レクサスLSのリセールと残価率を中古車査定士が解説!

レクサスLSのリセールと残価率を中古車査定士が解説!

  • レクサスLSのリセールってどうなの?
  • リセールの高いグレードやオプションは?

こんな疑問をお持ちではないでしょうか。

こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。

今回はレクサスLSのグレード別のリセールバリュー(残価率)とリセールが高くなる仕様について詳しく解説します。

LSのリセールが気になる方は参考にしてみてください。

本記事をまとめると・・・
  • リセールバリューは全体的に低い。特に型落ちモデルの値下がり率が大きい
  • ハイブリッドの方が人気。しかしリセール(残価率)はガソリンの方が高い
  • 色はパールホワイトとクロが圧倒的に有利。サンルーフ付き、Fスポーツが高い

今乗り換えを検討している人は「車査定比較.com」で無料査定をしてみませんか?コロナの影響で中古車相場が上がっており、今は高額査定が出る絶好のタイミング!

必要な情報を入力するだけで今の相場がすぐにわかります。更にあなたの車が得意な専門業者が査定をする為、下取りや他店の査定額より50万円以上高くなる可能性も!

まさかの買取額が新車価格を超えるケースも!まずは無料査定で相場をチェック☆

\ 250万人以上が利用のおすすめ車査定 /
無料査定で愛車の相場を調べる

【結論】レクサスLSのリセール

LSのリセール

ではレクサスLSの経過年数別のリセール(残価率)から記載していきます。

残価率とは買取価格/新車価格(%)で値持ちの良さを表す指標です。
経過年数
モデル
残価率/買取額
ガソリン
残価率/買取額
ハイブリッド
現行型/R2~3年
50系後期
80%/925万円
★★★☆☆
72%/1038万円
★★★☆☆
R2/11:後期モデルにマイナーチェンジ
3年落ち/R1年
50系前期
49%/613万円
★☆☆☆☆
46%/633万円
★☆☆☆☆
5年落ち/H29年
50系前期
50%/600万円
★★★☆☆
42%/570万円
★★☆☆☆
H29/10:50系にフルモデルチェンジ
7年落ち/H27年
40系後期
22%/210万円
★☆☆☆☆
18%/230万円
★☆☆☆☆
10年落ち/H24
40系後期
19%/188万円
★☆☆☆☆
18%/222万円
★☆☆☆☆

※買取額は全グレードの平均

★★★★★(星5つ)→最高!
★★★★☆(星4つ)→高い
★★★☆☆(星3つ)→普通
★★☆☆☆(星2つ)→低い
★☆☆☆☆(星1つ)→とても低い
キノサン
3年後の残価率が49%とは、新車が1000万円の車の3年後の買取額が490万円であることを意味します。
アシスタント
サポート
LSのリセールはセダンということもあって低め。現行の残価率は高いですが値落ちのし易い車です。

≫【関連記事】リセールバリューの高い車を全車種の中からランキングで紹介(2022年最新版)

結論:レクサスLSのリセール
  • 総合的に見てリセールバリューは低い。現行モデルはまだ比較的高め
  • ハイブリッドの方が人気なものの、リセール(残価率)はガソリンの方が高い
  • 色はパールホワイトとクロが圧倒的に強い。サンルーフ付き、Fスポーツが高い

