ランクル プラド(ディーゼル)のリセール・買取相場をガソリンと比較

ランクル プラド(ディーゼル)のリセール・買取相場をガソリンと比較

ランクル プラド(ディーゼル)の新車から3年・5年後のリセールバリュー(買取相場)をグレード別にお伝えします。

また今後の買取相場や、販売比率をガソリンと比較しどっちを選ぶべきなのかについても調べたので参考にしてみてください。

この記事ではこんなことについてまとめています。

  • 3年・5年後の具体的なリセールバリュー(買取相場)
  • ディーゼルとガソリンの販売比率について
  • ガソリンとのリセールバリューの比較

 プラド(ディーゼル)のリセールは「かなり高い〜最強」

 プラドはガソリンの方が売れている

 リセールは7年まではガソリン、8年以降はディーゼルが強い

リセールについてかなり細かく調査しました。プラドに興味のある人には絶対に読んでほしい記事になっています。

キノさん
本記事はディーゼルモデルのみです。ガソリンのプラドはこちら
こちらもおすすめ

ランクル プラドの新車から3年・5年・7年後のリセールバリュー(買取相場)をグレード別にお伝えします。リセールに関わるオプション、乗換タイミング、5人乗り/7人乗り、今後の買取相場についても調べたので参考にしてみてください。[…]

ランクル プラドのリセールと5年・7年後の買取相場をグレード別に解説

リセールバリューとは

リセールバリュー

 

リセールバリューとは
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として用いています。
キノさん
あの車はリセールバリューが良い、悪いという使い方をします。

買取相場の算出方法

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションでの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては、下取り・買取車両の大部分はオークションで売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

それでは早速プラドの買取相場について見ていきましょう。

3年後の買取相場【平成29年式】

3年落ちのプラド(後期モデル)

まずは新車から1回目の車検となる、3年落ち(平成29年式)について。

平成29年9月にマイナーチェンジしているので、中期/後期を対象とします。

【調査条件】

  • 過去1ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成29年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード名新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
TX(5人)4,152,600円
2.6万km
1件
372万円
90%
TX(7人)4,307,040円
1.5万km
1件
382万円
89%
TX Lパッケージ(5人)4,667,760円
2.5~3.9万km
4件
380~406万円
388万円
83%
TX Lパッケージ(7人)4,822,200円
1.3~3.8万km
4件
387~459万円
420万円
87%
TZ-G(7人)5,363,280円
4.3万km
1件
454万円
85%
↓中期モデル↓
TX(5人)3,964,582円
3.1~3.9万km
2件
305~326万円
315万円
79%
TX Lパッケージ(7人)4,696,037円
4.4~4.9万km
3件
321~340万円
333万円
71%
TX LパッケージGフロンティア(7人)4,775,760円
2.7~4.5万km
4件
342~378万円
360万円
75%
TZ-G(7人)5,133,927円
2.5~5.0万km
3件
325~445万円
360万円
70%

※残価率=買取相場/新車価格(%) 以下同

キノさん
データ数が多い程人気のグレードと言え、数字の確度も上がります。
【3年落ち(平成29年式)の買取相場と残価率】
後期モデル(5人)平均380万円・87%
後期モデル(7人)平均419万円・87%
中期モデル(5人)平均315万円・79%
中期モデル(7人)平均351万円・72%
\下取り・買取額に不満なら/
おすすめの一括査定はこちら

【参考】3年落ちの基準

90%以上 → 想定外
80~90% → 最強

70~80% → かなり高い
60~70% → 高い
50~60% → 普通
50%以下 → 低い

3年落ちのプラド(ディーゼル)のリセールは後期モデルが「最強」、中期モデルが「かなり高い」レベルです。

プラドのガソリンと比べると少し下がっています。

定員の差はなく、マイナーチェンジによって少し下がっています。

5年後の買取相場【平成27年式】

5年落ちのプラド(中期モデル)

