スイフト/スイフト スポーツ(スイスポ)のリセールをプロ査定士が解説

スイフト・スイフトスポーツのリセールを7年落ちまで詳しく解説します

スイフト/スイフト スポーツ(スイスポ)の新車から3年・5年・7年後のリセールバリュー(下取り/買取相場)をお伝えしていきます。

リセールバリューの高いグレードや人気の色、モデルチェンジのリセールへの影響等も調べています、是非参考にしてみてくださいね。

この記事ではこんなことについてまとめています。

  • スイフト/スイフトスポーツの具体的なリセールバリュー
  • リセールバリューの高いグレード
  • AT/MTや色のリセールへの影響は?

 スイフト/スイスポのリセールは普通〜低い(意外にもスイスポは普通!)

 RS以上のグレードがリセールが高い

 AT/MTの差はなく、色のリセールへの影響も小さい

リセールについてかなり細かく調査しました。スイフトに興味のある人には絶対に読んでほしい記事になっています!

キノさん
リセールバリューに興味がある方はこちらの記事もおすすめです!
あわせて読みたい

「リセールバリューの高い車を知りたい」そんなあなたにぴったりの記事です。 こんにちは、車のリセールバリューマニアのキノさんです。本記事では私が調査したデータから、リセールバリューの高い車をランキング[…]

【2020年11月更新】リセールバリューの高い車ランキング・TOP20

リセールバリューとは

リセールバリューとは

 

リセールバリューとは
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として用いています。

買取相場の算出方法

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションでの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては、買取車両の大部分はオークションにて売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

それではレクサスRXの買取相場について見ていきます。

注意
この記事は2020年10月時点の情報です。最新の買取相場は中古車買取店へお問い合わせください。
\高額査定が期待できる買取サービス/
【無料】今すぐ中古車査定を申し込む

3年後の買取相場【平成29年式】

参照元:グーネット

新車から3年後の買取相場を現在3年落ちの平成29年式の買取相場からお伝えします。

現在平成29年式をお持ちの方は今の相場として参考にしてください。

平成29年1月フルモデルチェンジなので新型です。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データより
  • 平成29年式・2WD・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格買取相場
残価率
【スイフト】
XG1,343,520円
1.3~5.0万km
18件
40~60万円
50万円
37%
XL1,559,520円
1.1~4.8万km
17件
40~85万円
55万円
35%
RS1,685,880円
1.2~3.1万km
3件
83~94万円
88万円
52%
RSt1,800,360円
1.2~4.3万km
26件
82~122万円
100万円
56%
ハイブリッドML1,721,520円
1.2~3.9万km
7件
67~89万円
77万円
45%
ハイブリッドRS1,787,400円
1.0~4.9万km
27件
78~125万円
95万円
53%
【スイフトスポーツ】
ベースグレード2,088,900円
1.0~4.3万km
19件
111~156万円
144万円
69%

※残価率=買取相場/新車価格(%)
※幅が出るのは、走行距離、色等がそれぞれ異なる為

キノさん
データ数が多い程人気のグレードと言え、数字の精度も高くなります。
3年後の平均残価率
スイフト(ガソリン)45%
スイフト(ハイブリッド)49%
スイフトスポーツ69%

【参考】3年後の基準

100%以上 → 資産
90~100% → 神
80~90% → 最強
70~80% → かなり高い
60~70% → 高い
50~60% → 普通
40~50% → 低い
30~40% → 厳しい

3年後のスイフトのリセールバリューは「低い」、スイフトスポーツは「高い」クラスになります。

グレードによってばらつきがありますが、スイフトのガソリンでも「RS」や「RSt」は他のグレードに比べて高くなっています。

スイフトスポーツは飛び抜けて高い結果となりました。

5年後の買取相場【平成27年式】

参照元:グーネット

新車から5年後の買取相場を現在5年落ちの平成27年式の買取相場からお伝えします。

現在平成27年式をお持ちの方は今の相場として参考にしてください。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データより
  • 平成27年式・2WD・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格買取相場
残価率
【スイフト】

XG1,437,480円
3.0~6.8万km
38件
20~40万円
30万円
21%
XL1,527,120円
3.6~6.1万km
5件
25~40万円
30万円
20%
RS1,602,720円
3.2~6.7万km
18件
35~60万円
45万円
28%
XS1,654,560円
3.5万km
1件
50万円
30%

【スイフトスポーツ】

ベースグレード1,798,200円
3.1~6.9万km
20件
65~115万円
85万円
47%
5年後の平均残価率
スイフト25%
スイフトスポーツ47%

【参考】5年後の基準

80~90% → 神
70~80% → 最強
60~70% → かなり高い
50~60% → 高い
40~50% → 普通
30~40% → 低い
20~30% → 厳しい