車の中でもセダンは特にリセールバリューが悪いというのがあります。

LSにも同様のことが言え、全体的にリセールは悪いと言えるでしょう。

しかし現行モデルの残価率はそこそこあることから、ポイントはモデルチェンジで300万円幅で価値が落ちることと言えます。

リセールを重要視するのであれば、モデルチェンジを跨がずに乗り換えることが重要です。

その他のポイントを解説します。

***

 人気はハイブリッド。しかしリセールはガソリンの方が良い

LSのメインはハイブリッドモデル。

しかしリセール(残価率)で見るとガソリンモデルの方が良いと言えます。

LSのユーザーは大半が法人需要であり、静音性や走行安定性の面からもハイブリッドや4WDモデルが人気です。

リセールを気にしてLSに乗っている人は少ないこともあり、ガソリンモデルの方がリセールは良いものの、需要が少ないと言えるでしょう。

***
 色はパールホワイトとクロが有利。グレードはFスポーツでサンルーフは重要
車の色は高額車になればなるほどパールホワイトとクロに偏ります。
LSの場合、それ以外の色では売る際に50万円以上安く査定が出るので注意が必要です。
リセールの高いグレードは、レクサス共通のFスポーツ。
メーカーオプションの中でもムーンルーフ(サンルーフ)は費用以上に高く評価されるので、必ずつけておきたい装備です。
***
 LSはリセールが低いが故、中古車がかなりお得!
モデルチェンジのタイミングの影響もありますが、今3年落ちのLS(前期モデル)の残価率は約50%。
上手く買えば3年落ちのLSに新車の半値で乗れることになります。
これってかなりお得だと思いませんか?
この様にリセールが高くない車種は中古車で乗った方がコスパが高いと言えます。
特にLSは法人ワンオーナーで運転手付きだった車が多く、中古でも程度の良い車がほとんど。
ガリバーの中古車検索サービスに登録すれば、プロが希望の車を全国500店舗の在庫から探し、更に入庫があれば教えてくれるので、効率よく車探しをすることができておすすめです。(登録は無料)

これから乗換えを考えている人は、早めに下取り車の相場を調べておき、乗換えの計画をスムーズに進められるようにしておくのもポイントです。

その場で6ヵ月後までの買取相場がわかる!「車査定比較.com」

『すぐに車は売らないけど、この先の売却相場は知っておきたい』、そんな時は車査定比較.comがおすすめです。

このサービスは全国の中古車売買データを用いて、車の現在の買取相場と6ヵ月後の買取相場を教えてくれるかなり便利なサービス。

納車が遅いこの時期だからこそ、暫く先の相場情報がわかるのは助かりますよね!

32秒の簡単web入力で複数社の査定額が比較でき、金額次第では売却をしなくても構いません。

先々売るのであれば買取相場は早めに知っておいた方が何かと便利。ディーラーとの交渉を有利に進める為にも愛車の価値を調べておきませんか?

\ 愛車の査定相場がすぐにわかる! /
相場をクイック診断!車査定比較.com

***

経過年数/グレード別のリセール

LSの経過年数/グレード別のリセール

ここからは新車から3年・5年・7年・10年後のグレード別のリセールを紹介します。

【調査条件・環境】
・過去3ヵ月のオークションデータ
・装備と色は絞り込みなし
・事故歴なし車両状態良好として

▼関連記事
≫車を高く売るなら『査定士はどこを見ている?車の評価が高くなる意外なポイント』をチェック

現行型のリセール:残価率76%

R2/11にマイナーチェンジした現行モデルについて。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
LS500Iパッケージ10,730,000円
1.7万km
2件
850万円
79%
LS500Fスポーツ12,340,000円
0.8万km
4件
900~1050万円
1000万円
81%
※他のグレードはデータなし
【ハイブリッドモデル】
LS500hFスポーツ(2WD)13,510,000円
1.4万km
1件
1050万円
78%
LS500hエグゼクティブ(2WD)16,870,000円
2.4万km
1件
1100万円
65%
LS500hIパッケージ(4WD)12,600,000円
1.9万km
1件
950万円
75%
LS500hバージョンL(4WD)15,340,000円
1.4万km
1件
1050万円
68%
※他のグレードはデータなし

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【現行型の残価率/平均買取額】

ガソリンモデル80%/925万円
ハイブリッドモデル72%/1038万円

 

3年後のリセール:残価率48%

3年落ちの50系前期から算出。

LS(50系前期):goonetより
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
LS500Iパッケージ10,420,000円
3.4万km
7件
400~650万円
550万円
53%
LS500Fスポーツ12,000,000円
2.7万km
9件
500~770万円
620万円
52%
LS500バージョンL13,200,000円
4.4万km
2件
620万円
47%
LS500エグゼクティブ15,000,000円
3.8万km
4件
550~800万円
660万円
44%
【ハイブリッドモデル】
LS500hIパッケージ(2WD)11,800,000円
2.8万km
9件
500~750万円
600万円
51%
LS500hFスポーツ(2WD)13,100,000円
2.8万km
4件
500~770万円
660万円
50%
LS500hバージョンL(2WD)14,600,000円
3.0万km
6件
600~700万円
660万円
45%
LS500hエグゼクティブ(4WD)16,800,000円
8.3万km
15件
440~1000万円
610万円
36%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【3年後の残価率/平均買取額】

ガソリンモデル49%/613万円
ハイブリッドモデル46%/633万円

 

5年後のリセール:残価率46%

5年落ちの50系前期から算出。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
LS500Fスポーツ12,000,000円
2.5万km
3件
600万円
50%
※他のグレードはデータなし
【ハイブリッドモデル】
LS500h(2WD)11,200,000円
11.8万km
2件
500万円
45%
LS500hIパッケージ(4WD)12,200,000円
6.4万km
11件
420~600万円
510万円
42%
LS500hFスポーツ(4WD)13,500,000円
4.5万km
18件
500~800万円
620万円
46%
LS500hバージョンL(4WD)15,000,000円
5.8万km
18件
440~700万円
560万円
37%
LS500hエグゼクティブ16,800,000円
5.0万km
15件
500~880万円
660万円
39%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【5年後の残価率/平均買取額】

