トヨタ車の残価率一覧と残価率ランキング【査定士の解説付き】

トヨタ車の残価率一覧と残価率ランキング【査定士の解説付き】

こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。

今回は、トヨタ車全車種の残価率と残価率ランキングを紹介します。(現在販売中のモデル中心)

  • トヨタの中で残価率の高い車ってどれ?
  • リセールバリューの高いトヨタ車を知りたい

という疑問にお答えできる内容です。

ぜひ参考にしてみてください。

トヨタ車の残価率一覧

それでは早速、トヨタ車の残価率一覧です

残価率とは買取価格/新車価格(%)で値持ちの良さを表す指標です。
キノサン
新車から3年後の残価率、5年後の残価率という形で紹介します。

<各車種の○年後の残価率>

車種3年5年7年10年
【ア行】
アクア59%53%30%14%
アルファード85%65%40%22%
ヴェルファイア81%65%55%26%
ヴォクシー77%71%48%18%
エスクァイア74%55%
【カ行】
カローラクロス現行モデル:103%
クラウン54%44%37%
【サ行】
シエンタ60%49%16%
【ナ行】
ノア73%52%50%29%
【ハ行】
ハイエース69%60%48%
ハイラックス78%
パッソ49%29%12%4%
ハリアー81%68%57%27%
プリウス58%31%23%
【ラ行】
ライズ81%
ランドクルーザー90%109%65%42%
ランドクルーザープラド102%105%92%61%
【ヤ行】
ヤリス(ヴィッツ)
ヤリスクロス現行モデル:100%
【英数字】
8672%55%52%
C-HR58%
FJクルーザー112%100%79%66%
RAV487%44%54%19%
アシスタント
サポート
各車種のリンクより個別記事に飛べますよ。

経過年数別の残価率はモデルチェンジのタイミングにより異なります。

同じ3年落ちでも、”現行モデルの3年落ち”と”型落ちモデルの3年落ち”では値が大きく異なる為です。(当然現行モデルの方が高い)

細かいグレード別の残価率や、リセールが高くなる仕様などは個別記事を確認してください。

 

トヨタ車の残価率ランキング

では次にトヨタ車を残価率(総合)の高い順に紹介します。まずはTOP10を紹介!余力が出たら番外編等を追加していきます。

1位:ランドクルーザー

ランドクルーザー

トヨタは残価率が高い車がとても多いメーカーですが、中でも車格も価格もずば抜けて高いのがランドクルーザーです。

【ランドクルーザーのスペック】

モデルガソリンディーゼル
全長幅高(mm)4985×1980×19254985×1980×1925
排気量3400cc3300cc
定員5人・7人5人・7人
WLTC燃費7.9km/L9.7km/L
価格510万円〜760万円〜

【年数・モデル別の残価率】

経過年数残価率
3年落ち/H30年
(200系後期)
94%
★★★★★
5年落ち/H28年
(200系後期)
102%
★★★★★
H27/8:200系後期にマイナーチェンジ
7年落ち/H26年
(200系中期)
68%
★★★★★
H24/1:200系中期にマイナーチェンジ
10年落ち/H23年
(200系前期)
42%

※買取額は全グレードの平均

★★★★★(星5つ)→最高!
★★★★☆(星4つ)→高い
★★★☆☆(星3つ)→普通
★★☆☆☆(星2つ)→低い
★☆☆☆☆(星1つ)→とても低い

ランドクルーザーはR3/8にフルモデルチェンジし、新型(300系)が発売されました。

新型の残価率は当然100%を超えており、オークションでは1000万円を超えて取引されています。

しかし新型のみならず、型落ちとなった200系もまだまだ高い残価率があるのがランドクルーザーの強いところ。(主に後期モデル)

細かいことを言うとパキスタン向けの輸出などが関係していて、とにかく高く売れる仕様を押さえることがまずはポイントとなります。

≫ランドクルーザーのグレード別の残価率と高く売れる仕様についてはこちら

関連記事

近年、稀に見る納車待ちとなったランクル300系のデビューから数ヵ月、みなさまいかがお過ごしでしょうか。こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。14年ぶりフルモデルチェンジの影響か、リセール高騰の影響か、オーダーが半端ないこ[…]

ランクル300のリセールはどうなる?200系の相場から傾向を分析

 

