レクサスLSのリセールバリューは3年落ちでギリギリ50%

レクサスのフラッグシップセダンであるLS。

下のグレードでも全長5mを超えるFセグメントの大型セダンです。

本記事ではそんなレクサスLSのリセールバリューを、新車から3年、5年、7年に分けて解説します。

エグゼティブセダンなのでリセールで選ばれるものではないと思いますが、一応知っておきたいですね。

 

この記事でわかること

・レクサスLSの3年、5年、7年後のリセールバリュー

・各グレードによるリセールの違い

それでは早速みていきましょう。
キノさん
中古車買取で10年のキャリアと、2500台をこれまで買取してきた経験から詳しくお伝えします。

ー先にわかる結論ー

 フルモデルチェンジ前後でリセールが一変、モデルチェンジ前後は要注意

 高額車、セダンという要因からリセールは総じて低い

 型落ちのLSは中古車として狙い目。5年落ちでも新車に比べかなり安く購入できる可能性あり

 

ー詳しくは記事内容へー


リセールバリューとは

リセールバリューとは

 

リセールバリューとは
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として用いています

買取相場の算出方法

 

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションでの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては、買取車両の大部分はオークションにて売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

キノさん
ユーザーへの直販が増えていますが、売れ残るとオークションで換価する為オークションのデータは必ず見ています。

3年後の買取相場

1回目の車検を迎える、新車から3年後(平成29年式)の買取相場を調べます。

平成29年10月でフルモデルチェンジ(FC)が入っていますが、年後半の為モデルチェンジ前を中心に調べます。

【調査条件】

  • 平成29年式:装備と色は混在
  • 走行距離3万km前後(年間1万kmで計算)
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好

FC後の買取相場

参照元:グーネット

グレード新車価格買取相場
残価率
LS500Fスポーツ12,005,000円680万円
57%
LS500hIパッケージ11,800,000円660万円
56%
LS500hバージョンL14,600,000円680万円
47%
LS500hFスポーツ16,400,000円760万円
46%

※買取相場=直近1ヶ月のオークションデータより算出
※残価率=買取相場/新車価格(%)

↑平成29年式のFC後のデータは少ない為参考まで。

FC前の買取相場

参照元:グーネット

グレード新車価格買取相場
残価率
LS4608548000円データなし
LS460バージョンC8960000円データなし
LS460バージョンCIパッケージ9217000円データなし
LS460Fスポーツ10151000円370万円
36%
LS460バージョンL10605000円350万円
33%
LS460L11634000円データなし
LS460LエグゼクティブPCK12971000円330万円
25%
LS600h12971000円データなし
LS600hバージョンC11223000円データなし
LS600hバージョンCIパッケージ11480000円400万円
35%
LS600hFスポーツ12722000円データなし
LS600hバージョンL12868000円420万円
33%
LS600hL14102000円データなし
LS600hLエグゼクティブPCK15954000円データなし
【3年落ち】買取相場と残価率の平均
FC後695万円・52%
FC前374万円・32%

こんな車はリセールが高い

現行モデルの高く売れているデータ

↑FC後の平成29年式の落札データです。落札額の高い順に並べています。

まず走行距離で結構変わっています。1万km前後だと高いですね。

サンルーフもそうですが、革の色で”白”が意外と高く売れている様に見えます。

白革は意外とアリかもしれません。

5年後の買取相場

参照元:グーネット

2回目の車検を迎える、新車から5年後(平成27年式)の買取相場を調べます。

基本的には3年落ちのFC前とモデルは変わっていません。

【調査条件】

  • 平成27年式:装備と色は混在
  • 走行距離5万km前後(年間1万kmで計算)
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好

買取相場

グレード新車価格買取相場
残価率
LS4608548000円200万円
23%
LS460バージョンC8960000円231万円
26%
LS460バージョンCIパッケージ9217000円250万円
27%
LS460Fスポーツ10151000円350万円
34%
LS460バージョンL10605000円231万円
22%
LS460L11634000円275万円
24%
LS460LエグゼクティブPCK12971000円データなし
LS600h12971000円200万円
15%
LS600hバージョンC11223000円データなし
LS600hバージョンCIパッケージ11480000円330万円
29%
LS600hFスポーツ12722000円340万円
27%
LS600hバージョンL12868000円330万円
26%%
LS600hL14102000円データなし
LS600hLエグゼクティブPCK15954000円363万円
23%
【5年落ち】買取相場と残価率の平均
282万円・25%

こんな車はリセールが高い

5年落ちの高く売れるデータ

↑5年落ちのオークション落札データを並べたものです。

サンルーフと色が良ければ、5年落ちでもギリギリ300万円を超える買取ができるかできないかといったところです。

役員車や送迎車としても使われると思いますが、10万kmを超えても100万円台後半で売れることを考えると高いと見るべきか安いと見るべきか。

どちらにしても5年落ちのLSは新車価格から考えるとかなりお得ですね。

7年後の買取相場

参照元:グーネット

3回目の車検を迎える、新車から7年後(平成25年式)について調べます。

基本的には5年落ちとモデルは変わっていません。

【調査条件】

  • 平成25年式:装備と色は混在
  • 走行距離7万km前後(年間1万kmで計算)
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好

買取相場

グレード新車価格買取相場
残価率
LS4608548000円187万円
22%
LS460バージョンC8960000円210万円
23%
LS460バージョンCIパッケージ9217000円220万円
24%
LS460Fスポーツ10151000円242万円
24%
LS460バージョンL10605000円220万円
21%
LS460L11634000円242万円
21%
LS460LエグゼクティブPCK12971000円データなし
LS600h12971000円200万円
15%
LS600hバージョンC11223000円231万円
21%
LS600hバージョンCIパッケージ11480000円270万円
24%
LS600hFスポーツ12722000円データなし
LS600hバージョンL12868000円275万円
21%
LS600hL14102000円データなし
LS600hLエグゼクティブPCK15954000円310万円
19%
【7年落ち】買取相場と残価率の平均
237万円・21%

7年落ちの特徴

7年落ちの特徴

落札額の高い順に並べています。

まずパールホワイトが高めの位置にきています。

またエアロパーツがついている2台が上位にきています。

LSにエアロを付けるのは珍しいですが、この様に大きな加点として見られることもある様です。

レクサスLSのリセールまとめ

経過年数に分けて見てみます。

レクサスLSのリセールまとめ

  • フルモデルチェンジがあるとリセールバリューが大きく変わる
  • 同一モデル期間においてはリセールの変化は小さい
  • FC前期とはいえ、3年落ちで新車の32%はかなりリセールがかなり低い。高額車、セダンの2点が影響。

高排気量のセダンは輸出に不向きとされていて、販路が国内のみの為リセールが低くなりやすい傾向があります。

見方を変えると、型落ちのLSは新車価格に比べてかなり安く購入することも可能だと言えます。

個人間売買に近いようなサービスを使えばかなり安く購入することが可能でしょう。

キノさん
最後までお読み頂きありがとうございました!
LSを新車で購入できるのは、リセールにあまり拘らない法人需要が多そうですね。
あわせて読みたい

車のリセールバリュー、気になりませんか?私は仕事柄と性格上、どうせ乗るなら手放す時も高く売れる、お得な車に乗りたいと常々思っています。本記事では、車のリセールバリュー(リセール)が大好きな私が、リセールの高い車をランキング形[…]

車のリセールバリューのランキングTOP10