レクサスLXのリセールと残価率を中古車査定士が詳しく解説

レクサスLXのリセールと残価率を中古車査定士が詳しく解説

  • レクサスLXのリセールってどうなの?
  • リセールの高い仕様やオプションは?

こんな疑問をお持ちではないでしょうか?

こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。

今回はレクサスLXのグレード別のリセールバリュー(残価率)とリセールが高くなる仕様について詳しく解説します。

LXのリセールが気になる方は参考にしてみてください。

本記事をまとめると・・・
  • リセールは車格にしては最高レベル。300系の売却データはまだ少ない
  • 200系も未だ高リセールが続いている状況。特に5年落ち以内が高い
  • 内装色はシロ、オプションは全付き+モデリスタエアロがおすすめ

今乗り換えを検討している人は「車査定比較.com」で無料査定をしてみませんか?コロナの影響で中古車相場が上がっており、今は高額査定が出る絶好のタイミング!

必要な情報を入力するだけで今の相場がすぐにわかります。更にあなたの車が得意な専門業者が査定をする為、下取りや他店の査定額より50万円以上高くなる可能性も!

まさかの買取額が新車価格を超えるケースも!まずは無料査定で相場をチェック☆

\ 250万人以上が利用のおすすめ車査定 /
無料査定で愛車の相場を調べる

【結論】レクサスLXのリセール

レクサスLXのリセール

まずレクサスLXの3年・5年・7年落ちのリセール(残価率)を記載します。

残価率とは買取価格/新車価格(%)で値持ちの良さを表す指標。
経過年数
モデル
残価率/買取額
リセールランク
当年モデル/R4
300系
データなし
R4/1:300系にフルモデルチェンジ
3年落ち/R1年
200系
86%/988万円
★★★★★
5年落ち/H29年
200系
80%/890万円
★★★★★
7年落ち/H27年
200系
68%/750万円
★★★★★
※買取額は全グレードの平均
キノサン
3年後の残価率が86%とは、新車が1000万円の3年後の買取額が860万円であることを意味します。
アシスタント
サポート
レクサスLXのリセールはかなり高いです。これから300系の時代となり期待しかない!

≫【関連記事】リセールバリューの高い車を全車種の中からランキングで紹介(2022年最新版)

結論:レクサスLXのリセール
  • リセールはこの車格にしてかなり高い。300系のリセールデータはなし
  • 200系でもまだ高リセールを出すことが可能。売るなら5年落ちまで
  • 内装色はシロ、オプション全付きエアロ付きが仕様としてはおすすめ

新型300系LXのオークション出品データはまだありません。

なにやらエグゼクティブが2000とか3000万円台とかで流れたという話はあるものの、現在消されています。

300系が市場に出て来ていないことから、200系が高値で取引されている状況が継続。

下記ポイントです。

***

 内装はシロ、オプション全付きとエアロがおすすめ
LXで高リセールの仕様はシート色がシロ。
後半で詳しく説明しますが、パール×シロ、クロ×シロが最もリセールの高い色の組み合わせです。
またメーカーオプションは基本全部付きを推奨。
LXを購入するならオプション全付きで、一気に高リセール仕様に振るぐらいが丁度良いです。
モデリスタエアロも重要なので忘れずに。
***
 売却の注意年は5年落ち。6年落ちで一気に値段が下がる
LXは5年落ちから6年落ちに変わるところで大きく価値が落ちます。
輸出が関係しており、その為売るなら5年落ちまでに売る、中古車を割安で買うなら6年落ち以降を狙うのがおすすめ。
リセールは基本的には高止まりするので、6年落ち以降も燃費以外の面では安心して乗れる車でしょう。

中古車を探している人は、プロが希望の車を全国500店舗の在庫から探し、入庫があれば連絡してくれるガリバーの中古車検索サービスを上手く活用するのがおすすめ。(登録は無料)

これから乗換えを考えている人は、早め早めに下取り車の買取相場を調べておけば、乗換えの計画をスムーズに進められることができますよ。

その場で6ヵ月後までの買取相場がわかる!「車査定比較.com」

『すぐに車は売らないけど、この先の売却相場は知っておきたい』、そんな時は車査定比較.comがおすすめです。

このサービスは全国の中古車売買データを用いて、車の現在の買取相場と6ヵ月後の買取相場を教えてくれるかなり便利なサービス。

納車が遅いこの時期だからこそ、暫く先の相場情報がわかるのは助かりますよね!

32秒の簡単web入力で複数社の査定額が比較でき、金額次第では売却をしなくても構いません。

先々売るのであれば買取相場は早めに知っておいた方が何かと便利。ディーラーとの交渉を有利に進める為にも愛車の価値を調べておきませんか?