2位:ランドクルーザープラド

ランドクルーザープラド

次に来るのはランドクルーザーの弟分、ランドクルーザープラド。

【ランドクルーザープラドのスペック】

モデルガソリンディーゼル
全長幅高(mm)4825×1885×18504825×1885×1850
排気量2700cc2800cc
定員5人・7人5人・7人
WLTC燃費8.3km/L11.2km/L
価格366万円〜433万円〜

【年数・モデル別の残価率】

経過年数
モデル
残価率/平均買取額
ランク
3年落ち(R1年)
150系後期
102%/395万円
★★★★★
5年落ち(H29年)
150系後期
105%/406万円
★★★★★
H29/9:150系後期にマイナーチェンジ
7年落ち(H27年)
150系中期
92%/348万円
★★★★★
H25/9:150系中期にマイナーチェンジ
10年落ち(H24年)
150系前期
61%/229万円

※買取額は全グレードの平均

先ほどのランドクルーザーに引けを取らない高い残価率の持ち主で、こちらも主にパキスタンに高額で輸出されている車。

フルモデルチェンジしたランドクルーザーに比べ、プラドのフルモデルチェンジはこれから3年以内には訪れます。

モデルチェンジの動向も見ながら、高く売れる仕様を購入すれば、乗り換え時にほぼ損なく売却することだって可能でしょう。

プラドのリセールは非常に注目度が高く、ガソリンとディーゼルどちらも人気がある為、それぞれ分けて詳しく紹介しています。

≫プラド(ガソリンモデル)のグレード別の残価率、高く売れる仕様はこちら

≫プラド(ディーゼルモデル)のグレード別の残価率、高く売れる仕様はこちら

関連記事

プラドのリセールってどうなの? リセールの高いグレードやオプションは? 70周年モデルのリセールバリューは?こんな疑問をお持ちではないでしょうか。こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。[…]

ランクルプラドのリセール/残価率を70周年モデルも含めて解説
関連記事

プラドはガソリンとディーゼルどっちがおすすめ? ディーゼルプラドのリセールはどう? ディーゼルプラドに必要なオプションは?こんな疑問をお持ちではありませんか?こんにちは、中古車査定士の@キノサンで[…]

ディーゼルプラドのリセールはなぜ低い?ガソリンと比較してみた

 

3位:アルファード(ヴェル含む)

アルファード

3位はトヨタのフラッグシップミニバンであるアルファードとヴェルファイア。

アルファードとヴェルファイアはほぼ中身が同じな為、代表してアルファードの解説をします。

【アルファード/ヴェルファイアのスペック】

モデル<ガソリン><ハイブリッド>
全長幅高(mm)4950×1850×19354950×1850×1950
排気量2500cc・3500cc2500cc
定員7人・8人7人・8人
WLTC燃費10.6km/L14.8km/L
価格360万円〜461万円〜

【年数別の残価率(アルファード)】

経過年数
モデル
残価率/買取額
(ガソリン)
残価率/買取額
(HV)
3年落ち/R1年
30系後期
95%/455万円
★★★★★
81%/457万円
★★★★★
H30/1:30系後期にマイナーチェンジ
5年落ち/H29年
(30系前期)
74%/311万円
★★★★★
61%/321万円
★★★★☆
7年落ち/H27年
(30系前期)
62%/263万円
★★★★★
55%/286万円
★★★★☆
H27/1:30系前期にフルモデルチェンジ
10年落ち/H24
(20系後期)
29%/111万円28%/133万円

【年数別の残価率(ヴェルファイア)】

経過年数
モデル
残価率/買取額
(ガソリン)
残価率/買取額
(HV)
3年落ち/R1年
30系後期
87%/414万円
★★★★★
74%/419万円
★★★★☆
H30/1:30系後期にマイナーチェンジ
5年落ち/H29年
30系前期
71%/284万円
★★★★★
59%/309万円
★★★☆☆
7年落ち/H27年
30系前期
56%/238万円
★★★★★
53%/280万円
★★★★★
H27/1:30系前期にフルモデルチェンジ
10年落ち/H24
20系後期
24%/93万円28%/134万円

