【トヨタ】ライズのリセールと残価率を中古車査定士が解説

トヨタ/ライズのグレード別のリセールバリュー(残価率)とリセールの高い仕様について中古車査定士が詳しく解説します。

登録当年、3年後の残価率をまとめたので、購入の材料にしてください。

@キノサン
結論、ライズのリセールはかなり高い(★★★★★)です!

車を売るなら楽天Car車買取がおすすめ!2,000社以上の業者が参加するオークション形式で他社より平均25万円も高く売れる!

電話と査定は1回のみ。オークション結果が希望額に達しなかった場合は無料でキャンセルも可能。それだけ価格には自信あり!

車を高く売ろうと思うと複数業者との交渉がつきもの。効率的に高値で売れるオークション形式は間違いなく今後のトレンド!

\ 車の手放しは最大1ヵ月待ってもらえる /
楽天Car車買取を詳しく見る

【経過年数とグレード別】ライズのリセールバリュー

ライズの登録当年・3年落ちのリセール(残価率)を記載します。

残価率とは買取価格/新車価格(%)で値持ちの良さを表します。
経過年数/年式
モデル
残価率/買取額
ガソリン
残価率/買取額
ハイブリッド
登録当年/R4年
200系
91%/183万円
★★★★★
103%/231万円
★★★★★
3年落ち/R1年
200系
81%/161万円
★★★★★
設定なし
発売開始

※買取額は全グレードの平均

ライズのリセールのポイント!
  • 3年経過時現在のリセールは新車価格の80%ぐらい
  • 人気グレードはハイブリッドのZ。ガソリンもハイブリッドもZがおすすめ
  • ナビはDA、色はパールホワイト。基本的な装備はそれぐらいでOK
キノサン
年数別のリセール(残価率)について下記で詳しく紹介します。
  • 当年車のリセール:残価率97%
  • 3年後のリセール:残価率81%

ひとつずつ詳しく解説します。

当年車のリセール:残価率97%

登録当年車(200系)のリセールを調査。当年車の平均残価率(買取額)は

  • ライズ:91%(183万円)
  • ライズハイブリッド:103%(231万円)

となりました。

引用:https://www.goo-net.com/
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
【ライズ】
X(2WD)1,707,000円
0.5万km
13件
165万円
97%
X(4WD)1,984,800円
1.7万km
48件
165万円
83%
G(2WD)1,857,000円
0.6万km
102件
176万円
95%
G(4WD)2,133,700円
1.4万km
25件
171万円
80%
Z(2WD)2,039,000円
0.1万km
93件
208万円
102%
Z(4WD)2,299,200円
0.6万km
39件
210万円
91%
【ライズハイブリッド】
G2,163,000円
0.1万km
11件
220万円
101%
Z2,328,000円
0.2万km
187件
241万円
104%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

ライズハイブリッドは新車カタログ値を超える残価率になっている為、損することはないでしょう。

しかし、グレードによって残価率に開きがあるのでグレード選びは慎重に。

ちなみにライズを高く売りたい方は、最大20社に査定が依頼できて、車を見せるのは3社だけで済むMOTAの車査定が効率が良くおすすめ。

ライズのリセールは輸出も絡むので、業者と時期によって価格差が出ます。そのため効率的に多くの業者に見せる売り方が有効です。

≫MOTAの車査定(公式HP)

 

3年後のリセール:残価率81%

3年後のリセールを30系後期モデルから算出。3年後の平均残価率(買取額)は

  • ライズ:81%(161万円)

となりました。

引用:https://www.goo-net.com/
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
【ライズ】
X(2WD)1,679,000円
5.4万km
2件
124万円
74%
X(4WD)1,918,800円
4.2km
1件
149万円
78%
XS(2WD)1,745,000円
2.2万km
7件
149万円
85%
XS(4WD)1,984,800円
1.3~21.6万km
2件
140万円
70%
G(2WD)1,895,000円
2.4万km
29件
160万円
84%
G(4WD)2,133,700円
1.6万km
6件
186万円
87%
Z(2WD)2,060,000円
2.2万km
117件
176万円
85%
Z(4WD)2,282,200円
3.0万km
33件
201万円
88%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

3年落ちでも新車カタログ値比で平均81%の残価率があります。

このペースならライズは5年落ちでも高い残価率が維持される車。まだまだ中古車としても狙い目ですよ!