\ 愛車の査定相場がすぐにわかる! /
相場をクイック診断!車査定比較.com

***

経過年数/グレード別のリセール

LXの経過年数/グレード別のリセール

新車から3年・5年・7年後のリセールをグレード別に紹介します。

【調査条件・環境】
・過去3ヵ月のオークションデータ
・装備と色は絞り込みなし
・事故歴なし車両状態良好として

▼関連記事
≫車を高く売るなら『査定士はどこを見ている?車の評価が高くなる意外なポイント』をチェック

3年後のリセール:残価率86%

3年落ちの200系から算出。

200系のLX:参照元goonet
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
LX570(5人)11,150,000円
1.6万km
6件
880~980万円
950万円
85%
LX570(8人)11,150,000円
2.9万km
14件
850~1050万円
980万円
88%
LX570ブラックシークエンス(5人)11,700,000円
2.2万km
8件
880~1100万円
1000万円
85%
LX570ブラックシークエンス(8人)11,700,000円
2.7万km
25件
880~1150万円
1020万円
87%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【3年後の残価率/平均買取額】

86%/988万円

僅かに8人乗りの方がリセールが高いです。

安定して高いリセールがあります。

 

5年後のリセール:残価率80%

5年落ちの200系から算出。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
LX570(5人)11,150,000円
3.7万km
8件
700~1000万円
880万円
79%
LX570(8人)11,150,000円
5.0万km
47件
600~1650万円
900万円
81%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【5年後の残価率/平均買取額】

80%/890万円

実は5年落ちが最も盛り上がります。

200系の距離が少ない5年落ちは今でも買取で1000万円が出そう。

意外と走行距離も重要なのです。

因みに20万km走った車でも600万円では買取ができます。

 

7年後のリセール:残価率68%

7年落ちの200系から算出。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
LX570(8人)11,000,000円
5.3万km
23件
650~850万円
750万円
68%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【7年後の平均残価率】

68%/750万円

LXの出始めの年。

7年落ちでも平均750万円とかインパクトでかすぎ。

 

経過年数別リセールのまとめ

経過年数別のリセールをまとめます。

経過年数
モデル
残価率/買取額
リセールランク
当年モデル/R4
300系
R4/1:300系にフルモデルチェンジ
3年落ち/R1年
200系
86%/988万円
★★★★★
5年落ち/H29年
200系
80%/890万円
★★★★★
7年落ち/H27年
200系
68%/750万円
★★★★★
★★★★★(星5つ)→最高!
★★★★☆(星4つ)→高い
★★★☆☆(星3つ)→普通
★★☆☆☆(星2つ)→低い
★☆☆☆☆(星1つ)→とても低い

リセールランクは常に最高。

国産車の中でもかなりの高リセールレベルに位置する車です。

 

1年毎のリセールバリューの変化

リセールバリューが毎年どの様に落ちていくのかを「グレード:LX570」で調べました。

モデル
(平均走行距離)
平均買取額
(前年比)
当年もの/200系
(登録遅れ・0km)
1300万円
1年落ち/200系
(1.1万km)
1100万円
(−200万円)
2年落ち/200系
(1.4万km)
1050万円
(−50万円)
3年落ち/200系
(2.5万km)
950万円
(−100万円)
4年落ち/200系
(2.7万km)
950万円
(±0)
5年落ち/200系
(4.0万km)
900万円
(−50万円)
6年落ち/200系
(5.3万km)
750万円
(−130万円)
7年落ち/200系
(5.3万km)
750万円
(±0)

赤字にしているところで大きく落ちます。

主にパキスタンへの輸出が関係しており、同国へは5年落ちまでが輸出される為、5年落ちまでの相場が高くなっています。

それが外れると(6年落ち以降)他にも輸出される国等はあるものの、やや取引相場が下がります。

ただしランドクルーザーやプラドと異なり5年落ちが最も高くなる訳ではないことに注意

要は年式が5年落ちまでであれば、走行距離が少なく、輸出にはまるスペックであれば高く売れるのです。

 

