ヴェルファイアのリセールってどう?中古車査定士が徹底解説

「ヴェルファイアのリセールってどうなの?」

そんな疑問にお答えします。

アルファードと双璧をなす、トヨタのフラッグシップミニバン「ヴェルファイア」。

リセールが高いことでも有名ですが、実際の数値や高く売れるポイントも気になりますよね。

今回はそんな「ヴェルファイアのリセールバリュー」について詳しくお伝えしていきます。

あわせて読みたい

「アルファードのリセールバリューってどう?」こんな疑問にお答えします。 今や人気・リセール共に日本一と言っても過言ではないミニバン「アルファード」、その具体的なリセールは気になりますよね。今回は「ア[…]

アルファードのリセールと影響するオプション/グレード等を徹底解説

【結論】ヴェルファイアのリセール

結論としてはヴェルファイアのリセールはやや高い方です。

しかしそれにも一定のルールが存在します。

下記の年数毎の平均残価率の推移を見てもわかりますが、5年とフルモデルチェンジを経てしまうと一気にリセールが平均以下に成り下がります。

乗り換えは一般的に手出しがあるとはいえ、リセールが大きく落ちるタイミングがわかれば、その前に新しい車に乗り換えた方がいいですよね。

経過年数残価率(G)
残価率(HV)
3年落ち
30系後期
71%(58~85)
★★★★☆
67%(61~74)
★★★☆☆
H30/1:30系後期型にマイナーチェンジ
5年落ち
30系前期
61%(48~72)
★★★★☆
55%(47~64)
★★★☆☆
H27/1:30系にフルモデルチェンジ
7年落ち
20系後期
32%(26~38)
★★☆☆☆
34%(27~40)
★★☆☆☆
H23/11:20系後期型にマイナーチェンジ
10年落ち
70系後期
17%

※残価率=買取相場/新車価格(%)
※残価率は全グレード平均(カッコ内は各グレードによる幅)

※オプション費用と値引きは考慮せず

最もリセールがいいグレード(=2.5Z Gエディション)であれば5年落ちでも平均残価率72%なので全車種内トップレベルのリセール。

後にも出てきますが、ヴェルファイアのリセールで重要なことは、

  1. 高く売れるグレード・仕様を知ること
  2. 最も高く売れる年、逆にリセールが一気に落ちるタイミングを知ること

この2点になります。

ぜひポイントを掴んでくださいね。

中古車を探している人は非公開車両もチェックしよう!

ヴェルファイアの中古車を探すなら、ガリバーの中古車検索サービスを上手く活用しましょう。

一般市場に公開される前の「非公開車両」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車にリーチできます。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短で即日の連絡で専任の担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるお得なサービスです。

\ 【登録は無料】希望の車があるかも /
ヴェルファイアの非公開車両を見る
あわせて読みたい

「リセールバリューの高い車を知りたい」そんなあなたにぴったりの記事です。 こんにちは、車のリセールバリューマニアのキノさんです。本記事では私が調査したデータから、リセールバリューの高い車をランキング[…]

【2020年11月更新】リセールバリューの高い車ランキング・TOP20

経過年数・グレード別のリセール

参照元:グーネット

リセールバリューを経過年数とグレード別に見ていきます。

3年後のリセール:残価率69%

3年落ちは現行モデルと同じ30系後期です。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月のオークションデータより
  • 平成30年式、装備と色は絞り込みなし
  • 事故歴なし、内外装の状態良好として
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
2.5X3,541,000円
0.9~4.9万km
16件
210~300万円
255万円
72%
2.5Z3,735,720円
0.5~8.7万km
92件
220~330万円
290万円
78%
2.5Z Aエディション3,905,280円
0.6~5.8万km
105件
275~335万円
300万円
77%
2.5V4,220,000円
1.0~8.2万km
12件
255~315万円
290万円
69%
2.5Z Gエディション4,362,120円
0.5~7.7万km
416件
220~440万円
370万円
85%
3.5Z G4,947,480円
0.4~5.1万km
37件
300~440万円
365万円
74%
3.5V L5,205,600円
0.3~3.2万km
3件
295~365万円
330万円
63%
3.5エグゼクティブラウンジ7,034,040円
3.5万km
1件
410万円
58%
3.5エグゼクティブラウンジZ7,183,080円
0.4~11.5万km
15件
335~475万円
440万円
61%
【ハイブリッドモデル】
ハイブリッドX4,513,000円
2.3~5.5万km
6件
275~310万円
290万円
64%
ハイブリッドZ4,632,120円
1.2~4.5万km
12件
320~365万円
342万円
74%
ハイブリッドV4,997,160円
0.6~5.0万km
6件
300~375万円
342万円
68%
ハイブリッドZR5,141,880円
0.5~8.9万km
19件
290~400万円
365万円
71%
ハイブリッドV Lエディション5,551,200円
2.5万km
1件
353万円
64%
ハイブリッドZR Gエディション5,695,920円
0.4~11.7万km
23件
310~480万円
400万円
70%
ハイブリッド エグゼクティブランジZ7,502,760円
1.9~6.1万km
15件
410~495万円
455万円
61%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【3年後の平均残価率】

