【アウディ】Q2のリセールと残価率を中古車査定士が解説

  • アウディQ2のリセールってどうなの?
  • リセールの高い仕様やオプションは?

こんな疑問をお持ちではないでしょうか?

こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。

今回は、アウディQ2/SQ2のグレード別のリセールバリュー(残価率)とリセールの高い仕様について詳しく解説します。

この記事を読めば、

  • アウディQ2/SQ2の具体的なリセール(残価率)
  • リセールの高いグレードや仕様

を理解することができます。

ぜひ参考にしてみてください。

※本記事は2022年6月の中古車オークション相場を元に作成しています。

【結論】アウディQ2/SQ2のリセール

Q2のリセールバリュー

まずQ2/SQ2の3年・5年落ちのリセール(残価率)を記載します。

残価率とは買取価格/新車価格(%)で値持ちの良さを表します。
経過年数
モデル
残価率/買取額
Q2
残価率/買取額
SQ2
現行モデル
GA系後期
98%/420万円
★★★★★
70%/420万円
★★★☆☆
R3/5:マイナーチェンジR4/2:マイナーチェンジ
3年落ち
GA系前期
63%/241万円
★★★☆☆
未発売
5年落ち
GA系前期
51%/190万円
★★★☆☆
未発売

※買取額は全グレードの平均 

キノサン
3年後の残価率が63%とは、新車1000万円の車の3年後の買取額は630万円であることを意味します。
アシスタント
サポート
Q2のリセールは全体的には平均レベル。ただし現行モデルは高く売れそうです。

≫【関連記事】リセールバリューの高い車を全車種の中からランキングで紹介(2022年最新版)

結論:アウディQ2のリセール
  • リセールは平均的なレベル。ただし後期モデル(R3/5~)は高い
  • ベースグレードに近い方がリセールが高くおすすめは「35TDI Sライン」
  • モデルチェンジでの落差は大きく、保有は当年モデル内に留めるのがおすすめ

Q2のリセールはこれまでのデータだと、ベースグレードのSラインパッケージが最も残価率が高くなっています。

そこから考えると今のモデルでは「35TDI Sライン」が最もおすすめのグレードです。

色はシロかクロがおすすめで、パッケージオプションやサンルーフもあった方が有利と言えるでしょう。

 

輸入車の特徴でもある、モデルチェンジでの落差が大きく、現行モデルでなくなると100万円以上価値が落ちます。

保有するならモデルチェンジを跨がずに乗り換える、というのがおすすめの乗り方です。

 

Q2を検討している方は、モデル出始めの後期モデルを新車で狙う他、リセールが落ちた中古の前期モデルもお得感がありおすすめ。

ガリバーの中古車検索サービスを使えば、プロが希望の車を全国500店舗の在庫から探してくれる他、入庫があればすぐに連絡がもらえるので、欲しい車が見つかる可能性が一段と上がります。

これから乗換えを考えている方は、早め早めに下取り車の買取相場を調べておけば、乗換えの計画が立てやすくスムーズに進められますよ!

その場で6ヵ月後までの買取相場がわかる!「車査定比較.com」

『すぐに車は売らないけど、この先の売却相場は知っておきたい』、そんな時は車査定比較.comがおすすめです。

このサービスは全国の中古車売買データを用いて、車の現在の買取相場と6ヵ月後の買取相場を教えてくれるかなり便利なサービス。

納車が遅いこの時期だからこそ、暫く先の相場情報がわかるのは助かりますよね!

32秒の簡単web入力で最大10社の査定額が比較でき、金額次第では売却をしなくてもOK。

先々売るのであれば買取相場は早めに知っておいた方が何かと便利。ディーラーとの交渉を有利に進める為にも愛車の価値を調べておきませんか?

