プリウス・プリウスPHVのリセールバリューを解説【30系は今がお得!】

プリウス・プリウスPHVのリセールバリューを解説

トヨタのハイブリッドカーの先駆者であるプリウス。

2020年の1~6月の販売実績では、普通車全体の中で9番目に売れている車種で、根強い人気があります。

本記事ではそんなプリウス、プリウスPHV(プラグインハイブリッド)のリセールバリュー(買取相場)について解説します。

特にPHVとしては、今後もRAV4など適用される車種が拡大する傾向にあります。

是非今後の乗換の際の参考にしてください

【この記事を書いた人】

キノさん
車の買取をしているキノさんです。10年のキャリアとこれまで2,500台を買取した経験から詳しくお伝えします。

ーこの記事でわかること(結論)ー

 プリウスのリセールはモデルチェンジによって大きく変化した(30系が大きく下落)

 30系後期は輸出の需要もあり、オークションで30万円を下回ることはない

 PHVのリセールは現行こそ高いものの、型落ちモデルは非常に安い


リセールバリューとは

リセールバリューとは

 

リセールバリューとは
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として用いています。

買取相場の算出方法

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションでの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては、買取車両の大部分はオークションにて売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

3年後の買取相場

新車から1回目の車検である、3年落ち(平成29年式)の買取相場について解説します。

4代目のプリウスになって2018年12月にマイナーチェンジをしているので、3年落ちは51系プリウスの前期モデルということになります。(PHVはマイナーチェンジなし)

【調査条件】

  • 平成29年式2WDモデル:装備と色は混在
  • 走行距離3万km前後(年間1万kmで計算)
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好

買取相場(プリウス)

グレード新車価格買取相場
残価率
E2429018円100万円
41%
S2479091円データなし
Sツーリングセレクション2628327円データなし
A2777563円150万円
54%
Aツーリングセレクション2926800円180万円(エアロ含む)
62%
Aプレミアム3107455円210万円(エアロ含む)
68%
Aプレミアムツーリングセレクション3199745円200万円
63%

※買取相場=直近1ヶ月のオークションデータより
※残価率=買取相場/新車価格(%)

買取相場(プリウスPHV)

グレード新車価格買取相場
残価率
S3261600円195万円
60%
Sナビパッケージ3666600円210万円
57%
A3807000円220万円
58%
Aレザーパッケージ4066200円225万円
55%
Aプレミアム4222800円230万円
54%
【3年落ち】買取相場と残価率の平均
プリウス168万円・58%
PHV216万円・57%

プリウス・プリウスPHVともに意外とリセールが高い!ということがわかりました。

エアロパーツの評価は高め

エアロ付きのプリウス

これはAツーリングセレクションのモデリスタエアロキットがついているものです。

エアロの差

エアロパーツの有無でオークションの落札額が約12万円の開きがあります。

エアロパーツ代を全額回収できる訳ではありませんが、十分評価されていると言えます。

この様に51系のプリウスはエアロをつけているユーザーが多いです。

色でリセールが大きく変わる

PHVの色の差

意外と車体の色でリセールに大きな差がついています。

上の図はPHVのAプレミアムのものですが、シルバーが特に弱いことがわかります。

パールホワイトだと220万円〜240万円あるのに対し、シルバーだと180万円〜200万円と約40万円の差があります。

特に希望がなければ売る時の為にも、パールホワイトか黒を選んでおきましょう。

あわせて読みたい

キノさん車の色って何色が高く売れるか、きちんと知っていますか?よく白系が良いとか、白は雪に紛れるから輸出には嫌われるとか、黒系が良いとか、シルバー系が無難で良いとか。色んな話を聞きますよね。 本記事[…]

車の色

PHVも輸出されている

意外にもPHVも中古車は海外に輸出されています。

3年落ちまではパキスタン、5年落ち、7年落ちはロシアに行きになります。

輸出される

事故修復歴がある車や、走行距離13万kmを走った車でもオークションでは120~130万円では落札されています。

この様に条件が悪くてもある一定以下の価格にならないのは、輸出されている証拠です。

5年後の買取相場

新車から2回目の車検である、5年落ち(平成27年式)の買取相場について解説します。

プリウスにおいては、30系(型式:ZVW30)の後期、プリウスPHVでは35系(型式:ZVW35)になります。

【調査条件】

  • 平成27年式2WDモデル:装備と色は混在
  • 走行距離5万km前後(年間1万kmで計算)
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好

