【中古車査定士が教える!】ライズのリセールを徹底解説

【中古車査定士が教える!】ライズのリセールを徹底解説
この記事のまとめ

・ライズのリセールバリューをプロの中古車査定士が詳しく解説!

・発売から2年経過現在の残価率や下取り・買取相場の目安がわかります!

・リセールの高いグレードや色・装備、査定の時に差がつくポイントも紹介!

キノさん
この記事は初心者向けです☆

 

「ライズの○年後の下取り目安ってどれくらい?」

「ライズのリセールバリューっていいの?悪いの?」

車を購入する時はそのリセールバリューも気になりますよね。

高い買い物なので、どうせなら手放す時に高く買い取ってくれる車種やグレードを選んでおきたいと思います。

 

そこで今回は「ライズのリセールバリュー」について中古車査定士の筆者が詳しく解説していきます。

 

●ライズについて調べている
●ライズを買うならどのグレードがいい?
●将来的な価値はどうなっていく?

などの疑問が解決できる内容になっています。
是非一緒にライズについて知っていきましょう。

 

早速ですが、まずは結論から。

 2年経過時現在のリセールは新車価格の80%ぐらい

 人気グレードは2WDのZ。2WDも4WDもZがおすすめ

 ナビはDA、色はパールホワイト。基本的な装備はそれぐらいでOK

 

●経過年数毎の残価率↓
※残価率=平均買取額/新車価格(%)

経過年数ライズ
2年落ち
R1年
81%
※走行距離は年間1万km前後で計算
キノさん
今のところは順調。今後どうなるかはわかりません!

 

【欲しい車が見つかるかも】ライズの非公開中古車、見てみませんか?

ライズの中古車を探しているなら、ガリバーの中古車検索サービスが断然おすすめ。

市場に公開される前の「非公開車両」から提案を受けられるので、これまでには探せなかった中古車に出会える可能性があります。

更に車は10年保証で納車後の返品OK、最短で即日の連絡、専任の担当者つき。「まだ探している段階」でも全然OKです。

\ とりあえず欲しい車は伝えておこう /
ライズの非公開車両を見る

 


キノさん
車の乗り換え時、下取り車を満足いく価格で売却できていますか?
おすすめ記事

「車の一括査定を利用したいけれど、慣れていないから注意点などがあれば知りたい!」「色んなサイトがあるのは知ってるけど、おすすめはどれ?」[caption id="attachment_5741" align="alignce[…]

【車の一括査定】注意点とおすすめのサイトを現役査定士が紹介

リセールバリューについて

リセールバリューとは

 

リセールバリュー
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として表しています。

 

算出方法

買取相場の算出方法

その買取相場は自動車オークションの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては買取車両の大部分はオークションにて売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されているとのこと。

それでは具合的なリセールバリューについて見ていきましょう。

注意
この記事は2021年3月時点の情報です。最新の買取相場は都度確認ください。

 

経過年数/グレード別のリセール

【R1/11~現在】(参照元:グーネット)

2年後の残価率:81%

2年落ちのライズについて見ていきます。

キノさん
令和1年発売なので古くても2年落ちがMAX。
アシスタント
サポート
2年落ち以下は調べられません。需要あるかな。。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月のオークションデータを参照
  • 令和1年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故歴なし、状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
X(2WD)1,679,000円
0.7万km
1件
132万円
79%
X(4WD)1,918,800円データなし
XS(2WD)1,745,000円
0.5~1.0万km
5件
122~150万円
138万円
79%
XS(4WD)1,984,800円
1.0万km
1件
160万円
81%
G(2WD)1,895,000円
0.6~3.0万km
3件
150~165万円
155万円
82%
G(4WD)2,133,700円
0.6~0.7万km
2件
166万円
78%
Z(2WD)2,060,000円
0.5~3.8万km
29件
155~200万円
177万円
86%
Z(4WD)2,282,200円
0.5~1.9万km
10件
160~220万円
185万円
81%

※残価率=買取相場/新車価格(%)
※走行距離=0.5~5万km

キノさん
データ数が多いほど人気のグレードです。
アシスタント
サポート
買取相場もほぼ合ってるはずですよ

【2年後の平均リセール】

81%

全体的にまだリセールは高めです。

3年落ちで70%台、5年落ちで50~60%台、5年で50%以上はほぼ確定ライン。

人気のグレードは2WDのZ、出品台数が圧倒的。

4WDもZが最も多いので、グレードはZでほぼ決まりと言えるでしょう!

