トヨタ 86のリセールと下取り/買取相場をプロ査定士が解説

トヨタ 86のリセールと下取り/買取相場をプロ査定士が解説

トヨタ 86の新車から3年・5年・7年後のリセールバリュー(下取り/買取相場)をグレード別にお伝えします。

グレード毎のリセールバリューや人気の色、モデルチェンジ前後のリセールの差についても記載したので是非参考にしてみてください。

キノさん
86は既に生産を中止している話があり今後希少性が高まるのかどうかもポイントです。
自動車情報誌「ベストカー」

 スバルの販売店ホームページを見ると、BRZについて「注文受け付けを終了いたしました」と掲載されている。メーカーに尋ねる…

この記事ではこんなことについてまとめています。

  • 86の具体的なリセールバリュー(下取り/買取相場)
  • リセールバリューの高いグレードや仕様
  • 買取相場の推移

 86のリセールは総合的に「高い」

 特にMT車、「GT」が高位安定傾向

 買取相場は上昇傾向、今後どこまで上がるか

リセールについてかなり細かく調査しました。86に興味のある人には絶対に読んでほしい記事になっています。

「トヨタ 86」と「スバル BRZ」はトヨタとスバルが共同で開発した基本構造を共通化した姉妹車です。
キノさん
姉妹車であるスバル BRZのリセールバリューも是非確認しておきましょう!

リセールバリューとは

リセールバリューとは

 

リセールバリューとは
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として用いています。

買取相場の算出方法

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションでの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては、買取車両の大部分はオークションにて売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

それでは86の買取相場について見ていきましょう。

注意
この記事は2020年9月時点の情報です。最新の買取相場は中古車買取店へお問い合わせください。
\おすすめの中古車買取店はこちら/
【無料】高価買取店へ査定を依頼する

3年後の買取相場【平成29年式】

現行モデルのトヨタ 86
キノさん
平成28年8月にマイナーチェンジがあり現行モデルになりました。フロントバンパーが特徴的!

新車から3年後の買取相場を現在3年落ちである平成29年式の買取相場からお伝えします。

平成29年式をお持ちの方は参考にしてみてください。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成29年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
G(MT)2,623,320円
1.6~4.7万km
3件
177~195万円
185万円
71%
G(AT)2,647,080円データなし
GT(MT)2,981,880円
1.1~5.0万km
13件
209~270万円
243万円
81%
GT(AT)3,048,840円
1.2~4.9万km
16件
165~260万円
205万円
67%
GTリミテッド(MT)3,183,840円
1.6~3.9万km
6件
232~270万円
254万円
80%
GTリミテッド(AT)3,250,800円
1.2~4.0万km
7件
210~243万円
221万円
68%
GTリミテッドハイパフォーマンスパッケージ(MT)3,394,440円
1.0~3.2万km
5件
242~275万円
260万円
77%
GTリミテッドハイパフォーマンスパッケージ(AT)3,461,400円
1.2~3.5万km
4件
221~285万円
243万円
70%
レーシング(MT)3,052,080円
1.4万km
1件
220万円
72%
GR(MT)4,968,000円
1.6万km
1件
330万円
66%
MT平均249万円・75%
AT平均223万円・68%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

キノさん
データ数が多い=人気グレードであり、数字の精度も高いと言えます。

【参考】3年後の基準

90%以上 → 想定外
80~90% → 最強
70~80% → かなり高い
60~70% → 高い
50~60% → 普通
50%以下 → 低い

3年後の86のリセールバリューは、MTが「かなり高い」、ATが「高い」クラスです。

MT>ATの関係が明らかにあると言えます。

また50%以上の車両がエアロ付きで、エアロは人気のオプションです。

5年後の買取相場【平成27年式】

今から5年前のトヨタ 86

新車から5年後の買取相場を現在5年落ちである平成27年式の買取相場からお伝えします。

平成27年式をお持ちの方は参考にしてみてください。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成27年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
G(MT)2,488,909円
4.8~6.8万km
3件
135~166万円
155万円
62%
G(AT)2,560,582円
5.5万km
1件
110万円
43%
GT(MT)2,905,200円
3.0~6.9万km
11件
165~190万円
177万円
61%
GT(AT)2,987,673円
3.8~5.4万km
18件
143~180万円
166万円
56%
GTリミテッド(MT)3,090,763円
3.3~6.2万km
7件
155~220万円
188万円
61%
GTリミテッド(AT)3,173,237円
3.0~4.9万km
9件
155~195万円
177万円
56%
スタイルCb(MT)4,180,582円
3.3万km
1件
220万円
53%
スタイルCb(AT)4,263,055円
3.0~3.9万km
2件
177~205万円
190万円
45%
MT平均185万円・59%
AT平均161万円・50%