≫【ライズの中古車を探しに役立つ!】大手買取店の非公開在庫からも車を探せる便利なサービス

 

1年毎のリセールバリューの変化

1年毎の買取額から、リセールバリューが毎年どれくらい落ちているのかを調べました。

※グレード:Z(ガソリン・2WD)にて。

経過年数/モデル
(平均走行距離)
平均買取額
(前年比)
当年もの/200系
(0.1万km)
208万円
1年落ち/200系
(1.3万km)
187万円
(-21万円)
2年落ち/200系
(2.0万km)
177万円
(-10万円)
3年落ち/200系
(2.2万km)
176万円
(-1万円)
発売開始

大きく落ちているところを赤字で記しました。Z(ガソリン・2WD)の新車価格は203万円です。

個人的にライズでリセールを落とさずに乗る売却ポイントは、理想は3年、遅くとも5年では乗り換える事です。

輸出情報を調べてみたところ、ガソリンモデルはパキスタン(5年落ちまで)への輸出対象車種。

ハイブリッドのリセールは今後のデータ次第ではあるものの、ガソリンは5年以内の売却が有効だと考えられます。

 

ライズのリセールを上げるポイント

キノサン
ライズのリセールバリューを上げるポイントを紹介します。
  • リセールバリューの高い色
  • リセールの高いオプション

ひとつずつ詳しく解説します。

リセールバリューの高い色

外装色によるリセール差を中古車オークションから調べた結果です。

【ガソリンモデル】

台数/走行距離平均価格
パールホワイト(W25、XH3)65台/0.1万km🥇209万円
黒(X07)11台/0.1万km🥈208万円
その他13台/0.1万km🥉204万円

n=89 200系 Zグレードにて(R4年式)

【ハイブリッド】

台数/走行距離平均価格
パールホワイト(W25、XH3)133台/0.1万km🥇245万円
黒(X07)27台/0.3万km🥈234万円
その他27台/0.5万km🥉229万円

n=187 200系 Zグレードにて(R4年式)

特にガソリンモデルは、輸出の影響が大きく色での差はあまり出ていません。

ハイブリッドではパールホワイトが人気もリセールも高いと言えます。

リセールの高い装備・オプション

ライズのリセールに重要なオプションは9インチディスプレイオーディオのセットです。

おすすめはディスプレイオーディオパッケージ(97,900円)とパノラミックビューパッケージ(16,500円)。

ディスプレイオーディオパッケージ

パノラミックビューパッケージ

スマートパノラマパーキングアシストがついたパッケージもあり、あったらプラスにはなるものの、なくても大きな問題はありません。

個人的にはスマートパノラマパーキングアシストの代わりにBSM+RCTA(66,000円)を付ける方がおすすめです。

BSM+RCTA
エアロ装着車は少なく(全体の5%ぐらい)価格が跳ねている訳でもないので、エアロをつけてリセールを狙うのもおすすめはできません。

査定士おすすめのリセール仕様

ライズを新車で購入する場合の、筆者のおすすめ仕様は下記になります。

  • 【グレード】Z(ガソリン・2WD)
  • 【色】ブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール(白黒2トーン)(77,000円)
  • 【OP】ディスプレイオーディオパッケージ(97,900円)
  • 【OP】パノラミックビューパッケージ(16,500円)
  • 【OP(△)】BSM+RCTA(66,000円)

20万円前後のオプションにはなるものの、ちぐはぐな仕様で組むよりはリセールで取り返せる確率が格段に上がるのでおすすめです。

キノサン
比較的オプションの組み合わせは簡単です。

ライズは購入以外にカーリースで乗るという手もあります。

ライズのカーリースはニコノリ
台数限定で即納車もご用意!まずは簡単5分のスピード審査へ

ニコノリのカーリースは、リース料が業界最安水準で、リース満了後は車を買い取れるのでリセールの高い車にも使える万能型カーリース

最短2週間で納車できる即納車もあるので購入するよりも早く乗ることができ、満了後は買い取って好きなところに高く売ることが可能です。

カーリースは高いと思われがちですが、残価設定ローンと総コストはほぼ変わりません。納期や手間を総合的に考えて判断する様にしましょう。

≫ニコノリ(公式HP)

 

ライズを売るタイミングや購入する際のポイントは?