レクサスLXの中古車輸出

輸出国を型式別に紹介します。

型式仕向国
URJ201W
(200系)
  • パキスタン
  • マレーシア
  • パプアニューギニア
  • ロシア
  • ケニア
  • UAE

パキスタン、マレーシア、ケニアとそうそうたる高単価輸出国に行っています。

リセールが高い車はこういった高単価で輸出が効く国がたくさんあることも関係しています。

個人的にLXの場合は、パキスタンとマレーシアの両方の国に絡む様に売却するのがポイント。

つまり5年落ちで売却する場合でも、満5年経過してから売るのではなく、57ヵ月目までに売却するということです。

マレーシア向けの車を高く売るなら「ENG」

そんなマレーシア輸出にはまる車だけを専門に買取しているのがENGという会社です。

直の輸出業者で、マレーシア行きの車のみを専門に扱っている為、登録から57ヵ月以内のRXを売りに出す場合は高額査定が期待できます。

他にもマレーシア行きで有名なアルファードやヴェルファイアの売却の際もおすすめ。

≫(公式)ENG

 

リセールバリューのポイント

LXのリセールバリューのポイント

ここからは、そんなLXのリセールバリューの高い仕様、リセールが高くなる買い方について紹介します。

まずは色(ボディカラー)。

リセールバリューの高い色

色のリセール差をオークションから調べた結果が下記。

台数/走行距離平均価格
パールホワイト109台/2.8万km928万円
クロ59台/2.8万km940万円
その他(シルバー・コン・グレー)5台/3.1万km785万円

※5年落ち以内のLX570にて n=173

人気はパールホワイト、リセールはクロの方が高いです。

その他の色は燦々たるリセールになるので色はどちらかにするのが無難でしょう。

内装色との組み合わせによってもリセールは変わります。

 

リセールの高い内装色

外の色と中の色の組み合わせを見ていきます。

外装×シート台数/走行距離平均価格
パール×アカ19台/3.4万km892万円
パール×クロ38台/2.7万km919万円
パール×チャ28台/2.7万km914万円
パール×シロ19台/2.8万km990万円
クロ×アカ10台/2.5万km930万円
クロ×クロ26台/2.2万km959万円
クロ×チャ15台/4.1万km856万円
クロ×シロ5台/2.3万km1089万円

※5年落ち以内のLX570にて n=173

最も高い組み合わせは「クロ×シロ」、次が「パール×シロ」、次が「クロ×クロ」となります。

基本シート色はシロ系を選んだ方がリセールに有利なのはランドクルーザー、プラドと共通してパキスタン向け輸出の特徴。

LXにおいては外装色がクロの方が有利ということは新しい発見です。

 

リセールの高いオプション

基本的に装備はメーカーオプション全部付きが鉄則。

LXを買うのであれば、オプション費用はケチらず思い切った方が良いです。

更にエアロも超重要。

モデリスタエアロパッケージ(500,500円)をつけておくのがおすすめ。

LXのモデリスタエアロ

 

新型LXのおすすめグレード・仕様

内外装の色からして私としてはLX600標準グレードのパール×シロ又はクロ×シロがおすすめになります。

LXおすすめの仕様

オーナメントは特に差がつかないと思いますが、ウォールナットを選択します。

これに、

  • マークレビンソンサウンドシステム
  • リアエンターテインメントシステム
  • モデリスタエアロパッケージ

を付けてオプションでプラス100万円ぐらい。

これで完成です。

 

査定士お薦め‼︎車を高く売る方法

「ディーラーの下取額に満足していませんか?」

ディーラーの下取りと中古車買取サービスを比較した場合、90%以上の確率で10万円以上、中古車買取サービスの方が高く買取りができます。

キノサン
中には100万円近く下取りより高く買取できるケースもあります。

それにも関わらず日本では”ディーラー(下取り)でしか車を売った経験がない”という人が全体の約70%と言われており(矢野経済研究所より)

中古車買取サービスを使わないのは非常にもったいない!というのが中の人の正直な感想。

そこで今回は中古車査定士の筆者が自分の車を売る際にも使う「おすすめの買取サービス」を紹介するので、高値売却にぜひ役立ててください。

【すぐ手放せるなら】価格が競り上がる「オークション形式」

価格だけを追い求める場合、車売却のトレンドとして「オークション形式」が増えています。(実際に価格も競り上がるので高い)

「オークション形式」とは、最初に1度の査定をして、そのデータに対し複数の業者がWeb上でオークションの様に入札してくる方式のこと。

オークションの結果が満足いく価格に達しなかった場合は無料でキャンセルもできます。

現在このサービスが利用できるのは、楽天Carオークションユーカーパックの2社のみ。

メリットは買取額が高いこと、デメリットはエリアが限定されること(地方は一部不可)、早めに車を手放さなければいけないことになります。

キノサン
ユーカーパックは落札後の入金確認から8日以内に車の引き渡し。
アシスタント
サポート
楽天は1ヵ月の猶予があるので、楽天の方が余裕を持てます。

入札業者数はユーカーパックが多い(8,000社)ですが、楽天はポイントが貯まったり余裕を持てたりと一長一短。(楽天の業者数は2,000社)