【参考】5年後の基準

80%以上 → 想定外!
70~80% → 最強
60~70% → かなり高い
50~60% → 高い
40~50% → 普通
30~40% → 低い

5年後の86のリセールバリューは「高い」レベルです。

3年後と傾向は変わらず、MT>ATであり、グレードはGTが最も売れている様です。

7年後の買取相場【平成25年式】

今から7年前のトヨタ 86

新車から7年後の買取相場を現在7年落ちである平成25年式の買取相場からお伝えします。

平成25年式や出始めの86をお持ちの方は参考にしてみてください。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成25年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
RC(MT)1,990,000円データなし
G(MT)2,410,000円
5.6~5.9万km
3件
133~165万円
144万円
60%
G(AT)2,480,000円
6.3万km
1件
111万円
45%
GT(MT)2,790,000円
5.3~9.1万km
20件
150~195万円
166万円
59%
GT(AT)2,870,000円
5.1~9.1万km
15件
126~187万円
144万円
50%
GTリミテッド(MT)2,970,000円
5.2~9.6万km
8件
111~177万円
160万円
54%
GTリミテッド(AT)3,050,000円
5.2~10.0万km
15件
90~155万円
136万円
45%
MT平均157万円・58%
AT平均130万円・47%
【参考】7年後の基準

70%以上 → 想定外!
60~70% → 最強
50~60% → かなり高い
40~50% → 高い
30~40% → 普通
20~30% → 低い
20%以下 → かなり低い

7年後の86のリセールバリューはMTが「かなり高い」、ATが「高い」レベルです。

リセールだけを見るとG=GT>GTリミテッドの関係があり、GTリミテッドはリセールが少し低くなると言えます。

86のリセールのポイント

調べていく中でわかったポイントを整理します。

MT>AT

これは見ての通りですがリセール率7~10%、金額にして20~30万円、MTの方が価値が高いと言えます。

ATの方が少し新車価格が高いことも含めると、30~40万円MTの方がお得と言えるでしょう!

けれども実際はATの方が若干多く売れている様に見えます。

エアロパーツの評価

先にもお伝えした通り、86はエアロパーツの装着率の高い車種と言えます。

エアロパーツによるリセールの差は次の通りです。

【オークションでの平均落札価格/GT(MT)】

エアロありエアロなし
3年後247.0万円224.2万円22.8万円
5年後175.8万円173.8万円2.0万円
7年後166.4万円161.0万円5.4万円

現行モデルである3年後は大きな差がエアロでありますが、5年後以降はその差は小さくなると言えます。

新車から現行モデルのうちに手放すとかでない限りは、エアロパーツのリセールへの影響は気にしなくて良いというのが結論です。

パールホワイトが人気/高評価

最もリセールが高そうな色はパールホワイトであると言えます。

次に黒→赤→グレー→オレンジ=青といった順番になります。

基本的な人気色(パールホワイトと黒)と普通色(人気色以外の色)の考え方についてはこちらの記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい

キノさん車の色って何色が高く売れるか、きちんと知っていますか?よく白系が良いとか、白は雪に紛れるから輸出には嫌われるとか、黒系が良いとか、シルバー系が無難で良いとか。色んな話を聞きますよね。 本記事[…]

車の色

買取相場は上昇傾向

5年後の買取相場推移
5年落ちの86の落札額推移
7年後の買取相場推移
7年落ちの86の落札額推移

5年落ちがここ半年で大体140万円→180万円、7年落ちが100万円→160万円に大きく相場が上昇しています。

生産ストップの影響も多少関係があると思われ、今後の価値上昇がどこまで続くかに注目です。

 86のリセールまとめ

86のリセールバリューまとめ

結論、86のリセールバリューは全体的に高く、特にMT車が高い!ということがわかりました。

■ATより明確にMTの方がリセールが高い

■人気色、中でもパールホワイトが1番高評価

■最もリセールが高そうなグレードは「GT(MT)」

86を検討されている方は是非参考にしてみてください。

\値引きや納車時期までわかる/
【無料】86の新車見積もりはこちら

以上キノさんのリセールバリュー講座でした★

リセールバリューに興味がある方はこちらの記事もお勧めです。

あわせて読みたい

リセールバリューの高い車を新車から3年・5年・7年後それぞれにおけるランキング形式で紹介していきます。リセールの良い車って実はたくさんあるんですね。それぞれの車のリセールバリューを正しく知って、カーライフをより楽しいものにしていきま[…]

車のリセールバリューのランキングTOP10

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事が気に入って頂けたらシェアして頂けると嬉しいです^_^