クラウンのリセールとおすすめのグレードを詳しく解説

クラウンのリセールとおすすめのグレードを詳しく解説

「新型クラウンはいつ手放せば高く売れる?」
「クラウンのリセールバリューって良いの?」

 

新型クラウンのリセールって良いのか気になりませんか?

次のフルモデルチェンジや、ある程度年数が経った時にどれぐらい値落ちするのか気になりますよね。

型落ちモデルは今でも存在感がありますが、意外と大したことない価格で買えたりするクラウンもゴロゴロいるのが実情です。

 

キノさん
というわけて、こんにちは!
年間400台を買取している私が、クラウンのリセールを解説します。

 

この記事では、クラウン・クラウンハイブリッドのリセールバリューや買取相場をグレード別に詳しくお伝えします。

新車から3年〜7年後のリセールバリューの他、中古車輸出、サンルーフの必要性や人気の色についても解説します。

是非最後まで読んでみてください。

まずは結論からお伝えします。

 

 型落ちモデルのリセールがかなり低い

 ハイブリッドのアスリートがお勧め

 サンルーフは重要、色はパールW

\これがクラウンのリセールバリュー‼︎/

経過年数モデル平均残価率
2年落ち
(現行モデル)
ガソリン70%
ハイブリッド67%
3年後
(3年落ち)
ガソリン52%(48~55)
★★☆☆☆
ハイブリッド55%(49~60)
★★☆☆☆
5年後
(5年落ち)
ガソリン51%(46~55)
★★★☆☆
ハイブリッド49%(43~54)
★★☆☆☆
7年後
(7年落ち)
ガソリン36%(29~46)
★★☆☆☆
ハイブリッド37%(30~41)
★★☆☆☆
アシスタント
サポート
3年後が既に型落ちモデルになるのでやや厳しい数値に・・
よく比較されるのは一つ下にあたるカムリ、同じくEセグメントのレクサスESです。

細かなグレード等は本文にて。

それでは見ていきましょう!🚙

クラウンのリセールバリュー

リセールバリューとは

 

リセールバリューとは
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として用いています。

 

買取相場の算出方法

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションでの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては、買取車両の大部分はオークションにて売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

それでは実際のリセール/買取相場について見ていきます。

 

注意
この記事は2020年12月時点の情報です。最新の買取相場は中古車買取店へお問い合わせください。
\最新の買取相場を調べる/
【無料】おすすめの中古車査定

 

現行のリセール/買取相場

220系【H30/6~現在】(参照元:グーネット)

発売からまだ2年ですが、現行モデルのリセールバリューを2年落ちの平成30年式の買取相場からお伝えします。

 

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成30年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好として(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
B4,606,200円
0.9万km
1件
310万円
67%
S4,746,600円
1.1~1.3万km
3件
310~364万円
331万円
70%
SCパッケージ4,941,000円
0.9万km
1件
330万円
67%
RS-B5,000,400円データなし
RS5,184,000円
1.1~2.0万km
2件
330~385万円
360万円
69%
G5,416,200円
0.9万km
1件
408万円
75%
RSアドバンス5,594,400円
0.5~2.0万km
7件
386~440万円
415万円
74%
【ハイブリッドモデル】
S4,978,800円
0.5~1.2万km
3件
330~342万円
331万円
66%
SCパッケージ5,157,000円
0.5~2.5万km
19件
310~395万円
353万円
68%
RS5,416,200円
0.5~2.5万km
20件
342~470万円
400万円
74%
G5,621,400円
0.6~1.9万km
9件
330~386万円
364万円
65%
RSアドバンス5,799,600円
0.5~2.5万km
51件
380~550万円
445万円
77%
S(3.5L)6,237,000円
0.5~2.1万km
3件
353~370万円
360万円
58%
RSアドバンス(3.5L)6,906,600円
0.5~2.4万km
10件
415~520万円
463万円
67%
G-エグゼクティブ(3.5L)7,187,400円
0.7~2.5万km
10件
386~510万円
452万円
63%

※4WDのリセールは2WDとほぼ同じか少し下
※残価率=平均買取額/新車価格(%)
※走行距離は0.5~2.5万kmで設定

キノさん
データ数から、圧倒的にハイブリッドモデルに人気が集中しています。

現行モデルのリセール(平均残価率)

ガソリン
70%
2.0L70%(67~75)
ハイブリッド
67%
2.5L70%(65~77)
3.5L63%(58~67)

▼リセールが高い車を知りたい人は▼

リセールバリューのランキング記事

「リセールバリューの高い車を知りたい」そんなあなたにぴったりの記事です。 こんにちは、車のリセールバリューマニアのキノさんです。本記事では私が調査したデータから、リセールバリューの高い車をランキング[…]

【2020年11月更新】リセールバリューの高い車ランキング・TOP20

 

現行モデルのクラウンは、ガソリンモデルかハイブリッドの2.5Lモデルのリセールが高いと言えます。

お勧めのグレードは?