価格は期待できる上、何より査定が一度だけと全く手間がかからないので「すぐに手放せる人」は一度試してみるべき。

≫楽天Carオークション

≫ユーカーパック

 

【すぐに手放せないなら】引渡し時期などの融通が利く「ズバット車買取比較」

しかし実際には「すぐに車を引き渡せる人」ばかりではないですよね。

  • 車の納車時期がはっきりしていない…
  • 次に買う車で迷っている…
  • 買取額を元にディーラーと商談したい…

という人もいるのではないでしょうか。

そんな時は、引渡し時期など条件を買取業者と細かく調整できるズバット車買取比較がおすすめ。

このサービスは登録している全国295の買取業者の中から、その車に適した買取業者最大10社に一括で査定依頼ができるというもの。

カスタマーサポートチームも設置されており、

  • 「売却先が決まったので査定依頼をやめたい」
  • 「個人情報はしっかり守られるのか」

という様な要望や疑問にもきっちり対応してくれるので安心です。

査定を依頼後、車の買取相場が画面に表示されるので、相場を予め把握した状態で査定に臨むことができ安く手放してしまう心配もありません。

実際の価格や条件は各業者によって異なるので、担当者の話を聞きながら最も条件の良い業者を選ぶようにしてください。

≫ズバット車買取比較

 

【外車/輸入車を売却するなら】「輸入車買取専門店」に査定を依頼しよう

外車/輸入車を高く買取してもらおうと思ったら、輸入車買取専門店に査定を依頼するのが鉄則。

筆者のおすすめは全国対応可能な輸入車買取サービスである輸入車.com

一般的な中古車買取店は、輸入車を買取りした後、業者オークションに出すのが普通の流れ。

その為買取額として提示できるのはオークションで利益が出る範囲内に限定されます。

しかし輸入車.comは直営販売店も持っており、そのまま店頭に並べることができる為、オークション相場を無視した高額提示が可能になります。

特に状態の良い車であるほどその差は大きくなります。大事に乗ってきた車だからこそ、しっかりと評価できるお店に見てもらうことが重要。

≫輸入車.com(公式HP)

 

リセールの高い中古車の選び方

LXのリセールの高い中古車

LXの中古車に入るなら、5年落ちより前を買うか後を買うかはっきりさせておくことです。

既にお伝えした様に、LXのリセールは輸出の関係で5年落ちまではある程度の価格で支えられています。

その為、5年落ち以前を買い、5年落ちで売るというのが一つの考え方。

 

もう一つは5年落ち以降の明らかにパキスタンから外れた年式を買うこと。

明らかに5年落ち以前のものよりは安く買える他、内装色や仕様を気にする必要もはっきり言えばありません。

古くなっても色々な国に輸出は効くのでリセールがいきなり落ちる可能性は低いです。

ただどちらにしても300系発売の影響はどこかで出てくるので、それを考慮した上で入るのがおすすめ。

【レクサスLXの中古車を探すなら】販売店の非公開在庫もチェックしよう!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスに登録するのがおすすめです。

一般市場に公開される前の「非公開在庫」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に早くリーチできます。(登録は無料)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスです。

キノサン
いい車は早い者勝ち。欲しい車がある人は早めに登録しておきましょう。
\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
レクサスLXの非公開在庫を見る

 

まとめ

ランドクルーザー300系のリセールが暴騰している様に、発売から1年ぐらいは新型LXのリセールも暴騰するでしょう。

過去の歴史から見ても輸出優位でかなり手堅いリセールバリューのある車なので、ハイクラスSUVでリセールを重視する方にはピッタリです。

本サイトは他にも様々な車のリセールを調べています。興味がある方は参考にしてみてください。

≫【関連記事】リセールバリューが高い車ランキング(全メーカー・全車種編)

≫【関連記事】リセールバリューが高い車ランキング(レクサス編)

最後にお知らせです。

お知らせ(個別の乗換相談)

〈お知らせ〉

本ブログはリセールを中心とした情報発信ですが、個別の乗換え相談も承ります。

次の車のリセールが高い仕様や下取り車の狙える買取最高額など、車の売買に関することをなんでもご相談頂けます。

回答は実際のデータを用いてわかりやすくお伝えしています。(過去例もあり)

効果的な車の乗り換えをしたいと思う方はぜひご利用ください。

ココナラ

※お届け日数は質問内容によります。初回の質問に対する回答は最短12時間以内〜最長2日の予定です。※お急ぎの方は事前にダイ…

本記事は以上です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

良いカーライフを。