ガソリン71% ★★★★☆
ハイブリッド67% ★★★☆☆
全体69% ★★★☆☆

リセールはガソリンの方が高いです。

やはり輸出に強い「2.5Z Gエディション」のリセールが1番となっています。

排気量が大きいほどリセールには不利で、基本的にはガソリンの低排気量の最上グレードが基本的には有利です。

 

5年後のリセール:残価率58%

参照元:グーネット

5年落ちは30系前期です。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月のオークションデータより
  • 平成28年式、装備と色は絞り込みなし
  • 事故歴なし、内外装の状態良好として
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
2.5X3,304,000円
1.5~12.3万km
40件
135~255万円
205万円
62%
2.5Z3,578,727円
1.8~12.9万km
118件
165~290万円
232万円
65%
2.5V3,995,018円
2.1~7.7万km
17件
166~255万円
225万円
56%
2.5Z Aエディション3,754,473円
0.6~9.8万km
125件
170~295万円
245万円
65%
2.5Z Aエディションゴールデンアイズ3,926,291円
0.3~14.0万km
176件
221~315万円
275万円
70%
2.5Z Gエディション4,173,709円
0.9~12.4万km
247件
195~350万円
300万円
72%
3.5ZA4,145,237円
2.4~8.0万km
10件
180~255万円
215万円
52%
3.5ZA Gエディション4,585,091円
0.6~8.2万km
26件
220~310万円
255万円
56%
3.5VL4,842,327円
2.5~7.5万km
7件
245~325万円
287万円
59%
3.5エグゼクティブラウンジ6,522,218円
0.7~12.2万km
13件
243~440万円
315万円
48%
【ハイブリッドモデル】
ハイブリッドX4,155,055円
2.5~14.0万km
24件
155~265万円
225万円
54%
ハイブリッドV4,775,563円
0.6~5.3万km
3件
265~320万円
305万円
64%
ハイブリッドZR4,919,891円
2.2~11.8万km
25件
221~340万円
290万円
59%
ハイブリッドV Lエディション5,356,800円
7.9~8.2万km
2件
245~270万円
255万円
48%
ハイブリッドZR Gエディション5,501,127円
0.9~15.0万km
14件
221~365万円
305万円
55%
ハイブリッドエグゼクティブラウンジ7,036,691円
2.4~11.0万km
16件
265~410万円
330万円
47%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【5年後の平均残価率】

ガソリン61% ★★★★☆
ハイブリッド55% ★★★☆☆
全体58% ★★★☆☆

5年後の平均リセールもガソリンが高い結果となりました。

各最高グレードはガソリンが「2.5Z Gエディション(72%)」、ハイブリッドが「ZR(59%)」(データ数的に)となります。

この差を考えると燃費差がどれだけあろうとも、ガソリンの方がコスパが良いですね。

「2.5Z Gエディション」の中でも仕様の違いによってリセール差があるので、そこは後半でお伝えします。

 

