ニュージーランドの経済が通常の状態へ。自動車輸出の再開が近い!

ディーゼルプラドの狙うべき買取額を公開【リセールバリューまとめ】

ディーゼルプラドの買取時のリセールバリューまとめ

本記事ではトヨタの人気SUV、ランドクルーザープラドのディーゼルタイプにおける買取相場・リセールバリューについて詳しく解説していきます。(令和2年5月時点)

現在ディーゼルプラドの売却を検討されている方、リセールの内容によっては購入の検討をされている方にとっては、この記事を読むことでリセールの良さや買取相場のイメージが掴めるかと思います。

中古車査定士のキノさんです。
車買取で10年のキャリアと約2,500台を査定してきた経験から解説していきます!

1. ディーゼルプラドの買取相場・リセールバリューを徹底解説

買取額の算出方法

自動車オークション相場

買取金額は自動車オークションでの落札予想額から、私達買取業者の利益を引いて算出しています。

自動車オークションでの落札予想額を基にする理由は、現在買取業者が買取る車両の大部分がオークション市場にて売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の中古車流通総覧2020年版に依る、買取業者の買取仕入れ約90万台のうち10万台がユーザーに直接売却され、80万台はオークション市場にて売却されていることを根拠にしています。


平成29年式(3年落ち)の価格

参照元:グーネット

平成29年9月にマイナーチェンジがありましたので平成29年は後期モデルを対象とします。

【調査条件】

  • 平成29年式~平成30年式
  • 走行距離2万km~4万km
  • 事故修復歴なし、内外装状態良好として

【結果】

グレード名新車価格(四捨五入)買取平均額
新車からの残価率
TX(5人乗り)415万円320万円
77%
TX(7人乗り)431万円330万円
77%
TX Lパッケージ(5人乗り)467万円350万円
75%
TX Lパッケージ(7人乗り)482万円350万円
73%
TZ-G536万円400万円
75%

※装備(サンルーフやエアロの有無)、ボディカラー、車両状態に依って価格が変動
※残価率=買取予想価格/新車価格(%)
※買取平均額=直近1ヶ月のデータより

・コロナの影響で輸出相場下落の影響でグレード全体が横並びに
・全体的に残価率は高いが通常はもっと期待できる
これまでの経験から言うと、「TX Lパッケージ」が最もリセールバリューが高かったのですが・・・。

平成29年式・過去6ヶ月のオークション相場の推移

グレード:TX Lパッケージ(7人乗り)にて過去6ヶ月間の相場を調べました。

昨年11月から比べると、400万円→350万円へ緩やかに約50万円下落している様に見えます。
年度末とコロナの影響が大ですね。

輸出される国

ロシア、ケニア、マレーシア、スリナム、タンザニアへ輸出されています。

特に高年式の場合はマレーシアの影響が大きそうです。


平成27年式(5年落ちの価格)

参照元:グーネット

平成27年6月にディーゼルタイプが発売されていますので、そのモデルの価格を見ていきます。

【調査条件】

  • 平成27年式
  • 走行距離4万km~6万kmぐらい
  • 事故修復歴なし、内外装状態良好として

【結果】

グレード名新車価格(四捨五入)買取平均額
新車からの残価率
TX396万円220万円
56%
TX Lパッケージ470万円270万円
57%
TZ-G513万円280万円
55%

※装備(サンルーフやエアロの有無)、ボディカラー、車両状態に依って価格が変動
※残価率=買取予想価格/新車価格(%)
※買取平均額=直近1ヶ月のデータより

・どのグレードも50%超え前後、大差ない
・TX Lパッケージが最も高く、パールホワイトが高い傾向は継続

平成27年式・過去6ヶ月間のオークション相場の推移

5年落ち過去6か月の推移

5年落ちにおいては、この6ヶ月で330万円→270万円に約60万円下落しています。恐ろしいですね。


サンルーフ・外装色・革シート色の違いによる価格差

平成30年式の「TX Lパッケージ」にて検証します。

他のグレードにおいても同様の差がでると推測してください。

装備による違い

ご覧の通り、

  • ベージュ革の方が約7万円高い
  • パールホワイトの方が約10万円高い
  • サンルーフありの方が約8万円高い

ことがわかります。

外装色はパールホワイト>黒
革シートの色はベージュ>黒
サンルーフはリセールに大きく影響する

1年毎の価格差

「TX Lパッケージ」の一年毎の買取平均額推移です。

他のグレードも同じ様に落ちると推測できます。

年式新車価格(四捨五入)買取平均額
新車からの残価率
平成31年式(1年落ち)491万円405万円
82%
平成30年式(2年落ち)491万円390万円
79%
平成29年式(3年落ち)482万円330万円
68%
平成28年式(4年落ち)470万円285万円
61%
平成27年式(5年落ち)470万円270万円
57%