買取相場(プリウス)

グレード新車価格買取相場
残価率
L2,232,000円55万円
25%
S2386286円66万円
28%
G2592000円72万円
28%
Sツーリングセレクション2592000円88万円
34%
Gツーリングセレクション2797714円90万円
32%
SツーリングセレクションG’s2921143円115万円
39%
Gツーリングセレクションレザーパッケージ3435428円110万円
32%

買取相場(プリウスPHV)

グレード新車価格買取相場
残価率
L2931429円データなし
S3085714円55万円
18%
G3291429円70万円
21%
Gレザーパッケージ4112229円90万円
22%
【5年落ち】買取相場と残価率の平均
プリウス85万円・31%
PHV72万円・20%

フルモデルチェンジの影響もあり、5年落ちと言えど3代目プリウスのリセールの落ちが大きくなっています。

逆に見ると3代目のプリウスは中古車としてお買い得とも言えます。

型落ちでも色の差は20万円

30系プリウスの色の差

上の図はプリウスSツーリングセレクションの人気色(パールホワイトと黒)とそれ以外の平均値です。

全体平均としては88万円の買取額としてありますが、色で分けると上記の様に20万円の差が出ます。

具体的に言うと人気色は95万円ぐらいで買取ができるのに対し、人気色以外だと75万円ぐらいの買取になってしまう可能性が高いと言えます。

色はまだ新しいうちだけではなく、5年経過しても価格に影響するものだということがわかります。

7年後の買取相場

新車から3回目の車検である、7年落ち(平成25年式)の買取相場について解説します。

プリウスは30系の後期、プリウスPHVは発売から2年目となります。

【調査条件】

  • 平成25年式2WDモデル:装備と色は混在
  • 走行距離7万km前後(年間1万kmで計算)
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好

買取相場(プリウス)

グレード新車価格買取相場
残価率
L2,170,000円35万円
16%
S2,320,000円50万円
22%
G2,520,000円50万円
20%
Sツーリングセレクション2,520,000円67万円
27%
Gツーリングセレクション2,720,000円60万円
22%
SツーリングセレクションG’s2,840,000円83万円
29%
Gツーリングセレクションレザーパッケージ3,340,000円75万円
22%

買取相場(プリウスPHV)

グレード新車価格買取相場
残価率
S3,200,000円44万円
14%
G3,400,000円55万円
16%
Gレザーパッケージ4,200,000円70万円
17%
【7年落ち】買取相場と残価率の平均
プリウス60万円・23%
PHV56万円・16%

5年落ち→7年落ちではモデルが変わっていないこともあり、買取相場は大きくは落ちていません。

過走行でも30万円台で売れる

初期PHVの過走行データ

プリウスPHVの発売当初モデル、走行距離が多い順に並べたものです。

走行距離が増えても最低でも30万円台で落札されています。

プリウスは年式に関わらず輸入してくれる国が海外にたくさんありますので、走行距離が多くなっても安定して売れると言えます。

プリウスのリセールバリューまとめ

プリウスのリセールバリューの推移

3年落ちにあたる51系前期のリセールバリューは比較的高い水準にあります。

しかし30系になる5年落ち以降のリセールは大きく落ちています。

モデルチェンジがないまま現在の51系が5年経過した際は、30系の水準よりは高い40%〜50%の残価率だと思われます。

・プリウスのリセールはモデルチェンジによって大きく変化した

・30系後期は輸出の需要もあり、オークションで30万円を下回ることはない

・PHVのリセールは現行こそ高いものの、型落ちモデルは非常に安い

プリウスの30系はモデルチェンジによって非常に値下がりしたと言えます。
30系プリウスを中古車で探している方は、是非狙っていきましょう。
キノさん
最後までお読み頂きありがとうございました。輸出需要は多くあるものの安い価格で支えられています。30系は今お得ですね!
あわせて読みたい

車のリセールバリュー、気になりませんか?私は仕事柄と性格上、どうせ乗るなら手放す時も高く売れる、お得な車に乗りたいと常々思っています。本記事では、車のリセールバリュー(リセール)が大好きな私が、リセールの高い車をランキング形[…]

車のリセールバリューのランキングTOP10