※買取額は全グレードの平均

僅かにアルファードの方が残価率が高いのがわかります。

また両方とも明確にガソリンモデルの方が残価率が高いと言えます。

輸出先はマレーシアが主で、その他タイや香港にも高額で輸出実績があり。

こちらもグレード毎に残価率が大きく違う他、オプションなども重要なのでリセールを上げようと思うと細かいところを押さえる必要があります。

フルモデルチェンジが近いことにも注目ですね。

≫アルファードの細かい残価率はこちら

≫ヴェルファイアの細かい残価率はこちら

関連記事

アルファードのリセールってどうなの? リセールが高くなる為のポイントは? タイプゴールドのリセールは今後どうなる?こんな疑問をお持ちではありませんか?こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。[…]

アルファードのリセールと残価率を解説!必要なオプションやグレードはこれ
関連記事

ヴェルファイアのリセールって良いの?悪いの? リセールが高くなるためのポイントとは? 今後の買取相場はどうなりそう?こんな疑問をお持ちではありませんか?こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。[…]

 

4位:ハリアー

ハリアー

4位は都市型SUVのハリアー。

人気もさることながらリセールバリューも高めの一台です。

【ハリアーのスペック】

モデル<ガソリン><ハイブリッド>
全長全幅全高(mm)4740×1855×16604740×1855×1660
排気量2000cc2500cc
定員5人5人
WLTC燃費15.4km/L22.3km/L
価格299万円〜358万円〜

【年数・モデル別の残価率】

経過年数
モデル
残価率/買取額
(ガソリン)
残価率/買取額
(HV)
現行型/R2年
80系
95%/365万円95%/430万円
R2/6:80系にフルモデルチェンジ
3年落ち/R1年
60系後期
81%/295万円
★★★★★
80%/348万円
★★★★★
H29/6:60系後期にマイナーチェンジ
5年落ち/H29年
60系前期
72%/234万円
★★★★★
63%/258万円
★★★★☆
7年落ち/H27年
60系前期
63%/197万円
★★★★★
51%/212万円
★★★★☆
H25/12:60系にフルモデルチェンジ
10年落ち/H23
30系
27%/77万円26%/123万円

※買取額は全グレードの平均

残価率は若干ガソリンの方が高いものの、現行モデルや高年式ではそこまで差がありません。

短期で乗り換えを考える場合は、どちらで入っても問題ないでしょう。

オプションもそこまで細かくはないので、割と高いリセールが出しやすい車種だと言えます。

ただし大きなオプションとグレード選びはポイントがあるので押さえましょう。

≫ハリアーの細かい残価率についてはこちら

関連記事

・ハリアーのリセールバリューってどう?・5年後の残価率はどれぐらい?・ガソリンとハイブリッドのリセール差は?こんな疑問をお持ちではないでしょうか?こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回はトヨタ/ハリアーの[…]

新型ハリアーのリセール・残価率を解説!5年後のリセールはどうなの?

 

5位:ハイラックス

ハイラックス

ピックアップトラックのハイラックスもリセールの高い車の一つです。

【ハイラックスのスペック】

モデル<ディーゼル>
全長全幅全高(mm)5320×1900×1840
排気量2400cc
定員5人
価格353万円〜

【年数別の残価率】

経過年数残価率/買取額
現行モデル
R2~3年
90%/331万円
★★★★★
R2/8:120系後期にマイナーチェンジ
3年落ち
H30年
82%/288万円
★★★★★
H29/9:120系としてフルモデルチェンジして復活
20年落ち36%/80万円
★★★★★
30年落ち17%/40万円
★★★★★

※買取額は全グレードの平均

ハイラックスはディーゼルのみの仕様で、直近では「GRスポーツ」のグレードが設定されています。

リセールが高くなる細かな仕様は特にないものの、カーキがモンゴルに高額で輸出されるなど、色によってリセールが異なるのも特徴です。

右肩下がりでリセールは下がるものの、底堅い残価率のある車と言えるでしょう。

≫ハイラックスの細かい残価率についてはこちら

関連記事

現代のダブルキャブピックアップトラックと言えばハイラックス。ゴツゴツしててアウトドア感満載、しかもダブルキャブなので5人乗り、中々いいですよね。今年秋には新グレード「GRスポーツ」が追加予定、これは益々売れるゾ![b[…]

ハイラックスのリセールを解説!ディーゼルなのに何故こんなに高い?