ガソリンに比べハイブリッドの方が圧倒的に売れており、流通台数からしても現行モデルのお勧めのグレードは、

「RS」又は「RSアドバンス」(2.5L)

になります。

 

現行モデルを狙うならリセールと人気、どちらをとってもこの2つでまず間違いないでしょう。

現行モデルのリセールは比較的高い

 

3年後のリセール/買取相場

210系後期モデル【H27/10~H30/5】(参照元:グーネット)

新車から3年後のリセールバリューを3年落ちの平成29年式の買取相場からお伝えします。

平成29年式は210系クラウンの最終販売年です。

アシスタント
サポート
ここでフルモデルチェンジでいくらリセールが落ちているかがわかります。

 

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成29年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好として(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
ロイヤル3,812,400円
2.9~4.2万km
2件
177万円
46%
ロイヤルサルーン4,476,600円
1.4~4.2万km
6件
177~243万円
221万円
49%
ロイヤルサルーンG5,221,800円
1.6万km
2件
255万円
49%
アスリート-T3,963,600円
1.7~4.7万km
2件
200~230万円
215万円
54%
アスリートS-T4,584,600円
2.1~4.2万km
2件
220~254万円
235万円
51%
アスリートG-T5,410,800円
4.2~4.6万km
2件
240~287万円
265万円
49%
アスリートS-T Jフロンティアリミテッド4,546,800円
1.6~2.1万km
2件
276~310万円
295万円
65%
アスリートS(3.5L)5,324,400円データなし
アスリートG(3.5L)6,183,000円
2.2~4.4万km
3件
300~330万円
310万円
50%
【ハイブリッドモデル】
ロイヤル4,395,600円
1.1~2.7万km
3件
195~265万円
221万円
50%
ロイヤルサルーン5,022,000円
2.6~4.8万km
10件
220~280万円
255万円
51%
ロイヤルサルーンG5,772,600円
3.1~5.0万km
4件
232~298万円
265万円
46%
アスリート4395600円データなし
アスリートS5,032,800円
1.0~4.8万km
18件
232~331万円
298万円
59%
アスリートG5848200円
1.7~4.8万km
11件
287~380万円
350万円
60%
アスリートS Jフロンティアリミテッド4,978,800円
1.4~4.6万km
10件
276~353万円
310万円
62%

※走行距離は1.0~5.0万kmで設定

3年後のリセール(平均残価率)
ガソリン
52%
★★☆☆☆
ロイヤル系48%(46~49)
★☆☆☆☆
アスリート系
(2.5L)
55%(49~65)
★★☆☆☆
アスリート系
(3.5L)
50%(50)
★☆☆☆☆
ハイブリッド
55%
★★☆☆☆
ロイヤル系49%(46~51)
★☆☆☆☆
アスリート系60%(59~62)
★★☆☆☆

【参考】3年後の残価率の基準

81%以上 → ★★★★★ 最高
71~80% → ★★★★☆ 優良
61~70% → ★★★☆☆ 高い
51~60% → ★★☆☆☆ 普通
50%以下 → ★☆☆☆☆ 低い

 

3年落ち(旧型)クラウンのリセールバリューは「激低」です。

特にガソリン、ハイブリッド共に「ロイヤル系」「アスリート(3.5L)」が低く、逆に中古車としては狙い目でしょう。

 

まだましなのがガソリンの2.5Lアスリートとハイブリッドのアスリート。

特にデータ数からいくとハイブリッドアスリートの方が手堅いと言えます。

 

そんなハイブリッドのアスリートですが、現行モデルのRS系は1年新しいとしても残価率が約75%あります。

残価率の差は15%を平均新車価格を550万円と仮置くと、

約83万円がフルモデルチェンジによって下がった

と考えられます。

 

モデルチェンジがあるだけで、これだけの価値が一瞬で失われる事を考えると、フルモデルチェンジでの乗換えは賢明な方法だと言えます。

ハイブリッドアスリートのFCでの落ち幅
約83万円

 