ライズの購入のポイント

リセールの観点からライズの売り時と車購入時のポイントを紹介します。

ライズはリセールバリュー的に何年後に売るのがベスト?

ライズの売り時は、

  • マイナーチェンジを含むモデルチェンジのタイミング
  • 3年落ち

この2点を両方満たすタイミング

3年落ち以降の相場はこれからどうなっていくか不明ですが、マイナーチェンジ、モデルチェンジのタイミングではリセールが下がります。

また2年落ちと3年落ちの買取価格差がほぼない為、3年落ちまで引っ張った方が上手な乗り換えとなります。

つまり「モデルチェンジがなく、3年落ちのどこか」で売るのが最もリセールの良い乗り方となります。

新車のライズをリセール前提で買う時のポイント

車の仕様としては「査定士おすすめのリセール仕様」で紹介した通り、

  • 【グレード】Z(ガソリン・2WD)
  • 【色】ブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール(白黒2トーン)(77,000円)
  • 【OP】ディスプレイオーディオパッケージ(97,900円)
  • 【OP】パノラミックビューパッケージ(16,500円)
  • 【OP(△)】BSM+RCTA(66,000円)

が基本の考え方。

グレードはガソリン・ハイブリッド共にZがおすすめで、グレード・オプション・売り時をしっかり押さえておくことが重要です。

ライズは購入以外にもKINTOという選択肢もあります。

ライズのKINTO
KINTOは納車が早く、任意(車両)保険も含まれた価格なのが特徴

法人や個人事業主は支払いや経費精算が楽になるほか、個人も自動車保険料の価格が安く、購入より納車が早いというメリットがあります。

車は必ず返却となるのでリセールは取れません。しかし逆に考えると車の状態を気にせずに乗ることができ、クレジットカード払いが可能

個人的なKINTO最大の優位点は自動車保険料がかなり安いこと。特に20代や保険等級が低い方にとっては購入より普通にメリットがあります。

≫KINTO(公式HP)

 

中古車のライズをリセール前提で買う時のポイント

 

中古車のライズを買う時のポイントとしては下記の考え方ができます。

  • 2年落ちの車を買って、モデルチェンジするまでに売る

2年落ちと3年落ちの買取価格差がほどない為、2年落ちの中古車が狙い目になると思います。

この先のモデルチェンジに影響されますが、ハイブリッドが追加されたばかりと言うことを考えるとしばらくはだ大丈夫でしょう。

しかし今の新車不足の状況では旧型のリセール落ちがこれまでより遅く、意外とリセールが中々落ちないということも考えられます。

人気車種なので注文が殺到し、納車が遅くなる可能性も十分に考えられます。

そう考えると、まだ暫くはリセールを維持しながら乗り続けることもあり得るでしょう。

ライズの中古車を探すなら!業者の非公開在庫もチェックしよう

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを活用するのがおすすめです。

公開前の非公開在庫と中古車オークションから希望の車を探してくれるので、欲しい車が基本的には必ず見つかります。(登録は無料)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスです。

キノサン
いい車は早い者勝ち。欲しい車がある人は早めに登録しましょう。
\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
ライズの非公開在庫を見る

 

【中古車査定士が解説!】車を高く売る方法とおすすめの買取サービスを紹介

ディーラーの下取りと中古車買取サービスを比較した場合、90%以上の確率で10万円以上、中古車買取サービスの方が高い買取額が出ます。

アシスタント
サポート
中には100万円近く下取りと買取で差が出る場合もありますよ!