5年後のスイフトのリセールバリューは「厳しい」、スイフトスポーツは「普通」クラスになりました。

比較するとスイフトスポーツの方が高いですが、スイフト全体として、リセールが高い車種ではないと言えます。

7年後の買取相場【平成25年式】

参照元:グーネット

新車から7年後の買取相場を現在7年落ちの平成25年式の買取相場からお伝えします。

現在平成25年式をお持ちの方は今の相場として参考にしてください。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データより
  • 平成25年式・2WD・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格買取相場
残価率
【スイフト】

XG1,397,550円
5.1~9.8万km
32件
5~30万円
17万円
12%
XL1,484,700円
5.1~9.8万km
15件
12~33万円
23万円
15%
RS1,426,950円
5.3~10.0万km
32件
12~44万円
27万円
19%
XS1,608,600円
5.0~10.0万km
7件
18~29万円
23万円
14%

【スイフトスポーツ】

ベースグレード1,748,250円
5.1~9.3万km
41件
38~93万円
65万円
37%
7年後の平均残価率
スイフト15%
スイフトスポーツ37%
【参考】7年後の基準

70%以上 → 想定外
60~70% → 最強
50~60% → かなり高い
40~50% → 高め
30~40% → 普通
20~30% → 低い
10~20% → 厳しい

7年後のスイフトのリセールバリューは「厳しい」、スイフトスポーツは「普通」クラスという結果でした。

ここまで全般的に、スイフトのリセールは「低い」、スイフトスポーツは「高い〜普通」ということが理解できたと思います。

\スイフトをできる限り高く売るなら/
【無料】一括査定で高額査定をGET

スイフトのリセールのポイント

スイフトのリセールのポイントをまとめます。

RS以上のグレードを買おう

RSより下のエアロパーツがついていないグレードに比べ、RS以上のグレードのリセールが高いことはこれまでで明らかです。

車両価格はそれほど変わらないので、ガソリンもハイブリッドもRS以上のグレードを選ぶのがお勧めです。

ATとMTはそれほど差はない

平成29年式のスイフトスポーツで調べた結果は下の通りです。

ATとMTの差

【平成29年式・スイフトスポーツにて】

AT142.3万円
MT144.0万円
1.7万円

1.7万円だけMT車の方が買取額が高いという結果が出ていますが、大きな差ではありませんね。

気にする程差はないので、MTに拘る必要はないと言えるでしょう。

色は白又は黄色が人気

スイフトスポーツを調べた結果では、「ピュアホワイトパール(白)」又は「チャンピオンイエロー(黄色)」が人気でリセールも高そうです。

ただし全般的に赤やシルバー、黒も低い訳ではないので、色による大きな差はないと言えます。

買取相場はほぼ変わらず

過去の買取相場
平成29年式・スイフトスポーツにて

4月〜5月に比べると約30万円上昇しましたが、最近また下がってきており、殆ど差は出ていないと言えます。

車格的にも今後モデルチェンジがなければ大きくは変わらないと言えるでしょう。

今後のモデルチェンジ

2020年5月にマイナーチェンジしたばかりで、フルモデルチェンジからもまだ3年しか経過していないので、今後暫くは大きなモデルチェンジはなさそうです。

従ってこれから数年はリセールバリューも安定する予想です。

≫参考記事:スズキ・スイフトがマイナーチェンジ。ヤリス、フィットなどのライバルに対抗

スイフトのリセールまとめ

スイフトのリセールバリューは全体的にそんなに高くありません。

ただしこの先モデルチェンジが暫くないこと、スイフトスポーツは比較的高いリセールで推移すると予想されます。

スイフトのリセールバリュー

■RS以上のグレードは比較的リセールが高い

■スイフトスポーツのリセールはスイフトより高い

■ATとMTの差はなく、色もあまりリセールに影響しない

スイフトの購入や売却を検討されている方は是非参考にしてみてください。
それでは今回はこの辺で。

\値引きや納車時期までわかる/
【無料】スイフトの新車見積もりをとる

ちなみにコンパクトカーの中でのリセールでは、ノートより高く、アクアフィットには劣るという結果です。
コンパクトカーでリセールを比較

本記事では売る時に高く売れる(リセールバリューが高い)、おすすめのコンパクトカーを紹介します。駐車場の問題や小回りが利く点でコンパクトカーを検討されている方も多いと思いますが、どの車種が良いのか迷われたことはありませんか?今[…]

コンパクトカーのおすすめを紹介
最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事が気に入って頂けたらシェアを宜しくお願いします!😊