7年後のリセール:残価率33%

参照元:グーネット

7年後のリセールは、7年落ちにあたる平成26年式(20系後期)をベースに算出します。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月のオークションデータより
  • 平成26年式、装備と色は絞り込みなし
  • 事故歴なし、内外装の状態良好として
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
2.4X3,175,000円
3.5~11.5万km
8件
56~140万円
95万円
30%
2.4Z3,508,000円
1.7~11.4万km
41件
65~166万円
120万円
34%
2.4Z ゴールデンアイズ23,795,429円
1.9~14.6万km
132件
70~195万円
145万円
38%
2.4Z Gエディション3,990,857円
3.0~12.2万km
6件
75~188万円
150万円
38%
3.5Z3,877,714円
3.1~10.7万km
2件
65~135万円
100万円
26%
3.5Z ゴールデンアイズ24,186,285円
4.4~11.6万km
3件
75~155万円
130万円
31%
3.5Z Gエディション4,402,285円
3.6~12.6万km
3件
60~175万円
130万円
30%
3.5V Lエディション4,752,000円
3.5~7.3万km
10件
125~180万円
150万円
32%
3.5V プレミアムシートエディション5,060,571円
5.2~9.3万km
2件
155~165万円
160万円
32%
【ハイブリッドモデル】
ハイブリッドX4062,857円
2.9~14.9万km
7件
70~205万円
135万円
33%
ハイブリッドV4,525,714円
2.0~10.6万km
4件
111~166万円
150万円
33%
ハイブリッドZR4,680,000円
3.4~13.6万km
16件
123~215万円
170万円
36%
ハイブリッドV Lエディション5,657,143円
8.0万km
1件
155万円
27%
ハイブリッドZR Gエディション5,811,428円
4.9万km
1件
235万円
40%
ハイブリッドZR プレミアムシートエディション6,120,000円
5.0~7.7万km
2件
185~221万円
205万円
33%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【7年後の平均残価率】

ガソリン32% ★★☆☆☆
ハイブリッド34% ★★☆☆☆
全体33% ★★★☆☆

ここに来てハイブリッドがガソリンを逆転!ハイブリッドのリセールがガソリンと同等またはやや高くなります。

逆にガソリンは一気にリセールが落ちます。

最も人気のグレードに乗っていても、ここで大体150万円ぐらい価値が落ちるので、確実に乗り換えた方がいいですね。

キノさん
何もせず150万円失うなら新しい車に乗った方がいいよね。

5年を過ぎるとマレーシアの輸出から外れるのもポイントです。

アシスタント
サポート
30系→20系の落差はかなり大きい。

 

10年後のリセール:残価率17%

10年後のリセールは、10年落ちにあたる平成23年式(20系前期)をベースに算出します。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月のオークションデータより
  • 平成23年式、装備と色は絞り込みなし
  • 事故歴なし、内外装の状態良好として
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
2.4X3,175,000円
6.5~28.5万km
7件
15~56万円
34万円
11%
2.4Z3,340,000円
4.0~19.0万km
24件
23~95万円
50万円
15%
2.4V3,600,000円
5.4~18.3万km
3件
15~67万円
45万円
13%
2.4Zプラチナセレクション3,420,000円
1.5~14.7万km
46件
25~130万円
60万円
18%
2.4Zプラチナセレクション2タイプゴールド3,530,000円
3.6~14.0万km
30件
30~122万円
62万円
18%
3.5Z Gエディション4,160,000円
5.3~10.2万km
3件
56~95万円
70万円
17%
3.5Zプラチナセレクション3,850,000円
5.7~11.1万km
4件
35~95万円
65万円
17%
3.5Zプラチナセレクション2タイプゴールド3,930,000円
1.9~5.1万km
4件
70~132万円
100万円
25%

【10年後の平均残価率】

17%

10年落ちのリセールは新車価格の17%まで低下します。

ここまでくるとどのグレードを購入していても大差はないですね。

ヴェルファイアのリセールの特徴

ここまでのリセールをまとめます。

経過年数残価率(G)
残価率(HV)
3年落ち
30系後期
71%
★★★★☆
67%
★★★☆☆
H30/1:30系後期型にマイナーチェンジ
5年落ち
30系前期
61%
★★★★☆
55%
★★★☆☆
H27/1:30系にフルモデルチェンジ
7年落ち
20系後期
32%
★★☆☆☆
34%
★★☆☆☆
H23/11:20系後期型にマイナーチェンジ
10年落ち
70系後期
17%

※グレード平均の数値です、グレード別の残価率は本文にて

基本的には5年落ちまではガソリンモデルが優勢です。

5年落ちを経過するとガソリンとハイブリッドのリセール差が詰まるので、長期と決め込んで乗る場合はハイブリッドの方がコスパが良くなるでしょう。

リセールの溝としては5年落ちと7年落ちの間にあるように見えます。

リセールが落ちるタイミング

代表的なグレードにて各年のリセールのポイントを調べました。

モデル
(グレード)
平均買取額
(前年との差額)
当年もの
(2.5Z Gエディション)
390万円
(±0)
1年落ち
(2.5Z Gエディション)
405万円
(+15万円)
2年落ち
(2.5Z Gエディション)
375万円
(ー30万円)
3年落ち
(2.5Z Gエディション)
370万円
(ー5万円)
30系前期→後期:マイナーチェンジ
4年落ち
(2.5Z Gエディション)
315万円
(−55万円)→①
5年落ち
(2.5Z Gエディション)
300万円
(ー15万円)
6年落ち
(2.5Z Gエディション)
255万円
(ー45万円)→②
20系→30系:フルモデルチェンジ
7年落ち
(2.4Z Gエディション)
150万円
(−105万円)→③