 

6位:RAV4

RAV4

新型となって久しいRAV4、こちらもリセールの高い定番車種です。

【RAV4のスペック】

モデル<ガソリン><ハイブリッド>
全長全幅全高(mm)4610×1865×17354610×1865×1690
排気量2000cc2500cc
定員5人5人
WLTC燃費15.2km/L20.6km/L
価格277万円〜337万円〜

【年数別の残価率】

経過年数ガソリンハイブリッド
現行型/R1以降
(50系)
94%87%
(PHV:96%)
H31/4 50系にフルモデルチェンジ
5年落ち/H28年
(30系後期)
44%
★★☆☆☆
7年落ち/H26年
(30系後期)
54%
★★★★☆
10年落ち/H23年
(30系後期)
19%

※買取額は全グレードの平均

H31年にフルモデルチェンジした新型は高い残価率の状況が続いています。

ガソリンとハイブリッドだとややガソリンの方が優勢と言えます。

グレード全般的にリセールの高い車種で、細かなオプションの組み合わせもそこまでありません。

ハリアーとは対照的にアウトドア型のSUVと言えます。

≫RAV4の細かい残価率についてはこちら

関連記事

RAV4のリセールバリューってどう?リセールの高いグレードや装備は?今回はそんな「RAV4のリセールバリュー」について詳しく紹介していきます。こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。2年前にフル[…]

RAV4のリセール・残価率を詳しく紹介!今最もおすすめな車である理由

 

7位:ノア・ヴォクシー

ノア
ノア
ヴォクシー
ヴォクシー

ファミリー層に人気のノア・ヴォクシーもグレードによってはリセールの高い車種になります。

【ノア・ヴォクシーのスペック】

モデル<ガソリン><ハイブリッド>
全長全幅全高(mm)4695×1730×19254695×1730×1925
排気量2000cc1800cc
定員7人・8人7人・8人
WLTC燃費15.0km/L23.0km/L
価格267万円〜305万円〜

【年数別の残価率(ヴォクシー)】

経過年数
モデル
【ガソリン】
残価率/買取額
【HV】
残価率/買取額
現行型/R4
90系
119%/405万円120%/428万円
R4/1:90系にフルモデルチェンジ
3年落ち/R1
80系後期
78%/228万円
★★★★☆
76%/244万円
★★★★☆
5年落ち/H29
80系後期
73%/211万円
★★★★★
69%/217万円
★★★★☆
H29/7:80系後期型にマイナーチェンジ
7年落ち/H27
80系前期
51%/138万円
★★★★☆
44%/128万円
★★★☆☆
H26/1:80系にフルモデルチェンジ
10年落ち/H24
70系後期
18%/47万円

※買取額は全グレードの平均

ヴォクシーとノアはほぼ同じなので、ヴォクシーを代表して紹介します。

新型は新車価格を超えた価格で取引されています。(オプションの有無で取引価格は異なる)

今の所ガソリンとハイブリッドで差は見られないので、数年乗る場合は維持費も考えてハイブリッドの方が得かもしれません。

国内での人気は高いものの、輸出としてはそこまで強い車ではないのでモデルチェンジでの値下がりには注意しましょう。

≫ヴォクシーの細かい残価率についてはこちら

関連記事

ヴォクシーのリセールが良いモデルって? 新型のグレードは何がおすすめ? 手放す際の注意点が知りたい!こんな疑問をお持ちではないでしょうか?こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回はト[…]

ヴォクシーのリセール・残価率を中古車査定士が詳しく解説!

 

8位:ライズ

ライズ

5ナンバーサイズのSUVであるライズもリセールの高い車の一つ。

【ライズのスペック】

モデル<ガソリン><ハイブリッド>
全長全幅全高(mm)3995×1695×16203995×1695×1620
排気量1000cc・1200cc1200cc
定員5人5人
WLTC燃費17.4km/L28.0km/L
価格171万円〜216万円〜

【年数別の残価率】

経過年数残価率/買取額
2年落ち
R1年
81%/159万円

ライズは3年前に発売された比較的新しい車です。

後からハイブリッドグレードが発売され、ガソリン・ハイブリッド共に比較的高い残価率が期待されています。

主に色やグレードで残価率は異なってくるので、何を選択するかが重要です。

≫ライズの細かい残価率についてはこちら

関連記事

この記事のまとめ・ライズのリセールバリューをプロの中古車査定士が詳しく解説!・発売から2年経過現在の残価率や下取り・買取相場の目安がわかります!・リセールの高いグレードや色・装備、査定の時に差がつくポイントも紹介![…]