ガソリンモデル50%/600万円
ハイブリッドモデル42%/570万円

 

7年後のリセール:残価率20%

7年落ちの40系後期から算出。

LS(40系後期):goonetより
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
LS4608,548,000円
1.3万km
1件
230万円
27%
LS460バージョンCIパッケージ9,217,000円
8.1万km
23件
110~295万円
195万円
21%
LS460Fスポーツ10,151,000円
8.3万km
11件
110~300万円
230万円
23%
LS460バージョンL10,605,000円
9.6万km
8件
125~250万円
185万円
17%
【ハイブリッドモデル】
LS600hバージョンCIパッケージ11,480,000円
12.1万km
9件
105~310万円
185万円
16%
LS600hFスポーツ12,722,000円
10.8万km
6件
220~295万円
240万円
19%
LS600hバージョンL12,868,000円
9.3万km
10件
110~480万円
265万円
21%
LS600hLエグゼクティブパッケージ15,954,000円
12.3万km
14件
130~340万円
230万円
14%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【7年後の残価率/平均買取額】

ガソリンモデル22%/210万円
ハイブリッドモデル18%/230万円

 

10年後のリセール:残価率19%

10年落ちの40系後期から算出。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
LS460バージョンCIパッケージ8,950,000円
8.6万km
17件
100~300万円
190万円
21%
LS460Fスポーツ9,800,000円
10.4万km
8件
105~240万円
190万円
19%
LS460バージョンL10,300,000円
10.4万km
2件
185万円
18%
【ハイブリッドモデル】
LS600h10,500,000円
13.4万km
2件
145万円
14%
LS600hバージョンCIパッケージ11,150,000円
10.5万km
11件
125~295万円
210万円
19%
LS600hFスポーツ12,300,000円
10.0万km
8件
133~295万円
220万円
18%
LS600hバージョンL12,500,000円
7.1万km
4件
155~325万円
275万円
22%
LS600hLエグゼクティブパッケージ15,500,000円
9.3万km
6件
170~340万円
260万円
17%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【10年後の残価率/平均買取額】

ガソリンモデル19%/188万円
ハイブリッドモデル18%/222万円
関連記事

10年落ちの車のリセールってどれくらい?10年乗っても高く車ってあるの?本記事はこんな疑問をお持ちの方におすすめです。こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回は「車の10年後のリセールバ[…]

車の10年後のリセールバリューってどんな感じ?詳しく調査してみた

 

経過年数別リセールのまとめ

経過年数別のリセールをまとめます。

経過年数
モデル
残価率/買取額
ガソリン
残価率/買取額
ハイブリッド
現行型/R2~3年
50系後期
80%/925万円
★★★☆☆
72%/1038万円
★★★☆☆
R2/11:後期モデルにマイナーチェンジ
3年落ち/R1年
50系前期
49%/613万円
★☆☆☆☆
46%/633万円
★☆☆☆☆
5年落ち/H29年
50系前期
50%/600万円
★★★☆☆
42%/570万円
★★☆☆☆
H29/10:50系にフルモデルチェンジ
7年落ち/H27年
40系後期
22%/210万円
★☆☆☆☆
18%/230万円
★☆☆☆☆
10年落ち/H24
40系後期
19%/188万円
★☆☆☆☆
18%/222万円
★☆☆☆☆

モデルチェンジのリセールへの影響が大きい車種です。

新車で入るならモデルチェンジで手放し、基本的に中古で入った方がコスパは良いでしょう。

 

1年毎のリセールバリューの変化

リセールが毎年どの様に落ちていくのかをグレード「バージョンL(ハイブリッド)」にて調べました。

モデル
(平均走行距離)
平均買取額
(前年比)
当年ものデータなし
1年落ち/50系後期
(1.4万km)
1050万円
マイナーチェンジ:50系前期→後期
2年落ち/50系前期
(4.9万km)
660万円
(−390万円)
3年落ち/50系前期
(3.0万km)
660万円
(±0)
4年落ち/50系前期
(4.1万km)
660万円
(±0)
5年落ち/50系前期
(5.8万km)
570万円
(−90万円)
フルモデルチェンジ:40系→50系
5年落ち/40系後期
(9.4万km)
255万円
(−315万円)
6年落ち/40系後期
(12.5万km)
200万円
(−55万円)
7年落ち/40系後期
(9.3万km)
265万円
(+65万円)
8年落ち/40系後期
(14.7万km)
188万円
(−77万円)
9年落ち/40系後期
(11.0万km)
210万円
(+22万円)
10年落ち/40系後期
(7.1万km)
275万円
(+65万円)