5年後のリセール/買取相場

新車から5年後のリセールバリューを5年落ちの平成27年式の買取相場からお伝えします。

平成27年式は210系クラウンがマイナーチェンジしている為前期後期の両方を記載します。

アシスタント
サポート
ここでマイナーチェンジでいくらリセールが落ちているのかがわかります。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成27年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好として(評価点4点以上)

210系後期モデル

210系後期モデル【H27/10~H30/5】(参照元:グーネット)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
ロイヤル3,730,000円データなし
ロイヤルサルーン4,340,000円
3.7~4.0万km
2件
200万円
46%
ロイヤルサルーンG5,140,000円データなし
アスリート-T3,880,000円データなし
アスリートS-T4,500,000円
3.0~6.8万km
16件
210~287万円
255万円
57%
アスリートG-T5,330,000円
3.1~4.9万km
6件
243~310万円
276万円
52%
アスリートS(3.5L)5,240,000円
5.0万km
1件
310万円
59%
アスリートG(3.5L)6,100,000円
3.3~5.6万km
4件
220~310万円
265万円
43%
【ハイブリッドモデル】
ロイヤル4,310,000円データなし
ロイヤルサルーン4,940,000円
3.4~6.1万km
6件
200~232万円
220万円
45%
ロイヤルサルーンG5,690,000円
4.9~6.7万km
4件
200~265万円
232万円
41%
アスリート4,310,000円データなし
アスリートS4,950,000円
3.0~6.9万km
32件
221~287万円
265万円
54%
アスリートG5,770,000円
3.2~7.0万km
11件
265~331万円
310万円
54%

※走行距離は3.0~7.0万kmで設定

210系前期モデル

210系前期モデル【H24/12~H27/9】(参照元:グーネット)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
ロイヤル3,630,857円データなし
ロイヤルサルーン4,206,857円
3.5~6.8万km
11件
133~200万円
165万円
39%
ロイヤルサルーンG4,957,714円データなし
アスリート3,672,000円データなし
アスリートS4,248,000円
3.1~5.0万km
3件
200~210万円
205万円
48%
アスリートG5,045,073円
3.4~6.3万km
3件
221~232万円
225万円
45%
アスリートS(3.5L)5,112,000円
3.1~4.7万km
3件
235~254万円
250万円
49%
アスリートG(3.5L)5,914,285円
4.1~6.8万km
4件
210~254万円
240万円
41%
【ハイブリッドモデル】
ロイヤル4,217,143円
3.2~6.3万km
3件
144~177万円
155万円
37%
ロイヤルサルーン4,824,000円
3.2~7.0万km
16件
144~200万円
170万円
35%
ロイヤルサルーンブラックスタイル4,928,673円
3.1~4.9万km
4件
166~231万円
210万円
43%
ロイヤルサルーンG5,513,143円
4.5~6.4万km
5件
165~243万円
215万円
39%
アスリート4,217,143円データなし
アスリートS4,824,000円
3.1~6.9万km
20件
177~254万円
215万円
45%
アスリートSブラックスタイル5,013,673円
3.0~6.9万km
29件
205~300万円
235万円
47%
アスリートG5,590,963円
3.5~6.1万km
3件
232~276万円
254万円
45%

※走行距離は3.0~7.0万kmで設定

5年後のリセール(平均残価率)
【マイナーチェンジ後】
ガソリン
51%
★★★☆☆
ロイヤル系46%
★★☆☆☆
アスリート系
(2.5L)
55%
★★★☆☆
アスリート系
(3.5L)
51%
★★★☆☆
ハイブリッド
49%
★★☆☆☆
ロイヤル系43%
★★☆☆☆
アスリート系54%
★★★☆☆
【マイナーチェンジ前】
ガソリン
44%
★★☆☆☆
ロイヤル系39%
★☆☆☆☆
アスリート系
(2.5L)
47%
★★☆☆☆
アスリート系
(3.5L)
45%
★★☆☆☆
ハイブリッド
42%
★★☆☆☆
ロイヤル系39%
★☆☆☆☆
アスリート系46%
★★☆☆☆

【参考】5年後の残価率の基準

71%以上 → ★★★★★ 最高
61~70% → ★★★★☆ 優良
51~60% → ★★★☆☆ 高い
41~50% → ★★☆☆☆ 普通
40%以下 → ★☆☆☆☆ 低い

 