\ 愛車の査定相場がすぐにわかる! /
相場をクイック診断!車査定比較.com

***

経過年数/グレード別のリセール

新車から3年・5年後のリセールをグレード別に紹介します。

【調査条件・環境】
・過去3ヵ月のオークションデータ
・装備と色は絞り込みなし
・事故歴なし車両状態良好として

▼関連記事
≫車を高く売るなら『査定士はどこを見ている?車の評価が高くなる意外なポイント』をチェック

現行型のリセール:残価率98%

後期モデルである現行型のリセールを解説。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
35TFSI Sライン4,300,000円
0.3万km
1件
420万円
98%
※残価率=買取相場/新車価格(%)
R3年マイナーチェンジのためデータはまだ1台。
しかし走行距離が少なければ、ほぼ新車価格同等で売れる可能性があるでしょう。

3年後のリセール:残価率63%

3年後のリセールは、3年落ちのGA系前期モデルから算出。

Q2のGA系前期モデル:参照元goonet
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
1.0TFSI2,990,000円
1.8万km
1件
200万円
67%
1.0TFSIスポーツ3,640,000円
1.8万km
7件
240万円
66%
30TFSI2,990,000円
2.7万km
1件
200万円
67%
30TFSIスポーツ3,700,000円
2.3万km
43件
170~305万円
240万円
65%
35TFSIシリンダーオンデマンドスポーツ4,110,000円
1.2万km
3件
250~260万円
255万円
62%
ハッシュタグブラックスタイリング4,510,000円
2.1万km
4件
260~290万円
275万円
61%
ハッシュタグブラックエレガンス4,460,000円
3.1万km
2件
250万円
56%
ハッシュタグパッション4,620,000円
1.8万km
4件
220~300万円
265万円
57%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【3年後の残価率/平均買取額】

63%/241万円

Q2の3年後のリセールはそこまで高くなく、普通レベル。

最も人気かつリセールが高そうなグレードは「30TFSIスポーツのSラインパッケージ」、最新モデルでは「35TFSI Sライン」となります。

アウディにおいてはスポーツグレード(パッケージ)であるSラインが、見た目もよくリセールも高いグレードだと言えます。

 

5年後のリセール:残価率51%

5年後のリセールは、5年落ちのGA系前期モデルから算出。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
1.0TFSI2,990,000円
4.3万km
4件
150~230万円
195万円
65%
1.0TFSIスポーツ3,640,000円
4.6万km
28件
140~245万円
185万円
51%
1.4TFSIシリンダーオンデマンドスポーツ4,050,000円
6.0万km
4件
160~240万円
185万円
46%
1stエディション4,900,000円
3.7万km
7件
160~235万円
195万円
40%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【5年後の残価率/平均買取額】

51%/190万円

3年後のリセールに比べやや下がっているものの、そこまで大きくは変わりません。

特に注目すべきは1.0TFSIのベースグレード。

走行距離がやや増えても殆ど200万円前後で買取ができる様に、あまり相場が下がらず残価率自体も変わりません。

輸出が絡んでいる可能性が高く、こういった数値だけを見るとベースグレードが最もコスパが高いです。

 

SQ2のリセール:残価率70%

Q2のスポーツ性能を大幅に高めたSQ2について解説します。

R4年2月にマイナーチェンジを行なっています。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
ベースグレード5,990,000円
1.2万km
6件
330~470万円
420万円
70%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

1~2年落ちの前期モデルとしては比較的高いリセール。

マイナーチェンジ後の後期モデルはこれより高い残価率になるので、80%台の残価率も期待できるでしょう。

***

以上が、経過年数別に見たグレード毎のリセール(残価率)です。

結果をまとめたのが下記になります。

 

経過年数別リセールのまとめ

経過年数別のリセールをまとめます。

経過年数
モデル
残価率/買取額
Q2
残価率/買取額
SQ2
現行モデル
GA系後期
98%/420万円
★★★★★
70%/420万円
★★★☆☆
R3/5:マイナーチェンジR4/2:マイナーチェンジ
3年落ち
GA系前期
63%/241万円
★★★☆☆
未発売
5年落ち
GA系前期
51%/190万円
★★★☆☆
未発売
★★★★★(星5つ)→かなり高い!
★★★★☆(星4つ)→高い
★★★☆☆(星3つ)→普通
★★☆☆☆(星2つ)→低い
★☆☆☆☆(星1つ)→かなり低い