モデルチェンジで大きく落ちて、後は走行距離次第で安定、というのがよくわかると思います。

セダンなので距離がリセールが大きく関わってきます。

またモデルチェンジでの落差は約300万円とかなり大きいのが特徴。

 

レクサスLSの中古車輸出

輸出国を型式別に紹介します。

型式仕向国
VXFA50
(50系ガソリン・2WD)
  • マレーシア
GVF55
(50系ハイブリッド・4WD)
  • ロシア
USF40
(40系ガソリン・2WD)
  • UAE
  • NZ
UVF45・46
(40系ハイブリッド)
  • ロシア
  • UEA
  • NZ

多少の国には輸出もされている様です。

しかし過走行車などが多いと推測され、あまり実際の買取価格への影響はありません。

特にロシア、UAE、NZなどは多くの日本車種が行っている地域なので、LSが行っていたとしても不思議ではありません。

 

リセールバリューのポイント

LSのリセールのポイント

ここからはレクサスLSのリセールバリューの高い仕様、リセールが高くなる車の選び方について紹介します。

まずは色(ボディカラー)。

 

リセールバリューの高い色

色によるリセール差をオークション結果から調べたのが下記です。

外装色台数/走行距離平均価格
パールホワイト35台/4.5万km633万円
クロ9台/4.0万km612万円
その他(グレー/シルバー/アオ)8台/3.7万km561万円

※50系前期ハイブリッドFスポーツにて n=52

人気、リセール共にパールホワイトが最も高いと言えます。

細かな装備の違いも含まれますが、パールとクロの差は約20万円、パールとその他の色の差は約70万円と大きく開きます。

 

リセールの高いオプション・仕様

これまでのグレード別の残価率を見てもわかる様に、最もリセールの高いグレードはFスポーツです。

色は先ほど説明した様にパールホワイトが最も強いですね。

そしてオプションですが、そもそも付けられるメーカーオプションが、

  • ムーンルーフ(110,000円)
  • マークレビンソンサウンドシステム(291,500円)
  • Fスポーツ専用オレンジブレーキキャリパー(44,000円)
  • 寒冷地仕様(25,300円)

ぐらいしかありません。

この中でリセールに大きな影響があるのはムーンルーフのみ。

他の装備は費用以上のリターンを得ることは難しく、極論あってもなくてもそこまで変わりません。

リセールを気にするのであれば、走行距離を少なく車両状態を良好に保った方が効果が高いと覚えておいてください。

ディーラーオプションでつけられるエアロパーツ等もLSの場合は不要。

 

査定士お薦め‼︎車を高く売る方法

「ディーラーの下取額に満足してしまっていませんか?」

ディーラーの下取りと中古車買取サービスを比較した場合、90%以上の確率で10万円以上、中古車買取サービスの方が高く買取りができます。

キノサン
中には100万円近く下取りより高く買取できるケースもあります。

それにも関わらず日本では”ディーラー(下取り)でしか車を売った経験がない”という人が全体の約70%と言われており(矢野経済研究所より)

中古車買取サービスを使わないのはもったいない!というのが買取店の中の人の感想です。

そこで今回は中古車査定士の筆者が自分の車を売る際にも使う「おすすめの買取サービス」を紹介するので、高値売却にぜひ役立ててください。

【すぐ手放せるなら】価格が競り上がる「オークション形式」

価格だけを追い求める場合、車売却のトレンドとして「オークション形式」が増えています。(実際に価格も競り上がるので高い)

「オークション形式」とは、最初に1度の査定をして、そのデータに対し複数の業者がWeb上でオークションの様に入札してくる方式のこと。

オークションの結果が満足いく価格に達しなかった場合は無料でキャンセルもできます。

現在このサービスが利用できるのは、楽天Carオークションユーカーパックの2社のみ。

メリットは買取額が高いこと、デメリットはエリアが限定されること(地方は一部不可)、早めに車を手放さなければいけないことになります。

キノサン
ユーカーパックは落札後の入金確認から8日以内に車の引き渡し。
アシスタント
サポート
楽天は1ヵ月の猶予があるので、楽天の方が余裕を持てます。

入札業者数はユーカーパックが多い(8,000社)ですが、楽天はポイントが貯まったり余裕を持てたりと一長一短。(楽天の業者数は2,000社)