5年後のクラウンのリセールバリューはちょうど新車価格の半分ぐらいです。(マイナーチェンジ後モデル)

ガソリンとハイブリッドのリセールは殆ど変わらずで(僅かにガソリンが高い)、アスリート系が高い傾向はこれまでと同じです。

 

マイナーチェンジでは約7ポイントリセールが低下しています。これは、

マイナーチェンジで約25~35万円価値が落ちる

ことを意味します。

 

クラウンのリセールは国内相場が大部分を支えているので、見た目の変更などは顕著に人気/価格に直結するのがわかります。

 

7年後のリセール/買取相場

210系前期モデル【H24/12~H27/9】(参照元:グーネット) 

新車から7年後のリセールバリューを7年落ちの平成25年式の買取相場からお伝えします。

アシスタント
サポート
今のクラウンが7年経ったら価値はどれぐらいになるかの参考にしましょう。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成27年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好として(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
ロイヤル3,530,000円
6.2~8.0万km
3件
100~130万円
111万円
31%
ロイヤルサルーン4,090,000円
5.4~9.9万km
7件
105~155万円
122万円
30%
ロイヤルサルーンG4,820,000円
5.8~8.7万km
2件
122~133万円
127万円
26%
アスリートS4,130,000円
5.2~9.8万km
15件
155~221万円
185万円
45%
アスリートG4,900,000円
5.2~6.9万km
4件
221~242万円
230万円
47%
アスリートS(3.5L)4,970,000円
5.1~9.8万km
10件
140~221万円
177万円
36%
アスリートG(3.5L)5,750,000円
5.2~8.8万km
7件
185~243万円
210万円
37%
【ハイブリッドモデル】
ロイヤル4,100,000円データなし
ロイヤルサルーン4,690,000円
5.5~10.0万km
47件
110~188万円
135万円
29%
ロイヤルサルーンG5,360,000円
5.3~8.1万km
16件
132~190万円
165万円
31%
アスリート4,100,000円
6.1~8.0万km
3件
145~185万円
165万円
40%
アスリートS4,690,000円
5.1~10.0万km
89件
145~250万円
200万円
43%
アスリートG5,430,000円
5.2~10.0万km
41件
165~243万円
215万円
40%

※走行距離は5.0~10.0万kmで設定

7年後のリセール(平均残価率)
ガソリン
36%
★★☆☆☆
ロイヤル系29%(26~31)
★☆☆☆☆
アスリート系
(2.5L)
46%(45~47)
★★★☆☆
アスリート系
(3.5L)
37%(36~37)
★★☆☆☆
ハイブリッド
37%
★★☆☆☆
ロイヤル系30%(29~31)
★☆☆☆☆
アスリート系41%(40~43)
★★★☆☆

【参考】7年後の残価率の基準

61%以上 → ★★★★★ 最高
51~60% → ★★★★☆ 優良
41~50% → ★★★☆☆ 高い
31~40% → ★★☆☆☆ 普通
30%以下 → ★☆☆☆☆ 低い

 

7年も経つとクラウンの買取相場は殆どが100万円台、高くても200万円台前半となることがわかります。

圧倒的にハイブリッドモデルが人気ではありますが、ガソリンの2.5Lと3.5Lの価格が中古は逆転する為、

3.5Lに乗りたかったけど新車は高くて手が出なかったという方は中古で3.5Lを狙うをのがいいと思います。

新車価格差は約80万円あったので、それがなくなるのは凄いですよね。

 

ここより下、200系、180系は更に買取相場が下がっていきます。

200系は全てが100万円台、180系は二桁。。。という感じに。

具体的に知りたいという方はコメント入れて頂ければ返信でお答えします。

アシスタント
サポート
歴史あるクラウンですがモデルが古くなるに連れどんどんリセールは下がります。

クラウンの中古車輸出

車輸出
UAEのアブダビ

話題になることは少ないですが、クラウンの輸出状況について解説します。

結論から言うと、買取相場に影響を与えることはほぼないのですが、クラウンもこんな国で走っているんだと思いを巡らせましょう。

 