新車から2回目の車検となる、5年落ち(平成27年式)について。

中期モデルです。

【調査条件】

  • 過去1ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成27年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
TX(5人)3,964,582円
3.3~5.8万km
14件
275~308万円
292万円
74%
TX Lパッケージ(7人)4,696,037円
3.8~6.8万km
10件
307~364万円
335万円
71%
TZ-G(7人)5,133,927円
3.5~5.7万km
4件
363~384万円
371万円
72%
【5年落ち(平成27年式)の買取相場と残価率】
5人乗り平均292万円・74%
7人乗り平均353万円・72%
\下取り・買取額に不満なら/
おすすめの一括査定はこちら

【参考】5年落ちの基準

80%以上 → 想定外
70~80% → 最強
60~70% → かなり高い
50~60% → 高い
40~50% → 普通
50%以下 → 低い

5年落ちのプラド(ディーゼル)のリセールは「最強」クラスです。

同じ中期モデルとしては3年落ちからあまりリセールは下がっていません。

定員やグレードによってリセールが変わらないのがプラド(ディーゼル)の特徴です。

13年後の買取相場【平成19年式】

11年落ちのプラド(120系)

5年目以降のディーゼルモデルのリセールを予想する為に、120系プラドのリセールを調べました。

120系でガソリンとディーゼルを比較することにより、将来的なディーゼルのプラドのリセール需要が推測できます。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成19年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点3.5点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
TXリミテッド3,580,500円
10.7~19.2万km
16件
78~160万円
122万円
34%

120系のプラドではディーゼルのリセールが思った以上に高いことがわかります。

ガソリンモデルは11年落ちでも22%の72万円だったので、大きくディーゼルの方が良いと言えます。

リセールバリューのポイント

プラド(ディーゼル)のポイントを紹介します。

定員はリセールに影響しない

ディーゼルの場合、定員(5人乗り/7人乗り)はリセールに影響しません。

ガソリンとは違ってかなり特殊ですが、定員はリセールよりも用途で考えましょう。

サンルーフの差は15万円

サンルーフの差
平成27年式TX-Lにて

サンルーフの差は約15万円となりました。

必ずつけた方が良さそうですね。

エアロパーツの差は7万円

エアロパーツの差
平成27年式TX-Lにて

以外と差がなかったエアロパーツ。

約7万円しか差が出なかったので、つけなくてもいいかもしれません。

色の影響は小さい

色の差
平成27年式TX-Lにて

1番人気が高いと言われる「パールホワイト&ベージュ革シート」 と「パールホワイト以外&ベージュ革シート以外」の差が8万円しかありませんでした。

ガソリンと異なり、ディーゼルの色の差はかなり小さいと言えます。

買取相場は上昇傾向

3年落ちの推移
平成29年式・TX-Lパッケージ
5年落ちの推移
平成27年式・TX-Lパッケージ

過去6ヶ月のオークション落札相場です。

プラド(ディーゼル)の買取相場は今上がり調子にあります。

時期的には年末までが勝負です、今は高く売れる時期にあると言えます。

\相場は今がベストタイミング/
今すぐ一括査定で査定する 

ガソリンとディーゼルどっち?

先に結論から言うと、「売れているのはガソリン」、リセールは「保有年数によって変わる」というのが答えです。

プラドの販売比率

ガソリンとディーゼルのオークション出品台数(過去6ヶ月)から販売比率を考えます。

ガソリンディーゼル
1年落ち137台66台
2年落ち287台96台
3年落ち423台143台
4年落ち238台147台
5年落ち149台243台
1234台695台

ディーゼルのプラドが発売された平成27年式からだと、ガソリン:ディーゼルの販売台数比率は64:36であると言えます。

ディーゼルモデルが発売された年のみディーゼルが売れています。

販売されているプラドの64%はガソリンモデル

リセールバリューを比較

プラドリセールの比較

リセールバリューの最適解は
7年以内に売却するなら「ガソリンのTX Lパッケージ(7人乗り)」
8年以上保有するなら「ディーゼルのグレード全般」
よって、ガソリンとディーゼルどっちがいいかを一概に説明することはできません。
台数はガソリンの方が売れていますし、短期的にみればガソリンの方が有利です。
しかし長期で保有する場合はディーゼルの方がリセールが高く、また燃料代の差額もじわじわ聞いてきますので、ディーゼルの方が有利です。
プラドのおすすめのグレードや、燃料代の差額、ディーゼルモデルの税制の優遇についてはこちらの記事で詳しく記載しています。
あわせて読みたい