【中古車査定士が教える!】ライズのリセールを徹底解説

 

9位:86/GR86

86

小型FRスポーツクーペである86/GR86も残価率の高い車。

現在はGR86のみの新車販売です。

【GR86のスペック】

モデル<ガソリン>
全長全幅全高(mm)4265×1775×1310
排気量2400cc
定員4人
価格280万円〜

≫GR86/86の細かい残価率についてはこちら

関連記事

トヨタ 86の新車から3年・5年・7年後のリセールバリュー(下取り/買取相場)をグレード別にお伝えします。グレード毎のリセールバリューや人気の色、モデルチェンジ前後のリセールの差についても記載したので是非参考にしてみてください。[…]

トヨタ 86のリセールと下取り/買取相場をプロ査定士が解説

 

10位:ハイエースバン/ワゴン

ハイエース

海外で有名なトヨタ車としてハイエースがありますよね。

リセールが高い車として有名な様で、実はそこまでダントツにリセールが高い訳ではありません。

【ハイエースバンのスペック】

モデル<ガソリン><ディーゼル>
全長全幅全高(mm)4695×1695×19804695×1695×1980
排気量2000cc2800cc
定員2/3/5/6人2/3/5/6人
WLTC燃費9.2km/L12.4km/L
価格171万円〜216万円〜

【年数別の残価率】

経過年数残価率(G)残価率(D)残価率
(全体)
3年落ち/H30年68%
★★★☆☆
69%
★★★☆☆
68%
★★★☆☆
5年落ち/H28年59%
★★★☆☆
52%
★★★☆☆
55%
★★★☆☆
7年落ち/H26年38%
★★☆☆☆
38%
★★☆☆☆
38%
★★☆☆☆
10年落ち/H23年29%24%26%

ただし「スーパーGLダークプライム 」というグレードは別格で、特に4WDは高いリセールがあるのでおすすめ。

≫ハイエースバンの細かい残価率についてはこちら

関連記事

トヨタのハイエースは1967年の発売以来、世界の各国で信頼性、使用性、走破性が評価されてきた歴史のあるワンボックスカー。ご存知の通り高いリセールバリューがあることで知られていますが、実は高年式よりも低年式でこそリセールを発揮する車で[…]

ハイエースワゴンについても解説しています。

関連記事

「ハイエースワゴンのリセールが知りたい!」「バンではなくワゴンが欲しいけどリセールが心配」 ハイエースと言えばバンを想像しますが、乗用ユースのワゴン(10人乗り)もあり、それがハイエースワゴン!キャンピ[…]

ハイエースワゴンのリセールと人気/おすすめのグレードについて

 

乗換え時に役立つ!車を高く売る方法

「ディーラーの下取額に満足してしまっていませんか?」

ディーラーの下取りと中古車買取サービスを比較した場合、90%以上の確率で10万円以上、中古車買取サービスの方が高く買取りができます。

キノサン
中には100万円近く下取りより高く買取できるケースもあります。

それにも関わらず日本では”ディーラー(下取り)でしか車を売った経験がない”という人が全体の約70%と言われており(矢野経済研究所より)

中古車買取サービスを使わないのはもったいない!というのが買取店の中の人の感想です。

そこで今回は中古車査定士の筆者が自分の車を売る際にも使う「おすすめの買取サービス」を紹介するので、高値売却にぜひ役立ててください。

【すぐ手放せるなら】価格が競り上がる「オークション形式」

価格だけを追い求める場合、車売却のトレンドとして「オークション形式」が増えています。(実際に価格も競り上がるので高い)

「オークション形式」とは、最初に1度の査定をして、そのデータに対し複数の業者がWeb上でオークションの様に入札してくる方式のこと。

オークションの結果が満足いく価格に達しなかった場合は無料でキャンセルもできます。

現在このサービスが利用できるのは、楽天Carオークションユーカーパックの2社のみ。

メリットは買取額が高いこと、デメリットはエリアが限定されること(地方は一部不可)、早めに車を手放さなければいけないことになります。

キノサン
ユーカーパックは落札後の入金確認から8日以内に車の引き渡し。
アシスタント
サポート
楽天は1ヵ月の猶予があるので、楽天の方が余裕を持てます。

入札業者数はユーカーパックが多い(8,000社)ですが、楽天はポイントが貯まったり余裕を持てたりと一長一短。(楽天の業者数は2,000社)