 

リセールバリューの高い車を探している方はこちらの記事も是非ご覧ください。

あわせて読みたい

「リセールバリューの高い車を知りたい」そんなあなたにぴったりの記事です。 こんにちは、車のリセールバリューマニアのキノさんです。本記事では私が調査したデータから、リセールバリューの高い車をランキング[…]

【2020年11月更新】リセールバリューの高い車ランキング・TOP20

 

リセールが高くなるオプションや装備

ここからはライズのリセールバリューに影響しそうなオプションや装備、色について見ていきます。

ナビはDOPよりDA

ライズのナビはディスプレイオーディオ(DA)がいいと思います。

ライズのナビ
グレード(左から):「ZとG」「XS」「X」

ライズのナビは大きく分けて「ディスプレイオーディオ(DA)」と「ディーラーオプションナビ(DOP)」の2パターン。

DAは上図の通りざっくり10万円〜15万円。

DOPナビは10万円〜30万円(9インチ:下記図)に、ナビレディパッケージをセットでつける形となります。

ライズDOPナビ
ディーラーオプションの9インチナビ

で、令和2年式の「Z・2WD・5000km以上」で調べたオークション相場がこちらです。

【結果】

ナビ・台数落札額
DA・16台174万円
DOPナビ・25台179万円
ナビなし・4台164万円

※N=45

台数としてはDOPナビの方が出てますが(意外!)、リセール差は約5万円と僅かなようです。

DAは9インチですが、DOPナビの9インチは上記の通り一番上のモデルで25~30万円。

すると費用はリセールで回収できないので、機能的に問題なければDAがベストとなります。

※DOPナビは3種類で10~20万円のもあり。それにナビレディをつければコスト・リセール面でDAに並ぶという考え方もできます。

 

色はパールホワイトがおすすめ

色はパールホワイトか黒が良さそうです。

【オークションでの落札価格】

色・台数落札額
パールホワイト・31台178万円
黒・7台178万円
その他・7台165万円

※令和2年式「Z・2WD・5000km以上」
※N=45

断然人気はパールホワイト、リセールは黒も同じぐらいあります。

この2色が全体の8割を占めていおり、大体のライズがパールみたいですね。

あわせて読みたい

「車の色って何色を選んだ方がいいの?」リセールを気にして車の色を選んでいる人はいますか?あまりいないですよね。(本人の自由だ!) しかし実際には、走行距離やグレードが同じでも色の違いで査定額が異なっ[…]

【色でそんなに変わる?】車のリセールに有利な色を調べてみた

 

その他

その他つけられるメーカーオプション装備は、

  • スペアタイヤ(11,000円)
  • ブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックアラート(66,000円)
  • 寒冷地仕様(24,000円)

があります。

これについては現状輸出で出ている確証がなく、必須装備もわからないので基本国内向けの再販だと考えるとそこまで必要ではないかもです。

エアロ装着車も少なく(全体の5%ぐらい)価格が跳ねている訳でもないので、エアロをつけてリセールを狙うのもおすすめはできません。

 

ディーラーに行く前に下取り車の相場を調べておいた方が断然有利

経験上、下取り車の買取査定は早め早めに動いている人が一番得をしている気がします。

理由は事前に相場を頭に入れておけば、ディーラーの下取りに惑わされず、値引き交渉や商談を有利に進めることができるから。

また買取店も査定後すぐに売ってもらえなくても、売ることが決まっていれば追いかけてくるので、都度最新の買取額を聞くことができます。

キノさん
私も実際そんな形でよく追いかけさせられています。。(売ってくれ)

 

車の査定はカーセンサー簡単ネット査定が最も効率的でおすすめです。(私が色々調べた結果)

  • 最も多くの買取店から提示を受けることができる(取捨選択できる幅が広い)
  • 連絡をもらう時間帯やメールでの連絡希望が出せる(メールの方が手元に残る)
  • 出張査定を希望するしないが選択できので、ある程度電話やメールで交渉できる

が他のサービスより優れているポイント。

一括査定を使う人が求める「効率的に買取相場を知る・最高額が出そうな業者のあたりをつける」ことが一番やりやすいサービスです。

≫カーセンサー簡単ネット査定はこちら

1回の査定で高値売却を目指すなら「楽天Carオークション」

複数の会社対応をするのが面倒と言う人は、楽天Carオークションがおすすめです。

1回の査定データに対し、全国2000社以上の中古車販売店が入札してくるので相場以下で売れることはまずないでしょう。

ポイントは最低希望落札価格をいくらにするか。(ここが安すぎると売れても後悔が残るし、高すぎると売れない)

必勝パターンとしては、上記のカーセンサー簡単ネット査定などで掴んだ買取相場を最低希望落札価格に設定するのがおすすめ。

そうすれば「相場以上の高値が出れば売る」「出なければ売らない」という形にできるのでリスクはほぼ0です。

下記クチコミです。

≫楽天Carオークションに出品する

 

まとめ

ということで、ライズのリセールバリューについて解説しました。

最終的にDAとパールを選んだら約20万円オプション費用がかかるので、70%後半というのが本当のリアルなリセールだと思います。

これまで1000ccクラスで長期輸出に強かった車種が少ない(ヴィッツぐらい?)という理由で、3年以内はどこかで価格高騰が起きても、その後は順調に落ちるというのが私の今後の読み!

 

なお、私のブログでは車のリセールバリュー記事を豊富にかいています。気になる方は、ブログの検索バーで調べてみてください。

それでは今回はここまで。

最後までお読み頂きありがとうございました。