しかしどこに査定を頼めば安心して、高く買取りしてもらえるのか、色々わからなかったり不安なことも多いですよね。

そこで今回は中古車査定士の筆者が車を売る時に使う(査定を依頼している)買取サービスを参考まで紹介します。

基本的に査定は無料です。筆者はオークション形式と一括査定の両方を使って、条件や価格を比較して、最終的にどこに売るかを決めています。

すぐに車を手放せる人は効率と価格の両取りの「オークション形式」

車をすぐに手放せる人(1ヵ月以内に売却可能)は、手間をかけずに高値で売却できる「オークション形式」の売却がおすすめです。(無料)

「オークション形式」とは、最初に1度の査定をして、そのデータに対し複数の業者がWeb上でオークション形式で入札してくる方式のこと。

オークションの結果が安かった(売れない)場合は無料でキャンセルもできます。

おすすめは楽天が運営している楽天Car車買取です。

実際の流れは下記のようになります。

車の内容と連絡先を記載して査定を依頼
楽天より査定日時の連絡がくる
自宅等で車の査定をしてもらう
査定の結果からオークションの金額設定をする
査定の2日後にオークションが開催(webで確認)
結果に対し売却する・しないの判断をする
売却する場合は1ヵ月以内に車を引き渡す
しない場合はそこでサービス終了

結果が出るまでかなりスピーディなのが特徴。

それでありながら、一括査定で5社以上と頑張って交渉した価格の上位1位〜3位レベルの価格が出るのでかなり効率の良い売却方法だと言えます。

例えば納車が先で1ヵ月以内に売却できなくても、納車まで1ヵ月を切ったぐらいのタイミングで査定を依頼すれば問題ありません。

web上で競り上がっていくオークション状況が見えるのですが、それだけでも斬新で価値があり、中々画期的な売却システムです。

<楽天Car車買取の特徴>

車の一括査定楽天Car車買取
入札業者数多くて10社2000社以上
手間(電話対応、査定対応、価格交渉)×業者数楽天の査定担当者との調整のみ
利用料無料無料
引き渡し業者との交渉1ヵ月以内の引渡し

≫楽天Car車買取(公式HP)

 

すぐに車を手放せない人は引渡しの融通が利きやすい「一括査定」

  • 車の納車時期がはっきりしていない…
  • 次に買う車が決まっていない…
  • 買取額を元にディーラーと商談したい…

というすぐに車を手放せる状態にない人は「車の一括査定」を利用しましょう。

おすすめはMOTA(モータ)車買取です。

このMOTA車買取はこれまでの一括査定のデメリットを打ち消す凄い特徴を持った一括査定です。

<MOTA車買取の特徴>

一般の一括査定MOTA車買取
最大比較社数10社20社
電話社数10社3社
Web上での概算査定額比較なしあり
利用料無料無料

最大20社に見積もり依頼ができ、概算査定額で比較が行われ、電話連絡が来て車を実際に見せるのは上位3社のみで構いません。

全業者の概算査定額が申込みの翌日18時に開示されるので、公平に上位3社を選ぶことができます。

一括査定で1番のネックは1社1社と電話で打ち合わせをして、査定日程を調整したりすること。

キノサン
結局高く売るには業者1社1社との交渉が必要だったのですが、これを使えば優良買取店だけが残るので楽!

最終的には各業者との打ち合わせになるので、引渡し時期や条件などは個別に相談できる、融通の利きやすい売却方法です。

≫MOTA車買取(公式HP)

 

ライズのリセールまとめ

ライズは国内で絶大な人気のある車種で中古車の引き合いは多くあります。

高く売るためのタイミングや、高く売れる装備をしっかりと理解して、高リセールを狙いましょう。

ライズのポイントをおさらい
  • 3年経過時現在のリセールは新車価格の80%ぐらい
  • 人気グレードはハイブリッドのZ。ガソリンもハイブリッドもZがおすすめ
  • ナビはDA、色はパールホワイト。基本的な装備はそれぐらいでOK

本記事はここまで。


車のリセールバリューに興味がある方は、他の記事も参考にしてみてください。

良いカーライフを。

≫【関連記事】リセールバリューの高い車を全車種の中からランキングで紹介(2022年最新版)

≫【関連記事】リセールバリューの高いミニバンをランキング形式で紹介

車を売るなら最大20社の概算査定額がWEBで比較できるMOTAの車査定がおすすめ!

一括査定で電話ラッシュにうんざりしたことはありませんか?MOTAなら概算金額を比較後、高額査定の3社とやりとりするだけ。

どんな車もどこまで出せるかは各業者によって異なります。効率的に最大20社を比較できるので車が必ず高く売れる!

\ 多くの業者と打合せをする必要なし /
MOTAの車査定を詳しく見る