度の査定をして、そのデータに対し複数の業者がWeb上でオークションの様に入札してくる方式のこと。

オークションの結果が満足いく価格に達しなかった場合は無料でキャンセルもできます。

現在このサービスが利用できるのは、楽天Carオークションユーカーパックの2社のみ。

メリットは買取額が高いこと、デメリットはエリアが限定されること(地方は一部不可)、早めに車を手放さなければいけないことになります。

キノサン
ユーカーパックは落札後の入金確認から8日以内に車の引き渡し。
アシスタント
サポート
楽天は1ヵ月の猶予があるので、楽天の方が余裕を持てます。

入札業者数はユーカーパックが多い(8,000社)ですが、楽天はポイントが貯まったり余裕を持てたりと一長一短。(楽天の業者数は2,000社)

価格は期待できる上、何より査定が一度だけと全く手間がかからないので「すぐに手放せる人」は一度試してみるべき。

≫楽天Carオークション

≫ユーカーパック

 

【すぐに手放せないなら】引渡し時期などの融通が利く「車査定比較.com」

しかし実際には「すぐに車を引き渡せる人」ばかりではないですよね。

  • 車の納車時期がはっきりしていない…
  • 次に買う車で迷っている…
  • 買取額を元にディーラーと商談したい…

という人もいるのではないでしょうか。

そんな時は、引渡し時期など条件を買取業者と細かく調整できる車査定比較.comがおすすめ。

このサービスは登録している全国295の買取業者の中から、その車に適した買取業者最大10社に一括で査定依頼ができるというもの。

カスタマーサポートチームも設置されており、

  • 「売却先が決まったので査定依頼をやめたい」
  • 「個人情報はしっかり守られるのか」

という様な要望や疑問にもきっちり対応してくれるので安心です。

査定を依頼後、車の買取相場が画面に表示されるので、相場を予め把握した状態で査定に臨むことができ安く手放してしまう心配もありません。

実際の価格や条件は各業者によって異なるので、担当者の話を聞きながら最も条件の良い業者を選ぶようにしてください。

≫車査定比較.com

 

【外車/輸入車を売却するなら】「輸入車買取専門店」に査定を依頼しよう

外車/輸入車を高く買取してもらおうと思ったら、輸入車買取専門店に査定を依頼するのが鉄則。

筆者のおすすめは全国対応可能な輸入車買取サービスである輸入車.com

一般的な中古車買取店は、輸入車を買取りした後、業者オークションに出すのが普通の流れ。

その為買取額として提示できるのはオークションで利益が出る範囲内に限定されます。

しかし輸入車.comは直営販売店も持っており、そのまま店頭に並べることができる為、オークション相場を無視した高額提示が可能になります。

特に状態の良い車であるほどその差は大きくなります。大事に乗ってきた車だからこそ、しっかりと評価できるお店に見てもらうことが重要。

≫輸入車.com

 

中古車探しは業者の非公開在庫も確認

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを上手く活用するのがおすすめ。

一般市場に公開される前の「非公開在庫」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に早くリーチできます。(登録は無料)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスです。

キノサン
いい車は早い者勝ち。欲しい車がある人は早めに登録しておこう。
\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
ガリバーの中古車検索サービス

 

まとめ

以上、レクサスのリセールバリューランキングの紹介でした。

全体的には「SUV・クロスオーバー>ハッチバック>セダン」という構図になっており、これはレクサス以外でも共通ですね。

しかし重要なことは、例えリセールが高くない車種でも、結果としてリセールが高く乗れる様、車の購入や売却を工夫すること

どのタイミングでリセールが落ちるかや、いつ買っていつ売るべきなのかを知っておくだけで、数十万円〜数百万円の効果があります。

レクサス以外にも色々な車のリセール記事を書いているので、ぜひ参考にしてみてください。

最後にお知らせです。

本ブログはリセールを中心とした情報発信ですが、個別の乗換え相談も承ります。

次の車のリセールが高い仕様や下取り車の狙える買取最高額など、車の売買に関することをなんでもご相談頂けます。

回答は実際のデータを用いてわかりやすくお伝えしています。(過去例も出しています)

効果的な車の乗り換えをしたいと思う方はぜひご利用ください。

ココナラ

※お届け日数は質問内容によります。初回の質問に対する回答は最短12時間以内〜最長2日の予定です。※お急ぎの方は事前にダイ…

最後までお読み頂きありがとうございました。

良いカーライフを。

≫【関連記事】全メーカー・全車種のリセールバリューランキング

≫【関連記事】トヨタ車のリセールバリュー・残価率ランキング