レクサスGSのリセールバリューをLS・ISと比較【お得なレクサスセダンとは】

レクサスのリセールバリューを解説

レクサスの大型FRセダンとして平成17年から日本で発売されている「GS」

同サイズのFFモデルのESとポジションが被ることもあり、2020年8月で生産中止が決まっています。

本記事ではそんなレクサスGSのリセールバリューについて解説します。

6月に最終モデルの「エターナルツーリング」が発売されGSファンは購入した方も多いのではないでしょうか。

3年、5年、7年後の買取相場について解説していきますので、売る時は是非参考にしてください。

【この記事を買いた人】

キノさん
キノさんです。現役で車の買取をしています。10年のキャリアとこれまで2,500台を査定してきた経験からお伝えします。

ーこの記事でわかること(結論)ー

 GS含めレクサスセダンは3年で50%まで急降下

 3年→5年で更に半分になるが、5年後以降は比較的安定する

 5年落ちのリセールが低い分、5年落ちの中古車は買い目線としてはアリ


リセール バリューとは

リセールバリュー

 

リセールバリューとは

リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として用いています。

 

買取相場の算出方法

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションでの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては、買取車両の大部分はオークションにて売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

 

3年後の買取相場

新車から1回目の車検である、3年落ち(平成29年式)の買取相場を調べます。

見た目は現行モデルと同じです。

【調査条件】

  • 平成29年式:装備と色は混在
  • 走行距離3万km前後(年間1万kmで計算)
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好

買取相場

グレード新車価格買取相場
残価率
GS200t5,770,000230万円
40%
GS200tIパッケージ6,166,000242万円
39%
GS200tFスポーツ6599000330万円
50%
GS200tバージョンL6777000300万円
44%
GS300h6153000200万円
33%
GS300hIパッケージ6549000320万円
49%
GS300hFスポーツ6982000400万円
57%
GS300hバージョンL7160000350万円
49%
GS3506430000データなし
GS350Iパッケージ6826000データなし
GS350バージョンL7437000330万円
44%
GS350Fスポーツ7465000360万円
48%
GS450h7428000データなし
GS450hIパッケージ7824000330万円
42%
GS450hバージョンL8435000400万円
47%
GS450hFスポーツ8463000385万円
45%

※買取相場=直近1ヶ月のオークションデータより算出
※残価率=買取相場/新車価格(%)

【3年落ち】平均の買取相場と残価率
GS200t系276万円・43%
GS300h系318万円・47%
GS350系345万円・46%
GS450h系372万円・45%
全モデル平均残価率45%

3年落ちの平均残価率は43〜47%

比較的低グレード(標準又はIパッケージ)はリセールが低く、高グレード(バージョンLやFスポーツ)はどのモデルにおいてもリセールが高い傾向にあります。

また排気量やガソリン・ハイブリッドの違いによって大きな差は見られないこともわかりました。

サンルーフやボディの色でやや大きく価格が変わっており、ムラがある相場と言えます。

サンルーフの影響がやや大きめ

レクサスGSのサンルーフの影響

バージョンLの黒、24,000kmのサンルーフ付きが350万円(税別)で売れています。

サンルーフの影響2

同じバージョンLのパールホワイト、35,000kmのサンルーフなしが314万円(税別)で売れています。

パールホワイトの方が状態が良く、走行距離の差をほぼ相殺すると考えると、約30万円程サンルーフで差がついていると考えられます。

レクサスGSのサンルーフの差3

またFスポーツのグレー、42,000kmのサンルーフ付きが325万円で落札。

レクサスGSのサンルーフの影響4

同じくFスポーツの青、23000kmのサンルーフなしが288万円で売れてしまっています。

青の方が少し状態が悪いですが距離が短いので、サンルーフの差が価格に現れていると言えます。

GSはサンルーフをつける価値が大いにあることがわかります。

5年後の買取相場

新車から2回目の車検である、5年落ち(平成27年式)の買取相場を調べます。

平成27年11月にビッグマイナーチェンジがあり、現行の見た目になっています。

平成27年の前期モデル(一つ前の見た目)を中心に解説します。

【調査条件】

  • 平成27年式:装備と色は混在
  • 走行距離5万km前後(年間1万kmで計算)
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好