結論から言うと、最も売り時なのは

  • 登録から1年落ち(マレーシアへの輸出スタートの年)

そしてリセールが落ちるタイミングは下記3つ

  1. マイナーチェンジ(前期モデルが落ちる)
  2. 5年落ちから外れる時(正確にはマレーシアへの輸出に乗らなくなった時)
  3. フルモデルチェンジ(旧モデルが落ちる)

となります。

これは兄弟車のアルファードのリセールにおいても同じですね。

モデルと5年のタイミングが重要

ということで、ヴェルファイアのリセールにおいて重要なポイントは、

  1. モデルチェンジ(マイナー・フル)
  2. 5年(正確には59ヵ月)を超えるか超えないか

の2点です。

インパクトとして最も大きいのは「フルモデルチェンジ」、次に「マイナーチェンジ」「5年の外れ」の順。

リセールを高く維持したい場合「常に最新モデルに乗る」というのが重要で、手放すのはモデルチェンジと新車から5年以内と覚えておきましょう。

ヴェルファイアの中古車輸出

1年落ちのリセールが高く、5年落ちでリセールの溝ができることには輸出事情が絡んでいます。

輸出について簡単に説明します。

ヴェルファイアの輸出先は下記です。

型式
AGH30W・35W
(2.5L・ガソリン)
マレーシア
パプアニューギニア
ロシア
ケニア
香港
GGH30W・35W
(3.5L・ガソリン)
マレーシア
ニュージーランド
ロシア
AYH30W
(ハイブリッド)
ロシア
ニュージーランド
香港

重要な国はマレーシアです。

マレーシアへの輸出には、現地港に到着した時点で「登録から12ヵ月〜59ヵ月経過した車」であることが条件となります。

またパキスタンの様に年式が古い程安く入国できる等の事情もない為、最新モデルが高く買われる傾向があります。

その為、輸出スタートとなる1年落ちが最も高い値段で日本で買い付けられるのです。

注意点として、現地港についた時点で59ヵ月を超えてはいけないので、日本からは遅くとも56〜57ヵ月目で出す必要があります。(船便は遅い)

その為丸5年経過した車両(満60ヵ月)はアウト。

最低でもユーザーは丸5年を迎える半年ぐらい前には売却する必要があるということを覚えておきましょう。

 

ガソリンとハイブリッドを比較

ここまで主にガソリンモデルの話をしましたが、維持費まで考えた場合、ガソリンとハイブリッドどちらがいいのかについて検証します。

燃費を比較した場合、

モデル燃費燃料代/1万km
ガソリン10.6km/L142,170円
ハイブリッド14.8km/L101,824円

※WLTCモード、レギュラーガソリン150.7円/L

という結果になり、1万kmあたりの燃料代差は約40,350円です。

ガソリンとハイブリッドの新車価格差は約80万円なので、単純計算でも20万km走らないと元は取れない計算です。

更に5年目まではガソリンの方がリセールが高いので、5年目までに売却する場合は確実にガソリンの方がコスパが高いです。

5年を超えるとリセールの差はほぼなくなる為、後は走行距離の問題になります。

コスパだけで考えた場合、長期間使用し、長距離乗る予定でない限りはガソリンモデルの方が有利と覚えておいてください。

アシスタント
サポート
厳密にはハイブリッドの方が税金も安いのでもう少し差は縮まります。

リセールの高いヴェルファイアの仕様

リセールが高くなる車の買い方について説明。

ヴェルファイアを新車で買う時

結論から言うと、今からヴェルファイアを新車で買うのはあまりおすすめではありません。

理由は現行の30系が発売から今年で6年目になり、フルモデルチェンジがやや近い為。

先ほども出ましたが、フルモデルチェンジがあると何もしなくても150万円程旧モデルの価値が下がります。

基本的には新車・新古車を買うとしても相当値引きが入った車両、又は中古車を買うのがおすすめです。

ヴェルファイアのおすすめの色

ヴェルファイアのリセールが高い色は、「パールホワイト」と「ブラック」です。

どちらかというとパールホワイトの方がやや優勢ですがその差は僅か。

どちらも同じぐらい売れているので、どちらを買ってもOKです。

台数(シェア)オークション平均相場
パールホワイト(070)227台(51%)353万円
ブラック(202,220,222)214台(48%)346万円
その他(グレー、レッド)4台(1%)352万円