価格は期待できる上、何より査定が一度だけと全く手間がかからないので「すぐに手放せる人」は一度試してみるべき。

≫楽天Carオークション

≫ユーカーパック

 

【すぐに手放せないなら】引渡し時期などの融通が利く「車査定比較.com」

しかし実際には「すぐに車を引き渡せる人」ばかりではないですよね。

  • 車の納車時期がはっきりしていない…
  • 次に買う車で迷っている…
  • 買取額を元にディーラーと商談したい…

という人もいるのではないでしょうか。

そんな時は、引渡し時期など条件を買取業者と細かく調整できる車査定比較.comがおすすめ。

このサービスは登録している全国295の買取業者の中から、その車に適した買取業者最大10社に一括で査定依頼ができるというもの。

カスタマーサポートチームも設置されており、

  • 「売却先が決まったので査定依頼をやめたい」
  • 「個人情報はしっかり守られるのか」

という様な要望や疑問にもきっちり対応してくれるので安心です。

査定を依頼後、車の買取相場が画面に表示されるので、相場を予め把握した状態で査定に臨むことができ安く手放してしまう心配もありません。

実際の価格や条件は各業者によって異なるので、担当者の話を聞きながら最も条件の良い業者を選ぶようにしてください。

≫車査定比較.com

 

【外車/輸入車を売却するなら】「輸入車買取専門店」に査定を依頼しよう

外車/輸入車を高く買取してもらおうと思ったら、輸入車買取専門店に査定を依頼するのが鉄則。

筆者のおすすめは全国対応可能な輸入車買取サービスである輸入車.com

一般的な中古車買取店は、輸入車を買取りした後、業者オークションに出すのが普通の流れ。

その為買取額として提示できるのはオークションで利益が出る範囲内に限定されます。

しかし輸入車.comは直営販売店も持っており、そのまま店頭に並べることができる為、オークション相場を無視した高額提示が可能になります。

特に状態の良い車であるほどその差は大きくなります。大事に乗ってきた車だからこそ、しっかりと評価できるお店に見てもらうことが重要。

≫輸入車.com

 

中古車を購入する際のポイント

LSの中古車

ここまでを読んでわかる様に、LSはリセールの低い車であるが故、中古車を狙った方がお得です。

新車の賞味期限は初回のモデルチェンジまでと短く、それを跨ぐと300万円幅で価値が落ちるからです。

そんなLSを今から狙うならずばり50系の前期モデル(H29/10~R2/10)がおすすめ。

LS:50系前期モデル

リセールは後期が出ている関係で新車の50%を下回っており、うまく買えれば新車の半値で3年落ちのLSに乗ることができます。

グレードは当然Fスポーツが人気で高いので、敢えて外して「バージョンL」や「Iパッケージ」がおすすめ。(LSでFスポーツに乗る意味もそんなにない)

次のフルモデルチェンジではまたリセールが大きく落ちるので、その時に乗り換えることを見越すと、色はパールかクロにしておきましょう。

とにかくLSは運転手付きで乗っていることが多い為、状態の良い中古車がゴロゴロあります。

自分好みのお気に入りの一台を見つけてみましょう。

【レクサスLSの中古車を探すなら】販売店の非公開在庫もチェックしよう!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを上手く活用しましょう。

一般市場に公開される前の「非公開在庫」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に早くリーチできます。(登録は無料)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスです。

キノサン
いい車は早い者勝ち。欲しい車がある人は早めの登録がおすすめです。
\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
レクサスLSの非公開在庫を見る

 

まとめ

LSはあまりリセール重視で乗れる車ではありませんが、やはり一度は乗ってみたいレクサスのフラッグシップ。

乗るならリセールをコントロールして、できるだけ損を出さない効率的な乗り方を意識してみると良いかもしれません。

本サイトは他にも様々な車のリセールを調べています。興味がある方は参考にしてみてください。

≫【関連記事】リセールバリューが高い車ランキング(全メーカー・全車種編)

≫【関連記事】リセールバリューが高い車ランキング(レクサス編)

最後にお知らせです。

お知らせ(個別の乗換相談)

本ブログはリセールを中心とした情報発信ですが、個別の乗換え相談も承ります。

次の車のリセールが高い仕様や下取り車の狙える買取最高額など、車の売買に関することをなんでもご相談頂けます。

回答は実際のデータを用いてわかりやすくお伝えしています。(過去例も出しています)

効果的な車の乗り換えをしたいと思う方はぜひご利用ください。

ココナラ

※お届け日数は質問内容によります。初回の質問に対する回答は最短12時間以内〜最長2日の予定です。※お急ぎの方は事前にダイ…

最後までお読み頂きありがとうございました。

良いカーライフを。