クラウンの輸出国

型式仕向国
220系(現行モデル)🇹🇹トリニダード・トバゴ
(登録から4年まで)
210系🇷🇺ロシア
(登録から7年まで)
🇰🇪ケニア
(登録から7年まで)
🇸🇷スリナム
(登録から8年まで)
200系🇯🇲ジャマイカ
(登録から6年まで)
🇷🇺ロシア
(登録から7年まで)
🇸🇷スリナム
(登録から8年まで)
🇹🇿タンザニア
(規制なし)
180系🇷🇺ロシア(登録から7年まで)
🇰🇪ケニア(登録から7年まで)
コンゴ民主主義共和国(登録から10年まで)
🇹🇿タンザニア(規制なし)
🇳🇿ニュージーランド(規制なし)
🇲🇿モザンビーク(規制なし)
🇿🇦南アフリカ共和国(規制なし)
等々・・・
”登録から○○まで”と記載は、制限内の新しい車しか輸入を認めないということを意味しています。環境問題等の観点から輸入に制限をかけている国が多くあります。

色々書きましたが、日本国内で再販される様な価格で行っている国はなく、

水害車や現状事故車、過走行の安くなった車があくまで輸出されている形になります。

 

リセールに関するその他

クラウンのリセールに絡む部分について補足していきます。

 

サンルーフは必要?

結論から言うと必要です。

あるのとないのでは現行モデルでは、約30万円のリセール差が出ます。(現行モデルの場合)

サンルーフの必要性
220系「RSアドバンス」にて調査
条件落札額
サンルーフ有428.16万円32.25万円
サンルーフ無395.91万円

古くなるに連れリセールの差も小さくなってはいきますが、

現状はあまりにも差が大きいのでつけた方が良いと言えます。

 

色は何色が良い?

結論から言うと、黒かパールホワイトが良いです。

リセール差は約23万円です。

色のリセール差
220系「RSアドバンス」にて調査
条件落札額
人気色395.91万円23.18万円
普通色372.73万円

※人気色=パールホワイト、黒
※普通色=人気色以外

色の違いで20万円も変わるのなら、人気色を買っておいた方がいいですよね。

 

ちなみに黒とパールホワイトだと、

パールホワイトの方が約11万円高い

という結果になっています。

 

従ってクラウンの高く売れる色を順位で表すと、

  1. パールホワイト
  2. シルバー・・・etc

となるので覚えておきましょう。

 

今後の買取相場は?

現行モデルで言うと、まだ発売から2年なので暫くは相場は安定しそうです。

ただしこれまで同様マイナーチェンジやフルモデルチェンジが入る度に、相場が一段一段下がって行くことが予想されます。

過去半年の相場推移
RSアドバンスの過去半年の相場推移

今後のモデルチェンジには注意したいところです。

 

クラウンを高く売却する方法

売却する際は、しっかりと買取専門店の相見積もりを取ることが基本です。

1社の査定額を鵜呑みにしてしまうと、相場の基準がわからないので営業マンのスキル次第では安く売却してしまうことに繋がります。

 

また車はそれぞれ条件が異なり、それに応じて買取額も微妙に変わります。

具体的には、

  • グレード
  • 走行距離
  • 装備(ナビ、エアロ等)
  • 評価点(内外装の点数)

で基本的には差が出ます。

 

高く売る為にはしっかりと車を見てもらうことが基本になります。

私なりの高く売る方法については下記の記事にまとめていますので、また参考にしてみてください。

あわせて読みたい

車(中古車)を売ろうとする時に、役立つ高く売る方法やコツについて詳しくお伝えしていきます。悲しいかな車を乗り換えや、不要で売る時というのは突然やってくる訳ですが、覚えておくと損はない情報をお伝えしていくので是非参考にしてみてください[…]

【現役査定士が解説】車(中古車)を高く売る方法

まずは今の査定額だけ知りたいという方は、「安心車.jp」の一括査定がお勧めです。

査定は無料なので、気軽にまずは今の価格を調べてみましょう。

≫安心車.jpの一括査定(公式)

クラウンのリセールまとめ

クラウンのリセールまとめ

フルモデルチェンジがなければ、3年後、5年後のリセールはもう少しましな数値になっていると思われますが、

現状はこの様な感じで、クラウンのリセールは低いと言えるでしょう。

 

そして、クラウンと言えば今殆どのユーザーがハイブリッドを購入しており、

ガソリンモデルを買っているユーザーはほんの一部ということを知りました(笑)

今クラウンと言えばハイブリッドなんですね。

 

新車価格は少し高いですが、残価率はガソリンと変わらないので買うならハイブリッドの方が総合的に経済的なことは事実です。

 

これからクラウンを購入しようとしている方、売却を考えている方は是非参考にしてみてください。

それでは今回はここまで。

さようなら!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事がお役に立ちましたら是非シェアして頂けると嬉しいです。