現行モデルはそこそこ高いものの、現行モデルが入ってガクッと落ちています。

ただし先程も説明した様にグレードによって残価率が高い低いの差があるので、グレード選びも重要な車種と言えます。

 

1年毎のリセールバリューの変化

リセールバリューが毎年どの様に落ちていくのかを「グレード:TFSIスポーツ」で調べた結果です。

モデル
(平均走行距離)
平均買取額
(前年比)
当年もの/GA系後期データなし
1年落ち/GA系後期
(0.3万km)
420万円
R3/5:GA系後期にマイナーチェンジ
1年落ち/GA系前期
(0.5万km)
310万円
(−110万円)
2年落ち/GA系前期
(1.5万km)
265万円
(−45万円)
3年落ち/GA系前期
(2.3万km)
240万円
(−25万円)
4年落ち/GA系前期
(3.7万km)
210万円
(−30万円)
5年落ち/GA系前期
(4.5万km)
188万円
(−22万円)

赤字のところが特に大きく落ちているところです。

やはりマイナーチェンジを挟んだところが最も落差が大きいと言えます。

その後の落ちは緩やかなものの、値動きにはやや神経質になった方が良いと言えるでしょう。

***

リセールバリューを上げるポイント

Q2のリセールを上げるポイント

ここからはQ2を購入する際のリセールに関わるポイントを紹介します。

まずは色です。

リセールバリューの高い色

色によるリセール差を中古車オークションから調べた結果です。

台数/走行距離平均価格
パールホワイト・シロ78台/3.1万km222万円
クロ25台/2.6万km228万円
シルバー・グレー23台/3.5万km211万円
アカ11台/2.8万km213万円
その他(アオ・キイロ・オレンジ)6台/3.3万km179万円

※GA系前期グレードTFSIにて n=143

1番人気はパールホワイトまたはシロ。

有償色のグレイシアホワイトメタリック(70,000円)でなくとも無料で選択できるアイビスホワイトで十分です。

リセールを重視した点ではクロも良いでしょう。

その他の色は売る際に10万円以上安く、特にアオやキイロ、オレンジは乗換えるつもりなら選ばない方が無難です。

 

リセールの高いオプション・仕様

新車を買う場合のおすすめのメーカーオプションは下記です。

コンビニエンス&アシスタンスパッケージ(210,000円)

  • ハイビームアシスト
  • シートヒーター(フロント)
  • オートマチックテールゲート
  • アダプティブクルーズコントロール
  • サイドアシスト
  • アウディプレセンスベーシック

ナビゲーションパッケージ(350,000円)

  • MMIナビゲーションシステム
  • バーチャルコックピット
  • TVチューナー
  • 6スピーカー

パノラマサンルーフ(140,000円)

以上の3点は必ず有利に働くのでおすすめです。

その分値引きを引く様、できるだけ頑張りましょう。

次のオプション候補としては、

  • マトリクスLEDヘッドライト(120,000円)
  • 18インチオプションアルミ(140,000円)
  • SONOSサウンドシステム(120,000円)

が挙げられます。

しかしなくても大した支障はなく強くおすすめはしません。

 

査定士お薦め‼︎車を高く売る方法

「ディーラーの下取り額に満足してしまっていませんか?」

車のリセールバリューと同じぐらい重要なのが、下取り車をしっかり高値で売ることです。

キノサン
高く売る方法を知らないと、リセールの高い車も宝の持ち腐れですね。

ディーラーの下取りと中古車買取サービスを比較した場合、実に90%以上の確率で中古車買取サービスの方が10万円以上高く買取りができます。

ここでは、中古車査定士である筆者が自分の車を売る際にも使う買取サービスを紹介するので、車を高く売りたい人は参考にしてみてください。

【すぐ手放せるなら】価格が競り上がる「オークション形式」

価格だけを追い求める場合、車売却のトレンドとして「オークション形式」が増えています。(実際に価格も競り上がるので高い)