買取相場

グレード新車価格買取相場
残価率
GS300h5975000180万円
30%
GS300hIパッケージ6386000180万円
28%
GS300hFスポーツ6798000200万円
30%
GS300hバージョンL6917000200万円
29%
GS2505296000120万円
23%
GS250Iパッケージ5707000140万円
25%
GS250Fスポーツ6119000データなし
GS250バージョンL6238000データなし
GS3506129000データなし
GS350Iパッケージ6541000155万円
24%
GS350バージョンL7071000データなし
GS350Fスポーツ7158000200万円
28%
GS450h7250000データなし
GS450hIパッケージ7662000200万円
26%
GS450hバージョンL8192000200万円
24%
GS450hFスポーツ8279000220万円
27%
【5年落ち】平均の買取相場と残価率
GS300h系190万円・29%
GS250系130万円・24%
GS350系178万円・26%
GS450h系207万円・26%
全モデル平均残価率26%

型落ちとなり一気にリセール低下

5年落ちは全体平均で新車価格に対する残価率が、26%とかなり低くなりました。

ビッグマイナーチェンジ前の型になるとはいえ、リセールの下落が大きいと言えます。

逆に言うと型落ちの中古車は購入にはお得です。どのモデルも小売で200万円台、個人間売買の様な形であれば100万円台で乗れる可能性もあるでしょう。

7年後の買取相場

 

新車から3回目の車検である、7年落ち(平成25年式)の買取相場を調べます。

平成24年のフルモデルチェンジでこの見た目になっており、本記事の5年落ちと7年落ちは同じモデルになります。

【調査条件】

  • 平成25年式:装備と色は混在
  • 走行距離7万km前後(年間1万kmで計算)
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好

買取相場

グレード新車価格買取相場
残価率
GS2505100000100万円
20%
GS250Iパッケージ5500000130万円
24%
GS250Fスポーツ5900000175万円
30%
GS250バージョンL6000000160万円
27%
GS3505800000120万円
21%
GS350Iパッケージ6200000130万円
21%
GS350Fスポーツ6800000160万円
24%
GS350バージョンL6700000130万円
19%
GS450h7000000130万円
19%
GS450hIパッケージ7400000165万円
22%
GS450hバージョンL7900000165万円
21%
GS450hFスポーツ8000000176万円
22%
【7年落ち】平均の買取相場と残価率
GS250系141万円・25%
GS350系135万円・21%
GS450h系159万円・21%
全モデル平均残価率22%

年数が経てばガソリンの低排気量が有利に

7年落ちにておいては、GS250系が若干ではありますがリセールが高いという結果が出ました。

ただしそこまで大きな差ではありません。

燃料代が排気量で相殺されると考えると、ハイブリッドの故障リスク分ガソリンモデルの方が長く乗るには有意と言えるかもしれません。

レクサスGSのリセールまとめ

レクサスGSとその他セダンのリセール比較

GSと他のセダンモデルLS、ISのリセールの推移をグラフにしました。

セダンの特徴として、

  • 3年で50%前後までガクッと落ちる
  • 3→5年も引き続き落ちる
  • 5→7年で落ち度がやや安定

という特徴がある様に見えます。

逆に読むと、セダンは新車後すぐにリセールが下がるので、中古で買う方がお得ということが言えるかもしれません。

是非参考にしてみてください。

キノさん
最後までお読み頂きありがとうございました。セダンはやはり全体的にリセールが低めです。
あわせて読みたい

車のリセールバリュー、気になりませんか?私は仕事柄と性格上、どうせ乗るなら手放す時も高く売れる、お得な車に乗りたいと常々思っています。本記事では、車のリセールバリュー(リセール)が大好きな私が、リセールの高い車をランキング形[…]

車のリセールバリューのランキングTOP10