順調に落ちて行っています。

正直ディーゼルのプラドはそこまでリセールが高いという訳ではなさそうです。

 

事故修復歴車との価格差

事故歴ありのデータ

事故修復歴ありと、査定評価点が悪い車両を調べました。先ほどの装備の比較図を持ってきます。

装備による違い

輸出要素が強いとはいえ、事故歴があることにより20〜30万円程度は落ちそうです。

ちなみに事故歴有りデータは全58データ中、4台だけでした。皆さん事故はしないようです。


2. 中古車査定士が教える買取額を高める交渉術

査定は複数車入れよう

ディーラー下取りはなぜ安いと言われるのか

買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的ですよね。

しかしここで注意してもらいたいのは、「ディーラー下取りは安めに出ていることが多い」ということです。

例えばトヨタであれば、ディーラーで査定した車両の評価はトヨタの車両部と呼ばれる別部署が算出します。

トヨタはTAA(トヨタオートオークション)というオークション会場をグループに持っていて、そこで売却するかT-UPなどの中古車販売に回すかとなります。

下取り車両にもメーカーや状態がそれぞれ異なりますので、大半はオークションに回るのですが、それを元にした値付けが買取業者よりも甘い事により安くなっています。

例えば、買取業車が200万円で売れると予想して190万円までなら出しますという車があったとします。

ディーラーは180万円ぐらいで売れるだろうから下取り額は170万円で出す、といった感じで20万円の開きが出ます。

ケースバイケースですが、再販相場の読みの違いが買取額の差となって現れます。

ただし、ディーラー下取りによるメリットも実はあるので教えます。私が思うのは下記2点です。

  • 納車が数ヶ月先の車に対しても下取り額を保証して出すこと
  • 万が一相場の変動があったとしても、金額を下げたりせずそのまま押し通すこと

ディーラーのメリットはコンプライアンスです。

決してデメリットばかりではないので、違いを理解して使い分けをすることが大事です。

買取業者の査定は3社以上は入れよう

買取金額を上げる為に査定は複数社に見てもらう、まずはこれが鉄則です。

あまり多く入れすぎても疲れてしまいますが、少なすぎても価格は高くなりにくいです。

査定を依頼する際はまずはてっとり早く一括査定を入れましょう。

メールで大体の価格を提示してくれる業者(優良店)が中にはいますので、査定に来てもらう前にある程度にフィルタにかけることもできます。

今のお勧めは楽天の一括査定です。
楽天の愛車一括査定!

大手ももちろん入っていますし、売らなくてもポイントが貯まるので楽天ポイントを貯めているユーザーにとってはメリットが大きいです。

一括査定はどこも査定にきてくれる業者は似たり寄ったりなので、少しでも他のメリットがある方が良いかと思います。

最終的にはJPUC加盟の業者に売るのが安全

中古車買取は後々のトラブルが多いのが実情です。

折角高い値段を出たのに、契約後に減額の交渉をされたり、キャンセルをしたくてもできなかったり、そんなトラブルが起こっています。

それを防げるのが、JPUC(ジェイパック)に加盟している買取業者に売却をすることです。

JPUCについては別記事で詳しく解説していますのでそちらも参考にしてみてください。
JPUCって何?優良買取店が必ず加盟している内容を解説

買取業者が一番頑張れるのはこんな車

あくまでも私感ですが、私はこんなところを見ています。

  • 車両評価点が高い(外装に傷が少ない、車内が綺麗)
  • オプション装備がある
  • タイヤの目が残っている(外径が大きいタイヤはコストも高い為)
  • アルミに傷が少ない
  • 保証書、取扱説明書、整備記録簿がきちんとある
  • スペアキーが全部ある

アルミとタイヤで1~5万円、スペアキー(スマートキー)で1~3万円の実質コストがかかるので、こういうところがしっかりしていると高く売れるかもと買取業者は思うと思います。

高い金額を気に入った業者に交渉する流れがベスト!

一括査定をすると様々な金額が出てきます。

期待していた業者が思った程高くなかったり、あまり知らないところが意外と高かったり。

それとは別に対応していく中で信頼できそうで印象が良い業者・担当者が見えてくるのが通常です。

その担当者に、別の業者の高い金額が出せないか交渉してみましょう。

同じ買取業界なので、可能性は大いにありますし、相談される買取業者からしても嬉しいものです。

実際に出ない金額は出ないので、現実的に出せる価格の最高額で最終的には折り合いをつけるべきだと思います。

プラド買取相場

例えば、パールホワイトの7人乗りの1万km台であれば、出せても総額420~430万円がマックスです。

ただし400万円ぐらいで提示する会社もいると思いますが。

なので最後は現実的な価格を売りたい業者に相談して価格を調整する流れがベストだと思います。

楽天の愛車一括査定!