リセールが良いことで有名なランドクルーザープラド。ガソリン・ディーゼルもそうですが、どのグレードが1番良いのか迷ったことはありませんか。本記事では、10年中古車査定士をしてきた私から見た、プラドのおすすめのグレードについて解[…]

プラドのおすすめのグレード

中古車購入のポイント

プラド(ディーゼル)はガソリンモデルに比べ輸出が需要が弱いので、国内向けの中古車がガソリンに比べると多くあります。

リセールでも書いた通り、新車から8年落ち以降はディーゼルの方がリセールが高くなる傾向にあります。

その意味ではプラド中古を買って、8年落ち以降に売る場合はガソリンよりもディーゼルを買った方が良いと思います。

ディーゼルプラドの中古
中古を買うなら走行距離が多くても安いのがオススメ

例えば上記の中古プラドの場合、5年落ちを買って5~7年乗って(10~12年落ちになる)、100~150万円で売れる予想です。

良質な中古車を安く買いたいという場合は、オークション落札代行や個人間売買を利用しましょう。

自動車オークションで評価点4点以上の車両であれば、そのまま購入しても程んど問題は起こりません。

【一般的な車流通】

売りたいユーザー
↓(X万円で売却)🚙
買取店
↓(出品)🚙
自動車オークション
↓(X+αで落札)=Y 🚙
販売店
↓(Y+αで販売)=Z 🚙
買いたいユーザー
(Z=X+2α)

【個人間売買】

売りたいユーザー
↓(X万円+αで売却) 🚙
買いたいユーザー
(X+αで購入)

【オークション落札代行】

自動車オークション
↓(X+αで落札)=Y 🚙
買いたいユーザー
(X+αで購入)

\安くプラドが手に入るかも/
個人間売買でプラドを探す

まとめ

ガソリンに比べディーゼルのプラドは特にリセールが特殊だと言えます。

中古車としての輸出の需要はガソリンの方が多いというのが影響していそうです。

今後のモデルチェンジ

プラド全体としてはディーゼルモデルの一部改良があるなど、まだ出る気配がありませんがTRJ150系が発売されてから長いので、そろそろという感じはします。

情報だと2022年に発売されるという話がありますね。

最新自動車情報2020

トヨタはクロスカントリーSUV「ランドクルーザー プラド」のフルモデルチェンジを行い180系として2022年8月に発売す…

とはいえ、ディーゼルモデルのリセールは8年落ち以降に光り始める訳なので、長期的に保有するのであれば新型の発売を気にせず購入できる車種とも言えます。

トルクも十分で走行性にも定評があるディーゼルプラド、是非検討してみてはいかがでしょうか。

\値引きから納車時期までWebでわかる/
プラドの新車見積もりをとる

それでは今回はこの辺で。

あわせて読みたい

ランクル プラドの新車から3年・5年・7年後のリセールバリュー(買取相場)をグレード別にお伝えします。リセールに関わるオプション、乗換タイミング、5人乗り/7人乗り、今後の買取相場についても調べたので参考にしてみてください。[…]

ランクル プラドのリセールと5年・7年後の買取相場をグレード別に解説
あわせて読みたい

リセールが良いことで有名なランドクルーザープラド。ガソリン・ディーゼルもそうですが、どのグレードが1番良いのか迷ったことはありませんか。本記事では、10年中古車査定士をしてきた私から見た、プラドのおすすめのグレードについて解[…]

プラドのおすすめのグレード

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事が気に入って頂けたらシェアして頂けると嬉しいです!