※3年落ちZ Gエディション(2WD)にて n=445

逆にそれ以外の色は、リセール差こそデータ上はないものの、殆どの人が選んでいないので基本的には避けた方がいいでしょう。

ヴェルファイアを中古で買う時

今のタイミングの場合、個人的には新車よりも中古車の方がおすすめです。

といっても、フルモデルチェンジした場合は大きくリセールが下がるので、

  1. 最もおすすめなのは2階既にリセールが落ちている「6年落ち(平成27年式)の30系前期モデル」
  2. 次がマイナーチェンジでリセールが落ちた「4年~5年落ち(平成29~28年色)の30系前期モデル」

が狙い目だと言えます。

ポイントは、

  • フルモデルチェンジに備え購入費用をできるだけ抑える(その分下がるダメージが小さい)
  • リセールが下がった後の年式なので全体の中ではお得な年

ということがあります。

もちろん2~3年以内のフルモデルチェンジでまた乗り換えてしまうのもありです。

【ヴェルファイアの中古車を探すなら】非公開車両もチェックしよう!

ヴェルファイアの中古車を探すなら、ガリバーの中古車検索サービスも上手く活用しましょう。

一般市場に公開される前の「非公開車両」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に誰よりも早くリーチできます。

車は約500台が毎日入れ替わるので、今はなくても急に希望の車が入庫してくる可能性もあり、リクエストを出しておく価値は十分にあります。

更に10年保証で納車後の返品OK、最短で即日の連絡、専任の担当者付き。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるリスクの低い内容。

年間20万台を買い取るガリバーから最新情報をもらいながら中古車探しができるので、自分で探すのと並行すれば効率的に進められます。

\ 【登録は無料】希望の車があるかも /
ヴェルファイアの非公開車両を見る

リセールに影響するオプション

ヴェルファイアのリセールに影響するオプションについて見ていきます。

グレードが基本的には重要

グレード別のリセールの部分でも触れましたが、グレードによってリセールは大きく異なります。

同じ2500ccのガソリンモデルでも3年落ちで69%~85%の差が出ます。

リセールを重要視する場合、アルファード/ヴェルファイアでは2500ccのガソリンモデルの最上級グレードというのが鉄板となります。

現状では「2.5Z Gエディション」です。

装備の基本は3点セット

現行モデルのヴェルファイア(アルファードも)でリセールの為の必須装備は、

  1. ツインムーンルーフ
  2. スペアタイヤ
  3. デジタルインナーミラー

の3点です。

そこまで高額なオプションではないのでとりあえずこの3点はつけましょう。

必須です。

メーカーナビの影響度合い

メーカーナビの影響度合いは下記の通りです。

モデル台数(シェア)オークション平均相場
メーカーナビ19台(16%)368万円
ディーラーナビ67台(57%)349万円
社外ナビ31台(26%)352万円

※3年落ちZ Gエディション(2WD)にて n=117

メーカーオプションナビは70万円レベルのオプションなので、基本的にはなしでOKという結論です。

寧ろ社外ナビでも良いという考え方もできます。

最も現状選ばれているのはディーラーナビとなっています。

エアロパーツの影響度合い

エアロパーツの影響度合いは下記の通りです。

モデル台数(シェア)オークション平均相場
エアロあり77台(33%)372万円
エアロなし155台(67%)355万円

※3年落ちZ Gエディション(2WD)にて n=232

その差は17万円なので、つける価値はあると言えます。

しかし元が取れる程ではないのでそれを理解した上で行動するようにしましょう。

 

まとめ

以上、ヴェルファイアのリセールバリューについての解説でした。

基本的にはアルファードと同じく高いリセールが狙える車となります。

現在の30系のリセールのポイントはモデルチェンジがあった後も引き継がれる部分が多いので、それも踏まえて参考にして頂けると嬉しいです。

リセールが落ちる部分はある程度明らかなので、中古車を買う場合はポイントを狙って買うといいと思います。

〈お知らせ〉

当サイトは情報発信がメインですが、乗換えや購入・売却に関する個別のご相談にも承ります。

「次の車の車種や装備についての相談」
「今の車を手放すベストなタイミング」

など状況に合わせてアドバイスしますので興味がある方はぜひお申込みください。
(今のところ全員にご満足頂いています。)

ココナラ

今お持ちの車の「売却に関するお悩み」から「新しい車の購入に関するお悩み(グレードやオプション)」まで、乗換えに関する課題…

本記事は以上となります。

最後までお読み頂きありがとうございました。