価格は期待できる上、何より査定が一度だけと全く手間がかからないので「すぐに手放せる人」は一度試してみるべき。

≫楽天Carオークション

≫ユーカーパック

 

【すぐに手放せないなら】引渡し時期などの融通が利く「車査定比較.com」

しかし実際には「すぐに車を引き渡せる人」ばかりではないですよね。

  • 車の納車時期がはっきりしていない…
  • 次に買う車で迷っている…
  • 買取額を元にディーラーと商談したい…

という人もいるのではないでしょうか。

そんな時は、引渡し時期など条件を買取業者と細かく調整できる車査定比較.comがおすすめ。

このサービスは登録している全国295の買取業者の中から、その車に適した買取業者最大10社に一括で査定依頼ができるというもの。

カスタマーサポートチームも設置されており、

  • 「売却先が決まったので査定依頼をやめたい」
  • 「個人情報はしっかり守られるのか」

という様な要望や疑問にもきっちり対応してくれるので安心です。

査定を依頼後、車の買取相場が画面に表示されるので、相場を予め把握した状態で査定に臨むことができ安く手放してしまう心配もありません。

実際の価格や条件は各業者によって異なるので、担当者の話を聞きながら最も条件の良い業者を選ぶようにしてください。

≫車査定比較.com

 

【外車/輸入車を売却するなら】「輸入車買取専門店」に査定を依頼しよう

外車/輸入車を高く買取してもらおうと思ったら、輸入車買取専門店に査定を依頼するのが鉄則。

筆者のおすすめは全国対応可能な輸入車買取サービスである輸入車.com

一般的な中古車買取店は、輸入車を買取りした後、業者オークションに出すのが普通の流れ。

その為買取額として提示できるのはオークションで利益が出る範囲内に限定されます。

しかし輸入車.comは直営販売店も持っており、そのまま店頭に並べることができる為、オークション相場を無視した高額提示が可能になります。

特に状態の良い車であるほどその差は大きくなります。大事に乗ってきた車だからこそ、しっかりと評価できるお店に見てもらうことが重要。

≫輸入車.com

 

中古車探しは業者の非公開在庫も確認

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを上手く活用するのがおすすめ。

一般市場に公開される前の「非公開在庫」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に早くリーチできます。(登録は無料)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスです。

キノサン
いい車は早い者勝ち。欲しい車がある人は早めに登録しておこう。
\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
ガリバーの中古車検索サービス

 

まとめ

以上、トヨタ車の残価率一覧と残価率ランキングでした。

私のブログでは他にも色々な車のリセールバリューについて紹介しています。

興味がある人はぜひそちらもチェックしてみてください。

関連記事

「リセールバリューの高い車に乗りたいけれど、どの車が何年後にどのくらいリセールがあるのかわからない。。」そう思うことってありませんか?こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回は私が書いている車のリセールバリュー[…]

【2020年11月更新】リセールバリューの高い車ランキング・TOP20

最後に中古車査定士である筆者から、”中古車を探すとき”また”車を高く売りたいとき”に役立つおすすめサービスを紹介します。

ぜひ中の人の話も参考にしながら、効果的な車の乗り換えを目指して下さい。

最後にお知らせです。

本ブログはリセールを中心とした情報発信ですが、個別の乗換え相談も承ります。

次の車のリセールが高い仕様や下取り車の狙える買取最高額など、車の売買に関することをなんでもご相談頂けます。

回答は実際のデータを用いてわかりやすくお伝えしています。(過去例も出しています)

効果的な車の乗り換えをしたいと思う方はぜひご利用ください。

ココナラ

※お届け日数は質問内容によります。初回の質問に対する回答は最短12時間以内〜最長2日の予定です。※お急ぎの方は事前にダイ…

最後までお読み頂きありがとうございました。

良いカーライフを。

≫【関連記事】全メーカー・全車種のリセールバリューランキング

≫【関連記事】レクサス車のリセールバリュー・残価率ランキング