「オークション形式」とは、最初に1度の査定をして、そのデータに対し複数の業者がWeb上でオークションの様に入札してくる方式のこと。

オークションの結果が満足いく価格に達しなかった場合は無料でキャンセルもできます。

現在このサービスが利用できるのは、楽天Carオークションユーカーパックの2社のみ。

メリットは買取額が高いこと、デメリットはエリアが限定されること(地方は一部不可)、早めに車を手放さなければいけないことになります。

キノサン
ユーカーパックは落札後の入金確認から8日以内に車の引き渡し。
アシスタント
サポート
楽天は1ヵ月の猶予があるので、楽天の方が余裕を持てますね。

入札業者数はユーカーパックが多い(8,000社)ですが、楽天はポイントが貯まったり余裕を持てたりと一長一短です。(楽天の業者数は2,000社)

価格は期待できるので「すぐに手放せる人」にはおすすめです。※査定が一度だけなのも楽。

≫楽天Carオークション

≫ユーカーパック

 

【すぐに手放せないなら】引渡し時期などの融通が利く「一括査定」

しかし実際には「すぐに車を引き渡せる人」ばかりではないですよね。

  • 次の車の納車時期がはっきりしていない
  • 次に買う車で迷っている
  • 買取額を元にディーラーと商談したい

という人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時は、引渡し時期など条件を各業者と交渉できる一括査定がおすすめです。

一括査定は多数の業者に見積もり依頼が出せる一方で、各業者の対応に手間がかかるというプラスとマイナスの両面を持ち合わせています。

手間がかかるというデメリットはあるものの、各業者が互いを意識して良い価格を出してくるので買取額としては好条件が期待できます。

一括査定ではより多くの店舗に査定依頼して比較することが重要で、業界最大数の最大30社に一度に依頼できるのがカーセンサーの一括査定です。

とはいえ「比較する時間があまりない」「営業電話がしつこい」という場合は、全国600の買取店から1番高い会社だけを比較して紹介してくれるイカプラを使いましょう。

≫カーセンサーの一括査定

≫イカプラ

 

リセールの高い中古車の選び方

Q2の中古車の選び方

Q2はリセールがそこまでリセールが高くないので、中古車から入るのもおすすめです。

輸入車なので買うなら走行距離が少なく、保証がある程度ついたものが安心。

年式としては3年〜5年落ちぐらいが安く変えてお買い得でしょう。

個人的にはSラインパッケージだったり、色が人気色のものをおすすめします。

【アウディQ2の中古車を探すなら】販売店の非公開在庫もチェックしよう!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスに登録するのがおすすめです。

一般市場に公開される前の「非公開在庫」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に早くリーチできます。(登録は無料)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスです。

キノサン
いい車は早い者勝ち。欲しい車がある人は早めの登録がおすすめ!
アシスタント
サポート
ガリバーは外車専門の買取もしており多くの輸入車を抱えています!
\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
アウディQ2の非公開在庫を見る

 

まとめ

以上、アウディQ2/SQ2のリセールバリューについてでした。

リセールは全体的にそこまで高くはないものの、各モデル、グレード、装備にそれぞれ特徴があり、組み合わせ方次第で結果は変わってきます。

後期モデルは出たばかりなので、暫くモデルチェンジの心配をする必要もありません。

Q2が気になっている方の参考になれば幸いです。

 

最後に個別の乗換え相談のお知らせです。

お知らせ(個別の乗換相談)

〈お知らせ〉

本ブログはリセールを中心とした発信ですが、個別の乗換え相談も承っています。

  • 欲しい車の中で将来的なリセールを考えると、どれがおすすめ?
  • 装備やオプション、乗り換え時期の考え方
  • 下取り車が狙える現実的な買取額

などの質問対して、3000文字まで、画像付きでお答えしています。

1回と2回があるので、聞きたい内容や状況に応じて使い分けて頂ければと思います。

リセールを重視した乗り換えがしたいが、あまり詳しくなくプロのアドバイスが欲しい、という方におすすめです。

ココナラ

※お届け日数は質問内容によります。初回の質問に対する回答は最短12時間以内〜最長2日の予定です。※お急ぎの方は事前にダイ…

最後までお読み頂きありがとうございました。

良いカーライフを。